健康

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等
-
リサ・ジェノヴァ: アルツハイマー病を予防するために出来ること
アルツハイマー病があなたの脳の運命でなくてもいいのです ― 『アリスのままで』の著者リサ・ジェノヴァは言います。この疾患の最新の研究を紹介するとともに、アルツハイマー病に強い脳を作るために私たち個人ができることについての有望な研究成果にも触れます。
ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法
つい引きずっている悪い習慣を新たな視点から捉え直すことで、その悪習を断ち切れるとしたらどうでしょう。精神科医ジャドソン・ブルワーは、喫煙から過食に至るまで、よくないと自覚していても、どうしてもやめられない習慣、つまり依存症と「マインドフルネス」との関係を研究しています。習慣形成のメカニズムをまず詳しく学び、その知識をもとに、簡単に実行できるのに実は深い意味のある、悪習への対策を見つけましょう。今度こそ...
ダニエル・レヴィティン: ストレスを受けても平静を保つ方法
ストレスを受けたとき、あなたはベストの状態ではありません。事実、何千年もの進化を経て、脳はストレスを受け平静を失うとコルチゾールを放出し、合理的・論理的思考ができなくなります。おそらくは、ライオンに襲われた場合などに生き延びるられるようにするためです。神経科学者のダニエル・レヴィティンは、ストレス下で思考能力が低下した時に重大な間違いを避ける方法があると考えます―「事前分析」です。「皆 時々失敗をします...
コスミン・ミハイユ: 退屈な理学療法の代わりにゲームをしよう
あなたは怪我をして、1時間の理学療法を受け帰宅の途についています。成果が出るまでに長い時間がかかるややこしい運動なんて、できればやりたくありません。TEDフェローのコスミン・ミハイユが、退屈な理学療法の運動を分かりやすいテレビゲームに変えるという、面白くてお金のかからない方法をデモンストレーションします。
ガイ・ウィンチ: 感情にも応急手当が必要な理由
私たちは、インフルエンザのような症状が出た時や、なかなか治まらない痛みを感じる時には医師を訪ねます。それなら、罪悪感や喪失感、孤独感など感情の痛みを感じた時も、専門家に会いに行ってはどうでしょうか?あまりにも多くの人が、心理的な健康問題には自力で対処している、とガイ・ウィンチは言います。でも、そんなことしなくていいのです。彼は感情の「衛生」を実践することについて、とても興味深い説明をしてくれます。それ...
タリシア・ウィリアムズ: 自分の体のデータを持とう
新種のハイテク自己測定器(心拍数、睡眠、一日の歩数などの測定)はアスリート向けだと思われるかもしれません。しかし、統計学者であるタリシア・ウィリアムズは、私たち全員が、自分の体について簡単なデータを毎日測定、記録すべきだと提言しています。なぜなら、私たち自身のデータは、医者が知っていること以上のものを明らかにしてくれるからです。
ジェーン・マクゴニガル: 「大規模多人数同時参加型」指相撲?
会場の聴衆が総立ちで互いにつながりあったら何が起きるか?まあ大混乱でしょうね。少なくともジェーン・マクゴニガルが自分のお気入りのゲームをTEDでみんなに紹介した時に起きたのはそういうことでした。でも、「大規模多人数同時参加型指相撲」でそれ以外の何が起きるというのでしょう?
ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法
ストレス。そうストレスのせいで心拍数は増え、呼吸は速くなり、額にに汗が出て来たりします。しかし、ストレスが健康の敵とされてきた一方、ストレスが体に悪影響を及ぼすのはそう信じるからだ、と新しい研究が示唆しています。心理学者ケリー・マクゴニガルは、私達にストレスを肯定的に捉える様にと促し、これまで知られていなかったストレスを軽減する仕組として、手を差し伸べ合う事を紹介します。
ピーター・アッティア: もし糖尿病を誤解していたら
若き外科医だった頃、ピーター・アッティアは糖尿病患者に軽蔑の感情を持ちました。その女性は太っており、足の切断を余儀なくされたのは、彼女の責任だと思ったのです。しかし数年が経ち、不意に自らも病気になりました。そして、こう考えるようになります。糖尿病への理解は正しいのだろうか?逆に糖尿病が肥満を引き起こしているとしたら?憶測によって私達は、間違った戦いに挑んでいるかもしれないのです。
ジェニーン・シェパード: 体が壊れても人は壊れない
クロスカントリースキーヤーのジェニーン・シェパードはオリンピックメダルを期待されていましたが、自転車訓練時トラックにぶつかり人生が変わりました。人間の回復力を示唆する感動的な体験談をもとに、体だけが人間ではない、古い夢をあきらめる事で始めて新しい夢を実現できるのだ、と伝えます。
ロバート・グプタ: 音楽と医学の間で
ロバート・グプタは、医師になるべきかバイオリン奏者になるべきか思い悩んでいた時、自分の進路はその中間にあるのだと気づきました。手にはバイオリンを持ち、心には社会的公正の意識を抱いて進むことにしたのです。社会の周縁にいる人々と、従来の医学では上手くいかない領域で成果を上げている音楽療法の力について語った感動的なスピーチです。
ジェーン・マクゴニガル: ゲームで10年長生きしましょう
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マクゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています。
アラナ・シェイク: 私はいかにしてアルツハイマー病になる準備をしているか
自分の親がアルツハイマー病を患う姿を目の当たりにすると、私たちの多くは「自分だけは別」という否定か、過剰な予防のための努力という反応を示します。しかし、世界保健の専門家でTEDフェローのアラナ・シェイクはこの問題を別の視点から見ています。彼女は自分が(やがては訪れる)アルツハイマー病になったときに備えて、三つの具体的な準備をしています。
ベン・ゴールドエイカー: 悪い科学とのバトル
健康についての新しいアドバイスは毎日のように報じられますが、それが正しいかどうかは、どうすれば判るでしょうか。医学博士で疫学者のベン・ゴールドエイカーは、栄養学における極めて明白な問題から、製薬業界における非常に巧妙なトリックまで取り上げ、誤った根拠について矢継ぎ早に紹介します。
サイモン・ルイス: 意識は当たり前の事ではない
サイモン・ルイスは重大な交通事故に遭い、深い昏睡状態に陥りました。しかしその後、誰も予期しなかった程の回復を肉体的にも精神的にも果たします。INKカンファレンスにて、サイモン・ルイスはこの奇跡的な物語と共に、現代の人類に忍び寄っている意識の危機と、それをいかに克服するかについて語ります。
ロン・ガットマン: 笑みの隠れた力
ロン・ガットマンが笑みに関する研究の数々を概説し、その驚くべき研究結果を明らかにします。皆さんは笑みが寿命の予想因子になることをご存じでしょうか。また、ごく普通の笑顔が幸せと健康に影響することもご存知ですか?進化的に見て人から人へとうつる笑顔に関することを学びながら、実際に微笑んでみてはどうでしょう?
クリストファー・マクドーガル: 人類は走るために生まれたのか?
クリストファー・マクドーガルが、人類の持つ走ることに対する情熱の謎を探ります。走ることは、どのようにして人類の生存に役立ったのか?―先祖より受け継いだ、現代人の走る意欲を駆り立てるものとは一体何なのか?マクドーガルが、TEDxPennQuarterにて思いやりを持つマラソンランナーや生きる為に走るメキシコの民族の話を紹介します。
ゲアリー・ウォルフ: 定量化された自己
ゲアリー・ウォルフは、TED@カンヌの5分間を使い興味深い新たな娯楽を紹介しました。これは、携帯アプリケーションや常時稼働する端末を用い、体調や気分、食生活、消費といった日常生活において計測できるありとあらゆるものを詳細にトラッキングし、分析するというものです。
ジュリアン トレジャー: シーッ!音と健康を考える8つのステップ
ジュリアントレジャーによれば、今日の騒がしい世の中は、私たちの心の健康も蝕み、命までも奪います。彼は(安物のイヤホン使用からはじまる)音による攻撃を和らげ、そして私たちの音との関係も修復させる8つのステップを紹介します。
ジェッサ・ギャンブル: 自然な睡眠周期
今日の世界では、学校や仕事、子育てやその他のことを両立させるために、推奨されている八時間の睡眠を取ることは夢です。ジェッサ・ギャンブルは、体内時計の科学に基づき、注目すべき睡眠の仕組みを明らかにします。
ダン・ベットナー: 100歳を超えて生きるには
健康と長寿への道を見出すために、ダン・ベットナーとチームは、世界中の長寿者が元気と活力のある生活を送っている社会、「ブルーゾーン」を研究しています。TEDxTCで、長寿者がかくしゃくと100歳を超えて過ごすための9つの共通の食習慣と生活習慣を話します。
リサ・ジェノヴァ: アルツハイマー病を予防するために出来ること
13:56
2017/05/19
アルツハイマー病があなたの脳の運命でなくてもいいのです ― 『アリスのままで』の著者リサ・ジェノヴァは言います。この疾患の最新の研究を紹介するとともに、アルツハイマー病に強い脳を作るために私たち個人ができることについての有望な研究成果にも触れます。
ジャドソン・ブルワー: 悪い習慣を断ち切るシンプルな方法
09:24
2016/02/24
つい引きずっている悪い習慣を新たな視点から捉え直すことで、その悪習を断ち切れるとしたらどうでしょう。精神科医ジャドソン・ブルワーは、喫煙から過食に至るまで、よくないと自覚していても、どうしてもやめられない習慣、つまり依存症と「マインドフルネス」との関係を研究しています。習慣形成のメカニズムをまず詳しく学び、その知識をもとに、簡単に実行できるのに実は深い意味のある、悪習への対策を見つけましょう。今度こそ、つい一服、ほんの一口、車の運転中に一瞬だけメール…という誘惑に勝てるかもしれません。
ダニエル・レヴィティン: ストレスを受けても平静を保つ方法
12:20
2015/11/23
ストレスを受けたとき、あなたはベストの状態ではありません。事実、何千年もの進化を経て、脳はストレスを受け平静を失うとコルチゾールを放出し、合理的・論理的思考ができなくなります。おそらくは、ライオンに襲われた場合などに生き延びるられるようにするためです。神経科学者のダニエル・レヴィティンは、ストレス下で思考能力が低下した時に重大な間違いを避ける方法があると考えます―「事前分析」です。「皆 時々失敗をします」と彼は言います。「事前分析とはどんな失敗が起こりうるのかを事前に考えることなのです。」
コスミン・ミハイユ: 退屈な理学療法の代わりにゲームをしよう
05:57
2015/05/19
あなたは怪我をして、1時間の理学療法を受け帰宅の途についています。成果が出るまでに長い時間がかかるややこしい運動なんて、できればやりたくありません。TEDフェローのコスミン・ミハイユが、退屈な理学療法の運動を分かりやすいテレビゲームに変えるという、面白くてお金のかからない方法をデモンストレーションします。
ガイ・ウィンチ: 感情にも応急手当が必要な理由
17:28
2015/02/16
私たちは、インフルエンザのような症状が出た時や、なかなか治まらない痛みを感じる時には医師を訪ねます。それなら、罪悪感や喪失感、孤独感など感情の痛みを感じた時も、専門家に会いに行ってはどうでしょうか?あまりにも多くの人が、心理的な健康問題には自力で対処している、とガイ・ウィンチは言います。でも、そんなことしなくていいのです。彼は感情の「衛生」を実践することについて、とても興味深い説明をしてくれます。それは、自分の感情や心を、身体と同じくらい大事にするということです。
タリシア・ウィリアムズ: 自分の体のデータを持とう
17:07
2014/08/11
新種のハイテク自己測定器(心拍数、睡眠、一日の歩数などの測定)はアスリート向けだと思われるかもしれません。しかし、統計学者であるタリシア・ウィリアムズは、私たち全員が、自分の体について簡単なデータを毎日測定、記録すべきだと提言しています。なぜなら、私たち自身のデータは、医者が知っていること以上のものを明らかにしてくれるからです。
ジェーン・マクゴニガル: 「大規模多人数同時参加型」指相撲?
07:18
2013/11/15
会場の聴衆が総立ちで互いにつながりあったら何が起きるか?まあ大混乱でしょうね。少なくともジェーン・マクゴニガルが自分のお気入りのゲームをTEDでみんなに紹介した時に起きたのはそういうことでした。でも、「大規模多人数同時参加型指相撲」でそれ以外の何が起きるというのでしょう?
ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法
14:29
2013/09/04
ストレス。そうストレスのせいで心拍数は増え、呼吸は速くなり、額にに汗が出て来たりします。しかし、ストレスが健康の敵とされてきた一方、ストレスが体に悪影響を及ぼすのはそう信じるからだ、と新しい研究が示唆しています。心理学者ケリー・マクゴニガルは、私達にストレスを肯定的に捉える様にと促し、これまで知られていなかったストレスを軽減する仕組として、手を差し伸べ合う事を紹介します。
ピーター・アッティア: もし糖尿病を誤解していたら
15:58
2013/06/25
若き外科医だった頃、ピーター・アッティアは糖尿病患者に軽蔑の感情を持ちました。その女性は太っており、足の切断を余儀なくされたのは、彼女の責任だと思ったのです。しかし数年が経ち、不意に自らも病気になりました。そして、こう考えるようになります。糖尿病への理解は正しいのだろうか?逆に糖尿病が肥満を引き起こしているとしたら?憶測によって私達は、間違った戦いに挑んでいるかもしれないのです。
ジェニーン・シェパード: 体が壊れても人は壊れない
18:58
2012/11/28
クロスカントリースキーヤーのジェニーン・シェパードはオリンピックメダルを期待されていましたが、自転車訓練時トラックにぶつかり人生が変わりました。人間の回復力を示唆する感動的な体験談をもとに、体だけが人間ではない、古い夢をあきらめる事で始めて新しい夢を実現できるのだ、と伝えます。
ロバート・グプタ: 音楽と医学の間で
16:28
2012/10/02
ロバート・グプタは、医師になるべきかバイオリン奏者になるべきか思い悩んでいた時、自分の進路はその中間にあるのだと気づきました。手にはバイオリンを持ち、心には社会的公正の意識を抱いて進むことにしたのです。社会の周縁にいる人々と、従来の医学では上手くいかない領域で成果を上げている音楽療法の力について語った感動的なスピーチです。
ジェーン・マクゴニガル: ゲームで10年長生きしましょう
19:31
2012/07/09
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マクゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています。
アラナ・シェイク: 私はいかにしてアルツハイマー病になる準備をしているか
06:27
2012/07/03
自分の親がアルツハイマー病を患う姿を目の当たりにすると、私たちの多くは「自分だけは別」という否定か、過剰な予防のための努力という反応を示します。しかし、世界保健の専門家でTEDフェローのアラナ・シェイクはこの問題を別の視点から見ています。彼女は自分が(やがては訪れる)アルツハイマー病になったときに備えて、三つの具体的な準備をしています。
ベン・ゴールドエイカー: 悪い科学とのバトル
14:20
2011/09/29
健康についての新しいアドバイスは毎日のように報じられますが、それが正しいかどうかは、どうすれば判るでしょうか。医学博士で疫学者のベン・ゴールドエイカーは、栄養学における極めて明白な問題から、製薬業界における非常に巧妙なトリックまで取り上げ、誤った根拠について矢継ぎ早に紹介します。
サイモン・ルイス: 意識は当たり前の事ではない
22:18
2011/07/07
サイモン・ルイスは重大な交通事故に遭い、深い昏睡状態に陥りました。しかしその後、誰も予期しなかった程の回復を肉体的にも精神的にも果たします。INKカンファレンスにて、サイモン・ルイスはこの奇跡的な物語と共に、現代の人類に忍び寄っている意識の危機と、それをいかに克服するかについて語ります。
ロン・ガットマン: 笑みの隠れた力
07:27
2011/05/11
ロン・ガットマンが笑みに関する研究の数々を概説し、その驚くべき研究結果を明らかにします。皆さんは笑みが寿命の予想因子になることをご存じでしょうか。また、ごく普通の笑顔が幸せと健康に影響することもご存知ですか?進化的に見て人から人へとうつる笑顔に関することを学びながら、実際に微笑んでみてはどうでしょう?
クリストファー・マクドーガル: 人類は走るために生まれたのか?
15:52
2011/02/04
クリストファー・マクドーガルが、人類の持つ走ることに対する情熱の謎を探ります。走ることは、どのようにして人類の生存に役立ったのか?―先祖より受け継いだ、現代人の走る意欲を駆り立てるものとは一体何なのか?マクドーガルが、TEDxPennQuarterにて思いやりを持つマラソンランナーや生きる為に走るメキシコの民族の話を紹介します。
ゲアリー・ウォルフ: 定量化された自己
05:11
2010/09/27
ゲアリー・ウォルフは、TED@カンヌの5分間を使い興味深い新たな娯楽を紹介しました。これは、携帯アプリケーションや常時稼働する端末を用い、体調や気分、食生活、消費といった日常生活において計測できるありとあらゆるものを詳細にトラッキングし、分析するというものです。
ジュリアン トレジャー: シーッ!音と健康を考える8つのステップ
07:15
2010/09/24
ジュリアントレジャーによれば、今日の騒がしい世の中は、私たちの心の健康も蝕み、命までも奪います。彼は(安物のイヤホン使用からはじまる)音による攻撃を和らげ、そして私たちの音との関係も修復させる8つのステップを紹介します。
ジェッサ・ギャンブル: 自然な睡眠周期
04:32
2010/09/15
今日の世界では、学校や仕事、子育てやその他のことを両立させるために、推奨されている八時間の睡眠を取ることは夢です。ジェッサ・ギャンブルは、体内時計の科学に基づき、注目すべき睡眠の仕組みを明らかにします。
ダン・ベットナー: 100歳を超えて生きるには
22:12
2010/01/06
健康と長寿への道を見出すために、ダン・ベットナーとチームは、世界中の長寿者が元気と活力のある生活を送っている社会、「ブルーゾーン」を研究しています。TEDxTCで、長寿者がかくしゃくと100歳を超えて過ごすための9つの共通の食習慣と生活習慣を話します。