TED日本語 - A.J. ジェイコブス: いかにして健康的な生活に殺されそうになったか

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - A.J. ジェイコブス: いかにして健康的な生活に殺されそうになったか

TED Talks

いかにして健康的な生活に殺されそうになったか
How healthy living nearly killed me
A.J.ジェイコブス
AJ Jacobs

内容

A.J.ジェイコブスは丸1年間、ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗ることからショッピング中にヘルメットをかぶることまで、ありとあらゆる健康に関するアドバイスを実践しました。 TEDMEDのステージで、彼が学んだ驚くべき事柄を教えてくれています。

Script

I've spent the last decade subjecting myself to pain and humiliation, hopefully for a good cause, which is self-improvement. And I've done this in three parts. So first I started with the mind. And I decided to try to get smarter by reading the entire Encyclopedia Britannica from A to Z -- or, more precisely, from "a-ak" to "Zywiec." And here's a little image of that. And this was an amazing year. It was really a fascinating journey. It was painful at times, especially for those around me. My wife started to fine me one dollar for every irrelevant fact I inserted into conversation. So it had its downsides.

But after that, I decided to work on the spirit. As I mentioned last year, I grew up with no religion at all. I'm Jewish, but I'm Jewish in the same way the Olive Garden is Italian. (Laughter) Not really. But I decided to learn about the Bible and my heritage by actually diving in and trying to live it and immerse myself in it. So I decided to follow all the rules of the Bible. And from the Ten Commandments to growing my beard -- because Leviticus says you can not shave. So this is what I looked like by the end. Thank you for that reaction. (Laughter) I look a little like Moses, or Ted Kaczynski. I got both of them. So there was the topiary there. And there's the sheep.

Now the final part of the trilogy was I wanted to focus on the body and try to be the healthiest person I could be, the healthiest person alive. So that's what I've been doing the last couple of years. And I just finished a couple of months ago. And I have to say, thank God. Because living so healthily was killing me. (Laughter) It was so overwhelming, because the amount of things you have to do, it's just mind-boggling. I was listening to all the experts and talking to sort of a board of medical advisers. And they were telling me all the things I had to do. I had to eat right, exercise, meditate, pet dogs, because that lowers the blood pressure. I wrote the book on a treadmill, and it took me about a thousand miles to write the book. I had to put on sunscreen. This was no small feat, because if you listen to dermatologists, they say that you should have a shot glass full of sunscreen. And you have to reapply it every two to four hours. So I think half of my book advance went into sunscreen. I was like a glazed doughnut for most of the year. There was the washing of hands. I had to do that properly. And my immunologist told me that I should also wipe down all of the remote controls and iPhones in my house, because those are just orgies of germs. So that took a lot of time.

I also tried to be the safest person I could be, because that's a part of health. I was inspired by the Danish Safety Council. They started a public campaign that says, "A walking helmet is a good helmet." So they believe you should not just wear helmets for biking, but also for walking around. And you can see there they're shopping with their helmets. (Laughter) Well yeah, I tried that. Now it's a little extreme, I admit. But if you think about this, this is actually -- the "Freakonomics" authors wrote about this -- that more people die on a per mile basis from drunk walking than from drunk driving. So something to think about tonight if you've had a couple.

So I finished, and it was a success in a sense. All of the markers went in the right direction. My cholesterol went down, I lost weight, my wife stopped telling me that I looked pregnant. So that was nice. And it was successful overall. But I also learned that I was too healthy, and that was unhealthy. I was so focused on doing all these things that I was neglecting my friends and family. And as Dan Buettner can tell you, having a strong social network is so crucial to our health.

So I finished. And I kind of went overboard on the week after the project was over. I went to the dark side, and I just indulged myself. It was like something out of Caligula. (Laughter) Without the sex part. Because I have three young kids, so that wasn't happening. But the over-eating and over-drinking, definitely. And I finally have stabilized. So now I'm back to adopting many -- not all; I don't wear a helmet anymore -- but dozens of healthy behaviors that I adopted during my year. It was really a life-changing project. And I, of course, don't have time to go into all of them. Let me just tell you two really quickly.

The first is -- and this was surprising to me; I didn't expect this to come out -- but I live a much quieter life now. Because we live in such a noisy world. There's trains and planes and cars and Bill O'Reilly, he's very noisy. (Laughter) And this is a real underestimated, under-appreciated health hazard -- not just because it harms our hearing, which it obviously does, but it actually initiates the fight-or-flight response. A loud noise will get your fight-or-flight response going. And this, over the years, can cause real damage, cardiovascular damage. The World Health Organization just did a big study that they published this year. And it was done in Europe. And they estimated that 1.6 million years of healthy living are lost every year in Europe because of noise pollution. So they think it's actually very deadly.

And by the way, it's also terrible for your brain. It really impairs cognition. And our Founding Fathers knew about this. When they wrote the Constitution, they put dirt all over the cobblestones outside the hall so that they could concentrate. So without noise reduction technology, our country would not exist. So as a patriot, I felt it was important to -- I wear all the earplugs and the earphones, and it's really improved my life in a surprising and unexpected way.

And the second point I want to make, the final point, is that -- and it's actually been a theme of TEDMED -- that joy is so important to your health, that very few of these behaviors will stick with me unless there's some sense of pleasure and joy in them. And just to give you one instance of this: food. The junk food industry is really great at pressing our pleasure buttons and figuring out what's the most pleasurable. But I think we can use their techniques and apply them to healthy food. To give just one example, we love crunchiness, mouthfeel. So I basically have tried to incorporate crunchiness into a lot of my recipes -- throw in some sunflower seeds. And you can almost trick yourself into thinking you're eating Doritos. (Laughter) And it has made me a healthier person.

So that is it. The book about it comes out in April. It's called "Drop Dead Healthy." And I hope that I don't get sick during the book tour. That's my greatest hope.

So thank you very much.

(Applause)

私はこの10年間というもの 自己改革という大義名分のもと 自分自身に 苦痛と屈辱を与え続けてきました これを三つの分野で行いました 最初に知性の向上から始めました ブリタニカ百科事典のAからZまでの すべてを読破することで 賢くなろうと決意しました "a-ak"から"Zywiec"まですべてです これがそのときの写真です この年はすばらしい年でした 本当に興味深い期間でした その当時は苦痛でしたけど 特に私の周囲の人々にとっては 妻は1ドルの罰金を取り始めました 私が会話に関係のない事実をさしはさむごとにです そう 悪い点はありましたね

その次に私は 精神の向上に取り組みました 昨年言及しましたが 私は宗教とは無縁で育ちました 私はユダヤ教徒ですが それは 「オリーブ・ガーデン」はイタリア料理店だというようなものです (笑) 本物ではありません しかし私は聖書と自分の伝統を学ぼうと決心し 実際に その中に飛び込み 宗教にどっぷりとつかろうとしました そこで聖書に書かれているすべてのルールに従おうとしました 十戒に従い ひげを伸ばし始めました レビ記に剃ってはならないとあるからです 最終的にこんな感じになりました 笑ってくれてありがとう (笑) ちょっとモーゼか あるいは爆弾テロ犯の テッドカジンスキーにも似てますね そしてこれが その時の写真です 羊もいますね

さて 三分野の最後の挑戦として 身体の向上に取り組みました この世で最も 健康的な人物になろうとしました これをここ2年ほど続けていて 数ヶ月前に終わらせたのです やれやれ というところです なぜなら健康的すぎる生活に殺されそうだったからです (笑) 本当に圧倒されてしまいました しなければならない事の多さに 気が遠くなりそうでしたから 私はすべての専門家の意見を聞き 医療関係の人たちとも話をしました 彼らは私に私がするべきすべてのことを 教えてくれました 正しい食事を取りなさい 運動し 瞑想し 犬をなでなさい それは血圧を下げる効果があるから 私はルームランナーに乗りながら執筆し 本を書き終えるまでに 約千マイル走りました 日焼け止めを塗る必要がありました これは大変でした なぜなら皮膚科医によれば ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗り それを2時間おきに繰り返さないといけないからです おかげで本の前払い金の半分を 日焼け止めにつぎこむはめになりました まるで砂糖がけのドーナッツみたいになって 1年のほとんどをすごしました 手洗いも実行しました 徹底的にやる必要がありました 免疫学者によれば リモコンやiPhoneなども 細菌がたっぷりついているので 拭き取らなければならないとのことでした これにはすごい時間がかかりました

また 私は安全にもできるだけ気をつけました それも健康の一部だからです デンマークの安全委員会に 啓蒙されました 彼らは「歩行ヘルメットを被ろう」という 公共キャンペーンをしていました それによると ヘルメットは2輪車に乗るときだけでなく 道を歩くときも被るべきだというのです こちらのポスターでは 買い物中に ヘルメットを着用しています (笑) ええ これも試しました ちょっと行きすぎですよね でも考えてみてください 「ヤバい経済学」の著者によれば 1マイルあたりの死亡率は 実際には 飲酒運転より 飲酒歩行のほうが高いのです 今晩何杯か飲んだら このことを考えてみてください

そして私はこれらをやり遂げました ある意味でこれは成功でした 検査値はすべて改善に向かっていました コレステロール値は下がり 体重は減り 妻は私が妊娠してるみたいだと言わなくなりました だからよかったです ほとんど成功と言ってよいでしょう しかし 健康すぎるということは 不健康だということを知りました これらすべてを実行することに集中するあまり 友人や家族と疎遠になっていたのです ダン・ビュイトナーも言うように 人々と強いつながりをもつことは 私達の健康にはとても重要です

だから健康法はやめにしました このプロジェクトを終えてからの一週間 私は 反動でやりたい放題をしました ダークサイドに落ちて 放蕩にふけりました 映画カリギュラさながらでした (笑) セックス抜きでですけど 私には子供が3人いますから そういうことはしませんでした でも暴飲暴食はもちろんやりました そしてようやく落ち着きを取り戻しました さて 私はもとの生活に戻りました ヘルメットはもはや被りませんが 実践した健康法を 数多く取り入れました これは確かに人生を変えるプロジェクトでした もちろんすべてをお話する時間がないので 二つのことを短くお伝えしたいと思います

一つ目は 自分でも驚いたことに こういう結果になるとは思いませんでしたが 今私は昔よりも静かな生活を送っています 私達は非常に騒音にまみれた世界に生きています 電車や 飛行機 車 それに(FOXニュースの)ビル・オライリー そう 彼は確かにうるさいですね (笑) そしてこれは健康被害として本当に過小評価されています 聴覚を損なうのは言うまでもなく 実際に 攻撃・逃避反応を 引き起こすのです 大きな騒音により 攻撃・逃避反応が 何年間も続くことにより 本当の健康被害が起きます 心臓血管に損傷を与えるのです 世界保健機関は騒音公害について大規模な研究を行い その結果が今年出版されました この研究はヨーロッパで行われました WHOは 騒音公害によって ヨーロッパで毎年160万人の 健康が損なわれていると 推定しています 実際にきわめて有害であると考えられているわけです

そしてまた 騒音はあなたの脳にも非常に悪い影響を与えます 認知機能を損なうのです アメリカ建国の父はこのことを知っていました 憲法の草稿を作る際 議会の外側の石畳に土を敷き詰めることで 集中できるようにしたのです だから 騒音を低減させる技術がなければ 私達の国は存在しえなかったのです 愛国者の一人として これは重要なことだと思いました あらゆる耳栓やイヤフォンを装着した結果 実際に思いもしなかった方法で 生活の質が向上したのです

二つ目には 実際これが最後ですが これはTEDMEDのテーマでもあります 喜びが健康に大変重要だということです いろんな健康法のうち そこに何かしらの楽しみや喜びがない方法は ほとんど長続きしませんでした ひとつだけ例をお教えしましょう 食物です ジャンクフード業界は 私達の快楽のツボを押すことと 満足させる方法を見つけることに 非常に長けています しかし 私達はこの技術を 健康的な食品にも適用することができるのです ひとつだけ例を挙げると 私達はパリポリする食感が大好きです そのため私は この食感を いろんなレシピに取り入れています ひまわりの種をいれるのです これで 自分はドリトスを食べてるんだぞと 自分をほとんどだますことが可能です (笑) このおかげでより健康的になれました

以上です 4月にこのことについて本が出ます ”死ぬほど健康”という題名です ブックツアーの間病気にならないといいなと思ってます それが今一番の願いです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画