TED日本語 - デビッド・マキャンドレス: データビジュアライゼーションの美

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - デビッド・マキャンドレス: データビジュアライゼーションの美

TED Talks

データビジュアライゼーションの美
The beauty of data visualization
デビッド・マキャンドレス
David McCandless

内容

デビッド・マキャンドレスは複雑なデータセットを美しいシンプルなダイアグラムへと変え、隠れたパターンや関連を引き出します。良いデザインは過剰な情報の海を渡る最良の方法であり、私たちの世界の見方をも変えられるのだと彼は言います。

Script

It feels like we're all suffering from information overload or data glut. And the good news is there might be an easy solution to that, and that's using our eyes more. So, visualizing information, so that we can see the patterns and connections that matter and then designing that information so it makes more sense, or it tells a story, or allows us to focus only on the information that's important. Failing that, visualized information can just look really cool.

So, let's see. This is the $ Billion Dollar o-Gram, and this image arose out of frustration I had with the reporting of billion-dollar amounts in the press. That is, they're meaningless without context: 500 billion for this pipeline,20 billion for this war. It doesn't make any sense, so the only way to understand it is visually and relatively. So I scraped a load of reported figures from various news outlets and then scaled the boxes according to those amounts. And the colors here represent the motivation behind the money. So purple is "fighting," and red is "giving money away," and green is "profiteering." And what you can see straight away is you start to have a different relationship to the numbers. You can literally see them. But more importantly, you start to see patterns and connections between numbers that would otherwise be scattered across multiple news reports.

Let me point out some that I really like. This is OPEC's revenue, this green box here -- 780 billion a year. And this little pixel in the corner -- three billion -- that's their climate change fund. Americans, incredibly generous people -- over 300 billion a year, donated to charity every year, compared with the amount of foreign aid given by the top 17 industrialized nations at 120 billion. Then of course, the Iraq War, predicted to cost just 60 billion back in 2003. And it mushroomed slightly. Afghanistan and Iraq mushroomed now to 3,000 billion. So now it's great because now we have this texture, and we can add numbers to it as well. So we could say, well, a new figure comes out ... let's see African debt. How much of this diagram do you think might be taken up by the debt that Africa owes to the West? Let's take a look. So there it is: 227 billion is what Africa owes. And the recent financial crisis, how much of this diagram might that figure take up? What has that cost the world? Let's take a look at that. Dooosh -- Which I think is the appropriate sound effect for that much money: 11,900 billion. So, by visualizing this information, we turned it into a landscape that you can explore with your eyes, a kind of map really, a sort of information map. And when you're lost in information, an information map is kind of useful.

So I want to show you another landscape now. We need to imagine what a landscape of the world's fears might look like. Let's take a look. This is Mountains Out of Molehills, a timeline of global media panic.

(Laughter) So, I'll label this for you in a second. But the height here, I want to point out, is the intensity of certain fears as reported in the media. Let me point them out. So this, swine flu -- pink. Bird flu. SARS -- brownish here. Remember that one? The millennium bug, terrible disaster. These little green peaks are asteroid collisions. (Laughter) And in summer, here, killer wasps. (Laughter)

So these are what our fears look like over time in our media. But what I love -- and I'm a journalist -- and what I love is finding hidden patterns; I love being a data detective. And there's a very interesting and odd pattern hidden in this data that you can only see when you visualize it. Let me highlight it for you. See this line, this is a landscape for violent video games. As you can see, there's a kind of odd, regular pattern in the data, twin peaks every year. If we look closer, we see those peaks occur at the same month every year. Why? Well, November, Christmas video games come out, and there may well be an upsurge in the concern about their content. But April isn't a particularly massive month for video games. Why April? Well, in April 1999 was the Columbine shooting, and since then, that fear has been remembered by the media and echoes through the group mind gradually through the year. You have retrospectives, anniversaries, court cases, even copy-cat shootings, all pushing that fear into the agenda. And there's another pattern here as well. Can you spot it? See that gap there? There's a gap, and it affects all the other stories. Why is there a gap there? You see where it starts? September 2001, when we had something very real to be scared about.

So, I've been working as a data journalist for about a year, and I keep hearing a phrase all the time, which is this: "Data is the new oil." Data is the kind of ubiquitous resource that we can shape to provide new innovations and new insights, and it's all around us, and it can be mined very easily. It's not a particularly great metaphor in these times, especially if you live around the Gulf of Mexico, but I would, perhaps, adapt this metaphor slightly, and I would say that data is the new soil. Because for me, it feels like a fertile, creative medium. Over the years, online, we've laid down a huge amount of information and data, and we irrigate it with networks and connectivity, and it's been worked and tilled by unpaid workers and governments. And, all right, I'm kind of milking the metaphor a little bit. But it's a really fertile medium, and it feels like visualizations, infographics, data visualizations, they feel like flowers blooming from this medium. But if you look at it directly, it's just a lot of numbers and disconnected facts. But if you start working with it and playing with it in a certain way, interesting things can appear and different patterns can be revealed.

Let me show you this. Can you guess what this data set is? What rises twice a year, once in Easter and then two weeks before Christmas, has a mini peak every Monday, and then flattens out over the summer? I'll take answers. (Audience: Chocolate.) David McCandless: Chocolate. You might want to get some chocolate in. Any other guesses? (Audience: Shopping.) DM: Shopping. Yeah, retail therapy might help. (Audience: Sick leave.) DM: Sick leave. Yeah, you'll definitely want to take some time off. Shall we see?

(Laughter)

(Applause)

So, the information guru Lee Byron and myself, we scraped 10,000 status Facebook updates for the phrase "break-up" and "broken-up" and this is the pattern we found -- people clearing out for Spring Break, (Laughter) coming out of very bad weekends on a Monday, being single over the summer, and then the lowest day of the year, of course: Christmas Day. Who would do that? So there's a titanic amount of data out there now, unprecedented. But if you ask the right kind of question, or you work it in the right kind of way, interesting things can emerge.

So information is beautiful. Data is beautiful. I wonder if I could make my life beautiful. And here's my visual C.V. I'm not quite sure I've succeeded. Pretty blocky, the colors aren't that great. But I wanted to convey something to you. I started as a programmer, and then I worked as a writer for many years, about 20 years, in print, online and then in advertising, and only recently have I started designing. And I've never been to design school. I've never studied art or anything. I just kind of learned through doing. And when I started designing, I discovered an odd thing about myself. I already knew how to design, but it wasn't like I was amazingly brilliant at it, but more like I was sensitive to the ideas of grids and space and alignment and typography. It's almost like being exposed to all this media over the years had instilled a kind of dormant design literacy in me. And I don't feel like I'm unique.

I feel that everyday, all of us now are being blasted by information design. It's being poured into our eyes through the Web, and we're all visualizers now; we're all demanding a visual aspect to our information. There's something almost quite magical about visual information. It's effortless, it literally pours in. And if you're navigating a dense information jungle, coming across a beautiful graphic or a lovely data visualization, it's a relief, it's like coming across a clearing in the jungle. I was curious about this, so it led me to the work of a Danish physicist called Tor Norretranders, and he converted the bandwidth of the senses into computer terms.

So here we go. This is your senses, pouring into your senses every second. Your sense of sight is the fastest. It has the same bandwidth as a computer network. Then you have touch, which is about the speed of a USB key. And then you have hearing and smell, which has the throughput of a hard disk. And then you have poor old taste, which is like barely the throughput of a pocket calculator. And that little square in the corner, a naught .7 percent, that's the amount we're actually aware of. So a lot of your vision -- the bulk of it is visual, and it's pouring in. It's unconscious. The eye is exquisitely sensitive to patterns in variations in color, shape and pattern. It loves them, and it calls them beautiful. It's the language of the eye. If you combine the language of the eye with the language of the mind, which is about words and numbers and concepts, you start speaking two languages simultaneously, each enhancing the other. So, you have the eye, and then you drop in the concepts. And that whole thing -- it's two languages both working at the same time.

So we can use this new kind of language, if you like, to alter our perspective or change our views. Let me ask you a simple question with a really simple answer: Who has the biggest military budget? It's got to be America, right? Massive. 609 billion in 2008 -- 607, rather. So massive, in fact, that it can contain all the other military budgets in the world inside itself. Gobble, gobble, gobble, gobble, gobble. Now, you can see Africa's total debt there and the U.K. budget deficit for reference. So that might well chime with your view that America is a sort of warmongering military machine, out to overpower the world with its huge industrial-military complex. But is it true that America has the biggest military budget? Because America is an incredibly rich country. In fact, it's so massively rich that it can contain the four other top industrialized nations' economies inside itself, it's so vastly rich. So its military budget is bound to be enormous. So, to be fair and to alter our perspective, we have to bring in another data set, and that data set is GDP, or the country's earnings. Who has the biggest budget as a proportion of GDP? Let's have a look. That changes the picture considerably. Other countries pop into view that you, perhaps, weren't considering, and American drops into eighth.

Now you can also do this with soldiers. Who has the most soldiers? It's got to be China. Of course,2.1 million. Again, chiming with your view that China has a militarized regime ready to, you know, mobilize its enormous forces. But of course, China has an enormous population. So if we do the same, we see a radically different picture. China drops to 124th. It actually has a tiny army when you take other data into consideration. So, absolute figures, like the military budget, in a connected world, don't give you the whole picture. They're not as true as they could be.

We need relative figures that are connected to other data so that we can see a fuller picture, and then that can lead to us changing our perspective. As Hans Rosling, the master, my master, said, "Let the dataset change your mindset." And if it can do that, maybe it can also change your behavior.

Take a look at this one. I'm a bit of a health nut. I love taking supplements and being fit, but I can never understand what's going on in terms of evidence. There's always conflicting evidence. Should I take vitamin C? Should I be taking wheatgrass? This is a visualization of all the evidence for nutritional supplements. This kind of diagram is called a balloon race. So the higher up the image, the more evidence there is for each supplement. And the bubbles correspond to popularity as regards to Google hits. So you can immediately apprehend the relationship between efficacy and popularity, but you can also, if you grade the evidence, do a "worth it" line. So supplements above this line are worth investigating, but only for the conditions listed below, and then the supplements below the line are perhaps not worth investigating.

Now this image constitutes a huge amount of work. We scraped like 1,000 studies from PubMed, the biomedical database, and we compiled them and graded them all. And it was incredibly frustrating for me because I had a book of 250 visualizations to do for my book, and I spent a month doing this, and I only filled two pages. But what it points to is that visualizing information like this is a form of knowledge compression. It's a way of squeezing an enormous amount of information and understanding into a small space. And once you've curated that data, and once you've cleaned that data, and once it's there, you can do cool stuff like this.

So I converted this into an interactive app, so I can now generate this application online -- this is the visualization online -- and I can say, "Yeah, brilliant." So it spawns itself. And then I can say, "Well, just show me the stuff that affects heart health." So let's filter that out. So heart is filtered out, so I can see if I'm curious about that. I think, "No, no. I don't want to take any synthetics, I just want to see plants and -- just show me herbs and plants. I've got all the natural ingredients." Now this app is spawning itself from the data. The data is all stored in a Google Doc, and it's literally generating itself from that data. So the data is now alive; this is a living image, and I can update it in a second. New evidence comes out. I just change a row on a spreadsheet. Doosh! Again, the image recreates itself. So it's cool. It's kind of living.

But it can go beyond data, and it can go beyond numbers. I like to apply information visualization to ideas and concepts. This is a visualization of the political spectrum, an attempt for me to try and understand how it works and how the ideas percolate down from government into society and culture, into families, into individuals, into their beliefs and back around again in a cycle. What I love about this image is it's made up of concepts, it explores our worldviews and it helps us -- it helps me anyway -- to see what others think, to see where they're coming from. And it feels just incredibly cool to do that.

What was most exciting for me designing this was that, when I was designing this image, I desperately wanted this side, the left side, to be better than the right side -- being a journalist, a Left-leaning person -- but I couldn't, because I would have created a lopsided, biased diagram. So, in order to really create a full image, I had to honor the perspectives on the right-hand side and at the same time, uncomfortably recognize how many of those qualities were actually in me, which was very, very annoying and uncomfortable. (Laughter) But not too uncomfortable, because there's something unthreatening about seeing a political perspective, versus being told or forced to listen to one. You're capable of holding conflicting viewpoints joyously when you can see them. It's even fun to engage with them because it's visual. So that's what's exciting to me, seeing how data can change my perspective and change my mind midstream -- beautiful, lovely data.

So, just to wrap up, I wanted to say that it feels to me that design is about solving problems and providing elegant solutions, and information design is about solving information problems. It feels like we have a lot of information problems in our society at the moment, from the overload and the saturation to the breakdown of trust and reliability and runaway skepticism and lack of transparency, or even just interestingness. I mean, I find information just too interesting. It has a magnetic quality that draws me in.

So, visualizing information can give us a very quick solution to those kinds of problems. Even when the information is terrible, the visual can be quite beautiful. Often we can get clarity or the answer to a simple question very quickly, like this one, the recent Icelandic volcano. Which was emitting the most CO2? Was it the planes or the volcano, the grounded planes or the volcano? So we can have a look. We look at the data and we see: Yep, the volcano emitted 150,000 tons; the grounded planes would have emitted 345,000 if they were in the sky. So essentially, we had our first carbon-neutral volcano.

(Laughter)

(Applause)

And that is beautiful. Thank you.

(Applause)

私たちは過剰な情報に 苛まれているように感じています でも簡単な解決法があるのかも それはもっと目を使うことです 情報の可視化は 重要なパターンや関連を見えるようにし 情報にデザインを与えることで 意味が引き立ち ストーリーが伝わり 重要な情報だけに集中できるようにします そうできないなら 単に小奇麗な見かけにすぎません

例を見てみましょう これは「ビリオンダラーグラム」です この画像は メディアの伝える 何億ドルがどうのというニュースへの 苛立ちから生まれました そういう数字は文脈なしには意味がありません パイプラインに5千憶ドル 戦争に2百億ドル ピンときません 分かるための 唯一の方法は 可視化と相対化です それで私はたくさんのデータを 様々な情報源から集め 額に応じて四角の大きさを変えて描いてみました 色はお金の用途を表しています 紫色は軍事 赤は寄付 緑は所得という具合です すぐに気づくのは 数字に対して 違った関係ができるということです 文字通り見えるようになります さらに重要なのは 複数のニュースに 分散していた数字の間にある パターンや関連が見えるようになることです

いくつか面白い部分を拾ってみましょう この緑の箱は OPECの収入で 年に7,800億ドルです この隅の小さなのは 30億ドル 気候変動のための基金です アメリカ人はものすごく気前がよく 慈善のため 年に3,000億ドル以上寄付します 一方 主要工業国17カ国の 国外援助の総額は 1,200億ドルに過ぎません それからイラク戦争は 2003年には600億ドルかかると 予測されていましたが 少しばかり膨らんだようです イラク アフガン戦争は 累計で3兆ドルかかっています この素敵な絵があるので 別な数字を追加もできます 何か新しい数字が出てきたとき たとえば アフリカの西欧への負債額は この絵ではどれくらいになるのか? 見てみましょう これです 2,270億ドルがアフリカの借金です では最近あった金融危機は この絵ではどうなるのか? 世界に対し どれだけ負担になったのでしょう? ドゥーシュ! これだけの額のお金に ぴったりの効果音だと思います 11兆9,000億ドル 情報は 可視化することによって 目で探究できる景観に 変えることができるのです 情報の地図と言ってもいい そして情報の中で迷子になったら 情報の地図は役に立つことでしょう

違う景観をお見せしましょう 世界の恐怖の景観は どのようなものになるか想像してください 見てみましょう このモグラ塚みたいなのは 時系列で表した世界のメディアの―

狂乱です (笑) 後ですぐご説明しますが 高い山は メディアを賑わした 特定の恐怖の高まりを表しています いくつか見てみましょう このピンクは豚インフルエンザ これは鳥インフルエンザ 茶色っぽいのがSARS 覚えてますか? それに2000年問題 ひどい災難でしたね この小さな緑の山は 小惑星の衝突です (笑) 夏になると 殺人蜂が話題になります (笑)

これは メディアがその時々に 伝えてきた恐怖なのです ジャーナリストとして私が惹かれるのは 隠れたパターンを見つけ出すことです このデータには 面白い奇妙なパターンが隠れており 可視化によって明らかにできます それをハイライトしてみましょう この線は 暴力的ビデオゲームへの恐れを表しています ご覧のように 奇妙な規則的パターンがあります 毎年2つの山があります よく見ると 毎年 同じ月に現れているのが分かります なぜなのでしょう? 11月は クリスマス向けの新作が 出てくる時期で その内容に対して懸念が現れます でも4月はビデオゲームで 特に意味のある月ではありません なぜ4月なのでしょう? 実は1999年4月に コロンバイン高校 銃乱射事件があり それ以来メディアは毎年 この時期に恐怖を呼び起こし 人々の心理に静かに浸透しているのです 回顧があり 何周年があり 裁判があり 模倣犯の乱射事件まであります それが恐怖を引き起こすのです パターンが違うところがあります ここにギャップがあり それが 他のニュースすべてに影響しています ここにギャップがあるのはなぜか? いつ始まっているかというと 2001年9月で 非常に大きな恐怖の対象が ここで生じています

私がデータジャーナリストとして 1年ほど働いてきた中で 絶えず耳にした言葉があります 「データは新しい石油だ」 データはあまねく存在する資源で それを形作ることで新たなイノベーションや洞察を得ることができ 身の回りにあって 容易に掘り出すことができます 最近は とくにメキシコ湾の近くに住んでいるなら 石油というのは あまり好ましいメタファではありません 少し変えて こう言いいましょう 「データは新しい土壌だ」と 私にはそれが豊かで創造的な媒体だと思えるからです 長年に渡り 私たちは ネット上で膨大な量の 情報とデータの種を蒔き ネットワークと接続性で潤し 無報酬の人々や政府の力で耕してきました メタファを少し広げすぎたかもしれませんが しかしこれは本当に豊かな媒体なのです そしてインフォグラフィックスや データ可視化というのは この情報という媒体に咲いた花のように感じられます 直接見ている分には たくさんの数字や バラバラな事実にすぎませんが ある種の仕方で弄び 取り組むことで 面白いものが現れ 異なったパターンが見出されます

これを見てください 何のデータかお分かりになりますか? 年に2回 大きな山があります 復活祭の時と クリスマスの2週間前です 毎週月曜に小さな山があり 夏の間は平らです 答えを聞いてみましょう (聴衆: チョコレート) チョコレートですか チョコレートなら食べたくなるかもしれません 他にありませんか? (聴衆: ショッピング) ショッピング ショッピング療法は効くかもしれませんね (聴衆: 病欠) 病欠 確かに休みたくもなるでしょう 見てみましょう

(Facebookステータス更新に基づく破局のピーク ― 笑)

(拍手)

この情報は リー バイロンと私が 「破局」のFacebookステータス更新データを 1万件集めたもので このようなパターンが見つかりました みんな春休みに関係を清算し (笑) 月曜に不首尾な週末のことを打ち明け 夏の間は独り身でいます そして最も低くなるのはもちろんクリスマスです 誰がそんなことするでしょう? ですから今や空前の量の データがあるのです それを適切な質問 適切な方法で処理すれば 興味深いものが現れるのです

だから情報は美しいのです それで自分も美しくできないかと思いました これは視覚的にした私の履歴書です うまくいったかは 何とも言えません 角々していて 色も冴えません でも私は伝えたいことがあったんです 私は最初プログラマで それからライターを20年ほど 出版、オンライン、広告とやって ほんの最近になって デザインを始めました デザイン学校に行ったことはなく アートの類を学んだこともありません ただやりながら覚えていったのです そしてデザインを始めた時 奇妙なことに気付きました 私はデザインを理解していたのです すごい才能があるということではありません ただグリッドやスペースや アラインメントやタイポグラフィといったものに 敏感だったのです 長い間メディアに触れることで デザインの基本が 気付かぬうちに身に付いていたのです 私は自分が特別だとは思いません

私たちはみんな毎日 情報デザインに晒されています Webを通して私たちの目に流れこみます 私たちはみな視覚的な人間なのです 私たちはみな情報を 視覚的なものとして求めています 視覚情報には何か魔法のようなところがあって 苦もなく 文字通り流れ込んでくるのです そして深い情報のジャングルに入り込んだとき 美しいグラフィックスや 愛らしい可視化データを見るとホッとします ジャングルの中で開けた場所に出たかのようです こういうことに興味があったため デンマークの物理学者 ノーレットランダーシュの仕事に 辿り着きました コンピュータの単位で表した 感覚の帯域幅です

これは感覚を通して 毎秒流れ込む情報量です 視覚が最も速く コンピュータネットワーク並の速さがあります 次が触覚で USBの速さがあります それから聴覚と嗅覚は ハードディスクほどの速さです そして哀れな味覚は ポケット電卓並の速さしかありません この隅の赤い四角の部分で 全感覚の0.7%になります だから大部分の情報は 視覚から流れ込むのです 気付かぬうちに そして目というのは 色や形や パターンの変化に対し ものすごく敏感なのです 目はそれを好み 美しいと言うのです それは目の言語なのです 目の言語を 心の言語である 言葉や数字や概念と組み合わせると 2つの言語が同時に語られ それぞれが互いに強め合うようになります 目が捕らえ 概念へと落ちるのです そうやって2つの言語が 同時に機能するのです

この新しい種類の言語を使って ものの見方を変えることができます ひとつ簡単な質問をしましょう 答えはすごく簡単です 軍事予算最大の国はどこか? アメリカでしょうね 2008年でなんと 6,070億ドルです すごく大きくて ほかの国々の軍事予算が まるまる収まります ガブガブガブ 参考までに アフリカの負債額と イギリスの財政赤字額を 並べておきます アメリカというのは 武力挑発的な 軍事マシンで 巨大な軍産複合体によって 世界を征服しようとしているという 見方に符号しているようです でも本当にアメリカが軍事予算最大の国なのでしょうか? というのもアメリカはとても裕福な国だからです 実際ものすごく裕福で 他の工業国 上位4か国の経済が すっぽり入るほど豊かなのです だから軍事予算だって必然的に大きくなります 公平を期して視点を変え 別のデータセットを導入してみましょう GDP つまり国の所得です GDP比では どこが最大になるか? 見てみましょう 様相がずいぶん変わりましたね 予想外の国が上に来ているんじゃないでしょうか アメリカは8位に落ちています

同じことが兵員数でもできます 兵員数が最も多い国は? もちろん中国で 210万人います 中国というのは軍事国家で 大兵力を動員する気満々だと 思うかもしれません しかしもちろん中国は膨大な人口を抱えています だからさっきと同じことをすると 様相が大きく変わります 中国は124位に落ちるのです 別のデータも考慮するなら むしろ小さな軍隊なのです ですから世界という文脈の中では 軍事予算のような絶対的な値は 全体像を与えてはくれないのです そうあるべきほどには真実を伝えません

より完全な姿を見るためには 他のデータと関連した 相対的な数字が必要なのです それは私たちの見方を変えるでしょう 私の師である ハンス ロスリングが言うように 「データセットでマインドセットを変える」のです そうできたなら 行動もまた変えられるかもしれません

この図を見てください 私はちょっとした健康オタクです サプリメントを飲んだり 健康に気を使っています しかし本当に効くのかわかりません いつも相反する証拠があります ビタミンCや ウィートグラスは 摂るべきなのか? これは栄養補助食品に関する データを可視化したものです このような図をバルーンレース(気球競技)と言います 上に行くほどそのサプリメントが 効くという証拠があるということです 円の大きさはGoogleヒット件数に基づく人気度です ですから一目で有効性と 人気度の関係がわかります 証拠を等級づけることで 「価値あり」の 境界線を引くこともできます この線より上のサプリメントは調べる価値があるでしょうが 下に付記した症状に対してのみ有効です そして線よりも下のサプリメントは おそらく調べる価値もないでしょう

この画像には膨大な労力がかかっています 生物医学データベースのPubMedから 1千件に上る研究を拾い出して まとめ 等級づけをしました すごくストレスのたまる作業でした 私は本のために250の可視化画像を用意しましたが これには1か月もかかったのに 2ページにしかならなかったからです しかしそれで分かったのは このような情報の可視化は 一種の知識圧縮だということです 膨大な量の知識や理解を 小さなスペースの中に 押し込めるということです 一度データを集めて整理したなら それを使って すごく気の利いたことができます

それで私はこれを対話的アプリにして ネット上で動的にデータを 可視化できるようにし ようやく「ああ よかった」と思えました 自動的に生成され 「心臓病に効くものだけ」 表示させることもできます フィルタリングして 関心があるものだけ見られるのです 「いや 合成品はいらない ハーブと植物だけ見せてくれ」 すると天然原料のものだけになります このアプリは データから生成されます データはGoogle Docに格納されていて そのデータから生成されるのです 生きているデータの 生きている図なのです アップデートはすぐにできます 新しい証拠が出たら データを1行変えるだけ ドゥーシュ! 画像が自動的に生成されます 気が利いているでしょう 生きているのです

可視化はデータや数字を 超えて行くことができます 私はアイデアやコンセプトに 情報可視化を適用するのが好きです これは政治の諸相を 可視化したもので 世の仕組みを理解しようとする 私の試みです アイデアはいかに 政府から社会や文化、家族、個人 その信条へと浸透していくのか どうフィードバックして サイクルが形成されるのか この絵が気に入っているのは コンセプトから出来ていることで 我々の世界観を探究して 他の人の考えが どこから来ているのか 知る手がかりになるからです すごくいかしてると思います

これをデザインしていて 最も興奮させられたことが 何だったかというと 私はジャーナリストとして 左寄りの人間として 左側を右側よりも良いものに見せたかったのですが それができなかったことです 歪んだバイアスのかかった図になってしまうからです 本当の全体像を作り出すためには 右側の見方にも敬意を払う必要がありました 同時に不本意ながらも それらの資質が どれほど多く自分の中にもあるか気付いて 困惑し 居心地悪く感じました (笑) でもそうひどくではありません 政治的な展望を見ることには 言われたり 聞くよう強要されるほど 圧迫を感じません 実際 これを見ていると 対立する視点を 気持ちよく持つことができます 視覚的なため 楽しくさえあります 私がワクワクするのは データが自分の見方をいかに変えるか 美しく愛らしいデータが心の流れを いかに変えるか分かるときです

まとめましょう デザインというのは 問題を解決し エレガントな解決法を提供することだと思えます そして情報のデザインというのは 情報の問題を解決するということです 現在私たちの社会には 情報の問題がたくさんあります 情報過多や飽和 信用や信頼の崩壊や 手に負えない懐疑主義 透明性の欠如 そして無関心さえも問題です 私は情報は面白すぎると気付きました 私を引き寄せる磁力のようなものがあります

情報の可視化はそういった問題への 即席の解決法を与えることができます ひどいことを示す情報であろうと ビジュアルとしてはとても美しいものになり得ます そして明快な理解や 単純な疑問への答えを 素早く手にできることもよくあります たとえばこれは 最近のアイスランドの火山噴火データです CO2排出量が多いのはどちらか? フライトをキャンセルされた飛行機か それとも火山か? 見てみましょう データから分かるのは 火山は15万トン排出しましたが フライトをキャンセルされた飛行機は 飛んでいたら34万5千トン排出していたことです だからこれは世界初のカーボンニュートラルな―

火山というわけです (笑)

(拍手)

そしてこれは美しいものです どうもありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画