TED日本語 - ハンス・ロスリング: 宗教と赤ちゃん

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ハンス・ロスリング: 宗教と赤ちゃん

TED Talks

宗教と赤ちゃん
Religions and babies
ハンス・ロスリング
Hans Rosling

内容

ハンス・ロスリングが問います。宗教によって出生率は異なるのか?それは世界の人口増加にどう影響するのか?カタールのドーハで行われた TEDxサミットで、宗教別の時系列チャートを駆使しながら、おなじみのユーモアとシャープな視点で、ハンスが世界の出生率に関する驚きの結論を導き出します。

Script

I'm going to talk about religion. But it's a broad and very delicate subject, so I have to limit myself. And therefore I will limit myself to only talk about the links between religion and sexuality.

(Laughter)

This is a very serious talk. So I will talk of what I remember as the most wonderful. It's when the young couple whisper, "Tonight we are going to make a baby." My talk will be about the impact of religions on the number of babies per woman.

This is indeed important, because everyone understands that there is some sort of limit on how many people we can be on this planet. And there are some people who say that the world population is growing like this -- three billion in 1960,seven billion just last year -- and it will continue to grow because there are religions that stop women from having few babies, and it may continue like this.

To what extent are these people right? When I was born there was less than one billion children in the world, and today,2000, there's almost two billion. What has happened since, and what do the experts predict will happen with the number of children during this century?

This is a quiz. What do you think? Do you think it will decrease to one billion? Will it remain the same and be two billion by the end of the century? Will the number of children increase each year up to 15 years, or will it continue in the same fast rate and be four billion children up there? I will tell you by the end of my speech.

But now, what does religion have to do with it? When you want to classify religion, it's more difficult than you think. You go to Wikipedia and the first map you find is this. It divides the world into Abrahamic religions and Eastern religion, but that's not detailed enough. So we went on and we looked in Wikipedia, we found this map. But that subdivides Christianity, Islam and Buddhism into many subgroups, which was too detailed.

Therefore at Gapminder we made our own map, and it looks like this. Each country's a bubble. The size is the population -- big China, big India here. And the color now is the majority religion. It's the religion where more than 50 percent of the people say that they belong. It's Eastern religion in India and China and neighboring Asian countries. Islam is the majority religion all the way from the Atlantic Ocean across the Middle East, Southern Europe and through Asia all the way to Indonesia. That's where we find Islamic majority. And Christian majority religions, we see in these countries. They are blue. And that is most countries in America and Europe, many countries in Africa and a few in Asia. The white here are countries which can not be classified, because one religion does not reach 50 percent or there is doubt about the data or there's some other reason. So we were careful with that.

So bear with our simplicity now when I take you over to this shot. This is in 1960. And now I show the number of babies per woman here: two,four or six -- many babies, few babies. And here the income per person in comparable dollars. The reason for that is that many people say you have to get rich first before you get few babies. So low income here, high income there.

And indeed in 1960, you had to be a rich Christian to have few babies. The exception was Japan. Japan here was regarded as an exception. Otherwise it was only Christian countries. But there was also many Christian countries that had six to seven babies per woman. But they were in Latin America or they were in Africa. And countries with Islam as the majority religion, all of them almost had six to seven children per woman, irregardless of the income level. And all the Eastern religions except Japan had the same level.

Now let's see what has happened in the world. I start the world, and here we go. Now 1962 -- can you see they're getting a little richer, but the number of babies per woman is falling? Look at China. They're falling fairly fast. And all of the Muslim majority countries across the income are coming down, as do the Christian majority countries in the middle income range. And when we enter into this century, you'll find more than half of mankind down here. And by 2010, we are actually 80 percent of humans who live in countries with about two children per woman.

(Applause)

It's a quite amazing development which has happened. (Applause) And these are countries from United States here, with $ 40,000 per capita, France, Russia, Iran, Mexico, Turkey, Algeria, Indonesia, India and all the way to Bangladesh and Vietnam, which has less than five percent of the income per person of the United States and the same amount of babies per woman.

I can tell you that the data on the number of children per woman is surprisingly good in all countries. We get that from the census data. It's not one of these statistics which is very doubtful.

So what we can conclude is you don't have to get rich to have few children. It has happened across the world.

And then when we look at religions, we can see that the Eastern religions, indeed there's not one single country with a majority of that religion that has more than three children. Whereas with Islam as a majority religion and Christianity, you see countries all the way. But there's no major difference. There's no major difference between these religions. There is a difference with income. The countries which have many babies per woman here, they have quite low income. Most of them are in sub-Saharan Africa. But there are also countries here like Guatemala, like Papua New Guinea, like Yemen and Afghanistan.

Many think that Afghanistan here and Congo, which have suffered severe conflicts, that they don't have fast population growth. It's the other way around. In the world today, it's the countries that have the highest mortality rates that have the fastest population growth. Because the death of a child is compensated by one more child. These countries have six children per woman. They have a sad death rate of one to two children per woman. But 30 years from now, Afghanistan will go from 30 million to 60 million. Congo will go from 60 to 120. That's where we have the fast population growth. And many think that these countries are stagnant, but they are not.

Let me compare Senegal, a Muslim dominated country, with a Christian dominated country, Ghana. I take them backwards here to their independence, when they were up here in the beginning of the 1960s. Just look what they have done. It's an amazing improvement, from seven children per woman, they've gone all the way down to between four and five. It's a tremendous improvement.

So what does it take? Well we know quite well what is needed in these countries. You need to have children to survive. You need to get out of the deepest poverty so children are not of importance for work in the family. You need to have access to some family planning. And you need the fourth factor, which perhaps is the most important factor.

But let me illustrate that fourth factor by looking at Qatar. Here we have Qatar today, and there we have Bangladesh today. If I take these countries back to the years of their independence, which is almost the same year -- '71,'72 -- it's a quite amazing development which had happened. Look at Bangladesh and Qatar. With so different incomes, it's almost the same drop in number of babies per woman.

And what is the reason in Qatar? Well I do as I always do. I went to the statistical authority of Qatar, to their webpage -- It's a very good webpage. I recommend it -- and I looked up -- oh yeah, you can have lots of fun here -- and provided free of charge, I found Qatar's social trends. Very interesting. Lots to read. I found fertility at birth, and I looked at total fertility rate per woman. These are the scholars and experts in the government agency in Qatar, and they say the most important factors are: "Increased age at first marriage, increased educational level of Qatari woman and more women integrated in the labor force." I couldn't agree more. Science couldn't agree more. This is a country that indeed has gone through a very, very interesting modernization.

So what it is, is these four: Children should survive, children shouldn't be needed for work, women should get education and join the labor force and family planning should be accessible.

Now look again at this. The average number of children in the world is like in Colombia -- it's 2.4 today. There are countries up here which are very poor. And that's where family planning, better child survival is needed. I strongly recommend Melinda Gates' last TEDTalk. And here, down, there are many countries which are less than two children per woman. So when I go back now to give you the answer of the quiz, it's two.

We have reached peak child. The number of children is not growing any longer in the world. We are still debating peak oil, but we have definitely reached peak child. And the world population will stop growing. The United Nations Population Division has said it will stop growing at 10 billion. But why do they grow if the number of children doesn't grow?

Well I will show you here. I will use these card boxes in which your notebooks came. They are quite useful for educational purposes. Each card box is one billion people. And there are two billion children in the world. There are two billion young people between 15 and 30. These are rounded numbers. Then there is one billion between 30 and 45, almost one between 45 and 60. And then it's my box. This is me: 60-plus. We are here on top.

So what will happen now is what we call "the big fill-up." You can see that it's like three billion missing here. They are not missing because they've died; they were never born. Because before 1980, there were much fewer people born than there were during the last 30 years. So what will happen now is quite straightforward. The old, sadly, we will die. The rest of you, you will grow older and you will get two billion children. Then the old will die. The rest will grow older and get two billion children. And then again the old will die and you will get two billion children.

(Applause)

This is the great fill-up. It's inevitable. And can you see that this increase took place without life getting longer and without adding children?

Religion has very little to do with the number of babies per woman. All the religions in the world are fully capable to maintain their values and adapt to this new world.

And we will be just 10 billion in this world, if the poorest people get out of poverty, their children survive, they get access to family planning. That is needed. But it's inevitable that we will be two to three billion more. So when you discuss and when you plan for the resources and the energy needed for the future, for human beings on this planet, you have to plan for 10 billion. Thank you very much. (Applause)

宗教の話をしようと思います しかし 非常にデリケートで幅広いテーマです 全ては話せませんのでトピックを絞ることにします 全ては話せませんのでトピックを絞ることにします 宗教とセックスの関係についてだけ話します

(笑)

いいえ これは真剣な話です 私が記憶している中でも最も素晴らしい ー 若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします 若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします 私がお話しするのは宗教が ー 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数に与える影響です

重要なことです 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 世界の人口は このように増加を続けています 世界の人口は このように増加を続けています 1960年は30億人だったのが ー 昨年は70億人に達しました 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます

彼らの言い分は正しいのでしょうか? 私が生まれた頃世界の子供の人口は10億以下でした それが 2000年は20億に近い 何が起きたのでしょう? 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう

これは問題ですあなたは どうなると思いますか? 10億に減ると思いますか? 今世紀末まで20億を維持すると思いますか? 15歳以下の子供の数は年々 増えていくでしょうか? それとも同じ速度で増加を続け ー 40億まで増えると思いますか? 答えは このスピーチの最後にお教えします

では 宗教がどのようにこれと関係しているのでしょう? 世界を宗教で分類するのは ー 思った以上に難しい作業です Wikipediaに行くと最初にこの地図が出てきます 世界はアブラハムの宗教と東洋宗教に分かれています でも これでは大ざっぱすぎます さらにWikipediaで調べてみるとこの地図が出てきました しかし この地図ではキリスト教 イスラム教 仏教が ー さらに細分されています これでは細かすぎます

そこで 私たちは ギャップマインダー独自の地図を作りました それが これです 丸は国です 大きさは人口です中国とインドは大きいです 色は 過半数を占める宗教です 人口の50%以上が信仰する代表的宗教です 人口の50%以上が信仰する代表的宗教です 赤は 東洋宗教で インド 中国 周辺アジア諸国にあります 黄色のイスラム教を信仰する国は ー 大西洋から中東 南ヨーロッパ からアジア インドネシアにまで分布しています これがイスラム教が過半数の国です キリスト教が過半数の国は青です アメリカ ヨーロッパ アフリカ そしてアジアにも少しありますね 白い丸は分類できない国です 50%以上の宗教がない もしくは データに疑いがあるなどの理由です 慎重を期しました

さて このように簡略化した上で図を切り替えましょう これは1960年です これは 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数です 2人 4人 6人のように ー 多い少ないを示します これはドル単位のひとり当たりの所得です こうしたのは 所得が多いほど子供の数が少ないと 言われるからです こちらが低所得でこちらが高所得です

1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした 1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした 日本は例外です ここの 日本以外はキリスト教の国です ここの 日本以外はキリスト教の国です もちろんキリスト教でも ー 6人から7人 生んでいる国もあります ラテンアメリカやアフリカの国です イスラム教は ほぼ全ての国で ー 子供の数が6人から7人でした 所得は関係ありません 東洋宗教も 日本以外は 同じ水準です

では世界の動きを見てみましょう 始めますよ 1962年 ー 少し豊かになりましたね 子供の数はどうでしょう? 中国はどんどん減少しています イスラム教の国は どの所得層も子供の数が減っています 中所得のキリスト教国も子供が減っています 21世紀に入ります 人類の半分以上が下に集中しています 2010年には 人類の80%が ー 子供の数が約2人の国に住んでいます

(拍手)

驚くような変化です (拍手) ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー フランス ロシア イラン メキシコ トルコ アルジェリア インドネシア インド ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで 子供の数は同じです

女性ひとり当たりの子供の数のデータは ー どの国でもかなり正確です 国勢調査のデータですから 不正確な統計ではありません

こう結論できます お金がなくても子供の数は減らせる 世界中で減少していますから

今度は 宗教で見てみましょう 東洋宗教の国は全て ー 子供の数が3人以下です 子供の数が3人以下です イスラム教国とキリスト教国は ー 幅広く分布していますが このふたつの宗教に大きな差はありません このふたつの宗教に大きな差はありません しかし 所得では違いがあります ここの子供を多く産む国は ー かなり所得が少ない ほとんどがサハラ以南のアフリカ諸国です しかし ここには ー グアテマラやパプアニューギニア イエメンやアフガニスタンのような国があります

アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー 人口増加が遅いと思われがちです しかし 逆です 今日の世界では死亡率が高い国ほど ー 人口増加が速いのです ひとり死ぬと ひとり産んで補おうとするからです このような国は子供が6人です 子供の死亡率は女性当たり1人から2人ですが ー 30年後のアフガニスタンの人口は3千万から6千万に増加します コンゴは6千万から1億2千万に増加します 人口が急速に増加しているのはこういった国です こういった国は人口が増えてないと思う人が多いですけどね

次はイスラム教国のセネガルと ー キリスト教国のガーナを比べてみましょう この ふたつの国を独立の時期に戻します 1960年代の初め このふたつの国はここにいました 変化を見て下さい 驚くほどの進歩です 子供が7人だったのが ー 4人から5人に減っています 非常に大きな進歩です

何が理由だったのでしょう? このような国に必要だった条件は分かっています 子供が死なないこと 貧困から抜け出すこと 労働力として子供を必要としなくなるからです 家族計画ができること そして 4つ目の条件が最も重要です

第4の条件は ー カタールの例で説明しましょう これが今日のカタールこれが今日のバングラデシュです このふたつの国を独立の時期に戻します 71年と72年ですからほぼ同時期です 驚くような変化が見られます バングラデシュとカタールを比べて下さい 所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています 所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています

カタールの減少の理由は? いつもと同じ方法で調べました カタール統計局のホームページを見ました いいホームページですよお勧めです そして 私は… ええ すごく楽しめるんですよ 無料でカタールの社会動向が分かります 非常に興味深い情報がたくさんありあす 女性の出産率を見てみました これを書いているのは政府の学者や専門家です 出産率に最も影響を与えているのは ー 初婚年齢の上昇 そして 女性の教育レベルの向上と ー 社会進出だそうです 全く同感です科学的見地からも同感です カタールは非常に興味深い ー 現代化の道を歩みました

4つの条件を見直しましょう 子供が死なないこと 労働力として必要ではないこと 女性が教育を受けて社会進出すること 家族計画ができること

これを もう一度 見て下さい 今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です 今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です 上にあるのは 貧しい国です ここに 家族計画や 子供の生存率向上が必要なのです メリンダ・ゲイツの最近のTEDトークを是非見て下さい ここは 子供が2人以下の国がたくさんあります さて 最初に出した問題の答えです 正解は2です

子供の数は増えません 世界の子供の人口はもう増えないのです 石油の埋蔵量に関しては議論がありますが ー 子供の数はピークに達しました 世界の人口増加は止まります 国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています 国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう?

しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう? お配りしたノートが入っていたこの箱を使って説明します 箱というのは教育に便利なんです ひとつの箱は10億人です 世界には子供が20億います 15歳から30歳の若者も20億です おおよその数です 30歳から45歳は10億です 45歳から60歳も10億に近い これは私の箱です 60歳以上の人々 我々が一番上です

これから起きるのは「大きな穴埋め」と呼ぶ現象です ここの 30億が欠けています 死んだのではなく生まれていないのです 1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです 1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです 話は簡単です 残念ながら我々 年寄りは死にます あなた方も年をとり20億の子供が生まれます 年寄りが死にます 残りは年を取り20億 子供が生まれます また年寄りが死んで20億の子供が生まれます

(拍手)

これが大きな穴埋めです 必ず起きます 寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない 寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない

宗教は 子供の数にはほとんど無関係です 世界のどの宗教も ー そのままの価値観で新しい時代に対応できます

そして 世界人口は100億で止まります もし 貧困がなくなり 子供が生き延びられ家族計画ができたらの話です それは必要です しかし 20億から30億の人口増加は避けられません ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー 100億人分で考えて下さい ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画