TED日本語 - ベン・キャメロン: パフォーミングアーツの真の力

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ベン・キャメロン: パフォーミングアーツの真の力

TED Talks

パフォーミングアーツの真の力
The true power of the performing arts
ベン・キャメロン
Ben Cameron

内容

芸術の支援者であり劇場公演のファンであるベン・キャメロンが、パフォーミングアーツの現状を見て問いかけます。「ライブの劇場公演や音楽演奏、ダンス公演は、いつでもつながっているインターネットにどのように対抗できるのか?」TEDxYYCにて、彼はこれからの時代を予測します。

Script

I am a cultural omnivore,one whose daily commute is made possible by attachment to an iPod -- an iPod that contains Wagner and Mozart, pop diva Christina Aguilera, country singer Josh Turner, gangsta rap artist Kirk Franklin, concerti, symphonies and more and more. I'm a voracious reader, a reader who deals with Ian McEwan down to Stephanie Meyer. I have read the "Twilight" tetralogy. And one who lives for my home theater, a home theater where I devour DVDs, video-on-demand and a lot of television. For me, "Law and Order: SVU," Tine Fey and "30 Rock" and "Judge Judy" -- "The people are real, the cases are real, the rulings are final." Now, I'm convinced a lot of you probably share my passions, especially my passion for Judge Judy, and you'd fight anybody who attempted to take her away from us, but I'm a little less convinced that you share the central passion of my life, a passion for the live professional performing arts, performing arts that represent the orchestral repertoire, yes, but jazz as well, modern dance, opera, theater and more and more and more.

You know, frankly it's a sector that many of us who work in the field worry is being endangered and possibly dismantled by technology. While we initially heralded the Internet as the fantastic new marketing device that was going to solve all our problems, we now realize that the Internet is, if anything, too effective in that regard. Depending on who you read, an arts organization or an artist, who tries to attract the attention of a potential single ticket buyer, now competes with between three and 5,000 different marketing messages a typical citizen sees every single day. We now know in fact that technology is our biggest competitor for leisure time. Five years ago, Gen-X'ers spent 20.7 hours online and TV, the majority on TV. Gen-Y'ers spent even more -- 23.8 hours, the majority online. And now, a typical university entering student arrives at college already having spent 20,000 hours online and an additional 10,000 hours playing video games -- a stark reminder that we operate in a cultural context where video games now outsell music and movie recordings combined.

Moreover, we're afraid that technology has altered our very assumptions of cultural consumption. Thanks to the Internet, we believe we can get anything we want whenever we want it, delivered to our own doorstep. We can shop at three in the morning or eight at night, ordering jeans tailor-made for our unique body-types. Expectations of personalization and customization that the live performing arts -- which have set curtain times, set venues, attendant inconveniences of travel, parking and the like -- simply can not meet. And we're all acutely aware: what's it going to mean in the future when we ask someone to pay a hundred dollars for a symphony, opera or ballet ticket, when that cultural consumer is used to downloading on the internet 24 hours a day for 99 cents a song or for free? These are enormous questions for those of us who work in this terrain. But as particular as they feel to us, we know we're not alone.

All of us are engaged in a seismic, fundamental realignment of culture and communications, a realignment that is shaking and decimating the newspaper industry, the magazine industry, the book and publishing industry and more. Saddled in the performing arts as we are, by antiquated union agreements that inhibit and often prohibit mechanical reproduction and streaming, locked into large facilities that were designed to ossify the ideal relationship between artist and audience most appropriate to the 19th century and locked into a business model dependent on high ticket revenues, where we charge exorbitant prices. Many of us shudder in the wake of the collapse of Tower Records and ask ourselves, "Are we next?" Everyone I talk to in performing arts resonates to the words of Adrienne Rich, who, in "Dreams of a Common Language," wrote, "We are out in a country that has no language, no laws. Whatever we do together is pure invention. The maps they gave us are out of date by years." And for those of you who love the arts, aren't you glad you invited me here to brighten your day?

(Laughter)

(Applause)

Now, rather than saying that we're on the brink of our own annihilation, I prefer to believe that we are engaged in a fundamental reformation, a reformation like the religious Reformation of the 16th century. The arts reformation, like the religious Reformation, is spurred in part by technology, with indeed, the printing press really leading the charge on the religious Reformation. Both reformations were predicated on fractious discussion, internal self-doubt and massive realignment of antiquated business models. And at heart, both reformations, I think were asking the questions: who's entitled to practice? How are they entitled to practice? And indeed, do we need anyone to intermediate for us in order to have an experience with a spiritual divine?

Chris Anderson, someone I trust you all know, editor-in-chief of Wired magazine and author of "The Long Tail," really was the first -- for me -- to nail a lot of this. He wrote a long time ago, you know, thanks to the invention of the Internet, web technology, mini-cams and more, the means of artistic production have been democratized for the first time in all of human history. In the 1930s, if any of you wanted to make a movie, you had to work for Warner Brothers or RKO because who could afford a movie set and lighting equipment and editing equipment and scoring and more? And now who in this room doesn't know a 14 year-old hard at work on her second, third, or fourth movie? (Laughter) Similarly, the means of artistic distribution have been democratized for the first time in human history. Again, in the '30s, Warner Brothers, RKO did that for you. Now, go to YouTube, Facebook; you have worldwide distribution without leaving the privacy of your own bedroom.

This double impact is occasioning a massive redefinition of the cultural market, a time when anyone is a potential author. Frankly, what we're seeing now in this environment is a massive time, when the entire world is changing as we move from a time when audience numbers are plummeting. But the number of arts participants, people who write poetry, who sing songs, who perform in church choirs, is exploding beyond our wildest imaginations. This group, others have called the "pro ams," amateur artists doing work at a professional level. You see them on YouTube, in dance competitions, film festivals and more. They are radically expanding our notions of the potential of an aesthetic vocabulary, while they are challenging and undermining the cultural autonomy of our traditional institutions. Ultimately, we now live in a world defined not by consumption, but by participation.

But I want to be clear, just as the religious Reformation did not spell the end to the formal Church or to the priesthood; I believe that our artistic institutions will continue to have importance. They currently are the best opportunities for artists to have lives of economic dignity -- not opulence -- of dignity. And they are the places where artists who deserve and want to work at a certain scale of resources will find a home. But to view them as synonymous with the entirety of the arts community is, by far, too short-sighted. And indeed, while we've tended to polarize the amateur from the professional, the single most exciting development in the last five to 10 years has been the rise of the professional hybrid artist, the professional artist who works, not primarily in the concert hall or on the stage; but most frequently around women's rights, or human rights, or on global warming issues or AIDS relief for more -- not out of economic necessity, but out of a deep, organic conviction that the work that she or he, is called to do can not be accomplished in the traditional hermetic arts environment.

Today's dance world is not defined solely by the Royal Winnipeg Ballet or the National Ballet of Canada, but by Liz Lerman's Dance Exchange -- a multi-generational, professional dance company, whose dancers range in age from 18 to 82, and who work with genomic scientists to embody the DNA strand and with nuclear physicists at CERN. Today's professional theater community is defined, not only the Shaw and Stratford Festivals, but by the Cornerstone Theater of Los Angeles -- a collective of artists that after 9/11, brought together 10 different religious communities -- the Bahia, the Catholic, the Muslim, the Jewish, even the Native American and the gay and lesbian communities of faith, helping them create their own individual plays and one massive play, where they explored the differences in their faith and found commonality as an important first step toward cross-community healing. Today's performers, like Rhodessa Jones, work in women's prisons, helping women prisoners articulate the pain of incarceration, while today's playwrights and directors work with youth gangs to find alternate channels to violence and more and more and more. And indeed, I think, rather than being annihilated, the performing arts are posed on the brink of a time when we will be more important than we have ever been.

You know, we've said for a long time, we are critical to the health of the economic communities in your town. And absolutely -- I hope you know that every dollar spent on a performing arts ticket in a community generates five to seven additional dollars for the local economy, dollars spent in restaurants or on parking, at the fabric stores where we buy fabric for costumes, the piano tuner who tunes the instruments and more. But the arts are going to be more important to economies as we go forward, especially in industries we can't even imagine yet, just as they have been central to the iPod and the computer game industries, which few, if any of us come have foreseen 10 to 15 years ago. Business leadership will depend more and more on emotional intelligence, the ability to listen deeply, to have empathy, to articulate change, to motivate others -- the very capacities that the arts cultivate with every encounter.

Especially now, as we all must confront the fallacy of a market-only orientation, uninformed by social conscience; we must seize and celebrate the power of the arts to shape our individual and national characters, and especially characters of the young people, who all too often, are subjected to bombardment of sensation, rather than digested experience. Ultimately, especially now in this world, where we live in a context of regressive and onerous immigration laws, in reality TV that thrives on humiliation, and in a context of analysis, where the thing we hear most repeatedly, day-in, day-out in the United States, in every train station, every bus station, every plane station is, "Ladies and gentlemen, please report any suspicious behavior or suspicious individuals to the authorities nearest you," when all of these ways we are encouraged to view our fellow human being with hostility and fear and contempt and suspicion.

The arts, whatever they do, whenever they call us together, invite us to look at our fellow human being with generosity and curiosity. God knows, if we ever needed that capacity in human history, we need it now. You know, we're bound together, not, I think by technology, entertainment and design, but by common cause. We work to promote healthy vibrant societies, to ameliorate human suffering, to promote a more thoughtful, substantive, empathic world order.

I salute all of you as activists in that quest and urge you to embrace and hold dear the arts in your work, whatever your purpose may be. I promise you the hand of the Doris Duke Charitable Foundation is stretched out in friendship for now and years to come. And I thank you for your kindness and your patience in listening to me this afternoon.

Thank you, and godspeed.

私はまさに文化的なものが無いと 生きられない人間です 通勤には iPodが欠かせません ワーグナー モーツァルトに ポップシンガーのクリスティーナ・アギレラや カントリーのジョシュ・ターナー ブラックミュージックのカーク・フランクリン コンサーティーナ 交響曲など 何でも聴きます それと同時に 本の虫でもあります イアン・マキューアンからステファニー・メイヤーまで読みます 「トワイライト」の4部作も読みました 自宅のホームシアターは私の生きがいです DVDやオンデマンドの動画やテレビを 山のように見ています 「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」ですとか ティナ・フェイが出演している「サーティー・ロック」 それに 「ジャッジ・ジュディ」 -実際の事件の当事者が 本物の判決を求めて争う番組です 私と同じように これらのものが好きな人は多いでしょう 特に 「ジャッジ・ジュディ」はファンが多いです 彼女を降板させようなんて人がいたら 誰もが断固として抗議します しかし 私が最も情熱を傾けているのは パフォーミングアーツです オーケストラに ジャズ モダンダンス オペラ 劇場などへの情熱です

実のところ こうした業界で働く人の多くが テクノロジーの力より 仕事が危機にさらされ 職を失ってしまうかもしれないと 恐れています 初め インターネットは あらゆる問題を解決する 素晴らしいマーケティングツールになると 歓迎されていましたが 今では むしろ強力すぎるものであると 私たちは 気付いています 事情はそれぞれ異なっていますが 芸術団体やアーティストは チケットの潜在的な購買者の 関心を引こうと 普通の人が1日に見るであろう 3000から5000ほどの様々な宣伝と 競い合っています ですから 私たちにとってテクノロジーは 娯楽時間をめぐる最大の競争相手なのです 5年前 30代は主にテレビそして多少インターネットに 20.7時間を費やしていました 20代はもっと長くて23.8時間 しかも大半はインターネットでした そして今 ほとんどの大学生が 入学までに 2万時間を オンラインで過ごし 1万時間を ビデオゲームに費やしています 私たちは ビデオゲームの販売が 音楽と映画を合わせたよりも多いという 文化的状況の中で 暮らしているのです

私たちはさらに 文化的な消費行動の前提を テクノロジーが変えてしまったのではないかと恐れています インターネットのおかげで いつでも欲しいものが手に入るようになりました 玄関先まで配達してくれます 自分の体形にあったオーダーメイドのジーンズを 午前3時でも夜の8時でも 買うことができます パフォーミングアーツには 特定の開演時間 会場 アクセスの難しさ 駐車など 制約が伴うので 個別に合わせたり 好きなように変えたいという 要望には応えられません ネット上で24時間いつでも 99セント あるいは無料で 音楽をダウンロードすることに 慣れた消費者に 交響曲 オペラ バレエのチケットに 100ドルの支払いを求めることは この先 どうなっていくのでしょうか この分野で仕事をしている私たちにとって 非常に大きな問いです しかし これは 私たちに限ったことではありません

我々は皆 文化と情報技術の 根本的な再構築の最中にいます その再構築は 新聞 雑誌 本 出版などの産業を 揺さぶり 壊しています パフォーミングアーツの世界では 時代遅れの労働協約が デジタルのコピーやストリーミングを 抑制 禁止しています また 19世紀に理想的だった アーティストと観客の関係にとらわれ 大きな施設にこだわり続けていますし チケットに途方もない金額をつけ 収益を上げるというビジネスモデルから 抜け出せずにいます 私たちはタワーレコードの破綻に直面して 「明日は我が身なのだろうか」と不安を抱いています 私が知っているパフォーミングアーツ関係者の誰もが アドリエンヌ・リッチの著作の 『共通言語の夢』の一節のような気持ちでいます 「私たちは言語も法律も無い国に 投げ出されてしまった 何もかもを創造しなければいけない 手の中にある地図は もう何年も前のものだ」 パフォーミングアーツを愛する方は 私がここに呼ばれていて良かった と思いませんか?

(笑)

(拍手)

私は パフォーミングアーツが 絶滅に瀕していると考えるよりも 16世紀の宗教改革のような変革の時期にいると 捉えたいと思います 芸術の変革は 宗教改革と同じように 技術によって拍車がかけられています 実際のところ 宗教改革では 印刷機が変化を先導しました どちらの改革も 激しい議論と 内部の自信喪失と 時代遅れな体制の大規模な再構築が 基礎となっています そして本質的に どちらの改革も このような問いを提起しています 行う権利を持つのは誰か? なぜそれを行う権利があるのか? 神秘性や霊性を 経験するために 誰か仲介者が必要なのか?

ワイアード誌の編集長で『ロングテール』の著者である クリス・アンダーソンは このことを最初に問題提起した人だと思います 彼は何年も前に インターネット WEBテクノロジー 小型カメラの出現により 芸術的創作の手段が 人類の歴史上で初めて 民主化されたのだと 書いています 1930年代 映画を作りたいと思ったら誰でも ワーナーブラザーズかRKOで働く必要がありました そうでなければ 誰が 撮影 照明 編集 記録などのための機材を 用意できたでしょうか? しかし今 映画を次々に制作している14歳の少女がいることを この部屋の中で知らない人がいるでしょうか? (笑) 同じように 芸術の配給の手段も 人類の歴史の中で 初めて民主化されました 1930年代ではワーナーブラザーズとRKOが配給も行っていました 今では YouTubeやフェイスブックがあります 自らの寝室にいながらにして 世界中へ作品を広めることができるのです

この2つの変化は 文化的なマーケットに 大きな再定義を引き起こしています 現在では 誰もが潜在的な創作者です 今 私たちが目にしているのは 世界全体が変化している 激動の時代です 観客の数は急速に落ち込んでいます しかし 詩を書く人 歌う人 教会のコーラスに加わる人 など パフォーミングアーツの参加者は 想像を遥かに超えて拡大しています このような プロ並みのレベルを持つアマチュアは アマチュアプロフェッショナルとも 呼ばれています 彼らの姿は YouTubeの動画 ダンス大会 映画祭などで 見かけることができます 彼らは 芸術が持つ可能性に対する 私たちの認識を大きく押し広げる一方で 伝統的な芸術機関が持つ文化自治権に 異議を申し立てその力を弱体化させています 突き詰めると 私たちは 消費ではなく 参加によって特徴づけられる 世界に生きていると言えます

しかし私は はっきりと申し上げます 宗教改革が 教会組織や司祭という存在に 終わりを告げたのではないように 芸術機関は これからも 重要な意味を持ち続けます アーティストが経済的に尊厳を持った生活を 送るための最高の機会を提供します 贅沢ではなく 尊厳です また ある程度の資金や人員を使いこなすことができ それを望んでいるアーティストが 拠点とすべき場所でもあります しかし 芸術団体が アートのコミュニティの全てであると 捉えることは 間違いなく短絡的です 私たちは確かに アマチュアとプロを 対極的なものと考えてしまいがちです しかしこの5~10年の間に 非常に面白い変化が起きています プロの中で コンサートホールや舞台で活躍することを 活動の中心に置くのではなく 女性の権利 人権 あるいは地球温暖化問題や エイズ救済などのために 力を注ぐアーティストが増えているのです 彼らは経済的な必要に迫られて ではなく 従来の閉ざされたアートの環境では 達成できないことをやるという 自らの深い信念に基づいて 行動しています

現在のダンスシーンをリードするのは ロイヤルウィニペグバレエ団やカナダ国立バレエ団だけでなく リズ・ラーマン ダンスエクスチェンジ という プロの多世代ダンスカンパニーもあります ダンサーは18歳から82歳までいて 遺伝子科学者とともに DNAのらせん構造をダンスで表現したり 欧州原子核研究機構の原子物理学者と協同しています 現在のプロの演劇コミュニティにとって ショー演劇祭 ストラットフォード演劇祭だけでなく ロサンゼルス コーナーストーン劇場の存在も 非常に重要です これは9.11の後に バイア カトリック イスラム ユダヤ それにネイティブアメリカン ゲイやレズビアンのコミュニティなど 10の異なる信仰や信条を持つコミュニティから集まった アーティストの共同体です 参加者の個人プロジェクトに加え 1つの大きな演劇を作り上げ 信条の違いを探り共通点を見つけ出すことで コミュニティの壁を越えた癒しへの 大事な一歩を踏み出すこととなりました ローデッサ・ジョーンズのようなパフォーマーは 女性拘置所で 囚人が 投獄の苦痛をはっきり言葉にできるようにサポートしています 脚本家や監督は 若者が暴力ではない手段を 見つけられるよう取り組んでいます 他にもまだまだ例はあります 実際 パフォーミングアーツは 絶滅の危機に立たされているというより かつてないほど重要な役割を 持たんとしているのだと思います

私どもが長く主張してきたように 芸術は地域経済に欠かせないものです 実際に チケット代に1ドルが支払われると 5ドルから7ドルのお金が 地域経済に入ることになります レストランでの食事代 駐車代 衣装のために生地を買ったり ピアノを調律したりすること などによる効果です しかし 芸術は経済にとって 今後 さらに重要になっていきます 特に 今は想像もできないような分野でそうなるでしょう 芸術がiPodやビデオゲームの世界で 中心的な役割を果たすようになるなど 10~15年前に予想した人は ほとんどいなかったはずです ビジネスのリーダーシップでは 傾聴し 共感をし 変化の方向を示し 他者を動機づける能力である EQ(感情的知性)の重要性が どんどん大きくなっています 芸術はまさにこの能力を さまざまな機会を通じて育みます

市場のみに目を向けることの過ちや 社会的良心がうまく機能していないことに 私たちは立ち向かわなければなりません 私たちは 個人や国の特徴を形作るために パフォーミングアーツの力を理解し 称賛するべきなのです 特に若者の個性は重要です 彼らは経験をきちんと消化するよりも 感情の衝動に囚われやすいからです 最後になりますが 今 私たちが住む世界では 移民法が退行して重荷となり 恥を売りにしたリアリティTVが盛り上がり アメリカの駅 バス停 空港では 朝も夜も こんな言葉を 繰り返し聞かされます 「皆様 不審な人物や 不審な物を見かけた際は お近くの職員まで お知らせください」 これでは 私たちは隣人を 敵意と 恐怖と 侮蔑と 疑いを持って見るようになっています

しかし芸術は 人々をまとめ 自分とは違う人々にも 寛容さと好奇心を持って向き合うことを促します このようなパフォーミングアーツの可能性が 必要な時が人間の歴史上にあるとしたら それはまさしく今です ここにいる私たちは 私が思うに テクノロジーとエンターテインメントとデザインによってではなく 共通の目的によって 集まっています 私たちは 社会の活力を高め 人々の苦しみを和らげ より思いやりがあり 確かで 共感的な 世界の秩序を作ることに 取り組んでいます

それを追求して日々努力している皆様には 何を目指していようとも 日常の中にパフォーミングアーツを抱いてほしいと思います ドリス・デューク慈善財団が 今後にわたり 友情の手を差し伸べることを約束します ご清聴ありがとうございます

皆様の幸運をお祈りします

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画