TED日本語 - シーカ・アル・マヤッサ: 地域の世界化 世界の地域化

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - シーカ・アル・マヤッサ: 地域の世界化 世界の地域化

TED Talks

地域の世界化 世界の地域化
Globalizing the local, localizing the global
シーカ・アル・マヤッサ
Sheikha Al Mayassa

内容

カタールで芸術家、語り手、映画制作者を支援しているシーカ・アル・マヤッサが、一国のアイデンティティが芸術と文化を通じていかにして形成されるのか、更に世界中の国々が独自性を供えたそれぞれのアイデンティティを世界に向けていかにして共有することができるのかについてお話しします。「私たちは皆 同じでありたいとは思っていません。ただ、互いに理解し合いたいだけなのです。」

Script

Both myself and my brother belong to the under 30 demographic, which Pat said makes 70 percent, but according to our statistics it makes 60 percent of the region's population. Qatar is no exception to the region. It's a very young nation led by young people. We have been reminiscing about the latest technologies and the iPods, and for me the abaya, my traditional dress that I'm wearing today.

Now this is not a religious garment, nor is it a religious statement. Instead, it's a diverse cultural statement that we choose to wear. Now I remember a few years ago, a journalist asked Dr. Sheikha, who's sitting here, president of Qatar University -- who, by the way, is a woman -- he asked her whether she thought the abaya hindered or infringed her freedom in any way. Her answer was quite the contrary. Instead, she felt more free, more free because she could wear whatever she wanted under the abaya. She could come to work in her pajamas and nobody would care.

(Laughter) Not that you do; I'm just saying. (Laughter)

My point is here, people have a choice -- just like the Indian lady could wear her sari or the Japanese woman could wear her kimono. We are changing our culture from within, but at the same time we are reconnecting with our traditions. We know that modernization is happening. And yes, Qatar wants to be a modern nation. But at the same time we are reconnecting and reasserting our Arab heritage. It's important for us to grow organically. And we continuously make the conscious decision to reach that balance.

In fact, research has shown that the more the world is flat, if I use Tom Friedman's analogy, or global, the more and more people are wanting to be different. And for us young people, they're looking to become individuals and find their differences amongst themselves. Which is why I prefer the Richard Wilk analogy of globalizing the local and localizing the global. We don't want to be all the same, but we want to respect each other and understand each other. And therefore tradition becomes more important, not less important.

Life necessitates a universal world, however, we believe in the security of having a local identity. And this is what the leaders of this region are trying to do. We're trying to be part of this global village, but at the same time we're revising ourselves through our cultural institutions and cultural development. I'm a representation of that phenomenon. And I think a lot of people in this room, I can see a lot of you are in the same position as myself. And I'm sure, although we can't see the people in Washington, they are in the same position. We're continuously trying to straddle different worlds, different cultures and trying to meet the challenges of a different expectation from ourselves and from others.

So I want to ask a question: What should culture in the 21st century look like? In a time where the world is becoming personalized, when the mobile phone, the burger, the telephone, everything has its own personal identity, how should we perceive ourselves and how should we perceive others? How does that impact our desert culture?

I'm not sure of how many of you in Washington are aware of the cultural developments happening in the region and, the more recent, Museum of Islamic Art opened in Qatar in 2008. I myself am personalizing these cultural developments, but I also understand that this has to be done organically. Yes, we do have all the resources that we need in order to develop new cultural institutions, but what I think is more important is that we are very fortunate to have visionary leaders who understand that this can't happen from outside, it has to come from within. And guess what? You might be surprised to know that most people in the Gulf who are leading these cultural initiatives happen to be women.

I want to ask you, why do you think this is? Is it because it's a soft option; we have nothing else to do? No, I don't think so. I think that women in this part of the world realize that culture is an important component to connect people both locally and regionally. It's a natural component for bringing people together, discussing ideas -- in the same way we're doing here at TED. We're here, we're part of a community, sharing out ideas and discussing them. Art becomes a very important part of our national identity. The existential and social and political impact an artist has on his nation's development of cultural identity is very important.

You know, art and culture is big business. Ask me. Ask the chairpersons and CEOs of Sotheby's and Christie's. Ask Charles Saatchi about great art. They make a lot of money. So I think women in our society are becoming leaders, because they realize that for their future generations, it's very important to maintain our cultural identities. Why else do Greeks demand the return of the Elgin Marbles? And why is there an uproar when a private collector tries to sell his collection to a foreign museum? Why does it take me months on end to get an export license from London or New York in order to get pieces into my country?

In few hours, Shirin Neshat, my friend from Iran who's a very important artist for us will be talking to you. She lives in New York City, but she doesn't try to be a Western artist. Instead, she tries to engage in a very important dialogue about her culture, nation and heritage. She does that through important visual forms of photography and film.

In the same way, Qatar is trying to grow its national museums through an organic process from within. Our mission is of cultural integration and independence. We don't want to have what there is in the West. We don't want their collections. We want to build our own identities, our own fabric, create an open dialogue so that we share our ideas and share yours with us. In a few days, we will be opening the Arab Museum of Modern Art. We have done extensive research to ensure that Arab and Muslim artists, and Arabs who are not Muslims -- not all Arabs are Muslims, by the way -- but we make sure that they are represented in this new institution. This institution is government-backed and it has been the case for the past three decades. We will open the museum in a few days, and I welcome all of you to get on Qatar Airways and come and join us.

(Laughter)

Now this museum is just as important to us as the West. Some of you might have heard of the Algerian artist Baya Mahieddine, but I doubt a lot of people know that this artist worked in Picasso's studio in Paris in the 1930s. For me it was a new discovery. And I think with time, in the years to come we'll be learning a lot about our Picassos, our Legers and our Cezannes. We do have artists, but unfortunately we have not discovered them yet.

Now visual expression is just one form of culture integration. We have realized that recently more and more people are using the means of YouTube and social networking to express their stories, share their photos and tell their own stories through their own voices. In a similar way, we have created the Doha Film Institute. Now the Doha Film Institute is an organization to teach people about film and filmmaking. Last year we didn't have one Qatari woman filmmaker. Today I am proud to say we have trained and educated over 66 Qatari women filmmakers to edit, tell their own stories in their own voices.

(Applause)

Now if you'll allow me, I would love to share a one-minute film that has proven to show that a 60-sec film can be as powerful as a haiku in telling a big picture. And this is one of our filmmakers' products.

(Video) Boy: Hey listen! Did you know that the stocks are up? Who are you playing? Girl: Uncle Khaled. Here, put on the headscarf. Khaled: Why would I want to put it on? Girl: Do as you're told, young girl. Boy: No, you play mom and I play dad. (Girl: But it's my game.) Play by yourself then. Girl: Women! One word and they get upset. Useless. Thank you. Thank you!

(Applause)

SM: Going back to straddling between East and West, last month we had our second Doha Tribeca Film Festival here in Doha. The Doha Tribeca Film Festival was held at our new cultural hub, Katara. It attracted 42,000 people, and we showcased 51 films. Now the Doha Tribeca Film Festival is not an imported festival, but rather an important festival between the cities of New York and Doha. It's important for two things. First, it allows us to showcase our Arab filmmakers and voices to one of the most cosmopolitan cities in the world, New York City. At the same time, we are inviting them to come and explore our part of the world. They're learning our culture, our language, our heritage and realizing we're just as different and just the same as each other.

Now over and over again, people have said, "Let's build bridges," and frankly, I want to do more than that. I would like break the walls of ignorance between East and West -- no, not the soft option that we have discussed before, but rather the soft power that Joseph Nye has spoken about before. Culture's a very important tool to bring people together. We should not underestimate it.

"Know thyself," that is the journey of self-expression and self-realization that we are traveling. Now I don't pretend to have all the answers, but I know that me as an individual and we as a nation welcome this community of ideas worth spreading. This is a very interesting journey. I welcome you on board for us to engage and discuss new ideas of how to bring people together through cultural initiatives and discussions. Familiarity destroys and trumps fear. Try it.

Ladies and gentlemen, thank you very much. Shokran.

(Applause)

私や弟が属する 30歳未満の年齢集団の割合は パットは70%と言いましたが 私たちの統計によると この地域の人口の60%を占めています カタールも例外ではなく 若者が先導するとても若い国家です 私たちも最新技術やiPodには 親しみを覚えていますが 私が思いを馳せてきたのは 今着ているこの伝統衣装 アバヤです

実は これはイスラム教の衣服ではなく 宗教的な意味もありません むしろ 文化的多様性の証として 自発的に身につけています さて数年前に ここにご列席のカタール大学学長である シェイカ博士に ある記者が質問をしたことがあります ちなみに博士は女性です 「アバヤを自由の障壁と感じていますか?」 というのがその質問でした 博士の答えは全く逆のものでした 「アバヤを着ていれば 下にはなにを着ても平気なので むしろ自由度は上がっています」 パジャマを着て職場に行っても 誰にも気づかれませんしね

(笑) 博士がそうだとは言ってませんよ (笑)

重要なのは服装を選べるということです ちょうど インド人女性がサリーを着たり 日本人女性が着物を着るのと同じようにです 私たちは 内側から自国の文化を 変化させていますが それと同時に 自分達の伝統にも触れようとしています 近代化は実際に起こっています もちろん カタールもそれを望んでいますが 同時に アラブの伝統に親しみ その伝統を再び私たちのものにしようとしています 伝統を保って成長することが私たちにとって重要なのです 伝統と近代化のバランスを取るために 私たちは常に意識して決定を下しています

実際 研究によると グローバル化が進むにつれて つまりトーマス・フリードマンの言葉を借りれば 文化が平らになればなるほど 人々は更に個性を求めるそうです 私たち若い世代は 他者との違いを探りながら アイデンティティを模索しています ですから私は リチャード・ウィルク氏の提唱した 「地域の世界化 世界の地域化」という 考え方が好きです 私たちは皆 同じでありたいのではなく 互いを尊重し理解したいと思っているのです そこで 伝統の重要性は薄まるのではなく よりいっそう 重要性が増すのです

普遍的な世界は必要とされていますが 各地域の個性を保護することも 必要だと 私たちは考えています そして私たちの地域のリーダーたちも このことに取り組んでいます 世界の一員になろうとする一方で 自分達の文化の慣習や文化的発達を通じて 自分自身を見つめ直してもいるのです 私が まさにその見本です ここにいらっしゃる 皆さんの多くも 私と同じ立場に立たれているかと思います ワシントンの皆さんにはお会いしていないですが やはり同じだと思います 私たちは 異なる世界や 異なる文化を行き来しながら 自分達の そして他の人々の 様々な思惑に答えようと しています

ここで質問をさせて下さい 21世紀の文化とは どうあるべきでしょう? 世界が 個人化に向かっている今日において -- 携帯やハンバーガにすら個性がある世界で -- どのようにして 自身を そして他人を 認識するべきでしょうか? 私たち 砂漠の文化にはどう影響するでしょう?

ワシントンのどれ程の方が アラブ地域の 文化的発展についてご存じかは分かりませんが カタールでは2008年に イスラム芸術美術館がオープンしました 私自身 後援者としてこうした文化的発展に関わっていますが こうしたことは 人々の手によって 行われるべきだと思っています もちろん 新たな文化的価値観を作り出すための 資質はすべて揃っていますが しかし この変革が外からではなく 内からなされなくてはならないと 理解するリーダーに恵まれたことは それ以上に大きな意味を持つと 私は思います ご存じでしたか? 湾岸地域で文化的リーダーシップを発揮する人の 大半は女性なんですよ 驚きですよね?

なぜだと思いますか? 楽な選択肢だからでしょうか? 女性は他にすることがないから? いえ そうではありません アラブの女性は文化というものが局所的にも 地域的にも人々をつなぐ 重要な要素の一つであると 認識したためだと思います ここTEDと同じように 文化というものは人を引き合わせ 意見を交わすための 自然な手段の一つなのです ここではコミュニティの一員となり アイディアを共有し 議論します 芸術はカタールのアイデンティティの 重要な一部となってきています 自国の文化的アイデンティティの形成に対して 一芸術家が与える 実存主義的 社会的 政治的な影響は 非常に重要なものです

文化と芸術は巨大なビジネスです 芸術について 私や サザビーズの会長や クリスティーズのCEO それにチャールズ・サーチにも聞いてみて下さい 芸術は膨大な富を生みます 私たちの社会では 女性のリーダーが誕生してきています 彼女らが将来の世代のために 文化的アイデンティティを 保護 継承することに 重要性を見いだしたためです エルギン・マーブルの返還を ギリシャが要求するのもこのためです そして 個人コレクターが 海外の博物館に作品を売ろうとすると 大騒動が起こるのも同じ理由によります ロンドンやニューヨークから芸術品を イランに送る際の輸出ライセンス取得に 数ヶ月を要するのも同様の理由です

数時間後に イランにとって非常に重要な芸術家であり 私の友人でもある シュリン・ネスハットからも 講演があります ニューヨークに暮す彼女は西欧の芸術家を目指しておらず どちらかと言えばイランの 文化 国家 伝統に重きを置く アプローチをとっています 彼女は写真・映画という媒体を通じて 芸術的対話を交わします

同様に カタール国内では人々に働きかけて 国立博物館の建設に取り組んでいます 私たちの使命は文化的統合と独立です 西欧それ自体や その作品を そのまま取り込むのではなく 私たち自身のアイデンティティと基盤を確立し 文化交流の門戸を開くことで お互いのアイディアを 共有していきたいのです 数日後には アラブ現代芸術博物館がオープンします 私たちは徹底した調査を行い アラブとムスリムの芸術家達や 非イスラム系アラブ人の芸術家 -- 非イスラム教徒のアラブ人もいるので -- 双方からの作品を集め 余すことなく展示しています この施設は政府の後援を受けており 30年間に渡って 準備されてきました 数日後にオープンしますので 皆さんカタール航空を予約して足を運んで 下さいますよう お願いします

(笑)

この博物館は私たちには 西欧に劣らず重要なものです アルジェリア出身の芸術家 バヤ・マヒディーンをご存じの方もいるでしょう しかし 1930年代に彼女がパリにて ピカソのスタジオで活動していたことを ご存知の方は多くないでしょう 私もこのことは全く知りませんでした これからはアラブのピカソ レジェ そしてセザンヌの知名度も 大きく上がっていくことでしょう アラブにも芸術家はいますが 未だにその多くが発掘されずにいます

さて 絵画表現は文化の 一形態に過ぎません 近年では YouTubeやSNSを通して ますます多くの人々が ストーリーを語り 写真を共有し 肉声で彼ら自身のストーリーを伝えています これを支援するために 私たちはドーハ映画協会を設立しました ここで映画や映画製作について 指導をしています 昨年まで 女性の映像作家は一人もいませんでした 私たちはこれまで66人以上の 女性映像作家に編集方法や 自身の声でストーリーを 伝えていく方法を教えてきて そのことを誇りに思っています

(拍手)

これから1分間の映画をお見せしたいと思います このわずか60秒のビデオは 日本の俳句と同じくらい 訴えかける力を持っています この映画は私たちの教え子の作品です

ねぇ! 株価が上がったの知ってる? 誰のまねしてるの? カーレッド叔父さんよ このスカーフを巻いて なんで巻かなきゃいけないのさ (叔父さんの口調で)娘さん 言われたとおりにおし そっちがお母さんやってよ 僕がお父さんやるから (少女: 私のゲームよ)ならやーめた (叔父さんの口調で)女は怒ってばかりだ・・・ 役にも立たん (人形の観客に) ありがとう ありがとう

(拍手)

東洋と西欧の往来に話を戻します 先月 第二回ドーハ・トライベッカ映画祭が ここドーハで開催されました 開催地は新たな文化発信の拠点である カタールでした 観客動員数は4万2千人で 映写された作品の数は51を数えました ドーハ・トライベッカ映画祭自体は 海外のものではありませんが ニューヨークとドーハの間では 重要な役割を担っています 理由は2つあります まず 私たちアラブの 映画作品そして制作者の声を 世界の大都市の代表である ニューヨークに届けることができます 同時に ニューヨークの方たちにも アラブを知っていただく機会となります アラブの文化 言語 伝統を知ることで 西欧との差異だけにとどまらず 共通点をも実感させてくれます

長年 「相互理解のための橋が必要だ」 という議論がなされてきましたが 正直 私の目標はその先です 東と西を隔てる無知という 壁を打ち破ることです 先ほど話したような楽(ソフト)な選択肢ではなく 先程 ジョセフ・ナイが話していた ソフト・パワーを利用しましょう 文化は人々を団結させる重要なツールです これを過小評価してはいけません

「汝自身を知れ」ということは 自己を表現し実現していく 人生の旅路なのです 何でも知っていると偽るつもりはありません しかし一個人として また国家を代表して 価値あるアイディアを広める TEDを歓迎したいと思います とてもおもしろい旅路になることでしょう 皆さんとも 文化的な独創力や交流を通じて 人々を団結させる方法について 議論しあえることを嬉しく思います 知識は恐怖を凌駕します 実践してください

ご静聴ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画