TED日本語 - アレックス・タバロック: アイデアはいかにして危機を乗り越えるか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アレックス・タバロック: アイデアはいかにして危機を乗り越えるか

TED Talks

アイデアはいかにして危機を乗り越えるか
Alex Tabarrok on how ideas trump crises
アレックス・タバロック

内容

経済学者であるアレックス・タバロックが、自由貿易とグローバル化により、分断された世界は誰も予想し得なかった「アイデアを共有する、より健康で幸福、豊かなコミュニティー」に形作られると語ります。楽観的なトークにより「陰気な科学」が光を放ちます。

Script

The first half of the 20th century was an absolute disaster in human affairs, a cataclysm. We had the First World War, the Great Depression, the Second World War and the rise of the communist nations. And each one of these forces split the world, tore the world apart, divided the world. And they threw up walls -- political walls, trade walls, transportation walls, communication walls, iron curtains -- which divided peoples and nations.

It was only in the second half of the 20th century that we slowly began to pull ourselves out of this abyss. Trade walls began to come tumbling down. Here are some data on tariffs: starting at 40 percent, coming down to less than 5 percent. We globalized the world. And what does that mean? It means that we extended cooperation across national boundaries; we made the world more cooperative. Transportation walls came tumbling down. You know in 1950 the typical ship carried 5,000 to 10,000 tons worth of goods. Today a container ship can carry 150,000 tons; it can be manned with a smaller crew; and unloaded faster than ever before. Communication walls, I don't have to tell you -- the Internet -- have come tumbling down. And of course the iron curtains, political walls have come tumbling down.

Now all of this has been tremendous for the world. Trade has increased. Here is just a little bit of data. In 1990, exports from China to the United States: 15 billion dollars. By 2007: over 300 billion dollars. And perhaps most remarkably, at the beginning of the 21st century, really for the first time in modern history, growth extended to almost all parts of the world. So China, I've already mentioned, beginning around 1978, around the time of the death of Mao, growth -- ten percent a year. Year after year after year, absolutely incredible. Never before in human history have so many people been raised out of such great poverty as happened in China. China is the world's greatest anti-poverty program over the last three decades. India, starting a little bit later, but in 1990, begetting tremendous growth. Incomes at that time less than $ 1,000 per year. And over the next 18 years have almost tripled. Growth of six percent a year. Absolutely incredible. Now Africa, Sub-Saharan Africa -- Sub-Saharan Africa has been the area of the world most resistant to growth. And we can see the tragedy of Africa in the first few bars here. Growth was negative. People were actually getting poorer than their parents, and sometimes even poorer than their grandparents had been. But at the end of the 20th century, the beginning of the 21st century, we saw growth in Africa. And I think, as you'll see, there's reasons for optimism, because I believe that the best is yet to come. Now why.

On the cutting edge today it's new ideas which are driving growth. And by that I mean it's products for which the research and development costs are really high, and the manufacturing costs are low. More than ever before it is these types of ideas which are driving growth on the cutting edge. Now ideas have this amazing property. Thomas Jefferson, I think, really expressed this quite well. He said, "He who receives an idea from me receives instruction himself, without lessening mine. As he who lights his candle at mine receives light without darkening me." Or to put it slightly differently: one apple feeds one man, but an idea can feed the world. Now this is not new. This is practically not new to TEDsters. This is practically the model of TED. But what is new is that the greater function of ideas is going to drive growth even more than ever before. This provides a reason why trade and globalization are even more important, more powerful than ever before, and are going to increase growth more than ever before.

And to explain why this is so, I have a question. Suppose that there are two diseases: one of them is rare, the other one is common, but if they are not treated they are equally severe. If you had to choose, which would you rather have: the common disease or the rare disease? Common, the common -- I think that's absolutely right, and why? Because there are more drugs to treat common diseases than there are to treat rare diseases. The reason for this is incentives. It costs about the same to produce a new drug whether that drug treats 1,000 people,100,000 people, or a million people. But the revenues are much greater if the drug treats a million people. So the incentives are much larger to produce drugs which treat more people. To put this differently: larger markets save lives. In this case misery truly does love company.

Now think about the following: if China and India were as rich as the United States is today, the market for cancer drugs would be eight times larger than it is now. Now we are not there yet, but it is happening. As other countries become richer the demand for these pharmaceuticals is going to increase tremendously. And that means an increase incentive to do research and development, which benefits everyone in the world. Larger markets increase the incentive to produce all kinds of ideas, whether it's software, whether it's a computer chip, whether it's a new design. For the Hollywood people in the audience, this even explains why action movies have larger budgets than comedies: it's because action movies translate easier into other languages and other cultures, so the market for those movies is larger. People are willing to invest more, and the budgets are larger.

Alright. Well if larger markets increase the incentive to produce new ideas, how do we maximize that incentive? It's by having one world market, by globalizing the world. The way I like to put this is: one idea. Ideas are meant to be shared, so one idea can serve one world,one market. One idea,one world,one market. Well how else can we create new ideas? That's one reason. Globalize trade. How else can we create new ideas? Well, more idea creators. Now idea creators, they come from all walks of life. Artists and innovators -- many of the people you've seen on this stage. I'm going to focus on scientists and engineers because I have some data on that, and I'm a data person.

Now, today, less than one-tenth of one percent of the world's population are scientists and engineers. (Laughter) The United States has been an idea leader. A large fraction of those people are in the United States. But the U.S. is losing its idea leadership. And for that I am very grateful. That is a good thing. It is fortunate that we are becoming less of an idea leader because for too long the United States, and a handful of other developed countries, have shouldered the entire burden of research and development. But consider the following: if the world as a whole were as wealthy as the United States is now there would be more than five times as many scientists and engineers contributing to ideas which benefit everyone, which are shared by everyone. I think of the great Indian mathematician, Ramanujan. How many Ramanujans are there in India today toiling in the fields, barely able to feed themselves, when they could be feeding the world? Now we're not there yet. But it is going to happen in this century. The real tragedy of the last century is this: if you think about the world's population as a giant computer, a massively parallel processor, then the great tragedy has been that billions of our processors have been off line. But in this century China is coming on line. India is coming on line. Africa is coming on line. We will see an Einstein in Africa in this century.

Here is just some data. This is China. 1996: less than one million new university students in China per year; 2006: over five million. Now think what this means. This means we all benefit when another country gets rich. We should not fear other countries becoming wealthy. That is something that we should embrace -- a wealthy China, a wealthy India, a wealthy Africa. We need a greater demand for ideas -- those larger markets I was talking about earlier -- and a greater supply of ideas for the world. Now you can see some of the reasons why I'm optimistic. Globalization is increasing the demand for ideas, the incentive to create new ideas. Investments in education are increasing the supply of new ideas.

In fact if you look at world history you can see some reasons for optimism. From about the beginnings of humanity to 1500: zero economic growth, nothing. 1500 to 1800: maybe a little bit of economic growth, but less in a century than you expect to see in a year today. 1900s: maybe one percent. Twentieth century: a little bit over two percent. Twenty-first century could easily be 3.3, even higher percent. Even at that rate, by 2100 average GDP per capita in the world will be $ 200,000. That's not U.S. GDP per capita, which will be over a million, but world GDP per capita -- $ 200,000. That's not that far. We won't make it. But some of our grandchildren probably will. And I should say, I think this is a rather modest prediction. In Kurzweilian terms this is gloomy. In Kurzweilian terms I'm like the Eeyore of economic growth. (Laughter)

Alright what about problems? What about a great depression? Well let's take a look. Let's take a look at the Great Depression. Here is GDP per capita from 1900 to 1929. Now let's imagine that you were an economist in 1929, trying to forecast future growth for the United States, not knowing that the economy was about to go off a cliff, not knowing that we were about to enter the greatest economic disaster certainly in the 20th century. What would you have predicted, not knowing this? If you had based your prediction, your forecast on 1900 to 1929 you'd have predicted something like this. If you'd been a little more optimistic -- say, based upon the Roaring Twenties -- you'd have said this. So what actually happened? We went off a cliff but we recovered. In fact in the second half of the 20th century growth was even higher than anything you would have predicted based upon the first half of the 20th century. So growth can wash away even what appears to be a great depression.

Alright. What else? Oil. Oil. This was a big topic. When I was writing up my notes oil was $ 140 per barrel. So people were asking a question. They were saying, "Is China drinking our milkshake?" (Laughter) And there is some truth to this, in the sense that we have something of a finite resource, and increased growth is going to push up demand for that. But I think I don't have to tell this audience that a higher price of oil is not necessarily a bad thing. Moreover, as everyone knows, look -- it's energy, not oil, which counts. And higher oil prices mean a greater incentive to invest in energy R & amp; D. You can see this in the data. As oil prices go up, energy patents go up. The world is much better equipped to overcome an increase in the price of oil today, than ever in the past, because of what I'm talking about. One idea,one world,one market.

So I'm optimistic so long as we hew to these two ideas: to keep globalizing world markets, keep extending cooperation across national boundaries, and keep investing in education. Now the United States has a particularly important role to play in this: to keep our education system globalized, to keep our education system open to students from all over the world, because our education system is the candle that other students come to light their own candles. Now remember here what Jefferson said. Jefferson said, "When they come and light their candles at ours, they gain light, and we are not darkened." But Jefferson wasn't quite right, was he? Because the truth is, when they light their candles at ours, there is twice as much light available for everyone. So my view is: Be optimistic. Spread the ideas. Spread the light. Thank you. (Applause)

20世紀の前半は 人間の営みにとって全くひどい時期でした 大異変です 第一次大戦に 大恐慌、 第二次大戦、 そして共産主義の興隆がありました そしてこれらを通じて 世界はバラバラになり、切り裂かれ 分け隔てられました 壁が築かれました、 政治的な壁、取引の壁、 移動の壁、 通信の壁、鉄のカーテンで、 人や国家が分けられたのです

20世紀の後半に入ってようやく このどん底からゆっくりと 立ち直ってきたのです 貿易の壁が崩れ落ちました これは関税に関するデータですが、 40パーセントから5パーセント以下にまで下がっています 世界をグローバル化しているのです それが意味するものは? つまり連携というものを 国家の枠の外に拡張したのです 世界はより協調する様になりました 移動の壁が崩れ落ちました 1950年の一般的な船籍は 5千から1万トンの商品を運んでいました 今日のコンテナ船は15万トン積むことができます 乗組員の数も少なく済ませることができ、 積み荷を下ろすのも今までに無い程迅速です 通信の壁は、言うまでもないですが、インターネットにより 崩れ落ちました そして勿論鉄のカーテンや、 政治的な壁が崩れ落ちました

世界にとっては素晴らしいことです 貿易は拡大しました これはちょっとしたデータですが 1990年の中国から米国への輸出額は 150億ドルでした 2007年にはそれが3千億ドルになりました そして最も注目すべきは、 21世紀の初頭には 近代史上初めて 世界の殆どの場所で成長が見られたのです それで既に述べた様に中国は、 毛沢東死後の1978年頃から、 年率10%の成長 毎年です 全く驚愕です 人類の歴史上 これ程多くの人々が 深刻な貧困から抜け出せたことはありませんでした 中国は過去30年間にわたり、世界で最大の 貧困脱出プログラムとなりました インドはそれより少し遅れて、 1990年から大いなる成長を遂げています 当時の収入ですが 年間千ドル以下だったのが 18年の間に 3倍程になりました 年率6パーセントの成長です 全く驚くべきものです さてアフリカ、サハラ以南のアフリカです サハラ以南のアフリカは 世界の中で最も 成長しにくい地域でした グラフの最初の方からアフリカの 悲劇を伺い知ることができます マイナス成長だったのです 人々は自分たちの親よりも貧しくなっていったのです そして時には自分たちの祖父母よりも しかし20世紀の終わり、 21世紀の初頭から アフリカの成長が始まりました 楽観的になるのには理由があります これから状況は更に良くなるのです なぜか

現在の最先端分野では 新しいアイデアが成長を生み出すのです つまり 潤沢な研究開発費が必要で 製造コストが低い製品のことです このようなアイデアが今までに無い程 最先端の成長を促進しているのです アイデアというのは驚くべき特性を持っています 私が思うにトーマス・ジェファーソンがこれをよく言い表しています 曰く「私からアイデアを受け取ったものは 私のアイデアを削ること無く、見識を得る 私のロウソクから灯をともす人が 私のロウソクを暗くすることなく火を得るように」 少し違う言い方をすると、 リンゴ1つで1人を養えますが アイデア1つだと世界を養うことができるのです 新しいことではありません TEDSter にとっても実際新しくはないでしょう これが TED のモデルなのですから 新しいのは アイデアが 今までにないほどの成長を生み出すようになっているということです 恐らくこれが 取引やグローバリゼーションが これまで以上に重要で強力な理由であり、 今までに無い程成長を加速させるでしょう

それを説明するにあたり、お尋ねしたいことがあります 2つの病気があると仮定しましょう 1つはまれな病気で、もう1つは良く起こるものです しかし治療しないと両者とも同じ様に深刻なものです 選択しなければならないとしたら、どちらを選びますか? よくある病気か、まれな病気か? よくある方 そうです それが正しいでしょう なぜならよく起こる病気を治療する薬はたくさん出回っているからです まれに起こる病気の治療薬よりも これはインセンティブの問題です 新薬開発のためには同じ様な費用が必要になります その薬が千人を救うか、 十万人なのか、百万人なのかに関係なく しかし百万人に対する治療薬となれば利益はより大きなものとなります 従ってインセンティブが大きくなり 新薬が開発される訳です 別の言い方をすると、より大きな市場により 生命が救われるということです この場合困窮は企業を祝福してると言えるでしょう

さて、以下のことを考えてみて下さい: もし中国とインドが今の米国程豊かだったならば がんの治療薬に対する市場は今の8倍になっていたでしょう まだそこまでたどり着いていませんが、それは起こっています 他の国々が豊かになることで 製薬に対する需要も 驚く程増加するのです それはつまり研究開発に対するインセンティブの増加であり、 世界中の人々が恩恵を受けます 巨大な市場はインセンティブを生み出し、 様々なアイデアが生まれるのです ソフトウェアにしても、コンピュータチップにしても、 デザインにしても 聴衆の中でハリウッドから来た人は、 なぜアクション映画に対する予算が コメディーより大きいか分かるでしょう アクション映画の方が文化や言語が違っても 受け入れられやすいからです なのでこれらの映画の市場はより大きいのです より多くの投資が行われ、 予算はより大きくなります

より大きな市場がインセンティブを増加し、 新たなアイデアを生み出すのであれば、 どうやってインセンティブを最大化するのでしょうか? 単一の世界市場を持ち、世界をグローバル化することによってです こんな風に説明してみましょう アイデアは共有されるためのものです なので1つのアイデアが世界、市場全体の役に立つのです 1つのアイデア、1つの世界、1つの市場 では新しいアイデアを生み出すには? 1つの方法は グローバル化と貿易です 他に新しいアイデアを生み出す方法は? アイデアの創造者を増やすことです アイデア創造者は様々な場所からやってきます 芸術家や革新者、TEDのステージに立つような人たちです 科学者と技術者に的を絞りたいと思います 関係するデータがありますし、私はデータを大事にするからです

さて、今日では世界人口の 0.1 パーセントが科学者と技術者です (笑) 米国はアイデアリーダーでした これら科学者や技術者の多くは米国内にいます しかし米国はアイデアリーダーの座から転げ落ちようとしています 私はそれにとても感謝しています 良いことなのです アイデアリーダーという色彩が弱まることは幸運なことです なぜなら過去長過ぎる間、米国と その他一握りの先進諸国が 研究と開発の重荷すべてを 背負ってきたからです しかし以下のことを考えて下さい: 仮に世界全体が現在の米国の様に豊かだとしたら 科学者と技術者の数は現在の5倍以上になり あらゆる人に共有され恩恵を与える アイデアを生み出していくのです 偉大なインドの数学者、ラマヌジャンのことを思い起こします どれほど多くのラマヌジャンのような優秀な人が 現在のインドで 畑仕事の労苦を背負ったり、ギリギリの生活をしたりしているのでしょうか? 彼らには世界全体を豊かにする能力があるのに まだそこまでたどり着いていません しかし今世紀中にそれは起こるでしょう 20世紀の本当の悲劇とはこういうことです: 仮に世界中の人々が巨大なコンピュータだとして 大規模な並列処理が行われていると考えると、 最大の悲劇というのは 何十億というプロセッサーが接続されていなかったということです しかし今世紀には中国が接続され インドが接続されるでしょう アフリカが接続されるでしょう 今世紀はアインシュタインのような人がアフリカで現れるでしょう

ちょっとしたデータです これが中国です 1996年には中国での 大学の新入生は100万人以下でした 2006年は500万人以上です どういうことか考えてみて下さい 他の国が豊かになることで我々全員がその恩恵を受けるのです 他の国が豊かになることを恐れてはいけないのです それは我々が受け入れるべきことなのです -- 豊かな中国、豊かなインド、豊かなアフリカ アイデアに対するより大きな需要が必要です 先ほどお話しした大きな市場のことです 世界へのより大きなアイデアの供給も必要です さて 今なら私が楽観的な理由がおわかりでしょう グローバル化によりアイデアに対する需要が増え 新たなアイデアを生み出すインセンティブも大きくなります 教育への投資によりアイデアの供給が増加されます

世界の歴史をひもといてみると 楽観的になる理由もいくらか分かると思います 人類の始まりから1500年まで、 経済成長はゼロです、何もありません 1500年から1800年の間はちょっとした経済成長 しかし1世紀で 今日の1年分以下というものです 1900年代1パーセント程 20世紀になると2パーセントを少し超える程度 21世紀では3.3パーセント以上になると考えられます このままの調子でいけば 2100になるまでに世界中で、 一人当たりのGDPは20万ドルになります これは米国の一人当たりGDPではありません -- それは100万以上になっています -- 世界の一人当たりGDPで、20万ドルです そんなに遠くはありません 我々は達成しないでしょうが、 我々の孫の世代が達成するでしょう 付け加えておくと この予想はむしろ控えめなものです カーツワイル的に言えば、これは悲観的なものです 私は「くまのプーさん」に出てくる陰気なロバのイーヨーといったところでしょうか (笑)

どのような問題があるのでしょうか? 大恐慌についてはどうでしょうか? 検証しましょう 大恐慌を見てみることにします 一人当たりのGDPで、 1900から1929年のものです あなたが1929年にいる経済学者だと想像して、 経済が間もなく転げ落ちるということを知らずに 米国の経済成長を予想する様を思い浮かべてください 直面しようとしている 20世紀で間違いなく最大の経済的な惨事を知ること無しにです これを知ること無しに何を予想していたでしょうか? 1900年から1929年における あなたの予想、予測を基にすると こんな感じになるでしょう もう少し楽観的であれば 「狂騒の20年代」をベースにしてこんなものができあがります それで実際に起こったことは? 崖から落ちましたが、回復したのです 実は20世紀の後半というのは 20世紀の前半を基に考えた 皆の予想を上回るほどのものだったのです 成長というのは 大恐慌ですら押し流すことができるのです

さて、他に何が? 石油 石油 大きな題材です 私が記録をつけていたとき、石油は1バレルあたり140ドルでした それで皆が問いかけていたことがあります: 「中国は我々のミルクシェイクを飲み干そうとしているのか?」 (笑) これにはいくらかの真実が含まれています 我々が持っている資源というのは有限なのですから そして成長が加速することによりその需要も大きくなります しかしここにいる皆さんには言うまでもないと思いますが、 石油価格が上がることが常に悪い訳では無いのです それに、皆知っていることですが、 重要なのはエネルギーであり、石油では無いのです 石油価格が上がるとことで エネルギー研究開発へのインセンティブが大きくなります そのことをデータにより見ることができます 石油価格が上昇することで、エネルギー特許が多くなります この世界は、石油価格の上昇を 克服するだけの力を これまで以上に持っているのです その理由は既に話したとおりです 1つのアイデア、1つの世界、1つの市場

以下の2つのアイデアを持ち続ける限り 私は楽観的です 世界市場をグローバル化し続け、 国の枠を超えた協力体制を拡充し続けること、 そして教育に投資し続けること さて、米国はこのような状況のなかで 特別重要な役割を果たします 教育システムをグローバル化し続け、 我々の教育システムを世界中の学生に開かれたものにするのです なぜなら我々の教育システムというのは ロウソクであり 他の学生がやってきて、彼ら自身のロウソクに灯をともすのです ジェファーソンが言ったことを思い出して下さい 曰く「誰かがやって来て 我々の炎からロウソクを灯すと その者は光を得、我々が暗闇に包まれることはない」 しかしジェファーソンは少し間違っていました、 真実はと言うと、 彼らが我々の炎からロウソクを灯すとき、 皆を照らす光の強さは2倍になるのです 私の見通しは楽観的なものです アイデアを広げ、光を広げるのです ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画