TED日本語 - サム・リチャーズ: 共感に関する過激な試み

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - サム・リチャーズ: 共感に関する過激な試み

TED Talks

共感に関する過激な試み
A radical experiment in empathy
サム・リチャーズ
Sam Richards

内容

ペンシルバニア大学で教鞭をとる社会学者のサム・リチャーズは、TEDxPSUでアメリカ人の聴衆に対して、「共感」を体験させるための思い切った試みを段階を踏んで行います。どうしたら、イラクにおける反乱の動機をアメリカ人たちは認識するだけではなく、 理解することまでできるのでしょうか?さらに踏み込んで、 人が他の人に心から共感して理解することは可能なのでしょうか?

Script

My students often ask me, "What is sociology?" And I tell them, "It's the study of the way in which human beings are shaped by things that they don't see." And they say, "So how can I be a sociologist? How can I understand those invisible forces?" And I say, "Empathy. Start with empathy. It all begins with empathy. Take yourself out of your shoes, put yourself into the shoes of another person."

Here, I'll give you an example. So I imagine my life: if a hundred years ago China had been the most powerful nation in the world and they came to the United States in search of coal, and they found it, and, in fact, they found lots of it right here. And pretty soon, they began shipping that coal, ton by ton, rail car by rail car, boatload by boatload, back to China and elsewhere around the world. And they got fabulously wealthy in doing so. And they built beautiful cities all powered on that coal. And back here in the United States, we saw economic despair, deprivation. This is what I saw. I saw people struggling to get by, not knowing what was what and what was next. And then I asked myself the question. I say, "How's it possible that we could be so poor here in the United States, because the coal is such a wealthy resource, it's so much money?" And I realized, because the Chinese ingratiated themselves with a small ruling class here in the United States who stole all of that money and all of that wealth for themselves. And the rest of us, the vast majority of us, struggle to get by. And the Chinese gave this small ruling elite loads of military weapons and sophisticated technology in order to ensure that people like me would not speak out against this relationship. Does this sound familiar?

And they did things like train Americans to help protect the coal. And everywhere, were symbols of the Chinese -- everywhere, a constant reminder. And back in China, what do they say in China? Nothing. They don't talk about us. They don't talk about the coal. If you ask them, they'll say, "Well, you know the coal, we need the coal. I mean, come on, I'm not going to turn down my thermostat. You can't expect that." And so I get angry, and I get pissed, as do lots of average people. And we fight back, and it gets really ugly. And the Chinese respond in a very ugly way. And before we know it, they send in the tanks and then send in the troops, and lots of people are dying, and it's a very, very difficult situation.

Can you imagine what you would feel if you were in my shoes? Can you imagine walking out of this building and seeing a tank sitting out there or a truck full of soldiers? And just imagine what you would feel. Because you know why they're here, and you know what they're doing here. And you just feel the anger and you feel the fear. If you can, that's empathy -- that's empathy. You've left your shoes, and you've stood in mine. And you've got to feel that.

Okay, so that's the warm up. That's the warm up. Now we're going to have the real radical experiment. And so for the remainder of my talk, what I want you to do is put yourselves in the shoes of an ordinary Arab Muslim living in the Middle East -- in particular, in Iraq. And so to help you, perhaps you're a member of this middle class family in Baghdad -- and what you want is the best for your kids. You want your kids to have a better life. And you watch the news, you pay attention, you read the newspaper, you go down to the coffee shop with your friends, and you read the newspapers from around the world. And sometimes you even watch satellite, CNN, from the United States. So you have a sense of what the Americans are thinking. But really, you just want a better life for yourself. That's what you want. You're Arab Muslim living in Iraq. You want a better life for yourself.

So here, let me help you. Let me help you with some things that you might be thinking. Number one: this incursion into your land these past 20 years, and before, the reason anyone is interested in your land, and particularly the United States, it's oil. It's all about oil; you know that, everybody knows that. People here back in the United States know it's about oil. It's because somebody else has a design for your resource. It's your resource; it's not somebody else's. It's your land; it's your resource. Somebody else has a design for it. And you know why they have a design? You know why they have their eyes set on it? Because they have an entire economic system that's dependent on that oil -- foreign oil, oil from other parts of the world that they don't own.

And what else do you think about these people? The Americans, they're rich. Come on, they live in big houses, they have big cars, they all have blond hair, blue eyes, they're happy. You think that. It's not true, of course, but that's the media impression, and that's like what you get. And they have big cities, and the cities are all dependent on oil. And back home, what do you see? Poverty, despair, struggle. Look, you don't live in a wealthy country. This is Iraq. This is what you see. You see people struggling to get by. I mean, it's not easy; you see a lot of poverty. And you feel something about this. These people have designs for your resource, and this is what you see?

Something else you see that you talk about -- Americans don't talk about this, but you do. There's this thing, this militarization of the world, and it's centered right in the United States. And the United States is responsible for almost one half of the world's military spending -- four percent of the world's population. And you feel it; you see it every day. It's part of your life. And you talk about it with your friends. You read about it. And back when Saddam Hussein was in power, the Americans didn't care about his crimes. When he was gassing the Kurds and gassing Iran, they didn't care about it. When oil was at stake, somehow, suddenly, things mattered. And what you see, something else, the United States, the hub of democracy around the world, they don't seem to really be supporting democratic countries all around the world. There are a lot of countries, oil-producing countries, that aren't very democratic, but supported by the United States. That's odd.

Oh, these incursions, these two wars, the 10 years of sanctions, the eight years of occupation, the insurgency that's been unleashed on your people, the tens of thousands, the hundreds of thousands of civilian deaths, all because of oil. You can't help but think that. You talk about it. It's in the forefront of your mind always. You say, "How is that possible?" And this man, he's every man -- your grandfather, your uncle, your father, your son, your neighbor, your professor, your student. Once a life of happiness and joy and suddenly, pain and sorrow. Everyone in your country has been touched by the violence, the bloodshed, the pain, the horror, everybody. Not a single person in your country has not been touched.

But there's something else. There's something else about these people, these Americans who are there. There's something else about them that you see -- they don't see themselves. And what do you see? They're Christians. They're Christians. They worship the Christian God, they have crosses, they carry Bibles. Their Bibles have a little insignia that says "U.S. Army" on them. And their leaders, their leaders: before they send their sons and daughters off to war in your country -- and you know the reason -- before they send them off, they go to a Christian church, and they pray to their Christian God, and they ask for protection and guidance from that god. Why? Well, obviously, when people die in the war, they are Muslims, they are Iraqis -- they're not Americans. You don't want Americans to die. Protect our troops. And you feel something about that -- of course you do. And they do wonderful things. You read about it, you hear about it. They're there to build schools and help people, and that's what they want to do. They do wonderful things, but they also do the bad things, and you can't tell the difference.

And this guy, you get a guy like Lt. Gen. William Boykin. I mean, here's a guy who says that your God is a false God. Your God's an idol; his God is the true God. The solution to the problem in the Middle East, according to him, is to convert you all to Christianity -- just get rid of your religion. And you know that. Americans don't read about this guy. They don't know anything about him, but you do. You pass it around. You pass his words around. I mean this is serious. You're afraid. He was one of the leading commanders in the second invasion of Iraq. And you're thinking, "God, if this guy is saying that, then all the soldiers must be saying that." And this word here, George Bush called this war a crusade. Man, the Americans, they're just like, "Ah, crusade. Whatever. I don't know." You know what it means. It's a holy war against Muslims. Look, invade, subdue them, take their resources. If they won't submit, kill them. That's what this is about. And you're thinking, "My God, these Christians are coming to kill us." This is frightening. You feel frightened. Of course you feel frightened.

And this man, Terry Jones: I mean here's a guy who wants to burn Korans, right? And the Americans: "Ah, he's a knucklehead. He's a former hotel manager; he's got three-dozen members of his church." They laugh him off. You don't laugh him off. Because in the context of everything else, all the pieces fit. I mean, of course, this is how Americans take it, so people all over the Middle East, not just in your country, are protesting. "He wants to burn Korans, our holy book. These Christians, who are these Christians? They're so evil, they're so mean -- this is what they're about." This is what you're thinking as an Arab Muslim, as an Iraqi. Of course you're going to think this.

And then your cousin says, "Hey cuz, check out this website. You've got to see this -- Bible Boot Camp. These Christians are nuts. They're training their little kids to be soldiers for Jesus. And they take these little kids and they run them through these things till they teach them how to say, "Sir, yes, sir," and things like grenade toss and weapons care and maintenance. And go to the website. It says "U.S. Army" right on it. I mean, these Christians, they're nuts. How would they do this to their little kids?" And you're reading this website. And of course, Christians back in the United States, or anybody, says, "Ah, this is some little, tiny church in the middle of nowhere." You don't know that. For you, this is like all Christians. It's all over the Web, Bible Boot Camp. And look at this: they even teach their kids -- they train them in the same way the U.S. Marines train. Isn't that interesting. And it scares you, and it frightens you.

So these guys, you see them. You see, I, Sam Richards, I know who these guys are. They're my students, my friends. I know what they're thinking: "You don't know." When you see them, they're something else, they're something else. That's what they are to you. We don't see it that way in the United States, but you see it that way. So here. Of course, you got it wrong. You're generalizing. It's wrong. You don't understand the Americans. It's not a Christian invasion. We're not just there for oil; we're there for lots of reasons. You have it wrong. You've missed it. And of course, most of you don't support the insurgency; you don't support killing Americans; you don't support the terrorists. Of course you don't. Very few people do. But some of you do. And this is a perspective. Okay, so now, here's what we're going to do.

Step outside of your shoes that you're in right now and step back into your normal shoes. So everyone's back in the room, okay. Now here comes the radical experiment. So we're all back home. This photo: this woman, man, I feel her. I feel her. She's my sister, my wife, my cousin, my neighbor. She's anybody to me. These guys standing there, everybody in the photo, I feel this photo, man. So here's what I want you to do.

Let's go back to my first example of the Chinese. So I want you to go there. So it's all about coal, and the Chinese are here in the United States. And what I want you to do is picture her as a Chinese woman receiving a Chinese flag because her loved one has died in America in the coal uprising. And the soldiers are Chinese, and everybody else is Chinese. As an American, how do you feel about this picture? What do you think about that scene?

Okay, try this. Bring it back. This is the scene here. It's an American, American soldiers, American woman who lost her loved one in the Middle East -- in Iraq or Afghanistan. Now, put yourself in the shoes, go back to the shoes of an Arab Muslim living in Iraq. What are you feeling and thinking about this photo, about this woman?

Okay, now follow me on this, because I'm taking a big risk here. And so I'm going to invite you to take a risk with me. These gentlemen here, they're insurgents. They were caught by the American soldiers, trying to kill Americans. And maybe they succeeded. Maybe they succeeded. Put yourself in the shoes of the Americans who caught them. Can you feel the rage? Can you feel that you just want to take these guys and wring their necks? Can you go there? It shouldn't be that difficult. You just -- oh, man. Now, put yourself in their shoes. Are they brutal killers or patriotic defenders? Which one? Can you feel their anger, their fear, their rage at what has happened in their country? Can you imagine that maybe one of them in the morning bent down to their child and hugged their child and said, "Dear, I'll be back later. I'm going out to defend your freedom, your lives. I'm going out to look out for us, the future of our country." Can you imagine that? Can you imagine saying that? Can you go there? What do you think they're feeling? You see, that's empathy. It's also understanding.

Now, you might ask, "Okay, Sam, so why do you do this sort of thing? Why would you use this example of all examples?" And I say, because ... because. You're allowed to hate these people. You're allowed to just hate them with every fiber of your being. And if I can get you to step into their shoes and walk an inch,one tiny inch, then imagine the kind of sociological analysis that you can do in all other aspects of your life. You can walk a mile when it comes to understanding why that person's driving 40 miles per hour in the passing lane, or your teenage son, or your neighbor who annoys you by cutting his lawn on Sunday mornings. Whatever it is, you can go so far. And this is what I tell my students: step outside of your tiny, little world. Step inside of the tiny, little world of somebody else. And then do it again and do it again and do it again. And suddenly all these tiny, little worlds, they come together in this complex web. And they build a big, complex world. And suddenly, without realizing it, you're seeing the world differently. Everything has changed. Everything in your life has changed. And that's, of course, what this is about.

Attend to other lives, other visions. Listen to other people, enlighten ourselves. I'm not saying that I support the terrorists in Iraq, but as a sociologist, what I am saying is I understand. And now perhaps -- perhaps -- you do too.

Thank you.

(Applause)

よく学生に質問されます 「社会学ってなんですか?」と 私の答えは「それは人間を 形作っている目に見えない 何かについて学ぶ学問」です すると「見えないものを学ぶ? いったいどうやって?」と聞かれます 私の答えは「自己移入すること」です つまり 理解したい相手に共感することです そこから全てが始まるのだと教えます 自分の立場や見方を離れて 他の人の立場になってみることです

例を挙げてみましょう 例えば100年前に中国が 世界一の大国で 私がその世界に生きてたとします 中国は石炭を求めて アメリカにやってきます そして大量の石炭を見つけます 彼らは すぐに石炭を運び出すようになります 何トンも何トンも 中国にだけではなく世界中に 船や車で運んでいきます そして そこからとてつもない利益を得ます その財で立派な街を作りました 石炭で支えられた街です 一方 ここ アメリカでは 人々は貧困にあえいでいます こういった状況です アメリカでは人々は生きていくのがやっとで なぜ自分たちが貧しいのかすら分かりません そこで私は疑問に思います どうして石炭が沢山あるアメリカが こんなに貧困に陥ってしまうのか? 石炭は儲かるんじゃないのか? そこで私は気づきます 中国は アメリカのほんの一握りの 支配階級にうまく取り入って 彼らとともに富を独占しているのです 一方 アメリカのほとんどの人々は 貧困に苦しんでいます 中国はこの一握りの支配階級に 軍事力と進んだ技術を分け与え 私のような被支配階級の人々が 文句を言わないようにさせているのです なんだか聞き覚えがあると思いませんか?

彼らはアメリカ人を訓練して 石炭を守らせます いたるところに中国のシンボルがあって その存在を誇示しています でも 中国の本国では アメリカをどう思っているのでしょうか? アメリカの事も石炭の事も話題にすらなっていません 人々に聞いてみても 「石炭は必要」と答えるのみです そして「暖房を切るなんてありえない それは無理な相談だ」と言います その態度に私がとても憤慨し 多くのアメリカ人も憤慨して 反乱を起こしても改善するどころか 中国は卑劣な方法でやり返してきます いつの間にか戦車を送り込んで 軍隊を派遣してきます 多くの人が死んでいき とてもつらく苦しい状態です

もしあなたがそんな状況にいたら どう思いますか? 想像できますか?たとえばこのビルを 1歩出たら 周りには戦車と 兵士がうようよいるんです どんな気分か想像してください あなたはどうして軍隊がいるか知っています きっと怒りと恐怖を感じるでしょう それが「共感」するということです 他人の立場や状態になって感じて考えることです どうです?できましたか?

でも これは本番じゃなくて まだ準備運動です さて ここからが本番の 「過激な試み」です 皆さんに次にやっていただきたいのは もし自分がイスラム教徒で― 中東のイラクに住んでいる ごく一般的なイスラム人だと 想像する事です もう少し具体的にしましょう あなたはバグダッドにすむ一般的な中流家庭で 子供の成長を楽しみにしてて 良い暮らしをさせたいと思っています TVや新聞を見ながら 友達とコーヒーを片手に 世界のニュースに気を配っています それどころか 衛星放送で アメリカのCNNすら見ています だから アメリカ人の生活や考え方も知っています 良い生活をするために努力している どこにでもいる一般的な人間です あなたがイラクに住むごく普通の イスラム人だと思ってみてください

さて イラクの一般的なイスラム人に なったところで考えてほしいことが いくつかあります まず この20年以上にわたる イラクへの侵略の原因であり 外国 特にアメリカがイラクに関心を持つのは 石油があるからです 誰もが知ってることです アメリカ人も石油が大切だと知っています なぜなら誰もがイラクの石油を 欲しがっているからです でもそれはイラクの石油です あなたの国の資源です 誰かがその石油を牛耳っています どうしてそうなのか? どうして彼らが石油に目をつけたのか? それは 彼らの社会が石油に しかも外国の石油に 頼っているからです 自国では採れない石油に頼っているからです

そんなアメリカ人たちをどう思いますか? 彼らは金持ちで 大きな家に住み立派な車を持ち 青い眼に金髪で幸せに暮らしています もちろん全部のアメリカ人がそうではありません でもメディアから受ける印象はそうです 石油の恩恵を受けて 大都市を築きあげています 一方 あなたの母国のイラクでは 貧困 絶望 辛苦が満ちています イラクでの生活は楽ではありません 国が貧しいからです あなたが目にするのは 母国の人々の苦しい暮らしぶりです 多くの人が貧困に喘いでいます どう思いますか? 資源を奪った人々の暮らしと あなたの周りで起きていることの違い

そしてアメリカ人は話題にしないが アメリカ人以外は話題にする 軍備についての話 アメリカは世界の軍事の中心で 世界中の軍事費の およそ半分をアメリカは 使っています 世界人口のたった4%の国なのにです あなたはイラクでそれを実感しています 毎日の生活でそれを見せつけられています そのことについて友人と話したり 読んだりもします サダム・フセインが政権にいた頃は アメリカはそれに口を出してきませんでした フセインがクルド人やイランを攻撃しても アメリカは何もしませんでした でも石油が絡んだとたん 口を出してくるようになりました まさに今のようになったわけです アメリカは世界の 民主主義の中心を自負していますが 彼らが援助する国が実際には 民主主義かどうかは関係ないことに気づきます 多くの石油産出国は 民主主義国ではないがアメリカは援助しています おかしな話です

そしてこの2度の侵略戦争や 10年に及ぶイラクへの制裁措置 そして 8年間のアメリカによる占領支配 それに対するイラク人による暴動で 何千何百という人々が 国民が死にました すべて石油のせいです そのことが頭を離れません 議論を交わして 常にそのことを考えています 「どうしてなんだ?」 みんな同じ気持ちです あなたの祖父も 叔父も 父も 息子も 先生も生徒も隣近所の人もです かつての幸せな日々は失われ 突如 苦痛と悲しみに襲われます 国中の誰も彼もが 暴力にさらされています 虐殺や 苦痛をうけたり 皆が恐怖に怯えています イラク国民の全てが 例外なく苦境に喘いでいます

でも ふと気がつきます そうじゃない人たちもいます アメリカ人たちです あなたはその理由を考えます あなたと彼らの違いは何か? 彼らはキリスト教徒でした 十字架と聖書をもったキリスト教徒 聖書には小さな記号があります そこには”米軍”と書いてあります アメリカ人の指導者たちは 子供たちを戦場に 送り込む前や 兵士をこの国に 送り込む前に 教会に行って神に祈ります 神に兵士たちの無事を祈っています 何をでしょう? つまり彼らの望みでは 戦争で死ぬのは敵国の人間で アメリカ人ではないのです だからアメリカ兵の無事を祈るのです でも ひっかかることもあります 不思議な事に アメリカ人は良い行いもしています あなたはそれも知っています 彼らは学校を作り人々を助けています でもひどいこともしています その違いがあなたには理解できません

例えばこの男 ウィリアム・ボイキン 彼はキリストだけが正しい神で 他の神は間違っていると主張している 彼は 中東問題の解決には すべての人がキリスト教徒に 改宗すればいいと主張しています ボイキンはアメリカ人の間では あまり知られてないが あなたは彼を知っている 彼のことを他の人にも伝えます これは由々しき事です ボイキンはイラク駐留米軍では高い地位にいます あなたはこう思います 「なんてことだ 米軍全部が彼と同じに違いない」と さらに別の話も聞こえてきます ジョージ・ブッシュがこの戦いを聖戦と呼んだのです きっとアメリカ人は「聖戦だって? なんだか知らないけど関係ない」と言うかもしれない でもあなたは聖戦の意味を知っています 聖戦はイスラム教に対する戦いの事です 彼らは侵略と征服を行い 資源を持ち出す 反抗すれば殺される すべての説明がつきました あなたはこう思います「なんということだ キリスト教徒が私たちを殺しに来る」 恐ろしいことです 震え上がります 

この男はテリー・ジョーンズ イスラム教の経典 コーランを燃やしました アメリカ人からすれば「あいつはイカれてる ヤツの支持者はたった40人だよ」と 笑い飛ばすような馬鹿げたことです でも君は笑い飛ばせません なぜなら全ての情報が ぴったり当てはまるからです これがアメリカのやり方だと理解します だからイラク人だけではなく 中東全体が アメリカと戦っているんだと気付きます 聖なるコーランを燃やしたのは誰だ? キリスト教徒です 「キリスト教徒は邪悪で意地が悪い それ以外の何者でもない」 イラク人として イスラム教徒として あなたはそう考えるようになります そう考えても不思議ではありません

従兄弟が教えてくれました 「このウェブサイトを見てみろよ」 「キリスト教兵士訓練所」とあります キリスト教徒はどうかしている 彼らは小さな子供を兵士にする訓練をしている 幼い子供を訓練して 兵士として洗脳している そして武器や兵器の扱い方を教えている ウェブサイトには 「米軍」と書いてあります あなたは憤ります 「奴らはどうかしている こんな小さな子供まで戦わせるなんて!」と もちろんアメリカの普通のキリスト教徒は 「ああアレはごく少数の人だけだよ」と知っています でもイラクにいるあなたにはそんなことはわかりません あなたにとってはキリスト教徒は全て同じに見えます インターネットの情報が全てなのです 『キリスト教徒兵士訓練所』 米軍の海兵隊と同じ訓練を 子供たちがやっているのが載っています 「なんということだろう」 あなたは恐ろしくなって 恐怖に打ち震えます

この写真に写っている男たち アメリカ人にとっては身近な存在です 彼らはあなたの生徒や友人たちです でもイラク人にとってはそうではありません イラク人が彼らを見るとき アメリカ人から見たのとは まったく別の存在に映ります アメリカにいては見えないことが 見えてきましたか? アメリカ人から見ればこうです あなた方<イラク人>は間違っている 話を広げすぎている アメリカ人を理解していない これはキリスト教の侵略ではなく 石油だけが理由でもなく 色々な原因のためだ あなた方<イラク人>は勘違いしていることになります 一方あなたは暴動を支持してもいないし アメリカ人を殺したいわけではありません テロリストをかばうつもりもありません ほとんどのイラク人が違います でもそう考える人もいます それが全体の姿なのです さて 次にやることは

今の想像をいったんやめて 元にもどってください アメリカにいる自分に戻ってください この部屋にいる自分自身にです ここからが重要なところです 私たちがいるのはアメリカです この写真の女性を見てください 「彼女に共感できる」 あなたはそう思うでしょう 彼女はあなたの妹かもしれない 妻や親戚や知り合いの 誰でもありえます この写真に写っているどの人にも あなたは簡単に共感できる さて ここで試してみて欲しいのは

最初の中国の例に戻ることです 100年前に中国が支配している世界です 中国とアメリカは石炭の事で対立しています この写真の女性は中国人の女性で アメリカでの石炭に関する暴動で 恋人が死んだので 国旗を受け取っていると想像してみてください 周りの人々は中国兵士です または普通の中国人です 敵対するアメリカ人としてこの写真をどう思いますか? この場面から何を感じますか?

じゃあ元に戻りましょう もう一度写真をみてください 今度はアメリカの米軍兵士と 中東で愛する人を失った アメリカ人の女性として見てください さてここで もう一度イラクに住む イスラム教徒の立場に なってみてください この写真について  この女性について どう思いますか?

いいですか? ついてきてくださいよ 次がとても難しい だからぜひ一緒にやって欲しいんです 彼らは反乱軍の兵士です アメリカ軍に捕まりました アメリカ人を殺そうとしたからです 実際に殺したんです まずは彼らを捕まえたアメリカ人に なってみてください 憤りを感じますか? この男たちを絞首刑に したいと思いませんか? そう思いますか? 共感するのは難しくないはずです できるでしょう 次は反乱軍兵士になってみてください 彼らは残忍な殺人者でしょうか? それとも熱心な愛国者か? どちらでしょうか? 彼らの国で起こっていることへの 彼らの怒りと 恐怖を 感じることができますか? 想像してみてください きっと彼らは 朝に子供を抱き上げて こう言ったかもしれません 「いい子だね すぐに戻るからね お前たちの 命と自由を守るために この国の未来のために 行ってくるよ」と どうですか? 状況を想像できましたか? 難しいですか? 彼らの気持ちが分かりますか? それこそが「共感」です 理解することでもあります

あなたは多分こう思うでしょう なるほど でもどうしてこんなことを? なぜこの例を取り上げたんだ? その理由は 敵対する相手を 想像するのが最も難しいからです 「共感」するのが一番困難な 相手だからです もしあなたが彼らの気持ちを ほんの少しでも共感できたら たった少しだけでも 理解することができて その気持ちで社会全体を 見ることが出来たとしたら 他の状況での共感は簡単です 例えば追い越し車線を ノロノロ運転するドライバーや 思春期の息子や 日曜の朝っぱらから芝刈りをする 近所の嫌な住人に共感して 理解できるようになるのです どんな立場も共感して理解できるようになります よく学生に言うのですが 君の小さな世界を出て 別の誰かの小さな世界に 入ってみなさい それを何度も何度も繰り返しなさい すると突然その小さな世界が 複雑に絡み合って― 大きな複雑な世界を作り出します そして いつのまにか 世界が違って見えるようになります 全てが変わります 生活の全てが変わるんです それが肝心なのです

他の人に共感して その視点で考える 異なる意見に耳を傾けて 自分を啓蒙するのです 私は別にイラクのテロリストを 支持しているわけではありません でも社会学者として 彼らを理解できると 言っているのです あなたも理解できたと思います

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画