TED日本語 - セス・ゴーディン:我々がリードする部族

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - セス・ゴーディン:我々がリードする部族

TED Talks

我々がリードする部族
The tribes we lead
セス・ゴーディン
Seth Godin

内容

セス・ゴーディンはインターネットがマスマーケティングに終止符を打ち、遠い過去から存在する人間の集団「部族」を再生させたという。共通のアイデアと価値に基づき、部族は普通の人たちが大きな変化をリードし実現させる力を与えるという。彼は私たちにそうしろ、と元気づけます。

Script

So sometimes I get invited to give weird talks. I got invited to speak to the people who dress up in big stuffed animal costumes to perform at sporting events. Unfortunately I couldn't go. But it got me thinking about the fact that these guys, at least most of them, know what it is that they do for a living. What they do is they dress up as stuffed animals and entertain people at sporting events.

Shortly after that I got invited to speak at the convention of the people who make balloon animals. And again, I couldn't go. But it's a fascinating group. They make balloon animals. There is a big schism between the ones who make gospel animals and porn animals, but -- (Laughter) they do a lot of really cool stuff with balloons. Sometimes they get in trouble, but not often. And the other thing about these guys is, they also know what they do for a living. They make balloon animals.

But what do we do for a living? What exactly to the people watching this do every day? And I want to argue that what we do is we try to change everything. That we try to find a piece of the status quo -- something that bothers us, something that needs to be improved, something that is itching to be changed -- and we change it. We try to make big, permanent, important change. But we don't think about it that way. And we haven't spent a lot of time talking about what that process is like. And I've been studying it for a couple years. And I want to share a couple stories with you today.

First, about a guy named Nathan Winograd. Nathan was the number two person at the San Francisco SPCA. And what you may not know about the history of the SPCA is, it was founded to kill dogs and cats. Cities gave them a charter to get rid of the stray animals on the street and destroy them. In a typical year four million dogs and cats were killed, most of them within 24 hours of being scooped off of the street. Nathan and his boss saw this, and they could not tolerate it. So they set out to make San Francisco a no-kill city: create an entire city where every dog and cat, unless it was ill or dangerous, would be adopted, not killed. And everyone said it was impossible. Nathan and his boss went to the city council to get a change in the ordinance. And people from SPCAs and humane shelters around the country flew to San Francisco to testify against them -- to say it would hurt the movement and it was inhumane. They persisted. And Nathan went directly to the community. He connected with people who cared about this: nonprofessionals, people with passion. And within just a couple years, San Francisco became the first no-kill city, running no deficit, completely supported by the community. Nathan left and went to Tompkins County, New York -- a place as different from San Francisco as you can be and still be in the United States. And he did it again. He went from being a glorified dogcatcher to completely transforming the community. And then he went to North Carolina and did it again. And he went to Reno and he did it again.

And when I think about what Nathan did, and when I think about what people here do, I think about ideas. And I think about the idea that creating an idea, spreading an idea has a lot behind it. I don't know if you've ever been to a Jewish wedding, but what they do is, they take a light bulb and they smash it. Now there is a bunch of reasons for that, and stories about it. But one reason is because it indicates a change, from before to after. It is a moment in time. And I want to argue that we are living through and are right at the key moment of a change in the way ideas are created and spread and implemented.

We started with the factory idea: that you could change the whole world if you had an efficient factory that could churn out change. We then went to the TV idea, that said if you had a big enough mouthpiece, if you could get on TV enough times, if you could buy enough ads, you could win. And now we're in this new model of leadership, where the way we make change is not by using money or power to lever a system, but by leading.

So let me tell you about the three cycles. The first one is the factory cycle. Henry Ford comes up with a really cool idea. It enables him to hire men who used to get paid 50 cents a day and pay them five dollars a day. Because he's got an efficient enough factory. Well with that sort of advantage you can churn out a lot of cars. You can make a lot of change. You can get roads built. You can change the fabric of an entire country. That the essence of what you're doing is you need ever-cheaper labor, and ever-faster machines. And the problem we've run into is, we're running out of both. Ever-cheaper labor and ever-faster machines. (Laughter)

So we shift gears for a minute, and say, "I know: television; advertising. Push push. Take a good idea and push it on the world. I have a better mousetrap. And if I can just get enough money to tell enough people, I'll sell enough." And you can build an entire industry on that. If necessary you can put babies in your ads. If necessary you can use babies to sell other stuff. And if babies don't work, you can use doctors. But be careful. Because you don't want to get an unfortunate juxtaposition, where you're talking about one thing instead of the other. (Laughter) This model requires you to act like the king, like the person in the front of the room throwing things to the peons in the back. That you are in charge, and you're going to tell people what to do next. The quick little diagram of it is, you're up here, and you are pushing it out to the world. This method -- mass marketing -- requires average ideas, because you're going to the masses, and plenty of ads. What we've done as spammers is tried to hypnotize everyone into buying our idea, hypnotize everyone into donating to our cause, hypnotize everyone into voting for our candidate. And, unfortunately, it doesn't work so well anymore either. (Laughter)

But there is good news around the corner -- really good news. I call it the idea of tribes. What tribes are, is a very simple concept that goes back 50,000 years. It's about leading and connecting people and ideas. And it's something that people have wanted forever. Lots of people are used to having a spiritual tribe, or a church tribe, having a work tribe, having a community tribe. But now, thanks to the internet, thanks to the explosion of mass media, thanks to a lot of other things that are bubbling through our society around the world, tribes are everywhere.

The Internet was supposed to homogenize everyone by connecting us all. Instead what it's allowed is silos of interest. So you've got the red-hat ladies over here. You've got the red-hat triathletes over there. You've got the organized armies over here. You've got the disorganized rebels over here. You've got people in white hats making food. And people in white hats sailing boats. The point is that you can find Ukrainian folk dancers and connect with them, because you want to be connected. That people on the fringes can find each other, connect and go somewhere. Every town that has a volunteer fire department understands this way of thinking. (Laughter)

Now it turns out this is a legitimate non-photoshopped photo. People I know who are firemen told me that this is not uncommon. And that what firemen do to train sometimes is they take a house that is going to be torn down, and they burn it down instead, and practice putting it out. But they always stop and take a picture. (Laughter)

You know the pirate tribe is a fascinating one. They've got their own flag. They've got the eye patches. You can tell when you're running into someone in a tribe. And it turns out that it's tribes -- not money, not factories -- that can change our world, that can change politics, that can align large numbers of people. Not because you force them to do something against their will, but because they wanted to connect.

That what we do for a living now, all of us, I think, is find something worth changing, and then assemble tribes that assemble tribes that spread the idea and spread the idea. And it becomes something far bigger than ourselves, it becomes a movement. So when Al Gore set out to change the world again, he didn't do it by himself. And he didn't do it by buying a lot of ads. He did it by creating a movement. Thousands of people around the country who could give his presentation for him, because he can't be in 100 or 200 or 500 cities in each night.

You don't need everyone. What Kevin Kelley has taught us is you just need, I don't know, a thousand true fans -- a thousand people who care enough that they will get you the next round and the next round and the next round. And that means that the idea you create, the product you create, the movement you create isn't for everyone, it's not a mass thing. That's not what this is about. What it's about instead is finding the true believers. It's easy to look at what I've said so far, and say, "Wait a minute, I don't have what it takes to be that kind of leader."

So here are two leaders. They don't have a lot in common. They're about the same age. But that's about it. What they did, though, is each in their own way, created a different way of navigating your way through technology. So some people will go out and get people to be on one team. And some people will get people to be on the other team.

It also informs the decisions you make when you make products or services. You know, this is one of my favorite devices. But what a shame that it's not organized to help authors create movements. What would happen if, when you're using your Kindle, you could see the comments and quotes and notes from all the other people reading the same book as you in that moment. Or from your book group. Or from your friends, or from the circle you want. What would happen if authors, or people with ideas could use version two, which comes out on Monday, and use it to organize people who want to talk about something. Now there is a million things I could share with you about the mechanics here. But let me just try a couple.

The Beatles did not invent teenagers. They merely decided to lead them. That most movements, most leadership that we're doing is about finding a group that's disconnected but already has a yearning -- not persuading people to want something they don't have yet.

When Diane Hatz worked on "The Meatrix," her video that spread all across the internet about the way farm animals are treated, she didn't invent the idea of being a vegan. She didn't invent the idea of caring about this issue. But she helped organize people, and helped turn it into a movement.

Hugo Chavez did not invent the disaffected middle and lower class of Venezuela. He merely led them.

Bob Marley did not invent Rastafarians. He just stepped up and said, "Follow me."

Derek Sivers invented CD Baby, which allowed independent musicians to have a place to sell their music without selling out to the man -- to have place to take the mission they already wanted to go to, and connect with each other.

What all these people have in common is that they are heretics. That heretics look at the status quo and say, "This will not stand. I can't abide this status quo. I am willing to stand up and be counted and move things forward. I see what the status quo is; I don't like it." That instead of looking at all the little rules and following each one of them, that instead of being what I call a sheepwalker -- somebody who's half asleep, following instructions, keeping their head down, fitting in -- every once in a while someone stands up and says, "Not me." Someone stands up and says, "This one is important. We need to organize around it." And not everyone will. But you don't need everyone. You just need a few people -- (Laughter) -- who will look at the rules, realize they make no sense, and realize how much they want to be connected.

So Tony Shea does not run a shoe store. Zappos isn't a shoe store. Zappos is the one, the only, the best-there-ever-was place for people who are into shoes to find each other, to talk about their passion, to connect with people who care more about customer service than making a nickel tomorrow. It can be something as prosaic as shoes, and something as complicated as overthrowing a government. It's exactly the same behavior though.

What it requires, as Geraldine Carter has discovered, is to be able to say, "I can't do this by myself. But if I can get other people to join my Climb and Ride, then together we can get something that we all want. We're just waiting for someone to lead us."

Michelle Kaufman has pioneered new ways of thinking about environmental architecture. She doesn't do it by quietly building one house at a time. She does it by telling a story to people who want to hear it. By connecting a tribe of people who are desperate to be connected to each other. By leading a movement and making change. And around and around and around it goes.

So three questions I'd offer you. The first one is, who exactly are you upsetting? Because if you're not upsetting anyone, you're not changing the status quo. The second question is, who are you connecting? Because for a lot of people, that's what they're in it for: the connections that are being made,one to the other. And the third one is, who are you leading? Because focusing on that part of it -- not the mechanics of what you're building, but the who, and the leading part -- is where change comes.

So Blake, at Tom's Shoes, had a very simple idea. "What would happen if every time someone bought a pair of these shoes I gave exactly the same pair to someone who doesn't even own a pair of shoes?" This is not the story of how you get shelf space at Neiman Marcus. It's a story of a product that tells a story. And as you walk around with this remarkable pair of shoes and someone says, "What are those?" You get to tell the story on Blake's behalf, on behalf of the people who got the shoes. And suddenly it's not one pair of shoes or 100 pairs of shoes. It's tens of thousands of pairs of shoes.

My friend Red Maxwell has spent the last 10 years fighting against juvenile diabetes. Not fighting the organization that's fighting it -- fighting with them, leading them, connecting them, challenging the status quo because it's important to him. And the people he surrounds himself with need the connection. They need the leadership. It makes a difference.

You don't need permission from people to lead them. But in case you do, here it is: they're waiting, we're waiting for you to show us where to go next. So here is what leaders have in common. The first thing is, they challenge the status quo. They challenge what's currently there. The second thing is, they build a culture. A secret language, a seven-second handshake, a way of knowing that you're in or out. They have curiosity. Curiosity about people in the tribe, curiosity about outsiders. They're asking questions. They connect people to one another. Do you know what people want more than anything? They want to be missed. They want to be missed the day they don't show up. They want to be missed when they're gone. And tribe leaders can do that. It's fascinating, because all tribe leaders have charisma, but you don't need charisma to become a leader. Being a leader gives you charisma. If you look and study the leaders who have succeeded, that's where charisma comes from -- from the leading. Finally, they commit. They commit to the cause. They commit to the tribe. They commit to the people who are there.

So I'd like you to do something for me. And I hope you'll think about it before you reject it out-of-hand. What I want you to do, it only takes 24 hours, is: create a movement. Something that matters. Start. Do it. We need it. Thank you very much. I appreciate it. (Applause)

私は時々、変わったトークを依頼されます スポーツイベントで 着ぐるみを着る人たちに 話をしてくれと言われたことがあります 残念ながら行けなかったのですが この人たちの 少なくともほとんどの人たちは、自分が 生活のためにスポーツイベントで着ぐるみ動物になって 観客を楽しませるのがどういうことなのか わかっているのだ、と思いました

その後少ししてから 風船で動物を作る人たちの 大会で講演する依頼がありました この時も行けなかったのですが、魅力的な団体でした 風船で動物を作るんです 参加者は、ゴスペル動物を作る人から エロ動物を作る人までいろいろ (笑) 風船で本当にかっこいいものをいろいろ作ります たまにトラブルになりますが、さほどでもありません この人たちについて言えるのも 自分が生活のために何をしているか知っていることです 風船で動物を作るわけです

しかし、我々は何をして生計を立てているか? 今これを見ている人たちは、毎日何をしているのか? 我々がやっているのは あらゆるものを変えようとしている、ということではないでしょうか? 現状の中から 気にかかることとか、改善すべきこと 変えないと気が済まないようなものを見つけ、変えるのです 我々は大きく、永続的で、重要なことを変えようとしていますが それをそういう風には考えていません また、変えるプロセスがどんなものなのかを ゆっくり検討していません 私はそれをここ数年研究しています 今日ここで、その成果をすこしお話しします

最初に、ネイザン・ウィノグラッドのことです ネイザンはサンフランシスコ動物虐待防止協会(SCPA)のナンバー2でした ご存じないかもしれませんが、SPCAは当初は 犬や猫を殺すために設立されました 市がSCPAに憲章を交付し 市街から野良動物を取り除き、処分させたのです 例年400万の犬猫が殺されていました 市街で保護されてから24時間以内にです ネイザンと彼の上司はこれを見て 耐えられなかったのです そこで彼らはサンフランシスコを 「殺害なし」の街にしようと行動を始めました 街全体で どんな犬も猫も 病気か危険性がない限り 殺されるのではなく、養い親に渡されました 誰もがそんなことは不可能だと言いました ネイザンと上司は市議会に出向いて規定を変えようとしました 国中のSPCAや人権保護団体が サンフランシスコに飛んできました ネイザンらに不利な証言をするためです 「それは運動全体を傷つけ、また非人道的だ」と 彼らは粘り強かった ネイザンは直接コミュニティにかけあった この問題に関心のある人々と連携したのです 専門家ではないけれど、情熱のある人たちとです そしてわずか2~3年以内に サンフランシスコは初めての「殺害なし」の街になりました 赤字にもなりませんでした 全面的にコミュニティの支援を受けてです ネイザンはそこを離れ、ニューヨークのトンプキンス郡に行きました サンフランシスコと同じアメリカなのが 不思議なくらい違った場所です そこで彼はまたやりました 彼は見せかけの野良犬捕獲人から始めて コミュニティを完全に変えてしまいました 彼はその後ノースカロライナに行き、また同じことをやり リノに行き、またやりました

ネイザンがしたこと、また ここにいる人たちがしたことを考えるとき、私は「アイデア」について考えます アイデアを創り出すアイデア、 アイデアを広めるアイデア、 もっと後ろ側にあるものです 皆さんがユダヤ教の結婚式に出たことがあるか知りませんが かれらは電球を取り出し つぶすのです それにはたくさんの理由や逸話がありますが そのうちの一つは「変化を示す」ことです 前、と後、の 歴史の特定の瞬間です 我々はここまできて、 アイデアが生まれ、広がり、定着する過程が 変貌しようとしている、まさにその瞬間に いるのだと思うのです

我々は「工場」というアイデアから始めました 変化を大量生産できるくらい効率的な工場があれば 世界を変えることができる、と 次に「テレビ」のアイデアに行きました でっかい口があり テレビに何度も現れることができて、広告が十分に打てれば、勝てる、と 現在は新しいモデル「リーダーシップ」の中にいます 変化を起こすのは金でも システムを動かす 権力でもなく リーダーシップだ、と

この三つのサイクルを考えてみましょう まず工場のサイクルです ヘンリー・フォードは素晴らしいアイデアを思いつき 以前は一日50セントで 雇われていた男を 一日5ドルも払って雇えるようになりました それだけ効率の良い工場が出来たからです その優位性によって たくさんの車を作ることができました たくさんの変化を起こせます 道を造り 国全体の構造を変えることができる ここでしていることの本質はあなたがいつも より安い労働力、 より速い機械を必要とする、ということです 問題は、我々がそのどちらをも失いつつあることです よりやすい労働力とより速い機械 「この信号は絶対青になりません」:(笑)

さて、ちょっとギアを入れ替えて みましょう 「わかってる テレビだ 広告だ 押せ、押せ いいアイデアがあったら世界中に押し広めろ 俺にはもっといい策略があるぞ 多くの人に伝えるだけ十分金があるなら、俺が売ってみせるぜ」 そして広告によって新たな産業が丸ごと出来てしまう 必要なら赤ちゃんを広告に出す 他の広告にも赤ちゃんを出す 赤ちゃんがだめなら、医者も出す でも気をつけないと ある広告と隣りの広告が逆のことを言うように 並べてしまったりする (笑) このモデルではあなたは王様の用に振る舞わなくてはいけない 部屋の前側にいて、 後ろ側の従者にものを投げる あなたが責任者だ 次に何をしたらよいか 皆に告げるのだ 簡単に図を描くと、あなたはここにいて それを世界に投げかける この方法「マスマーケティング」は 「平均的なアイデア」を必要とします なぜなら「大衆」に向けるのだから そして、大量の広告が必要です 我々がスパム発信者として行うのは 皆を催眠術にかけて アイデアを買わせることです 催眠にかけてこちらの理由に寄付してもらう 催眠にかけてこちらの候補に投票してもらう 問題なのは、これもだんだん効かなくなっていることです (笑)

でも、非常にいい知らせがすぐそこまで来ています それが「部族」のアイデアです 「部族」は非常に簡単なコンセプトで 5万年前からあります 人々をリードしてアイデアと結びつけることです これは人々がいつも望んでいることです 多くの人々は精神的な部族、あるいは協会の部族や 職場の部族 コミュニティの部族などに慣れ親しんでいます しかし現在、インターネットとマスメディアの爆発のおかげで その他世界中の社会で起きている いろいろなことのおかげで 部族はどこにでもできるようになったのです

インターネットは全てをつなぐことで全体を均質化すると思われましたが そうでなくて、興味・関心のサイロ(塔)を作れるようにしたのです 例えば「赤い帽子の女性」の団体があります 「赤い帽子のトライアスリート」の団体もある 「組織化された軍隊」や 「組織化されない部隊」もある 「白い帽子の料理制作者」集団もあれば 「白い帽子の船乗り」の集団もある ポイントは「ウクライナ民族舞踊」の団体も見つかり それと繋がりを持てるということです 繋がりを持ちたいというだけの理由で 端っこにいる人たちが 互いを見つけ出し、一緒にどこかに行けるから どこの街にもボランティアの消防団があり こういう考え方を理解しています (笑)

これは 修正をしていない正真正銘の写真ですが 知人の消防士はこれは珍しくないことだと言いました 消防士は訓練のために 解体予定の建物を入手し それに火をつけてから消す訓練をするのです ですが必ずその前に記念写真を撮ります (笑)

海賊という部族は魅力的で 自分の旗があり、眼帯をつけていて 部族の誰かと出くわせばすぐにわかります そして、わかったのは、 金や工場でなく、この部族が たくさんの人間を統一行動させて 世界を変え、政治を変えるということです 人々の意に沿わないことを無理矢理やらせるからでなく 人々が繋がりたいと思っているからです

我々全てが 生活のためにしているのは 変える価値のある何かを見つけ 部族をまとめあげる部族をまとめあげ アイデアをひろめ、さらにアイデアを広めると 自分たちよりはるかに大きい集団になるのです 運動(ムーブメント)になります アル・ゴアがふたたび世界を変えようと 活動を始めた時 彼は自分一人ではやらなかった たくさんの広告を打つこともしなかった 彼は運動を創り出したのです 国中の何千という人たちが アルの代わりにプレゼンテーションをしてくれる アルは毎晩100とか200とか500の町にはいられないのですから

誰もが必要なわけでもない ケヴィン・ケリーが今夜教えてくれましたが よく知りませんが、1000人くらいの本物のファンがいればいい 1000人くらいの熱心な人がいて 次の番にあなたにアプローチし また次の番、次の番、とやってくれればいい つまりあなたがアイデアなり製品なり 運動なりは、全ての人向けでなくてもよい それは大衆向けでなくてもよい そういうものじゃない 重要なのは 本当の信奉者を見つけることです 私が今まで話したことを聞くとみなさんこう思いがちです 「ちょっと待って、自分にはとてもそんなリーダーになれないよ」

ここにリーダーが二人います 彼らにはほとんど共通点がない 彼らは同じ歳です でもそれだけです 彼らがやったのは、それぞれに独自の方法で テクノロジーを使ってあなたが進んで行くための 別々の方法を創り出したことです だからある人たちはそのチームに人々を呼び込み 別の人々はもう一方のチームに呼び込んでいます

これはまた、製品やサービスを作る際に どういう意思決定をすればよいかも教えてくれます これは私が好きなガジェットの一つです しかし恥ずべきことに、このガジェットは 著者がムーブメントを起こすのを助けるようにできていません もしみなさんがこのKindleを使う時に、その場で あなたが読んでいる本と同じ本を読んだ人の コメントや引用やメモなどがみられたらどうでしょう あるいはあなたの読書グループや、友人や、いろいろなサークルの人たちからの もし著者や、アイデアを持った人々が、月曜に出る バージョン2を使うと、何か言いたいことがある人々を 組織化できたら どうでしょう 私が皆さんと共有したいメカニズムがものすごくたくさんあるのですが その内幾つかを見てみましょう

ビートルズはティーンエイジャーを創り出しはしませんでした 単にリードしようとしたのです ほとんどのムーブメント、ほとんどのリーダーがやっているのは 言いたいことがあるがお互いに関係性がない グループを見つけることです 何も言いたくない人たちに言いたくなるよう 説得するわけではありません

ダイアン・ハッツが作ったビデオMeatrixは 畜産動物がどんな扱いを受けているかを描いたビデオで インターネットを駈けめぐりましたが 彼女が絶対菜食主義者という考え方を作ったわけではありません この問題に注目するという考え方を作ったわけでもない 彼女は、人々を組織化し、それが ムーブメントになるのを助けただけです

ウーゴ・チャベスはベネズエラの、不満が横溢した 中流・下流階級を作ったわけではない 単に指導しただけです

ボブ・マーリーはラスタファリアンを作ってはいない 立ち上がって「俺についてこい」と言っただけです

デレク・シルバースは「CD Baby」を作り インディーズミュージシャンが 身売りすることなく音楽を売る場所を持つのを助けました もともと彼らが持っている使命を 互いにつなぐことができる場所を用意したのです

これらの人々の共通点は、彼らが全て異端者だということです 異端者は現状を見て、言います 「このままではいけない 私はこれには耐えられない 私は立ち上がって現状を前進させると約束する」 「私は現状を見た 私はそれが気に入らない」 こんな細かい規則を読んで それにいちいち従うより あるいは半分眠った 夢遊病者になって 頭を垂れて、牧羊場の羊の様に 言われたことに従うより 時々誰かが立ち上がって言う「俺は嫌だ」と 「これは重要なことだ これをうまく組織化しなくては」と 誰もがそういうわけではない そして、誰もがそうする必要はない ごく僅かの人がいればいいのです (笑) 規則を見て それに意味がないと気づき どれだけ自分たちが繋がりたいかわかった人たちがいればいい

トニー・シェアは靴屋を経営しているのではない Zapposは靴屋ではない Zapposは、ただ一つの、 世界一の場所で そこでは靴フリークが集まってお互いを発見し 自分たちの情熱について語り合い わずかな稼ぎよりカスタマーサービスに関心が ある人と繋がることができるのです 靴くらい平凡なことでもそうだし 政府をひっくり返すくらい大きなことでもそうです どちらでも行動方式は同じです

ジェラルディン・カーターが発見したように、必要なのは 「私だけではこれができないけれど、もし私が 他の人たちを私のClimb and Rideに集めることができたら 私たち全員が望むなにかができるのに」と 私たちはリーダーが必要なだけなんです

ミシェル・カウフマンは 環境適合した建築を開発した先駆者です 彼女は一つ一つ家を建てながらそうしたのではなく 彼女の話を聴きたいと思う人に 物語を話したのです 繋がりたいと強く思っている部族や 人々を繋ぐことで ムーブメントをリードすることで 変化をもたらすことで それが繰り返されて行くのです

そこで、皆さんに三つの質問をします 一番目:あなたは、正確にはだれの 心を乱していますか? 誰かの心を乱していないなら、あなたは現状を変えていません 二番目:あなたは誰と繋がっていますか? 多くの人にとって、それが生きる意味です 人と人との間に生まれてくる繋がりです 三番目:あなたは誰をリードしていますか? その部分にフォーカスすること 作っているものの構造ではなく、それを導く人 つまり先導部分こそが変化の生まれる場所なのです

そこで、トムの靴屋のブレイクは簡単なアイデアを思いつきました もし誰かがこの靴を買った時に 私が誰か他の、靴を持ったこともない人に 同じ靴をあげたらどうなるだろう? これはニーマン・マーカスの棚スペースを獲得する話ではありません これは、物語を持つ製品の話です そしてあなたがこの特別な靴を履いて歩く時には 誰かが言います「あれは何だ?」と あなたは靴をもらった人たちに代わって ブレイクの代わりに物語を話すでしょう すると突然、それはただの靴、あるいは100個の靴の話しでなくなります 何千何万もの靴の話になります

私の友人レッド・マクスウェルは、この10年間 若年型糖尿病と闘ってきました 闘病組織に対抗するのではなく、彼らとともに闘い、リードし、 彼らを繋ぎあわせ、現状に挑戦しています それが彼にとって大事だからです 彼を取り巻く人たちには連携が必要です リーダーが必要です そこに変化が生まれるのです

人々をリードするのに許しを得る必要はありません しかしもしも必要な場合、こういうことです 彼らも、我々も 次にどこへ向かえばいいのか、あなたが言うのを待っているのです だからリーダーに共通していることがあります。第一に彼らは 現状に挑戦します 今そこにあるものに挑戦するのです 第二に彼らは文化を創ります 合言葉とか、7秒間の握手とか あなたが仲間かそうでないかを知る方法です 彼らは好奇心を持っています 部族内の好奇心です 外部者への好奇心です 彼らは尋ねます 彼らは人々を他の人たちと結びつけます 人が何を一番望むか知っていますか? 「いないと寂しい」と思ってもらうことです 自分がいなくなったその日から、 いなくなったら悲しんでほしいのです 部族のリーダーはそれができます 素晴らしいことに、部族のリーダーは皆カリスマ性を持っています でも、リーダーになるのにカリスマ性は必要ありません リーダーになればカリスマ性ができるのです 成功したリーダーを研究すれば リードすることでカリスマ性が生まれているのがわかります 最後に、彼らはコミットします 彼らは大義にコミットし、部族にコミットします そこにいる人たちにコミットします

あなた方にやってほしいことがあります それを手に余ると拒否する前に考えてみて下さい 24時間しかかかりません それはムーブメントを生み出すことです 重要なことをです 始めてください やるのです みんな望んでいます ご清聴ありがとうございます (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画