TED日本語 - ミーシャ・グレニー: 国際犯罪ネットワークを調査する

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ミーシャ・グレニー: 国際犯罪ネットワークを調査する

TED Talks

国際犯罪ネットワークを調査する
Misha Glenny investigates global crime networks
ミーシャ・グレニー

内容

ジャーナリストのミーシャ・グレニーは、今では世界経済の15%にまで成長した世界規模の組織犯罪ネットワークの調査を果敢に行いました。ロシアマフィアから巨大麻薬カルテルまで、彼の情報源は情報部門や法執行機関に止まらず、犯罪組織の内部者までを含んでいます。

Script

These are grim economic times, fellow TEDsters, grim economic times indeed. And so, I would like to cheer you up with one of the great, albeit largely unknown, commercial success stories of the past 20 years. Comparable, in its own very peculiar way, to the achievements of Microsoft or Google. And it's an industry which has bucked the current recession with equanimity. I refer to organized crime.

Now organized crime has been around for a very long time, I hear you say, and these would be wise words, indeed. But in the last two decades, it has experienced an unprecedented expansion, now accounting for roughly 15 percent of the world's GDP. I like to call it the Global Shadow Economy, or McMafia, for short.

So what triggered this extraordinary growth in cross-border crime? Well, of course, there is globalization, technology, communications, all that stuff, which we'll talk about a little bit later. But first, I would like to take you back to this event: the collapse of communism. All across Eastern Europe, a most momentous episode in our post-war history.

Now it's time for full disclosure. This event meant a great deal to me personally. I had started smuggling books across the Iron Curtain to Democratic opposition groups in Eastern Europe, like Solidarity in Poland, when I was in my teens. I then started writing about Eastern Europe, and eventually I became the BBC's chief correspondent for the region, which is what I was doing in 1989. And so when 425 million people finally won the right to choose their own governments, I was ecstatic, but I was also a touch worried about some of the nastier things lurking behind the wall.

It wasn't long, for example, before ethnic nationalism reared its bloody head in Yugoslavia. And amongst the chaos, amidst the euphoria, it took me a little while to understand that some of the people who had wielded power before 1989, in Eastern Europe, continued to do so after the revolutions there. Obviously there were characters like this. But there were also some more unexpected people who played a critical role in what was going on in Eastern Europe.

Like this character. Remember these guys? They used to win the gold medals in weightlifting and wrestling, every four years in the Olympics, and they were the great celebrities of communism, with a fabulous lifestyle to go with it. They used to get great apartments in the center of town, casual sex on tap, and they could travel to the West very freely, which was a great luxury at the time. It may come as a surprise, but they played a critical role in the emergence of the market economy in Eastern Europe. Or as I like to call them, they are the midwives of capitalism. Here are some of those same weightlifters after their 1989 makeover.

Now in Bulgaria -- this photograph was taken in Bulgaria -- when communism collapsed all over Eastern Europe, it wasn't just communism; it was the state that collapsed as well. That means your police force wasn't working. The court system wasn't functioning properly. So what was a business man in the brave new world of East European capitalism going to do to make sure that his contracts would be honored? Well, he would turn to people who were called, rather prosaically by sociologists, privatized law enforcement agencies. We prefer to know them as the mafia. And in Bulgaria, the mafia was soon joined with 14,000 people who were sacked from their jobs in the security services between 1989 and 1991.

Now, when your state is collapsing, your economy is heading south at a rate of knots, the last people you want coming on to the labor market are 14,000 men and women whose chief skills are surveillance, are smuggling, building underground networks and killing people. But that's what happened all over Eastern Europe. Now, when I was working in the 1990s, I spent most of the time covering the appalling conflict in Yugoslavia.

And I couldn't help notice that the people who were perpetrating the appalling atrocities, the paramilitary organizations, were actually the same people running the organized criminal syndicates. And I came to think that behind the violence lay a sinister criminal enterprise. And so I resolved to travel around the world examining this global criminal underworld by talking to policemen, by talking to victims, by talking to consumers of illicit goods and services. But above all else, by talking to the gangsters themselves.

And the Balkans was a fabulous place to start. Why? Well of course there was the issue of law and order collapsing, but also, as they say in the retail trade, it's location, location, location. And what I noticed at the beginning of my research that the Balkans had turned into a vast transit zone for illicit goods and services coming from all over the world. Heroin, cocaine, women being trafficked into prostitution and precious minerals.

And where were they heading? The European Union, which by now was beginning to reap the benefits of globalization, transforming it into the most affluent consumer market in history, eventually comprising some 500 million people. And a significant minority of those 500 million people like to spend some of their leisure time and spare cash sleeping with prostitutes, sticking 50 Euro notes up their nose and employing illegal migrant laborers.

Now, organized crime in a globalizing world operates in the same way as any other business. It has zones of production, like Afghanistan and Columbia. It has zones of distribution, like Mexico and the Balkans. And then, of course, it has zones of consumption, like the European Union, Japan and of course, the United States. The zones of production and distribution tend to lie in the developing world, and they are often threatened by appalling violence and bloodshed.

Take Mexico, for example. Six thousand people killed there in the last 18 months as a direct consequence of the cocaine trade. But what about the Democratic Republic of Congo? Since 1998,five million people have died there. It's not a conflict you read about much in the newspapers, but it's the biggest conflict on this planet since the Second World War. And why is it? Because mafias from all around the world cooperate with local paramilitaries in order to seize the supplies of the rich mineral resources of the region.

In the year 2000,80 percent of the world's coltan was sourced to the killing fields of the eastern Democratic Republic of Congo. Now, coltan you will find in almost every mobile phone, in almost every laptop and games console. The Congolese war lords were selling this stuff to the mafia in exchange for weapons, and the mafia would then sell it on to Western markets. And it is this Western desire to consume that is the primary driver of international organized crime.

Now, let me show you some of my friends in action, caught conveniently on film by the Italian police, and smuggling duty-not-paid cigarettes. Now, cigarettes out the factory gate are very cheap. The European Union then imposes the highest taxes on them in the world. So if you can smuggle them into the E.U., there are very handsome profits to be made, and I want to show you this to demonstrate the type of resources available to these groups.

This boat is worth one million Euros when it's new. And it's the fastest thing on European waters. From 1994, for seven years,20 of these boats made the trip across the Adriatic, from Montenegro to Italy, every single night. And as a consequence of this trade, Britain alone lost eight billion dollars in revenue. And instead that money went to underwrite the wars in Yugoslavia and line the pockets of unscrupulous individuals.

Now Italian police, when this trade started, had just two boats which could go at the same speed. And this is very important, because the only way you can catch these guys is if they run out of gas. Sometimes the gangsters would bring with them women being trafficked into prostitution, and if the police intervened, they would hurl the women into the sea so that the police had to go and save them from drowning, rather than chasing the bad guys.

So I have shown you this to demonstrate how many boats, how many vessels it takes to catch one of these guys. And the answer is six vessels. And remember,20 of these speed boats were coming across the Adriatic every single night. So what were these guys doing with all the money they were making?

Well, this is where we come to globalization, because that was not just the deregulation of global trade. It was the liberalization of international financial markets. And boy, did that make it easy for the money launderers. The last two decades have been the champagne era for dirty lucre.

In the 1990s, we saw financial centers around the world competing for their business, and there was simply no effective mechanism to prevent money laundering. And a lot of licit banks were also happy to accept deposits from very dubious sources without questions being asked.

But at the heart of this, is the offshore banking network. Now these things are an essential part of the money laundering parade, and if you want to do something about illegal tax evasion and transnational organized crime, money laundering, you have to get rid of them. On a positive note, we at last have someone in the White House who has consistently spoken out against these corrosive entities.

And if anyone is concerned about what I believe is the necessity for new legislation, regulation, effective regulation, I say, let's take a look at Bernie Madoff, who is now going to be spending the rest of his life in jail. Bernie Madoff stole 65 billion dollars. That puts him up there on the Olympus of gangsters with the Colombian cartels and the major Russian crime syndicates, but he did this for decades in the very heart of Wall Street, and no regulator picked up on it. So how many other Madoffs are there on Wall Street or in the city of London, fleecing ordinary folk and money laundering? Well I can tell you, it's quite a few of them.

Let me go on to the 101 of international organized crime now. And that is narcotics. Our second marijuana farm photograph for the morning. This one, however, is in central British Columbia where I photographed it. It's one of the tens of thousands of mom-and-pop grow-ops in B.C. which ensure that over five percent of the province's GDP is accounted for by this trade.

Now, I was taken by inspector Brian Cantera, of the Royal Canadian Mounted Police, to a cavernous warehouse east of Vancouver to see some of the goods which are regularly confiscated by the RCMP from the smugglers who are sending it, of course, down south to the United States where there is an insatiable market for B.C. Bud, as it's called, in part because it's marketed as organic, which of course goes down very well in California. (Laughter) (Applause)

Now, even by the police's admission, this makes not a dent in the profits, really, of the major exporters. Since the beginning of globalization, the global narcotics market has expanded enormously. There has, however, been no concomitant increase in the resources available to police forces.

This, however, may all be about to change, because something very strange is going on. The United Nations recognized earlier this -- it was last month actually -- that Canada has become a key area of distribution and production of ecstasy and other synthetic drugs.

Interestingly, the market share of heroin and cocaine is going down, because the pills are getting ever better at reproducing their highs. Now that is a game changer, because it shifts production away from the developing world and into the Western world. When that happens, it is a trend which is set to overwhelm our policing capacity in the West. The drugs policy which we've had in place for 40 years is long overdue for a very serious rethink, in my opinion.

Now, the recession. Well, organized crime has already adapted very well to the recession. Not surprising, the most opportunistic industry in the whole world. And it has no rules to its regulatory system. Except, of course, it has two business risks: arrest by law enforcement, which is, frankly, the least of their worries, and competition from other groups, i.e. a bullet in the back of the head.

What they've done is they've shifted their operations. People don't smoke as much dope, or visit prostitutes quite so frequently during a recession. And so instead, they have invaded financial and corporate crime in a big way, but above all,two sectors, and that is counterfeit goods and cybercrime. And it's been terribly successful. I would like to introduce you to Mr. Pringle. Or perhaps I should say, more accurately, Senor Pringle.

I was introduced to this bit of kit by a Brazilian cybercriminal. We sat in a car on the Avenue Paulista in Sao Paulo, together. Hooked it up to my laptop, and within about five minutes he had penetrated the computer security system of a major Brazilian bank. It's really not that difficult. And it's actually much easier because the fascinating thing about cybercrime is that it's not so much the technology.

The key to cybercrime is what we call social engineering. Or to use the technical term for it, there's one born every minute. You would not believe how easy it is to persuade people to do things with their computers which are objectively not in their interest. And it was very soon when the cybercriminals learned that the quickest way to do this, of course, the quickest way to a person's wallet is through the promise of sex and love.

I expect some of you remember the ILOVEYOU virus,one of the very great worldwide viruses that came. I was very fortunate when the ILOVEYOU virus came out, because the first person I received it from was an ex-girlfriend of mine. Now, she harbored all sorts of sentiments and emotions towards me at the time, but love was not amongst them. (Laughter) And so as soon as I saw this drop into my inbox, I dispatched it hastily to the recycle bin and spared myself a very nasty infection.

So, cybercrime, do watch out for it. One thing that we do know that the Internet is doing is the Internet is assisting these guys. These are mosquitoes who carry the malarial parasite which infests our blood when the mosy has had a free meal at our expense.

Now, Artesunate is a very effective drug at destroying the parasite in the early days of infection. But over the past year or so, researchers in Cambodia have discovered that what's happening is the malarial parasite is developing a resistance. And they fear that the reason why it's developing a resistance is because Cambodians can't afford the drugs on the commercial market, and so they buy it from the Internet. And these pills contain only low doses of the active ingredient. Which is why the parasite is beginning to develop a resistance.

The reason I say this is because we have to know that organized crime impacts all sorts of areas of our lives. You don't have to sleep with prostitutes or take drugs in order to have a relationship with organized crime. They affect our bank accounts. They affect our communications, our pension funds. They even affect the food that we eat and our governments.

This is no longer an issue of Sicilians from Palermo and New York. There is no romance involved with gangsters in the 21st Century. This is a mighty industry, and it creates instability and violence wherever it goes. It is a major economic force and we need to take it very, very seriously. It's been a privilege talking to you. Thank you very much. (Applause)

厳しい経済状態です TEDsterのみなさん 本当に厳しい ですから、皆さんを元気づけるために ここ20年間の、あまり人目につかないけれども 巨大な経済的サクセスストーリーについて お話しします 独自の方法によって、マイクロソフトや グーグルに匹敵する偉業を達成したのです 現在の不況に対しても、冷静に 対抗しています それは「組織犯罪」についてです

組織犯罪は非常に長い期間にわたって 存在し続けています そうでしょう? そう言うのが賢明でしょう まさしく しかしこの20年間で 組織犯罪はこれまでにないほど拡大しました 現在では世界のGDPの 約15パーセントを占めています それは「世界規模の陰の経済」で 別名「マクマフィア」と言います

なぜこんな極端な成長が 国際犯罪に起きたのか? もちろん、グローバル化、 技術、通信などが挙げられますが それは後でお話しします しかしまず、過去のこの出来事に 戻りましょう 共産主義の崩壊です 戦後の東欧における、最も重大な 出来事です

全てをお話しします この事件は私個人にとっても大きな意味があったのです 私は鉄のカーテンを超えて、東欧の民主化グループに 本の密輸を始めました ポーランドの「連帯」などへです 十代の頃でした その後東欧について書き始め 結局はBBCの主任東欧特派員になりました 1989年の事です だから、4億2千5百万人の人々が ついに自分の政府を選ぶ権利を 勝ち得た時は 有頂天になっていました しかし、壁の向うに潜んでいる もっと手に負えないものも いくらか気になっていました

たとえば、程なくして ユーゴスラビアでは 血塗られた民族国家主義が 頭をもたげました そして混乱の中、 浮かれ騒ぎに混じって 1989年以前、東欧で巧みに権力を 操っていた人々が、革命後も同様に 支配力を持ち続けている事に しばらく経ってから気づきました 明らかにこういう感じの人たちがいました しかしそれ以外にも、予期しなかった人々が 東欧での出来事に決定的な役割を果たしていました

こういう人たちです 覚えていますか? 重量挙げやレスリングで 4年ごとに金メダルを穫っていた人たちです 彼らは共産社会での偉大なセレブでした 贅沢なライフスタイル 都市の真ん中に大きなアパートを持っており お手軽でカジュアルなセックス 西側に自由に旅行できるという 当時の大きな贅沢を享受できた 驚くかもしれませんが、彼らが 東欧の経済の勃興に重大な役割を 果たしたのです 私の好みのいい方で言えば、彼らは 資本主義の助産婦だった ここにいるのは1989年の変貌の後の 重量挙げの選手達です

ブルガリアでは ―この写真はブルガリアで撮影されましたが― 東欧で共産主義が崩壊したとき 単に共産主義だけでなく 国家そのものが崩壊したのです つまり警察が機能しなかったということです 司法も適切に機能しなかった そこで、東欧の新世界のビジネスマン達は 彼らの契約が確実に尊重されるために どうしたか? つまり、社会学者が言うところの、 「私的な法の執行機関」に目を向けたのです つまり我々の言うマフィアにです そしてブルガリアではマフィアはすぐに 1989年から1991年の間に 各種の保安部門からお払い箱にされた1万4千人の人員と 結びつきました

国が崩壊しかかっていて 経済が急速に坂を転げ落ちている時、 労働市場に一番いてほしくない人たちは 1万4千人の、その主たる技能が 監視、 密輸、地下組織の形成、殺人といったものである 人々でしょう しかしそれが東欧では起こったのです 1990年代、私の仕事のほとんどは ユーゴスラビアのぞっとするような 紛争を取材する事でした

そして私が気づいたのは 残虐非道な行為を行っている人たち、つまり 準軍事組織は 実際は組織的な犯罪シンジケートの 人間だ、ということでした そして暴力の背景には、邪悪な 犯罪企業がいる、と考えるようになりました そこで私は決心し、世界中を歩き回って 世界規模の地下犯罪を調べるために 警察官と話し、 犠牲者と話し、違法な商品やサービスの 消費者と話す事にしました なにより、ギャングその人たちと話す事にしました

バルカン半島はそれを始めるのにうってつけの場所でした なぜか? もちろん そこでは法と秩序が崩壊していた しかしまた、小売り商売で言うように 要するに「成功の秘訣はすべからく場所だ」ということで、 調査の最初に私が知ったのは バルカン半島は、世界中からの違法商品やサービスの 通過地点になっていた、ということでした ヘロイン、コカイン、 売春組織へ流れて行く女性たち そして貴金属

それらはどこへ行くのか? グローバル化の恩恵を 収穫しようとしているEU諸国、 歴史上最も豊富な 消費マーケットとなろうとしている場所です 最終的に5億人から構成されているのです そしてその5億人のうちの ごくわずかの人々が 彼らの余暇と、余剰金を持って 鼻先に50ユーロをちらつかせながら 売春婦と寝て、 違法移民労働者を雇っているのです

グローバル化しつつある組織犯罪は 他のあらゆるビジネスと同じように見えます 生産ゾーンがあります アフガニスタンやコロンビアのような場所です 流通ゾーンがあります メキシコやバルカン半島などです そしてもちろん、消費ゾーンがある EUや日本、 そしてもちろんアメリカ合衆国です 生産ゾーンと流通ゾーンは 発展途上国にある傾向があり そこはしばしば残虐な暴力と流血で 脅かされています

メキシコを例にとりましょう 過去18ヶ月間で、6000人が、コカイン取引の 直接の結果として殺害されています しかしコンゴ民主共和国ではどうか? 1998年以来、コンゴでは500万人が死亡している 新聞でよく見るような紛争によるものではありません にもかかわらず、それは第二次大戦後、この地球上で 最大の紛争なのです なぜなのか? なぜなら世界中のマフィアが 地域の準軍事組織と結託して その土地の潤沢な 鉱物資源供給を支配しようと しているからです

2000年において、世界のコルタンの80パーセントは コンゴ民主共和国の東側の 大量殺害現場を源としています コルタンは、ほとんど全ての携帯電話や 全てのラップトップPC、 ゲームマシンに入っています コンゴの軍事指揮官は武器と引き換えに、これを マフィアに売っていたのです そしてマフィアがそれを西側マーケットで売る この西側の消費の 欲望こそが 国際組織犯罪の第一の 駆動要因なのです

さて、私の友人達が仕事をしているのをお見せしましょう イタリア警察がちょうどうまい具合に撮影してくれた 関税未払いのタバコの密輸です 工場から出たばかりのタバコは非常に安いのです EUはそれに世界最高額の税金をかけています だからもしこれをEUへ密輸できれば 非常に高額の利益が得られます このようなグループがどんな資産を 持っているかをお見せします

この船は、新品なら100万ユーロします ヨーロッパの海域で一番速い乗り物です 1994年から7年間、 このような船、20艘が アドリア海を横断し 毎晩、モンテネグロからイタリアまで運行していました この取引の結果として 英国だけでも80億ドルの歳入を失いました その代わり、その資金はそのままユーゴスラビアの戦争への資金となり 不心得な個人のポケットを潤したのです

この取引が始まったとき、イタリア警察には 同じ速度を出す船が2艘しかありませんでした そして重要な事ですが、このような輩を捕らえるのは 彼らがガス欠になった場合だけです こういうギャングは、しばしば船中に 売春ルートへ流す女性を連れていました もし警察が介入した場合、ギャングは女性達を 海に投げ込み 警察が悪人を追いかけずに彼女達を溺死から救わざるを 得ないようにするのです

このような悪人を一艘捕えるのに 何艘の船がいるのか ご覧に入れたわけです 答えは6艘です そしてこれらの船が20艘、 アドリア海を越えて 毎晩やって来たのです 彼らはこうして作った資金で何をしようというのか?

そこでグローバル化がでてきます なぜならそれは単なる国際取引の自由化ではないからです それは国際的な金融市場の自由化です いやはや、それでどれほどマネーロンダリングが やりやすくなった事か この20年間は、汚い金儲けには大盤振る舞いの 時代でした

1990年代、世界中の金融中枢が ビジネスを競っていました そこには、単にマネーロンダリングを 防止する方法がなかったのです 多くの合法銀行もまた、 疑問に思う事もなく とても怪しげな資金源からの 預金を喜んで受け入れました

しかしこの中心には、オフショア銀行のネットワークがあります それらは マネーロンダリング行列の中心的な役割を担っています そしてもしあなたが違法な脱税行為や 国際間の組織犯罪、マネーロンダリングに何かしたければ これらを排除しなくてはなりません いい話と言えば、少なくともホワイトハウスには このような腐敗した存在に対して はっきりと反対し続ける人物がいます

そしてもし、私が、 新しい立法府、有効な法規制のために 必要と考えているものに関心があるなら バーニーマドフについてみてみましょう 彼は残りの人生を刑務所で暮らすことになっています バーニーマドフは650億ドルを盗みました それで彼は、コロンビアのカルテルのトップギャング達や ロシアの犯罪シンジケートと 肩を並べました しかし彼はそれを何十年にもわたって ウォールストリートのど真ん中でやったのです どんな取り締まりも及びませんでした あと何人のマドフが、ウォールストリートや ロンドンのシティにいて 一般人から金を巻き上げ ロンダリングしているのか? 実はたくさんいるのです

国際犯罪の入門クラスをやりましょう 麻薬です 今朝の二番目のマリファナ農園の写真です しかしこれを撮影したのは、ブリティッシュコロンビアの 中央部でした それはブリティッシュコロンビアにある何万もの 家庭菜園の1つで それが、この取引によって この地方のGDPの5パーセントを確保していたのです

私は、王立カナダ機動警察(RCMP)の警部、 ブライアン・カンテラに連れられて バンクーバーの東にある、倉庫の奥に行き、 RCMPにより日常的に差し押さえられているものを 見ました もちろん商品を南側のアメリカに運んでいる 密輸業者から押収したもので、 そこには「カナダ産つぼみ入り」商品への 強欲なマーケットがあるのです オーガニック商品として売られていて カリフォルニアでは受けがいいのです (笑) (拍手)

警察でさえ認めていますが 大手輸出業者の利益には まったく影響しません グローバル化が始まって以来 世界の麻薬のマーケットは莫大に拡大しました しかし、警察の機動力のための資源は 同様に拡大しては いません

しかしこれも全て変わっていくかも知れません なぜならとても奇妙なことが起きているからです 国連は今年、というより 先月になって気づいたのですが カナダが、エクスタシーその他の合成麻薬の生産と流通の 鍵となる場所となっていたのです

興味深い事に、ヘロインとコカインの 市場シェアは減少しつつあります 合成麻薬錠剤の薬理効果が、よく効くようになって来たからです 合成麻薬がゲームを変えているのです それが、麻薬の生産拠点を開発途上国から 西側世界にシフトさせつつあります それがトレンドになった時、 西側では警察の能力を凌駕することになりました ここ40年間とり続けて来た対麻薬政策は ずっと以前から再考の時期に来ていると 私は考えます

そして不況です 組織犯罪はすでに不況に対する 用意が十分にできているようです 世界で最も便宜主義的な産業ですから 無理もない事です それに制限をかける事もできない もちろん二つのビジネスリスクはあります 一つは法の執行機関による逮捕 ―まあこれはぜんぜん彼らは気にしていませんが― もう一つは他のグループとの競合によって 頭に弾が飛んでくる事です

彼らは取引の仕方をシフトさせました 不況になれば、顧客は以前ほどは麻薬に浸かったり売春婦に通ったり しなくなります そこで彼らは金融犯罪と組織犯罪に 大きく進出してきて 中でも二つの領域、 模造品とサイバー犯罪に 進出しています そして恐ろしいほど成功している プリングル氏をご紹介しましょう というよりもセニョールプリングル

これはあるブラジル人のサイバー犯罪者から紹介されたキットで サンパウロのパウリスタ通りの 車で同席しました 私のラップトップPCを使って 5分もしないうちにブラジルの大銀行の セキュリティシステムを 突破しました そんなに難しい事ではない サイバー犯罪について魅力的なのは それが実はあまりテクノロジーと 関係していないからです

鍵となるのは、いわゆる「ソーシャルエンジニアリング」です 技術的言葉で言うならば それは毎分のように発生しています 他人に、その人の関心の範囲外のことを コンピュータでやらせるよう仕向けるのがどんなに簡単か あなたには信じられないでしょう もうすぐに サイバー犯罪者達は、これを成功させる一番簡単な方法を学ぶでしょう もちろん、人の財布に近づく一番簡単な方法は セックスと愛情です

あなたは「アイラブユー」ウィルスを覚えているでしょう これまでで世界で一番広がったウィルスの一つです アイラブユ―ウィルスを初めて受信した時、私はとても幸運でした なぜなら、送って来た最初の差出人が 私の元恋人だったからです 彼女はその頃は私に向けてあらゆる感傷や感情を抱いましたが それに愛情は入っていませんでした (笑) だからこれを受信箱に見つけると、 私はすぐにゴミ箱に捨てました それで不愉快な感染を避けられたのです

ということでサイバー犯罪には注意しておく必要があります インターネットについて分かっているのは それがこいつらを助けている事です これはマラリア原虫を運んでくる蚊で 蚊が私たちの提供した無料の食事をする時に 赤血球に感染します

Artesunateは、感染初期に マラリア原虫を殺す非常に有効な 薬剤です しかしここ一年ほどで カンボジアの研究者が発見したのは この原虫が 耐性を獲得しつつあるということです 彼らが恐れているのは、耐性獲得の理由が、 カンボジアの人々が、正規の商品市場でこの薬を買う余裕がなく インターネットで購入しているからだということです このような流通の薬剤は、実際の薬剤が ほんのわずかしか含まれていません それが、マラリア原虫が 耐性を獲得しつつある理由なのです

私がこれを申し上げた理由は 組織犯罪は、私たちの生活の あらゆる領域に影響していることを 知ってほしいからです 組織犯罪と関係するには、別に 売春婦と寝たり ドラッグをやったりする必要はないのです 彼らは私たちの銀行口座へ侵入します 私たちの通信や年金基金に影響するのです 彼らは私たちの食物にも 政府にも影響します

もうそれは、パレルモや ニューヨークのシチリア人の話しではないのです 21世紀のギャングには、なんら ロマンはありません それは巨大な産業であって 行く先々で不安定と暴力を 生み出すのです それは主要な経済的力であり 我々はそれを非常に重大視しなくてはなりません ここでお話しできたのは光栄です どうもありがとうございます (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画