TED日本語 - フランク・ウォレン: 50万通の秘密

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - フランク・ウォレン: 50万通の秘密

TED Talks

50万通の秘密
Half a million secrets
フランク・ウォレン
Frank Warren

内容

「秘密は様々な形を取り得ます。ショッキングなもの、馬鹿みたいなものもあれば、深い感情を伴っているものもあります」。PostSecret.comを作ったフランク・ウォレンが、見ず知らずの人たちから葉書で寄せられた50万通の秘密のいくつかを紹介してくれます。

Script

Hi, my name is Frank, and I collect secrets. It all started with a crazy idea in November of 2004. I printed up 3,000 self-addressed postcards, just like this. They were blank on one side, and on the other side I listed some simple instructions. I asked people to anonymously share an artful secret they'd never told anyone before. And I handed out these postcards randomly on the streets of Washington, D.C., not knowing what to expect.

But soon the idea began spreading virally. People began to buy their own postcards and make their own postcards. I started receiving secrets in my home mailbox, not just with postmarks from Washington, D.C., but from Texas, California, Vancouver, New Zealand, Iraq. Soon my crazy idea didn't seem so crazy. PostSecret.com is the most visited advertisement-free blog in the world. And this is my postcard collection today. You can see my wife struggling to stack a brick of postcards on a pyramid of over a half-million secrets.

What I'd like to do now is share with you a very special handful of secrets from that collection, starting with this one. "I found these stamps as a child, and I have been waiting all my life to have someone to send them to. I never did have someone." Secrets can take many forms. They can be shocking or silly or soulful. They can connect us to our deepest humanity or with people we'll never meet. (Laughter) Maybe one of you sent this one in. I don't know. This one does a great job of demonstrating the creativity that people have when they make and mail me a postcard. This one obviously was made out of half a Starbucks cup with a stamp and my home address written on the other side.

"Dear Birthmother, I have great parents. I've found love. I'm happy." Secrets can remind us of the countless human dramas, of frailty and heroism, playing out silently in the lives of people all around us even now. "Everyone who knew me before 9/11 believes I'm dead." "I used to work with a bunch of uptight religious people, so sometimes I didn't wear panties, and just had a big smile and chuckled to myself."

(Laughter)

This next one takes a little explanation before I share it with you. I love to speak on college campuses and share secrets and the stories with students. And sometimes afterwards I'll stick around and sign books and take photos with students. And this next postcard was made out of one of those photos. And I should also mention that, just like today, at that PostSecret event, I was using a wireless microphone. "Your mic wasn't off during sound check. We all heard you pee."

(Laughter) This was really embarrassing when it happened, until I realized it could have been worse. Right. You know what I'm saying. (Laughter)

"Inside this envelope is the ripped up remains of a suicide note I didn't use. I feel like the happiest person on Earth (now.)" "One of these men is the father of my son. He pays me a lot to keep it a secret."

(Laughter)

"That Saturday when you wondered where I was, well, I was getting your ring. It's in my pocket right now." I had this postcard posted on the PostSecret blog two years ago on Valentine's Day. It was the very bottom, the last secret in the long column. And it hadn't been up for more than a couple hours before I received this exuberant email from the guy who mailed me this postcard.

And he said, "Frank, I've got to share with you this story that just played out in my life." He said, "My knees are still shaking." He said, "For three years, my girlfriend and I, we've made it this Sunday morning ritual to visit the PostSecret blog together and read the secrets out loud. I read some to her, she reads some to me." He says, "It's really brought us closer together through the years.

And so when I discovered that you had posted my surprise proposal to my girlfriend at the very bottom, I was beside myself. And I tried to act calm, not to give anything away. And just like every Sunday, we started reading the secrets out loud to each other." He said, "But this time it seemed like it was taking her forever to get through each one." But she finally did. She got to that bottom secret, his proposal to her. And he said, "She read it once and then she read it again." And she turned to him and said, "Is that our cat?" (Laughter) And when she saw him, he was down on one knee, he had the ring out. He popped the question, she said yes. It was a very happy ending.

So I emailed him back and I said, "Please share with me an image, something, that I can share with the whole PostSecret community and let everyone know your fairy tale ending." And he emailed me this picture.

(Laughter)

"I found your camera at Lollapalooza this summer. I finally got the pictures developed and I'd love to give them to you." This picture never got returned back to the people who lost it, but this secret has impacted many lives, starting with a student up in Canada named Matty. Matty was inspired by that secret to start his own website, a website called IFoundYourCamera. Matty invites people to mail him digital cameras that they've found, memory sticks that have been lost with orphan photos. And Matty takes the pictures off these cameras and posts them on his website every week. And people come to visit to see if they can identify a picture they've lost or help somebody else get the photos back to them that they might be desperately searching for. This one's my favorite.

(Laughter)

Matty has found this ingenious way to leverage the kindness of strangers. And it might seem like a simple idea, and it is, but the impact it can have on people's lives can be huge. Matty shared with me an emotional email he received from the mother in that picture. "That's me, my husband and son. The other pictures are of my very ill grandmother. Thank you for making your site. These pictures mean more to me than you know. My son's birth is on this camera. He turns four tomorrow." Every picture that you see there and thousands of others have been returned back to the person who lost it -- sometimes crossing oceans, sometimes going through language barriers.

This is the last postcard I have to share with you today. "When people I love leave voicemails on my phone I always save them in case they die tomorrow and I have no other way of hearing their voice ever again." When I posted this secret, dozens of people sent voicemail messages from their phones, sometimes ones they'd been keeping for years, messages from family or friends who had died. They said that by preserving those voices and sharing them, it helped them keep the spirit of their loved ones alive. One young girl posted the last message she ever heard from her grandmother.

Secrets can take many forms. They can be shocking or silly or soulful. They can connect us with our deepest humanity or with people we'll never meet again.

Voicemail recording: First saved voice message. Grandma: ♪ It's somebody's birthday today ♪ ♪ Somebody's birthday today ♪ ♪ The candles are lighted ♪ ♪ on somebody's cake ♪ ♪ And we're all invited ♪ ♪ for somebody's sake ♪ You're 21 years old today. Have a real happy birthday, and I love you. I'll say bye for now.

FW: Thank you.

(Applause)

Thank you.

(Applause)

June Cohen: Frank, that was beautiful, so touching. Have you ever sent yourself a postcard? Have you ever sent in a secret to PostSecret?

FW: I have one of my own secrets in every book. I think in some ways, the reason I started the project, even though I didn't know it at the time, was because I was struggling with my own secrets. And it was through crowd-sourcing, it was through the kindness that strangers were showing me, that I could uncover parts of my past that were haunting me.

JC: And has anyone ever discovered which secret was yours in the book? Has anyone in your life been able to tell?

FW: Sometimes I share that information, yeah.

(Laughter)

(Applause)

こんにちは フランクと言います 秘密を集めています 2004年11月に クレージーなアイデアを思い付いたのが始まりで 返信用葉書を3千枚印刷しました ちょうどこんな感じのです 片面は空白で 反対側に 簡単な説明を書いて 誰にも話したことのない面白い秘密を 匿名で教えてくれるようにお願いしたんです それをワシントンDCの通りで 手当たり次第に人々に手渡しました どうなるか見当も付きませんでした

でも そのアイデアは すぐに口コミで広まり始めました みんな葉書を自分で買ったり 自分で作ったりするようになりました うちの郵便受けには ワシントンDCだけでなく 様々な消印の葉書が届くようになりました テキサスに カリフォルニア バンクーバー 果てはニュジーランドやイラクまで クレージーだった私のアイデアは そんなにクレージーには見えなくなりました PostSecret.com は 広告なしのブログとして 世界で最も訪問者の多いサイトになりました これが現在の葉書のコレクションです 50万通の秘密のピラミッドの上に 葉書の束を積もうと 妻が苦心しているところです

このコレクションの中から 選りすぐった秘密を いくつかご紹介します まずはこれです “この切手は子どものときに見つけて それを送る相手が現れるのを ずっと待っていましたが 結局誰も現れませんでした” 秘密は様々な形を取り得ます ショッキングなもの 馬鹿みたいなものもあれば 深い感情を伴っているものもあります 秘密は私達を深い人間性に触れさせ あるいは決して会うことのない人と結び合わせてくれるのです “すごい感じ悪い客のを カフェイン抜きにしてやった!” (笑) もしかしたら送ってくれた人が この中にいるのかもしれませんね これには 葉書を書いて送るときに 発揮される 人々の創造性が 見事に現れています 見ての通り スタバの紙コップから作ってあって 反対側には切手と私の宛名があります

“私を産んでくれたお母さんへ 私には素晴らしい? 両親がいます 愛を見つけました とても幸せです” 今この瞬間にも 私達の周りの人々の生活の中で 静かに起きている 数え切れない人間のドラマ もろさ 勇敢さを 秘密は私達に 思い起こさせてくれるのです “9/11以前に僕のことを知っていた人はみんな 僕が死んだと思っている” “以前堅苦しくて敬虔な人ばかりの中で働いていたので 時々パンティを履かずに行って ひとりほくそ笑んでいました”

(笑)

次のはお見せする前に少し説明が必要でしょう 私は大学のキャンパスに行って講演し 学生に秘密や逸話について話すのが好きです 終わった後もよくその場に残って 本にサインしたり 学生と記念写真を撮ったりしています 次の葉書はそういった写真の 一枚から作られています それから そのPostSecretの イベントでは 今と同じように ワイヤレスマイクを使っていました “音声チェックのとき マイクが 切れてませんでしたよ みんなあなたが

おしっこする音を聞いていました” (笑) これを見て すごく恥ずかしく? なりましたが もっとひどいことになっていたかも知れないと気付きました お分かりでしょう? (笑)

“この封筒の中には 使わずに破った 自殺の遺書が入っています 私は地上で一番幸福な人間だと感じています(今では)” “この中に息子の父親がいます それを秘密にしておくために お金をたくさん出してくれます”

(笑)

“土曜日に僕がどこに行っていたのか訝しんでいたけど 君の指輪を買いに行っていたんだ 今 それが僕のポケットに入っている” これは2年前のバレンタインデーに PostSecretに載せたものです たくさんの秘密の中の一番下にありました 2時間もしないうちに この葉書をくれた人から 歓喜に満ちたメールが届きました

“フランクさん 今僕に起きたばかりのことを あなたに話さずにはいられません 膝がまだ震えています 3年間 僕と彼女は一緒に PostSecretで秘密を読むのを 日曜の朝の 決まりのようにしていました 僕が彼女にいくつか読み 彼女が僕にいくつか読むという具合です それが僕たちをぐっと 近づけてくれたのだと思います

だから 僕のプロポーズ作戦の葉書が 一番下にあるのを 見つけたときには もう心臓がバクバクしていました ばれないよう平静を装いながら いつもの日曜のように 秘密を交互に読んでいきました でも今回は 1つひとつ読み進むのが 永遠にも等しく感じられました” そして彼女はついに最後の秘密? 彼のプロポーズにたどり着きます “彼女は一度読み上げ それからもう一度読み返しました” そして彼女は彼に向かって言いました “これうちの猫ちゃんじゃない!” (笑) 彼女が彼を見ると 彼は跪いて指輪を差し出していたのです 彼がしたあの質問に 彼女はイエスと答え

ハッピーエンドになったのです 私はメールに返信して頼みました “写真か何か送ってくれない? PostSecretのコミュニティの みんなにも 君のおとぎ話の結末を知らせたいから” すると彼がこの写真を送ってくれました

(笑)

“今年の夏 ロラパルーザ・ロックフェスで このカメラを見つけました 写真を現像したので 持ち主の方がいらしたらお返しします” この写真が持ち主の手に 戻ることはありませんでしたが この秘密は多くの人に影響することになりました 最初はカナダの マッティという学生です マッティはこの秘密にヒントを得て 『あなたのカメラを見つけました』(IFoundYourCamera)というWebサイトを始めました 『あなたのカメラを見つけました』(IFoundYourCamera)というWebサイトを始めました そして写真の入っている カメラやメモリスティックを拾ったら 送ってくれるようにと 呼びかけました マッティは写真を取り出して 毎週そのWebサイトに掲載したのです そして自分のなくした写真がないか あるいは写真をなくして必死に探している人の 手助けをできないかと 多くの人がそのサイトを訪れるようになりました これは私のお気に入りの一枚です

(笑)

マッティは 見知らぬ人の親切を生かせる この素晴らしいアイデアを見つけのです 単純なアイデアに見えるかもしれませんが それが人々の人生に及ぼす影響は 大きなものになり得るのです マッティはこの写真の中の 母親が送ってきた胸を打つメールを 私に見せてくれました “これは私と 夫と 息子です 他の写真は 重い病気の祖母です サイトを作ってくれて感謝します 私にとっては とても大きな意味のあるものです 息子が生まれたときの写真なんです その子は明日4歳になります” 今ご覧の写真と その他何千という写真が 持ち主の手に戻りました 時には海や 言語の垣根さえ越えて

次のが今日ご紹介する最後の葉書になります “大切な人が留守電に残してくれたメッセージは みんな取ってあります その人が次の日に亡くなって 二度と声を聞けなくなることだって あるかもしれないと思うからです” この秘密を掲載したら 何十という人が 自分の留守電メッセージを送ってくれました 中には何年も取っておいたメッセージや 亡くなった家族や友達の メッセージもありました そういったメッセージを取っておき 共有することで 大好きだった人たちの魂を生き続けさせられるのだと言います ある若い女性は お祖母さんからの最後のメッセージを 投稿してくれました

秘密は様々な形を取り得ます ショッキングなもの 馬鹿みたいなものもあれば 深い感情を伴っているものもあります 秘密は私達を深い人間性に触れさせ あるいは二度と会うことのない人と結び合わせてくれるのです

1件目のメッセージです ? ♪ 今日は誰かさんの誕生日 今日は誰かさんの誕生日 誰かさんのケーキの上に ろうそくが灯り 誰かさんのために みんな集まったよ 今日で21歳だね お誕生日おめでとう おばあちゃん あんたのこと大好きだからね じゃあ またね

ありがとうございました

(拍手)

ありがとうございます

(拍手)

フランク 素晴らしくて 感動的だったわ 自分の葉書を出したことはあるの? PostSecretに自分の秘密を載せたことは?

どの本にも私の秘密が1つ入っています 私がこのプロジェクトを始めたのは 自分でそうとは気付いていませんでしたが 自分自身の秘密に苦しんでいたためだったんです クラウドソーシングを通し 見知らぬ人が示してくれる親切によって 自分を苦しめていた過去を 明らかにすることができました

本のどの秘密があなたのかって 見つけた人はいるの? 誰か周りの人で知っている人は?

ええ 時に自分で

明かしてしまうことがあります (笑)

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画