TED日本語 - ジェッサ・ギャンブル: 自然な睡眠周期

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ジェッサ・ギャンブル: 自然な睡眠周期

TED Talks

自然な睡眠周期
Our natural sleep cycle
ジェッサ・ギャンブル
Jessa Gamble

内容

今日の世界では、学校や仕事、子育てやその他のことを両立させるために、推奨されている八時間の睡眠を取ることは夢です。ジェッサ・ギャンブルは、体内時計の科学に基づき、注目すべき睡眠の仕組みを明らかにします。

Script

Let's start with day and night. Life evolved under conditions of light and darkness, light and then darkness. And so plants and animals developed their own internal clocks so that they would be ready for these changes in light. These are chemical clocks, and they're found in every known being that has two or more cells and in some that only have one cell.

I'll give you an example -- if you take a horseshoe crab off the beach, and you fly it all the way across the continent, and you drop it into a sloped cage, it will scramble up the floor of the cage as the tide is rising on its home shores, and it'll skitter down again right as the water is receding thousands of miles away. It'll do this for weeks, until it kind of gradually loses the plot. And it's incredible to watch, but there's nothing psychic or paranormal going on; it's simply that these crabs have internal cycles that correspond, usually, with what's going on around it.

So, we have this ability as well. And in humans, we call it the "body clock." You can see this most clearly when you take away someone's watch and you shut them into a bunker, deep underground, for a couple of months. (Laughter) People actually volunteer for this, and they usually come out kind of raving about their productive time in the hole. So, no matter how atypical these subjects would have to be, they all show the same thing. They get up just a little bit later every day -- say 15 minutes or so -- and they kind of drift all the way around the clock like this over the course of the weeks. And so, in this way we know that they are working on their own internal clocks, rather than somehow sensing the day outside.

So fine, we have a body clock, and it turns out that it's incredibly important in our lives. It's a huge driver for culture and I think that it's the most underrated force on our behavior. We evolved as a species near the equator, and so we're very well-equipped to deal with 12 hours of daylight and 12 hours of darkness. But of course, we've spread to every corner of the globe and in Arctic Canada, where I live, we have perpetual daylight in summer and 24 hours of darkness in winter. So the culture, the northern aboriginal culture, traditionally has been highly seasonal. In winter, there's a lot of sleeping going on; you enjoy your family life inside. And in summer, it's almost manic hunting and working activity very long hours, very active.

So, what would our natural rhythm look like? What would our sleeping patterns be in the sort of ideal sense? Well, it turns out that when people are living without any sort of artificial light at all, they sleep twice every night. They go to bed around 8: 00 p.m. until midnight and then again, they sleep from about 2: 00 a.m. until sunrise. And in-between, they have a couple of hours of sort of meditative quiet in bed. And during this time, there's a surge of prolactin, the likes of which a modern day never sees. The people in these studies report feeling so awake during the daytime, that they realize they're experiencing true wakefulness for the first time in their lives.

So, cut to the modern day. We're living in a culture of jet lag, global travel, 24-hour business, shift work. And you know, our modern ways of doing things have their advantages, but I believe we should understand the costs.

Thank you.

(Applause)

昼と夜の話から始めましょう 生命は光と闇が繰り返す 世界で進化してきました 明るくなり また暗くなります そこで植物と動物は 自身の内部的な時計を 光の変化に合うように発達させました これらは化学的な時計で 多細胞生物全てが持っており 単細胞生物の一部も持っています

例を挙げましょう カブトガニを海岸でつかまえて 大陸の反対側へ飛行機で運びます そして 傾斜のあるかごに入れます 自分のいたビーチの 潮が満ちてくると カニはかごをよじ登ろうとし 何千マイルも離れたビーチの潮が引き始めると すぐに降りてきます 徐々にコントロールを失うまで これを何週間も続けます 信じられないようなことですが 超常現象ではありません カニはただ 周りで起こることに対応した 内部的な周期を持っているだけです

そして 私たちにもこの能力はあります 人間の場合は 体内時計と呼ばれています 体内時計をはっきり観察するには 時計の無い 地下深くの穴ぐらに 誰かを二、三ヶ月間 閉じ込めてしまいます ボランティアが実験に協力しますが 穴の中での生産的な生活に 大喜びで出てくるのが普通です 不規則な睡眠パターンになりそうですが 実際は決まったパターンになります 彼らは毎日ほんの少し 15分ほど遅く起きてきて 何週間にも渡って こんな感じで 時の中を漂っていきます この結果 どうにか外界を感知するのではなく 自身の体内時計に基づき行動していると分かります

私たちは体内時計を持っており これは 私たちの生活習慣に大変重要な意味を持っています 体内時計は 文化に強く影響を与えており その力が著しく過小評価されていると思います 私たちは赤道近くの種として進化しました それゆえ 12時間の昼間と 12時間の夜には とてもうまく適応しています しかし 私たちは世界中の隅々に散らばっており 私の住むカナダ北極圏では 夏は白夜で一日中明るく 冬は一日中暗いです そのため 北方先住民の文化は 昔からとても季節に影響をうけています 冬には長く眠り 屋内での家族生活を楽しみます 夏になると 興奮して 長い時間活動し とても活発です

では 自然なリズムでの 私たちの理想的な睡眠パターンとは どのようなものでしょうか? 分かったことは 全く人工的な照明が無い 環境で生活すると 人々は毎夜 二度眠ります 彼らは午後8時頃に就寝し 午前零時まで眠ります そしてまた 午前2時頃から 日の出まで眠ります その間には ベッドの上で二、三時間程の 瞑想的な静寂の時間があります この静寂の時には 現代ではまったく起きない プロラクチンの高まりが見られます これらの研究に参加した人達は 日中は非常に目が冴えていたので 彼らの人生で初めて 本物の覚醒を体験していると 気付いたのでした

現代においては 私たちは時差ボケや 長距離旅行 24時間止まらないビジネス シフト勤務の世界に生きています このような現代の やり方は 利点もありますが マイナス面も理解すべきと私は思います

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画