TED日本語 - ワエル・ゴニム: エジプト革命の内幕について

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ワエル・ゴニム: エジプト革命の内幕について

TED Talks

エジプト革命の内幕について
Inside the Egyptian revolution
ワエル・ゴニム
Wael Ghonim

内容

ワエル・ゴニムは政権の暴力による犠牲者を追悼するFacebookのページを開設することで、エジプトの民主的革命のきっかけを手助けしたGoogleの幹部です。TEDxCairoにて、彼はエジプト人が日々「権力を持つ人々よりも民衆の力の方が強い」ことを示し続けた過去2ヶ月間の内幕を語ります。

Script

This is Revolution 2.0. No one was a hero. No one was a hero. Because everyone was a hero. Everyone has done something. We all use Wikipedia. If you think of the concept of Wikipedia where everyone is collaborating on content, and at the end of the day you've built the largest encyclopedia in the world. From just an idea that sounded crazy, you have the largest encyclopedia in the world.

And in the Egyptian revolution, the Revolution 2.0, everyone has contributed something, small or big. They contributed something -- to bring us one of the most inspiring stories in the history of mankind when it comes to revolutions. It was actually really inspiring to see all these Egyptians completely changing. If you look at the scene, Egypt, for 30 years, had been in a downhill -- going into a downhill. Everything was going bad. Everything was going wrong. We only ranked high when it comes to poverty, corruption, lack of freedom of speech, lack of political activism. Those were the achievements of our great regime. Yet, nothing was happening. And it's not because people were happy or people were not frustrated. In fact, people were extremely frustrated. But the reason why everyone was silent is what I call the psychological barrier of fear. Everyone was scared. Not everyone. There were actually a few brave Egyptians that I have to thank for being so brave -- going into protests as a couple of hundred, getting beaten up and arrested. But in fact, the majority were scared. Everyone did not want really to get in trouble.

A dictator can not live without the force. They want to make people live in fear. And that psychological barrier of fear had worked for so many years, and here comes the Internet, technology, BlackBerry, SMS. It's helping all of us to connect. Platforms like YouTube, Twitter, Facebook were helping us a lot because it basically gave us the impression that, "Wow, I'm not alone. There are a lot of people who are frustrated." There are lots of people who are frustrated. There are lots of people who actually share the same dream. There are lots of people who care about their freedom. They probably have the best life in the world. They are living in happiness. They are living in their villas. They are happy. They don't have problems. But they are still feeling the pain of the Egyptian.

A lot of us, we're not really happy when we see a video of an Egyptian man who's eating the trash while others are stealing billions of Egyptian pounds from the wealth of the country. The Internet has played a great role, helping these people to speak up their minds, to collaborate together, to start thinking together. It was an educational campaign.

Khaled Saeed was killed in June 2010. I still remember the photo. I still remember every single detail of that photo. The photo was horrible. He was tortured, brutally tortured to death. But then what was the answer of the regime? "He choked on a pile of hash" -- that was their answer: "He's a criminal. He's someone who escaped from all these bad things." But people did not relate to this. People did not believe this. Because of the Internet, the truth prevailed and everyone knew the truth. And everyone started to think that "this guy could be my brother." He was a middle-class guy. His photo was remembered by all of us.

A page was created. An anonymous administrator was basically inviting people to join the page, and there was no plan. "What are we going to do?" "I don't know." In a few days, tens of thousands of people there -- angry Egyptians who were asking the ministry of interior affairs, "Enough. Get those who killed this guy. To just bring them to justice." But of course, they don't listen. It was an amazing story -- how everyone started feeling the ownership. Everyone was an owner in this page. People started contributing ideas. In fact,one of the most ridiculous ideas was, "Hey, let's have a silent stand. Let's get people to go in the street, face the sea, their back to the street, dressed in black, standing up silently for one hour, doing nothing and then just leaving, going back home." For some people, that was like, "Wow, silent stand. And next time it's going to be vibration." People were making fun of the idea. But actually when people went to the street -- the first time it was thousands of people in Alexandria -- it felt like -- it was amazing. It was great because it connected people from the virtual world, bringing them to the real world, sharing the same dream, the same frustration, the same anger, the same desire for freedom. And they were doing this thing. But did the regime learn anything? Not really. They were actually attacking them. They were actually abusing them, despite the fact of how peaceful these guys were -- they were not even protesting. And things had developed until the Tunisian revolution.

This whole page was, again, managed by the people. In fact, the anonymous admin job was to collect ideas, help people to vote on them and actually tell them what they are doing. People were taking shots and photos; people were reporting violations of human rights in Egypt; people were suggesting ideas, they were actually voting on ideas, and then they were executing the ideas; people were creating videos. Everything was done by the people to the people, and that's the power of the Internet. There was no leader. The leader was everyone on that page. The Tunisian experiment, as Amir was saying, inspired all of us, showed us that there is a way. Yes we can. We can do it. We have the same problems; we can just go in the streets.

And when I saw the street on the 25th, I went back and said, "Egypt before the 25th is never going to be Egypt after the 25th. The revolution is happening. This is not the end, this is the beginning of the end." I was detained on the 27th night. Thank God I announced the locations and everything. But they detained me. And I'm not going to talk about my experience, because this is not about me. I was detained for 12 days, blindfolded, handcuffed. And I did not really hear anything. I did not know anything. I was not allowed to speak with anyone. And I went out. The next day I was in Tahrir. Seriously, with the amount of change I had noticed in this square, I thought it was 12 years. I never had in my mind to see this Egyptian, the amazing Egyptian. The fear is no longer fear. It's actually strength -- it's power. People were so empowered. It was amazing how everyone was so empowered and now asking for their rights. Completely opposite. Extremism became tolerance.

Who would [ have ] imagined before the 25th, if I tell you that hundreds of thousands of Christians are going to pray and tens of thousands of Muslims are going to protect them, and then hundreds of thousands of Muslims are going to pray and tens of thousands of Christians are going to protect them -- this is amazing. All the stereotypes that the regime was trying to put on us through their so-called propaganda, or mainstream media, are proven wrong. This whole revolution showed us how ugly such a regime was and how great and amazing the Egyptian man, the Egyptian woman, how simple and amazing these people are whenever they have a dream.

When I saw that, I went back and I wrote on Facebook. And that was a personal belief, regardless of what's going on, regardless of the details. I said that, "We are going to win. We are going to win because we don't understand politics. We're going to win because we don't play their dirty games. We're going to win because we don't have an agenda. We're going to win because the tears that come from our eyes actually come from our hearts. We're going to win because we have dreams. We're going to win because we are willing to stand up for our dreams." And that's actually what happened. We won. And that's not because of anything, but because we believed in our dream. The winning here is not the whole details of what's going to happen in the political scene. The winning is the winning of the dignity of every single Egyptian.

Actually, I had this taxi driver telling me, "Listen, I am breathing freedom. I feel that I have dignity that I have lost for so many years." For me that's winning, regardless of all the details.

My last word to you is a statement I believe in, which Egyptians have proven to be true, that the power of the people is much stronger than the people in power.

Thanks a lot.

(Applause)

これは革命2.0です 誰も英雄ではありません なぜなら誰もが英雄だったからです 誰もが何かしらの行動を行いました 私たちは皆ウィキベディアを利用します ウィキベディアのコンセプトは あらゆる人がコンテンツに対して協力し合うことにあります そして最後には 世界で最も大きな百科事典を作り上げたのです 世界最大の百科事典を作るという アイディアだけなら突拍子もないと考えられたでしょう

そして 革命2.0である エジプト革命では 誰もが何かに貢献しました 小さな事でも大きな事でも 何かしらに貢献し 人類の 革命の歴史において 最も感動的な物語の一つとして 知れられることになるでしょう 実際に これら全てのエジプト人が 変化していく様子を目で見るのはとても感動的でした 目を向ければ エジプトは 30年の間 衰退の一途を辿っています 全てが悪い方向に向かっていました 全てがうまくいかなくなっていました 私たちが注目されたものといえば 貧困や 汚職 言論の自由への欠如 政治活動の抑制のみです これらは強大な政権が 成し遂げてきたことでした それでも 何も変化は起きませんでした この状況に人々が幸せだったからではなく 不満を抱かなかった訳でもありません 実際 人々は非常に大きな不満を抱いていました それでも 人々が黙っていたのは 恐怖という心理的障壁があったからです 誰もが怖がっていました それでも 何人かの勇敢なエジプト人はいました 数百人単位で抗議運動を行い 袋だたきに遭ったり 逮捕されていた 彼らの勇敢さには感謝せざるをえません それでも 多くの人々は怖がっていました 誰もがトラブルに巻き込まれたくないと 思っていたのです

独裁者は力無しには体制を存続できません 彼らは人々に 恐れを持って生きることを望んでいたのです そして恐怖という心理的障壁が 長い年月にかけて上手く働いていた中で インターネットや ブラックベリー SMSといった技術が普及し始めました これらのおかげで私たちは互いにつながるようになりました Youtube、Twitter、Facebookといったプラットフォームは とても役立っています 「自分は一人じゃないんだ 多くの人々が不満を感じているんだ」と いうことを教えてくれるからです 不満を感じている人々は沢山います 同じ夢を抱いている人々は沢山いるのです 自分たちの自由を気にかける人々は沢山いるでしょう 彼らは多分世界で最も素晴らしい生活を送っています 幸せな生活を送っており 別荘で暮らす人もいるでしょう 彼らは幸せであり 何も不自由していません それでも彼らはエジプト人の痛みを感じ続けているのです

私たちの多くは エジプト人の男性が ゴミを食べている傍ら 他の人々が 国家財政から何十億ものエジプトポンドを かすめ取っている動画を見て とても不快に感じていました インターネットは このような人達に 自身の主張を広げ 互いに協力し 考え始めることを後押しする重要な役割を果たしました それは教育キャンペーンでした

ハーリド・サイードは 2010年の6月に殺害されました 私はまだその写真を覚えています 未だにその写真の詳細を覚えています 写真の内容はとてもひどいものでした 彼は容赦ない 拷問にかけられ 亡くなったのです では 政権側の解答は? 「彼は麻薬入りの袋を飲み込み窒息死した」 それが彼らの答えでした 「こいつは犯罪者だ 自分の犯した罪から逃げようとしたのだ」 でも 人々はこの内容に耳を傾けませんでした 人々は信じなかったのです インターネットによって 真実が明かされ 誰もが真相を知っていました そして誰もが「私の兄弟も同じ目に遭ったかもしれない」と思い始めました 彼は中流階級出身でした 彼の写真は私たち全員の記憶に残ったのです

そしてFacebookのページが作られました 匿名の管理人が 人々にこのページの参加を募っていました 計画は何もありませんでした 「何をすればいいの?」「わからない」 数日後 そこに集まった何万もの 怒れるエジプト人が 内務省に対してこう主張したのです 「もう充分だ この人を殺した人々を捕まえて 裁判にかけさせろ」 しかし 当然政権側は聞く耳を持ちません 本当に驚くべき事でした 誰もが当事者意識を感じ始めたのです 誰もがこのページの管理者でした 人々は次第にアイデアを投稿し始めました 事実 その中の最もとんでもないアイデアの一つが サイレントデモをしようというものでした 人々に道路に出るよう呼びかけ 海側を前に 道路側を背にして 黒ずくめの服を着て 一時間静かに立ち尽くし 何をするでもなく その後その場を離れて 帰宅するというものです ある人々は「すごい サイレントデモね 次からは体も揺らすんじゃないの」と 茶化しました でも 実際人々が道路に出てみると 初回は数千人の人々が アレクサンドリアに集まったのです それは驚くべきことでした すごかったです なぜなら 仮想世界の中での人々の繋がりが 実世界にまで反映されたからです 同じ夢を共有し 同じ不満や怒り そして自由を渇望する人々が このようなことを行ったのです 政権はそれでも何も学ぼうとしませんでした 実際 彼らは人々を攻撃したのです 事実 人々は平和的で 別に抗議もしていないにも関わらず 彼らは人々を弾圧しました そしてチュニジア革命が起きるまで そのような事態が続いたのです

このページが再び 人々によって運営され始めました 匿名管理人としての仕事は アイデアを集め 人々がそれらに投票できる手助けをし 彼らが何を行っているか人々に伝える事です 人々は写真を撮りはじめ エジプトで発生した人権侵害の報告を行い アイデアを出し それらのアイデアに対して投票し 実行に移していました 人々は動画も作ってしました これら全てを人々が 周りの人々のために行ったのです これがインターネットの力です リーダーはいませんでした あのページでは誰もがリーダーだったのです アミルが紹介したチュニジアの実験が私たちを触発し 何か方法があることを証明してくれました そうだ 私たちにもできると 私たちも同じ問題を抱えており そのまま道路に出ればいいんだと

そして 25日に外の光景を見たとき 私は戻ってこう言いました 「25日以降のエジプトは 25日より前のエジプトに絶対に戻らない 革命が起きている これは終わりなんかじゃない 終わりの始まりなんだ」 私は27日の夜に拘束されました 事前に場所などを報告しておいてよかったです それでも彼らは私を拘束しました 私自身の経験については主題ではないのでここでは述べません 私は12日間 目隠しと手錠をはめられ 拘束されました その間 何も聞こえず 何も知らず 誰にも話しかけることが許されませんでした そして釈放されました 次の日 私はタヒール広場にいました この広場に起きていた変化を目の当たりにした私は 本気で 12年間くらい経ったのではと思ってしまいました このようなエジプト人を この驚くべきエジプト人を目にするとは 想像すらしませんでした 恐怖はもはや恐れるものではなくなりました それは実際 力に変わったのです 人々は大きな力を得ました 誰もが力を得て 今や自らの権利を 主張している様子はとても驚くべきものでした まるで逆の状況です 過激主義は忍耐へと変わりました

25日よりも前だったら 数千人のキリスト教徒が祈る傍ら 数千人のイスラム教徒が彼らを守り 数千人のイスラム教徒が祈る傍ら 数千人のキリスト教徒が彼らを守る 驚くべき状況を想像できなかったでしょう 政権が私たちに信じさせようとした いわゆるプロパガンダや主流メディアを通じた あらゆる既成概念が 間違っていたことが証明されたのです この革命全体は私たちに いかに政権が醜く いかにエジプト人の男女が 素晴らしく 驚くべき人々であることを示してくれました 夢を持つごとに 彼らがいかに単純で 驚くべき人々か示してくれたのです

私はそれを目にした時 家に戻って Facebookに書き込みました それは 個人的な信条で 何が起こっているのか 詳細はさておき こう言いました 「私たちは勝ちます 私たちは勝ちます なぜなら私たちは政治を理解していないからです 私たちは勝ちます なぜなら私たちは彼らの汚い手口には乗らないからです 私たちは勝ちます なぜなら私たちは政策を持たないからです 私たちは勝ちます なぜなら私たちの目から流れ出る涙は 私たちの心から生まれているものだからです 私たちは勝ちます なぜなら私たちには夢があるからです 私たちは勝ちます なぜなら私たちはこの夢のために立ち上がる意思があるからです」 そして実際にそうなりました 私たちは勝ったのです それは他でもなく 私たちの夢を信じたからです ここでの勝利は 今後の政治情勢において起きることの詳細とは別の話です ここでの勝利とは 全てのエジプト人の 尊厳への勝利です

実際 あるタクシー運転手が私にこう言いました 「聞いてくれ 俺は今自由の空気を吸っている 俺には今まで何年間も失っていた 尊厳を取り戻した気分なんだ」 私にとって 詳細はさておき それこそが勝利なのです

最後に皆さんに私が信じている信条を紹介します エジプト人が真実であると証明したように 民衆の持つ力は 権力を持つ人々の力よりも はるかに強いということです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画