TED日本語 - パトリシア・ライアン: 英語だけに固執しない!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - パトリシア・ライアン: 英語だけに固執しない!

TED Talks

英語だけに固執しない!
Don't insist on English!
パトリシア・ライアン
Patricia Ryan

内容

TED×Dubaiでの講義で、ベテラン英語教師のパトリシアライアンが、鋭い質問をなげかけます。英語中心の現在の世界は、他の言語による優れた知識の広がりを妨げているのではないか?(例えば、アイシュタインがTOEFLを受けないといけなかったとしたら?)知識を分かち合う事と翻訳の重要性を、熱く語ります。

Script

I know what you're thinking. You think I've lost my way, and somebody's going to come on the stage in a minute and guide me gently back to my seat. (Applause) I get that all the time in Dubai. "Here on holiday are you, dear?" (Laughter) "Come to visit the children? How long are you staying?"

Well actually, I hope for a while longer yet. I have been living and teaching in the Gulf for over 30 years. (Applause) And in that time, I have seen a lot of changes. Now that statistic is quite shocking. And I want to talk to you today about language loss and the globalization of English. I want to tell you about my friend who was teaching English to adults in Abu Dhabi. And one fine day, she decided to take them into the garden to teach them some nature vocabulary. But it was she who ended up learning all the Arabic words for the local plants, as well as their uses -- medicinal uses, cosmetics, cooking, herbal. How did those students get all that knowledge? Of course, from their grandparents and even their great-grandparents. It's not necessary to tell you how important it is to be able to communicate across generations.

But sadly, today, languages are dying at an unprecedented rate. A language dies every 14 days. Now, at the same time, English is the undisputed global language. Could there be a connection? Well I don't know. But I do know that I've seen a lot of changes. When I first came out to the Gulf, I came to Kuwait in the days when it was still a hardship post. Actually, not that long ago. That is a little bit too early. But nevertheless, I was recruited by the British Council, along with about 25 other teachers. And we were the first non-Muslims to teach in the state schools there in Kuwait. We were brought to teach English because the government wanted to modernize the country and to empower the citizens through education. And of course, the U.K. benefited from some of that lovely oil wealth.

Okay. Now this is the major change that I've seen -- how teaching English has morphed from being a mutually beneficial practice to becoming a massive international business that it is today. No longer just a foreign language on the school curriculum, and no longer the sole domain of mother England, it has become a bandwagon for every English-speaking nation on earth. And why not? After all, the best education -- according to the latest World University Rankings -- is to be found in the universities of the U.K. and the U.S. So everybody wants to have an English education, naturally. But if you're not a native speaker, you have to pass a test.

Now can it be right to reject a student on linguistic ability alone? Perhaps you have a computer scientist who's a genius. Would he need the same language as a lawyer, for example? Well, I don't think so. We English teachers reject them all the time. We put a stop sign, and we stop them in their tracks. They can't pursue their dream any longer, 'til they get English. Now let me put it this way: if I met a monolingual Dutch speaker who had the cure for cancer, would I stop him from entering my British University? I don't think so. But indeed, that is exactly what we do. We English teachers are the gatekeepers. And you have to satisfy us first that your English is good enough. Now it can be dangerous to give too much power to a narrow segment of society. Maybe the barrier would be too universal.

Okay. "But," I hear you say, "what about the research? It's all in English." So the books are in English, the journals are done in English, but that is a self-fulfilling prophecy. It feeds the English requirement. And so it goes on. I ask you, what happened to translation? If you think about the Islamic Golden Age, there was lots of translation then. They translated from Latin and Greek into Arabic, into Persian, and then it was translated on into the Germanic languages of Europe and the Romance languages. And so light shone upon the Dark Ages of Europe. Now don't get me wrong; I am not against teaching English, all you English teachers out there. I love it that we have a global language. We need one today more than ever. But I am against using it as a barrier. Do we really want to end up with 600 languages and the main one being English, or Chinese? We need more than that. Where do we draw the line? This system equates intelligence with a knowledge of English, which is quite arbitrary.

(Applause)

And I want to remind you that the giants upon whose shoulders today's intelligentsia stand did not have to have English, they didn't have to pass an English test. Case in point, Einstein. He, by the way, was considered remedial at school because he was, in fact, dyslexic. But fortunately for the world, he did not have to pass an English test. Because they didn't start until 1964 with TOEFL, the American test of English. Now it's exploded. There are lots and lots of tests of English. And millions and millions of students take these tests every year. Now you might think, you and me, "Those fees aren't bad, they're okay," but they are prohibitive to so many millions of poor people. So immediately, we're rejecting them.

(Applause)

It brings to mind a headline I saw recently: "Education: The Great Divide." Now I get it, I understand why people would want to focus on English. They want to give their children the best chance in life. And to do that, they need a Western education. Because, of course, the best jobs go to people out of the Western Universities, that I put on earlier. It's a circular thing.

Okay. Let me tell you a story about two scientists,two English scientists. They were doing an experiment to do with genetics and the forelimbs and the hind limbs of animals. But they couldn't get the results they wanted. They really didn't know what to do, until along came a German scientist who realized that they were using two words for forelimb and hind limb, whereas genetics does not differentiate and neither does German. So bingo, problem solved. If you can't think a thought, you are stuck. But if another language can think that thought, then, by cooperating, we can achieve and learn so much more.

My daughter came to England from Kuwait. She had studied science and mathematics in Arabic. It's an Arabic medium school. She had to translate it into English at her grammar school. And she was the best in the class at those subjects. Which tells us that when students come to us from abroad, we may not be giving them enough credit for what they know, and they know it in their own language. When a language dies, we don't know what we lose with that language.

This is -- I don't know if you saw it on CNN recently -- they gave the Heroes Award to a young Kenyan shepherd boy who couldn't study at night in his village, like all the village children, because the kerosene lamp, it had smoke and it damaged his eyes. And anyway, there was never enough kerosene, because what does a dollar a day buy for you? So he invented a cost-free solar lamp. And now the children in his village get the same grades at school as the children who have electricity at home. (Applause) When he received his award, he said these lovely words: "The children can lead Africa from what it is today, a dark continent, to a light continent." A simple idea, but it could have such far-reaching consequences.

People who have no light, whether it's physical or metaphorical, can not pass our exams, and we can never know what they know. Let us not keep them and ourselves in the dark. Let us celebrate diversity. Mind your language. Use it to spread great ideas.

(Applause)

Thank you very much.

(Applause)

皆さんが何を考えているかわかっていますよ。 私が迷子になったとお思いでしょう。 誰かがステージにやってきて、 やさしく席に案内してくれる。 (笑い声&拍手) ドバイではいつも年寄り扱い。 「休暇でこちらへ?」 (笑い声) 「お子さんを訪ねてですか?」 「どれくらい滞在される予定ですか?」

そうねぇ、長期滞在になるかしら。 実際は、ペルシャ湾岸に住み英語を教えて 30年以上になります。 (拍手) その間、たくさんの変化を見てきました。 ご覧のこの数字、 驚きではありませんか? 今日私がお話したいのは、 言語消滅についてと、 英語の国際化についてです。 アブダビで英語を教えていた、 私の友達の話を紹介しましょう。 ある晴れた日、 彼女は自然に関する単語を教えるため、 生徒をガーデンへと連れて行きました。 しかし、逆に彼女が- 現地の植物のアラビア名や- 薬効、それに、 美容や料理のための使い方などを- 学ぶことになりました。 生徒の知識はどこから来たのでしょう? もちろん、祖父母や- 曾祖父母から受け継いだのでしょう。 ここで、世代を超えての交流が- いかに大切であるかについて- 語るつもりはありません。

しかしながら今日、 言語は思わぬ速さで 消滅しています。 14日に1言語のペースです。 時を同じくして一方で、 英語は誰もが認める国際語です。 何か関係性があるのでしょうか? 定かではありませんが、 私が多くの変化を目の当たりにしてきたのは事実です。 初めてペルシャ湾岸地域に来た時、訪れたのは、 その当時まだ特別任地だったクェートです。 それほど前の事でもありません。 この写真は少し古すぎますけど。 それはさておき、 25名の教師と一緒に、 ブリティッシュ・カウンシルに雇われていました。 クウェートの学校で非ムスリム教師が- 雇われるのは、私達が初めてでした。 英語を教えるのが目的で、 国の近代化と教育を通しての国民活性化を図る、 政府の方針のためでした。 もちろん英国は、石油という富を? 少なからず得た訳です。

さて、 近年の、最も顕著な変化は、 英語教育が、 相互利益のある行いから、 大規模な国際的ビジネスへと- 移行したことです。英語は、外国語として- 教育カリキュラムに組まれるだけでなく、もはや、 英国唯一の影響力を表す- ものでもありません。 世界の、英語を使用する国々において、 圧倒的な力を持つようになりました。 そうですよね? 一流の教育機関は、 世界の大学ランキングによると、 英国かアメリカにある- 大学です。 ですから、みんなが英語を学びたいのは、ごく自然なことなのです。 しかし、もしネイティブスピーカーでなければ、 テストを受けなくてはなりません。

言語能力に基づいて、 生徒を入学を拒否するのは- 正しいことなのでしょうか? とても優秀なコンピューター科学者が- いたとしましょう。 果たして彼は弁護士同等の言葉遣いが必要でしょうか? わたしはそうは思いません。 英語教師は常にそういった人材を拒否してしまいます。 「止まれ」のサインをだして、 半ばで道をふさぎがちです。 「英語を習得できるまで、 彼らの夢が叶うことはない」と。 ここで少し考えてみましょう。 私がオランダ語のみ話す、癌の治療法を知る人物と- 出会ったとしましょう。 私は彼の英国大学入学を拒否するでしょうか? いいえ、そうは思いません。 しかし、これが現状なのです。 英語教師は、いわば門番です。 生徒は最初に、英語の能力が十分であると、 教師に示さなければなりません。 けれど、社会のほんの一握りの人材に- それだけの力があるのは、 危険なことでもあるのです。 世界共通のバリアができてしまいます。

さて、 「でも、」という人もいるでしょう。 「研究などはどうなるの? 全て英語じゃないか」 そう、著作も全て英語です。 出版物も全て英語。 それ自体が今後の見通しを決めています。 英語の必要性を加速させているのです。 それがえんえん続きます。 そこで、翻訳はどうしたのでしょう? イスラムの黄金時代を振り返ると、その頃には、 たくさんの翻訳物が存在しました。 人々は、ラテン語とギリシャ語の書物を、 アラビア語、ペルシア語へ、 そして、ヨーロッパの- ゲルマン系諸言語、ロマンス系諸言語へと- 翻訳し、ヨーロッパの暗黒時代に- 明かりを灯したのです。 ここで強調しておきますが、 私は決して、英語教育、英語教育者に 反対しているわけではありません。 世界共通言語とは、すばらしいものだと思います。 今こそ、共通言語が必要な時代です。 ただ、それを壁として使用することに 反対なのです。 たった600の言語しかない、英語か中国語が主言語の世界を- 果たして、私たちは望んでいるのでしょうか? もっと言語が必要です。ではどこで線を引けばよいのでしょう? 現在のシステムは、 英語能力と知力を- 同等とみなす、 独断的なものです。

(拍手)

ここで言っておきますが、 今日の秀才たちが 敬う偉人たちにとって、 英語は不可欠ではありませんでした。 英語テストも義務ではありませんでした。 よい例は、アインシュタイン。 彼、実は難読症を患っていて、 再教育の対象になっていたんです。 しかし、世界にとってラッキーなことに、 彼は英語のテストを受けなくてもよかった。 米国の英語テスト、 TOEFLが始まったのは 1964年だからです。 今や、世界に広まっています。 英語のテストは数え切れないくらいあって、 何百万人という生徒が- 毎年受けています。 ここにいる私たちにとっては、 試験料金はそれほど高くないかもしれませんが、 何百万という貧しい人々にとっては- 高額で、手も届きません。 この時点で、彼らを拒否してしまっているのです。

(拍手)

ここで、最近目にした見出しを紹介します。 「教育:大いなる隔たり」 そういうことです。 なぜみんな英語に集中するかがわかりました。 みんな子供に最高の機会を与えてあげたい。 そうするには、欧米の教育が必要になる。 なぜなら、もちろん一流の仕事に就けるのは、 さきほど言った、欧米の大学の 卒業者だからです。 一種のサイクルですね。

さてここで、 2人の科学者の話をしましょう。 イギリス人科学者2人。 彼らは、動物の遺伝子と、 前肢、後肢に関する 実験をしていました。 しかし、必要な結果が得られませんでした。 手も足も出ない状態でしたが、 一人のドイツ人科学者がやってきて、 彼らが前肢、後肢、と2つの単語を- 使っていることに気づきました。 遺伝学では2つを区別することはなく、 ドイツ語にも区別はありません。 おみごと! 問題解決です。 何も思いつかなくなったら、 そこで行き詰まりですが、もし別の言語で- 物事を考えることができれば、 協力することにより、 もっとたくさんの事を学び、達成することができるのです。

私の娘が、 クエートからイギリスへやってきました。 彼女は科学と数学をアラビア語中心の学校で、 アラビア語で学びました。 大学進学校では、それを英語に訳さなければなりませんでした。 でも彼女はその科目で とても優秀でした。 このように、私たちは- 海外から生徒が来たとき、 すでに彼らが- 母国語で習得している知識を、 十分に評価していないのではないでしょうか。 言語が消滅するとき、 私たちは何を失うのかを知りません。

最近のCNNのリポートを目にした方もおられると思いますが、 ケニアの羊飼いの男の子に、 ヒーローズアワードが贈られることになりました。 村の他の少年と同じく、 彼は夜、勉強することができませんでした。 灯油ランプの煙が、 目によくなかったからです。 それに、灯油も十分にはありませんでした。 1日1ドルの生活ではほとんど何も買えません。 そこで彼は発明しました。 お金のかからない、太陽ランプ。 今では、彼の村の子供たちは、 電気のある生活をする子供たちと、 同じ成績を学校でおさめています。 (拍手) 彼は受賞時に、 素晴らしい言葉を残しました。 「アフリカの子供たちは、 まだ闇に包まれたこの地を、 光に満ちた大陸へと導くだろう。」 シンプルなアイディアですが、 多大な影響をもたらすでしょう。

光を持たない人々は、 それは物的であれ、比喩的であれ、 テストを通過することができず、 私たちが、彼らの知識を知ることはありません。 彼らや私たちを暗闇に- とどめておく場合ではありません。 多様性を尊重しようではありませんか。 自身の言語を大切にして、 知識を広めていきましょう。

(拍手)

ありがとうございました。

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画