TED日本語 - スニータ・クリシュナン: 性的奴隷制との闘い

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - スニータ・クリシュナン: 性的奴隷制との闘い

TED Talks

性的奴隷制との闘い
Sunitha Krishnan's fight against sex slavery
スニータ・クリシュナン

内容

スニータ・クリシュナンは、世界規模の100億ドル市場である性的奴隷制から女性や子どもたちを救出することに生涯を捧げています。この勇気に満ちたスピーチで、彼女は自分自身の体験に加えて三つの強力な物語を語り、犠牲者が人生を再構築するために社会がもっと人間的に接するよう、訴えます。

Script

I'm talking to you about the worst form of human rights violation, the third-largest organized crime, a $ 10 billion industry. I'm talking to you about modern-day slavery.

I'd like to tell you the story of these three children, Pranitha, Shaheen and Anjali. Pranitha's mother was a woman in prostitution, a prostituted person. She got infected with HIV, and towards the end of her life, when she was in the final stages of AIDS, she could not prostitute, so she sold four-year-old Pranitha to a broker. By the time we got the information, we reached there, Pranitha was already raped by three men.

Shaheen's background I don't even know. We found her in a railway track, raped by many, many men, I don't know many. But the indications of that on her body was that her intestine was outside her body. And when we took her to the hospital she needed 32 stitches to put back her intestine into her body. We still don't know who her parents are, who she is. All that we know that hundreds of men had used her brutally.

Anjali's father, a drunkard, sold his child for pornography. You're seeing here images of three years, four-year-olds, and five-year-old children who have been trafficked for commercial sexual exploitation. In this country, and across the globe, hundreds and thousands of children, as young as three, as young as four, are sold into sexual slavery. But that's not the only purpose that human beings are sold for. They are sold in the name of adoption. They are sold in the name of organ trade. They are sold in the name of forced labor, camel jockeying, anything, everything.

I work on the issue of commercial sexual exploitation. And I tell you stories from there. My own journey to work with these children started as a teenager. I was 15 when I was gang-raped by eight men. I don't remember the rape part of it so much as much as the anger part of it. Yes, there were eight men who defiled me, raped me, but that didn't go into my consciousness. I never felt like a victim, then or now. But what lingered from then till now -- I am 40 today -- is this huge outrageous anger.

Two years, I was ostracized, I was stigmatized, I was isolated, because I was a victim. And that's what we do to all traffic survivors. We, as a society, we have PhDs in victimizing a victim. Right from the age of 15, when I started looking around me, I started seeing hundreds and thousands of women and children who are left in sexual slavery-like practices, but have absolutely no respite, because we don't allow them to come in.

Where does their journey begin? Most of them come from very optionless families, not just poor. You have even the middle class sometimes getting trafficked. I had this I.S. officer's daughter, who is 14 years old, studying in ninth standard, who was raped chatting with one individual, and ran away from home because she wanted to become a heroine, who was trafficked. I have hundreds and thousands of stories of very very well-to-do families, and children from well-to-do families, who are getting trafficked.

These people are deceived, forced. 99.9 percent of them resist being inducted into prostitution. Some pay the price for it. They're killed; we don't even hear about them. They are voiceless, [ unclear ], nameless people. But the rest, who succumb into it, go through everyday torture. Because the men who come to them are not men who want to make you your girlfriends, or who want to have a family with you. These are men who buy you for an hour, for a day, and use you, throw you.

Each of the girls that I have rescued -- I have rescued more than 3,200 girls -- each of them tell me one story in common ... (Applause) one story about one man, at least, putting chili powder in her vagina,one man taking a cigarette and burning her,one man whipping her. We are living among those men: they're our brothers, fathers, uncles, cousins, all around us. And we are silent about them.

We think it is easy money. We think it is shortcut. We think the person likes to do what she's doing. But the extra bonuses that she gets is various infections, sexually transmitted infections, HIV, AIDS, syphilis, gonorrhea, you name it, substance abuse, drugs, everything under the sun. And one day she gives up on you and me, because we have no options for her. And therefore she starts normalizing this exploitation. She believes, "Yes, this is it, this is what my destiny is about." And this is normal, to get raped by 100 men a day. And it's abnormal to live in a shelter. It's abnormal to get rehabilitated.

It's in that context that I work. It's in that context that I rescue children. I've rescued children as young as three years, and I've rescued women as old as 40 years. When I rescued them,one of the biggest challenges I had was where do I begin. Because I had lots of them who were already HIV infected. One third of the people I rescue are HIV positive. And therefore my challenge was to understand how can I get out the power from this pain. And for me, I was my greatest experience. Understanding my own self, understanding my own pain, my own isolation, was my greatest teacher. Because what we did with these girls is to understand their potential.

You see a girl here who is trained as a welder. She works for a very big company, a workshop in Hyderabad, making furnitures. She earns around 12,000 rupees. She is an illiterate girl, trained, skilled as a welder. Why welding and why not computers? We felt,one of the things that these girls had is immense amount of courage. They did not have any pardas inside their body, hijabs inside themselves; they've crossed the barrier of it. And therefore they could fight in a male-dominated world, very easily, and not feel very shy about it.

We have trained girls as carpenters, as masons, as security guards, as cab drivers. And each one of them are excelling in their chosen field, gaining confidence, restoring dignity, and building hopes in their own lives. These girls are also working in big construction companies like Ram-ki construction, as masons, full-time masons.

What has been my challenge? My challenge has not been the traffickers who beat me up. I've been beaten up more than 14 times in my life. I can't hear from my right ear. I've lost a staff of mine who was murdered while on a rescue. My biggest challenge is society. It's you and me. My biggest challenge is your blocks to accept these victims as our own.

A very supportive friend of mine, a well-wisher of mine, used to give me every month,2,000 rupees for vegetables. When her mother fell sick she said, "Sunitha, you have so much of contacts. Can you get somebody in my house to work, so that she can look after my mother?" And there is a long pause. And then she says, "Not one of our girls."

It's very fashionable to talk about human trafficking, in this fantastic A-C hall. It's very nice for discussion, discourse, making films and everything. But it is not nice to bring them to our homes. It's not nice to give them employment in our factories, our companies. It's not nice for our children to study with their children. There it ends. That's my biggest challenge.

If I'm here today, I'm here not only as Sunitha Krishnan. I'm here as a voice of the victims and survivors of human trafficking. They need your compassion. They need your empathy. They need, much more than anything else, your acceptance.

Many times when I talk to people, I keep telling them one thing: don't tell me hundred ways how you can not respond to this problem. Can you ply your mind for that one way that you can respond to the problem? And that's what I'm here for, asking for your support, demanding for your support, requesting for your support. Can you break your culture of silence? Can you speak to at least two persons about this story? Tell them this story. Convince them to tell the story to another two persons.

I'm not asking you all to become Mahatma Gandhis or Martin Luther Kings, or Medha Patkars, or something like that. I'm asking you, in your limited world, can you open your minds? Can you open your hearts? Can you just encompass these people too? Because they are also a part of us. They are also part of this world. I'm asking you, for these children, whose faces you see, they're no more. They died of AIDS last year. I'm asking you to help them, accept as human beings -- not as philanthropy, not as charity, but as human beings who deserve all our support. I'm asking you this because no child, no human being, deserves what these children have gone through. Thank you. (Applause)

これから、人類最悪の 人権侵害、 世界第三位の組織犯罪、 100億ドル産業についてお話します 現代の奴隷制度です

この3人の子どもたちについて お話します プラニータ、シャヒーン、アンジャリです プラニータの母親は売春していました 売春させられていました 母親はHIVに感染し 死期が近づいたとき つまりエイズの最終段階に来た時 もう売春できなくなり 4歳のプラニータをブローカーに売りました 私たちに情報が入り、現場にたどり着くまでに プラニータは既に3人の男にレイプされていました

シャヒーンの背景は私も知りません その数はわかりませんが、彼女は何人もの男にレイプされ 線路で発見されました そのひどさは、彼女の腸が体外に 露出しているほどでした 彼女を病院に連れて行くと 腸を体内に戻すのに32針縫わなくてはなりませんでした 彼女の両親や彼女の身元は、今もわかりません 何百人もの男が彼女の身体を 残酷に扱ったことだけがわかっています

アンジャリの父は酒びたりで 子どもをポルノ業界に売りました ご覧になっているのは 商業的な性的搾取のために取引された 3歳、4歳、5歳の子どもたちの写真です この国では、また世界中で 何百、何千という子どもたちが 3歳や4歳という年齢で 性的奴隷として売られています しかし人間が売買される目的はそれだけではありません 「養子」という名目でも売買されます 臓器売買のためにも売られます 強制労働、 らくだジョッキー、その他あらゆることのためにもです

私は商業的な性的搾取の問題について仕事をしています その場所からのお話をしましょう このような子どもたちと関わる私の旅は ティーンエイジャーの頃始まりました 15歳の時、私は8人の男に集団レイプされました レイプのことは、犯された怒りほどには 思い出しません そう 8人の男が私を汚し、レイプしましたが 一部始終は覚えていません 私は自分を犠牲者だと思わなかったし、今もそうです しかしそれ以来今まで、私を去らないのは―私は今40歳ですが― 巨大な、狂暴な、怒りです

2年間、わたしは村八分にされ、烙印を押され、孤立させられました 犠牲者だからです 私たちは皆、人身売買の生還者をそのように扱うのです 私たちは、社会としては、 犠牲者を犠牲にする専門家なのです 15歳の年から 周囲を見回して、私は 何百、何千もの女性や子どもたちが 性的奴隷の仕事をさせられ 我々が彼女たちを受け入れないために 間断なくそれを続けさせられるのを見てきました

彼女たちの旅はどこから始まるのか? 彼女たちの殆どは、自由放任の家庭の出身で 貧困層からだけではなく 時には中流階級からも人身売買されます この警官の娘は 14歳で、9年生の学生でしたが ある男に言い寄られ、レイプされました そして 家出しました 彼女は、悲劇のヒロインになりたかったのです そして人身売買されたのです とてもいい家庭の出身の子どもたちが 人身売買されるケースが 何百、何千とあります

騙され、そして強制されるのです 彼女たちの99.9パーセントは 抵抗しながら売春の道に引きずり込まれますが 何人かはその代償を払うことになり 殺されます その子たちの事は知られることさえない 声なき、 名前のない人たちです しかしその他の、屈服した女性たちは 拷問の毎日を過ごすことになります そこにくる男たちは、恋人を作ったり 家族を持ちたいのではないのです 彼らはお金で一時間、あるいは一日彼女を買い 使い、投げ捨てるのです

私が救い出した女性たち ―私は3200人以上を救い出しましたが― 誰もが 同様の体験を語るのです (拍手) 必ず 何かを経験しています 膣にチリパウダーを入れる男 タバコの火を押しつけて火傷をさせる男 鞭で打つ男 我々はそういう男たちと生きているのです:自分の兄弟や、父親や、 叔父や、従兄弟や、周りの全てです そして彼らについて沈黙している

売春は楽にお金を稼ぐ― 近道だからだ、と思っているのです その女は好きでやっているんだ、と思うのです しかし、彼女たちはお金だけでなく あらゆる性媒介感染症 HIV、エイズ、梅毒、淋病や 薬物依存、麻薬などあらゆる代償も払います そしてついに、希望を捨ててしまう 我々が彼女になにも与えないから そうして、この搾取を日常として受け入れるようになるのです 彼女は信じるのです:「そうよ これが私の運命なんだわ」 「毎日100人の男にレイプされる、これがあたりまえ 助けがあるなんてありえない リハビリテーションが受けられるなんてありえない」

私はそういう状況で働いています そういう状況から子どもたちを救出します 小さい子どもでは3歳から 40歳の女性まで救出してきました 彼女たちを救出したとき、大きな課題になったのは どこから始めるかでした 彼女たちの多くは HIVに感染していました 救出した犠牲者の3分の1は HIV陽性です だから、私の課題は、どうやって この苦痛から抜け出す力を 得るかを理解することでした 私自身が経験したことが大きな力となりました 自分自身を理解し 自らの苦痛を理解し 孤独を理解することが 最大の教師だったのです 彼女たちと行ったことは それぞれの可能性を理解することでした

この女性は溶接技師の訓練を受けました ハイデラバードの 大きな会社の作業場で 家具を作っています 1万2千ルピーを稼ぎます 読み書きができませんが 訓練を受け、熟練溶接工になりました なぜ溶接で、コンピュータでないのか? 彼女たちが有しているのは 無限大の勇気ではないかと思うのです 彼女たちの体内にはパルダ(女性隔離の習慣)はなく 顔を隠すヴェールもありません 彼女たちはその境界を飛び越えたのです そして男性優位の世界でも非常に簡単に 臆することなく戦うことができたのです

私たちは彼女たちを大工や石工として 訓練し 警備員や運転手として訓練しています 彼女たちのそれぞれが 選んだ分野で優秀であり、 自信を持ち、尊厳を回復し、 自らの人生に希望を再建しています 彼女たちはラムキ建設などの大会社で フルタイムの石工としても働いています

私にとっての課題は何だったのでしょうか? 私を打ちすえた人身売買業者ではありません 今までに14回以上 暴力を受けました 右の耳は聞こえません 救出活動中に殺害された スタッフもいます 私にとって最大の課題は 社会なのです あなたと私の課題です 最大の課題は このような犠牲者を自分たちの一部として 受け入れない社会の態度です

私の友人であり 非常に友好的にしてくれていた ある支持者は 毎月 野菜を買うための2千ルピーを寄付してくれていました 彼女の母親が病気になったとき、彼女は言いました: 「スニータ、あなたには知り合いがたくさんいるわ だれか私の家に来て 母の面倒を見てくれないかしら?」 それから長い沈黙があり 彼女は言いました:「でもあの子たちはだめよ」

このA-Cホールで人身売買について語るのは とてもトレンディです 人身売買は、議論や、講演や、 映画などの格好の材料です なのに彼女たちを家には連れて来たくない 自分の工場や会社で彼女たちを雇いたくない 私たちの子どもには、彼らの子どもと一緒に勉強してほしくない そこで終りです それが私にとって最大の課題でした

今日ここへは スニータクリシュナンとして来ているだけではありません 人身売買の犠牲者や生還者の声として お話をしているのです 彼女たちには思いやりが必要です あなたの共感が必要です そして何よりも 受け入れられることが必要です

人々に話す時にはいつも 一つのことを話します: この問題に対応出来ない理由を 100も挙げるのはよしてください 一つでいい この問題に向き合う方法を 考えてもらえないでしょうか 私はそのためにここに来ていて あなたの支援を求め 支援を要求し、 支援を要請しているのです あなたの沈黙の文化を破れますか? この話を、少なくともあと二人の人に話してくれますか? 話をしてください その人達がさらに二人の人に話すよう説得してください

あなたにマハトマガンジーや、 マーチンルーサーキングやメダパトカールの ようになれとは言いません あなたの身近な世界の中で 心を開いてほしいのです この人達を受け入れてほしいのです 彼らも我々の一部なのだから この世界の一部なのだから ご覧になっているこの子どもたちのために お願いします この子たちはもういません 去年エイズで死にました 慈善や施しではなく 人間として 我々の支援に値する人間として 彼らを受け入れてください いかなる子どもたちにも、いかなる人間にも、 この子たちが体験したようなことが起きないように ありがとう (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画