TED日本語 - ロバート・グプタ: 音楽と医学の間で

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ロバート・グプタ: 音楽と医学の間で

TED Talks

音楽と医学の間で
Between music and medicine
ロバート・グプタ
Robert Gupta

内容

ロバート・グプタは、医師になるべきかバイオリン奏者になるべきか思い悩んでいた時、自分の進路はその中間にあるのだと気づきました。手にはバイオリンを持ち、心には社会的公正の意識を抱いて進むことにしたのです。社会の周縁にいる人々と、従来の医学では上手くいかない領域で成果を上げている音楽療法の力について語った感動的なスピーチです。

Script

(Music) (Applause)

Thank you very much. (Applause) Thank you. It's a distinct privilege to be here.

A few weeks ago, I saw a video on YouTube of Congresswoman Gabrielle Giffords at the early stages of her recovery from one of those awful bullets. This one entered her left hemisphere, and knocked out her Broca's area, the speech center of her brain. And in this session, Gabby's working with a speech therapist, and she's struggling to produce some of the most basic words, and you can see her growing more and more devastated, until she ultimately breaks down into sobbing tears, and she starts sobbing wordlessly into the arms of her therapist. And after a few moments, her therapist tries a new tack, and they start singing together, and Gabby starts to sing through her tears, and you can hear her clearly able to enunciate the words to a song that describe the way she feels, and she sings, in one descending scale, she sings, "Let it shine, let it shine, let it shine." And it's a very powerful and poignant reminder of how the beauty of music has the ability to speak where words fail, in this case literally speak.

Seeing this video of Gabby Giffords reminded me of the work of Dr. Gottfried Schlaug,one of the preeminent neuroscientists studying music and the brain at Harvard, and Schlaug is a proponent of a therapy called Melodic Intonation Therapy, which has become very popular in music therapy now. Schlaug found that his stroke victims who were aphasic, could not form sentences of three- or four-word sentences, but they could still sing the lyrics to a song, whether it was "Happy Birthday To You" or their favorite song by the Eagles or the Rolling Stones. And after 70 hours of intensive singing lessons, he found that the music was able to literally rewire the brains of his patients and create a homologous speech center in their right hemisphere to compensate for the left hemisphere's damage.

When I was 17, I visited Dr. Schlaug's lab, and in one afternoon he walked me through some of the leading research on music and the brain -- how musicians had fundamentally different brain structure than non-musicians, how music, and listening to music, could just light up the entire brain, from our prefrontal cortex all the way back to our cerebellum, how music was becoming a neuropsychiatric modality to help children with autism, to help people struggling with stress and anxiety and depression, how deeply Parkinsonian patients would find that their tremor and their gait would steady when they listened to music, and how late-stage Alzheimer's patients, whose dementia was so far progressed that they could no longer recognize their family, could still pick out a tune by Chopin at the piano that they had learned when they were children.

But I had an ulterior motive of visiting Gottfried Schlaug, and it was this: that I was at a crossroads in my life, trying to choose between music and medicine. I had just completed my undergraduate, and I was working as a research assistant at the lab of Dennis Selkoe, studying Parkinson's disease at Harvard, and I had fallen in love with neuroscience. I wanted to become a surgeon. I wanted to become a doctor like Paul Farmer or Rick Hodes, these kind of fearless men who go into places like Haiti or Ethiopia and work with AIDS patients with multidrug-resistant tuberculosis, or with children with disfiguring cancers. I wanted to become that kind of Red Cross doctor, that doctor without borders. On the other hand, I had played the violin my entire life.

Music for me was more than a passion. It was obsession. It was oxygen. I was lucky enough to have studied at the Juilliard School in Manhattan, and to have played my debut with Zubin Mehta and the Israeli philharmonic orchestra in Tel Aviv, and it turned out that Gottfried Schlaug had studied as an organist at the Vienna Conservatory, but had given up his love for music to pursue a career in medicine. And that afternoon, I had to ask him, "How was it for you making that decision?"

And he said that there were still times when he wished he could go back and play the organ the way he used to, and that for me, medical school could wait, but that the violin simply would not. And after two more years of studying music, I decided to shoot for the impossible before taking the MCAT and applying to medical school like a good Indian son to become the next Dr. Gupta. (Laughter) And I decided to shoot for the impossible and I took an audition for the esteemed Los Angeles Philharmonic. It was my first audition, and after three days of playing behind a screen in a trial week, I was offered the position. And it was a dream. It was a wild dream to perform in an orchestra, to perform in the iconic Walt Disney Concert Hall in an orchestra conducted now by the famous Gustavo Dudamel, but much more importantly to me to be surrounded by musicians and mentors that became my new family, my new musical home.

But a year later, I met another musician who had also studied at Juilliard,one who profoundly helped me find my voice and shaped my identity as a musician. Nathaniel Ayers was a double bassist at Juilliard, but he suffered a series of psychotic episodes in his early 20s, was treated with thorazine at Bellevue, and ended up living homeless on the streets of Skid Row in downtown Los Angeles 30 years later. Nathaniel's story has become a beacon for homelessness and mental health advocacy throughout the United States, as told through the book and the movie "The Soloist," but I became his friend, and I became his violin teacher, and I told him that wherever he had his violin, and wherever I had mine, I would play a lesson with him.

And on the many times I saw Nathaniel on Skid Row, I witnessed how music was able to bring him back from his very darkest moments, from what seemed to me in my untrained eye to be the beginnings of a schizophrenic episode. Playing for Nathaniel, the music took on a deeper meaning, because now it was about communication, a communication where words failed, a communication of a message that went deeper than words, that registered at a fundamentally primal level in Nathaniel's psyche, yet came as a true musical offering from me. I found myself growing outraged that someone like Nathaniel could have ever been homeless on Skid Row because of his mental illness, yet how many tens of thousands of others there were out there on Skid Row alone who had stories as tragic as his, but were never going to have a book or a movie made about them that got them off the streets? And at the very core of this crisis of mine, I felt somehow the life of music had chosen me, where somehow, perhaps possibly in a very naive sense, I felt what Skid Row really needed was somebody like Paul Farmer and not another classical musician playing on Bunker Hill.

But in the end, it was Nathaniel who showed me that if I was truly passionate about change, if I wanted to make a difference, I already had the perfect instrument to do it, that music was the bridge that connected my world and his.

There's a beautiful quote by the Romantic German composer Robert Schumann, who said, "To send light into the darkness of men's hearts, such is the duty of the artist." And this is a particularly poignant quote because Schumann himself suffered from schizophrenia and died in asylum. And inspired by what I learned from Nathaniel, I started an organization on Skid Row of musicians called Street Symphony, bringing the light of music into the very darkest places, performing for the homeless and mentally ill at shelters and clinics on Skid Row, performing for combat veterans with post-traumatic stress disorder, and for the incarcerated and those labeled as criminally insane.

After one of our events at the Patton State Hospital in San Bernardino, a woman walked up to us and she had tears streaming down her face, and she had a palsy, she was shaking, and she had this gorgeous smile, and she said that she had never heard classical music before, she didn't think she was going to like it, she had never heard a violin before, but that hearing this music was like hearing the sunshine, and that nobody ever came to visit them, and that for the first time in six years, when she heard us play, she stopped shaking without medication.

Suddenly, what we're finding with these concerts, away from the stage, away from the footlights, out of the tuxedo tails, the musicians become the conduit for delivering the tremendous therapeutic benefits of music on the brain to an audience that would never have access to this room, would never have access to the kind of music that we make. Just as medicine serves to heal more than the building blocks of the body alone, the power and beauty of music transcends the "E" in the middle of our beloved acronym. Music transcends the aesthetic beauty alone. The synchrony of emotions that we experience when we hear an opera by Wagner, or a symphony by Brahms, or chamber music by Beethoven, compels us to remember our shared, common humanity, the deeply communal connected consciousness, the empathic consciousness that neuropsychiatrist Iain McGilchrist says is hard-wired into our brain's right hemisphere. And for those living in the most dehumanizing conditions of mental illness within homelessness and incarceration, the music and the beauty of music offers a chance for them to transcend the world around them, to remember that they still have the capacity to experience something beautiful and that humanity has not forgotten them. And the spark of that beauty, the spark of that humanity transforms into hope, and we know, whether we choose the path of music or of medicine, that's the very first thing we must instill within our communities, within our audiences, if we want to inspire healing from within.

I'd like to end with a quote by John Keats, the Romantic English poet, a very famous quote that I'm sure all of you know. Keats himself had also given up a career in medicine to pursue poetry, but he died when he was a year older than me. And Keats said, "Beauty is truth, and truth beauty. That is all ye know on Earth, and all ye need to know." (Music) (Applause)

(音楽) (拍手)

ありがとうございます(拍手) この場に立てて光栄です

数週間前 ユーチューブの動画を見ました ガブリエル・ギフォーズ下院議員が 銃で撃たれた頭のひどい怪我からの 回復に向けたリハビリを始めたという動画です 銃弾は 彼女の左脳に撃ち込まれ 脳内の言語を司る中心であるブローカ野を破壊しました この時 ギャビーさんは言語療法士の治療を受け 簡単な単語を発しようと もがいていましたが徐々に打ちのめされ ついにはすすり泣きを始め 言語療法士の腕に抱かれて 言葉もなくむせび泣く様子が映されていました 少しすると 療法士は別の方法を試そうと 歌を歌い始めました ギャビーさんも涙にぬれた顔で歌い始めました 歌の中では 彼女の思いを表すような言葉を はっきりと発音することができたのです ギャビーさんは 下降音階に合わせてこう歌いました 「輝かせよう 輝かせよう 輝かせよう」 このことが力強く示しているように 音楽が持つ美は 言葉にできないことを伝えることができるのです ギャビーさんの場合は文字通り言葉にできなかったのにです

ギャビー議員の動画を見て ゴットフリード・シュラーグ博士のことを思い出しました ハーバード大学で音楽と脳の研究をしている優れた神経科学者で メロディック・イントネーション・セラピーという 今では広く使われている音楽療法の主唱者でもあります シュラーグ博士が気づいたのは脳梗塞を起こして失語症になり 3,4語の文章ですら発することができない患者でも 曲の歌詞なら歌えるということでした 「ハッピー・バースデー」やお気に入りの イーグルスやローリング・ストーンズの曲などです そして 70時間の歌の集中レッスンを受けると 音楽が患者の脳神経をつなぎ直し 代替的な言語中枢を 右脳に作り出し 損傷を受けた左脳を補完することを博士は発見したのです

17歳の時 私はシュラーグ博士の研究室を訪ねました 博士は 音楽と脳についての研究の最先端を 見せてくれました音楽家の脳の構造が ほかの人とは根本的に違っていること 音楽を演奏したり聴いたりすることが 前頭葉前部皮質から小脳に至るまで 脳全体を照らすように刺激を与えること 音楽が 自閉症の子どもやストレスや不安 鬱を抱える人たちを救うための 神経精神病学における治療法になっていること 音楽を聴くことでパーキンソン病患者の 震えが収まり 足取りがしっかりすること そして 認知症が進み家族のこともわからなくなった 後期アルツハイマー病の患者でも ピアノの前に座ると子どもの頃に学んだ ショパンの曲を演奏することができるといった話です

でもその日の私の訪問には胸に秘めた目的がありました 音楽と医学のどちらを選ぶべきか 人生の岐路にあったのです 私はちょうど学部課程を終えハーバード大学の デニス・セルコー博士の研究室で助手として働きながら パーキンソン病の研究をしていました 神経科学に心惹かれ外科医になりたいと思っていました ポール・ファーマーや リック・ホーズのような勇敢な医師になって ハイチやエチオピアのような場所に赴き エイズ患者や 多剤耐性の結核外見を損ねる? ガンに冒された子どもなどの治療にあたりたかったのです 赤十字や 国境なき医師団で働くような 医師です その一方で 私は幼いころからずっとバイオリンを弾いてきました

音楽は私にとってただの情熱ではなくなくてはならない? 酸素のようなものです幸運にもジュリアード音楽院で学び テルアビブでのデビュー公演ではズービン・メータ指揮の イスラエル・フィルと共演することができました シュラーグ博士を訪問して知ったのですが 博士はオルガン奏者としてウィーン音楽院で学び その後 医学の道を究めるため音楽をあきらめた人でした その日の午後 こう聞かずにはいられませんでした 「その結論を下すのはどんな気持ちだったのですか?」

博士はこう言いました「当時に戻って昔のように オルガンを弾きたくなることもある 君にとって 医大は後からでも行くことができるが バイオリンはそうはいかないよ」 その後2年間 音楽の勉強を続け私は決心しました 医大の試験を受ける前に不可能に挑戦してみよう? 親孝行なインド人として医大を受験し グプタ医師になるのはその後でいいと(笑) 不可能に挑戦しようと名高いロサンゼルス・フィルの オーディションを受けたのです私にとって初のオーディションで 1週間の選考期間中に 3日間ついたて越しに演奏をし 採用されることになりました まさに夢のようでしたオーケストラで演奏するなんて あのウォルト・ディズニー・コンサートホールで しかも指揮者は かの有名なグスターボ・ドゥダメルです でも もっと大切だったのは音楽家や指導者に囲まれ 彼らが私の 新しい家族そして新しい音楽の拠点に なったということです

その1年後には 音楽家としての自分の考え方や あり方を形作る上で大きな手助けをしてくれた ジュリア―ド出身の音楽家との出会いがありました ナサニエル・エアーズはジュリアードでコントラバスを学びましたが 20代前半に一連の精神病症状に襲われ ベルビューで向精神薬の治療を受け 30年後には ロサンゼルスの中心部にある スキッド・ロウで路上生活を送っていました ナサニエルの物語は全米でホームレスや メンタルヘルス問題について考える導き手となり 「路上のソリスト」として書籍化・映画化されました 私は彼と友達になり彼のバイオリンの先生になりました 2人がバイオリンを持っている時であれば どこであれレッスンをするという約束をしました

スキッド・ロウで私が何度も目にしたのは 素人の私には 統合失調症の発作の兆しに思える 暗い深みから 音楽が彼を救い出す様です ナサニエルのために演奏することで音楽はより深い意味を持つようになりました 今や音楽がコミュニケーションとなったからです 音楽は 言葉が届かない領域でのコミュニケーションであり ナサニエルの心のもっとも奥深い部分にしまい込まれているけれど 私との交流を通じて表に現れてくる メッセージのやり取りなのです ナサニエルのような人が精神疾患を抱えているからといって スキッド・ロウで路上生活を強いられていることに私は怒りを覚えました でも ナサニエルと同じぐらい悲しい体験をしていながら 書籍や映画に取り上げられることもなく 路上生活を続けなければならない人が スキッド・ロウだけでも一体何万人いるのでしょう? このことに ひどく思い悩んでいるとき ふと 音楽の精が私を選んだのだという気持ちになりました そして おそらくは世間知らずゆえにこう思いました スキッド・ロウに必要なのはディズニー・ホールで演奏する 音楽家ではなく ポール・ファーマーのような人なのだと

でも最後には ナサニエルが教えてくれました もし私が本当に変えることに情熱を持ち 状況を変えたいのであればそのための道具を既に手にしているのだと 私の世界とナサニエルの世界をつないでくれた 音楽がそうです

ドイツのロマン派を代表する作曲家シューマンが こんな美しい言葉を残しています 「闇に覆われた人の心に光を届けることこそ 芸術家の責務である」 この言葉が格別に胸を打つのは シューマン自身が統合失調症に苦しめられ 精神病院で亡くなった人だからです 私は ナサニエルから学んだことに後押しされて スキッド・ロウで「ストリート・シンフォニー」という 団体を作り 暗闇に音楽の光をもたらす活動を始めました スキッロ・ロウの路上や救護施設に暮らす ホームレスの人たち PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩む退役軍人 囚人や 触法精神障害者とされた人たちのために 演奏をするのです

サンバーナーディーノにあるパットン州立病院での 演奏会で 一人の女性が私たちに歩み寄ってきました 顔に幾筋も涙を流し けいれんし 震えながらも 見事な笑顔を浮かべて言いました クラシックもバイオリンも聴いたことがなく 気に入ることもないだろうと思っていたけれど あなた方の音楽は陽の光を聞くようだった 自分たちを訪れる者など誰もなかったが今日の音楽を聴いて この6年間で初めて薬なしで震えがとまった と

ステージも照明もなくタキシードもない こうしたコンサート活動を通じて気づいたのは コンサートホールになど来ることができず 私たちが普段演奏するような音楽に 接する機会のない人たちに対して 演奏家はこの音楽の持つ 大きな癒しの力を伝えるパイプになれるということです 医学が治すのが 体の部品だけではないのと同じように 音楽が持つ力と美は TEDの “E” が表す エンターテインメントを超えたものです 音楽が表すのは 美学上の美しさだけではありません ワーグナーのオペラやブラームスの交響曲 ベートーベンの室内楽を聴くとき共有される感情体験には 私たちが共通の人間性や深い部分でつながった 共通の意識 共感の思いを持ち合わせていることを 思い起こさずにはいられません 精神神経科医のイアン・マギルクリストによると こうした感情は 人間の右脳に生まれつき備わっているものです 精神疾患を抱えながら ホームレスや囚人でいるという もっとも非人間的な状況で暮らす人にとって 音楽 そして音楽が持つ美は 周囲の環境に関わらず自分たちは今でも 美しいものを体験することができ人々はまだ 自分たちのことを忘れていないのだと気づかせる機会になります そして そのような人間性や美のきらめきは 希望へと形を変えるのです 選んだ道が音楽であっても医学であっても 内からの癒しを後押ししたいのであれば 自らのコミュニティや観客に このことをまず伝えなければなりません

最後に イギリスのロマン派詩人 ジョン・キーツの言葉を紹介します とても有名なので皆さんご存知かと思います キーツもまた 医学の道をあきらめて詩の世界に入った人でしたが 今の私より1歳年上の25歳で亡くなりました 彼の言葉です「美は真実であり 真実は美である それが地上で知ることのすべて知るべきことのすべてである」 (音楽) (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画