TED日本語 - JR: 世界をひっくり返した 1年

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - JR: 世界をひっくり返した 1年

TED Talks

世界をひっくり返した 1年
One year of turning the world inside out
JR
JR

内容

ストリート・アーティストのJRが2011年に望んだこと,それは「世界規模の写真プロジェクトにあなたも参加して,世界に真実を知らしめよう」ということです。 TED Prize wish から1年,巨大な顔のポスターを公共の場に貼ることで,地域と連帯して変化をもたらし,世界をひっくり返せることをJRは見せてくれます。参加は insideoutproject.net からどうぞ。

Script

Twelve years ago, I was in the street writing my name to say, "I exist." Then I went to taking photos of people to paste them on the street to say, "They exist." From the suburbs of Paris to the wall of Israel and Palestine, the rooftops of Kenya to the favelas of Rio, paper and glue -- as easy as that.

I asked a question last year: Can art change the world? Well let me tell you, in terms of changing the world there has been a lot of competition this year, because the Arab Spring is still spreading, the Eurozone has collapsed ... what else? The Occupy movement found a voice, and I still have to speak English constantly. So there has been a lot of change.

So when I had my TED wish last year, I said, look, I'm going to switch my concept. You are going to take the photos. You're going to send them to me. I'm going to print them and send them back to you. Then you're going to paste them where it makes sense for you to place your own statement.

This is Inside Out. One hundred thousand posters have been printed this year. Those are the kind of posters, let me show you. And we keep sending more every day. This is the size. Just a regular piece of paper with a little bit of ink on it. This one was from Haiti.

When I launched my wish last year, hundreds of people stood up and said they wanted to help us. But I say it has to be under the conditions I've always worked: no credit, no logos, no sponsoring. A week later, a handful of people were there ready to rock and empower the people on the ground who wanted to change the world. These are the people I want to talk about to you today.

Two weeks after my speech, in Tunisia, hundreds of portraits were made. And they pasted [ over ] every single portrait of the dictator [ with ] their own photos. Boom! This is what happened. Slim and his friends went through the country and pasted hundreds of photos everywhere to show the diversity in the country. They really make Inside Out their own project. Actually, that photo was pasted in a police station, and what you see on the ground are ID cards of all the photos of people being tracked by the police.

Russia. Chad wanted to fight against homophobia in Russia. He went with his friends in front of every Russian embassy in Europe and stood there with the photos to say, "We have rights." They used Inside Out as a platform for protest.

Karachi, Pakistan. Sharmeen is actually here. She organized a TEDx action out there and made all the unseen faces of the city on the walls in her town. And I want to thank her today.

North Dakota. Standing Rock Nation, in this Turtle Island, [ unclear name ] from the Dakota Lakota tribe wanted to show that the Native Americans are still here. The seventh generation are still fighting for their rights. He pasted up portraits all over his reservation. And he's here also today. Each time I get a wall in New York, I use his photos to continue spreading the project.

Juarez: You've heard of the border -- one of the most dangerous borders in the world. Monica has taken thousands of portraits with a group of photographers and covered the entire border. Do you know what it takes to do this? People, energy, make the glue, organize the team. It was amazing.

While in Iran at the same time Abololo -- of course a nickname -- has pasted one single face of a woman to show his resistance against the government. I don't have to explain to you what kind of risk he took for that action.

There are tons of school projects. Twenty percent of the posters we are receiving comes from schools. Education is so essential. Kids just make photos in a class, the teacher receives them, they paste them on the school. Here they even got the help of the firemen. There should be even more schools doing this kind of project.

Of course we wanted to go back to Israel and Palestine. So we went there with a truck. This is a photobooth truck. You go on the back of that truck, it takes your photo,30 seconds later take it from the side, you're ready to rock. Thousands of people use them and each of them signs up for a two-state peace solution and then walk in the street. This is march, the 450,000 march -- beginning of September. They were all holding their photo as a statement. On the other side, people were wrapping up streets, buildings. It's everywhere. Come on, don't tell me that people aren't ready for peace out there.

These projects took thousands of actions in one year, making hundreds of thousands of people participating, creating millions of views. This is the biggest global art participatory project that's going on.

So back to the question, "Can art change the world?" Maybe not in one year. That's the beginning. But maybe we should change the question. Can art change people's lives? From what I've seen this year, yes. And you know what? It's just the beginning. Let's turn the world inside out together. Thank you.

(Applause)

12年前は ストリートで自分の名前を 書いていました 「自分は存在する」と言うために その後 人々の写真を撮って ストリートに貼りました 「彼らが存在する」と言うためです パリの郊外で イスラエルとパレスチナの壁で ― ケニヤの屋根で ― リオの貧民街で ― 紙とノリだけ ― 簡単です

去年 ある問いかけをしました アートは世界を変えられるか? ただ ― 世界を変えようにも 今年は 競う相手が多いんです アラブの春は 拡大中 ― ユーロ圏は崩壊して … 他には? 占拠運動は 自分の言葉で主張をはじめましたが 僕はまだ 常に英語を話す羽目になっています とにかく いろいろな変化がありました

だから去年 TED wish で コンセプトを変えることを宣言しました 皆さんが 写真を撮り 僕に写真を送るんです 僕は印刷して 送り返すので 皆さんは 自分の主張を表現するのに ふさわしい場所に 写真を貼るのです

これが Inside Outです 今年は 10万枚のポスターを印刷しました こんなポスターです 見てください 毎日 どんどん送っています この大きさです 普通の紙に 少しのインク それだけです これは ハイチから

去年 自分の願いを発表したところ たくさんの人が 手伝いたいと言ってくれました ただし 僕自身が守ってきた 条件の下で やってもらっています クレジットもロゴもスポンサーも 無しです 1週間後 ひと握りの人が集まって 世界を変えようとする ― 地上の人々に 力を与えました 今日話したいのは こういう人達のことです

スピーチの2週間後 チュニジアで 何百というポートレートが 制作されました そして 独裁者の肖像という肖像に ― 自分達の写真を貼ったのです どうです!見てください スリムは 友達と 国内を巡って いたるところに写真を貼りました 自分達の国の多様性を 示すためです 彼らは Inside Out を 自分達のものにしています 実は この写真は 警察署に貼られていて 床の上にあるのは 警察に追跡された人の 写真つきIDカードです

ロシア ―チャドは国内の同性愛嫌悪に対抗しようと考えました 友達とヨーロッパ中のロシア大使館に出かけ 写真を掲げました 彼らの主張は 「我々にも 権利がある」 彼らは Inside Out を抗議運動の足がかりにしました

パキスタン カラチ ― 実はシャミーンは 会場に来ています 彼女はカラチで TEDxの活動を組織し 普段 気にも留めない住民の顔を 自分の町の壁に貼りました 今日この場を借りて 彼女に感謝します

ノースダコタ州 スタンディングロック居留地 ― 「亀の島」アメリカではダコタ・ラコタ族の ディジトヴィアスが アメリカ先住民は 今もここにいると訴えました 7世代目にあたる人々が権利を求めて 闘争中です 彼は 居留地全域にポートレートを貼りました 今日は 彼も来てくれました 僕は ニューヨークに来るたびに壁を見つけては 彼の写真を使って プロジェクトを広めています

フアレス ― 聞き覚えがあるはずです 世界で最も危険な国境のひとつです モニカは 写真家グループとともに何千ものポートレートを撮影し 国境を 覆いつくしました 必要なものは わかりますよね? 人やエネルギー ノリを作り チームを編成することです すごいことです

その時 イランでは アブロロが ― 当然ニックネームですが ― 一人の女性の顔を貼りだして 政府への抵抗を表明しました 彼がどれほど危険を冒したかは言うまでもありません

学校でのプロジェクトもたくさんあります 扱ったポスターの2割は 学校からです 教育は とても大切です 子どもがクラスで撮影し 先生がポスターを受け取って 校舎に貼ります ここでは消防士の手も借りています こんなプロジェクトに取り組む学校が 増えるといいですね

僕達は イスラエルとパレスチナにもう一度 行こうと考えました 今回はトラックで行きましたこれはフォトブース・トラックです 後ろに乗ると 写真が撮れます 30秒後に受け取って 準備OK 数千人が利用し ― 2国間解決案に 署名して ストリートに向かいました 45万人の行進 ― 9月のはじめです 写真を声明として掲げています こちらでは ストリートや建物に写真を貼っています あらゆる場所です あっちは 平和の準備ができてないなんて言ってはいけません

プロジェクトは 1年で数千の行動を引き起こし 何万人もの人が参加して 数百万ビューを生み出しています 現在進行中のものでは 世界最大規模の参加型アートプロジェクトです

ここで はじめの問いに戻りましょう「アートは世界を変えられるか?」 1年では たぶん無理です ほんのはじまりに過ぎません ただ 質問を変える必要があるかもしれません アートは 人生を変えられるか? 今年見てきた限り 答えはイエス そしてこれはまだ はじめの一歩なんです 一緒に世界をひっくり返しましょう ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画