TED日本語 - マルセル・ディック: 虫を食べよう

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マルセル・ディック: 虫を食べよう

TED Talks

虫を食べよう
Why not eat insects?
マルセル・ディック
Marcel Dicke

内容

マルセル・ディックが、皆さんの食生活に「虫」を取り入れる方法を論じます。彼は気難し屋のシェフや食わず嫌いの食通たちへメッセージを送ります:イナゴやいも虫などは 肉に負けない風味や栄養があって その上 環境にもやさしいのです

Script

Okay, I'm going to show you again something about our diets. And I would like to know what the audience is, and so who of you ever ate insects? That's quite a lot. (Laughter) But still, you're not representing the overall population of the Earth. (Laughter) Because there's 80 percent out there that really eats insects. But this is quite good. Why not eat insects? Well first, what are insects? Insects are animals that walk around on six legs. And here you see just a selection. There's six million species of insects on this planet,six million species. There's a few hundreds of mammals -- six million species of insects. In fact, if we count all the individual organisms, we would come at much larger numbers. In fact, of all animals on Earth, of all animal species,80 percent walks on six legs. But if we would count all the individuals, and we take an average weight of them, it would amount to something like 200 to 2,000 kilograms for each of you and me on Earth. That means that in terms of biomass, insects are more abundant than we are, and we're not on a planet of men, but we're on a planet of insects. Insects are not only there in nature, but they also are involved in our economy, usually without us knowing. There was an estimation, a conservative estimation, a couple of years ago that the U.S. economy benefited by 57 billion dollars per year. It's a number -- very large -- a contribution to the economy of the United States for free. And so I looked up what the economy was paying for the war in Iraq in the same year. It was 80 billion U.S. dollars. Well we know that that was not a cheap war. So insects, just for free, contribute to the economy of the United States with about the same order of magnitude, just for free, without everyone knowing. And not only in the States, but in any country, in any economy. What do they do? They remove dung, they pollinate our crops. A third of all the fruits that we eat are all a result of insects taking care of the reproduction of plants. They control pests, and they're food for animals. They're at the start of food chains. Small animals eat insects. Even larger animals eat insects. But the small animals that eat insects are being eaten by larger animals, still larger animals. And at the end of the food chain, we are eating them as well. There's quite a lot of people that are eating insects. And here you see me in a small, provincial town in China, Lijiang -- about two million inhabitants. If you go out for dinner, like in a fish restaurant, where you can select which fish you want to eat, you can select which insects you would like to eat. And they prepare it in a wonderful way. And here you see me enjoying a meal with caterpillars, locusts, bee pupae -- delicacies. And you can eat something new everyday. There's more than 1,000 species of insects that are being eaten all around the globe. That's quite a bit more than just a few mammals that we're eating, like a cow or a pig or a sheep. More than 1,000 species -- an enormous variety. And now you may think, okay, in this provincial town in China they're doing that, but not us. Well we've seen already that quite some of you already ate insects maybe occasionally, but I can tell you that every one of you is eating insects, without any exception. You're eating at least 500 grams per year. What are you eating? Tomato soup, peanut butter, chocolate, noodles -- any processed food that you're eating contains insects, because insects are here all around us, and when they're out there in nature they're also in our crops. Some fruits get some insect damage. Those are the fruits, if they're tomato, that go to the tomato soup. If they don't have any damage, they go to the grocery. And that's your view of a tomato. But there's tomatoes that end up in a soup, and as long as they meet the requirements of the food agency, there can be all kinds of things in there, no problem. In fact, why would we put these balls in the soup, there's meat in there anyway? (Laughter) In fact, all our processed foods contain more proteins than we would be aware of. So anything is a good protein source already.

Now you may say, "Okay, so we're eating 500 grams just by accident." We're even doing this on purpose. In a lot of food items that we have -- I have only two items here on the slide -- pink cookies or surimi sticks or, if you like, Campari -- a lot of our food products that are of a red color are dyed with a natural dye. The surimi sticks [ of ] crabmeat, or is being sold as crab meat, is white fish that's being dyed with cochineal. Cochineal is a product of an insect that lives off these cacti. It's being produced in large amounts,150 to 180 metric tons per year in the Canary Islands in Peru, and it's big business. One gram of cochineal costs about 30 euros. One gram of gold is 30 euros. So it's a very precious thing that we're using to dye our foods.

Now the situation in the world is going to change for you and me, for everyone on this Earth. The human population is growing very rapidly and is growing exponentially. Where, at the moment, we have something between six and seven billion people, it will grow to about nine billion in 2050. That means that we have a lot more mouths to feed, and this is something that worries more and more people. There was an FAO conference last October that was completely devoted to this. How are we going to feed this world? And if you look at the figures up there, it says that we have a third more mouths to feed, but we need an agricultural production increase of 70 percent. And that's especially because this world population is increasing, and it's increasing, not only in numbers, but we're also getting wealthier, and anyone that gets wealthier starts to eat more and also starts to eat more meat. And meat, in fact, is something that costs a lot of our agricultural production.

Our diet consists, [ in ] some part, of animal proteins, and at the moment, most of us here get it from livestock, from fish, from game. And we eat quite a lot of it. In the developed world it's on average 80 kilograms per person per year, which goes up to 120 in the United States and a bit lower in some other countries, but on average 80 kilograms per person per year. In the developing world it's much lower. It's 25 kilograms per person per year. But it's increasing enormously. In China in the last 20 years, it increased from 20 to 50, and it's still increasing. So if a third of the world population is going to increase its meat consumption from 25 to 80 on average, and a third of the world population is living in China and in India, we're having an enormous demand on meat. And of course, we are not there to say that's only for us, it's not for them. They have the same share that we have.

Now to start with, I should say that we are eating way too much meat in the Western world. We could do with much, much less -- and I know, I've been a vegetarian for a long time, and you can easily do without anything. You'll get proteins in any kind of food anyway. But then there's a lot of problems that come with meat production, and we're being faced with that more and more often. The first problem that we're facing is human health. Pigs are quite like us. They're even models in medicine, and we can even transplant organs from a pig to a human. That means that pigs also share diseases with us. And a pig disease, a pig virus, and a human virus can both proliferate, and because of their kind of reproduction, they can combine and produce a new virus. This has happened in the Netherlands in the 1990s during the classical swine fever outbreak. You get a new disease that can be deadly. We eat insects -- they're so distantly related from us that this doesn't happen. So that's one point for insects.

(Laughter)

And there's the conversion factor. You take 10 kilograms of feed, you can get one kilogram of beef, but you can get nine kilograms of locust meat. So if you would be an entrepreneur, what would you do? With 10 kilograms of input, you can get either one or nine kg. of output. So far we're taking the one, or up to five kilograms of output. We're not taking the bonus yet. We're not taking the nine kilograms of output yet. So that's two points for insects.

(Laughter)

And there's the environment. If we take 10 kilograms of food --

(Laughter) and it results in one kilogram of beef, the other nine kilograms are waste, and a lot of that is manure. If you produce insects, you have less manure per kilogram of meat that you produce. So less waste. Furthermore, per kilogram of manure, you have much, much less ammonia and fewer greenhouse gases when you have insect manure than when you have cow manure. So you have less waste, and the waste that you have is not as environmental malign as it is with cow dung. So that's three points for insects. (Laughter)

Now there's a big "if," of course, and it is if insects produce meat that is of good quality. Well there have been all kinds of analyses and in terms of protein, or fat, or vitamins, it's very good. In fact, it's comparable to anything we eat as meat at the moment. And even in terms of calories, it is very good. One kilogram of grasshoppers has the same amount of calories as 10 hot dogs, or six Big Macs. So that's four points for insects.

(Laughter)

I can go on, and I could make many more points for insects, but time doesn't allow this. So the question is, why not eat insects? I gave you at least four arguments in favor. We'll have to. Even if you don't like it, you'll have to get used to this because at the moment,70 percent of all our agricultural land is being used to produce livestock. That's not only the land where the livestock is walking and feeding, but it's also other areas where the feed is being produced and being transported. We can increase it a bit at the expense of rainforests, but there's a limitation very soon. And if you remember that we need to increase agricultural production by 70 percent, we're not going to make it that way. We could much better change from meat, from beef, to insects. And then 80 percent of the world already eats insects, so we are just a minority -- in a country like the U.K., the USA, the Netherlands, anywhere. On the left-hand side, you see a market in Laos where they have abundantly present all kinds of insects that you choose for dinner for the night. On the right-hand side you see a grasshopper. So people there are eating them, not because they're hungry, but because they think it's a delicacy. It's just very good food. You can vary enormously. It has many benefits.

In fact, we have delicacy that's very much like this grasshopper: shrimps, a delicacy being sold at a high price. Who wouldn't like to eat a shrimp? There are a few people who don't like shrimp, but shrimp, or crabs, or crayfish, are very closely related. They are delicacies. In fact, a locust is a "shrimp" of the land, and it would make very good into our diet. So why are we not eating insects yet? Well that's just a matter of mindset. We're not used to it, and we see insects as these organisms that are very different from us. That's why we're changing the perception of insects. And I'm working very hard with my colleague, Arnold van Huis, in telling people what insects are, what magnificent things they are, what magnificent jobs they do in nature. And in fact, without insects, we would not be here in this room, because if the insects die out, we will soon die out as well. If we die out, the insects will continue very happily.

(Laughter)

So we have to get used to the idea of eating insects. And some might think, well they're not yet available. Well they are. There are entrepreneurs in the Netherlands that produce them, and one of them is here in the audience, Marian Peeters, who's in the picture. I predict that later this year, you'll get them in the supermarkets -- not visible, but as animal protein in the food. And maybe by 2020, you'll buy them just knowing that this is an insect that you're going to eat. And they're being made in the most wonderful ways. A Dutch chocolate maker. (Music) (Applause) So there's even a lot of design to it.

(Laughter)

Well in the Netherlands, we have an innovative Minister of Agriculture, and she puts the insects on the menu in her restaurant in her ministry. And when she got all the Ministers of Agriculture of the E.U. over to the Hague recently, she went to a high-class restaurant, and they ate insects all together. It's not something that is a hobby of mine. It's really taken off the ground. So why not eat insects? You should try it yourself. A couple of years ago, we had 1,750 people all together in a square in Wageningen town, and they ate insects at the same moment, and this was still big, big news. I think soon it will not be big news anymore when we all eat insects, because it's just a normal way of doing.

So you can try it yourself today, and I would say, enjoy. And I'm going to show to Bruno some first tries, and he can have the first bite.

(Applause)

Bruno Giussani: Look at them first. Look at them first.

Marcel Dicke: It's all protein.

BG: That's exactly the same [ one ] you saw in the video actually. And it looks delicious. They just make it [ with ] nuts or something.

MD: Thank you.

(Applause)

さて これから皆さんの食習慣について お話しようと思います まず みなさんの食生活についてお聞きします 虫を食べたことのある人は? 意外に多いですね (笑) でもこの会場での割合が 地球上の人の割合を 代表しているわけではありませんね (笑) 地球上の80%の人が 実は虫を食べているのです でもここも結構な割合ですよ  虫を食べませんか? まず「虫」とは何でしょうか 「虫」とは 6本足がある生物で たくさんの種類がいます 地球上には6百万種類の虫がいます 6百万種類ですよ 数百種類しかいない哺乳類と比べると ものすごく種類が多いですね さらに 個体の数で考えた場合は もっと差がでます 実際に 地球上のすべての 生物の種のうち 80%は虫だといえるのです また 各々の種の重さを計って その平均で比べると 人間1人の体重に対して 200~2000kg になるそうです 要するに バイオマス的に考えれば 虫は我々よりずっと豊富だということです この星は人間のものではなく 虫の惑星ということなのです 虫は自然の中にいるだけではありません 私たちが気が付いていないだけで 我々の経済にも 影響しています 数年前に行った評価では 控えめに見積もったとしても アメリカの経済における 虫からの利益は 年間で 570億ドルと言われています このアメリカ経済に対する 巨額の 虫からの貢献は 無償で行われているのです 一方 我々がイラクの戦争に 同じ年に費やした 金額を調べると 800億ドルでした 金のかかる戦争だったというのは 有名なことです でも 虫は コストを全くかけずに アメリカの経済に イラク戦争の費用と 同じくらい金額を 貢献しました 誰も気がつかない間にです アメリカだけでなく どこの国の経済にも貢献しています どうやってでしょうか? 糞などを処理したり 受粉をさせたりしてです 我々が食べている果物の1/3は 虫の恩恵を受けて 実をつけています 虫は害虫も駆除します 動物のエサにもなります 虫は 食物連鎖の出発点でもあります 小動物は虫を食べ もっと大きな動物も虫を食べます 虫を食べた小動物を 大きな動物が食べ その動物を もっと大きい動物が食べます 人類は食物連鎖の頂点で 彼らを食べています 虫は かなり多くの人に食べられています 今 お見せしているように 中国の田舎の都市 リージャンは 人口200万人程度ですが 例えば 夕飯に魚料理の店に行って どの魚を食べるか選ぶように どの虫を食べるのかを 選ぶことができます 選んだ虫は 美味しく料理してもらえます ほら 美味しそうでしょう? いもむし イナゴ-- 蜂などの珍味です 毎日でも 違う種類が食べられます 地球上では 1,000種類以上の虫が 食べられていますから この数の多さは 我々が 食べている哺乳類 たとえば 牛や豚とか 羊とかと比べると 1,000種類以上というのは ものすごいバラエティがあります 皆さんは きっとこう考えているでしょう 中国の田舎街では虫を食べるかもしれないが 我々は違う、と すでに この会場のかなりの人が 虫を食べたことがあるということですが 実際はあなた方のほとんどが 例外なく虫を食べています 少なくとも1年間に 500グラムの虫を食べているのです どうやって食べているのかというと-- トマトスープ ピーナッツバター チョコレート 麺類 -- すべての加工品には 虫が含まれています 虫は我々の周り中にいて どこにでも 見つけることができます 作物からも見つかります 果物の虫食いもありますね 虫食いになってしまったトマトは トマトスープにされます 虫食いが無ければ 店頭に並んで売られます 普段 目にするトマトですね しかし トマトスープに使われるトマトには 食品衛生局の基準を 満たしている限りは どんなものが入っていても構いません 全然 問題ない スープにわざわざ肉団子を足さなくても すでに「肉」が入っている と言えるくらいです (笑) 実際に すべての加工食品は 我々が思っているよりずっと 多くのたんぱく質を含んでいます たんぱく質は何からでも摂取できるのです

そこであなたは こう思うでしょう 'じゃあ知らないうちに500gもたんぱく質を採っているのか?" 知らないうちに 採っているだけではありません 理由があって虫を食べていることもあります このスライドでお見せするのは 二つの例だけですが-- ピンクのクッキーやカニかまぼこ また カンパリリキュールなど 赤い色の多くの食品は 自然素材で着色されています カニかまぼこは カニの身として売られていますが 実際は 白身魚を カイガラムシで染めたものです カイガラムシはサボテンにつく虫で コヒニールという赤色着色料になります 大量に作られている その着色料は 年間150~180トンが ペルーのカナリア諸島で 生産されています コヒニール1グラムは 30ユーロぐらいです 金1グラムも ほぼ同じ値段です コヒニールはとても貴重なのです 食品を着色するのに使います

世界の状況が変わりつつある中で その変化は 地球上すべての人に関係あります 地球上の人口は急激に増加しました 飛躍的な増加です 現時点での総人口は 60億人~70億人の間ですが 人口増加により2050年には 90億人に達します もっと食料が必要になるという事です 食料不足の可能性は 人々を不安にさせています 食糧危機問題は 昨年10月に開催された 食糧農業機関会議でのメイントピックとなりました どうやって世界中の食料を供給するのか? その数から見積もって 今より 30%ほど多くの人数分の食料が必要となり 農業生産は70%も 増やさなくてはいけません それは世界の人口が どんどんと 数の上で 増加しているだけでなく 生活自体がより豊かになっているからです 生活が豊かになると 食べる量が増え しかも肉をもっと食べるようになります 事実 肉というのは 我々の食料のなかで 生産するのに-- かなり高いコストが必要となります

我々の食生活には動物性たんぱく質が必要ですが 現時点では その大半を 家畜や野生の動物からの食肉や 魚などから採っています 我々はかなりの量を食べています 先進国では 平均して 1年間に1人80kgの肉を食べています アメリカでは それが 120kg にもなっています 多少 消費量が少ない先進国もありますが 平均すると 年間で1人当たり 80kg 消費しています 発展途上国では ずっと少なく 1人当たり年間25kgとなっています しかし その消費量は飛躍的に増えています 中国では 過去20年間に 20kg/年 から 50kg/年に増加しました しかも まだ増加しています 例えば 世界の人口の1/3の人の 肉の消費量が 平均で25kgから80kgへ 増えたとして 実際 世界人口の1/3は インドと中国に住んでいるので 肉の需要が凄まじく増えることになります もちろん 肉は我々 先進国だけでも 発展途上国だけのものでもなく 同じだけの取り分があるはずです

まず最初に 言っておきたいのは 西洋社会では 肉類を食べすぎている ということです もっと もっと少ない量の肉でも大丈夫です 私はずっとベジタリアンです 肉なしでも容易にやっていけます たんぱく質は どんなものからも採ることができます 食肉を生産することには たくさんの問題があり 私達は以前に増してその問題に向き合わされています まず 健康上の問題があります ブタは(遺伝学上)人間と似ています そのため製薬開発にも使われています それどころか ブタから器官を移植することもできます つまり ブタと人間は同じ病気にかかるということです ブタの病気や ブタに感染するウィルス・人間に感染するウィルスで ブタにも人間にも感染するのです また このウィルスの繁殖の仕方は 新種のウィルスを生み出します 90年代にオランダで実際に発生した 豚インフルエンザがその例です 致命的な病気が生み出される可能性もあります 一方「虫」は 我々と全く異なっています ブタのようなことはめったに起きません 虫の方が優れている点 その1です

(笑)

さらに生産効率という要因もあります 1kgの牛肉を生産するのに 10kgものエサが必要です イナゴなら 同じ量のエサから9kgもとれます もし あなたが起業家であれば どうしますか? 10kgの投入に対して 1kgの収穫か 9kgの収穫か です 今は10kgを投入して たんぱく質は1kgからせいぜい5kgの収穫です もったいないですね 虫だったら9kgも採れるんです 虫の方が優れている点 その2です

(笑)

また 環境の面でも優れています 10kgのエサから--

(笑) 1kgの牛肉が採れるとすると 9kgは無駄になっています 大半は 肥やし(排泄物)になります 虫から出る肥やしはずっと少なくてすみます 生産する肉(たんぱく質)1kgあたりの 無駄になっている量が減ります その上 肥やし 1kgあたりの 発生するアンモニアと 温室効果ガスも 牛の肥やしより虫の肥やしの方が ずっと少なくてすみます 発生する廃棄物も より少なく そして その廃棄物が牛からの廃棄物に比べて 環境に与える影響も少ない 虫の方が優れている点 その3です (笑)

もちろん これは仮定の話ですが 虫から「肉」を作ったら 上質な肉になるでしょうか 様々な分析の結果 虫には たんぱく質や脂質 ビタミンなどが 豊富に含まれている事がわかっています 実際 現在我々が普段食べている 肉にも匹敵します カロリーの観点から言っても 非常に優秀です イナゴ1kgあたりのカロリーは ホットドック10個かビックマック6個と 同じカロリーです 虫の方が優れている点 その4です

(笑)

虫を食べる利点を もっともっと並べることはできますが もう時間がないのでやめておきます では、どうして虫を食べないのでしょうか? 少なくとも4つの利点をご説明しましたね 我々は虫を食べるべきです もし 嫌いだとしても 虫を食べることに慣れる必要があります なぜなら 現在 地球上の農地の70%が 家畜を生産する為に使われているからです それには家畜を放牧するためだけでなく 飼料を加工したり 輸送したりするための 土地も含まれています 熱帯雨林を犠牲にすることで 多少の農地を増やすことはできますが それも遠からず 尽きてしまうでしょう 70%も農作物を増やさなければ いけない事を考えると   現在の方法ではとても無理です そのためにも 牛肉を食べる代わりに 虫にしましょう すでに 世界中の80%は 虫を食べているのです つまり 少数派なのは 我々-- イギリスや アメリカや オランダなどの国に 住んでいる人たちのほうなのです 左側のスライドは ラオスの市場です そこでは 実に種類の豊富な 虫を 夕食の食材に買うことができます 右側のスライドはイナゴです 人々がイナゴを食べる理由は 他に食べるものがないからではなく イナゴを美味しいと思うからです 虫こそがごちそうなのです しかも種類も料理法も豊富です 虫を食べるメリットは沢山あります

実際のところ 我々はすでに イナゴのようなものを食べています エビです 美味しいですよね しかも高価な食材です エビを食べられない人いますか? 大概の人はエビを好きだとおもいますが エビとかカニとか ザリガニは 虫と似通っています そして 美味です 実際 バッタは「陸の海老」と呼ばれます 我々の食生活にも適しています これでもまだ虫を食べる気になれませんか? 単に感覚の問題なのです 慣れの問題でもあります 我々は 虫はまったく接点の無い生物だと思っているのです 私達はその意識を変えていこうとしています 同僚のアーノルド・ヴァン・ヒュイスと一緒に 虫とは何かを人々に説明してきました 虫が如何に素晴らしいかということや 自然における虫の重要な役割についてです 実際に 我々は 昆虫がいなかったら 今ここには存在していないでしょう もし昆虫が死に絶えてしまったら 我々も すぐに滅亡してしまいます 我々が死に絶えても昆虫は問題ないでしょうが…

(笑)

虫を食べることに慣れなくてはいけないのです 昆虫を食べようにも 手に入らないと思うかも知れません 手に入ります オランダで起業された会社が販売しています 今日 会場に来てくれています マリアン・ピーターズさん こちらの写真です 今年中には スーパーマーケットで 虫を 食品中の動物性たんぱく質として 手に入れることができるように なると思います そして2020年までには 虫が虫とわかる状態で 売られていて食べるようになると思います とても上手に料理されています オランダのチョコレート屋さんです (音楽) (拍手) 素敵なデコレーションですね

(笑)

オランダの農業大臣は革新的で 庁舎のレストランの メニューに虫を取り入れました そして EU中の農業大臣を集めて ハーグで会議が開かれた時 高級レストランで 大臣たちが虫を食べました 私個人の趣味ではありません ブームになってきています さあ 虫を食べたくなったでしょう? ぜひ ご自分で食べてみてください 数年前 オランダのヴァーヘニンゲンの 広場に1750人を集めて 全員で同時に虫を食べました 未だに大きな話題になっています 近いうちに虫を食べることは 珍しくなくなるでしょう 単に普通のことだと思われるのです

あなたも今日 試してください そして 虫のすばらしさを満喫してください 私が初めて作った虫のレシピを ブルーノに食べてもらいます

(拍手)

ブルーノ:これを見てくれ 虫だ!

マルセル:まるごとたんぱく質だよ

ブルーノ:ビデオに出てたのと同じだね 美味しそうだ ナッツか何かみたいだよ

良かった

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画