TED日本語 - 9・11テロの苦しみからの解放―許しと友情を見つけた母たち

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - 9・11テロの苦しみからの解放―許しと友情を見つけた母たち

TED Talks

9・11テロの苦しみからの解放―許しと友情を見つけた母たち
The mothers who found forgiveness, friendship
9/11 healing

内容

大切な家族を思いもよらない形で失ったことで、フィリス・ロドリゲスとアイーシャ・エルファフィは強い絆で結ばれました。2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件で、ロドリゲスは息子を亡くし、エルファフィの息子であるザカリアス・ムサウイはテロの関与から有罪判決で終身刑となりました。平和を願う思いから、この二人の母親はお互いを理解し、尊重するようになりました。

Script

Phyllis Rodriguez: We are here today because of the fact that we have what most people consider an unusual friendship. And it is. And yet, it feels natural to us now.

I first learned that my son had been in the World Trade Center on the morning of September 11th, 2001. We didn't know if he had perished yet until 36 hours later. At the time, we knew that it was political. We were afraid of what our country was going to do in the name of our son -- my husband, Orlando, and I and our family. And when I saw it -- and yet, through the shock, the terrible shock, and the terrible explosion in our lives, literally, we were not vengeful. And a couple of weeks later when Zacarias Moussaoui was indicted on six counts of conspiracy to commit terrorism, and the U.S. government called for a death penalty for him, if convicted, my husband and I spoke out in opposition to that, publicly. Through that and through human rights groups, we were brought together with several other victims' families.

When I saw Aicha in the media, coming over when her son was indicted, and I thought, "What a brave woman. Someday I want to meet that woman when I'm stronger." I was still in deep grief; I knew I didn't have the strength. I knew I would find her someday, or we would find each other. Because, when people heard that my son was a victim, I got immediate sympathy. But when people learned what her son was accused of, she didn't get that sympathy. But her suffering is equal to mine.

So we met in November 2002, and Aicha will now tell you how that came about.

(Translator) Aicha el-Wafi: Good afternoon, ladies and gentlemen. I am the mother of Zacarias Moussaoui. And I asked the Organization of Human Rights to put me in touch with the parents of the victims. So they introduced me to five families. And I saw Phyllis, and I watched her. She was the only mother in the group. The others were brothers, sisters. And I saw in her eyes that she was a mother, just like me. I suffered a lot as a mother. I was married when I was 14. I lost a child when I was 15, a second child when I was 16. So the story with Zacarias was too much really. And I still suffer, because my son is like he's buried alive. I know she really cried for her son. But she knows where he is. My son, I don't know where he is. I don't know if he's alive. I don't know if he's tortured. I don't know what happened to him.

So that's why I decided to tell my story, so that my suffering is something positive for other women. For all the women, all the mothers that give life, you can give back, you can change. It's up to us women, because we are women, because we love our children. We must be hand-in-hand and do something together. It's not against women, it's for us, for us women, for our children. I talk against violence, against terrorism. I go to schools to talk to young, Muslim girls so they don't accept to be married against their will very young. So if I can save one of the young girls, and avoid that they get married and suffer as much as I did, well this is something good. This is why I'm here in front of you.

PR: I would like to say that I have learned so much from Aicha, starting with that day we had our very first meeting with other family members -- which was a very private meeting with security, because it was November 2002, and, frankly, we were afraid of the super-patriotism of that time in the country -- those of us family members. But we were all so nervous. "Why does she want to meet us?" And then she was nervous. "Why did we want to meet her?" What did we want from each other? Before we knew each others' names, or anything, we had embraced and wept. Then we sat in a circle with support, with help, from people experienced in this kind of reconciliation. And Aicha started, and she said, "I don't know if my son is guilty or innocent, but I want to tell you how sorry I am for what happened to your families. I know what it is to suffer, and I feel that if there is a crime, a person should be tried fairly and punished." But she reached out to us in that way, and it was, I'd like to say, it was an ice-breaker. And what happened then is we all told our stories, and we all connected as human beings. By the end of the afternoon -- it was about three hours after lunch -- we'd felt as if we'd known each other forever.

Now what I learned from her, is a woman, not only who could be so generous under these present circumstances and what it was then, and what was being done to her son, but the life she's had. I never had met someone with such a hard life, from such a totally different culture and environment from my own. And I feel that we have a special connection, which I value very much. And I think it's all about being afraid of the other, but making that step and then realizing, "Hey, this wasn't so hard. Who else can I meet that I don't know, or that I'm so different from?"

So, Aicha, do you have a couple of words for conclusion? Because our time is up.

(Laughter)

(Translator) AW: I wanted to say that we have to try to know other people, the other. You have to be generous, and your hearts must be generous, your mind must be generous. You must be tolerant. You have to fight against violence. And I hope that someday we'll all live together in peace and respecting each other. This is what I wanted to say.

(Applause)

今日 私たちがここにいる理由は 普通の方ならば 珍しいと思う友情を 築いているからです たしかに珍しいですが 今の私たちには 当然のように感じます

私の息子が ワールドトレードセンターにいたことを知ったのは 2001年9月11日の午前中でした 事件から36時間経つまで 息子の安否は わかりませんでした その時点でわかっていたのは これは政略的な事件であるということ 私たちはアメリカ政府が 私たち家族に代わって 何をするのか心配でした でも 息子が犠牲になり とてつもないほどの ショックを受け 文字通りの意味で 私たちの生活は爆破されましたが 復讐心はありませんでした それから数週間して ザカリアス・ムサウイが テロに関与したとされる6つの訴因で起訴されました アメリカ政府は有罪判決が下された場合 死刑を求刑しましたが 夫と私は反対であることを 公に述べました これがきっかけで また 人権団体を通して 私たちは 他の犠牲者の家族と会いました

アイーシャの息子が起訴されたとき テレビに出ている彼女を見て “なんて勇敢な女性なんでしょう 私も強くなれた時に彼女に会いたい” と思いました 当時はまだ深い悲しみに包まれ その気力がありませんでした でも いつか彼女とは 出会えると思っていました なぜなら 私の息子が犠牲になったことを周囲の人が知ったとき 私はすぐに同情されました でも 彼女の息子が 起訴されたと報道されたとき 彼女は同情されませんでした でも 私たちは同じくらい苦しんでいるのです

私たちは2002年11月に会いました アイーシャから その時のことを お話ししてもらいます

皆さま こんにちは ザカリアス・ムサウイの母です 私は ある人権団体にお願いをして 犠牲者の家族の方々と 連絡をとれるように 掛け合ってもらいました 人権団体は 合計5家族を 紹介してくれました その中にいたフィリスに目がとまりました グループの中で母親は 彼女だけでした 他の方々は 兄弟や姉妹の方たちでした 彼女の目から 彼女が私のように母親であることがわかりました 私は母親として つらい思いをたくさんしてきました 14歳のとき 結婚をしました 15歳のとき 一人目の子を亡くし 16歳のとき 二人目の子を亡くしました ですから ザカリアスのことは耐えられませんでした 私のつらい思いは消えていません なぜなら 私の息子は 生き埋めにされたようなものです 彼女が息子さんを失った悲しみで泣いたことは知っています でも 息子さんの居場所はわかります 私は 我が子の居場所がわかりません 生きているのか 拷問されているのか 何もわからないのです

それで 私自身の話をすることにしました 他の女性には 私の苦しみから何かを得てほしいのです すべての女性へ 命を生む母親たち皆へ伝えたいのは 人として社会に報いるのも 変化を起こすのも 私たち女性次第だということです なぜなら 私たちは女性であり 子どもたちを愛しているからです 手をつなぎ合って 共に何かをしなくてはいけません 女性に不利にはなりません 私たちのため 女性のため 子どもたちのためです 私は暴力やテロには反対です 学校に行って ムスリムの女の子たちに話をします 彼女らの意に反して 若いうちに結婚させられないようにするためです 一人でも若い女の子を救って 望まない結婚から逃れ 私が経験した苦しみを避けることが できればいいと思っています それをお伝えしに来ました

他の家族の方たちと共に 私たちが初めて会ったときから 私はアイーシャから たくさんのことを 学びました 初めての対面は警備がつき 人目を避けて行われました 2002年11月のことだったので 私たちは アメリカ国内の熱狂的な愛国心には 恐れを感じていました でも 私たちは まったく心が落ち着かず なぜ彼女が私たちに会いたいのかと思っていました 彼女も不安を感じていました 私たちが彼女に会いたい理由や お互いに対して何を望んでいるのか 思いが巡りました お互いの名前などを言う前に 私たちは抱擁をして 涙を流していました それから 皆で輪になって座りました このような和解を経験した人たちが 支援のために同席してくれました まず アイーシャが声を出し こう言いました “自分の息子が有罪なのか無罪なのか 私にはわかりません でも 皆さんの家族のことを思うと 胸がしめつけられる思いです 苦しみとは何かはわかっています 罪を犯した人は 公正に裁かれて 罰せられるべきだと思っています” 彼女はこのように接してきました それによって 緊張がほぐされたように感じました 私たちは それぞれの家族に起きたことを話し 人間として皆がつながりました 昼食をとって 3時間ほどのことでしたが その午後の終わりには 旧知の仲だったように感じました

私が彼女から学んだのは このような現状で 寛大でいることができる女性 というだけではなく これ以前のことや 彼女の息子に 何がされたのかということです でも 彼女が送ってきた人生は 私が知っている文化や 環境とは まったく異なり これほど辛い人生を送ってきた方は見たことがありません また 私たちは 特別なつながりがあると 感じています とても光栄です 私が思うのは 結局のところ 他者を恐れることがあっても アイーシャがしたように行動してみると “それほど難しくないわ” とか “自分とは違う立場にいる人と 他に誰と友達になれるかしら” と気づくのです

ねぇ アイーシャ 締めくくりに 伝えたいことはあるかしら もう時間がないわ

(笑い声)

私が言いたかったことは 他者を知る努力をしなくてはいけないということです 思いやりの心をもってください 寛大な心と気持ちを 持っていなくてはいけません 辛抱強くあってください 暴力を許してはいけません 誰もが平和で お互いを尊重しながら 暮らせる日が来ることを願っています これが私のメッセージです

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画