TED日本語 - ザーラ ランギ: リビア革命がなぜ成功しなかったか — そしてその未来は

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ザーラ ランギ: リビア革命がなぜ成功しなかったか — そしてその未来は

TED Talks

リビア革命がなぜ成功しなかったか -- そしてその未来は
Why Libya's revolution didn't work -- and what might
ザーラ ランギ
Zahra' Langhi

内容

アフリカ北部に位置するリビアで、ザーラ ランギは、カダフィによる独裁政権の崩壊をもたらした "革命の日" を起こす活動に参加していました。しかし…その後どうなったのか。 独裁政権崩壊後、初の選挙でリビア人は、男女両性が「ジッパー」の様に平等に組み合わさって候補者名簿に載る「ジッパー選挙」と呼ばれる革新的な試みを行いました。ところが、過去長い間独裁体制下にあったことで、以前となんら変わりのない、支配的かつ排他的な政治が続くことになります。 今、リビアに必要なのは何なのか。ランギはそれは「競争ではなく協力」、「怒りではなく同情の心」ではないかと、語りかけます。

Script

I have never, ever forgotten the words of my grandmother who died in her exile: "Son, resist Gaddafi. Fight him. But don't you ever turn into a Gaddafi-like revolutionary."

Almost two years have passed since the Libyan Revolution broke out, inspired by the waves of mass mobilization in both the Tunisian and the Egyptian revolutions. I joined forces with many other Libyans inside and outside Libya to call for a day of rage and to initiate a revolution against the tyrannical regime of Gaddafi. And there it was, a great revolution. Young Libyan women and men were at the forefront calling for the fall of the regime, raising slogans of freedom, dignity, social justice. They have shown an exemplary bravery in confronting the brutal dictatorship of Gaddafi. They have shown a great sense of solidarity from the far east to the far west to the south. Eventually, after a period of six months of brutal war and a toll rate of almost 50,000 dead, we managed to liberate our country and to topple the tyrant.

(Applause)

However, Gaddafi left behind a heavy burden, a legacy of tyranny, corruption and seeds of diversions. For four decades Gaddafi's tyrannical regime destroyed the infrastructure as well as the culture and the moral fabric of Libyan society. Aware of the devastation and the challenges, I was keen among many other women to rebuild the Libyan civil society, calling for an inclusive and just transition to democracy and national reconciliation. Almost 200 organizations were established in Benghazi during and immediately after the fall of Gaddafi -- almost 300 in Tripoli.

After a period of 33 years in exile, I went back to Libya, and with unique enthusiasm, I started organizing workshops on capacity building, on human development of leadership skills. With an amazing group of women, I co-founded the Libyan Women's Platform for Peace, a movement of women, leaders, from different walks of life, to lobby for the sociopolitical empowerment of women and to lobby for our right for equal participation in building democracy and peace.

I met a very difficult environment in the pre-elections, an environment which was increasingly polarized, an environment which was shaped by the selfish politics of dominance and exclusion. I led an initiative by the Libyan Women's Platform for Peace to lobby for a more inclusive electoral law, a law that would give every citizen, no matter what your background, the right to vote and run, and most importantly to stipulate on political parties the alternation of male and female candidates vertically and horizontally in their lists, creating the zipper list. Eventually, our initiative was adopted and successful. Women won 17.5 percent of the National Congress in the first elections ever in 52 years.

(Applause)

However, bit by bit, the euphoria of the elections, and of the revolution as a whole, was fading out -- for every day we were waking up to the news of violence. One day we wake up to the news of the desecration of ancient mosques and Sufi tombs. On another day we wake up to the news of the murder of the American ambassador and the attack on the consulate. On another day we wake up to the news of the assassination of army officers. And every day, every day we wake up with the rule of the militias and their continuous violations of human rights of prisoners and their disrespect of the rule of law.

Our society, shaped by a revolutionary mindset, became more polarized and has driven away from the ideals and the principles -- freedom, dignity, social justice -- that we first held. Intolerance, exclusion and revenge became the icons of the [ aftermath ] of the revolution. I am here today not at all to inspire you with our success story of the zipper list and the elections. I'm rather here today to confess that we as a nation took the wrong choice, made the wrong decision. We did not prioritize right. For elections did not bring peace and stability and security in Libya. Did the zipper list and the alternation between female and male candidates bring peace and national reconciliation? No, it didn't. What is it, then? Why does our society continue to be polarized and dominated with selfish politics of dominance and exclusion, by both men and women?

Maybe what was missing was not the women only, but the feminine values of compassion, mercy and inclusion. Our society needs national dialogue and consensus-building more than it needed the elections, which only reinforced polarization and division. Our society needs the qualitative representation of the feminine more than it needs the numerical, quantitative representation of the feminine.

We need to stop acting as agents of rage and calling for days of rage. We need to start acting as agents of compassion and mercy. We need to develop a feminine discourse that not only honors but also implements mercy instead of revenge, collaboration instead of competition, inclusion instead of exclusion. These are the ideals that a war-torn Libya needs desperately in order to achieve peace.

For peace has an alchemy, and this alchemy is about the intertwining, the alternation between the feminine and masculine perspectives. That's the real zipper. And we need to establish that existentially before we do so sociopolitically.

According to a Quranic verse "Salam" -- peace -- "is the word of the all-merciful God, raheem." In turn, the word "raheem," which is known in all Abrahamic traditions, has the same root in Arabic as the word "rahem" -- womb -- symbolizing the maternal feminine encompassing all humanity from which the male and the female, from which all tribes, all peoples, have emanated from. And so just as the womb entirely envelopes the embryo, which grows within it, the divine matrix of compassion nourishes the entire existence. Thus we are told that "My mercy encompasses all things." Thus we are told that "My mercy takes precedence over my anger."

May we all be granted a grace of mercy. (Applause)

Thank you.

(Applause)

私は一度たりとも忘れたことはありません 亡命中に亡くなった祖母の言葉を 「息子よ、カダフィに抵抗し、戦いなさい でもそれは決して カダフィの様な革命であってはなりません」

リビア革命が勃発してからおよそ2年が経ちました 大規模な騒乱の波チュニジアとエジプトでの革命の流れを受け 私は国内外のリビア人勢力に加わりました 怒りの声を上げ カダフィによる独裁政権に対する革命を起こすためです こうして大革命が始まったのです 若いリビア人が男女問わず 最前線に立ちました 独裁政権の打倒を叫びました 自由 尊厳 社会的公正のスローガンを掲げて 彼らは民衆に勇気を見せつけたのです カダフィの残忍な独裁政権を糾弾することによって 彼らは結束の強さを教えてくれました 国の東の端からも西や 南部まで 6ヶ月にわたる凄惨な戦争の結果 およそ5万人が亡くなり 暴君を倒し 国を解放することに成功しました

(拍手)

しかし カダフィ政権は大きな重荷を残しました 圧政 汚職 横領などの根源は今だ残ったままです 40年にわたるカダフィの独裁政権は インフラを壊滅させ文化やリビアのモラルの破壊しました 私は 惨状と試練を理解の上で 周囲の女性と熱心に呼びかけましたリビアの市民社会を再建するために 人民による総合的で公明な変革と 民主主義と国民融和を求めるために ベンガジ市にて約200団体が組織されました カダフィ政権下 また政権崩壊直後首都トリポリでも約300団体ができました

33年にも及ぶ亡命の後私はリビアへ戻り 独自の情熱をもって ワークショップを開催し始めたんです 能力育成や リーダーシップ訓練などです 素晴らしい女性たちと共に 「リビア女性による平和を目指す会」を立ち上げました 多様な経験を持つ女性の活動や 指導者を支援し 女性の社会政治参加を促すように求めたり 民主主義の形成や平和活動に女性も等しく共同参画できるよう 働きかけるためです

予備選挙ではとても難しい環境にありました 対立が相次ぎ 利己的な政治によって 形成されてきた支配的で排他的な環境です 「リビア女性による平和を目指す会」によって私は率先して より多くの人の選挙による法律の制定を求めました どんな生い立ちの人であっても全ての市民に 投票と立候補の権利を与えること さらに重要な事項として 男性と女性の候補者名を交互に表記するよう政党に求めました 縦にも横にも交互になって「ジッパー」のようなリストです 最終的に私たちの要求は受け入れられ成功を収めました 女性が17.5%の国会議席を勝ち取ったのです 過去52年間の選挙で初めてのことです

(拍手)

しかしながら 少しずつ 選挙での喜びや 更には革命の喜びまでも 薄れていきました 毎朝起きては 暴力に満ちた報道を見ます ある朝は こんなニュースです 古代モスクとスーフィ信者の墓での神聖冒涜の話 またある朝は こんなニュースです アメリカ人大使の殺人事件や領事館への襲撃の話 そしてまたある朝は… 陸軍将校の暗殺事件など 毎日毎日私たちは市民軍の統治下で目覚め そして止むことのない囚人たちに対する人権侵害や 法の支配を重視しないのです

革命の精神によって形づくられてきた私たちの社会は よりバラバラになり理想と大きくかけ離れていきました 自由 尊厳 社会的公正…私たちが最初に掲げたものから遠く 寛容のなさ 排他主義 そして報復 それが革命戦争の残した「余波」です 私は今日 男女の候補者の「ジッパーリスト」と選挙での成功について話すために来たのではなく むしろ 皆さんに告白しに来ました 私たちが国家として間違った選択肢を選んでしまったことを 正しく優先順位を付けられなかったことを 選挙ではリビアには平和や安定安全をもたらすことはできませんでした 男女交互の選挙候補者リスト 「ジッパーリスト」によって 国民は融合されたでしょうか? いいえ 無理でした 何が問題なのでしょう なぜ私たちの社会は 今もバラバラで支配的なのでしょう 支配的で排他的で 利己的な政治のせい?それも男女両性による?

足りていなかったのは「女性」だけでなく 「女性的な価値感」かもしれません同情や慈悲 そして包容です 私たちの社会に必要なのは国民の対話と総意の構築です 対立を助長しただけの選挙以前に必要なものだったのです 私たちの社会は「女性の品性」を必要としていて それは数量としての「女性の人数」以上に 大切なことだったのです

私たちは怒りに動かされたり 抗議行動することをやめて 同情や慈悲の行動を起こさなくてはなりません 女性の言葉で解決法を探さなくては 心掛けだけではなく 実行するのです 慈悲を 報復の代わりに協力を 競争の代わりに 包容を 排除の代わりに これが 戦争でバラバラになったリビアが平和達成のため 切に掲げる理想です

平和への秘策があるのです この秘策とは 男性的な視点と女性的な視点その両方を尊重する相互関係をつくることです これが本当の「ジッパー」です 私たちはそれを現実にすべきなのです社会政治学的に行動する前に

コーランの言葉によると 「サラーム(平和)」とは慈悲深い神 ラヒームのことを指します また アブラハムの伝統で指す「ラヒーム」は アラビア語の「ラヘム(子宮)」と 同じ語源なのです 慈愛を含む 女性の母性を象徴する言葉です 男性 女性 両性によって そして すべての部族 すべての人々によって発せられるものです つまり子宮がその中で育つ胎児を包み込むように 慈悲に満ち溢れた神聖な母体によってすべての存在が生かされています 私たちはこう教えられています「私の慈悲はすべてを包み込む」 私たちはこう教えられています「私の慈悲は怒りを超越する」

私たちがみな慈悲の恩寵を与えられますように (拍手)

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画