TED日本語 - ニック・ヴィーシー: 見えない物を透かし出す

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ニック・ヴィーシー: 見えない物を透かし出す

TED Talks

見えない物を透かし出す
Exposing the invisible
ニック・ヴィーシー
Nick Veasey

内容

ニック・ヴィーシーが紹介するのは特大サイズのX線写真。野生植物の幾何学的配列からボーイング777の骨格まで、ありふれた物体の内側に存在する別世界を明らかにする。こういった写真の撮影は危険であり、骨の折れる仕事ではあるが、そこから得ることができるものは計り知れない。人の目では見ることができないものを目にすることができるのだ。

Script

So,120 years ago, Dr. Rontgen X-rayed his wife's hand. Quite why he had to pin her fingers to the floor with her brooch, I'm not sure. It seems a bit extreme to me. That image was the start of the X-ray technology. And I'm still fundamentally using the same principles today. I'm interpreting it in a more contemporary manner.

The first shot I ever did was of a soda can, which was to promote a brand that we all know, so I'm not going to do them any favors by showing you it. But the second shot I did was my shoes I was wearing on the day. And I do really like this shot, because it shows all the detritus that's sort of embedded in the sole of the sneakers. It was just one of those pot-luck things where you get it right first time.

Moving on to something a bit larger, this is an X-ray of a bus. And the bus is full of people. It's actually the same person. It's just one skeleton. And back in the '60s, they used to teach student radiographers to take X-rays, thankfully not on you and I, but on dead people. So, I've still got access to one of these dead people called Frieda; she's falling apart, I'm afraid, because she's very old and fragile. But everyone on that bus is Frieda. And the bus is taken with a cargo-scanning X-ray, which is the sort of machine you have on borders, which checks for contraband and drugs and bombs and things.

Fairly obvious what that is. So, using large-scale objects does sort of create drama because you just don't see X-rays of big things that often. Technology is moving ahead, and these large cargo scanner X-rays that work with the digital system are getting better and better and better. Again though, to make it come alive you need, somehow, to add the human element. And I think the reason this image works, again, is because Frieda is driving the bulldozer. (Laughter)

Quite a difficult brief, make a pair of men's pants look beautiful. But I think the process, in itself, shows how exquisite they are. Fashion -- now, I'm sort of anti-fashion because I don't show the surface, I show what's within. So, the fashionistas don't really like me because it doesn't matter if Kate Moss is wearing it or if I'm wearing it, it looks the same. (Laughter) We all look the same inside, believe me. The creases in the material and the sort of nuances. And I show things for really what they are, what they're made of. I peel back the layers and expose it. And if it's well made I show it, if it's badly made I show it.

And I'm sure Ross can associate that with design. The design comes from within. It's not just Topshop, I get some strange looks when I go out getting my props. Here I was fumbling around in the ladies' underwear department of a department store, almost got escorted from the premises. I live opposite a farm. And this was the runt of the litter, a piglet that died. And what's really interesting is, if you look at the legs, you'll notice that the bones haven't fused. And should that pig have grown, unfortunately it was dead, it would have certainly been dead after I X-rayed it, with the amount of radiation I used anyway. (Laughter) But once the bones had fused together it would have been healthy.

So, that's an empty parka jacket. But I quite love the way it's posed. Nature is my greatest inspiration. And to carry on with a theme that we've already touched with is how nature is related to architecture. If you look at the roof of the Eden Project, or the British library, it's all this honeycomb structure. And I'm sure those architects are inspired, as I am, by what surrounds us, by nature. This, in fact, is a Victoria water lily leaf that floats on the top of a pond. An amaryllis flower looking really three-dimensional. Seaweed, ebbing in the tide. Now, how do I do this, and where do I do this, and all of that sort of thing.

This is my new, purpose-built, X-ray shed. And the door to my X-ray room is made of lead and steel. It weighs 1,250 kilograms and the only exercise I get is opening and closing it. (Laughter) The walls are 700 millimeters thick of solid dense concrete. So, I'm using quite a lot of radiation. A lot more than you'd get in a hospital or a vet's. And there I am. This is a quite high-powered X-ray machine. What's interesting really about X-ray really is, if you think about it, is that that technology is used for looking for cancer or looking for drugs, or looking for contraband or whatever. And I use that sort of technology to create things that are quite beautiful.

So, still working with film, I'm afraid. Technology in X-ray where it's life-size processed, apart from these large cargo-scanning machines, hasn't moved on enough for the quality of the image and the resolution to be good enough for what I want to do with it, which is show my pictures big. So, I have to use a 1980s drum scanner, which was designed in the days when everyone shot photographs on film. They scan each individual X-ray. And this shows how I do my process of same-size X-rays. So, this is, again, my daughter's dress. Still has the tag in it from me buying it, so I can take it back to the shop if she didn't like it. But there are four X-ray plates. You can see them overlapping.

So, when you move forward from something fairly small, a dress which is this size, onto something like that which is done in exactly the same process, you can see that that is a lot of work. In fact, that is three months solid X-raying. There is over 500 separate components. Boeing sent me a 747 in containers. And I sent them back an X-ray. (Laughter) I kid you not.

Okay, so Frieda is my dead skeleton. This, unfortunately, is basically two pictures. One on the extreme right is a photograph of an American footballer. The one on the left is an x-ray. But this time I had to use a real body. Because I needed all the skin tissue to make it look real, to make it look like it was a real athlete. So, here I had to use a recently deceased body. And getting a hold of that was extremely difficult and laborious. But people do donate their bodies to art and science. And when they do, I'm in the queue. So, I like to use them. (Laughter)

The coloring, so coloring adds another level to the X-rays. It makes it more organic, more natural. It's whatever takes my fancy, really. It's not accurately colored to how it is in real life. That flower doesn't come in bright orange, I don't think. But I just like it in bright orange. And also with something technical, like these are DJ decks, it sort of adds another level. It makes a two dimensional image look more three dimensional.

The most difficult things to X-ray, the most technically challenging things to X-ray are the lightest things, the most delicate things. To get the detail in a feather, believe me, if there is anyone out here who knows anything about X-rays, that's quite a challenge. I'm now going to show you a short film, I'll step to the side.

Video: (Music) The thing in there is very dangerous. If you touch that, you could possibly die through radiation poisoning. In my career I've had two exposures to radiation, which is two too many, because it stays with you for life. It's cumulative.

(Music) It has human connotations. The fact that it's a child's toy that we all recognize, but also it looks like it's a robot, and it comes from a sci-fi genus. It's a surprise that it has humanity, but also man-made, future, alien associations. And it's just a bit spooky.

(Music) The bus was done with a cargo-scanning X-ray machine, which is used on the borders between countries, looking for contraband and illegal immigrants. The lorry goes in front of it. And it takes slices of X-rays through the lorry. And that's how this was done. It's actually slice, slice. It's a bit like a CT scanner in a hospital. Slices. And then if you look carefully, there is all little things. He's got headphones on, reading the newspaper, got a hat on, glasses, got a bag. So, these little details help to make it work, make it real.

(Music) The problem with using living people is that to take an X-ray, if I X-ray you, you get exposed to radiation. So, to avoid that -- I have to avoid it somehow -- is I use dead people. Now, that's a variety of things, from recently deceased bodies, to a skeleton that was used by student radiographers to train in taking X-rays of the human body, at different densities.

(Music) I have very high-tech equipment of gloves, scissors and a bucket.

(Music) I will show how the capillary action works, how it feeds, I'll be able to get all the cells inside that stem. Because it transfers food from its roots to its leaves. Look at this monster.

(Music) It's so basic. It just grows wild. That's what I really like about it, the fact that I haven't got to go and buy it, and it hasn't been genetically modified at all. It's just happening. And the X-ray shows how beautiful nature can be. Not that that is particularly beautiful when you look at it with the human eye, the way the leaves form. They're curling back on each other. So the X-ray will show the overlaps in these little corners. The thicker the object, the more radiation it needs, and the more time it needs. The lighter the object, the less radiation. Sometimes you keep the time up, because the time gives you detail. The longer the exposure goes on for, the more detail you get.

(Music) If you look at this, just the tube, it is quite bright. But I could get a bit darker in the tube, but everything else would suffer. So, these leaves at the edge would start to disappear. What I like is how hard the edges are, how sharp. Yeah, I'm quite pleased with it.

(Music) I travel beyond the surface and show something for what it's worth, for what it's really made of, how it really works. But also I find that I've got the benefit of taking away all the surface, which is things that people are used to seeing.

And that's the sort of thing I've been doing. I've got the opportunity now to show you what I'm going to be doing in the future. This is a commercial application of my most recent work. And what's good about this, I think, is that it's like a moment in time, like you've turned around, you've got X-ray vision and you've taken a picture with the X-ray camera. Unfortunately I haven't got X-ray vision. I do dream in X-ray. I see my projects in my sleep. And I know what they're going to look like in X-ray and I'm not far off.

So, what am I doing in the future? Well, this year is the 50th anniversary of Issigonis's Mini, which is one of my favorite cars. So, I've taken it apart, component by component, months and months and months of work. And with this image, I'm going to be displaying it in the Victoria and Albert Museum as a light box, which is actually attached to the car. So, I've got to saw the car in half, down the middle, not an easy task, in itself. And then, so you can get in the driver's side, sit down, and up against you is a wall. And if you get out and walk around to the other side of the car, you see a life-sized light box of the car showing you how it works.

And I'm going to take that idea and apply it to other sort of iconic things from my life. Like, my first computer was a big movement in my life. And I had a Mac Classic. And it's a little box. And I think that would look quite neat as an X-ray. I'm also looking to take my work from the two-dimensional form to a more three-dimensional form. And this is quite a good way of doing it. I'm also working now with X-ray video. So, if you can imagine, some of these flowers, and they're actually moving and growing and you can film that in X-ray, should be quite stunning. But that's it. I'm done. Thank you very much. (Applause)

120年前 レントゲン博士が 自分の妻の手をX線写真に撮りました なぜ 床に指をブローチで留める必要があったのか 定かではありません でも やり過ぎですね この写真からX線技術が始まりました 基本的にはそれと同じ技術を 私も使用しています 少しだけ現代的なやり方に変わってはいます

最初に撮影したのは 炭酸飲料のカンで 皆さんご存じのブランドを宣伝するためでした 今日は その宣伝は止めておきます 二つ目に撮影したのは その日 履いていたスニーカー お気に入りの写真です なぜなら 靴底にこびりついた あらゆる有機物が 写真には写っているからです 初心者のまぐれ当たりの 一枚というわけです

もう少し大きな物を紹介しましょう バスのX線写真です バスは満員ですが 乗っているのは同じ人物 同じ骨格です 60年代には X線技師の卵たちが X線写真の取り方を 学んでいましたが 幸いにも被写体は 生身の人間ではなく 死んだ人でした 私も骸骨を使っていて フリーダという名前です とても古くて脆くなって バラバラになってきました とにかく バスに乗っているのは皆 フリーダです 貨物用のX線装置を使って バスを撮影しました 国境に設置されている類の機械で 密輸とか 麻薬や爆弾などをチェックする機械です

これは説明不要ですね 規模の大きな物体を使うことで ある種のドラマが生まれます 大きな物のX線写真を見る機会はありませんから テクノロジーは進歩しています こういった大規模のX線貨物検査装置は デジタルなので 性能はどんどん向上しています でも やっぱり面白味を出すには 人間的な要素を加えることです この写真が面白いのも フリーダがブルドーザを運転しているからです (笑い)

信じがたいかもしれませんが 男性下着も美しく見えます それ自体に内在するプロセスこそが 下着も美しくさせるのです 私は ファッションについては肯定派ではありません 表面ではなく 内面を見ようとしているからです だから 流行に敏感な人たちは私を嫌っているのです ケイト モスが着ようが 私が着ようが 同じようにしか見えません (笑い) 内面は誰も同じに見えます 本当です 素材のしわや ニュアンスといったものや 物の本質 本当は何でできているのか 皮を剥いで 中身を露出させるのです できが良いのも 悪いのもあります

デザインに関してはロスなら くみ取ってくれるでしょう デザインは内側からでてくるものです 外側だけではありません 撮影材料を探していると 変な顔をされます デパートの女性用下着売り場を物色していたら もう少しで つまみ出されるところでした 農場の近くに住んでいますが そこの子豚です 死んでしまっていました 興味深いことは 足を見てみると 骨が接合していないことに気付かれるでしょう この 可哀想な豚が成長していたとしても いずれは死ぬ運命だったのです 撮影でX線をたっぷり使いましたから (笑い) しかし 骨がくっついていたなら 元気になっていたことでしょう

人の入っていないパーカー ジャケットです ポーズがいいですね 一番触発されるのは自然です 元の話に戻って 自然と建造物の関連について話しましょう エデン プロジェクトや英国図書館の 屋根は すべてハニカム構造です 建築家たちは 私と同じく 我々を取り巻く 自然からヒントを得たのでしょう 池の上に浮かぶ オオオニバスの葉です 立体に見えるアマリリスの花です 引き潮にさらわれる海草 では 撮影方法 場所 そういったことを話しましょう

撮影のために新築したX線小屋です X線撮影室へのドア 鉛と鉄でできています 1250キロあり 私が唯一 体を動かすのはドアを開閉する時です (笑い) 壁は 厚さ700ミリの高密度コンクリート 大量の放射線を使用します 病院や獣医より ずっと大量に使います 私です 非常に高出力のX線装置です X線について興味深いことは このテクノロジーは 癌を検査したり 麻薬や密輸品などを 探すためのものであるということです 私の場合は このテクノロジーを 非常に美しい物を創造するために使っています

まだフィルムを使用しています 等身大の処理をおこなう場合 X線の技術は こういった大型の貨物用X線装置は別にして 十分な画質が得られるほど進歩していません 私が必要としている解像度も得ることができないのです 画像を大きくしたいのです このため 1980年代のドラム スキャナを使用しているのです カメラといえばフィルムであった時代のものです それぞれのX線を個別にスキャンします 実物大X線写真をどうやって撮影しているかが分かります 娘のドレスです 買ってあげたときのタグがついたままですから 娘が気に入らなければ 返品することもできます 4つのX線プレートがあって 重なり合っています

このドレスのような小さな物から これくらいの大きさの物まで 全く同じ方法で作業を行います 大変な作業であることがお分かりいただけると思います これには3カ月要しました 500個以上の部品が存在します 777がボーイングからコンテナで送られてきました 私は代わりにX線写真を送り返しました (笑い)本当ですよ

先ほど フリーダが骸骨だと言いました これは二つの写真でできています 右端は アメフト選手の写真 左側はX線写真です この撮影では 本当の体を使う必要がありました 皮膚細胞がなければ 本物の運動選手のようには見えないからです 骸骨ではなく 遺体を使う必要がありました 入手は非常に困難で面倒でした しかし 芸術科学のために献体してくれる人がいます 私も順番を待っている一人です ですから 遠慮なく献体を利用します (笑い)

カラー化することでX線も違った印象を与えます 有機的で 自然な感じになります 自分の好きなものを撮っています 実際の色を忠実に再現しているわけではありません この花は 鮮やかなオレンジにはなりませんね でも 鮮やかなオレンジが綺麗だと思いました DJデッキのような機器も 違った様相を見せてくれます 二次元のイメージが三次元のように見えます

X線技術で最も難しいこと 技術的な課題であったことは 軽い物体 壊れやすい物体を撮影することです 羽毛を詳細に撮影するということが X線について多少の知識がある方であれば 本当に難しいことがお分かりいただけるでしょう ショートフィルムをご覧ください

ビデオ: (ミュージック) 中にあるのは危険な物 触れれば 命がなくなるかも 放射線を浴びてしまう 今までに二度 被曝した たった二度でも 人生の消えない傷になる 蓄積されるのだ

(ミュージック) 人間的だ 玩具であることは分かっている でも ロボットのように見える SFに出てくるような類のものだ 人間的でありながら 人工的で未来や異星人を彷彿させる 薄気味悪い

(ミュージック) バスの撮影には 貨物用X線装置を使用した 国境で 密輸品や密航者を検査する装置だ 車体をX線装置の前に置いて スライスした断面を撮影した それが撮影の方法だ スライス スライス 病院のCTスキャナと変わりはない スライス よく見ると 細かなことに気付く ヘッドフォンをしている人 新聞を読んでいる人 帽子や眼鏡 バッグを持った人 こういった詳細によって リアルな表現ができる

(ミュージック) 生きている人間を撮影する上での問題は 撮影時に被曝してしまうことだ それを回避するため なんとかしなければならない そこで 死んだ人を使うことになった 様々なものがある 最近亡くなった人の遺体から 撮影技師の卵たちが 濃度を変えて 人体のX線撮影を練習するために 使っていた骸骨まで

(ミュージック) ゴム手にハサミとバケツ 僕のハイテクグッズさ

(ミュージック) 毛細管の働きが分かる どうやって養分を運ぶのか 茎の中にある細胞も捉えられる 根から葉に養分を運んでいる モンスターだ

(ミュージック) 基本的なこと これは自然に生えている だからこそ 私は愛する どこかで買ってきた物ではない 遺伝子操作されたものでもない たまたま 生まれた X線によって 自然がいかに美しいかが分かる 目で見たときには それほど美しいとは思わない 葉っぱの形状 カールしているのがX線写真にすると 角のところで重なっているのが分かる 厚さが増すほど 放射線の量も増え 照射時間も長くなる 軽い物体には 放射線は少なくて済む 時間をかけることで詳細がはっきりする 長い時間 放射線にあてれば さらに詳細になる

(ミュージック) ただの管にしか過ぎないが 非常に明るい 少し暗くすると 他の部分が消える 葉の先端部分が消えてゆくのだ 先端がくっきりと はっきりしているのが好みだ そう これで良い

(ミュージック) 表面に隠れたものを探り その価値を明らかにする 何でできているのか どうやって動くのか しかし また 表面をはぎ取ることで 得られることもあることが分かった 表面とは 人々が見慣れていた物だ

これが 私のやっていること ではここで 将来 やろうとしていることを紹介します コマーシャルに使われた最近の作品です この作品の良い点は ある瞬間を捉えたように見えることです X線の視覚を持ち合わせたかのようです X線のカメラで写真を撮ったようです 残念ながら 私にはX線の眼力はありません X線の夢は見ます プロジェクトを夢で見るのです なので X線ではどう見えるかは分かっています もう少しなのです

さて 次に何をするかですが 今年は イシゴニス ミニの50周年です 私の好きな車です この車をばらばらに分解しました 何ヶ月も 何ヶ月もかかりました この車のX線写真を ヴィクトリア アンド アルバート博物館に展示の予定です 写真を照らすライトボックスを 車に取り付けます 車は真ん中から縦に二つに切りました それだけでも 骨の折れる仕事です 運転席側に入って 座ります そうすると 壁があります 車から出て 外側をぐるりと回ります 車に取り付けた実物大のライトボックスがあって どうやって動くのかを知ることができます

このアイデアを 私の人生において 記念すべき物にも応用することにしました 例えば 初めてコンピュータを手に入れた時は衝撃的でした マック クラシックです 小さな箱形でした X線で撮影すれば かっこいいものになると思います その他には 二次元の作品から 三次元の作品へと 軸を移したいと考えています これは非常によいやり方だと思います X線ビデオにも取りかかっています 想像してください こういった花が 成長してゆく様を X線撮影できれば さぞ素晴らしい物になることでしょう 今日はここまでです ありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画