TED日本語 - ルーシー・マクレー: 生物学とテクノロジーの融合

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ルーシー・マクレー: 生物学とテクノロジーの融合

TED Talks

生物学とテクノロジーの融合
How can technology transform the human body?
ルーシー・マクレー
Lucy McRae

内容

TED Fellowのルーシー・マクレーはボディアーキテクト(身体設計者)です。彼女が模索しているのは生物学とテクノロジーを体内で融合する方法です。このプレゼンで彼女が紹介してくれる刺激的な作品は、ポップスターのロビンと共同開発した身体を内側から再定義するコスチュームや、飲めば香り発する汗がでる錠剤香水などなど。

Script

I call myself a body architect. I trained in classical ballet and have a background in architecture and fashion. As a body architect, I fascinate with the human body and explore how I can transform it. I worked at Philips Electronics in the far-future design research lab, looking 20 years into the future. I explored the human skin, and how technology can transform the body. I worked on concepts like an electronic tattoo, which is augmented by touch, or dresses that blushed and shivered with light. I started my own experiments. These were the low-tech approaches to the high-tech conversations I was having. These are Q-tips stuck to my roommate with wig glue. (Laughter) I started a collaboration with a friend of mine, Bart Hess -- he doesn't normally look like this -- and we used ourselves as models. We transformed our apartments into our laboratories, and worked in a very spontaneous and immediate way. We were creating visual imagery provoking human evolution. Whilst I was at Philips, we discussed this idea of a maybe technology, something that wasn't either switched on or off, but in between. A maybe that could take the form of a gas or a liquid. And I became obsessed with this idea of blurring the perimeter of the body, so you couldn't see where the skin ended and the near environment started. I set up my studio in the red-light district and obsessively wrapped myself in plumbing tubing, and found a way to redefine the skin and create this dynamic textile. I was introduced to Robyn, the Swedish pop star, and she was also exploring how technology coexists with raw human emotion. And she talked about how technology with these new feathers, this new face paint, this punk, the way that we identify with the world, and we made this music video. I'm fascinated with the idea of what happens when you merge biology with technology, and I remember reading about this idea of being able to reprogram biology, in the future, away from disease and aging. And I thought about this concept of, imagine if we could reprogram our own body odor, modify and biologically enhance it, and how would that change the way that we communicate with each other? Or the way that we attract sexual partners? And would we revert back to being more like animals, more primal modes of communication? I worked with a synthetic biologist, and I created a swallowable perfume, which is a cosmetic pill that you eat and the fragrance comes out through the skin's surface when you perspire. It completely blows apart the way that perfume is, and provides a whole new format. It's perfume coming from the inside out. It redefines the role of skin, and our bodies become an atomizer. I've learned that there's no boundaries, and if I look at the evolution of my work i can see threads and connections that make sense. But when I look towards the future, the next project is completely unknown and wide open. I feel like I have all these ideas existing embedded inside of me, and it's these conversations and these experiences that connect these ideas, and they kind of instinctively come out. As a body architect, I've created this limitless and boundless platform for me to discover whatever I want. And I feel like I've just got started. So here's to another day at the office. (Laughter) (Applause) Thank you! Thank you!

私は自称ボディアーキテクトです クラシックバレーを踊ったり 建築・ファッションを学んできました クラシックバレーを踊ったり 建築・ファッションを学んできました ボディアーキテクトとして 人体に興味を持ち 人体を変容する方法を探っています 20年も先のことを見据えた フィリップスの超未来デザイン研究ラボで 働いていたこともあります テクノロジーが人体を変容しうる方法や皮膚について研究していました 触ると反応する電子タトゥーを初め 光を当てると 震え輝くドレスなどもありました 私は自分でも実験を始めました 先ほどのものよりローテクなアプローチになりますが こちらは糊付けした綿棒に覆われた友達です (笑) 友人のバート・ヘスとのコラボを始めました いつもこんな格好してるわけじゃありませんよ モデルには私たち自身を起用しました いつでも直感的に活動できるように 私たちのアパートを改造してラボにしました 人類の進化を喚起させるような 視覚的モデルをつくりました フィリップスに勤めている時に多分テクノロジー関連だと思うのですが… オン・オフの中間というアイディアの議論をしました ガスや液体という形をとるかもしれません こうして体のラインを包み ぼかすという発想の虜となりました こうすれば皮膚と空間との境目が見えなくなります 私は歓楽街のアパートに引っ越し 自身を配管用チューブで巻き上げまくりました こうしてこのダイナミックな質感をもって 皮膚を再定義する方法に行き当たったのです スウェーデンのポップスターのロビンを紹介されました 彼女自身もテクノロジーと 人間の生の感情との共存の方法を模索していました こういった羽 新たなフェイスペイント パンクといった 新たな身体的定義としてのテクノロジーについて話し合いました そして私たちはPVを作りました 私は生物学とテクノロジーの融合という コンセプトの可能性に魅力を感じています 生物学の再定義によって 病気や老いが なくなるかもしれないと書かれた記事は今でも覚えています このコンセプトを考えた際 自身の体臭を再プログラムすることで 生物学的により優れたものにできたとしたら コミュニケーションにはどのように影響するのでしょうか? 性的な魅力への影響はどうでしょうか? もしくはより原始的で動物のような コミニュケーションへと退化するのでしょうか? 私は合成生物学者と働いていたことがあります そこでは飲むタイプの香水を開発していました これは体内に取り込むことによって 発汗時に皮膚の表面から香りがでる仕組みになっています 既存の香水とは全く異なる新たな香水体験を 提供しました 体内から香りを放出する香水です こうして皮膚の役割をアトマイザーとして再定義したのです この経験を通じて限界はないということを学びました 私の研究の発展を振り返れば ここに行き着くまでの過程が見えてきます しかしこの先はというと 無限に広がる未知の体験なのです もしくはより原始的で動物のような コミュニケーションや新たな体験を通じて 内に眠るアイディアが結晶化し 直感的に浮かんでくるんです ボディーアーキテクトとして 私の望むものを見つけるために 限界のないプラットフォームを作りました まさに始まったばかりのような新鮮な気持ちがします こちらは仕事中の私の様子です (笑) (拍手) ありがとう ありがとう

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画