TED日本語 - ハンス・ロスリング: 私のデータセットであなたのマインドセットを変えてみせます

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハンス・ロスリング: 私のデータセットであなたのマインドセットを変えてみせます

TED Talks

私のデータセットであなたのマインドセットを変えてみせます
Let my dataset change your mindset
ハンス・ロスリング
Hans Rosling

内容

今年の夏米国務省で行った講演で、ハンス・ロスリングは彼の見事なデータバブルソフトウェアを使い、発展途上世界についての神話を打ち砕きます。中国や緊急援助後の世界に対する新たな分析と、昔のデータを使ったショーをお楽しみください。

Script

I'm going to talk about your mindset. Does your mindset correspond to my dataset? (Laughter) If not,one or the other needs upgrading, isn't it?

When I talk to my students about global issues, and I listen to them in the coffee break, they always talk about "we" and "them." And when they come back into the lecture room I ask them, "What do you mean with "we" and "them"? "Oh, it's very easy. It's the western world and it's the developing world," they say. "We learned it in college." And what is the definition then? "The definition? Everyone knows," they say.

But then you know, I press them like this. So one girl said, very cleverly, "It's very easy. Western world is a long life in a small family. Developing world is a short life in a large family." And I like that definition, because it enabled me to transfer their mindset into the dataset. And here you have the dataset. So, you can see that what we have on this axis here is size of family. One,two,three,four,five children per woman on this axis. And here, length of life, life expectancy,30,40,50. Exactly what the students said was their concept about the world.

And really this is about the bedroom. Whether the man and woman decide to have small family, and take care of their kids, and how long they will live. It's about the bathroom and the kitchen. If you have soap, water and food, you know, you can live long. And the students were right. It wasn't that the world consisted -- the world consisted here, of one set of countries over here, which had large families and short life. Developing world. And we had one set of countries up there which was the western world. They had small families and long life.

And you are going to see here the amazing thing that has happened in the world during my lifetime. Then the developing countries applied soap and water, vaccination. And all the developing world started to apply family planning. And partly to USA who help to provide technical advice and investment. And you see all the world moves over to a two child family, and a life with 60 to 70 years.

But some countries remain back in this area here. And you can see we still have Afghanistan down here. We have Liberia. We have Congo. So we have countries living there. So the problem I had is that the worldview that my students had corresponds to reality in the world the year their teachers were born. (Laughter) (Applause)

And we, in fact, when we have played this over the world. I was at the Global Health Conference here in Washington last week, and I could see the wrong concept even active people in United States had, that they didn't realize the improvement of Mexico there, and China, in relation to United States. Look here when I move them forward. Here we go. They catch up. There's Mexico. It's on par with United States in these two social dimensions. There was less than five percent of the specialists in Global Health that was aware of this. This great nation, Mexico, has the problem that arms are coming from North, across the borders, so they had to stop that, because they have this strange relationship to the United States, you know.

But if I would change this axis here, I would instead put income per person. Income per person. I can put that here. And we will then see a completely different picture. By the way, I'm teaching you how to use our website, Gapminder World, while I'm correcting this, because this is a free utility on the net. And when I now finally got it right, I can go back 200 years in history. And I can find United States up there. And I can let the other countries be shown. And now I have income per person on this axis. And United States only had some,one,two thousand dollars at that time. And the life expectancy was 35 to 40 years, on par with Afghanistan today.

And what has happened in the world, I will show now. This is instead of studying history for one year at university. You can watch me for one minute now and you'll see the whole thing. (Laughter) You can see how the brown bubbles, which is west Europe, and the yellow one, which is the United States, they get richer and richer and also start to get healthier and healthier. And this is now 100 years ago, where the rest of the world remains behind. Here we come. And that was the influenza. That's why we are so scared about flu, isn't it? It's still remembered. The fall of life expectancy. And then we come up. Not until independence started.

Look here You have China over there, you have India over there, and this is what has happened. Did you note there, that we have Mexico up there? Mexico is not at all on par with the United States, but they are quite close. And especially, it's interesting to see China and the United States during 200 years, because I have my oldest son now working for Google, after Google acquired this software. Because in fact, this is child labor. My son and his wife sat in a closet for many years and developed this. And my youngest son, who studied Chinese in Beijing. So they come in with the two perspectives I have, you know? And my son, youngest son who studied in Beijing, in China, he got a long-term perspective. Whereas when my oldest son, who works for Google, he should develop by quarter, or by half-year. Or Google is quite generous, so he can have one or two years to go.

But in China they look generation after generation because they remember the very embarrassing period, for 100 years, when they went backwards. And then they would remember the first part of last century, which was really bad, and we could go by this so-called Great Leap Forward. But this was 1963. Mao Tse-Tung eventually brought health to China, and then he died, and then Deng Xiaoping started this amazing move forward.

Isn't it strange to see that the United States first grew the economy, and then gradually got rich? Whereas China could get healthy much earlier, because they applied the knowledge of education, nutrition, and then also benefits of penicillin and vaccines and family planning. And Asia could have social development before they got the economic development. So to me, as a public health professor, it's not strange that all these countries grow so fast now.

Because what you see here, what you see here is the flat world of Thomas Friedman, isn't it. It's not really, really flat. But the middle income countries -- and this is where I suggest to my students, stop using the concept "developing world." Because after all, talking about the developing world is like having two chapters in the history of the United States.

The last chapter is about present, and president Obama, and the other is about the past, where you cover everything from Washington to Eisenhower. Because Washington to Eisenhower, that is what we find in the developing world. We could actually go to Mayflower to Eisenhower, and that would be put together into a developing world, which is rightly growing its cities in a very amazing way, which have great entrepreneurs, but also have the collapsing countries.

So, how could we make better sense about this? Well,one way of trying is to see whether we could look at income distribution. This is the income distribution of peoples in the world, from $ 1. This is where you have food to eat. These people go to bed hungry. And this is the number of people. This is $ 10, whether you have a public or a private health service system. This is where you can provide health service for your family and school for your children, and this is OECD countries: Green, Latin America, East Europe. This is East Asia, and the light blue there is South Asia.

And this is how the world changed. It changed like this. Can you see how it's growing? And how hundreds of millions and billions is coming out of poverty in Asia? And it goes over here? And I come now, into projections, but I have to stop at the door of Lehman Brothers there, you know, because -- (Laughter) that's where the projections are not valid any longer. Probably the world will do this. and then it will continue forward like this. But more or less, this is what will happen, and we have a world which can not be looked upon as divided.

We have the high income countries here, with the United States as a leading power; we have the emerging economies in the middle, which provide a lot of the funding for the bailout; and we have the low income countries here. Yeah, this is a fact that from where the money comes, they have been saving, you know, over the last decade. And here we have the low income countries where entrepreneurs are. And here we have the countries in collapse and war, like Afghanistan, Somalia, parts of Congo, Darfur. We have all this at the same time.

That's why it's so problematic to describe what has happened in the developing world. Because it's so different, what has happened there. And that's why I suggest a slightly different approach of what you would call it. And you have huge differences within countries also. I heard that your departments here were by regions. Here you have Sub-Saharan Africa, South Asia, East Asia, Arab states, East Europe, Latin America, and OECD. And on this axis, GDP. And on this, heath, child survival, and it doesn't come as a surprise that Africa south of Sahara is at the bottom.

But when I split it, when I split it into country bubbles, the size of the bubbles here is the population. Then you see Sierra Leone and Mauritius, completely different. There is such a difference within Sub-Saharan Africa. And I can split the others. Here is the South Asian, Arab world. Now all your different departments. East Europe, Latin America, and OECD countries. And here were are. We have a continuum in the world. We can not put it into two parts.

It is Mayflower down here. It is Washington here, building, building countries. It's Lincoln here, advancing them. It's Eisenhower bringing modernity into the countries. And then it's United States today, up here. And we have countries all this way. Now, this is the important thing of understanding how the world has changed. At this point I decided to make a pause. (Laughter)

And it is my task, on behalf of the rest of the world, to convey a thanks to the U.S. taxpayers, for Demographic Health Survey. Many are not aware of -- no, this is not a joke. This is very serious. It is due to USA's continuous sponsoring during 25 years of the very good methodology for measuring child mortality that we have a grasp of what's happening in the world. (Applause) And it is U.S. government at its best, without advocacy, providing facts, that it's useful for the society. And providing data free of charge on the internet, for the world to use. Thank you very much.

Quite the opposite of the World Bank, who compiled data with government money, tax money, and then they sell it to add a little profit, in a very inefficient, Gutenberg way. (Applause) But the people doing that at the World Bank are among the best in the world. And they are highly skilled professionals. It's just that we would like to upgrade our international agencies to deal with the world in the modern way, as we do. And when it comes to free data and transparency, United States of America is one of the best. And that doesn't come easy from the mouth of a Swedish public health professor. (Laughter) And I'm not paid to come here, no.

I would like to show you what happens with the data, what we can show with this data. Look here. This is the world. With income down there and child mortality. And what has happened in the world? Since 1950, during the last 50 years we have had a fall in child mortality. And it is the DHS that makes it possible to know this. And we had an increase in income. And the blue former developing countries are mixing up with the former industrialized western world. We have a continuum. But we still have, of course, Congo, up there. We still have as poor countries as we have had, always, in history. And that's the bottom billion, where we've heard today about a completely new approach to do it.

And how fast has this happened? Well, MDG 4. The United States has not been so eager to use MDG 4. But you have been the main sponsor that has enabled us to measure it, because it's the only child mortality that we can measure. And we used to say that it should fall four percent per year. Let's see what Sweden has done. We used to boast about fast social progress. That's where we were,1900. 1900, Sweden was there. Same child mortality as Bangladesh had,1990, though they had lower income. They started very well. They used the aid well. They vaccinated the kids. They get better water. And they reduced child mortality, with an amazing 4.7 percent per year. They beat Sweden. I run Sweden the same 16 year period.

Second round, it's Sweden,1916, against Egypt,1990. Here we go. Once again the USA is part of the reason here. They get safe water, they get food for the poor, and they get malaria eradicated. 5.5 percent. They are faster than the millennium development goal.

And third chance for Sweden, against Brazil here. Brazil here has amazing social improvement over the last 16 years, and they go faster than Sweden. This means that the world is converging. The middle income countries, the emerging economy, they are catching up. They are moving to cities, where they also get better assistance for that.

Well the Swedish students protest at this point. They say, "This is not fair, because these countries had vaccines and antibiotics that were not available for Sweden. We have to do real-time competition." Okay. I give you Singapore, the year I was born. Singapore had twice the child mortality of Sweden. It's the most tropical country in the world, a marshland on the equator. And here we go. It took a little time for them to get independent. But then they started to grow their economy. And they made the social investment. They got away malaria. They got a magnificent health system that beat both the U.S. and Sweden. We never thought it would happen that they would win over Sweden! (Applause)

All these green countries are achieving millennium development goals. These yellow are just about to be doing this. These red are the countries that doesn't do it, and the policy has to be improved. Not simplistic extrapolation. We have to really find a way of supporting those countries in a better way. We have to respect the middle income countries on what they are doing. And we have to fact-base the whole way we look at the world.

This is dollar per person. This is HIV in the countries. The blue is Africa. The size of the bubbles is how many are HIV affected. You see the tragedy in South Africa there. About 20 percent of the adult population are infected. And in spite of them having quite a high income, they have a huge number of HIV infected. But you also see that there are African countries down here. There is no such thing as an HIV epidemic in Africa. There's a number,five to 10 countries in Africa that has the same level as Sweden and United States. And there are others who are extremely high.

And I will show you that what has happened in one of the best countries, with the most vibrant economy in Africa and a good governance, Botswana. They have a very high level. It's coming down. But now it's not falling, because there, with help from PEPFAR, it's working with treatment. And people are not dying. And you can see it's not that easy, that it is war which caused this. Because here, in Congo, there is war. And here, in Zambia, there is peace.

And it's not the economy. Richer country has a little higher. If I split Tanzania in its income, the richer 20 percent in Tanzania has more HIV than the poorest one. And it's really different within each country. Look at the provinces of Kenya. They are very different. And this is the situation you see. It's not deep poverty. It's the special situation, probably of concurrent sexual partnership among part of the heterosexual population in some countries, or some parts of countries, in south and eastern Africa.

Don't make it Africa. Don't make it a race issue. Make it a local issue. And do prevention at each place, in the way it can be done there. So to just end up, there are things of suffering in the one billion poorest, which we don't know. Those who live beyond the cellphone, those who have yet to see a computer, those who have no electricity at home.

This is the disease, Konzo, I spent 20 years elucidating in Africa. It's caused by fast processing of toxic cassava root in famine situation. It's similar to the pellagra epidemic in Mississippi in the '30s. It's similar to other nutritional diseases. It will never affect a rich person.

We have seen it here in Mozambique. This is the epidemic in Mozambique. This is an epidemic in northern Tanzania. You never heard about the disease. But it's much more than Ebola that has been affected by this disease. Cause crippling throughout the world. And over the last two years,2,000 people has been crippled in the southern tip of Bandundu region. That used to be the illegal diamond trade, from the UNITA-dominated area in Angola. That has now disappeared, and they are now in great economic problem. And one week ago, for the first time, there were four lines on the Internet.

Don't get confused of the progress of the emerging economies and the great capacity of people in the middle income countries and in peaceful low income countries. There is still mystery in one billion. And we have to have more concepts than just developing countries and developing world. We need a new mindset. The world is converging, but -- but -- but not the bottom billion. They are still as poor as they've ever been. It's not sustainable, and it will not happen around one superpower. But you will remain one of the most important superpowers, and the most hopeful superpower, for the time to be. And this institution will have a very crucial role, not for United States, but for the world. So you have a very bad name, State Department. This is not the State Department. It's the World Department. And we have a high hope in you. Thank you very much. (Applause)

みなさんのマインドセットについてお話しします みなさんのマインドセットは私のデータセットと合っているでしょうか? (笑) 合っていなければ どちらかをアップグレードしなくちゃなりません

グローバルな問題の話をすると 学生たちがいつも休憩時間に 「我々」と「彼ら」について話すのを耳にします それで休憩時間が終わったときに聞いてみます 「"我々"と"彼ら"というのは何を指して言っているの?」 「簡単ですよ 西欧世界と発展途上世界です」と答えます 「学部でそう習いました」 「じゃあその定義は何?」と聞くと 「そんなの誰でも知ってるでしょう」と言います

それでもあえて答えを求めると ある女子学生がうまい答え方をしました 「長生きで小家族なのが西欧世界で 短命で大家族なのが発展途上世界です」 この答えは気に入りました 彼らのマインドセットをデータセットに 変換してやることができるからです これがそのデータセットです 横軸は家族の大きさです 女性1人につき子供が1人、2人、3人、4人、5人 というのがこの軸です 縦軸は何歳まで生きるかで 平均寿命が30年、40年、50年ということ 学生が答えたのは まさにこの世界のイメージです

そしてこれは実際のところベッドルームの問題です 男と女が 小さな家族を持つことに決め 子供の世話をし どれだけ生きるかということ これはトイレとキッチンの問題なのです 石けん、水、食べ物があれば 人は長く生きられます 学生たちは正しかったのです 世界にはこのように 一方には 大家族で短命な発展途上世界があり もう一方には 小家族で長生きな 西欧世界がありました それから―

私が生きている間に 世界では驚くべきことが起きました 発展途上国が 石けんと 水と ワクチンを手に入れます 家族計画を行うようになります ある部分では アメリカが 技術的なアドバイスと投資を提供したおかげでもあります そして見ての通り 世界全体が子供2人の家族 60年から70年の寿命というところに向かっていきます

しかし取り残されている国もあります アフガニスタンはここにあります それにリベリアやコンゴも こういう条件の国々があります だから私にとっての問題は 学生たちが持っている世界のイメージが 彼らの教師が生まれるよりも 前のものだということです (笑) (拍手)

私は実際 これを様々なところでもやってみました 先週Global Health Conference (世界保健会議)が ここワシントンでありました アメリカで実務に携わっている人たちでさえ 同じように間違った考え方をしていることが分かりました 彼らはここにあるメキシコや中国が アメリカに対して相対的に向上していることに気がついていません 時間を進めてみましょう ご覧ください 彼らは追いついてきています メキシコがここに この2つの社会的側面に関しては アメリカと対等です このことに気付いている 世界保健の専門家は 5パーセントもいません この素晴らしい国メキシコは 武器が北から国境を越えて入ってきている問題を抱えています これは止める必要があります アメリカと妙な関係になってしまっていますから

しかし横軸を 1人あたりの所得に変えるとどうでしょう? すると こうなります ご覧のように まったく違った形になりました こうしながら私たちのサイト Gapminder Worldの使い方を説明しています なぜお勧めするかというと これはネット上で無料で使えるユーティリティなのです うまく設定してやると 歴史を200年遡ることができます アメリカはここにあります 他の国も表示させましょう 横軸は1人あたりの所得です アメリカは当時2,000ドルくらいしかありませんでした 平均寿命は35歳から40歳 今日のアフガニスタン並みです

それから世界に何が起こったのかを お見せしましょう 大学で1年間 歴史を学ばなくとも 1分間で全部見ることができます (笑) 茶色の円は西ヨーロッパ 黄色いのはアメリカで どんどん豊かに それからどんどん健康になっていきます これが100年前 世界の他の国々は相変わらずです ここに来て インフルエンザが流行します 私たちがみんな流感を恐れるのも無理はありません まだ記憶に残っているのです 平均寿命がはっきり下がっています それからまた上昇します こちらは独立するまでそのままでした

ここに中国 ここにインドがあります それからどうなるのでしょう ここにメキシコがあるのに注意してください メキシコはアメリカに並んではいませんが 結構近くまで来ています 中国とアメリカの この200年間を見るのは 特に興味深いです というのも― Googleがこのソフトを買い取ったため 私の長男は今Googleで働いています 実際これは児童労働ですね 息子夫婦は何年も 物置にこもってこれを開発したんですから それから私の末っ子は北京で中国語の勉強をしています 子供たちはこの2つの視点を持つようになったわけです 末っ子は北京で勉強していて 長期的な視点でやっています 長男の方はGoogleで働いていて 4半期とか半年というサイクルで仕事しています まあGoogleは太っ腹だから 1年とか2年でやっているかもしれません

中国が何世代というスパンでものを見ているのは 彼らが 100年に渡って後退するという 非常に不名誉な時代を 記憶しているからです それから20世紀の初めの 非常に悪い時期を覚えています それからいわゆる「大躍進」があります 1963年 毛沢東は最終的には中国に健康をもたらしました 毛沢東が死んだ後 鄧小平が この驚くべき前進を始めました

ちょっと面白いと思いませんか? アメリカは最初経済が発展して それからゆっくりと豊かになりましたが 中国はずっと早い段階で健康になります 彼らは教育や栄養の知識を活用し ペニシリンやワクチンの恩恵を受け 家族計画をしたからです アジアでは経済的な発展の前に 社会的発展をします 公衆衛生学の教授である私には これらの国々がそれほど早く成長するのは不思議ではありません

みなさんがここで目にしているのは トーマス フリードマンのフラットな世界です わかるでしょう? 本当にフラットというわけではありませんが この中所得国の存在があるので 「発展途上世界」という言い方は やめなさいと学生に言っているわけです 発展途上世界というくくりで話をするのは アメリカの歴史を2章に分けるようなものです

後の方の章は現在 オバマ大統領の時代です 前の方は昔 ワシントンから アイゼンハワーまでの時代です ワシントンからアイゼンハワーまでは 発展途上世界のようだったからです メイフラワー号から アイゼンハワーまでと言ってもいい それはひとまとめに発展途上世界でした 都市が驚くほど成長します すばらしい事業家がいる国もありますが 破綻していく国もあります

ではどうすれば それをもっとうまく捉えることができるでしょうか? 1つの方法は所得の分布を見ることです 見てください これは世界の人の所得の分布です 1ドル 食べるものはありますが お腹をすかせて眠りにつくことになります 縦軸はその生活水準の人の数です 10ドル 公的ないしは私的な 医療サービスがあります ここでは家族を医者にかけ 子供を学校にやることができます 青がOECD諸国 緑色はラテンアメリカ 橙色は東欧 黄色は東アジア 淡い水色は南アジアです

そして世界はいかに変わったか こう変わりました 成長が分かりますか? 何億、何十億という アジアの人々が貧困から抜け出しています そしてここまで来ました この先は予測になります しかしリーマンブラザーズの前で止める必要があります (笑) そこから先は もはや予測が正しくないからです たぶん世界はこうなります そしてこのように進み続けます だいたいのところ これが起こるだろうことです そして私たちの世界はもはや分断されていると見ることはできないのです

ここに高所得の国々があります 先頭に立つ大国アメリカ 中間に急速に経済の発展している国々があります 緊急援助に多くの資金を出しています 低所得の国がここに… (笑) 実際彼らが金の出所です 彼らは20世紀末に貯蓄していました ここに起業家たちのいる 低所得国があり そしてここに 破綻したり 紛争をしている国があります アフガニスタン ソマリア コンゴの一部 ダルフール これがみんな同時に存在するのです

発展途上世界がどうなっているという言い方に 問題のある理由です そこで起こっていることは こんなにも違っているのです だから私はもう少し違った 呼び方をするように勧めています 国の内部にも大きな差があります 国務省の部門は地域に対応して分かれていると聞きました ここにサハラ以南アフリカ 南アジア 東アジア アラブ諸国 東欧 ラテンアメリカ OECD諸国があります 横軸はGDPです 縦軸は乳幼児生存率です サハラ以南のアフリカが 一番下に来ているのは驚くに値しないでしょう

しかしこれをバラバラにして 円を国ごとにしてみます 円の大きさは人口です シエラレオネとモーリシャスはまったく違っています サハラ以南のアフリカの中にもこんな違いがあるのです 他のもバラバラにしてみましょう これは南アジア それにアラブ諸国 みんな別な部署ですね 東欧 ラテンアメリカ OECD諸国 そして全体 世界は連続しています 2つに分けることはできません

メイフラワー号はここです ワシントンはここ 建国しました リンカーンはここ 国を進歩させました アイゼンハワーは世界の国々に近代化をもたらしました そして今日のアメリカがここ ずっと国が続いています 世界がどう変わったか理解する上で 重要なものがあります ここで宣言をしたいと思います (笑)

他の国々に代わってアメリカの納税者に 謝意を伝えるのは私の仕事だろうと思います 人口保健調査(DHS)です 多くの人は気付いていませんが…これはまじめな話です 非常に これはアメリカの25年にわたる 継続的な支援によって 系統的に 子供の死亡率が測定されたもので 世界で何が起きているのかを把握できます (拍手) そしてアメリカ政府は 主張なしに 社会に有用な事実を提供する 最善の努力をしてきました インターネットで世界からデータを 無料で得られるようにしたのです 感謝します

世界銀行とは正反対です 政府のお金 税金を使って集めたデータを ちょっとした利益を得ようと売っているのです 非常に非効率なグーテンベルグ式のやり方で (拍手) しかし世界銀行で働いているのは 世界でも最も優秀な人たちです 高度な技能を持ったプロフェッショナルです 我々のようにもっと近代的な仕方で世界に対するよう 国際機関をアップグレードしたいものです データの無料化と透明化に関しては アメリカが一番です これはスウェーデン人の公衆衛生の教授にはすごく口にしにくいことですが (笑) 私もここにお金をもらわずに来ています

このデータを使って 何が起きたのかお見せしましょう これは 横軸を所得 縦軸を乳幼児死亡率として見た世界です 世界で何が起きたのでしょう? 1950年以来 50年間で 乳幼児死亡率は急速に下がりました これを分かるようにしてくれたのがDHS です 所得が増加しました 青色のかつての発展途上国は 西欧工業国と混じり合っています 連続しています しかし依然この部分があります これはコンゴです 貧しい国々が 歴史上のいつの時代とも変わらず存在します 今日 この最底辺の10億人に対し まったく新しいアプローチが行われることを耳にしました

これはどれほど早く起きたのでしょう? MDG 4 (ミレニアム開発目標 4)です アメリカはMDG 4に あまり熱心ではありませんが しかしアメリカはこの測定を可能にした主要なスポンサーなのです 我々の測れる唯一の乳幼児死亡率です 年4パーセントずつ減らそうと言っていました スウェーデンがどうだったか見てみましょう 私たちスウェーデン人は 社会発展の速さを自慢していたものです ここが1900年に我々がいた場所です 1900年のスウェーデン 1990年のバングラディシュと同じ乳幼児死亡率です しかしバングラディシュの方が収入が低い いいスタートです 援助をうまく使いました 子供たちに予防接種をし 飲料水を改善しました そして乳幼児死亡率を 驚きの年4.7パーセントという割合で下げました スウェーデンを― 打ち負かしたのです スウェーデンの方も同じ16年間分で動かしています

第2ラウンドは1916年のスウェーデン対 1990年のエジプトです ここでもアメリカの力があります 安全な飲み水を得て 貧しい人たちに食べ物を与え マラリアを根絶しました 5.5パーセント ミレニアム開発目標よりも早いペースです

スウェーデンに3回目のチャンスを与えましょう 相手はブラジルです ブラジルはこの16年間で驚くほど 社会の改善が見られました スウェーデンよりも早い これは世界が収束しているということです 中所得の国々 新興経済 彼らは追いついてきています 都市へと集まり そこでよりよい支援を得ています

スウェーデンが抗議しています 「こんなのフェアじゃない これらの国々には 我々になかった ワクチンや抗生物質がある 同じ時期で比較してもらわないと」 いいでしょう 私が生まれた年のシンガポールと対戦させましょう シンガポールの乳幼児死亡率はスウェーデンの2倍ありました 熱帯の国です 赤道地帯の湿地の国です 独立まで少し時間がかかります その後経済の発展が始まります そして社会投資があり マラリアを退治し 素晴らしい医療システムを作り アメリカもスウェーデンも打ち負かしました 彼らがスウェーデンに勝つなんて我々は考えもしませんでした! (拍手)

緑色のはみんなミレニアム開発目標を達成している国です 黄色は目標に近づいている国 赤は変わっていない国です やり方を改善する必要があります 単純な推定ではなく これらの国が良くなるよう 支援する方法を見つける必要があります 中所得の国々の達成していることには 敬意を払わねばなりません そして私たちは世界を事実に基づいて見る必要があります

横軸は1人たりの所得です 縦軸はHIV感染者の割合 青いのがアフリカです 円の大きさはHIV感染者数を表しています 南アフリカの悲惨な状況がわかります 大人の20パーセントが感染しています 彼らの高い所得にかかわらず 多くのHIV感染者がいます 一方下の方にあるアフリカの国々もあります HIVはアフリカの病気というわけではないのです スウェーデンやアメリカと同じレベルの アフリカの国が5つか10くらいあります それから非常に感染率が高い国もあります

アフリカで最も強い経済を持ち よく管理された国に起きたことをお見せします ボツワナです 非常に高いレベルです 下がってきましたが 落ちはしません PEPFAR(米国大統領エイズ救済緊急計画)による 治療が効果を上げたのです それで人が死ななくなりました 簡単な話でないのがおわかりになると思います これを引き起こしたのは戦争ではありません ここコンゴでは紛争が起きています そしてここザンビアは平和です

経済のためということでもありません 豊かな国のほうが若干高くなっています タンザニアを収入でばらしてみましょう 豊かな20パーセントは 貧しい20パーセントより HIV感染者が多くなっています 国の中でも違いがあるのです 州ごとに見たケニア とても違っています ここで見られる状況は貧しさによるものではありません 特異な状況なのです アフリカの東部や南部の ある国々や地域における ヘテロセクシャルの 同時並行的な 性関係によるのかもしれません

これはアフリカ全体の問題でも 人種の問題でもありません ローカルな問題なのです そして地域ごとに その土地で可能な方法で 予防を行う必要があります 最後にもう1つ 最貧の10億人の 知られざる苦難をお見せします 携帯電話もなく コンピュータなど見たこともなく 家に電気のない人々です

これはコンゾ病です 私は20年間 アフリカで調査してきました 飢饉状況下でキャッサバの毒抜きをちゃんとしなかったことで起こります 30年代にミシシッピで起きたペラグラに似ています 他の栄養疾患にも似ています 豊かな人々はかかりません

私たちはこれをモザンビークで目にしました モザンビークで蔓延しています タンザニアの北部でも この病気のことをお聞きになったことはないでしょう しかしこの病気にかかっている人は エボラ出血熱よりずっと多いのです 世界中で足の不自由な人々を生んでいます コンゴのバンデュンデュ州の南端で 2年間に2,000人の足が 不自由になりました ここは違法ダイヤの取引が行われていた場所です アンゴラのUNITAに支配されていました 今はなくなりました そして彼らは大きな経済問題を抱えています 一週間前 インターネットに初めて 4行の記述が現れました

新興経済の発展 中所得国の人々の大きな力 平和で低所得な国々を 混同してはいけません 今でも10億人が悲惨な状態にあります 発展途上国や発展途上世界というのとは 違った概念が必要です 新しいマインドセットが必要なのです 世界は収束しつつあります しかし しかし しかし 最底辺の10億人は別です 彼らは相変わらず貧しいままです これは持続可能ではありません 一つの大国のまわりでは起きないでしょう しかしアメリカは 最も重要な大国であり続けるでしょう 当面のところ 最も希望の持てる大国でもあります そしてこの国務省は 非常に重要な役割を担うでしょう アメリカではなく 世界のために だから国務省というのは名前が良くありません 国家のための省ではないのですから これは世界省なのです 私たちはあなた方に高い期待をかけています どうもありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画