TED日本語 - ロバート・ハモンド: 空中庭園の設立

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ロバート・ハモンド: 空中庭園の設立

TED Talks

空中庭園の設立
Building a park in the sky
ロバート・ハモンド
Robert Hammond

内容

ニューヨークのマンハッタンにある使用されなくなっていたハイラインと呼ばれる高架鉄道の取り壊し計画に対して、ロバート・ハモンドと彼の友人数名はある提案をしました。「これを庭園にするのはどうだろうか?」ロバートが、この提案がどのように地域の文化的活性化を実現したのかを語ります。

Script

The Highline is an old, elevated rail line that runs for a mile and a half right through Manhattan. And it was originally a freight line that ran down 10th Ave. And it became known as "Death Avenue" because so many people were run over by the trains that the railroad hired a guy on horseback to run in front, and he became known as the "West Side Cowboy." But even with a cowboy, about one person a month was killed and run over. So they elevated it. They built it 30 ft. in the air, right through the middle of the city. But with the rise of interstate trucking, it was used less and less. And by 1980, the last train rode. It was a train loaded with frozen turkeys -- they say, at Thanksgiving -- from the meatpacking district. And then it was abandoned.

And I live in the neighborhood, and I first read about it in the New York Times, in an article that said it was going to be demolished. And I assumed someone was working to preserve it or save it and I could volunteer, but I realized no one was doing anything. I went to my first community board meeting -- which I'd never been to one before -- and sat next to another guy named Joshua David, who's a travel writer. And at the end of the meeting, we realized we were the only two people that were sort of interested in the project; most people wanted to tear it down. So we exchanged business cards, and we kept calling each other and decided to start this organization, Friends of the High Line. And the goal at first was just saving it from demolition, but then we also wanted to figure out what we could do with it.

And what first attracted me, or interested me, was this view from the street -- which is this steel structure, sort of rusty, this industrial relic. But when I went up on top, it was a mile and a half of wildflowers running right through the middle of Manhattan with views of the Empire State Building and the Statue of Liberty and the Hudson River. And that's really where we started, the idea coalesced around, let's make this a park, and let's have it be sort of inspired by this wildscape.

At the time, there was a lot of opposition. Mayor Giuliani wanted to tear it down. I'm going to fast-forward through a lot of lawsuits and a lot of community engagement. Mayor Bloomberg came in office, he was very supportive, but we still had to make the economic case. This was after 9/11; the city was in tough times. So we commissioned an economic feasibility study to try to make the case. And it turns out, we got those numbers wrong. We thought it would cost 100 million dollars to build. So far it's cost about 150 million. And the main case was, this is going to make good economic sense for the city. So we said over a 20-year time period, the value to the city in increased property values and increased taxes would be about 250 million. That was enough. It really got the city behind it. It turns out we were wrong on that. Now people estimate it's created about a half a billion dollars, or will create about a half a billion dollars, in tax revenues for the city. We did a design competition, selected a design team. We worked with them to really create a design that was inspired by that wildscape. There's three sections.

We opened the fist section in 2009. It's been successful beyond our dreams. Last year we had about two million people, which is about 10 times what we ever estimated. This is one of my favorite features in section one. It's this amphitheater right over 10th Ave. And the first section ends at 20th St. right now. The other thing, it's generated, obviously, a lot of economic value; it's also inspired, I think, a lot of great architecture. There's a point, you can stand here and see buildings by Frank Gehry, Jean Nouvel, Shigeru Ban, Neil Denari. And the Whitney is moving downtown and is building their new museum right at the base of the High Line. And this has been designed by Renzo Piano. And they're going to break ground in May.

And we've already started construction on section two. This is one of my favorite features, this flyover where you're eight feet off the surface of the High Line, running through a canopy of trees. The High Line used to be covered in billboards, and so we've taken a playful take where, instead of framing advertisements, it's going to frame people in views of the city. This was just installed last month. And then the last section was going to go around the rail yards, which is the largest undeveloped site in Manhattan. And the city has planned -- for better or for worse -- 12 million square-feet of development that the High Line is going to ring around.

But what really, I think, makes the High Line special is the people. And honestly, even though I love the designs that we were building, I was always frightened that I wouldn't really love it, because I fell in love with that wildscape -- and how could you recreate that magic? But what I found is it's in the people and how they use it that, to me, makes it so special. Just one quick example is I realized right after we opened that there were all these people holding hands on the High Line. And I realized New Yorkers don't hold hands; we just don't do that outside. But you see that happening on the High Line, and I think that's the power that public space can have to transform how people experience their city and interact with each other.

Thanks.

(Applause)

ハイラインというのは マンハッタンの中を3km程 走っていた古い高架鉄道のことです 本来 この鉄道は 10番通りを走る貨物線でしたが 後に人身事故が多発して 死の通りと呼ばれるようになります そこで新設されたのが馬で電車を先導する ウエストサイドカーボーイでした 先導者の導入むなしく 依然として毎月1人程は 犠牲者をだしていました そこでついに高架鉄道に変更されました 地上9mに街の中心部を通る線路を設置しました しかし州の間のトラック輸送の高まりで 利用は徐々に落ち込んでいきました 1980年についに最後の運行となりました 感謝祭用の冷凍の七面鳥を積んで 食肉加工業地区を出発したとのことです その後 廃線となってしまいました

私は鉄道の近くに住んでいましたが ニューヨークタイムズの記事に 取り壊しが書かれており そこで初めて知りました 誰かが取り壊しに反対して 活動を起こしたらボランティアとして 私も参加しようと思っていましたが そんな人はいないんだと気づきました 初めて足を運んだ地元の集会で ジョシュア・デイビッドという 紀行作家の隣に 腰を下ろしたんですが 集会が終わるまでにはこの計画に 興味があるのは私たち2人だけと分かりました 大半の人は取り壊しを望んでいました 私たちは名刺を交換して その後 連絡を取り合いました そして Friends of the High Line という 団体を設立しました まず最初の目標は 鉄道を取り壊しから救うことでしたが 何かに利用できるのではと思うようになりました

まず興味をそそったのは 地上からの この少しさび付いた 産業の名残とも言える 鉄鋼建築の景観でした しかし上で目にしたのは エンパイアステートビルに 自由の女神とハドソン川を望むことが出来る マンハッタンの中心を貫く 3kmも続く緑でした これが全ての始まりでした 考えがまとまってきて 公園を作ろう そしてその中にこの緑を 取り入れようと考えました

当時は反対する方も多くいました ジュリアー二市長も取り壊しを求めました 訴訟や闘争といった 部分の話は割愛しましょうかね 後に就任するブルーミング市長は協力的でしたが 経済的な数値上の説得が必要でした 当時は9/11テロの直後だったので 市も苦境にあえいでいました そこで承認を得るために 経済的実行可能性の見積もりを依頼しました 後程この数値の誤りが発覚します 私たちは1億ドルと思っていたものが すでに1億5000万ドルかかっています 街への経済効果創出を 最終的なポイントとして 20年間という長い目で見れば 土地代と税収との合計で 2億6000万ドル以上の 増収が期待できると報告しました こうしてなんとか市の後押し得られました しかしこの数値は間違っていました こう言うとこれまでに5億ドルの税収を経常したか もしくはこれからするのだろうと 皆さん思っているでしょう 私たちはデザインコンテストを開き デザインチームの選考をしました チームと共に緑を生かす デザインに取り組みました 公園は3つのセクションに分かれています

第一セクションは2009年にオープンしました 私たちの夢を超える大成功を収めています 昨年は予想の約10倍にあたる 200万人にご来場いただきました これは第一セクションのお気に入りの一つです 10番通上に設けた階段式の展望席です そして第一セクションはここ20番通りで終わります 経済効果もきちんと生み出しています 他にも多くの建築に影響を与えてきたと思います ここから望めるのは フランク・ゲーリーを初め ジャン・ヌーヴェルや坂 茂そして ニール・ディナーリの建築です 更にホイットニー美術館が繁華街のハイラインの すぐふもとに移動・新館建設することになっています デザインはレンゾ・ピアノが担当しました 5月に着工される予定です

第二セクションの建設も始まっています こちらはハイラインの上約2.5mに 設けられた跨線橋です 生い茂る緑の中を歩くことができます 私のお気に入りに一つです 以前のハイラインは巨大な広告板で埋まっていました そこで少し遊び心を取り入れ 広告を枠に入れる代わりに 街の景観に人々を取り入れました この枠は先月取り付けたばかりです そして最後のセクションは車両基地周辺の マンハッタン最大の 振興地域になります 良くも悪くも 市は ハイライン周辺の114万km2の 開発を計画しています

しかしハイラインを特別にしているのは そこにいる人々だと思います 私たちのデザインは好きなんですが 実は どこか好きになれないのではと心配していました 「あの緑を人が再現するのは無理だ」 と思わせる程 感銘を受けていたからです 人々の中に眠る この施設の利用方法こそが ハイラインをこんなに特別にしているんです ひとつ簡潔な例を挙げましょう オープン直後 ハイライン上で 手をつなぐ人々を目にして思ったんですが 「普通ニューヨーカーは手をつながないだろ」 私達は外でそんなことはしないんです しかしハイラインがそうさせたんです つまり公共空間には 人々が持つ都市の認識や 周囲の人との関わり方を 変えてしまう程の力があるんです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画