TED日本語 - アリス・ボウズ=ラーキン: 気候変動は進行中 ― 私たちの選択は?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

あなたが経験した中で一番暑い日を思い浮かべてください。さらにそれよりも6度、10度、12度暑くなった日の様子を想像できますか?気候変動の研究者アリス・ボウズ=ラーキンは、温暖化ガスの排出を今すぐに大きく減らさなければ、そんな未来が待っていると言います。彼女は、今こそ世界は新たな行動を開始するべき、具体的には生活様式全てを変えて、経済成長を犠牲にしてでも気候を安定させることを真剣に考えるべきだと提言します。

Script

私たちは これまで生きて来たことで 誰もが皆 気候変動に加担したことになります また 私たち人間の行動 選択 振る舞いは 温室効果ガス排出の 今後の増加量も左右するでしょう これは確かに 非常に説得力のある意見です だから この言葉を聞いて 罪悪感に襲われる人がいるかもしれません どこに何度 どのような手段を使って ― 移動したかを思い返した時 その決断は正しかったのかと また 家庭や職場で エネルギーを 無駄使いしたことはないかと あるいは 今までの生活で 楽しみだけを追求しすぎたのではないかと 一方で 私たちは 過去の行動を反省し 地球の気候に ここまで深刻な影響を及ぼしたことに 思いをはせることもできます そうすることで 将来私たちが否応なく直面する 気候変動の規模は抑えられます

今が選択の時です まず挙げられる選択肢は 気候変動を真剣に受け止めること 温室効果ガスの排出を 大きく削減して 私たちが これから直面する 気候変動の幅を縮めることです もう1つの選択肢として 気候変動の問題を無視し続けることもできます ただし それは併せて より激しい気候変動のある将来に 対処することも選択しているのです それだけではありません 1人当たりの排出量が大きい国の 国民は そうではない国の人々の選択も 担うことになります 将来 気候変動が起こらない可能性は 残念ながら残されていません

過去20年間にわたって 各国の政府関係者や 政策立案者達が集まり 気候変動について議論してきました 産業革命前と比較して 平均気温の上昇を摂氏2度以内に 抑えることが目標でした その温度幅が ほかの多くの指標における 危険な影響と関係しているのです 人類と環境の両方にとってです 摂氏2度の変化は 「危険な」気候変動となります

でも「危険な」というのは 主観的な表現です では 世界のどこかで起こる 異常気象を例にとって 考えましょう 人間にとって十分なインフラが 整っていて 防災体制も整った国では 異常気象の影響は 「破壊的」な程度でしょう 混乱が起こり 多少の被害もあります 死者が出るかもしれません 一方 インフラが整っていない 別の国で 仮に同じ異常気象が 起こったとします 防災体制も不十分な国で 人々が支えあうネットワークも 整っていません この場合 異常気象は 悲惨な結果をもたらします 多くの住居が失われるだけではなく 死者が多数に及ぶ恐れがあります

これは 化石燃料と産業から排出される ― 二酸化炭素の排出量のグラフです 産業革命以前から 現在までを表しています 二酸化炭素の排出量が 急激に増加してきたことが 一目でわかります 1950年からの より短い期間に注目すると 1988年には 気候変動に関する 政府間パネルが設立され 1992年にリオ地球サミットが 開催されました その後 数年の議論を経て 2009年にコペンハーゲン合意を採択 科学の進化に合わせ また公平の原則の下に 気温上昇を摂氏2度未満に抑えるという 目標が定められました 2012年は リオ会議から20年後に当たります この期間の間に 今説明した会議の他にも 様々な会議が開催されましたが 温室効果ガスの排出量は 増加を続けました 昨今の歴史的な 排出量の増加に着目し グローバル経済の 将来の方向性について 私たちが学んだことと 合わせて推測すると 私たちはむしろ 2度の気温上昇ではなく 4度の地球温暖化に向かっていると 推測できます

少しここで時間を取って 地球の平均気温が4度上昇するとは どのようなことか考えてみましょう 地球の大半は 海で覆われています 海は陸地よりも熱慣性が高いので 陸地の平均温度上昇は 海よりも大きくなります 次に人間は地球の平均気温を 体験するわけではありません 暑い日も 寒い日も 雨の日もあります 私の住むマンチェスターでは 特に多い

では 都市の中心部はどうなるのか 考えてみましょう 世界の大都市を思い浮かべてください ムンバイ 北京 ニューヨーク ロンドンなどです 皆さんが経験した 最も暑い一日 太陽がじりじりと照りつけます 周りを見渡すと コンクリートとガラスばかり では その同じ日が 6度か8度 もしかしたら10度から12度 熱波で より暑くなったとしたら? 地球全体の平均気温が 摂氏4度上昇したとき 私たちが実際に経験するのは こういうことなのです

このような異常気象では ただ最高気温が上がるだけでなく 嵐や他の気象現象も 以前よりも激しくなります 問題は 都市のインフラが この変化に対応できないことです 道路や鉄道ネットワークは 長期的に利用する前提で 設計されていますが どのインフラも それが設置された場所の ― 一定のインパクトしか想定してません そのため大きな試練に さらされるでしょう 例えば 当地の発電所は 水冷式となっていますが これで効率と耐久性を維持できるのは 一定範囲の気温が前提となります 私たちの建物も 一定の温度でのみ 快適に過ごせるように設計されています したがって 4度の気温上昇が起こると これらも大きな試練に さらされるでしょう インフラは気候変動に対処するように 設計されていません

また 4度の気温上昇については 直接的な影響だけではなく 間接的な影響も考える必要があります 例えば 食糧安全保障への影響です とうもろこしや小麦の生産は 世界の特定の地域では 気温が4度上昇した場合に 最大40%も減少すると予想されています 米も最大30%減少します これは地球の食糧安全保障にとって 間違いなく危機的な状況です 結論として 気温が4度上昇すると 予想される影響により これまでの調和の取れた暮らしは 維持できなくなるでしょう

では再び 4度と2度の気温上昇の グラフの軌跡に戻りましょう 気温上昇の目標を摂氏2度とするのは 今でも妥当なのでしょうか? 私の同僚や他の科学者の多くは こう言います 気温上昇を2度以下に抑えるには もう遅すぎると しかし 私の研究によれば エネルギーや食糧のシステム 航空や船舶輸送にとって危険な 気温上昇は 摂氏2度未満に抑えられます 可能性は 小さいながらも残っています それには 目標を実現するための数字に対して 深い理解が必要です

このグラフの軌跡を よく見ると 黄色の丸で示された 4度の気温上昇を示す赤い線と 2度の気温上昇の緑の線が 離れる時期が 間近に迫っています これは 累積の排出量 別名「炭素収支」が あるからです 言い換えれば 今ここにいる部屋の 照明やプロジェクターにより 電気が消費され 大気中に放出された二酸化炭素は 長く影響を及ぼします 二酸化炭素の一部は 100年間 またはそれ以上 大気中に残ります こうして 温室効果ガスは蓄積されるのです また このグラフの曲線は 見方に注意が必要です まず重要なのは グラフの線の下の面積で 将来のどの日に到達するかは そこまで 重要ではありません つまり 問題を一気に解決する ― 素晴らしい技術が開発されたとしても それが 2049年の大みそか ギリギリでは 意味がありません それまでの間に 排出量が蓄積されているからです そのため私たちが4度の気温上昇を示す 赤い線を続けるのであれば 長い期間続けるほど 後日そのツケが大きく回ってきます 炭素収支をを同じにし グラフの下の面積を変えたくないからです つまり このグラフで言えば 赤い線のカーブが急になります 言い換えれば 早いうちに排出量を減らさないと 将来 毎年大幅な排出量の削減を しなければならなくなります 私たちのエネルギーシステムを 脱炭素化しなければなりません しかも 早い時期から 排出量削減の成果を出さなければ 脱炭素化を急激に進める 必要に迫られます それは 私たちにとって 非常に大きなチャレンジになります

炭素収支はエネルギー政策についても 示唆を与えてくれます 1人当たりの排出量が 大きな国に住む私たちが エネルギー需要を減らす必要がある ということです 世界中の人々が それを望んでいるからです 私たちは大規模な技術インフラを 急いで展開しなければなりません エネルギーシステムの 供給サイドを脱炭素化するためです その変化は すぐには表れません 原発か 炭素捕捉や貯蔵か バイオ燃料の普及拡大か 風力発電や波力発電を選ぶのかは 問題ではありません いずれも 時間が必要です グラフの下の面積のみが重要です エネルギー効率は大事ですが エネルギー保全 すなわち省エネルギーも重要なのです そして省エネルギーを行うことは 供給側の技術の普及を 続けることを意味し エネルギー消費を 何とか減らすには 活動自体を減らす以外にありません そうすれば 供給側に必要な インフラを縮小できるからです

さらに私たちは もう1つの問題 福祉と公平性にも 取り組む必要があります 世界には生活水準を上げなければならない 多くの地域が存在します しかし現在のエネルギーシステムは 化石燃料に依存しており 経済の成長は 排出量の増加を伴います その結果 炭素収支の量を 変えてはならない前提で 世界の中で ある地域の排出量を 増やさなければならないとすると 他の地域の排出量は 抑えなければなりません

豊かな国にとっては とても大きな挑戦になります 私たちの研究によれば 1人当たりの排出量が とても高い国 ― 例えば北米 ヨーロッパ オーストラリアなどにいた場合 毎年10%以上の二酸化炭素を 今すぐに減らすことが 摂氏2度以上の気温変動を 避けるために 必要です ここで1つ 引用をさせてください 経済学者 ニコラス・スターンは 過去に 年1パーセント以上 炭素排出量を削減できたのは 経済の後退や大混乱が 起きたときに限られると述べています そのため経済成長にとっては 大きな挑戦になるのです なぜなら 炭素集約型のインフラを 利用している場合 経済が成長するにつれて 排出量も増加することを 意味しているからです ここで 2011年に私が ケビン・アンダーソンと共同で書いた 論文から引用します そこでは 危険な摂氏2度の気温上昇を 避けるために 経済成長を犠牲にしなければならないと 書きました 一定期間 豊かな国が 計画的に緊縮を行うのです

これは非常に厳しいメッセージです 私たちが行動を変える必要があると 言っているからです 少しずつの変化では間に合いません 行動を変えて システム全体を変えて 時には行動を抑制することを 意味しているのです これは人類全てに 求められていることです 地球をどこまで変えられるかは 分かりませんが 地域の政治家に 手紙を書くことかもしれませんし 上司に話すことや 上司として行動すること 友人や家族に話したり 自分自身の生活を変えることかもしれません なぜなら私たちには 本当に大きな変化が必要だからです 私たちは 今 4度のシナリオに向かいかけています 2度の気温上昇も避けたいと 真剣に思うのならば 今すぐ行動を始めなければいけません

ありがとう

(拍手)

ブルーノ・ジッサーニ: アリス 今回のトークの要点は 豊かな国が 毎年10%の排出量削減を 2020年や25年ではなく 今行わなければ 4度の気温上昇のシナリオに 一直線だということですね 2070年に70%の排出量削減という 数字をどう思いますか

アリス・ボウズ=ラーキン: 2度の上昇を避けるだけでは不十分です 私たちに必要な施策を 見つけるために モデル研究がよく使われますが この手法の問題は 他国もすぐに CO2 排出量の削減に着手できる状態だと 過剰に期待する傾向があることです その結果 大胆な予測をしてしまうのです 私たちが行ったのは 累積の排出量に関する研究なので 短期の問題が非常に重要になります そのため大きな違いが出るのです もし例えば中国のような大きな国が たとえ数年間でも 成長を続けるとすれば 脱炭素化が必要となる時期に 大きな影響を及ぼします したがって 目標達成の時期は 予測できません 今後の短期間で何をするかによって 結果が変わるからです しかし今 大局を理解したのに エネルギー需要を減らすように 行動を変えないとしたら 恥ずべきことだと思います

TEDで貴重なデータを 共有してくれてありがとう

ありがとう

(拍手)

Over our lifetimes, we've all contributed to climate change. Actions, choices and behaviors will have led to an increase in greenhouse gas emissions. And I think that that's quite a powerful thought. But it does have the potential to make us feel guilty when we think about decisions we might have made around where to travel to, how often and how, about the energy that we choose to use in our homes or in our workplaces, or quite simply the lifestyles that we lead and enjoy. But we can also turn that thought on its head, and think that if we've had such a profound but a negative impact on our climate already, then we have an opportunity to influence the amount of future climate change that we will need to adapt to.

So we have a choice. We can either choose to start to take climate change seriously, and significantly cut and mitigate our greenhouse gas emissions, and then we will have to adapt to less of the climate change impacts in future. Alternatively, we can continue to really ignore the climate change problem. But if we do that, we are also choosing to adapt to very much more powerful climate impacts in future. And not only that. As people who live in countries with high per capita emissions, we're making that choice on behalf of others as well. But the choice that we don't have is a no climate change future.

Over the last two decades, our government negotiators and policymakers have been coming together to discuss climate change, and they've been focused on avoiding a two-degree centigrade warming above pre-industrial levels. That's the temperature that's associated with dangerous impacts across a range of different indicators, to humans and to the environment. So two degrees centigrade constitutes dangerous climate change.

But dangerous climate change can be subjective. So if we think about an extreme weather event that might happen in some part of the world, and if that happens in a part of the world where there is good infrastructure, where there are people that are well-insured and so on, then that impact can be disruptive. It can cause upset, it could cause cost. It could even cause some deaths. But if that exact same weather event happens in a part of the world where there is poor infrastructure, or where people are not well-insured, or they're not having good support networks, then that same climate change impact could be devastating. It could cause a significant loss of home, but it could also cause significant amounts of death.

So this is a graph of the CO2 emissions at the left-hand side from fossil fuel and industry, and time from before the Industrial Revolution out towards the present day. And what's immediately striking about this is that emissions have been growing exponentially. If we focus in on a shorter period of time from 1950, we have established in 1988 the Intergovernmental Panel on Climate Change, the Rio Earth Summit in 1992, then rolling on a few years, in 2009 we had the Copenhagen Accord, where it established avoiding a two-degree temperature rise in keeping with the science and on the basis of equity. And then in 2012, we had the Rio+20 event. And all the way through, during all of these meetings and many others as well, emissions have continued to rise. And if we focus on our historical emission trend in recent years, and we put that together with our understanding of the direction of travel in our global economy, then we are much more on track for a four-degree centigrade global warming than we are for the two-degree centigrade.

Now, let's just pause for a moment and think about this four-degree global average temperature. Most of our planet is actually made up of the sea. Now, because the sea has a greater thermal inertia than the land, the average temperatures over land are actually going to be higher than they are over the sea. The second thing is that we as human beings don't experience global average temperatures. We experience hot days, cold days, rainy days, especially if you live in Manchester like me.

So now put yourself in a city center. Imagine somewhere in the world: Mumbai, Beijing, New York, London. It's the hottest day that you've ever experienced. There's sun beating down, there's concrete and glass all around you. Now imagine that same day -- but it's six,eight, maybe 10 to 12 degrees warmer on that day during that heat wave. That's the kind of thing we're going to experience under a four-degree global average temperature scenario.

And the problem with these extremes, and not just the temperature extremes, but also the extremes in terms of storms and other climate impacts, is our infrastructure is just not set up to deal with these sorts of events. So our roads and our rail networks have been designed to last for a long time and withstand only certain amounts of impacts in different parts of the world. And this is going to be extremely challenged. Our power stations are expected to be cooled by water to a certain temperature to remain effective and resilient. And our buildings are designed to be comfortable within a particular temperature range. And this is all going to be significantly challenged under a four-degree-type scenario. Our infrastructure has not been designed to cope with this.

So if we go back, also thinking about four degrees, it's not just the direct impacts, but also some indirect impacts. So if we take food security, for example. Maize and wheat yields in some parts of the world are expected to be up to 40 percent lower under a four-degree scenario, rice up to 30 percent lower. This will be absolutely devastating for global food security. So all in all, the kinds of impacts anticipated under this four-degree centigrade scenario are going to be incompatible with global organized living.

So back to our trajectories and our graphs of four degrees and two degrees. Is it reasonable still to focus on the two-degree path? There are quite a lot of my colleagues and other scientists who would say that it's now too late to avoid a two-degree warming. But I would just like to draw on my own research on energy systems, on food systems, aviation and also shipping, just to say that I think there is still a small fighting chance of avoiding this two-degree dangerous climate change. But we really need to get to grips with the numbers to work out how to do it.

So if you focus in on this trajectory and these graphs, the yellow circle there highlights that the departure from the red four-degree pathway to the two-degree green pathway is immediate. And that's because of cumulative emissions, or the carbon budget. So in other words, because of the lights and the projectors that are on in this room right now, the CO2 that is going into our atmosphere as a result of that electricity consumption lasts a very long time. Some of it will be in our atmosphere for a century, maybe much longer. It will accumulate, and greenhouse gases tend to be cumulative. And that tells us something about these trajectories. First of all, it tells us that it's the area under these curves that matter, not where we reach at a particular date in future. And that's important, because it doesn't matter if we come up with some amazing whiz-bang technology to sort out our energy problem on the last day of 2049, just in the nick of time to sort things out. Because in the meantime, emissions will have accumulated. So if we continue on this red, four-degree centigrade scenario pathway, the longer we continue on it, that will need to be made up for in later years to keep the same carbon budget, to keep the same area under the curve, which means that that trajectory, the red one there, becomes steeper. So in other words, if we don't reduce emissions in the short to medium term, then we'll have to make more significant year-on-year emission reductions. We also know that we have to decarbonize our energy system. But if we don't start to cut emissions in the short to medium term, then we will have to do that even sooner. So this poses really big challenges for us.

The other thing it does is tells us something about energy policy. If you live in a part of the world where per capita emissions are already high, it points us towards reducing energy demand. And that's because with all the will in the world, the large-scale engineering infrastructure that we need to roll out rapidly to decarbonize the supply side of our energy system is just simply not going to happen in time. So it doesn't matter whether we choose nuclear power or carbon capture and storage, upscale our biofuel production, or go for a much bigger roll-out of wind turbines and wave turbines. All of that will take time. So because it's the area under the curve that matters, we need to focus on energy efficiency, but also on energy conservation -- in other words, using less energy. And if we do that, that also means that as we continue to roll out the supply-side technology, we will have less of a job to do if we've actually managed to reduce our energy consumption, because we will then need less infrastructure on the supply side.

Another issue that we really need to grapple with is the issue of well-being and equity. There are many parts of the world where the standard of living needs to rise. Bbut with energy systems currently reliant on fossil fuel, as those economies grow so will emissions. And now, if we're all constrained by the same amount of carbon budget, that means that if some parts of the world's emissions are needing to rise, then other parts of the world's emissions need to reduce.

So that poses very significant challenges for wealthy nations. Because according to our research, if you're in a country where per capita emissions are really high -- so North America, Europe, Australia -- emissions reductions of the order of 10 percent per year, and starting immediately, will be required for a good chance of avoiding the two-degree target. Let me just put that into context. The economist Nicholas Stern said that emission reductions of more than one percent per year had only ever been associated with economic recession or upheaval. So this poses huge challenges for the issue of economic growth, because if we have our high carbon infrastructure in place, it means that if our economies grow, then so do our emissions. So I'd just like to take a quote from a paper by myself and Kevin Anderson back in 2011 where we said that to avoid the two-degree framing of dangerous climate change, economic growth needs to be exchanged at least temporarily for a period of planned austerity in wealthy nations.

This is a really difficult message to take, because what it suggests is that we really need to do things differently. This is not about just incremental change. This is about doing things differently, about whole system change, and sometimes it's about doing less things. And this applies to all of us, whatever sphere of influence we have. So it could be from writing to our local politician to talking to our boss at work or being the boss at work, or talking with our friends and family, or, quite simply, changing our lifestyles. Because we really need to make significant change. At the moment, we're choosing a four-degree scenario. If we really want to avoid the two-degree scenario, there really is no time like the present to act.

Thank you.

(Applause)

Bruno Giussani: Alice, basically what you're saying, the talk is, unless wealthy nations start cutting 10 percent per year the emissions now, this year, not in 2020 or '25, we are going to go straight to the four-plus-degree scenario. I am wondering what's your take on the cut by 70 percent for 2070.

Alice Bows-Larkin: Yeah, it's just nowhere near enough to avoid two degrees. One of the things that often -- when there are these modeling studies that look at what we need to do, is they tend to hugely overestimate how quickly other countries in the world can start to reduce emissions. So they make kind of heroic assumptions about that. The more we do that, because it's the cumulative emissions, the short-term stuff that really matters. So it does make a huge difference. If a big country like China, for example, continues to grow even for just a few extra years, that will make a big difference to when we need to decarbonize. So I don't think we can even say when it will be, because it all depends on what we have to do in the short term. But I think we've just got huge scope, and we don't pull those levers that allow us to reduce the energy demand, which is a shame.

BG: Alice, thank you for coming to TED and sharing this data.

ABL: Thank you.

(Applause)

Over our lifetimes,/ we've all contributed to climate/ change.//

私たちは これまで生きて来たことで 誰もが皆 気候変動に加担したことになります

Actions,/ choices and behaviors will have led to an increase/ in greenhouse gas emissions.//

また 私たち人間の行動 選択 振る舞いは 温室効果ガス排出の 今後の増加量も左右するでしょう

And I think/ that that's quite a powerful thought.//

これは確かに 非常に説得力のある意見です

But it does have the potential/ to make us feel guilty/ when we think about decisions/ we might have made around where to travel to,/ how often/ and how,/ about the energy/ that we choose to use/ in our homes/ or/ in our workplaces,/ or quite simply/ the lifestyles/ that we lead and enjoy.//

だから この言葉を聞いて 罪悪感に襲われる人がいるかもしれません どこに何度 どのような手段を使って ― 移動したかを思い返した時 その決断は正しかったのかと また 家庭や職場で エネルギーを 無駄使いしたことはないかと あるいは 今までの生活で 楽しみだけを追求しすぎたのではないかと

But we can also turn that thought/ on its head,/ and think/ that if we've had such a profound/ but a negative impact/ on our climate already,/ then/ we have an opportunity/ to influence the amount of future climate change/ that we will need to adapt/ to.//

一方で 私たちは 過去の行動を反省し 地球の気候に ここまで深刻な影響を及ぼしたことに 思いをはせることもできます そうすることで 将来私たちが否応なく直面する 気候変動の規模は抑えられます

So/ we have a choice.//

今が選択の時です

We can either choose to start to take/ climate change seriously,/ and significantly cut and mitigate our greenhouse gas emissions,/ and then/ we will have to adapt/ to less of the climate change impacts/ in future.//

まず挙げられる選択肢は 気候変動を真剣に受け止めること 温室効果ガスの排出を 大きく削減して 私たちが これから直面する 気候変動の幅を縮めることです

Alternatively,/ we can continue to really ignore the climate change problem.//

もう1つの選択肢として 気候変動の問題を無視し続けることもできます

But/ if we do that,/ we are also choosing to adapt/ to very much/ more powerful climate impacts/ in future.//

ただし それは併せて より激しい気候変動のある将来に 対処することも選択しているのです

And not only that.//

それだけではありません

As people/ who live in countries/ with high/ per capita emissions,/ we're making/ that choice/ on behalf of others/ as well.//

1人当たりの排出量が大きい国の 国民は そうではない国の人々の選択も 担うことになります

But the choice/ that we don't have/ is a no climate change future.//

将来 気候変動が起こらない可能性は 残念ながら残されていません

Over the last two decades,/ our government negotiators and policymakers have been coming together/ to discuss climate change,/ and they've been focused on avoiding a two-degree centigrade/ warming above pre-industrial levels.//

過去20年間にわたって 各国の政府関係者や 政策立案者達が集まり 気候変動について議論してきました 産業革命前と比較して 平均気温の上昇を摂氏2度以内に 抑えることが目標でした

That's the temperature/ that's associated with dangerous impacts/ across a range of different indicators,/ to humans/ and/ to the environment.//

その温度幅が ほかの多くの指標における 危険な影響と関係しているのです 人類と環境の両方にとってです

摂氏2度の変化は 「危険な」気候変動となります

でも「危険な」というのは 主観的な表現です

So/ if we think about an extreme weather event/ that might happen in some part of the world,/ and/ if that happens in a part of the world/ where there is good infrastructure,/ where there are people/ that are well-insured/ and so on,/ then/ that impact can be disruptive.//

では 世界のどこかで起こる 異常気象を例にとって 考えましょう 人間にとって十分なインフラが 整っていて 防災体制も整った国では 異常気象の影響は 「破壊的」な程度でしょう

It can cause upset,/ it could cause cost.//

混乱が起こり 多少の被害もあります

It could even cause some deaths.//

死者が出るかもしれません

But/ if that exact same weather event happens in a part of the world/ where there is poor infrastructure,/ or where people are not well-insured,/ or they're not having/ good support networks,/ then/ that same climate change impact could be devastating.//

一方 インフラが整っていない 別の国で 仮に同じ異常気象が 起こったとします 防災体制も不十分な国で 人々が支えあうネットワークも 整っていません この場合 異常気象は 悲惨な結果をもたらします

It could cause a significant loss of home,/ but it could also cause significant amounts of death.//

多くの住居が失われるだけではなく 死者が多数に及ぶ恐れがあります

So this is a graph of the CO2 emissions/ at the left-hand side/ from fossil fuel and industry,/ and time/ from before the Industrial Revolution out/ towards the present day.//

これは 化石燃料と産業から排出される ― 二酸化炭素の排出量のグラフです 産業革命以前から 現在までを表しています

And what's immediately striking/ about this is/ that emissions have been growing exponentially.//

二酸化炭素の排出量が 急激に増加してきたことが 一目でわかります

If we focus in/ on a shorter period of time/ from 1950,/ we have established in 1988/ the Intergovernmental Panel/ on Climate Change,/ the Rio Earth Summit/ in 1992,/ then/ rolling on a few years,/ in 2009/ we had the Copenhagen Accord,/ where it established avoiding/ a two-degree temperature rise/ in keeping/ with the science/ and/ on the basis of equity.//

1950年からの より短い期間に注目すると 1988年には 気候変動に関する 政府間パネルが設立され 1992年にリオ地球サミットが 開催されました その後 数年の議論を経て 2009年にコペンハーゲン合意を採択 科学の進化に合わせ また公平の原則の下に 気温上昇を摂氏2度未満に抑えるという 目標が定められました

And then/ in 2012,/ we had the Rio+20 event.//

2012年は リオ会議から20年後に当たります

And all the way through,/ during all of these meetings/ and many others as well,/ emissions have continued to rise.//

この期間の間に 今説明した会議の他にも 様々な会議が開催されましたが 温室効果ガスの排出量は 増加を続けました

And/ if we focus on our historical emission trend/ in recent years,/ and we put that together/ with our understanding of the direction of travel/ in our global economy,/ then/ we are much more/ on track/ for a four-degree centigrade global warming/ than we are for the two-degree centigrade.//

昨今の歴史的な 排出量の増加に着目し グローバル経済の 将来の方向性について 私たちが学んだことと 合わせて推測すると 私たちはむしろ 2度の気温上昇ではなく 4度の地球温暖化に向かっていると 推測できます

Now,/ let's just pause/ for a moment/ and think about this four-degree global average temperature.//

少しここで時間を取って 地球の平均気温が4度上昇するとは どのようなことか考えてみましょう

Most of our planet is actually made up/ of the sea.//

地球の大半は 海で覆われています

Now,/ because the sea has a greater thermal inertia/ than the land,/ the average temperatures/ over land are actually going to be higher/ than they are over the sea.//

海は陸地よりも熱慣性が高いので 陸地の平均温度上昇は 海よりも大きくなります

The second thing is/ that we/ as human beings don't experience global average temperatures.//

次に人間は地球の平均気温を 体験するわけではありません

We experience hot days,/ cold days,/ rainy days,/ especially/ if you live in Manchester/ like me.//

暑い日も 寒い日も 雨の日もあります 私の住むマンチェスターでは 特に多い

So now put yourself/ in a city center.//

では 都市の中心部はどうなるのか 考えてみましょう

Imagine somewhere/ in the world:/ Mumbai,/ Beijing,/ New York,/ London.//

世界の大都市を思い浮かべてください ムンバイ 北京 ニューヨーク ロンドンなどです

It's the hottest day/ that you've ever experienced.//

皆さんが経験した 最も暑い一日

There's sun/ beating down,/ there's concrete and glass/ all/ around you.//

太陽がじりじりと照りつけます 周りを見渡すと コンクリートとガラスばかり

Now/ imagine/ that same day --/ but it's six,eight,/ maybe/ 10 to 12 degrees warmer/ on that day/ during that heat wave.//

では その同じ日が 6度か8度 もしかしたら10度から12度 熱波で より暑くなったとしたら?

That's the kind of thing/ we're going to experience/ under a four-degree global average temperature scenario.//

地球全体の平均気温が 摂氏4度上昇したとき 私たちが実際に経験するのは こういうことなのです

And the problem/ with these extremes,/ and not just the temperature extremes,/ but also/ the extremes/ in terms of storms and other climate impacts,/ is our infrastructure is just not set up/ to deal with these sorts of events.//

このような異常気象では ただ最高気温が上がるだけでなく 嵐や他の気象現象も 以前よりも激しくなります 問題は 都市のインフラが この変化に対応できないことです

So our roads/ and our rail networks have been designed to last/ for a long time/ and withstand only certain amounts of impacts/ in different parts of the world.//

道路や鉄道ネットワークは 長期的に利用する前提で 設計されていますが どのインフラも それが設置された場所の ― 一定のインパクトしか想定してません

And this is going to be extremely challenged.//

そのため大きな試練に さらされるでしょう

Our power stations are expected to be cooled by water/ to a certain temperature/ to remain effective and resilient.//

例えば 当地の発電所は 水冷式となっていますが これで効率と耐久性を維持できるのは 一定範囲の気温が前提となります

私たちの建物も 一定の温度でのみ 快適に過ごせるように設計されています

And this is all/ going to be significantly challenged under a four-degree-type scenario.//

したがって 4度の気温上昇が起こると これらも大きな試練に さらされるでしょう

Our infrastructure has not been designed to cope with this.//

インフラは気候変動に対処するように 設計されていません

So/ if we go back,/ also/ thinking about four degrees,/ it's not just the direct impacts,/ but also/ some indirect impacts.//

また 4度の気温上昇については 直接的な影響だけではなく 間接的な影響も考える必要があります

So/ if we take food security,/ for example.//

例えば 食糧安全保障への影響です

Maize/ and wheat yields/ in some parts of the world are expected to be up to 40 percent lower/ under a four-degree scenario,/ rice up to 30 percent lower.//

とうもろこしや小麦の生産は 世界の特定の地域では 気温が4度上昇した場合に 最大40%も減少すると予想されています 米も最大30%減少します

This will be absolutely devastating/ for global food security.//

これは地球の食糧安全保障にとって 間違いなく危機的な状況です

So all/ in all,/ the kinds of impacts anticipated under this four-degree centigrade scenario are going to be incompatible/ with global organized living.//

結論として 気温が4度上昇すると 予想される影響により これまでの調和の取れた暮らしは 維持できなくなるでしょう

So back/ to our trajectories and our graphs of four degrees and two degrees.//

では再び 4度と2度の気温上昇の グラフの軌跡に戻りましょう

Is it reasonable still/ to focus on the two-degree path?//

気温上昇の目標を摂氏2度とするのは 今でも妥当なのでしょうか?

There are quite a lot of my colleagues/ and other scientists/ who would say/ that it's now too late/ to avoid a two-degree warming.//

私の同僚や他の科学者の多くは こう言います 気温上昇を2度以下に抑えるには もう遅すぎると

But I would just like to draw/ on my own research/ on energy systems,/ on food systems,/ aviation/ and also/ shipping,/ just to say/ that I think/ there is still a small fighting chance of avoiding this two-degree dangerous climate change.//

しかし 私の研究によれば エネルギーや食糧のシステム 航空や船舶輸送にとって危険な 気温上昇は 摂氏2度未満に抑えられます 可能性は 小さいながらも残っています

But we really need to get/ to grips/ with the numbers/ to work out/ how to do it.//

それには 目標を実現するための数字に対して 深い理解が必要です

So/ if you focus in/ on this trajectory and these graphs,/ the yellow circle there highlights/ that the departure/ from the red four-degree pathway/ to the two-degree green pathway is immediate.//

このグラフの軌跡を よく見ると 黄色の丸で示された 4度の気温上昇を示す赤い線と 2度の気温上昇の緑の線が 離れる時期が 間近に迫っています

And that's because of cumulative emissions,/ or the carbon budget.//

これは 累積の排出量 別名「炭素収支」が あるからです

So/ in other words,/ because of the lights/ and the projectors/ that are on in this room right now,/ the CO2/ that is going into our atmosphere/ as a result of that electricity consumption lasts a very long time.//

言い換えれば 今ここにいる部屋の 照明やプロジェクターにより 電気が消費され 大気中に放出された二酸化炭素は 長く影響を及ぼします

Some of it will be in our atmosphere/ for a century,/ maybe much longer.//

二酸化炭素の一部は 100年間 またはそれ以上 大気中に残ります

こうして 温室効果ガスは蓄積されるのです

And that tells us/ something/ about these trajectories.//

また このグラフの曲線は 見方に注意が必要です

First of all,/ it tells us/ that it's the area/ under these curves/ that matter,/ not/ where we reach at a particular date/ in future.//

まず重要なのは グラフの線の下の面積で 将来のどの日に到達するかは そこまで 重要ではありません

And that's important,/ because it doesn't matter/ if we come up/ with some amazing whiz-bang technology/ to sort out/ our energy problem/ on the last day of 2049,/ just/ in the nick of time to sort things out.//

つまり 問題を一気に解決する ― 素晴らしい技術が開発されたとしても それが 2049年の大みそか ギリギリでは 意味がありません

Because in the meantime,/ emissions will have accumulated.//

それまでの間に 排出量が蓄積されているからです

So/ if we continue on this red, four-degree centigrade scenario pathway,/ the longer/ we continue on it,/ that will need to be made up/ for in later years/ to keep the same carbon budget,/ to keep the same area/ under the curve,/ which means/ that that trajectory,/ the red one there,/ becomes steeper.//

そのため私たちが4度の気温上昇を示す 赤い線を続けるのであれば 長い期間続けるほど 後日そのツケが大きく回ってきます 炭素収支をを同じにし グラフの下の面積を変えたくないからです つまり このグラフで言えば 赤い線のカーブが急になります

So/ in other words,/ if we don't reduce emissions/ in the short/ to medium term,/ then/ we'll have to make/ more significant year-on-year emission reductions.//

言い換えれば 早いうちに排出量を減らさないと 将来 毎年大幅な排出量の削減を しなければならなくなります

We also know/ that we have to decarbonize/ our energy system.//

私たちのエネルギーシステムを 脱炭素化しなければなりません

But/ if we don't start to cut/ emissions/ in the short/ to medium term,/ then/ we will have to do/ that even sooner.//

しかも 早い時期から 排出量削減の成果を出さなければ 脱炭素化を急激に進める 必要に迫られます

So this poses really big challenges/ for us.//

それは 私たちにとって 非常に大きなチャレンジになります

The other thing/ it does/ is tells/ us/ something/ about energy policy.//

炭素収支はエネルギー政策についても 示唆を与えてくれます

If you live in a part of the world/ where per capita emissions are already high,/ it points us/ towards reducing energy demand.//

1人当たりの排出量が 大きな国に住む私たちが エネルギー需要を減らす必要がある ということです

And that's/ because with all the will/ in the world,/ the large-scale engineering infrastructure/ that we need to roll out/ rapidly/ to decarbonize the supply side of our energy system is just simply not going to happen/ in time.//

世界中の人々が それを望んでいるからです 私たちは大規模な技術インフラを 急いで展開しなければなりません エネルギーシステムの 供給サイドを脱炭素化するためです その変化は すぐには表れません

So it doesn't matter/ whether we choose nuclear power or carbon capture and storage,/ upscale/ our biofuel production,/ or go for a much bigger roll-out of wind turbines/ and wave turbines.//

原発か 炭素捕捉や貯蔵か バイオ燃料の普及拡大か 風力発電や波力発電を選ぶのかは 問題ではありません

All of that will take time.//

いずれも 時間が必要です

So/ because it's the area/ under the curve/ that matters,/ we need to focus/ on energy efficiency,/ but also/ on energy conservation --/ in other words,/ using less energy.//

グラフの下の面積のみが重要です エネルギー効率は大事ですが エネルギー保全 すなわち省エネルギーも重要なのです

And/ if we do that,/ that also means/ that as we continue to roll out/ the supply-side technology,/ we will have less of a job/ to do/ if we've actually managed to reduce/ our energy consumption,/ because we will then need less infrastructure/ on the supply side.//

そして省エネルギーを行うことは 供給側の技術の普及を 続けることを意味し エネルギー消費を 何とか減らすには 活動自体を減らす以外にありません そうすれば 供給側に必要な インフラを縮小できるからです

Another issue/ that we really need to grapple/ with is the issue of well-being and equity.//

さらに私たちは もう1つの問題 福祉と公平性にも 取り組む必要があります

There are many parts of the world/ where the standard of living needs to rise.//

世界には生活水準を上げなければならない 多くの地域が存在します

Bbut/ with energy systems currently reliant on fossil fuel,/ as those economies grow/ so will emissions.//

しかし現在のエネルギーシステムは 化石燃料に依存しており 経済の成長は 排出量の増加を伴います

And now,/ if we're all constrained by the same amount of carbon budget,/ that means/ that if some parts of the world's emissions are needing to rise,/ then/ other parts of the world's emissions need to reduce.//

その結果 炭素収支の量を 変えてはならない前提で 世界の中で ある地域の排出量を 増やさなければならないとすると 他の地域の排出量は 抑えなければなりません

豊かな国にとっては とても大きな挑戦になります

Because according to our research,/ if you're in a country/ where per capita emissions are really high --/ so North America,/ Europe,/ Australia --/ emissions reductions of the order of 10 percent/ per year,/ and starting immediately,/ will be required for a good chance of avoiding the two-degree target.//

私たちの研究によれば 1人当たりの排出量が とても高い国 ― 例えば北米 ヨーロッパ オーストラリアなどにいた場合 毎年10%以上の二酸化炭素を 今すぐに減らすことが 摂氏2度以上の気温変動を 避けるために 必要です

Let me just put/ that into context.//

ここで1つ 引用をさせてください

The economist/ Nicholas Stern said/ that emission reductions of more than one percent/ per year had only ever been associated with economic recession or upheaval.//

経済学者 ニコラス・スターンは 過去に 年1パーセント以上 炭素排出量を削減できたのは 経済の後退や大混乱が 起きたときに限られると述べています

So this poses huge challenges/ for the issue of economic growth,/ because/ if we have our high carbon infrastructure/ in place,/ it means/ that if our economies grow,/ then so do our emissions.//

そのため経済成長にとっては 大きな挑戦になるのです なぜなら 炭素集約型のインフラを 利用している場合 経済が成長するにつれて 排出量も増加することを 意味しているからです

So I'd just like to take/ a quote/ from a paper/ by myself/ and Kevin Anderson back/ in 2011/ where we said that to avoid the two-degree framing of dangerous climate change,/ economic growth needs to be exchanged at least temporarily/ for a period of planned austerity/ in wealthy nations.//

ここで 2011年に私が ケビン・アンダーソンと共同で書いた 論文から引用します そこでは 危険な摂氏2度の気温上昇を 避けるために 経済成長を犠牲にしなければならないと 書きました 一定期間 豊かな国が 計画的に緊縮を行うのです

This is a really difficult message/ to take,/ because/ what it suggests/ is/ that we really need to do/ things differently.//

これは非常に厳しいメッセージです 私たちが行動を変える必要があると 言っているからです

This is not about just incremental change.//

少しずつの変化では間に合いません

This is about doing things differently,/ about whole system change,/ and sometimes/ it's about doing less things.//

行動を変えて システム全体を変えて 時には行動を抑制することを 意味しているのです

And this applies to all of us,/ whatever sphere of influence/ we have.//

これは人類全てに 求められていることです 地球をどこまで変えられるかは 分かりませんが

So it could be from writing to our local politician/ to talking to our boss/ at work/ or being the boss/ at work,/ or talking with our friends and family,/ or,/ quite simply,/ changing our lifestyles.//

地域の政治家に 手紙を書くことかもしれませんし 上司に話すことや 上司として行動すること 友人や家族に話したり 自分自身の生活を変えることかもしれません

Because we really need to make/ significant change.//

なぜなら私たちには 本当に大きな変化が必要だからです

At the moment,/ we're choosing/ a four-degree scenario.//

私たちは 今 4度のシナリオに向かいかけています

If we really want to avoid/ the two-degree scenario,/ there really is no time/ like the present/ to act.//

2度の気温上昇も避けたいと 真剣に思うのならば 今すぐ行動を始めなければいけません

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

Bruno Giussani:/ Alice,/ basically/ what you're saying,/ the talk is,/ unless wealthy nations start cutting/ 10 percent/ per year/ the emissions now,/ this year,/ not in 2020 or '25,/ we are going to go straight/ to the four-plus-degree scenario.//

ブルーノ・ジッサーニ: アリス 今回のトークの要点は 豊かな国が 毎年10%の排出量削減を 2020年や25年ではなく 今行わなければ 4度の気温上昇のシナリオに 一直線だということですね

I am wondering/ what's your take/ on the cut/ by 70 percent/ for 2070.//

2070年に70%の排出量削減という 数字をどう思いますか

Alice Bows-Larkin:/ Yeah,/ it's just nowhere/ near enough/ to avoid two degrees.//

アリス・ボウズ=ラーキン: 2度の上昇を避けるだけでは不十分です

One of the things/ that often --/ when there are these modeling studies/ that look at what we need to do,/ is they tend to hugely overestimate/ how quickly/ other countries/ in the world can start to reduce emissions.//

私たちに必要な施策を 見つけるために モデル研究がよく使われますが この手法の問題は 他国もすぐに CO2 排出量の削減に着手できる状態だと 過剰に期待する傾向があることです

So they make kind of heroic assumptions/ about/ that.//

その結果 大胆な予測をしてしまうのです

The more/ we do that,/ because it's the cumulative emissions,/ the short-term stuff/ that really matters.//

私たちが行ったのは 累積の排出量に関する研究なので 短期の問題が非常に重要になります

So it does make a huge difference.//

そのため大きな違いが出るのです

If a big country/ like China,/ for example,/ continues to grow even/ for just a few extra years,/ that will make a big difference/ to/ when we need to decarbonize.//

もし例えば中国のような大きな国が たとえ数年間でも 成長を続けるとすれば 脱炭素化が必要となる時期に 大きな影響を及ぼします

So I don't think/ we can even say/ when it will be,/ because it/ all depends on what we have to do/ in the short term.//

したがって 目標達成の時期は 予測できません 今後の短期間で何をするかによって 結果が変わるからです

But I think/ we've just got huge scope,/ and we don't pull those levers/ that allow us/ to reduce the energy demand,/ which is a shame.//

しかし今 大局を理解したのに エネルギー需要を減らすように 行動を変えないとしたら 恥ずべきことだと思います

BG:/ Alice,/ thank you/ for coming to TED/ and sharing this data.//

TEDで貴重なデータを 共有してくれてありがとう

ABL:/ Thank you.//

ありがとう

(拍手)

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

greenhouse

温室

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

emission

〈U〉〈C〉(光・熱・液体などの)放射,放出

〈C〉放射物,放出物

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

guilty

『罪を犯した』

『有罪の宣告を受けた』

やましい,身に覚えのある

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

lifestyle

生き方,生きざま

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

opportunity

『機会』,好機

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

significantly

意味ありげに,意味深長に

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

per capita

一人当たり,頭割りで,各人に

behalf

大義, 大目的; 支持, 利益; 《古》 点, 面

decade

『10年間』

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

negotiator

交渉者,協定者

(小切手などの)譲渡者

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

centigrade

100分度の,100度目盛りの

摂氏の(Celsius)(《略》C.)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

indicator

指示する人(物),指示器,表示器;指針

(リトマスなどの)指示薬

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

constitute

《しばしば受動体で》〈物〉'を'『構成する』,〈人の本質・体質〉'を'作っている(進行形にできない)

《『constitute』+『名』〈目〉+『名』〈補〉》〈人〉'を'(役目・職務なとに)『任命する』,選定する:〈制度など〉'を'『制定する』,〈機関など〉'を'設立する

subjective

(思想や感情が)主観的な,主観による

(芸術や芸術家が)主観的に表現する

(文法で)主格の

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

upset

『…‘を'ひっくり返す』,転覆させる

〈計画など〉‘を'『だめにする』,だいなしにする,狂わす

〈人〉‘の'『心お乱す』,'を'ろうばいさせる

〈体など〉‘の'調子お狂わせる

《米》(競技などで)〈相手〉'を'思いがけなく負かす

ひっくり返った

(計画などが)だいなしの,狂った

《捕語にのみ用いて》(精神的に)混乱した,ろうばいした

(体などの)調子がおかしくなった

〈U〉〈C〉『転倒』,転落

〈C〉(計画.心などの)『混乱』,乱れ;(体の)不調

〈C〉《話》けんか

〈C〉《米》(競技などでの)番狂わせ

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

devastating

(戦争・あらしなどが)荒廃させる,破壊的な

《話》人を打ちひしぐような;辛らつな,痛列な

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

graph

グラフ,図表

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

Industrial Revolution

産業革命(18世紀末から19世紀初頭にかけて英国を中心に興った)

towards

toward

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

striking

人目につく,目立つ,印象的な

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

summit

=something

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

Copenhagen

コペンハーゲン(デンマークの首都)

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

equity

〈U〉公平,公正,無私;〈C〉公明正大なもの

〈U〉衡平法(公平と正義の点において慣習法(common law)の不備お補う英国の法律);(米国の法律で)抵当差額

〈U〉普通株主権;《英》《複数形で》固定配分のない株式

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

historical

『歴史の』,史学の

『史実の基づく』,歴史上の

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

planet

『惑星』,遊星

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

thermal

熱の,熱による

熱い

(暖まった)上昇気流

inertia

(物体の)慣性,惰性,惰力

不活発,ものぐさ

human being

人,人間

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

especially

『特に』,特別に;きわだって

Manchester

マンチェスター(英国Lancashire叔の商工業都市)

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

New York

『ニューヨーク州』(米国北部東海岸の州;州都はAlbany;《略》『N.Y.,NY』)

(また『New York City』)『ニューヨーク市』(米国New York州南東端ハドソン河口の港市;《略》『N.Y.C』)

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

experienced

(…に)『経験を積んだ』《+『in』+『名』(do『ing』)》

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

warmer

暖めるもの,加温器

heat wave

(夏季の)熱波(高温の空気が広い範囲を覆いゆっくりと移動する現象)

酷暑の期間

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

storm

『あらし』,暴風[雨],荒天

(感情・言動などの)『あらし』,激発《+『of』+『名』》

(一般に)激動,波乱,騒動

(弾丸などが)雨あられと飛ぶこと《+『of』+『名』》

《itを主語にして》〈天候が〉『荒れる』

猛然と突進する;激しく怒る

…‘を'強襲する,急襲する

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

rail

〈C〉(かきね・柵(さく)などの)『横棒』,横木;手すり,らんかん,《複数形で》柵,かき

〈C〉(鉄道の)『レール』

〈U〉(輸送機関としての)『鉄道』

〈C〉(物を掛けたりするための)横木,横棒

…‘を'横木(手すり)で囲む,‘に'柵を付ける《+『in(off)』+『名』》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

withstand

…‘に'『抵抗して耐える』,持ちこたえる,‘を'がまんする

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

power station

=power plant

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

effective

『効果的な』,効きめのある

(法律などが)『有効な』,実施されている

印象深い,感銘的な

実際に役立つ,実動の

resilient

はね返る;弾性のある

すぐ元気を取りもどす

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

indirect

(道などが)『真っすぐでない』,回り道の

(話し方が)遠回しの,率直でない

(結果などが)『間接的な』,二次的な

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

maize

とうもろこし

とうもろこし色,薄黄色

wheat

小麦

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

rice

『米』(欧米ではプディングやケーキの原料にも用いる)

イネ(稲)

〈ゆでたジャガイモ・カボチャなど〉‘を'ライサー(ricer)で米粒ほどの太さのそうめん状にする

lower

(lowの比較級)『もっと低い』,(価格が)もっと安い

《名詞の前にのみ用いて》『下級の』;低い(下の)ほうの

…‘を'『下げる』,降ろす

〈価格・程度・量・調子など〉‘を'『下げる』,小さくする,低下させる

〈人〉‘を'品位(品格)を落とす

低くなる,下がる,滅る

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

incompatible

両立しがたい,不調和な,矛盾した

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

trajectory

(ミサイルなどの描く)弾道,軌道,曲線

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

aviation

飛行,航空;飛行術

航空機産業

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

grip

《単数形で》(…を)『しっかり握る』(『つかむ』)『こと』《+『on』+『名』》

(特にスポーツ用具などの)握り方;握力

(…に対する)支配力,制御力《+『on』+『名』》

《単数形で》(…に対する)『理解力』《+『on』(『of』)+『名』》

(道具・機械などの)『握り』,取っ手,柄

《おもに米》小型の手さげ旅行かばん

=grippe

…‘を'『しっかりつかむ』(『握る』)

〈人・物・事が〉〈人・関心・注意など〉‘を'つかむ,引きつける

〈人が〉〈意味・要点など〉‘を'つかむ,理解する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

highlight

(絵画・写真などの)最も明るい部分,ハイライト

(事件・勝負・ニュースなどの)最も目立つ部長,最高潮の場面,呼び物

〈絵画・写真などの部分〉‘に'ハイライトを置く,…‘を'最も明るくする

…‘を'強調する

departure

(…から)(遠くへ)『立ち去ること』,『出発』《+『from』+『名』》

(通常のことから)『はずれること』,逸脱《+『from』+『名』》

(方針・考えなどの)新機軸,新方針

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

pathway

道,小道(path)

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

cumulative

しだいに増加する,累加する,累積的な

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

projector

計画者,発案者

投光機,投影機;映写機

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

accumulate

…'を'『蓄積する』,ためる

『たまる』,ふえる

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

nick

刻み目(notch)

表面だけの切り傷,かすり傷

…‘に'刻み目(傷)をつける・「in the nick of time」で「きわどい時に, ちょうどよく」

meantime

『その間に』

その同じ時に;一方では

『合間』

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

engineering

『工学』

土木工事

rapidly

『速く』,『すみやかに』

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

upscale

収入と学歴が平均以上と見なされる階層

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

turbine

タービン(水・蒸気・ガスの力によって回転する原動機):(a steam turbine:蒸気タービン)

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

grapple

(ひっかけがぎ(grapnel)で)…‘を'引っ掛ける,ぎゅっとつかむ

(…と)つかみ合う,格闘する《+『with』+『名』》

(問題などと)取り組む《+『with』+『名』》

つかみ合い

(難問などの)取り組み

=grapnel

well-being

幸福な状態,(特に)健康

standard of living

(社会・階級・個人の)生活水準

currently

現在は;広く,一般に

reliant

(…に)依存している;(…を)あてにする《+『on』(『upon』)+『名』》

constrain

《『constrain』+『名』+『to』 do》

〈人〉'を'押さえつけて動けないようにする,〈怒りなど〉'を'抑えつける

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

economist

経済学者

Nicholas

聖ニコラス(『Saint』(『St.』)~; 4世紀の小アジアの司教;子供・旅人・水夫,およびロシアの守護聖徒;Santa Clausの名は彼に由来)

stern

『厳格な』,断固とした

手厳しい,容赦のない

(顔つきなどが)『いかめしい』,険しい

economic

『経済の』

『経済学の』

recession

〈U〉奥に引っ込むこと,後退

〈C〉景気後退

upheaval

(地面の)隆起

(社会状態などの)大変動,激変

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

temporarily

一時的に,仮に

planned

計画された

austerity

〈U〉(態度・生活などの)厳しさ,厳格さ;(文体・様式などの)簡潔さ

《複数形で》禁欲(耐乏)生活

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

incremental

増加の

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

applause

『拍手かっさい』;称賛

basically

基本的に,根本的に;元来は

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

straight

『まっすぐな』,一直線の

(毛髪などが)まっすぐな

(背などが,曲らずに)『直立した』,まっすぐな

《補語にのみ用いて》『整理した』,きちんとした

真実を言う,率直な,正直な

連続した

《米》(ある政党に)徹底した,ベッタリの,きっすいの

(比較変化なし)『まっすぐに』,一直線に;『直立して』,垂直に

『直ちに』,回り道をしないで

率直に,端的に

《the~》まっすぐ,一直線;直線コース

(カードゲームで)ポーカーの5枚続き,ストレート

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

overestimate

…‘を'過大評価する,買いかぶる

〈C〉過大評価,買いかぶり

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

heroic

『英雄的な』,勇ましい,大胆な,高潔な

(神話・伝説中の)英雄の行為を歌った

誇張した

誇張した言葉(動作)

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

short-term

短期間の,短期満期の

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

scope

(物事の及ぶ)『範囲』

(人の理解・行動する)『能力の限界』,視野

(表現・発達・活動する)機会,余地《+『for』+『名』》

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

lever

てこ,レバー

‘を'てこを使って動かす

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

data

『資料』,事実;情報

関連動画