TED日本語 - アル・ゴア: 気候危機の回避

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - アル・ゴア: 気候危機の回避

TED Talks

気候危機の回避
Averting the climate crisis
アル・ゴア
Al Gore

内容

「不都合な真実」で見せたのと同じユーモアと人間味をもって、アル・ゴアは個人が気候変化に対してすぐにでもできる15項目を挙げています。ハイブリッドカーを買うというのもあれば、地球温暖化に対する新しくもっとホットなブランド名を考案するというのもあります。

Script

Thank you so much, Chris. And it's truly a great honor to have the opportunity to come to this stage twice. I'm extremely grateful. I have been blown away by this conference, and I want to thank all of you for the many nice comments about what I had to say the other night. And I say that sincerely, partly because -- (Mock sob) -- I need that! (Laughter) Put yourselves in my position! I flew on Air Force Two for eight years. Now I have to take off my shoes or boots to get on an airplane! (Laughter) (Applause)

I'll tell you one quick story to illustrate what that's been like for me. It's a true story -- every bit of this is true. Soon after Tipper and I left the -- (Mock sob) -- White House -- (Laughter) -- we were driving from our home in Nashville to a little farm we have 50 miles east of Nashville -- driving ourselves. I know it sounds like a little thing to you, but -- (Laughter) -- I looked in the rearview mirror and all of a sudden it just hit me. There was no motorcade back there. You've heard of phantom limb pain? (Laughter) This was a rented Ford Taurus. It was dinnertime, and we started looking for a place to eat. We were on I-40. We got to Exit 238, Lebanon, Tennessee. We got off the exit, started looking for a -- we found a Shoney's restaurant. Low-cost family restaurant chain, for those of you who don't know it. We went in and sat down at the booth, and the waitress came over, made a big commotion over Tipper. (Laughter) She took our order, and then went to the couple in the booth next to us, and she lowered her voice so much I had to really strain to hear what she was saying. She said "Yes, that's former Vice President Al Gore and his wife Tipper." And the man said, "He's come down a long way, hasn't he?" (Laughter)

There's been kind of a series of epiphanies. The very next day, continuing a totally true story, I got on a G-5 to fly to Africa to make a speech in Nigeria, in the city of Lagos, on the topic of energy. I began the speech by telling them the story of what had just happened the day before in Nashville. I told it pretty much the same way I've just shared it with you: Tipper and I were driving ourselves, Shoney's, low-cost family restaurant chain, what the man said -- they laughed. I gave my speech, then went back out to the airport to fly back home. I fell asleep on the plane, until during the middle of the night, we landed on the Azores Islands for refueling. I woke up, they opened the door, I went out to get some fresh air, and I looked and there was a man running across the runway. And he was waving a piece of paper, and he was yelling, "Call Washington! Call Washington!" And I thought to myself, in the middle of the night, in the middle of the Atlantic, what in the world could be wrong in Washington? Then I remembered it could be a bunch of things. (Laughter)

But what it turned out to be was that my staff was extremely upset because one of the wire services in Nigeria had already written a story about my speech. And it had already been printed in cities all across the United States of America -- it was printed in Monterey, I checked. And the story began, "Former Vice President Al Gore announced in Nigeria yesterday, 'My wife Tipper and I have opened a low-cost family restaurant, named Shoney's, and we are running it ourselves.'" (Laughter) Before I could get back to U.S. soil, David Letterman and Jay Leno had already started in on -- one of them had me in a big white chef's hat, Tipper was saying, "One more burger, with fries!" Three days later, I got a nice, long, handwritten letter from my friend and partner and colleague Bill Clinton saying, "Congratulations on the new restaurant, Al!" (Laughter) We like to celebrate each other's successes in life.

I was going to talk about information ecology. But I was thinking that since I plan to make a lifelong habit of coming back to TED, that maybe I could talk about that another time. (Applause)

Chris Anderson: It's a deal!

Al Gore: I want to focus on what many of you have said you would like me to elaborate on. What can you do about the climate crisis? I want to start with -- I'm going to show some new images, and I'm going to recapitulate just four or five. Now, the slide show. I update the slide show every time I give it. I add new images because I learn more about it every time I give it. It's like beachcombing, you know? Every time the tide comes in and out, you find some more shells. Just in the last two days, we got the new temperature records in January. This is just for the United States of America. Historical average for January is 31 degrees. Last month was 39.5 degrees.

Now, I know that you wanted some more bad news about the environment -- I'm kidding -- but these are the recapitulation slides, and then I'm going to go into new material about what you can do. But I wanted to elaborate on a couple of these. First of all, this is where we're projected to go with the U.S. contribution to global warming, under business as usual. Efficiency in end-use electricity and end-use of all energy is the low-hanging fruit. Efficiency and conservation: it's not a cost; it's a profit. The sign is wrong. It's not negative; it's positive. These are investments that pay for themselves. But they are also very effective in deflecting our path.

Cars and trucks -- I talked about that in the slideshow, but I want you to put it in perspective. It's an easy, visible target of concern, and it should be, but there is more global warming pollution that comes from buildings than from cars and trucks. Cars and trucks are very significant, and we have the lowest standards in the world, and so we should address that. But it's part of the puzzle. Other transportation efficiency is as important as cars and trucks! Renewables at the current levels of technological efficiency can make this much difference, and with what Vinod, and John Doerr, and others, many of you here -- a lot of people directly involved in this -- this wedge is going to grow much more rapidly than the current projection shows it. Carbon Capture and Sequestration -- that's what CCS stands for -- is likely to become the killer app that will enable us to continue to use fossil fuels in a way that is safe. Not quite there yet.

OK. Now, what can you do? Reduce emissions in your home. Most of these expenditures are also profitable. Insulation, better design, buy green electricity where you can. I mentioned automobiles -- buy a hybrid. Use light rail. Figure out some of the other options that are much better. It's important.

Be a green consumer. You have choices with everything you buy, between things that have a harsh effect or a much less harsh effect on the global climate crisis. Consider this. Make a decision to live a carbon-neutral life. Those of you who are good at branding, I'd love to get your advice and help on how to say this in a way that connects with the most people. It is easier than you think. It really is. A lot of us in here have made that decision and it is really pretty easy. It means: reduce your carbon dioxide emissions with the full range of choices that you make, and then purchase or acquire offsets for the remainder that you have not completely reduced. And what it means is elaborated at climatecrisis.net.

There is a carbon calculator. Participant Productions convened, with my active involvement, the leading software writers in the world on this arcane science of carbon calculation to construct a consumer-friendly carbon calculator. You can very precisely calculate what your CO2 emissions are, and then you will be given options to reduce. And by the time the movie comes out in May, this will be updated to 2.0 and we will have click-through purchases of offsets.

Next, consider making your business carbon-neutral. Again, some of us have done that, and it's not as hard as you think. Integrate climate solutions into all of your innovations, whether you are from the technology, or entertainment, or design and architecture community. Invest sustainably. Majora mentioned this. Listen, if you have invested money with managers who you compensate on the basis of their annual performance, don't ever again complain about quarterly report CEO management. Over time, people do what you pay them to do. And if they judge how much they're going to get paid on your capital that they've invested, based on the short-term returns, you're going to get short-term decisions. A lot more to be said about that.

Become a catalyst of change. Teach others; learn about it; talk about it. The movie comes out -- the movie is a movie version of the slideshow I gave two nights ago, except it's a lot more entertaining. And it comes out in May. Many of you here have the opportunity to ensure that a lot of people see it. Consider sending somebody to Nashville. Pick well. And I am personally going to train people to give this slideshow, re-purposed, with some of the personal stories obviously replaced with a generic approach, and -- it's not just the slides, it's what they mean. And it's how they link together. And so I'm going to be conducting a course this summer for a group of people that are nominated by different folks to come and then give it, en masse, in communities all across the country, and we're going to update the slideshow for all of them every single week to keep it right on the cutting edge. Working with Larry Lessig, it will be, somewhere in that process, posted with tools and limited-use copyrights, so that young people can remix it and do it in their own way. (Applause)

Where did anybody get the idea that you ought to stay arm's length from politics? It doesn't mean that if you are a Republican that I'm trying to convince you to be a Democrat. We need Republicans as well. This used to be a bipartisan issue, and I know that in this group it really is. Become politically active. Make our democracy work the way it's supposed to work. Support the idea of capping carbon dioxide emissions, global warming pollution, and trading it. Here's why: as long as the United States is out of the world system, it's not a closed system. Once it becomes a closed system, with U.S. participation, then everybody who's on a board of directors -- how many people here serve on the board of directors of a corporation? Once it's a closed system, you will have legal liability if you do not urge your CEO to get the maximum income from reducing and trading the carbon emissions that can be avoided. The market will work to solve this problem if we can accomplish this. Help with the mass persuasion campaign that will start this spring. We have to change the minds of the American people. Because presently the politicians do not have permission to do what needs to be done.

And in our modern country, the role of logic and reason no longer includes mediating between wealth and power the way it once did. It's now repetition of short, hot-button, 30-second, 28-second television ads. We have to buy a lot of those ads. Let's rebrand global warming, as many of you have suggested. I like "climate crisis" instead of "climate collapse," but again, those of you who are good at branding, I need your help on this. Somebody said the test we're facing now, a scientist told me, is whether the combination of an opposable thumb and a neocortex is a viable combination. That's really true. I said the other night, and I'll repeat now: this is not a political issue. Again, the Republicans here, this shouldn't be partisan. You have more influence than some of us who are Democrats do. This is an opportunity. Not just this, but connected to the ideas that are here, to bring more coherence to them. We are one. Thank you very much, I appreciate it. (Applause)

どうもありがとう クリス このステージに立てる機会を 2度もいただけるというのは実に光栄なことで とてもうれしく思っています このカンファレンスには圧倒されっぱなしです 皆さんから― 前回の講演に対していただいた温かいコメントにお礼を申し上げたい 心からそう思っています それというのも…ううっ…私には必要なものでしたから! (笑) どうか私の立場で考えてみてください! 8年間私はエアフォースツーで飛んでいました 今では飛行機に乗るのに靴を脱いで 金属探知機を通らなきゃなりません! (笑) (拍手)

私の立場がどんなものか分るように 短い話をお聞かせしましょう 本当にあった話です…細かい部分まで本当です ティッパーと私が…ああっ…ホワイトハウスを…(笑)…去った後 私たちはナッシュビルの自宅から ナッシュビルの東50マイルのところに持っている 小さな農場へと向かっていました… 自分で運転をして あなた方には小さなことに思えるでしょうが…(笑) バックミラーを見たとき 急にあることに気づきました 付いてくる車列は もはやいないのです 幻肢痛というのを聞いたことはありますか? (笑) レンタルしたフォード トーラスに乗っていました 夕食時で 食べる場所を探し始めました 州間高速道路40号線を走っていました 出口238のテネシー州レバノンで下り レストランを探し “ショーニーズ”を見つけました ご存じない方のために言っておくと 安いファミリーレストランチェーンです 中に入ってテーブルにつきました やってきたウェートレスが とても驚いていました…ティッパーを見て (笑) 注文を取ったあと 彼女は隣のテーブルのカップルのところに行き 声をひそめたので 何を言うのか聞こうと私は神経を集中させました 彼女は囁きました 「ねえ 前副大統領のアル ゴアと奥さんのティッパーよ」 それに対して男が言いました 「彼も長い道のりをやって来たんだろうね」 (笑)

そのあと一連の出来事が引き続いて起きました 次の日のことです これも100%本当の話です 私はG5でスピーチを行うため アフリカのナイジェリアにあるラゴスに飛びました エネルギーについて話すことになっていました このスピーチの始めに 私は前の日にナッシュビルであったことを 話しました 今話したのとちょうど同じようにです ティッパーと私が自分たちで運転して安いレストランチェーンの ショーニーズに行き 男がこう言ったと みんな笑いました それからスピーチを済ませて 空港に戻り 帰途につきました 機内で眠っているうち 飛行機は真夜中に給油のため アゾレス諸島に着陸しました 私は目を覚まして 扉が開いたので新鮮な空気を吸いに外に出ました 見ると1人の男が滑走路を走っていました 手に持った紙を振りながら 叫んでいました 「ワシントンに連絡を! ワシントンに連絡を!」 私は思いました― 「大西洋の真ん中で 真夜中だというのに ワシントンに何の問題があるというんだ?」 それから― 問題ならたくさんあったのを思い出しました (笑)

それは実のところ私のスタッフが取り乱していたのでした ナイジェリアの通信社がすでに私のスピーチを記事にしていて それが全米各地の新聞に載っていたのでした 私はモントレーで読みました 記事はこうです 「アメリカの前副大統領アル ゴアは 昨日ナイジェリアで語った “私と妻のティッパーは 安いファミリーレストランを開いた 名前はショーニーズ 私たちは自分でやっている”」(笑) 私がアメリカの土を踏むよりも前に デイヴィッド レターマンとジェイ レノがもうネタにしていました 私役の男が大きな白いシェフの帽子をかぶり ティッパーが「バーガー1丁ポテト付きで!」と叫びます 3日後 私は手書きの素敵な長文の手紙を 友人であり同僚でもある ビル クリントンから受け取りました 「レストランのこと聞いたよ おめでとう アル!」 (笑) 私たちは互いの人生の成功を称え合いたいと思っています

情報生態学についてお話するつもりでいたのですが しかし私はこれからたびたびTEDに戻ってこようと思っているので このテーマについてはまたの機会にしようと思います (拍手)

約束ですよ!

多くの人からもっと詳しく聞かせてほしいと言われたことに焦点を絞ってお話しします 気候危機に対して私たちには何ができるのでしょうか? まず始めに 新しいスライドをお見せして それから4-5 枚だけおさらいをします では始めましょう スライドは講演するたびにアップデートしています いつも新たに学んだことがあり 新しい内容を付け加えています 浜辺で宝探しするようなものです 波が押し寄せ 引いていくたびに 新しい貝殻がいくつか見つかります この2日間の間にも 1月の気温の記録を新しく手に入れました アメリカのデータです 過去を通じての 1月の平均気温は零下1度です 先月の平均気温は4度でした

皆さんは環境に関する悪いニュースをもっと聞きたいですよね? 冗談です このスライドは前にもお見せしたものですが このあとの新しいスライドで 何ができるかについてお話します まずはこのスライドをもう少し詳しく説明します 通常の経済活動によってアメリカが温暖化に及ぼす影響の予測です 電気やその他のエネルギーの最終用途効率の改善は容易に行えます 効率化と節約です これはコストではなく 利益になることです 符号が逆です マイナスではなく プラスなのです それ自体で割に合う投資なのです しかしこれは温暖化を緩和するための効果的な方法でもあります

乗用車やトラック…これについては前にもお話ししましたが 全体の中で捉えてもらいたいのです これはわかりやすい対象であり 対策すべきですが しかし乗用車やトラックよりも もっと大きな地球温暖化汚染が 建物での消費に由来しています 乗用車やトラックは重要であり アメリカは世界でも最も規制が緩いので 対策を行うべきですが しかしこれはパズルの一部です 他の輸送機関の効率もまた 乗用車やトラックと同じように重要です 再生可能エネルギーは 現在の技術水準でも 十分大きな違いを生み出せます ビノッド(コースラ)やジョン ドーアその他 ここにいる多くの人々が 直接これに関わっています このくさびの部分は 現在の予測よりももっと早く拡がるでしょう 炭素の捕捉と隔離(CCS)は キラーアプリになりそうです これにより 化石燃料を安心して使い続けられるようになります まだそこまでは行っていませんが

それでは私たちには何ができるのでしょうか? 家庭での排出量を減らしてください ここでする支出は利益につながります 断熱 より良いデザイン そして できればグリーン電力を買うこと 前にも述べた自動車ですが ハイブリッドカーを買うか 電車を使ってください もっと良い選択肢がないか検討してください 大切なことです

環境問題を意識する消費者になってください 買うものすべてについて選択肢があります 地球の気候危機に対する影響が 大きなものもあれば 小さなものもあります そのことを考えてください カーボンニュートラルな生活をするという決断をしてください ブランディングが得意な方には ぜひ助言と手助けをいただきたい できるだけ多くの人に伝えるには どのように言ったらよいでしょう みんなが考えているよりも簡単なことなのです 本当に この中にもそういう決断をした人がたくさんいます ご自分のするあらゆる選択を 炭酸ガス排出を減らすように行ってください そして完全に減らせなかった部分についてはカーボンオフセットを購入してください これについては climatecrisis.net で詳しく解説しています

そこにカーボン カリキュレーターがあります パーティシパント プロダクションと 私自身も関わって 第一級のソフトウェア開発者たちが 炭酸ガス排出量の計算という難解な科学に取り組み 一般消費者にも使いやすいカーボン カリキュレーターを作りました 自分のCO2 排出量を正確に算出することができます そしてどう減らせるかの選択肢が示されます 映画が公開される5月までには バージョン2.0にアップデートされ クリックしてすぐオフセットを購入できるようになります

次に 自分の会社をカーボンニュートラルにすることを考えてください 私たちの中の何人かは実際にやっていますが 皆さんが考えるほど難しくはありません あらゆる新規開発に温暖化対策を組み込んでください あなたの分野がテクノロジーだろうと エンターテインメントだろうと デザインとアーキテクチャだろうと 持続可能にするための投資をしてください マジョラ(カーター)がその話をしていました 年間の成績に基づいて 管理者の報酬を払っているなら 四半期報告書について文句は言わないことです 人はやがてお金がもらえることをするようになります 自分のもらえるお金は短期的なリターンに基づいて決められていると 彼らが判断すれば 短期的な判断がされるようになります これについてはもっと言うべきことがあります

変化の触媒になってください 他の人たちに教えてください 学んでください 話してください 映画が公開されます 2日前にご覧に入れたスライドショーを 映画にしたものですが とても面白い内容になっています 5月に公開されます その映画を見るように 多くの人に働きかけてください 誰かをナッシュビルに派遣してください 選りすぐった人を このスライドの解説ができるように私がトレーニングします 個人的な部分は当然一般的なものに差し替えます スライドだけでなく 何を意味するのか それがどう繋がるのかということも あちこちから推薦されて集まった人たちを相手に この夏 セミナーを行う予定です そして彼らがアメリカ中のコミュニティーで講演をします スライドショーは毎週アップデートし 最新で正確なものにします ローレンス レッシグと協力し ツールや 著作権を整備して 若い人たちがリミックスし 自分のやり方でやれるようにします (拍手)

政治には近寄るななんて 誰が言ったんでしょう? あなた方の中の共和党員を民主党員にしようというのではありません 私たちは共和党員も必要としています これはずっと超党派の問題でした 私は中にいてそのことを良く知っています 政治に積極的になってください 民主主義が本来の形で機能するように CO2 排出や地球温暖化汚染を抑制し 取引するというアイデアを支持してください 理由はこうです アメリカが世界のシステムの外にいるなら クローズドシステムにはなりません アメリカの参加によって 世界がクローズドシステムになったなら 取締役会に入っている人は …この中で会社の取締役会に入っている人はどれくらいいますか? クローズドシステムになったなら 炭酸ガス排出の削減と取引によって収入を最大化するように CEO を説得しないと あなた方が法的な責任を問われます 私たちにそれができたなら マーケットはこの問題を解決するように動きます この春に始まる啓蒙キャンペーンに手を貸してください アメリカの人々の考えを変える必要があります 現在政治家には必要なことを行うための権限がないのです

現代的な国において 富と権力の間の調停は もはや論理や理性の役割ではなくなっています 今では30秒ほどの短くて繰り返されるテレビCMがものを言います 私たちはそういうCMをたくさん買う必要があります 多くの人が指摘してくれたように 地球温暖化のイメージを変えましょう 気候崩壊より 気候危機の方が いいと思います 繰り返しますが ブランディングが上手な方 ぜひ助けてください ある科学者が私に言ったことですが 我々が今直面している問題は 拇指対向と大脳新皮質という組み合わせが 生き残れるかということなのです 本当にそうです 前回も言いましたが もう一度繰り返します これは政治問題ではありません ここにいる共和党員の方 これは党利の話ではありません あなた方の中には私たち民主党の人間より影響力のある人たちがいます これは機会なのです これだけでなく ここにあるアイデアを繋げ もっと一貫したものにしましょう 私たちはひとつです どうもありがとうございました (スタンディングオベーション)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画