TED日本語 - ティム・ブラウン: デザイナーはもっと大きく考えるべきだ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ティム・ブラウン: デザイナーはもっと大きく考えるべきだ

TED Talks

デザイナーはもっと大きく考えるべきだ
Tim Brown urges designers to think big
ティム・ブラウン

内容

職業デザイナ達は、小ぎれいでスタイリッシュなものを作ることだけで頭がいっぱいになっているとティム・ブラウンは警告しています。 清潔な水の提供という緊急の課題においても デザイナーはもっと大きな役割を果たすことができます。彼が訴えるのは、地域に根ざし、共同作業による、参加方式の「デザイン思考」です。

Script

I'd like to talk a little bit this morning about what happens if we move from design to design thinking. Now this rather old photo up there is actually the first project I was ever hired to do, something like 25 years ago. It's a woodworking machine, or at least a piece of one, and my task was to make this thing a little bit more modern, a little bit easier to use. I thought, at the time, I did a pretty good job. Unfortunately, not very long afterwards the company went out of business.

This is the second project that I did. It's a fax machine. I put an attractive shell around some new technology. Again,18 months later, the product was obsolete. And now, of course, the whole technology is obsolete. Now, I'm a fairly slow learner, but eventually it occurred to me that maybe what passed for design wasn't all that important -- making things more attractive, making them a bit easier to use, making them more marketable. By focusing on a design, maybe just a single product, I was being incremental and not having much of an impact.

But I think this small view of design is a relatively recent phenomenon, and in fact really emerged in the latter half of the 20th century as design became a tool of consumerism. So when we talk about design today, and particularly when we read about it in the popular press, we're often talking about products like these. Amusing? Yes. Desirable? Maybe. Important? Not so very.

But this wasn't always the way. And I'd like to suggest that if we take a different view of design, and focus less on the object and more on design thinking as an approach, that we actually might see the result in a bigger impact. Now this gentleman, Isambard Kingdom Brunel, designed many great things in his career in the 19th century, including the Clifton suspension bridge in Bristol and the Thames tunnel at Rotherhithe. Both great designs and actually very innovative too. His greatest creation runs actually right through here in Oxford. It's called the Great Western Railway.

And as a kid I grew up very close to here, and one of my favorite things to do was to cycle along by the side of the railway waiting for the great big express trains to roar past. You can see it represented here in J.M.W. Turner's painting, "Rain, Steam and Speed" . Now, what Brunel said that he wanted to achieve for his passengers was the experience of floating across the countryside.

Now, this was back in the 19th century. And to do that meant creating the flattest gradients that had ever yet been made, which meant building long viaducts across river valleys -- this is actually the viaduct across the Thames at Maidenhead -- and long tunnels such as the one at Box, in Wiltshire. But he didn't stop there. He didn't stop with just trying to design the best railway journey. He imagined an integrated transportation system in which it would be possible for a passenger to embark on a train in London and disembark from a ship in New York. One journey from London to New York. This is the S.S. Great Western that he built to take care of the second half of that journey.

Now, Brunel was working 100 years before the emergence of the design profession, but I think he was using design thinking to solve problems and to create world-changing innovations. Now, design thinking begins with what Roger Martin, the business school professor at the University of Toronto, calls integrative thinking. And that's the ability to exploit opposing ideas and opposing constraints to create new solutions. In the case of design, that means balancing desirability, what humans need, with technical feasibility, and economic viability. With innovations like the Great Western, we can stretch that balance to the absolute limit.

So somehow, we went from this to this. Systems thinkers who were reinventing the world, to a priesthood of folks in black turtlenecks and designer glasses working on small things. As our industrial society matured, so design became a profession and it focused on an ever smaller canvas until it came to stand for aesthetics, image and fashion. Now I'm not trying to throw stones here. I'm a fully paid-up member of that priesthood, and somewhere in here I have my designer glasses. There we go. But I do think that perhaps design is getting big again. And that's happening through the application of design thinking to new kinds of problems -- to global warming, to education, healthcare, security, clean water, whatever.

And as we see this reemergence of design thinking and we see it beginning to tackle new kinds of problems, there are some basic ideas that I think we can observe that are useful. And I'd like to talk about some of those just for the next few minutes. The first of those is that design is human-centered. It may integrate technology and economics, but it starts with what humans need, or might need. What makes life easier, more enjoyable? What makes technology useful and usable? But that is more than simply good ergonomics, putting the buttons in the right place. It's often about understanding culture and context before we even know where to start to have ideas.

So when a team was working on a new vision screening program in India, they wanted to understand what the aspirations and motivations were of these school children to understand how they might play a role in screening their parents. Conversion Sound has developed a high quality, ultra-low-cost digital hearing aid for the developing world. Now, in the West we rely on highly trained technicians to fit these hearing aids. In places like India, those technicians simply don't exist. So it took a team working in India with patients and community health workers to understand how a PDA and an application on a PDA might replace those technicians in a fitting and diagnostic service.

Instead of starting with technology, the team started with people and culture. So if human need is the place to start, then design thinking rapidly moves on to learning by making. Instead of thinking about what to build, building in order to think. Now, prototypes speed up the process of innovation, because it is only when we put our ideas out into the world that we really start to understand their strengths and weaknesses. And the faster we do that, the faster our ideas evolve.

Now, much has been said and written about the Aravind Eye Institute in Madurai, India. They do an incredible job of serving very poor patients by taking the revenues from those who can afford to pay to cross-subsidize those who cannot. Now, they are very efficient, but they are also very innovative. When I visited them a few years ago, what really impressed me was their willingness to prototype their ideas very early.

This is the manufacturing facility for one of their biggest cost breakthroughs. They make their own intraocular lenses. These are the lenses that replace those that are damaged by cataracts. And I think it's partly their prototyping mentality that really allowed them to achieve the breakthrough. Because they brought the cost down from $ 200 a pair, down to just $ 4 a pair. Partly they did this by instead of building a fancy new factory, they used the basement of one of their hospitals. And instead of installing the large-scale machines used by western producers, they used low-cost CAD/CAM prototyping technology. They are now the biggest manufacturer of these lenses in the developing world and have recently moved into a custom factory.

So if human need is the place to start, and prototyping, a vehicle for progress, then there are also some questions to ask about the destination. Instead of seeing its primary objective as consumption, design thinking is beginning to explore the potential of participation -- the shift from a passive relationship between consumer and producer to the active engagement of everyone in experiences that are meaningful, productive and profitable.

So I'd like to take the idea that Rory Sutherland talked about, this notion that intangible things are worth perhaps more than physical things, and take that a little bit further and say that I think the design of participatory systems, in which many more forms of value beyond simply cash are both created and measured, is going to be the major theme, not only for design, but also for our economy as we go forward.

So William Beveridge, when he wrote the first of his famous reports in 1942, created what became Britain's welfare state in which he hoped that every citizen would be an active participant in their own social well-being. By the time he wrote his third report, he confessed that he had failed and instead had created a society of welfare consumers.

Hilary Cottam, Charlie Leadbeater, and Hugo Manassei of Participle have taken this idea of participation, and in their manifesto entitled Beveridge 4.0, they are suggesting a framework for reinventing the welfare state. So in one of their projects called Southwark Circle, they worked with residents in Southwark, South London and a small team of designers to develop a new membership organization to help the elderly with household tasks. Designs were refined and developed with 150 older people and their families before the service was launched earlier this year.

We can take this idea of participation perhaps to its logical conclusion and say that design may have its greatest impact when it's taken out of the hands of designers and put into the hands of everyone. Nurses and practitioners at U.S. healthcare system Kaiser Permanente study the topic of improving the patient experience, and particularly focused on the way that they exchange knowledge and change shift. Through a program of observational research, brainstorming new solutions and rapid prototyping, they've developed a completely new way to change shift.

They went from retreating to the nurse's station to discuss the various states and needs of patients, to developing a system that happened on the ward in front of patients, using a simple software tool. By doing this they brought the time that they were away from patients down from 40 minutes to 12 minutes, on average. They increased patient confidence and nurse happiness. When you multiply that by all the nurses in all the wards in 40 hospitals in the system, it resulted, actually, in a pretty big impact.

And this is just one of thousands of opportunities in healthcare alone. So these are just some of the kind of basic ideas around design thinking and some of the new kinds of projects that they're being applied to. But I'd like to go back to Brunel here, and suggest a connection that might explain why this is happening now, and maybe why design thinking is a useful tool. And that connection is change. In times of change we need new alternatives, new ideas.

Now, Brunel worked at the height of the Industrial Revolution, when all of life and our economy was being reinvented. Now the industrial systems of Brunel's time have run their course, and indeed they are part of the problem today. But, again, we are in the midst of massive change. And that change is forcing us to question quite fundamental aspects of our society -- how we keep ourselves healthy, how we govern ourselves, how we educate ourselves, how we keep ourselves secure. And in these times of change, we need these new choices because our existing solutions are simply becoming obsolete.

So why design thinking? Because it gives us a new way of tackling problems. Instead of defaulting to our normal convergent approach where we make the best choice out of available alternatives, it encourages us to take a divergent approach, to explore new alternatives, new solutions, new ideas that have not existed before. But before we go through that process of divergence, there is actually quite an important first step. And that is, what is the question that we're trying to answer? What's the design brief? Now Brunel may have asked a question like this, "How do I take a train from London to New York?" But what are the kinds of questions that we might ask today?

So these are some that we've been asked to think about recently. And one in particular, is one that we're working on with the Acumen Fund, in a project that's been funded by the Bill and Melinda Gates Foundation. How might we improve access to safe drinking water for the world's poorest people, and at the same time stimulate innovation amongst local water providers?

So instead of having a bunch of American designers come up with new ideas that may or may not have been appropriate, we took a sort of more open, collaborative and participative approach. We teamed designers and investment experts up with 11 water organizations across India. And through workshops they developed innovative new products, services, and business models.

We hosted a competition and then funded five of those organizations to develop their ideas. So they developed and iterated these ideas. And then IDEO and Acumen spent several weeks working with them to help design new social marketing campaigns, community outreach strategies, business models, new water vessels for storing water and carts for delivering water. Some of those ideas are just getting launched into the market. And the same process is just getting underway with NGOs in East Africa.

So for me, this project shows kind of how far we can go from some of those sort of small things that I was working on at the beginning of my career. That by focusing on the needs of humans and by using prototypes to move ideas along quickly, by getting the process out of the hands of designers, and by getting the active participation of the community, we can tackle bigger and more interesting questions. And just like Brunel, by focusing on systems, we can have a bigger impact. So that's one thing that we've been working on.

I'm actually really quite interested, and perhaps more interested to know what this community thinks we could work on. What kinds of questions do we think design thinking could be used to tackle? And if you've got any ideas then feel free, you can post them to Twitter. There is a hash tag there that you can use, # CBDQ. And the list looked something like this a little while ago. And of course you can search to find the questions that you're interested in by using the same hash code.

So I'd like to believe that design thinking actually can make a difference, that it can help create new ideas and new innovations, beyond the latest High Street products. To do that I think we have to take a more expansive view of design, more like Brunel, less a domain of a professional priesthood. And the first step is to start asking the right questions. Thank you very much. (Applause)

今日、もし我々がデザインそのものから デザイン思考という考え方に移行したときに 一体何が起こるのかについて少しお話ししたいと思います これは少し古い写真ですが 私が初めて関わったプロジェクトです だいたい25年ぐらい前でしょうか これは木工用の機械か何かですが 私のタスクはこの機械を 少しモダンにして すこし使い易くすることでした その当時、私はいい仕事ができたと思っていました しかし、実際は間もなく その会社は潰れてしまったのです

これは私が関わった2つ目のプロジェクトでFAX機です 私は、この新しいテクノロジーにかっこいい外観を与えました しかし、この場合もまた、18ヶ月後には この製品は生産中止となったのです そして今ではこのテクノロジーそのものが無くなりかけています 私は学ぶのに時間のかかるたちですが しかし、後々分かってきたのは おそらくデザインに求められてきたことが そんなに重要でなかったのかもしれないということでした ものをよりかっこ良く見せることだったり ほんの少しだけ使い易くする 売りやすいものにすることなどです デザインに焦点をあてて あるいは一つの製品に焦点を当てて 少しずつの改良を進めましたが そんなに大きな影響を与えてはいませんでした

しかし、私が思うにこのデザインの小さい見方は 比較的最近の現象で 実はデザインが消費者主義の 道具として使われ始めた この20世紀後半に生まれた考え方なのです 我々が、今日デザインに関して話をするとき 特に、人気のあるマスメディアでそれを読むとき 私たちはよく、このような製品についてのことを話します 面白そうでしょ?欲しくなってくるでしょ? だからといって重要ですか?そんなにですよね

しかし、ずっとこんな感じだったわけではないのです 私が提案したいのは もし私たちがデザインの見方を変え もの自体に焦点を当てるのではなく デザイン思考という手法に注目すれば 大きなインパクトのある結果を得られることです この男性、イザムバード・キングダム・ブルネルは 19世紀に多くの偉大なものをデザインしました 例えば、ブリストルのクリフトン吊橋や ローザハイトのテムズ・トンネルなど様々です どちらもすばらしいデザインで実際たいへん革新的でもあります 彼の偉大なデザインは ここオックスフォードも走り抜けています そうグレート・ウェスタン鉄道です

子供のとき、私はここ近辺で育ちました 轟音を立てて走り去る 特急列車を待ちながら線路沿いを 自転車で走ることが大好きでした ターナーの “雨、蒸気、速度” において 表現されている通りです ブルネルが乗客に体験してもらいたかったことは 浮かぶように田舎を駆け抜ける体験でした

これは19世紀の頃の話です それを達成するには それまでないほど平坦な勾配にすることが必要で それは渓谷にかかる長い架橋を意味しました これはテムズ川のメイデンヘッドにかかる架橋ですが さらにウィルトシャーのボックストンネルなどの長いトンネルが必要でした 彼はそこで終わりにしませんでした。 最高の鉄道の旅をデザインする試みには終わりがありませんでした 彼は乗客がロンドンで列車に乗って 船でニューヨークにおりるという 統合された交通を 考えだしたのです ロンドンからニューヨークまでが一つの旅です これは彼がその壮大な旅の後半の 成し遂げるためにつくった造った蒸気船グレートウェスタン号です

ブルネルはデザインの職業が生まれる 100年も前にこのように活躍していた人です しかし彼は、問題解決のためや世界を変える革新のために デザイン思考を用いていたように思います デザイン思考はトロント大学ビジネススクールの教授である ロジャー・マーティンの言う 統合的思考から始まっています それは、新しい解決策を見いだすために ぶつかり合うアイデアや制約を うまく利用する能力です デザインの場合それは 人間が必要とする望ましい状態を 技術的な実現可能性や 経済的な実行可能性と均衡させることです グレートウェスタンのような革新によって 私たちはその均衡を絶対的な限界まで引き伸ばしました

どういうわけか私たちは、この状態からこんな感じになってしまいました つまり、世界を変えるようなシステムごと考えていた人が 小さいものに取り組む、黒いタートルネックとデザイナーメガネを身に付けた 聖職者みたいになってしまったのです 我々の社会の工業化が進むにつれて デザインの分野が専門化され より小さな分野に集中して デザインは美やイメージ ファッションを意味するようになります ここで私はこれを非難しているわけでありません 私もれっきとしたその聖職者たちの一員で ご覧の通り私もそのデザイナーメガネをここに持っていますしね ほらね しかし、私が思うにおそらくデザインは もう一度大きくなり始めています そして、それはデザイン思考を 新しい種類の問題に 応用することで生まれています 地球温暖化や教育 ヘルスケア、安全保障、水質改善など様々です。

このデザイン思考が再度登場して 様々な新しい問題に取り組むことで 基本的な考え方が実用的だとわかります 次の数分間でそれのいくつかを お話したいと思います 一つ目はデザインは 人を中心に考えられているものです 技術や経済と統合するかもしれませんが でも、人間が必要とするもの、必要とするだろうものから始まります どうしたら生活がより便利になり、楽しくなるか? どうしたらテクノロジーが実用的で使いやすくなるか?等と言った疑問です しかし、これは単なる人間工学や ボタンを正しい場所に置くといったこと以上のものです 多くの場合それは、文化やその背景を理解することから始まり どこからアイデアを生み出すかという以前の話です

チームがインドで新しい視力検査プログラムに携わっているとき 彼らはまず、学校の子どもたちのあこがれや やる気はどうなっているかを理解しようとしました それが彼らの親を検査するとき 子供たちがどんな役を果たすか見極めるためです Conversion Sound社は高品質かつ 非常に低価格の補聴器を 途上国向けに開発しました 先進国では高度に訓練された専門家しか このような補聴器の調整はできません しかしインドなどの国々では、まずこのような専門家すら存在しません そのため、このチームはインドで 患者とコミュニティの医療従事者を巻き込んで このPDAとそのアプリケーションで 耳を診断し、それを取り付ける専門家に 取って代わることができないか と考えました

テクノロジーから始める代わりに チームは人や文化から手をつけました 人々のニーズを出発点としたとき デザイン思考に従えば すぐに 作ることから学ぼうとします 何を作るかを考えるのではなく 考えるために作るのです ここで、プロトタイプはイノベーションの過程を加速させます なぜなら、アイデアを現実の中で働かせてみないと そのアイデアの良い点と悪い点を深く理解出来ないからです それをするのが早ければ早いほど そのアイデアは早く進化するのです

インドのアラビンド眼科病院については 広く語られ、記事にもなっていますが そこではお金を払える人からの歳入を 貧しく支払能力がない非常に貧しい人々への補填とすることで 彼らに医療を提供しています そこのシステムは非常に効率的で かつ、とても革新的です 私が2、3年前に訪れたとき 私が感銘を受けたのは、早い段階から アイデアをすぐにプロトタイプにしようとする彼らの意欲でした

これは彼らの製造工場で これがひとつの大きなコスト削減の要因となっています 彼らはここで自ら眼内レンズを製造し 白内障で悪くなった水晶体の 代わりに治療に使われます このブレイクスルーを達成できたのは プロトタイピング重視の発想の寄与が大きいでしょう なぜなら彼らは一組200ドルだったレンズを なんと一組 4ドルにまでコストダウンしたのです 新しく見栄えのいい工場を作る代わりに 病院の施設の地下室を 工場代わりに使ったり 先進国で使われている大規模な機械を 導入する代わりに 低価格なCAD/CAM を用いたプロトタイプを実現しています 彼らは途上国におけるレンズ製造の最大手となり 最近自社の工場へと移転しました

つまり、我々が本当に必要としているものをスタート地点とし プロトタイプを作り、プロセスを加速することで ゴール地点についてのいくつかの疑問も生まれてきます 主要なゴールを消費とするのではなく デザイン思考は参加型の中に可能性を見いだしつつあります 消費者と生産者の 受動的な関係から 人々の能動的な関わりへのシフトは 非常に意味あることであり、 同時に生産性が高く、有益なのです

ローリー・サザーランドが話していたアイデアを使わせていただくと 目に見えるものより、目に見えないもののほうが価値があるという概念を ほんの少しだけ拡大して言えば 様々な形で単なるお金以上の 価値が生まれ、評価される 参加型システムのデザインは デザインだけに限らず 私たちの経済全体における 大きなテーマになることでしょう

ウィリアム・ベヴァリッジが1942年に 彼の有名な論文を書いたときに 彼は全市民が社会の利益のために 積極的な参加者となるような イギリスの福祉制度を作りました 彼が第三の報告書を書いたときには 彼は失敗を認めました 福祉を消費する者の社会ができてしまったのです

そしてPariciple社のヒラリー・コッタム チャーリー・レッドベターとヒューゴ・マナッセイは 参加型の考え方を取り入れて ベヴァリッジ 4.0 というマニフェストを掲げました 社会保障制度改革の 枠組みの提案です 彼らのプロジェクトの一つであるサウスワーク・サークルでは ロンドン南部のサウスワークの居住者とともに 小さなデザイナーのチームが 高齢者の家事手伝いをする 新しい会員制の組織を作りました 150人の老人とその家族とともに デザインを改良して開発した後で 今年初めにサービスがスタートしました

私たちはこの参加型の考え方を 論理的な結論まで詰めると デザインがデザイナーの手から離れて 一般の人々みなに渡ったとき デザインが最も影響を与えると言えるでしょう アメリカの医療機関であるカイザー・パーマネンテの 看護士や医療従事者は 患者の体験を向上させようという課題を研究していました 特に注目したのは 情報交換の方法と シフト交替です 観察調査プログラムを通して 新しい解決策をブレインストーミングしたり、すぐに試作品に取り組んでいました そして、彼らは全く新しい勤務シフト引継ぎの方法を生み出したのです

彼らはナースステーションで患者の状態や要求などを 話しあっていた従来の方法から シンプルなソフトを用いて、患者のいるその病室で 引継ぎができるシステム このシステムによって 患者から眼を離す時間が 平均で 40 分から 12 分にまで短縮されました これによって、患者の安心感、看護士の満足度ともに上昇しました これが、このシステム内の40の病院で 全ての病棟にいる全ての看護士にもたらされることで とてつもない効果が生まれました

そして、このケースは医療分野における 何千もの病院のうちの一つの事例でしかないのです これらが、デザイン思考における 基本的な考え方で その考え方が、上手く応用されている いくつかのプロジェクトの例でした しかし、私はここでブルネルの話に戻りたいと思います そして、なぜこれが現在起こっているのかという関連性 そして、なぜデザイン思考が有益なツールとなるのかということについて話したいと思います その関連性とは"変化"です 変化の時には私たちは 新しい代替物や考え方を必要とします

そして、ブルネルは産業革命の絶頂期に活躍しており 全てのライフスタイルや経済が 再発明されていました ブルネル時代の産業システムは現在では行くところまで行き着き 今日の様々な問題の一部となっています しかし、私たちは大規模な変化の真っ只中にいます その変化によって我々の社会の根本的な見方に対して 質問をしてきます どのようにして健康を維持するか、どのように我々自身を統制するか どのように我々は教育すればよいか、どのように安全を保障するかなどです 現在の解決策が徐々に使い物にならなくなってきたので この変化の時代には、私たちは新しい選択肢が必要なのです

そこで、なぜデザイン思考なのか? なぜなら、新しい問題対処の方法を与えてくれるのです 利用可能な選択肢の中からベストを選ぶという 従来の収束的なアプローチにとどまる代わりに デザイン思考は発散的なアプローチをとり 今までになかった新しい選択肢、新しい解決策 考え方を探索させてくれます しかし、その発散的なプロセスにいくまえに 重要なステップが一つ存在します それは、私たちが解決しようとしている問題は何かということです デザインブリーフとは? ブルネルは こんな質問をしたことでしょう 「どうしたら私はロンドン発ニューヨーク着の列車に乗れるのだろうか?」 さて、我々が尋ねなくてはならない質問とはなんでしょうか

我々が今日考えなくてはならない質問はいくつかありますが 一つは、我々がアキュメン基金と取り組んでいることです それはビル・メリンダ財団によってサポートされているプロジェクトです いかにして最貧国の人々が安全な水にアクセスできるか そして同時に どのようにして 地域の水の供給業者をイノベーションに 導くことができるだろうかという課題です

ふさわしいかどうか分からない新しいアイデアを たくさんのアメリカのデザイナーだけに考え出してもらう代わりに 私たちはよりオープンで協力的で、かつ参加型のアプローチをとることにしました 私たちはデザイナーと投資のエキスパートと インドの11つの水関連の組織とで チームを作りました 彼らが作ったワークショップを通して 彼らは革新的な新しい製品、サービス、そしてビジネスモデルを生み出しました

我々はコンテストを主催し 彼らのアイデアを開発するためにその中から5つの組織を ファンドしました そして、彼らは何度も反復させ、そのアイデアを発展させていきました そしてIDEOとアキュメンは彼らと数週間取り組み 新しいソーシャルマーケティングキャンペーン コミュニティの奉仕活動戦略、ビジネスモデル 新しい貯水タンク そして水の運搬カートのデザインをサポートしました これらのアイデアはもうすぐマーケットに投入されます 同様のプロセスがアフリカ東部のいくつかのNGOと共に 進行中です

私にとって、このプロジェクトは 私がキャリアの始めのころに 取り組んでいた小さいモノからどれだけ ちがったことが出来るか ということを示してくれます 人のニーズに焦点を置き プロトタイプを用いて アイデアを発展させ デザイナーが使ってきたプロセスを応用し コミュニティの参加を促すことで 私たちはより大きく面白い問題に取り組むことができます ブルネルと同じように、システムに焦点を当てることで 私たちは大きな影響を与えることができます これが私たちが取り組んでいる事例の一つです

私がより興味を持っているのはこのコミュニティが 私たちが何に取り組めると思っているのかということです 私たちはデザイン思考を 何に応用すべきなのでしょうか? もし、何かいいアイデアをお持ちの場合は ご自由にTwitterにポストしてください ハッシュタグは"#CBDQ"です 少し前ではリストはこんな感じでした もちろんあなたもこのハッシュタグで検索をすることで 興味のある質問を見つけることができます

私はデザイン思考が変化を生み出し 新しいアイデア、そしてイノベーションを 生み出すきっかけとなり 最近のスタイリッシュな製品以上の インパクトを与えてくれると信じています それを実現するために我々は、プロフェッショナルの殻に閉じこもるのではなく ブルネルのようにより広い視野のデザインの観点をもつことが大切なのです 最初のステップはまず正しい質問を投げかけることです ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画