TED日本語 - トム・ヒューム: 近道から何が学べるか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

どうすれば人々が本当に望まれる製品を作り上げられるのでしょうか?消費者にも開発に参加してもらいましょう。「顧客の要求に共感することこそが、事業を成功へと導く一番の指針となるでしょう」とデザイナーのトム・ヒュームは言います。彼はこの短いトークの中で、「ユーザー体験」とデザインとが交差するポイントについて、洞察力に満ちた3つの例を挙げています。そこには、人々が必要にかられて創り上げた近道である「デザイア・パス」があるのです。一度「デザイア・パス」の見つけ方がわかると、それが至る所にあるということ気づくでしょう。

Script

新商品や新サービス 新規事業をデザインする場合 それが良いものなのか よいデザインなのか 分かるのは 実際に状況に応じた 使われ方を見た時です

私はロンドン北部の ハイべリーフィールズを歩くたびに このことを思い出します とても美しい公園で 芝に覆われた広場が広がり 周囲には ジョージア王朝様式の 建物が並びます しかし この踏み分け道が 真ん中を横切っています 明らかに わざわざ外周を 歩こうという人はいないのです その代わり この近道を通るので 近道が自然に 形づくられていきます

さて この近道は デザイア・パスと呼ばれ たいてい 一番楽な道なのです 近道はとても面白いものです なぜなら 近道はたいてい デザインとユーザー体験とが分かれる所にできるのです

ここで 私はお詫びしておきます 皆さんは 至る所で 近道に気づくようになるでしょう まず今日は 私が興味深いと思う ポイントを3つ取り上げ そこから 新商品や新サービスを ― 世に出すには何が大切と考えるか 紹介したいと思います 一つ目は ブラジルの首都の ブラジリアです この都市を見ると 実際のニーズを満たすために 使いやすいように デザインをしなくてはならないことが 分かります ブラジリアは素晴らしい都市です ニーマイヤーによって 1950年代に 設計されました 当時は 空の旅の黄金時代でした ですから 写真で分かるように 街を飛行機の形にしたのです 少し憂慮しながらも 政府の主要省庁の大部分を 操縦室の場所に置きました しかし ブラジリアの 中央部を拡大すると この印の場所ですが デザイア・パスが縦横無尽に 走っていることが分かるでしょう これは至る所にあります

設計者たちは 将来を見越した デザインにしたいと考えました つまり 未来には 歩く必要はなくなり ― 車で移動できるようになるので 歩道を作る必要はない と考えたのです しかし 見ての通り 実際には ニーズはあるのです デザイア・パスの中には 非常に危険なものもあります 中ほどの一本に注目すると 自動車道を15車線も横切ります ブラジリアでは 歩行者が関わる交通事故が 平均的なアメリカの都市の ― 5倍発生していることは 当然と言えるでしょう 人々は機知に富んでいます お金や時間の節約になるような 通りやすい道を 必ず見つけます

全てのデザイア・パスが 危険という訳ではありません ヒースロー空港からここへのフライトのときに 気づいたことです 免税店の間を ずっと歩かされるのは うれしくないという人が 多いのです 驚いたことに 多くの人が大きくカーブして遠回りの 左側の通路を通らずに この右側の免税店を横切るのです デザイア・パスを使うのです

こんな問いをすると面白いのですが 設計者は このような行動を 目の当りにするとどう思うのか? 人々を愚かだと思うのか? 人々を怠け者だと思うのか? あるいは これを 唯一の現実と受け入れるのか? これは彼らの製品ですが 私たちは 実質的に 一緒にデザインしています 私たちが 抵抗なく実際のニーズを満たす デザインをしなくてはなりません それは デザイナーがしなければ 利用者が使いやすいように変えるからです

皆さんにご紹介したい デザイア・パスの二つ目は カリフォルニア大学にあります これを見ると 卓越したデザインを生み出すには ただ始めてみることが 時には 一番よい方法であることが 分かります 大学のキャンパスは デザイア・パスを 見つけるのに 適した場所です なぜなら 学生はいつも遅刻をし かつ とても頭がいいからです ですから 学生たちは 講義に 駆けつけて いつも近道を見つけるのです このときのデザイナーは それを知っていました ですから 建物を建てた後 道が出来るまで 数か月待ち それから 舗装したのです (笑) 信じられないほど 賢明な方法です 実際 サービスを骨組みだけで 始めてみることで たいてい 人が何を本当に欲しているかを 知ることができます

例えば ボストンのエア・ミューアは レストランを始めようとしていました 立地はどこにするか? メニューは何にするか? 彼は サービスを始めました つまり 移動販売です そして 毎日 場所を変え 横のホワイトボードに 毎日異なるメニューを書いて 人々が何を食べたいのかを調べました 彼は 今や レストランチェーンを 経営しています つまり デザイア・パスを見つけるのに 何かを始めてみるのが 非常に効果的なことがあるのです

私が皆さんにご紹介する 三つ目で最後のデザイア・パスは アメリカ国立衛生研究所です ここでは 世界は常に変化していて その変化に対応しなくては ならないことが分かります ご想像の通り これは病院です 左の印が腫瘍科です 患者はたいてい 右下のホテルに泊まります 患者のための施設なので 病院側は患者のために 車を用意しました しかし 化学療法が始まってみると 患者は車に乗りたがりませんでした かなり吐き気がひどいので ホテルまで歩いて帰ったのです この斜めに走る デザイア・パスが出来たのです 患者たちはこの道を 「化学療法の小道」と名付けました 初めのうちは 病院は 芝を植え直し 無視しようとしました しかし しばらくして この道が重要で 必要だと気づいたのです 病院は 患者に合わせて この道を舗装したのです

私たちの仕事は 時に 出来上がった デザイア・パスを舗装することだと思います もう一度 ロンドン北部に 戻ってみると あのデザイア・パスは 以前からあった訳ではありません この道が出来たのは 巨大なアーセナル・スタジアムがあって 試合の日に たくさんの人が右下の地下鉄の駅から ここを通るからです 右下の公園に デザイア・パスがあります 時間を何年か戻してみると スタジアムの建設中には デザイア・パスはありませんでした

私たちの仕事は デザイア・バスが出来るのを待ち 適切な場所を 舗装することです この写真の場所で 誰かがしたようにです 誰かが柵を設置しましが 人々は手前の方に 迂回し始めました そして 誰かが敷石を並べたのです

(笑)

さらに この写真を見ると 世界は流動的であることも分かります 常に変化し続けるのです というのも この写真の向こう側にも 別のデザイア・パスが 出来ているのが確認できるからです

ご紹介した3つの デザイア・パスを見ると 実際の人のニーズに沿う必要が あることが分かるのです 利用者の要求に共感することこそが 事業を成功へと導く 一番の指針となるでしょう 現実のニーズを満たすように かつ 使いやすいように デザインをしましょう なぜなら 使いにくいデザインをすれば 他の誰か ― たいていは利用者が 使いやすいように変えるからです

次に 人が何を本当に 欲しているかを知るには たいてい 始めてみることが 一番の方法です その答えは 建物の中には 滅多にありません 外に出て 何を人々が本当に 欲しているか 観察しましょう

最後に テクノロジーの影響もあって 今 世界は非常に流動的です 常に変わり続けているのです このような デザイア・パスが 以前よりも 速く出来あがるのです 私たちの仕事は 適切なデザイア・パスを選んで それを 舗装することです

ありがとうございました

(拍手)

When we're designing new products, services or businesses, the only time you'll know if they're any good, if the designs are good, is to see how they're used in the real world, in context.

I'm reminded of that every time I walk past Highbury Fields in north London. It's absolutely beautiful. There's a big open green space. There's Georgian buildings around the side. But then there's this mud trap that cuts across the middle. People clearly don't want to walk all the way around the edge. Instead, they want to take the shortcut, and that shortcut is self-reinforcing.

Now, this shortcut is called a desire path, and it's often the path of least resistance. I find them fascinating, because they're often the point where design and user experience diverge.

Now at this point, I should apologize, because you guys are going to start seeing these everywhere. But today, I'm going to pick three I find interesting and share what actually it reminds me about launching new products and services. The first is in the capital city of Brazil -- Brasilia. And it reminds me that sometimes, you have to just focus on designing for a real need at low friction. Now, Brasilia is fascinating. It was designed by Niemeyer in the '50s. It was the golden age of flying, so he laid it out like a plane, as you can see there. Slightly worryingly, he put most of the important government buildings in the cockpit. But if you zoom in, in the very center of Brasilia, just where the point is there, you see it's littered with desire paths. They're absolutely everywhere.

Now, they thought that they had future-proofed this design. They thought in the future we wouldn't need to walk anywhere -- we'd be able to drive -- so there was little need for walkways or pavements. But as you can see, there's a real need. These are very dangerous desire paths. If we just pick one, in the middle, you can see it crosses 15 lanes of traffic. It won't surprise you guys that Brasilia has five times the pedestrian accident rate of your average US city. People are resourceful. They'll always find the low-friction route to save money, save time.

Not all these desire paths are dangerous, I was reminded flying here when I was in Heathrow. Many of us get frustrated when we're confronted with the obligatory walk through duty-free. It was amazing to me how many people refused to take the long, meandering path to the left, and just cut through to the right, cut through the desire path.

The question that's interesting is: What do designers think when they see our behavior here? Do they think we're stupid? Do they think we're lazy? Or do they accept that this is the only truth? This is their product. We're effectively co-designing their product. So our job is to design for real needs at low friction, because if you don't, the customer will, anyway.

The second desire path I wanted to share is at the University of California. And it reminds me that sometimes the best way to come up with a great design is just to launch it. Now, university campuses are fantastic for spotting desire paths. I think it's because students are always late and they're pretty smart. So they're dashing to lectures. They'll always find the shortcut. And the designers here knew that. So they built the buildings and then they waited a few months for the paths to form. They then paved them. (Laughter) Incredibly smart approach. In fact, often, just launching the straw man of a service can teach you what people really want.

For example, Ayr Muir in Boston knew he wanted to open a restaurant. But where should it be? What should the menu be? He launched a service, in this case a food truck, and he changed the location each day. He'd write a different menu on the side in a whiteboard marker to figure out what people wanted. He now has a chain of restaurants. So it can be incredibly efficient to launch something to spot the desire paths.

The third and final desire path I wanted to share with you is the UNIH. It reminds me that the world's in flux, and we have to respond to those changes. So as you'll guess, this is a hospital. I've marked for you on the left the Oncology Department. The patients would usually stay in the hotels down on the bottom right. This was a patient-centered organization, so they laid on cars for their patients. But what they realized when they started offering chemotherapy is the patients rarely wanted to get in cars. They were too nauseous, so they'd walk back to their hotels. This desire path that you see diagonally, formed. The patients even called it "The Chemo Trail." Now, when the hospital saw this originally, they tried to lay turf back over it, ignore it. But after a while, they realized it was an important need they were meeting for their patients, so they paved it.

And I think our job is often to pave these emerging desire paths. If we look back at the one in North London again, that desire path hasn't always been there. The reason it sprung up is people were traveling to the mighty Arsenal Football Club stadium on game days, from the Underground station you see on the bottom right. So you see the desire path. If we just wind the clock back a few years, when the stadium was being constructed, there is no desire path.

So our job is to watch for these desire paths emerging, and, where appropriate, pave them, as someone did here. Someone installed a barrier, people started walking across and round the bottom as you see, and they paved it.

(Laughter)

But I think this is a wonderful reminder as well, that, actually, the world is in flux. It's constantly changing, because if you look at the top of this image, there's another desire path forming.

So these three desire paths remind me we need to design for real human needs. I think empathy for what your customers want is probably the biggest leading indicator of business success. Design for real needs and design them in low friction, because if you don't offer them in low friction, someone else will, often the customer.

Secondly, often the best way to learn what people really want is to launch your service. The answer is rarely inside the building. Get out there and see what people really want.

And finally, in part because of technology, the world is incredibly flux at the moment. It's changing constantly. These desire paths are going to spring up faster than ever. Our job is to pick the appropriate ones and pave over them.

Thank you very much.

(Applause)

When we're designing/ new products, services or businesses,/ the only time/ you'll know/ if they're any good,/ if the designs are good,/ is to see/ how they're used in the real world,/ in context.//

新商品や新サービス 新規事業をデザインする場合 それが良いものなのか よいデザインなのか 分かるのは 実際に状況に応じた 使われ方を見た時です

I'm reminded of that every time/ I walk past Highbury Fields/ in north London.//

私はロンドン北部の ハイべリーフィールズを歩くたびに このことを思い出します

It's absolutely beautiful.//

とても美しい公園で

There's a big open green space.//

芝に覆われた広場が広がり

There's Georgian buildings/ around the side.//

周囲には ジョージア王朝様式の 建物が並びます

But then/ there's this mud trap/ that cuts across the middle.//

しかし この踏み分け道が 真ん中を横切っています

People clearly don't want to walk/ all the way/ around the edge.//

明らかに わざわざ外周を 歩こうという人はいないのです

Instead,/ they want to take/ the shortcut,/ and/ that shortcut is self-reinforcing.//

その代わり この近道を通るので 近道が自然に 形づくられていきます

Now,/ this shortcut is called a desire path,/ and it's often/ the path of least resistance.//

さて この近道は デザイア・パスと呼ばれ たいてい 一番楽な道なのです

I find them/ fascinating,/ because they're often/ the point/ where design and user experience diverge.//

近道はとても面白いものです なぜなら 近道はたいてい デザインとユーザー体験とが分かれる所にできるのです

Now/ at this point,/ I should apologize,/ because you/ guys are going to start seeing these everywhere.//

ここで 私はお詫びしておきます 皆さんは 至る所で 近道に気づくようになるでしょう

But today,/ I'm going to pick/ three/ I find interesting/ and share/ what actually/ it reminds me/ about launching new products/ and services.//

まず今日は 私が興味深いと思う ポイントを3つ取り上げ そこから 新商品や新サービスを ― 世に出すには何が大切と考えるか 紹介したいと思います

The first is in the capital city of Brazil --/ Brasilia.//

一つ目は ブラジルの首都の ブラジリアです

And it reminds me/ that sometimes,/ you have to just focus on designing for a real need/ at low friction.//

この都市を見ると 実際のニーズを満たすために 使いやすいように デザインをしなくてはならないことが 分かります

ブラジリアは素晴らしい都市です

It was designed by Niemeyer/ in the '50s.//

ニーマイヤーによって 1950年代に 設計されました

It was the golden age of flying,/ so he laid it out/ like a plane,/ as you can see there.//

当時は 空の旅の黄金時代でした ですから 写真で分かるように 街を飛行機の形にしたのです

Slightly worryingly,/ he put most of the important government buildings/ in the cockpit.//

少し憂慮しながらも 政府の主要省庁の大部分を 操縦室の場所に置きました

But/ if you zoom in,/ in the very center of Brasilia,/ just where/ the point is there,/ you see/ it's littered with desire paths.//

しかし ブラジリアの 中央部を拡大すると この印の場所ですが デザイア・パスが縦横無尽に 走っていることが分かるでしょう

これは至る所にあります

Now,/ they thought/ that they had future-proofed/ this design.//

設計者たちは 将来を見越した デザインにしたいと考えました

They thought in the future/ we wouldn't need to walk anywhere --/ we'd be able to drive --/ so there was little need/ for walkways or pavements.//

つまり 未来には 歩く必要はなくなり ― 車で移動できるようになるので 歩道を作る必要はない と考えたのです

But/ as you can see,/ there's a real need.//

しかし 見ての通り 実際には ニーズはあるのです

These are very dangerous desire paths.//

デザイア・パスの中には 非常に危険なものもあります

If we just pick one,/ in the middle,/ you can see/ it crosses 15 lanes of traffic.//

中ほどの一本に注目すると 自動車道を15車線も横切ります

It won't surprise/ you guys/ that Brasilia has five times the pedestrian accident rate of your average US city.//

ブラジリアでは 歩行者が関わる交通事故が 平均的なアメリカの都市の ― 5倍発生していることは 当然と言えるでしょう

People are resourceful.//

人々は機知に富んでいます

They'll always find the low-friction route/ to save money,/ save time.//

お金や時間の節約になるような 通りやすい道を 必ず見つけます

Not all these desire paths are dangerous,/ I was reminded flying here/ when I was in Heathrow.//

全てのデザイア・パスが 危険という訳ではありません ヒースロー空港からここへのフライトのときに 気づいたことです

Many of us get frustrated/ when we're confronted with the obligatory walk/ through duty-free.//

免税店の間を ずっと歩かされるのは うれしくないという人が 多いのです

It was amazing/ to me/ how many people refused to take/ the long,/ meandering path/ to the left,/ and just cut through/ to the right,/ cut through the desire path.//

驚いたことに 多くの人が大きくカーブして遠回りの 左側の通路を通らずに この右側の免税店を横切るのです デザイア・パスを使うのです

The question/ that's interesting is:/ What do designers think/ when they see our behavior here?//

こんな問いをすると面白いのですが 設計者は このような行動を 目の当りにするとどう思うのか?

Do they think we're stupid?//

人々を愚かだと思うのか?

Do they think we're lazy?//

人々を怠け者だと思うのか?

Or do they accept/ that this is the only truth?//

あるいは これを 唯一の現実と受け入れるのか?

This is their product.//

これは彼らの製品ですが

We're effectively co-designing/ their product.//

私たちは 実質的に 一緒にデザインしています

So our job is to design for real needs/ at low friction,/ because/ if you don't,/ the customer will,/ anyway.//

私たちが 抵抗なく実際のニーズを満たす デザインをしなくてはなりません それは デザイナーがしなければ 利用者が使いやすいように変えるからです

The second desire path/ I wanted to share is at the University of California.//

皆さんにご紹介したい デザイア・パスの二つ目は カリフォルニア大学にあります

And it reminds me/ that sometimes/ the best way/ to come up/ with a great design is just to launch it.//

これを見ると 卓越したデザインを生み出すには ただ始めてみることが 時には 一番よい方法であることが 分かります

大学のキャンパスは デザイア・パスを 見つけるのに 適した場所です

I think/ it's/ because students are always late/ and they're pretty smart.//

なぜなら 学生はいつも遅刻をし かつ とても頭がいいからです

So they're dashing to lectures.//

ですから 学生たちは 講義に 駆けつけて

They'll always find the shortcut.//

いつも近道を見つけるのです

And the designers here knew that.//

このときのデザイナーは それを知っていました

So they built the buildings/ and then/ they waited a few months/ for the paths/ to form.//

ですから 建物を建てた後 道が出来るまで 数か月待ち

They then paved them.//

それから 舗装したのです

(笑)

信じられないほど 賢明な方法です

In fact,/ often,/ just/ launching the straw man of a service can teach you/ what people really want.//

実際 サービスを骨組みだけで 始めてみることで たいてい 人が何を本当に欲しているかを 知ることができます

For example,/ Ayr Muir/ in Boston knew/ he wanted to open/ a restaurant.//

例えば ボストンのエア・ミューアは レストランを始めようとしていました

But where should it be?//

立地はどこにするか?

What should the menu be?//

メニューは何にするか?

He launched a service,/ in this case/ a food truck,/ and he changed the location/ each day.//

彼は サービスを始めました つまり 移動販売です そして 毎日 場所を変え

He'd write a different menu/ on the side/ in a whiteboard marker/ to figure out/ what people wanted.//

横のホワイトボードに 毎日異なるメニューを書いて 人々が何を食べたいのかを調べました

He now has a chain of restaurants.//

彼は 今や レストランチェーンを 経営しています

So it can be incredibly efficient/ to launch something/ to spot the desire paths.//

つまり デザイア・パスを見つけるのに 何かを始めてみるのが 非常に効果的なことがあるのです

The third and final desire path/ I wanted to share/ with you is the UNIH.//

私が皆さんにご紹介する 三つ目で最後のデザイア・パスは アメリカ国立衛生研究所です

It reminds me/ that the world's in flux,/ and we have to respond/ to those changes.//

ここでは 世界は常に変化していて その変化に対応しなくては ならないことが分かります

So/ as you'll guess,/ this is a hospital.//

ご想像の通り これは病院です

I've marked for you/ on the left/ the Oncology Department.//

左の印が腫瘍科です

The patients would usually stay in the hotels down/ on the bottom right.//

患者はたいてい 右下のホテルに泊まります

This was a patient-centered organization,/ so they laid on cars/ for their patients.//

患者のための施設なので 病院側は患者のために 車を用意しました

But what they realized/ when they started offering/ chemotherapy is the patients rarely wanted to get/ in cars.//

しかし 化学療法が始まってみると 患者は車に乗りたがりませんでした

They were too nauseous,/ so they'd walk back/ to their hotels.//

かなり吐き気がひどいので ホテルまで歩いて帰ったのです

This desire path/ that you see diagonally,/ formed.//

この斜めに走る デザイア・パスが出来たのです

The patients even called it "The Chemo Trail."//

患者たちはこの道を 「化学療法の小道」と名付けました

Now,/ when the hospital saw this originally,/ they tried to lay/ turf back/ over it,/ ignore it.//

初めのうちは 病院は 芝を植え直し 無視しようとしました

But/ after a while,/ they realized/ it was an important need/ they were meeting for their patients,/ so they paved it.//

しかし しばらくして この道が重要で 必要だと気づいたのです 病院は 患者に合わせて この道を舗装したのです

And I think/ our job is often to pave these emerging desire paths.//

私たちの仕事は 時に 出来上がった デザイア・パスを舗装することだと思います

If we look back/ at the one/ in North London again,/ that desire path hasn't always been there.//

もう一度 ロンドン北部に 戻ってみると あのデザイア・パスは 以前からあった訳ではありません

The reason/ it sprung up/ is people were traveling to the mighty Arsenal Football Club stadium/ on game days,/ from the Underground station/ you see on the bottom right.//

この道が出来たのは 巨大なアーセナル・スタジアムがあって 試合の日に たくさんの人が右下の地下鉄の駅から ここを通るからです

So you see the desire path.//

右下の公園に デザイア・パスがあります

If we just wind the clock back/ a few years,/ when the stadium was being constructed,/ there is no desire path.//

時間を何年か戻してみると スタジアムの建設中には デザイア・パスはありませんでした

So our job is to watch for these desire paths/ emerging,/ and,/ where appropriate,/ pave them,/ as someone did here.//

私たちの仕事は デザイア・バスが出来るのを待ち 適切な場所を 舗装することです この写真の場所で 誰かがしたようにです

Someone installed a barrier,/ people started walking/ across/ and round the bottom/ as you see,/ and they paved it.//

誰かが柵を設置しましが 人々は手前の方に 迂回し始めました そして 誰かが敷石を並べたのです

(笑)

But I think/ this is a wonderful reminder as well,/ that,/ actually,/ the world is in flux.//

さらに この写真を見ると 世界は流動的であることも分かります

It's constantly changing,/ because/ if you look at the top of this image,/ there's another desire path forming.//

常に変化し続けるのです というのも この写真の向こう側にも 別のデザイア・パスが 出来ているのが確認できるからです

So these three desire paths remind me/ we need to design/ for real human needs.//

ご紹介した3つの デザイア・パスを見ると 実際の人のニーズに沿う必要が あることが分かるのです

I think empathy/ for what your customers want is probably the biggest leading indicator of business success.//

利用者の要求に共感することこそが 事業を成功へと導く 一番の指針となるでしょう

Design/ for real needs/ and design them/ in low friction,/ because/ if you don't offer them/ in low friction,/ someone else will,/ often/ the customer.//

現実のニーズを満たすように かつ 使いやすいように デザインをしましょう なぜなら 使いにくいデザインをすれば 他の誰か ― たいていは利用者が 使いやすいように変えるからです

Secondly,/ often/ the best way to learn/ what people really want/ is to launch your service.//

次に 人が何を本当に 欲しているかを知るには たいてい 始めてみることが 一番の方法です

The answer is rarely inside the building.//

その答えは 建物の中には 滅多にありません

Get/ out there/ and see/ what people really want.//

外に出て 何を人々が本当に 欲しているか 観察しましょう

And finally,/ in part/ because of technology,/ the world is incredibly flux/ at the moment.//

最後に テクノロジーの影響もあって 今 世界は非常に流動的です

常に変わり続けているのです

These desire paths are going to spring up/ faster/ than ever.//

このような デザイア・パスが 以前よりも 速く出来あがるのです

Our job is to pick the appropriate ones/ and pave over them.//

私たちの仕事は 適切なデザイア・パスを選んで それを 舗装することです

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

Georgian

(英国の)George王朝時代の(George1世から4世(1714‐1830)またはGeorge5世(1910‐1936),George6世(1936‐1952)の時代)

(米国の)Georgia州の

ジョージ王朝時代の人(特に作家)

(米国の)Georgia州の人

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

mud

『泥』;ぬかるみ

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

instead

『その代りとして』,それよりも

shortcut

近道

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

diverge

(一点から)分岐する,分かれる《+『from』+『名』》

(定まったコースから)それる,外れる《+『from』+『名』》

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

Brasilia

ブラジリア(Brazilの首都)

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

friction

〈U〉摩擦,こすること

〈U〉〈C〉衝突,不和

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

golden age

《the ~》(ギリシア神話の)黄金時代

〈C〉(文芸・国家などの)最盛期

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

cockpit

(飛行機の)操縦室;(スポーツカーなどの)運転席

闘鶏場;《比喩(ひゆ)的に》戦場,試合場

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

litter

〈U〉散らかったくず,がらくた;《a~》取り散らかし

〈C〉《集合的に》)動物の)一腹の子《+『of』+『名』》

〈U〉(家畜の)寝わら

〈C〉かつぎかご(屋根と周囲にカーテンがついて人の肩や動物を使って運ぶ)

〈C〉担架(stretcher)

(…で)〈場所〉‘を'散らかす《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

(動物,特に犬・豚が)〈子〉‘を'産む

〈家畜〉‘に'寝わらを敷いてやる

物を散らかす

〈動物,特に犬・豚が〉子を産む

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

walkway

(玄関から通りまで,また工場内などの)歩行者用通路

pavement

〈U〉(道路などの)『舗装』《+『of』+『名』》

〈U〉舗装道路;《英》(舗装した)歩道(《米》sidewalk)

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

pedestrian

『歩行者』(walker)

《名詞の前にのみ用いて》歩行者の

(文体などが)月並みな,平凡な,ありふれた

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

resourceful

(困難に際して)機知(くふう)に富んだ,才覚のある

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

obligatory

(道徳上・法律上)義務のある,強制的な;(課目など)必修の;(・・・に)必須の《+『on』(『upon』)+『

名』》

duty-free

関税のかからない,免税の

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

meander

〈川が〉(…を)曲がりくねって進む《+『through』+『名』》

〈人が〉(…を)当てもなくさまよう《+『along』(『through, across』)+『名』》

《しばしば複数形で》(川・道の)曲がりくねり

designer

『設計者』,デザイナー

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

lazy

(人動物が)『怠惰な』,無精な,物ぐさな

(物事が)(人の)怠惰を誘う,けだるい,ものうげな

動きがのろい

《名詞的に;the lazy》怠け者[たち]

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

anyway

=anyhow

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

dash

《副詞[句]を伴っで》『突進する』

(…に)『衝突する』,激しくぶつかる《+『against』(『into, onto』)+『名』》

(…に)…'を'『打ちつける』,投げつける《+『名』+『against』(『into, to』)+『名』》;…‘に'打ちつける

〈元気・希望など〉'を'くじく,〈人〉'を'落胆させる(depress)

(…に)〈木など〉'を'ぶっ掛ける,浴びせる《+『名』+『in』(『on, over』)+『名』》;(水などを)…‘に'ぶっかける《+『名』+『with』+『名』》

〈C〉《a~》(…への)『突進』,疾走(rush)《+『at』(『for』)+『名』》

《the~》短距離競走

《the~》(…に)打ちつける音《+『against』(『on』)+『名』》

〈C〉(元気・希望などを)くじくもの,(…の)障害《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(混合・添加する)(…の)少量《+『of』+『名』》

〈U〉映気;(…する)気力《+『to』 do》

〈C〉ダッシュ(一の符号)

〈C〉モールス信号の長音

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

pave

(アスファルトなどで)…‘を'『舗装する』《+『名』+『with』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

incredibly

信じられないほど

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

straw

〈U〉《集合的に》『麦わら』,『わら』

〈C〉(1本の)『わら』

〈C〉(飲み物を飲むときに使う)『ストロー』

〈U〉《しばしばa~》《否定文で用いて》つまらない物;ごくわずか

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

menu

(レストランの)『メニュー』,献立表

料理

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

marker

印をつける人(道具)

(ゲームなどの)採点者

目印,目標

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

flux

流動,流れ;上げ潮

絶え間ない変化,流転(るてん)

融剤,フラックス

(流体・粒子・エネルギーの)流量,流束,流動率

(電気・磁気の)束(そく)

(体内の液体の)異常流出,異常排出

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

hospital

『病院』

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

hotel

『ホテル』,旅館

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

chemotherapy

化学療法

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

nauseous

胸の悪くなるような

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

turf

芝土,芝地

〈C〉(移植用などに切り取った)芝土の一片

〈C〉(燃料用の)泥炭塊

《the ~》競馬場,競馬

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

mighty

《文》『強力な』,勢力のある(powerful)

《文》大きくて強そうに(りっぱに)見える,大した

たいへん,非常に

arsenal

兵器庫;兵器工場

《集合的に》兵器の蓄え

(一般に)蓄え,集積

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

stadium

『競技場』,スタジアム,球場

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

construct

(一定の計画・設計に従って)…'を'『組み立てる』,建造する,建設する

〈文・理論など〉'を'構成する,考案する

(幾何で)〈図形〉'を'描く,作図する

(心の中の)複合概念

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

reminder

思い出させる人(もの);(思い出させるための)助言;催促状

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

empathy

(心理学で)感情移入,共感

probably

『たぶん』,『おそらく』

leading

『先導する』,先頭の

『主要な』,一流の

指導する

指導

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

secondly

第一に,次に(in the second place)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画