TED日本語 - ジャレット・メルツ: ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジャレット・メルツ: ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影

TED Talks

ガーナの民主化運動のドキュメンタリー撮影
Filming democracy in Ghana
ジャレット・メルツ
Jarreth Merz

内容

スイス生まれでガーナ育ちの映画プロデューサー、ジャレット・メルツは2008年のガーナ国政選挙のドキュメンタリ撮影のためガーナへ赴きました。そこでの経験からは彼は民主主義と、更には彼自身について新たな見識を得たのです。

Script

I was born in Switzerland and raised in Ghana, West Africa. Ghana felt safe to me as a child. I was free, I was happy. The early 70s marked a time of musical and artistic excellence in Ghana. But then by the end of the decade, the country had fallen back into political instability and mismanagement.

In 1979, I witnessed my first military coup. We the children had gathered at a friend's house. It was a dimly lit shack. There was a beaten up black and white television flickering in the background, and a former head of state and general was being blindfolded and tied to the pole. The firing squad aimed, fired -- the general was dead. Now this was being broadcast live. And shortly after, we left the country, and we returned to Switzerland.

Now Europe came as a shock to me, and I think I started feeling the need to shed my skin in order to fit in. I wanted to blend in like a chameleon. I think it was a tactic of survival. And it worked, or so I believed.

So here I was in 2008 wondering where I was in my life. And I felt I was being typecast as an actor. I was always playing the exotic African. I was playing the violent African, the African terrorist. And I was thinking, how many terrorists could I possibly play before turning into one myself? And I had become ashamed of the other, the African in me. And fortunately I decided in 2008 to return to Ghana, after 28 years of absence. I wanted to document on film the 2008 presidential elections. And there, I started by searching for the footprints in my childhood. And before I even knew it, I was suddenly on a stage surrounded by thousands of cheering people during a political rally.

And I realized that, when I'd left the country, free and fair elections in a democratic environment were a dream. And now that I'd returned, that dream had become reality, though a fragile reality. And I was thinking, was Ghana searching for its identity like I was looking for my identity? Was what was happening in Ghana a metaphor for what was happening in me? And it was as if through the standards of my Western life, I hadn't lived up to my full potential. I mean, nor had Ghana, even though we had been trying very hard.

Now in 1957, Ghana was the first sub-Saharan country to gain its independence. In the late 50s, Ghana and Singapore had the same GDP. I mean, today, Singapore is a First World country and Ghana is not. But maybe it was time to prove to myself, yes, it's important to understand the past, it is important to look at it in a different light, but maybe we should look at the strengths in our own culture and build on those foundations in the present.

So here I was, December 7th,2008. The polling stations opened to the voters at 7: 00 AM, but voters, eager to take their own political fate into their hands, were starting to line up at 4: 00 AM in the morning. And they had traveled from near, they had traveled from far, because they wanted to make their voices heard. And I asked one of the voters, I said, "Whom are you going to vote for?" And he said, "I'm sorry, I can't tell you." He said that his vote was in his heart. And I understood, this was their election, and they weren't going to let anyone take it away from them.

Now the first round of the voting didn't bring forth a clear winner -- so nobody had achieved the absolute majority -- so voting went into a second round three weeks later. The candidates were back on the road; they were campaigning. The rhetoric of the candidates, of course, changed. The heat was on. And then the cliche came to haunt us. There were claims of intimidation at the polling stations, of ballot boxes being stolen. Inflated results started coming in and the mob was starting to get out of control. We witnessed the eruption of violence in the streets. People were being beaten brutally. The army started firing their guns. People were scrambling. It was complete chaos. And my heart sank, because I thought, here we are again. Here is another proof that the African is not capable of governing himself. And not only that, I am documenting it -- documenting my own cultural shortcomings.

So when the echo of the gunshots had lingered, it was soon drowned by the chanting of the mob, and I didn't believe what I was hearing. They were chanting, "We want peace. We want peace." And I realized it had to come from the people. After all, they decide, and they did. So the sounds that were before distorted and loud, were suddenly a melody. The sounds of the voices were harmonious. So it could happen. A democracy could be upheld peacefully. It could be, by the will of the masses who were now urgently pressing with all their heart and all their will for peace.

Now here's an interesting comparison. We in the West, we preach the values, the golden light of democracy, that we are the shining example of how it's done. But when it comes down to it, Ghana found itself in the same place in which the U.S. election stalled in the 2000 presidential elections -- Bush versus Gore. But instead of the unwillingness of the candidates to allow the system to proceed and the people to decide, Ghana honored democracy and its people. It didn't leave it up to the Supreme Court to decide; the people did.

Now the second round of voting did not bring forth a clear winner either. I mean, it was so incredibly close. The electoral commissioner declared, with the consent of the parties, to run an unprecedented second re-run. So the people went back to the polls to determine their own president, not the legal system. And guess what, it worked. The defeated candidate gave up power and made way for Ghana to move into a new democratic cycle. I mean, at the absolute time for the absolute need of democracy, they did not abuse their power. The belief in true democracy and in the people runs deep, proving that the African is capable of governing himself.

Now the uphill battle for Ghana and for Africa is not over, but I have proof that the other side of democracy exists, and that we must not take it for granted. Now I have learned that my place is not just in the West or in Africa, and I'm still searching for my identity, but I saw Ghana create democracy better. Ghana taught me to look at people differently and to look at myself differently. And yes, we Africans can.

Thank you.

(Applause)

私の生まれはスイスですが 西アフリカのガーナで育ちました 幼少時はガーナは安全と思っていました 私は自由で 幸せでした 70年代初頭は ガーナの芸術と音楽が栄えた時代です しかし70年代が終わる頃には ガーナは再び政情不安へと 逆戻りしてしまいました

1979年には 初めて軍事クーデターを目撃しました 私たち子供は友人の家に集まりました 薄暗い掘っ立て小屋でした 年期の入った白黒テレビがあり ちらつく画面の中で 前国家元首の将軍は 目隠しをされ ポールに縛り付けられました 銃殺隊が照準を合せ 引き金を引き 将軍は死にました これはライブ放送で中継されていました その直後 私たちはガーナを去り スイスへと戻りました

さてヨーロッパには少し驚きました 「ここに馴染むには皮膚の色を変えなくては」 と考え始めました カメレオンみたいに同化したかったんです 生き残りを賭けた作戦だったんですかね ただこれは機能しました そう思っています

さて 2008年の私は 自分を見失いさまよっていました 型にはまった役者になりつつあると感じていました 私がいつも演じていたのはエキゾチックで 暴力的なアフリカ人 そうテロリストですね そこで思ったのです 「こんなにテロリストばかり演じていたら 本物のテロリストになってしまうのではないか」 アフリカ人としての私を 恥じるようになりました 幸いにも2008年に ガーナに戻る決意をしました 28年ぶりにですよ 2008年の大統領選挙を ドキュメンタリ映画にしようと思ったのです そしてそこで 幼少時の足跡探しから 取りかかりました するといつの間にか 政治集会のまっただ中 路上で何千もの観衆に 取り囲まれていました

そこで気づいたのは 私が国を去ったときは 自由で公平な民主的な選挙なんて 絵に描いたもちでした 戻ってみると これが実現していたのです 脆いものでしたけどね そこで考えました 私が自分探しをしていたように ガーナもアイデンティティを探しているのか? ガーナで起こっていたことは 私に起こったことの隠喩なのか? 西洋という器の中で私は今まで 自分を出しきれていなかったのではないか ガーナも私も 大変な努力を していたにもかかわらずです

さて1957年当時 ガーナはサハラ以南で 初めて独立を果たした国です 50年代後半 ガーナとシンガポールのGDPは同等でした 今日ではシンガポールは先進工業国ですが ガーナは違います 過去を理解し 異なる視点から 見直すこともたしかに重要ですが それよりも我々は自身の文化の長所を見つめ それを基盤に今を生きるべきであると 証明する時期がきているのだと思います

時は2008年12月7日 投票所は朝の7時に開きました しかし有権者たちは その手で政治的意思決定をする瞬間を待てずに 朝の4時から列をなしていました 近所からも遠方からも人が集まりました 彼らの声を届けたかったからです 一人の投票者に聞きました「誰に投票するの?」 「教えられないよ」と彼は答えました 「投票は心の中にある」と付け加えました そこで気づきました これが彼らの選挙なんだ 他の何者にもこれを ゆだねるつもりはないんだ

さて第一回投票では絶対多数を 獲得した者がおらず勝負はきまりませんでした そこで3週間後に第二回投票が行われました 候補者は路上にもどりキャンペーンをしました 彼らのスピーチはもちろん変化しました 熱も入っていました するとまたあの頃のガーナが戻ってきてしまいました 投票所では「脅された」 「投票箱が盗まれた」などの 苦情が寄せられました これに乗じて暴動は拡大し 暴徒たちは手に負えなくなり始めました 路上で目の当たりにしたのは怒れ狂う暴力です ひどい仕打ちを受ける人もしました 軍が発砲し 人々は逃げ回るという 全くの無秩序でした またこんな事態になったのかと 私のこころは沈みました 再びアフリカの 自己統治能力の欠如が証明されたからです しかも私自身の文化的欠点を 自らの手でカメラに収めていたのです

こだまする銃声の音を すぐに包み込んだのは 暴徒たちの歌声でした 私は耳を疑いました 彼らは歌っていたのです 「欲しいのは平和だ」 気づきました「彼らこそが主体なんだ」 最後に決めるのは彼らです その通りになりました さっきまでのやかましい喧騒が 突然メロディになったんです 彼らの声はハーモニーを生み出しました こうして平和的手段で民主国家を 建国出来る可能性が見えてきました 強い意志と心を持って 平和を求める この大勢の人々がいれば これは実現できるんです

さておもしろい対比を紹介します わたしたち欧米諸国は 価値観や輝かしい民主制の 重要性を説き 自分達が光り輝く先駆者であると言っています しかし ガーナは今回 2000年のブッシュ対ゴアの アメリカ合衆国の大統領選挙と 同じ状況に 置かれたにもかかわらず システムや国民が決定権を有することに 不満を持つ候補者はおらず ガーナは民主政治と 国民を尊重しました 決定を最高裁判所に任せたりはせず 国民自身が決定を下したのです

さて第二回投票ですが またしても 勝者ははっきりしませんでした 本当に接戦だったのです 選挙委員会は両党の同意の下 前例のない 第三回投票をすると 宣言をしました 人々は投票所に戻り 法律制度ではなく 自分たち自身の 大統領を決定したのです するとどうでしょう 上手く行ったのです 敗れた候補者は 権力を放棄し ガーナは新たな民主主義時代の輪に入ったのでした 絶対に民主制が必要な まさにその時には 権力の乱用は見られませんでした 真の民主制と国民への深い信念がアフリカに 自己統治能力をもたらしたのです

ガーナそしてアフリカの激動の戦いは まだ終わってはいません 異なる形の民主制が存在することは証明済みです そしてこれを当然と思ってはだめです 私は自分の居場所は 欧州とアフリカだけではないことを知りました 今でも自分の アイデンティティを探しています しかしガーナはよりよい 民主体制を作り出しました ガーナが教えてくれたこと 人々をそして自分を 異なる観点から見つめるということです そうですとも 私たちアフリカ人ならできます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画