TED日本語 - アル・ゴア: 元副大統領が気候の傾向を警告

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - アル・ゴア: 元副大統領が気候の傾向を警告

TED Talks

元副大統領が気候の傾向を警告
Alarming new slides of the worsening climate crisis
アル・ゴア
Al Gore

内容

TED2009で アル・ゴア元副大統領が世界中からの最近のスライドを見せ、気候の変化は科学者達の予測よりも恐ろしい傾向に進んでいる事を示し、「環境に優しい石炭」に対する彼の意見を明らかにする

Script

Last year I showed these two slides so that demonstrate that the arctic ice cap, which for most of the last three million years has been the size of the lower 48 states, has shrunk by 40 percent. But this understates the seriousness of this particular problem because it doesn't show the thickness of the ice. The arctic ice cap is, in a sense, the beating heart of the global climate system. It expands in winter and contracts in summer. The next slide I show you will be a rapid fast-forward of what's happened over the last 25 years. The permanent ice is marked in red. As you see, it expands to the dark blue -- that's the annual ice in winter, and it contracts in summer. The so-called permanent ice,five years old or older, you can see is almost like blood, spilling out of the body here. In 25 years it's gone from this, to this.

This is a problem because the warming heats up the frozen ground around the Arctic Ocean, where there is a massive amount of frozen carbon which, when it thaws, is turned into methane by microbes. Compared to the total amount of global warming pollution in the atmosphere, that amount could double if we cross this tipping point. Already in some shallow lakes in Alaska, methane is actively bubbling up out of the water. Professor Katey Walter from the University of Alaska went out with another team to another shallow lake last winter. Video: Whoa! (Laughter) Al Gore: She's okay. The question is whether we will be.

And one reason is, this enormous heat sink heats up Greenland from the north. This is an annual melting river. But the volumes are much larger than ever. This is the Kangerlussuaq River in southwest Greenland. If you want to know how sea level rises from land-base ice melting this is where it reaches the sea. These flows are increasing very rapidly. At the other end of the planet, Antarctica the largest mass of ice on the planet. Last month scientists reported the entire continent is now in negative ice balance. And west Antarctica cropped up on top some under-sea islands, is particularly rapid in its melting. That's equal to 20 feet of sea level, as is Greenland.

In the Himalayas, the third largest mass of ice: at the top you see new lakes, which a few years ago were glaciers. 40 percent of all the people in the world get half of their drinking water from that melting flow. In the Andes, this glacier is the source of drinking water for this city. The flows have increased. But when they go away, so does much of the drinking water. In California there has been a 40 percent decline in the Sierra snowpack. This is hitting the reservoirs. And the predictions, as you've read, are serious.

This drying around the world has lead to a dramatic increase in fires. And the disasters around the world have been increasing at an absolutely extraordinary and unprecedented rate. Four times as many in the last 30 years as in the previous 75. This is a completely unsustainable pattern. If you look at in the context of history you can see what this is doing.

In the last five years we've added 70 million tons of CO2 every 24 hours -- 25 million tons every day to the oceans. Look carefully at the area of the eastern Pacific, from the Americas, extending westward, and on either side of the Indian subcontinent, where there is a radical depletion of oxygen in the oceans. The biggest single cause of global warming, along with deforestation, which is 20 percent of it, is the burning of fossil fuels. Oil is a problem, and coal is the most serious problem. The United States is one of the two largest emitters, along with China. And the proposal has been to build a lot more coal plants.

But we're beginning to see a sea change. Here are the ones that have been cancelled in the last few years with some green alternatives proposed. (Applause) However there is a political battle in our country. And the coal industries and the oil industries spent a quarter of a billion dollars in the last calendar year promoting clean coal, which is an oxymoron. That image reminded me of something. (Laughter) Around Christmas, in my home in Tennessee, a billion gallons of coal sludge was spilled. You probably saw it on the news. This, all over the country, is the second largest waste stream in America. This happened around Christmas. One of the coal industry's ads around Christmas was this one.

Video: Frosty the coal man is a jolly, happy soul. He's abundant here in America, and he helps our economy grow. Frosty the coal man is getting cleaner everyday. He's affordable and adorable, and workers keep their pay.

Al Gore: This is the source of much of the coal in West Virginia. The largest mountaintop miner is the head of Massey Coal.

Video: Don Blankenship: Let me be clear about it. Al Gore, Nancy Pelosi, Harry Reid, they don't know what they're talking about.

Al Gore: So the Alliance for Climate Protection has launched two campaigns. This is one of them, part of one of them.

Video: Actor: At COALergy we view climate change as a very serious threat to our business. That's why we've made it our primary goal to spend a large sum of money on an advertising effort to help bring out and complicate the truth about coal. The fact is, coal isn't dirty. We think it's clean -- smells good, too. So don't worry about climate change. Leave that up to us. (Laughter)

Video: Actor: Clean coal -- you've heard a lot about it. So let's take a tour of this state-of-the-art clean coal facility. Amazing! The machinery is kind of loud. But that's the sound of clean coal technology. And while burning coal is one of the leading causes of global warming, the remarkable clean coal technology you see here changes everything. Take a good long look: this is today's clean coal technology.

Al Gore: Finally, the positive alternative meshes with our economic challenge and our national security challenge.

Video: Narrator: America is in crisis -- the economy, national security, the climate crisis. The thread that links them all: our addiction to carbon based fuels, like dirty coal and foreign oil. But now there is a bold new solution to get us out of this mess. Repower America with 100 percent clean electricity within 10 years. A plan to put America back to work, make us more secure, and help stop global warming. Finally, a solution that's big enough to solve our problems. Repower America. Find out more.

Al Gore: This is the last one.

Video: Narrator: It's about repowering America. One of the fastest ways to cut our dependence on old dirty fuels that are killing our planet. Man: Future's over here. Wind, sun, a new energy grid. Man # 2: New investments to create high-paying jobs. Narrator: Repower America. It's time to get real.

Al Gore: There is an old African proverb that says, "If you want to go quickly, go alone. If you want to go far, go together." We need to go far, quickly. Thank you very much. (Applause)

去年 この2つのスライドをお見せして 過去3百万年 アラスカとハワイを除く米国と? 同じ面積があった極域の氷河が 約40%も縮小したことが おわかりいただけたでしょう しかし もっと深刻な問題というのは 実は氷河の厚さなのです 極域の氷河は 言うなれば 世界の気候システムの鼓動する心臓で 冬は膨張し夏は縮小します では 次のスライドで 過去25年の動きを早送りにして見てみましょう 赤い色が永久氷河です 濃い青の所まで膨張しますね これが冬の年間氷河です 夏には縮小します 永久氷河とは5年以上の物です これを見るとまるで 身体から出血しているようですね この25年で これから こんな風になったのです

これが問題なのは 気温が上昇すると 極海域の凍った地面が暖まるため 凍っていた二酸化炭素が溶け 微生物によってメタン化するからです 大気中にある地球温暖化汚染の総量は この臨界点を越えると2倍になりえます 既にアラスカの浅い湖では 水面にメタンが泡立っています アラスカ大学のケイティ・ウォルター教授は 去年の冬 別の浅い湖を調べに行きました ビデオ:わあ!(笑) 教授は大丈夫でしたが 我々はどうなんでしょう?

理由の1つは この巨大な熱吸収装置が 北からグリーンランドを暖める事です 毎年 川の氷が溶けるとこうなりますが 水位は以前よりかなり増しています これは南西のカンゲルルスアーク川です 地上の氷が溶ける事で 海面水位がいかに上昇するか これは 溶けた氷が海に達するところです この流れは急速に早まっています そして地球の反対側で 地球最大の氷河がある南極では 先月の科学者達の報告によると 大陸全体で氷のバランスがマイナスでした そして海中の島に持ち上げられた南極の西部は 特に溶解が急速に進んでおり グリーンランドと同じく、海水面にして約6メートルです

ヒマラヤ山脈には世界で3番目の氷河があり ここ数年 それが溶けて頂上には湖ができています 世界の人口の40%は 飲料水の半分を この溶けた水に頼っています アンデス山脈地方では この氷河が飲み水の源です 流れは上昇しましたが 水がなくなると飲料水もなくなります カリフォルニアのシエラ山脈では 積雪量が40%も減少しており 貯水池に打撃を与えており 今後の予報はかなり厳しいものです

世界中でこのように水がなくなる事で 火事もかなり増えています そして世界中で大災害が これまでに例を見ない率で 増えているのです この30年に起こった災害は その前の75年に比べて4倍です このパターンが続くと大変な事になります 歴史との関連で見てみると これがどんな影響を与えているかおわかりでしょう

この5年間私達は 24時間毎に7千万トンもの 二酸化炭素を生じています 海には毎日2千5百万トンです 太平洋の東部をよく見て下さい アメリカから西に向かって さらにインド亜大陸の両側をよく見ると 海の酸素が激変しているのがわかるはずです 地球温暖化の原因の一つは 20%が森林伐採ですがそれと共に化石燃料も大きな原因です 石油も問題ですが石炭はもっと深刻な問題です 石炭の使用量においては 中国と共に米国がトップです そして さらに石炭工場を増やす計画が出ています

しかし 大変化の兆しがあります ここ数年 これだけの計画が中止となり 環境に優しい方法も計画が出ています (拍手) しかし我が国では この問題をめぐり 対立問題となっています 石炭業界や石油業界は 環境に優しい石炭を促進するために去年だけで 2億5千万ドルも費やしましたが そんな石炭などありえません このイメージは何かと似ていませんか (笑い) 私の故郷 テネシーでは クリスマスの頃 10億ガロンもの石炭スラッジが流出します ニュースでご覧になったでしょう これは全国に広がる問題で 米国第二の汚染細流です これはクリスマスの時期に起こりました クリスマスに石炭業界が放映した広告の1つがこれです

ビデオ:♪?石炭のフロスティは愉快で幸せ アメリカにはたくさんあるし 僕らの経済成長を助けてくれる 石炭のフロスティ 日に日に地球に優しい 値段も安くてかわいくて 労働者には賃金だ

ゴア:石炭は殆どウェスト・バージニアから来ています ここの最大炭鉱会社はマッセイ石炭社で その社長の声明です

ビデオ:ドン・ブランケンシップ:はっきり言いますが アル・ゴアやナンシー・ペロシ、ハリー・レイドは 何も知らないのです

ゴア:よって気候保護同盟は2つのキャンペーンを 2つのキャンペーンを開始しました これはその1つの一部です

ビデオ:役者:COALergyでは 気候変化が 我々のビジネスに非常に危険だと見ています そのため多額の資金を投資して 石炭に関する真実を明かし 複雑にするための宣伝をする事を 私達の第一の目的にしました 事実 石炭は汚染など生じません きれいなものです 匂いもいい さあ気候変化など ご心配なく 私達にお任せ下さい (笑い)

ビデオ:役者:環境に優しい石炭 よく聞きますね では最新式の環境に優しい石炭工場の中をご案内しましょう すばらしい! 機械の音が大きいですね でも これこそが環境に優しい石炭技術の音なんです 石炭を燃やす事が地球温暖化の主な原因の1つですが ここで見られる環境に優しい石炭技術が 全てを変えるのです よく見て下さい これが今日の環境に優しい石炭技術です

ゴア:そしてついに 経済問題や 国家安全問題をも乗り越える? 有望な代替方法がこれです

ビデオ:ナレーター:アメリカは危機に瀕しています 経済・国家安全・気候危機 この諸問題に共通しているのは 有害石炭や外国の石油などの 炭素系燃料依存症ですが? この窮境から抜け出す画期的な方法があります 100%クリーンな電気で10年以内に Repower America アメリカの経済を活性化する事で 国家はより安全となり地球温暖化も妨げられます ついに 我々の諸問題を解決できる大きな解決策 Repower America. ぜひ参加しましょう

ゴア:これが最後のです

ビデオ:ナレーター:アメリカにパワーを戻そう それこそが従来の地球汚染源となる? 燃料への依存を絶ち切る最速の方法です 男性:未来はここにあります 風・太陽・新しいエネルギー・グリッド 男性2:新しい投資をして高給の職を作ろう ナレーター:Repower America 本気で考える時です

ゴア:アフリカの諺にこういうものがあります "素早く行きたいなら独りで行け 遠くまで行きたいなら一緒に行け" 私達は遠くまで素早く行かねばなりません ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画