TED日本語 - ジェフリー・ブラウン牧師: どのようにボストンの若者の暴力を79%削減したのか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「ボストンの奇跡」の立役者であるジェフリー・ブラウン牧師は、駆け出しの牧師の頃、周囲の状況に戸惑っていました。通りを歩く子供たちが麻薬やチンピラの暴力の餌食となり、ボストンの地域社会が崩壊するところを目の当たりにしたからです。再生への第一歩は、「子供たちの話を聞くこと、単なる説教はしないこと、子供たちの周囲の暴力を減らす支援をすること」です。変革のための聞く力について、力強く語ります。

Script

私は最も大切な人生の教訓を 麻薬ディーラーや チンピラや 売春婦から学びました そして最も深遠なる神学的な会話を 神聖な神学校のホールではなく 金曜 深夜1時の 街角で行ってきました

私は神学校を卒業した バプテスト派の牧師で 教会を任されて20年以上ですから 少し変わっていると思うでしょうが 本当の話です 私は治安維持や犯罪削減に携わり 大都市で8年間で 凶悪犯罪が 79%減少するのを見てきました

でも私は誰かのやり方で 犯罪削減に携わりたいわけでは なかったのです 私は25才で 最初の教会を任されました 当時の私に夢を聞くなら 大きな教会の牧師になりたいと 答えたでしょう 信者数が1万5千人とか2万人の 教会が欲しかった テレビ中継される 牧師になりたかった 礼拝用の服もたくさん欲しかった (笑) 遠距離の信者も集めたかった 何もかも欲しかったのです (笑)

牧師になって1年が過ぎた頃 会員は20人くらいに増えましたが 大教会は遥か彼方でした でも もし真摯な夢を聞かれたなら 立派な牧師になることでした 人々のあらゆる人生の局面に寄り添い 日常生活の意味を説き アフリカ系アメリカ人の伝統に則って 私の管轄区の代表に なりたかったのです

一方 私の街や大都市圏 そして アメリカの大半の主要都市で ある事態が起こりつつありました 殺人率が急激に上昇し始めたのです 些細としか思えないことで 若者同士が殺し合うのです 例えば 高校の廊下で ぶつかった生徒を 放課後撃つのです 最悪のタイミングで 危険な街角に 着てはいけない色のシャツを着て 立っていたといって撃つのです なんとかする必要がありました 都市の雰囲気が 変わり始めていたのです 公営住宅に行ってみると ― 私の教会から 少し行ったところにもありますが ― 足を踏み入れると ゴーストタウンのようなのです 暴力がはびこっているせいで 夏であっても 親が子供を外で 遊ばせないからです 夜近所の音に耳を澄ませば 慣れていないと 花火の音に聞こえるかもしれませんが 銃声がするのです ほぼ毎晩のように銃声がします 夕食を作っている時 寝る前に子供に本を読んであげる時 テレビを見ている時に聞こえてくるのです そして病院の緊急治療室に行けば 若い黒人やラテン系の男性が 撃たれて瀕死の状態で 担架に横たわっている光景を 目にします 私は多くの葬儀を行いましたが 弔辞にも困らないような 長寿を全うした 年配の方の葬儀ではないのです 執り行ったのは 18歳や 17歳 ― 16歳の子供たちの葬儀で 教会や葬儀場に立って 心に響くことを言うには 大変苦労しました 私の同僚が 高くて立派な大聖堂を建てたり 郊外に不動産を買ったり 集会の場所を変えたりして 「神の都市」を作ろうとしていた頃 市街地の社会構造は この暴力の重圧に 押しつぶされていました

だから私は留まりました 誰かがやらねばと思ったからです 自分が行ってきた使命を 考えてみました 私は地域社会の暴力を非難する 説教を始めました 自分の教会で礼拝を 企画することから始めました 暴力を ただ傍観し 非行に走る恐れのある子供を 惹きつけようとしたのです 自分の説教のスタイルを 変えてもみました 皆さん ラップをご存じですよね? ラップですよ? 一度ラップで説教をやりました 失敗でしたが とにかくやったのです 説教後に若者が私の所にやってきたのが 忘れられません 彼は皆が居なくなるまで 待って言いました 「牧師さん ラップで説教かよ?」 「どうだった?」と聞くと 「二度とするな」と言われました (笑)

それでも私は説教をし これらの企画を作り もし同僚が同じことをしたのなら 結果は違っていたかと悩みました 手に負えないほど 暴力の勢いが強く 暴力とは直接関わりのない人々が 撃たれたり殺されたりしました コンビニでタバコを 一箱買おうとする人や バスを待つため 停留所に座っている人 公園の片隅で起こった暴力に 気付かずに遊んでいた子供たちです でも暴力が彼らの世界に入り込んでくるのです 事態は制御不能で 自分のすべきことが 分かりませんでしたが 私の全てを変えるようなことが 起こりました ジェシー・ミッキーという子どもが 友達のリゴベルト・キャリーオンと一緒に 私の教会の先にある 公営住宅に歩いて帰る途中 ドーチェスターの チンピラのグループと出会い 殺されたのです ジェシーは致命傷を負った現場から 私の教会の方向へ逃げましたが あと100mか150mの所で 息絶えました 教会に逃げ込んでいても 何も変わらなかったでしょう 明かりが消え 誰もいなかったからです 私はそれを神の啓示と捉えました 犯人のチンピラを捕まえてみると なんと 私と同世代だったのです しかし 私たちの隔たりは大きく あたかも全く違う二つの世界で 暮らしているかのようでした

私はこのことを深く考え 何が起こったのか調べました そして突然 私の内なる矛盾に 気付いたのです その矛盾とは 説教では 暴力を非難し 地域社会の再建を話してきたのに 私の地域社会の定義には 含まれていない階層の人々がいることに 突然 気付いたのです つまり こういうことです 本当に私が 自分の管轄区が欲しいなら 私の定義から外れた人々に 手を差し伸べ 受け入れる必要があったのです 暴力を傍観している人たちを 惹きつける企画を作るだけでなく 暴力に関わっている人たち ― 暴力団員や麻薬ディーラーに 手を差し伸べ 受け入れるのです

それに気付いて すぐに疑問が頭をもたげました 「どうして私が?」 警察の問題ではないかと 思ったのです そのために警察がいるのですよね? でも 疑問がわいた直後に 答えも見つかりました 暴力のことを考えだすと 夜も眠れないのは 私だからです 誰かが何とかする必要があると 思っているのは 私だからです そして その誰かこそ 自分だと気付きました 運動とは こうして始まるものでしょう? 初めから大きな集会に沢山 人が集まって 横断幕を掲げて 行進するわけではないのです 最初は ほんの数人 一人だけかも知れません

始めの頃はそんな具合でした 私は若者が関与する暴力文化を 解明することにし 高校でボランティアを始めました ボランティアを始めて 2週間が過ぎた頃 探している若者は 高校に行っていないことに 気付きました 私は地域を歩くようになりました 彼らが昼間に外出しないことは 天才じゃなくてもわかります だから 私は深夜の路上を 歩き始めました 彼らのいる公園へ行き 必要な関係を築きました

ボストンで起こった悲劇は 聖職者を団結させました 私を含め数人が悟ったのは 四方を壁に囲まれた教会から出て 若者たちに会いに行く必要が あるということでした 教会に連れて来るのではないのです そこで私たちは 一緒に歩くことにしました その町で最も危険な場所の一つで 金曜日と土曜日の 夜10時に集まって 深夜2時とか3時まで 歩き回りました 歩き始めた最初の頃 自分たちを例外だと思っていました 麻薬ディーラーでも 麻薬の顧客でも 警察でもないからです 牧師の印の白い襟を付けた人もいました 多分とても変だったでしょう しばらくすると 若者たちと会話するようになりました そして気付いたことは 私たちが歩いている間 彼らは 私たちを見て 2つのことを確かめていたのです その1:そこに来た私たちの態度に 一貫性があるのか その2:若者を利用するために 来たわけではないこと というのも 「安全な通りを取り戻す」と 主張する人間はいつでも テレビカメラやレポーターと 一緒にいるようだったからです 自分の名声を高めるために 路上の若者を利用しているのです だから私たちが 誰も連れていないのを見て 話しかけてきたのです そして私たちは 牧師としては驚くべき態度に出ました 説教はせず 聞くことにしたのです さあ 拍手してくださいよ (笑)(拍手) 私の時間に 食い込んでますよ (笑) でも 素晴らしかった 彼らに こう話しかけました 「私たちは夜9時以降の地域の様子 ― 夜9時から朝5時までの様子を知らないが 君たちは知っている 君たちは夜の時間帯の エキスパートなんだ だから私たちに教えてほしい 私たちに見えないことが見えるように 理解していないことを 理解できるように手伝ってほしい」 若者は喜んでやってくれました 私たちはストリートでの暮らしが 分かってきました 11時のニュース報道とは全然違うのです 人気メディアやソーシャルメディアの報道とも 全然違うのです

若者たちと話しているうちに 彼らに対する偏見が 消えて行きました ひどい偏見の一つは この子たちは冷たく残酷で 暴力を好むというものです 私たちが見たのは その真逆の姿です 路上にいる若者の大半は そこでうまく生活しようとしています さらに分かったことは ストリートには 私たちが今まで会った中で 最も知的で クリエイティブで 堂々として 賢い若者たちがいて そこで闘っていたのです それをサバイバルと呼ぶ若者もいますが 私は克服だと思います 彼らのような状況に置かれると 日々生きることは 克服することなのです それを受けて 私たちは彼らに尋ねました 「こういう状況を改善するために 教会は何をすればいいと思う?」 私たちは若者との会話を通じて 計画を立てました 若者を問題視することを止め 地域社会の暴力削減運動の パートナーであり 有用な人材であり 仲間として 彼らを見るようになりました 計画を立てるのを 想像してみてください 牧師と麻薬ディーラーが 席を共にして 教会が地域社会全体を 支援する方法を考えるのです

ボストンの奇跡は 人々を団結させました 私たちには他にも協力者がいました 司法関係者がおり 警察官がいました ただ警官全員ではありません 「刑務所送りにすればいい」と 考える人も いましたから でも 地域社会のために協力するのを 名誉だと思う警官もいました 彼らはコミュニティ・リーダーや 信仰指導者と 働くことを責務とみなし 地域社会の暴力削減に 努めてきました 保護観察官も然り 裁判官も然り 司法関連の人々も然り なぜなら私たちが気付いたように この状況から抜け出すには いくら起訴をしても いくら刑務所送りにしても 問題解決に至らないことに 彼らも気付いたのです 私は20年前に 信仰に基づいた団体を この問題を解決するために 立ち上げました 私は4年前に退き アメリカの合計19の都市での 活動を開始しました そして気付いたことは そういう都市には 常に地域の リーダーとなる人がいて 頭を下げながら コツコツ働き エゴは決して持ち込まず 全体の力は 個人の力を足したものより 大きいことを理解し 力を合わせて 路上の若者と 共に活動する方法を見つけていました そして解決策は 警官を増員することではなく 地域の人材を掘り起こして 暴力を削減するために協働する 強力な地域の体制を作ることなのです

アメリカで 私の自慢の若者たちが 構造改革の問題に取組み より良い社会を築こうとしています 一方で 黒人同士の暴力に対して 警察が暴力や職務乱用で 対抗しようとする政治的策略がありますが これは所詮 絵空事です すべてが連鎖しているのですから 数十年に渡って 破綻した住宅政策に 貧弱な教育システム ― 地域における 長期に渡る失業に 不安定な労働条件 ― そして 医療サービスの不足を考えると そんな環境に 麻薬や ダッフルバッグに詰めた銃を 放り込めば こういう暴力文化が現れるのも 全然不思議ではないのです 結果として州の対応は 警官の増員と 危険地域の取り締まり強化になります すべて連鎖しているのです 私たちが行った 素晴らしいことの一つは 暴力削減を目指して 地域社会、警察、企業、市当局が 共に連携することの 価値を示したことです 地域社会の価値を 尊重しなければなりません

私は都市の暴力の時代に 終止符を打てると信じています できると信じているし 人々が 今まさに取り組んでいますが みなさんの支援が必要です 地域社会で 人々は精根尽き果てています あなたの支援や 援助が必要なのです 自分の街に帰ったら そういう人々を見つけてください 「お困りですか?」 「私がお助けします」 人々を見つけるのです 彼らはそこにいます そして彼らが暴力削減という目標の下に 警察、企業、市当局と 連携できるようにしてください 地域に活力を与えてください ブルンジ共和国には古い諺があって まさにその通りなのです 「私のためにと思っていても 私抜きなら 押し付けているだけ」

皆さんに神のご加護を ありがとうございました

(拍手)

I've learned some of my most important life lessons from drug dealers and gang members and prostitutes, and I've had some of my most profound theological conversations not in the hallowed halls of a seminary but on a street corner on a Friday night, at 1 a.m.

That's a little unusual, since I am a Baptist minister, seminary-trained, and pastored a church for over 20 years, but it's true. It came as a part of my participation in a public safety crime reduction strategy that saw a 79 percent reduction in violent crime over an eight-year period in a major city.

But I didn't start out wanting to be a part of somebody's crime reduction strategy. I was 25, had my first church. If you would have asked me what my ambition was, I would have told you I wanted to be a megachurch pastor. I wanted a 15-,20, 000-member church. I wanted my own television ministry. I wanted my own clothing line. (Laughter) I wanted to be your long distance carrier. You know, the whole nine yards. (Laughter)

After about a year of pastoring, my membership went up about 20 members. So megachurchdom was way down the road. But seriously, if you'd have said, "What is your ambition?" I would have said just to be a good pastor, to be able to be with people through all the passages of life, to preach messages that would have an everyday meaning for folks, and in the African-American tradition, to be able to represent the community that I serve.

But there was something else that was happening in my city and in the entire metro area, and in most metro areas in the United States, and that was the homicide rate started to rise precipitously. And there were young people who were killing each other for reasons that I thought were very trivial, like bumping into someone in a high school hallway, and then after school, shooting the person. Someone with the wrong color shirt on, on the wrong street corner at the wrong time. And something needed to be done about that. It got to the point where it started to change the character of the city. You could go to any housing project, for example, like the one that was down the street from my church, and you would walk in, and it would be like a ghost town, because the parents wouldn't allow their kids to come out and play, even in the summertime, because of the violence. You would listen in the neighborhoods on any given night, and to the untrained ear, it sounded like fireworks, but it was gunfire. You'd hear it almost every night, when you were cooking dinner, telling your child a bedtime story, or just watching TV. And you can go to any emergency room at any hospital, and you would see lying on gurneys young black and Latino men shot and dying. And I was doing funerals, but not of the venerated matriarchs and patriarchs who'd lived a long life and there's a lot to say. I was doing funerals of 18-year-olds, 17-year-olds, and 16-year-olds, and I was standing in a church or at a funeral home struggling to say something that would make some meaningful impact. And so while my colleagues were building these cathedrals great and tall and buying property outside of the city and moving their congregations out so that they could create or recreate their cities of God, the social structures in the inner cities were sagging under the weight of all of this violence.

And so I stayed, because somebody needed to do something, and so I had looked at what I had and moved on that. I started to preach decrying the violence in the community. And I started to look at the programming in my church, and I started to build programs that would catch the at-risk youth, those who were on the fence to the violence. I even tried to be innovative in my preaching. You all have heard of rap music, right? Rap music? I even tried to rap sermon one time. It didn't work, but at least I tried it. I'll never forget the young person who came to me after that sermon. He waited until everybody was gone, and he said, "Rev, rap sermon, huh?" And I was like, "Yeah, what do you think?" And he said, "Don't do that again, Rev." (Laughter)

But I preached and I built these programs, and I thought maybe if my colleagues did the same that it would make a difference. But the violence just careened out of control, and people who were not involved in the violence were getting shot and killed: somebody going to buy a pack of cigarettes at a convenience store, or someone who was sitting at a bus stop just waiting for a bus, or kids who were playing in the park, oblivious to the violence on the other side of the park, but it coming and visiting them. Things were out of control, and I didn't know what to do, and then something happened that changed everything for me. It was a kid by the name of Jesse McKie, walking home with his friend Rigoberto Carrion to the housing project down the street from my church. They met up with a group of youth who were from a gang in Dorchester, and they were killed. But as Jesse was running from the scene mortally wounded, he was running in the direction of my church, and he died some 100,150 yards away. If he would have gotten to the church, it wouldn't have made a difference, because the lights were out; nobody was home. And I took that as a sign. When they caught some of the youth that had done this deed, to my surprise, they were around my age, but the gulf that was between us was vast. It was like we were in two completely different worlds.

And so as I contemplated all of this and looked at what was happening, I suddenly realized that there was a paradox that was emerging inside of me, and the paradox was this: in all of those sermons that I preached decrying the violence, I was also talking about building community, but I suddenly realized that there was a certain segment of the population that I was not including in my definition of community. And so the paradox was this: If I really wanted the community that I was preaching for, I needed to reach out and embrace this group that I had cut out of my definition. Which meant not about building programs to catch those who were on the fences of violence, but to reach out and to embrace those who were committing the acts of violence, the gang bangers, the drug dealers.

As soon as I came to that realization, a quick question came to my mind. Why me? I mean, isn't this a law enforcement issue? This is why we have the police, right? As soon as the question, "Why me?" came, the answer came just as quickly: Why me? Because I'm the one who can't sleep at night thinking about it. Because I'm the one looking around saying somebody needs to do something about this, and I'm starting to realize that that someone is me. I mean, isn't that how movements start anyway? They don't start with a grand convention and people coming together and then walking in lockstep with a statement. But it starts with just a few, or maybe just one.

It started with me that way, and so I decided to figure out the culture of violence in which these young people who were committing them existed, and I started to volunteer at the high school. After about two weeks of volunteering at the high school, I realized that the youth that I was trying to reach, they weren't going to high school. I started to walk in the community, and it didn't take a rocket scientist to realize that they weren't out during the day. So I started to walk the streets at night, late at night, going into the parks where they were, building the relationship that was necessary.

A tragedy happened in Boston that brought a number of clergy together, and there was a small cadre of us who came to the realization that we had to come out of the four walls of our sanctuary and meet the youth where they were, and not try to figure out how to bring them in. And so we decided to walk together, and we would get together in one of the most dangerous neighborhoods in the city on a Friday night and on a Saturday night at 10 p.m., and we would walk until 2 or 3 in the morning. I imagine we were quite the anomaly when we first started walking. I mean, we weren't drug dealers. We weren't drug customers. We weren't the police. Some of us would have collars on. It was probably a really odd thing. But they started speaking to us after a while, and what we found out is that while we were walking, they were watching us, and they wanted to make sure of a couple of things: that number one, we were going to be consistent in our behavior, that we would keep coming out there; and then secondly, they had wanted to make sure that we weren't out there to exploit them. Because there was always somebody who would say, "We're going to take back the streets," but they would always seem to have a television camera with them, or a reporter, and they would enhance their own reputation to the detriment of those on the streets. So when they saw that we had none of that, they decided to talk to us. And then we did an amazing thing for preachers. We decided to listen and not preach. Come on, give it up for me. (Laughter) (Applause) All right, come on, you're cutting into my time now, okay? (Laughter) But it was amazing. We said to them, "We don't know our own communities after 9 p.m. at night, between 9 p.m. and 5 a.m., but you do. You are the subject matter experts, if you will, of that period of time. So talk to us. Teach us. Help us to see what we're not seeing. Help us to understand what we're not understanding." And they were all too happy to do that, and we got an idea of what life on the streets was all about, very different than what you see on the 11 o'clock news, very different than what is portrayed in popular media and even social media.

And as we were talking with them, a number of myths were dispelled about them with us. And one of the biggest myths was that these kids were cold and heartless and uncharacteristically bold in their violence. What we found out was the exact opposite. Most of the young people who were out there on the streets are just trying to make it on the streets. And we also found out that some of the most intelligent and creative and magnificent and wise people that we've ever met were on the street, engaged in a struggle. And I know some of them call it survival, but I call them overcomers, because when you're in the conditions that they're in, to be able to live every day is an accomplishment of overcoming. And as a result of that, we said to them, "How do you see this church, how do you see this institution helping this situation?" And we developed a plan in conversation with these youths. We stopped looking at them as the problem to be solved, and we started looking at them as partners, as assets, as co-laborers in the struggle to reduce violence in the community. Imagine developing a plan, you have one minister at one table and a heroin dealer at the other table, coming up with a way in which the church can help the entire community.

The Boston Miracle was about bringing people together. We had other partners. We had law enforcement partners. We had police officers. It wasn't the entire force, because there were still some who still had that lock-'em-up mentality, but there were other cops who saw the honor in partnering with the community, who saw the responsibility from themselves to be able to work as partners with community leaders and faith leaders in order to reduce violence in the community. Same with probation officers, same with judges, same with folks who were up that law enforcement chain, because they realized, like we did, that we'll never arrest ourselves out of this situation, that there will not be enough prosecutions made, and you can not fill these jails up enough in order to alleviate the problem. I helped to start an organization 20 years ago, a faith-based organization, to deal with this issue. I left it about four years ago and started working in cities across the United States,19 in total, and what I found out was that in those cities, there was always this component of community leaders who put their heads down and their nose to the grindstone, who checked their egos at the door and saw the whole as greater than the sum of its parts, and came together and found ways to work with youth out on the streets, that the solution is not more cops, but the solution is mining the assets that are there in the community, to have a strong community component in the collaboration around violence reduction.

Now, there is a movement in the United States of young people who I am very proud of who are dealing with the structural issues that need to change if we're going to be a better society. But there is this political ploy to try to pit police brutality and police misconduct against black-on-black violence. But it's a fiction. It's all connected. When you think about decades of failed housing policies and poor educational structures, when you think about persistent unemployment and underemployment in a community, when you think about poor healthcare, and then you throw drugs into the mix and duffel bags full of guns, little wonder that you would see this culture of violence emerge. And then the response that comes from the state is more cops and more suppression of hot spots. It's all connected, and one of the wonderful things that we've been able to do is to be able to show the value of partnering together -- community, law enforcement, private sector, the city -- in order to reduce violence. You have to value that community component.

I believe that we can end the era of violence in our cities. I believe that it is possible and that people are doing it even now. But I need your help. It can't just come from folks who are burning themselves out in the community. They need support. They need help. Go back to your city. Find those people. "You need some help? I'll help you out." Find those people. They're there. Bring them together with law enforcement, the private sector, and the city, with the one aim of reducing violence, but make sure that that community component is strong. Because the old adage that comes from Burundi is right: that you do for me, without me, you do to me.

God bless you. Thank you.

(Applause)

I've learned some of my most important life lessons/ from drug dealers and gang members and prostitutes,/ and I've had some of my most profound theological conversations not in the hallowed halls of a seminary but on a street corner/ on a Friday night,/ at 1 a.m.//

私は最も大切な人生の教訓を 麻薬ディーラーや チンピラや 売春婦から学びました そして最も深遠なる神学的な会話を 神聖な神学校のホールではなく 金曜 深夜1時の 街角で行ってきました

That's a little unusual,/ since I am a Baptist minister,/ seminary-trained,/ and pastored a church/ for over 20 years,/ but it's true.//

私は神学校を卒業した バプテスト派の牧師で 教会を任されて20年以上ですから 少し変わっていると思うでしょうが 本当の話です

It came as a part of my participation/ in a public safety crime reduction strategy/ that saw a 79 percent reduction/ in violent crime/ over an eight-year period/ in a major city.//

私は治安維持や犯罪削減に携わり 大都市で8年間で 凶悪犯罪が 79%減少するのを見てきました

But I didn't start out/ wanting to be a part of somebody's crime reduction strategy.//

でも私は誰かのやり方で 犯罪削減に携わりたいわけでは なかったのです

I was 25,/ had my first church.//

私は25才で 最初の教会を任されました

If you would have asked me/ what my ambition was,/ I would have told you/ I wanted to be a megachurch pastor.//

当時の私に夢を聞くなら 大きな教会の牧師になりたいと 答えたでしょう

I wanted a 15-,20, 000-member church.//

信者数が1万5千人とか2万人の 教会が欲しかった

I wanted my own television ministry.//

テレビ中継される 牧師になりたかった

I wanted my own clothing line.//

礼拝用の服もたくさん欲しかった

(笑)

I wanted to be your long distance carrier.//

遠距離の信者も集めたかった

You know,/ the whole nine yards.//

何もかも欲しかったのです

(笑)

After about a year of pastoring,/ my membership went up/ about 20 members.//

牧師になって1年が過ぎた頃 会員は20人くらいに増えましたが

So megachurchdom was way/ down the road.//

大教会は遥か彼方でした

But seriously,/ if you'd have said,/ "What is your ambition?"//

でも もし真摯な夢を聞かれたなら

I would have said just/ to be a good pastor,/ to be able to be with people/ through all the passages of life,/ to preach messages/ that would have an everyday meaning/ for folks,/ and in the African-American tradition,/ to be able to represent the community/ that I serve.//

立派な牧師になることでした 人々のあらゆる人生の局面に寄り添い 日常生活の意味を説き アフリカ系アメリカ人の伝統に則って 私の管轄区の代表に なりたかったのです

But there was something else/ that was happening in my city/ and/ in the entire metro area,/ and in most metro areas/ in the United States,/ and that was the homicide rate started to rise/ precipitously.//

一方 私の街や大都市圏 そして アメリカの大半の主要都市で ある事態が起こりつつありました 殺人率が急激に上昇し始めたのです

And there were/ young people/ who were killing each other/ for reasons/ that I thought were very trivial,/ like bumping into someone/ in a high school hallway,/ and then/ after school,/ shooting the person.//

些細としか思えないことで 若者同士が殺し合うのです 例えば 高校の廊下で ぶつかった生徒を 放課後撃つのです

Someone/ with the wrong color shirt on,/ on the wrong street corner/ at the wrong time.//

最悪のタイミングで 危険な街角に 着てはいけない色のシャツを着て 立っていたといって撃つのです

And something needed to be done about that.//

なんとかする必要がありました

It got to the point/ where it started to change/ the character of the city.//

都市の雰囲気が 変わり始めていたのです

You could go to any housing project,/ for example,/ like the one/ that was down the street/ from my church,/ and you would walk in,/ and it would be like a ghost town,/ because the parents wouldn't allow their kids/ to come out and play,/ even/ in the summertime,/ because of the violence.//

公営住宅に行ってみると ― 私の教会から 少し行ったところにもありますが ― 足を踏み入れると ゴーストタウンのようなのです 暴力がはびこっているせいで 夏であっても 親が子供を外で 遊ばせないからです

You would listen in the neighborhoods/ on any given night, and/ to the untrained ear,/ it sounded like fireworks,/ but it was gunfire.//

夜近所の音に耳を澄ませば 慣れていないと 花火の音に聞こえるかもしれませんが 銃声がするのです

You'd hear it almost/ every night,/ when you were cooking dinner,/ telling your child/ a bedtime story,/ or just watching/ TV.//

ほぼ毎晩のように銃声がします 夕食を作っている時 寝る前に子供に本を読んであげる時 テレビを見ている時に聞こえてくるのです

And you can go to any emergency room/ at any hospital,/ and you would see lying/ on gurneys/ young black and Latino men shot and dying.//

そして病院の緊急治療室に行けば 若い黒人やラテン系の男性が 撃たれて瀕死の状態で 担架に横たわっている光景を 目にします

And I was doing funerals, but not of the venerated matriarchs and patriarchs/ who'd lived a long life/ and there's a lot/ to say.//

私は多くの葬儀を行いましたが 弔辞にも困らないような 長寿を全うした 年配の方の葬儀ではないのです

I was doing funerals of 18-year-olds,/ 17-year-olds,/ and 16-year-olds,/ and I was standing in a church/ or/ at a funeral home/ struggling to say/ something/ that would make some meaningful impact.//

執り行ったのは 18歳や 17歳 ― 16歳の子供たちの葬儀で 教会や葬儀場に立って 心に響くことを言うには 大変苦労しました

And so/ while my colleagues were building these cathedrals great and tall/ and buying property/ outside of the city/ and moving their congregations out/ so that they could create or recreate their cities of God,/ the social structures/ in the inner cities were sagging under the weight of all of this violence.//

私の同僚が 高くて立派な大聖堂を建てたり 郊外に不動産を買ったり 集会の場所を変えたりして 「神の都市」を作ろうとしていた頃 市街地の社会構造は この暴力の重圧に 押しつぶされていました

And so/ I stayed,/ because somebody needed to do something,/ and so I had looked at what I had and moved on that.//

だから私は留まりました 誰かがやらねばと思ったからです 自分が行ってきた使命を 考えてみました

I started to preach decrying/ the violence/ in the community.//

私は地域社会の暴力を非難する 説教を始めました

And I started to look/ at the programming/ in my church,/ and I started to build/ programs/ that would catch the at-risk youth,/ those/ who were on the fence/ to the violence.//

自分の教会で礼拝を 企画することから始めました 暴力を ただ傍観し 非行に走る恐れのある子供を 惹きつけようとしたのです

I even tried to be innovative/ in my preaching.//

自分の説教のスタイルを 変えてもみました

You/ all have heard of rap music,/ right?//

皆さん ラップをご存じですよね?

Rap music?//

ラップですよ?

I even tried to rap/ sermon one time.//

一度ラップで説教をやりました

It didn't work,/ but at least/ I tried it.//

失敗でしたが とにかくやったのです

I'll never forget the young person/ who came to me/ after that sermon.//

説教後に若者が私の所にやってきたのが 忘れられません

He waited/ until everybody was gone,/ and he said,/ "Rev,/ rap sermon,/ huh?"// And I was like,/ "Yeah,/ what do you think?"//

彼は皆が居なくなるまで 待って言いました 「牧師さん ラップで説教かよ?」 「どうだった?」と聞くと

And he said,/ "Don't do that again,/ Rev."//

「二度とするな」と言われました

(笑)

But I preached/ and I built these programs,/ and I thought maybe/ if my colleagues did the same/ that it would make a difference.//

それでも私は説教をし これらの企画を作り もし同僚が同じことをしたのなら 結果は違っていたかと悩みました

But the violence just careened out of control,/ and people/ who were not involved in the violence were getting shot/ and killed:/ somebody/ going to buy a pack of cigarettes/ at a convenience store,/ or someone/ who was sitting at a bus stop just waiting/ for a bus,/ or kids/ who were playing in the park,/ oblivious/ to the violence/ on the other side of the park,/ but it/ coming and visiting them.//

手に負えないほど 暴力の勢いが強く 暴力とは直接関わりのない人々が 撃たれたり殺されたりしました コンビニでタバコを 一箱買おうとする人や バスを待つため 停留所に座っている人 公園の片隅で起こった暴力に 気付かずに遊んでいた子供たちです でも暴力が彼らの世界に入り込んでくるのです

Things were out of control,/ and I didn't know/ what to do,/ and then/ something happened/ that changed everything/ for me.//

事態は制御不能で 自分のすべきことが 分かりませんでしたが 私の全てを変えるようなことが 起こりました

It was a kid/ by the name of Jesse McKie,/ walking home/ with his friend Rigoberto Carrion/ to the housing project/ down the street/ from my church.//

ジェシー・ミッキーという子どもが 友達のリゴベルト・キャリーオンと一緒に 私の教会の先にある 公営住宅に歩いて帰る途中

They met up/ with a group of youth/ who were from a gang/ in Dorchester,/ and they were killed.//

ドーチェスターの チンピラのグループと出会い 殺されたのです

But/ as Jesse was running from the scene mortally wounded,/ he was running in the direction of my church,/ and he died some 100,150 yards away.//

ジェシーは致命傷を負った現場から 私の教会の方向へ逃げましたが あと100mか150mの所で 息絶えました

If he would have gotten to the church,/ it wouldn't have made a difference,/ because the lights were out;/ nobody was home.//

教会に逃げ込んでいても 何も変わらなかったでしょう 明かりが消え 誰もいなかったからです

And I took/ that as a sign.//

私はそれを神の啓示と捉えました

When they caught some of the youth/ that had done this deed,/ to my surprise,/ they were around my age,/ but the gulf/ that was between us was vast.//

犯人のチンピラを捕まえてみると なんと 私と同世代だったのです しかし 私たちの隔たりは大きく

It was/ like we were in two completely different worlds.//

あたかも全く違う二つの世界で 暮らしているかのようでした

And so/ as I contemplated all of this/ and looked at what was happening,/ I suddenly realized/ that there was a paradox/ that was emerging inside of me,/ and the paradox was this:/ in all of those sermons/ that I preached decrying/ the violence,/ I was also talking about building community,/ but I suddenly realized/ that there was a certain segment of the population/ that I was not including in my definition of community.//

私はこのことを深く考え 何が起こったのか調べました そして突然 私の内なる矛盾に 気付いたのです その矛盾とは 説教では 暴力を非難し 地域社会の再建を話してきたのに 私の地域社会の定義には 含まれていない階層の人々がいることに 突然 気付いたのです

And so/ the paradox was this:/ If I really wanted the community/ that I was preaching for,/ I needed to reach out/ and embrace this group/ that I had cut out of my definition.//

つまり こういうことです 本当に私が 自分の管轄区が欲しいなら 私の定義から外れた人々に 手を差し伸べ 受け入れる必要があったのです

Which meant not about building programs/ to catch those/ who were on the fences of violence,/ but to reach out/ and to embrace those/ who were committing the acts of violence,/ the gang bangers,/ the drug dealers.//

暴力を傍観している人たちを 惹きつける企画を作るだけでなく 暴力に関わっている人たち ― 暴力団員や麻薬ディーラーに 手を差し伸べ 受け入れるのです

As soon/ as I came to that realization,/ a quick question came to my mind.//

それに気付いて すぐに疑問が頭をもたげました

Why me?//

「どうして私が?」

I mean,/ isn't this a law enforcement issue?//

警察の問題ではないかと 思ったのです

This is/ why we have the police,/ right?//

そのために警察がいるのですよね?

As soon/ as the question,/ "Why me?"// came,/ the answer came just as quickly:/ Why me?// Because I'm the one/ who can't sleep at night/ thinking about it.//

でも 疑問がわいた直後に 答えも見つかりました 暴力のことを考えだすと 夜も眠れないのは 私だからです

Because I'm the one/ looking around saying somebody needs to do/ something/ about this,/ and I'm starting to realize/ that that/ someone is me.//

誰かが何とかする必要があると 思っているのは 私だからです そして その誰かこそ 自分だと気付きました

I mean,/ isn't/ that/ how movements start anyway?//

運動とは こうして始まるものでしょう?

They don't start with a grand convention/ and people/ coming together/ and then/ walking in lockstep/ with a statement.//

初めから大きな集会に沢山 人が集まって 横断幕を掲げて 行進するわけではないのです

But it starts with just a few, or maybe just one.//

最初は ほんの数人 一人だけかも知れません

It started with me/ that way,/ and so I decided to figure out/ the culture of violence/ in which these young people/ who were committing them existed,/ and I started to volunteer/ at the high school.//

始めの頃はそんな具合でした 私は若者が関与する暴力文化を 解明することにし 高校でボランティアを始めました

After about two weeks of volunteering/ at the high school,/ I realized/ that the youth/ that I was trying to reach,/ they weren't going to high school.//

ボランティアを始めて 2週間が過ぎた頃 探している若者は 高校に行っていないことに 気付きました

I started to walk/ in the community,/ and it didn't take a rocket scientist/ to realize/ that they weren't out/ during the day.//

私は地域を歩くようになりました 彼らが昼間に外出しないことは 天才じゃなくてもわかります

So I started to walk/ the streets/ at night,/ late/ at night,/ going into the parks/ where they were,/ building the relationship/ that was necessary.//

だから 私は深夜の路上を 歩き始めました 彼らのいる公園へ行き 必要な関係を築きました

A tragedy happened in Boston/ that brought a number of clergy together,/ and there was a small cadre of us/ who came to the realization/ that we had to come/ out of the four walls of our sanctuary/ and meet the youth/ where they were,/ and not try to figure out/ how to bring them in.//

ボストンで起こった悲劇は 聖職者を団結させました 私を含め数人が悟ったのは 四方を壁に囲まれた教会から出て 若者たちに会いに行く必要が あるということでした 教会に連れて来るのではないのです

And so/ we decided to walk together,/ and we would get together/ in one of the most dangerous neighborhoods/ in the city/ on a Friday night/ and/ on a Saturday night/ at 10 p.m.//,/ and we would walk until 2 or 3/ in the morning.//

そこで私たちは 一緒に歩くことにしました その町で最も危険な場所の一つで 金曜日と土曜日の 夜10時に集まって 深夜2時とか3時まで 歩き回りました

I imagine/ we were quite the anomaly/ when we first started walking.//

歩き始めた最初の頃 自分たちを例外だと思っていました

I mean,/ we weren't drug dealers.//

麻薬ディーラーでも

We weren't drug customers.//

麻薬の顧客でも

We weren't the police.// Some of us would have collars/ on.//

警察でもないからです 牧師の印の白い襟を付けた人もいました

It was probably a really odd thing.//

多分とても変だったでしょう

But they started speaking/ to us/ after a while,/ and what we found out/ is/ that while we were walking,/ they were watching us,/ and they wanted to make/ sure of a couple of things:/ that number one,/ we were going to be consistent/ in our behavior,/ that we would keep coming/ out there;/ and then secondly,/ they had wanted to make/ sure/ that we weren't out there/ to exploit them.//

しばらくすると 若者たちと会話するようになりました そして気付いたことは 私たちが歩いている間 彼らは 私たちを見て 2つのことを確かめていたのです その1:そこに来た私たちの態度に 一貫性があるのか その2:若者を利用するために 来たわけではないこと

Because there was always somebody/ who would say,/ "We're going to take back/ the streets,/"/ but they would always seem to have/ a television camera/ with them,/ or a reporter,/ and they would enhance their own reputation/ to the detriment of those/ on the streets.//

というのも 「安全な通りを取り戻す」と 主張する人間はいつでも テレビカメラやレポーターと 一緒にいるようだったからです 自分の名声を高めるために 路上の若者を利用しているのです

So/ when they saw/ that we had none of that,/ they decided to talk/ to us.//

だから私たちが 誰も連れていないのを見て 話しかけてきたのです

And then/ we did an amazing thing/ for preachers.//

そして私たちは 牧師としては驚くべき態度に出ました

We decided to listen/ and not preach.//

説教はせず 聞くことにしたのです

Come on,/ give it up/ for me.//

さあ 拍手してくださいよ

(笑)(拍手)

All right,/ come on,/ you're cutting/ into my time now,/ okay?// (Laughter)/

私の時間に 食い込んでますよ (笑)

But it was amazing.//

でも 素晴らしかった

We said to them,/ "We don't know our own communities/ after 9 p.m./ at night,/ between 9 p.m. and 5 a.m.//,/ but you do.//

彼らに こう話しかけました 「私たちは夜9時以降の地域の様子 ― 夜9時から朝5時までの様子を知らないが 君たちは知っている

You are the subject matter experts,/ if you will,/ of that period of time.//

君たちは夜の時間帯の エキスパートなんだ

So talk to us.// Teach us.//

だから私たちに教えてほしい

Help/ us to see/ what we're not seeing.//

私たちに見えないことが見えるように

Help us to understand/ what we're not understanding."//

理解していないことを 理解できるように手伝ってほしい」

And they were all too happy/ to do that,/ and we got an idea of what life/ on the streets was all about,/ very different/ than what you see on the 11 o'clock news,/ very different/ than what is portrayed in popular media and even social media.//

若者は喜んでやってくれました 私たちはストリートでの暮らしが 分かってきました 11時のニュース報道とは全然違うのです 人気メディアやソーシャルメディアの報道とも 全然違うのです

And/ as we were talking with them,/ a number of myths were dispelled about them/ with us.//

若者たちと話しているうちに 彼らに対する偏見が 消えて行きました

And one of the biggest myths was/ that these kids were cold and heartless and uncharacteristically bold/ in their violence.//

ひどい偏見の一つは この子たちは冷たく残酷で 暴力を好むというものです

What we found out/ was the exact opposite.//

私たちが見たのは その真逆の姿です

Most of the young people/ who were out there/ on the streets are just trying to make/ it/ on the streets.//

路上にいる若者の大半は そこでうまく生活しようとしています

And we also found out/ that some of the most intelligent and creative and magnificent and wise people/ that we've ever met were on the street,/ engaged in a struggle.//

さらに分かったことは ストリートには 私たちが今まで会った中で 最も知的で クリエイティブで 堂々として 賢い若者たちがいて そこで闘っていたのです

And I know some of them call it/ survival,/ but I call them/ overcomers,/ because/ when you're in the conditions/ that they're in,/ to be able to live every day is an accomplishment of overcoming.//

それをサバイバルと呼ぶ若者もいますが 私は克服だと思います 彼らのような状況に置かれると 日々生きることは 克服することなのです

And/ as a result of that,/ we said to them,/ "How do you see this church,/ how do you see this institution helping this situation?"//

それを受けて 私たちは彼らに尋ねました 「こういう状況を改善するために 教会は何をすればいいと思う?」

And we developed a plan/ in conversation/ with these youths.//

私たちは若者との会話を通じて 計画を立てました

We stopped looking/ at them/ as the problem/ to be solved,/ and we started looking/ at them/ as partners,/ as assets,/ as co-laborers/ in the struggle to reduce violence/ in the community.//

若者を問題視することを止め 地域社会の暴力削減運動の パートナーであり 有用な人材であり 仲間として 彼らを見るようになりました

Imagine/ developing a plan,/ you have one minister/ at one table and a heroin dealer/ at the other table,/ coming up/ with a way/ in which the church can help the entire community.//

計画を立てるのを 想像してみてください 牧師と麻薬ディーラーが 席を共にして 教会が地域社会全体を 支援する方法を考えるのです

The Boston Miracle was about bringing people together.//

ボストンの奇跡は 人々を団結させました

We had other partners.//

私たちには他にも協力者がいました

司法関係者がおり

警察官がいました

It wasn't the entire force,/ because there were still some/ who still had/ that lock-'em-up mentality,/ but there were other cops/ who saw the honor/ in partnering with the community,/ who saw the responsibility/ from themselves/ to be able to work as partners/ with community leaders/ and faith leaders/ in order to reduce violence/ in the community.//

ただ警官全員ではありません 「刑務所送りにすればいい」と 考える人も いましたから でも 地域社会のために協力するのを 名誉だと思う警官もいました 彼らはコミュニティ・リーダーや 信仰指導者と 働くことを責務とみなし 地域社会の暴力削減に 努めてきました

Same/ with probation officers,/ same/ with judges,/ same/ with folks/ who were up/ that law enforcement chain,/ because they realized,/ like we did,/ that we'll never arrest ourselves/ out of this situation,/ that there will not be/ enough prosecutions made,/ and you can not fill these jails up enough/ in order to alleviate the problem.//

保護観察官も然り 裁判官も然り 司法関連の人々も然り なぜなら私たちが気付いたように この状況から抜け出すには いくら起訴をしても いくら刑務所送りにしても 問題解決に至らないことに 彼らも気付いたのです

I helped to start/ an organization/ 20 years ago,/ a faith-based organization,/ to deal with this issue.//

私は20年前に 信仰に基づいた団体を この問題を解決するために 立ち上げました

I left it about four years ago/ and started working/ in cities/ across the United States,/19/ in total,/ and what I found out/ was/ that in those cities,/ there was always this component of community leaders/ who put their heads down and their nose/ to the grindstone,/ who checked their egos/ at the door/ and saw the whole/ as greater/ than the sum of its parts,/ and came together/ and found ways/ to work with youth out/ on the streets,/ that the solution is not more cops,/ but the solution is mining the assets/ that are there in the community,/ to have a strong community component/ in the collaboration/ around violence reduction.//

私は4年前に退き アメリカの合計19の都市での 活動を開始しました そして気付いたことは そういう都市には 常に地域の リーダーとなる人がいて 頭を下げながら コツコツ働き エゴは決して持ち込まず 全体の力は 個人の力を足したものより 大きいことを理解し 力を合わせて 路上の若者と 共に活動する方法を見つけていました そして解決策は 警官を増員することではなく 地域の人材を掘り起こして 暴力を削減するために協働する 強力な地域の体制を作ることなのです

Now,/ there is a movement/ in the United States of young people/ who I am very proud of who are dealing with the structural issues/ that need to change/ if we're going to be a better society.//

アメリカで 私の自慢の若者たちが 構造改革の問題に取組み より良い社会を築こうとしています

But there is this political ploy/ to try to pit/ police brutality and police misconduct/ against black-on-black violence.//

一方で 黒人同士の暴力に対して 警察が暴力や職務乱用で 対抗しようとする政治的策略がありますが

But it's a fiction.//

これは所詮 絵空事です

It's all connected.//

すべてが連鎖しているのですから

When you think about decades of failed housing policies and poor educational structures,/ when you think about persistent unemployment and underemployment/ in a community,/ when you think about poor healthcare,/ and then/ you throw drugs/ into the mix and duffel bags full of guns,/ little wonder/ that you would see this culture of violence emerge.//

数十年に渡って 破綻した住宅政策に 貧弱な教育システム ― 地域における 長期に渡る失業に 不安定な労働条件 ― そして 医療サービスの不足を考えると そんな環境に 麻薬や ダッフルバッグに詰めた銃を 放り込めば こういう暴力文化が現れるのも 全然不思議ではないのです

And then/ the response/ that comes from the state is more cops and more suppression of hot spots.//

結果として州の対応は 警官の増員と 危険地域の取り締まり強化になります

It's all connected,/ and one of the wonderful things/ that we've been/ able to do is to be able to show the value of partnering together --/ community,/ law enforcement,/ private sector,/ the city --/ in order to reduce violence.//

すべて連鎖しているのです 私たちが行った 素晴らしいことの一つは 暴力削減を目指して 地域社会、警察、企業、市当局が 共に連携することの 価値を示したことです

You have to value/ that community component.//

地域社会の価値を 尊重しなければなりません

I believe/ that we can end the era of violence/ in our cities.//

私は都市の暴力の時代に 終止符を打てると信じています

I believe/ that it is possible/ and/ that people are doing it even now.//

できると信じているし 人々が 今まさに取り組んでいますが

But I need your help.//

みなさんの支援が必要です

It can't just come from folks/ who are burning themselves out/ in the community.//

地域社会で 人々は精根尽き果てています

They need support.// They need help.//

あなたの支援や 援助が必要なのです

Go back/ to your city.//

自分の街に帰ったら

Find/ those people.//

そういう人々を見つけてください

"You need some help?// I'll help you out."//

「お困りですか?」 「私がお助けします」

Find/ those people.// They're there.//

人々を見つけるのです 彼らはそこにいます

Bring them together/ with law enforcement,/ the private sector,/ and the city,/ with the one aim of reducing violence,/ but make sure/ that/ that community component is strong.//

そして彼らが暴力削減という目標の下に 警察、企業、市当局と 連携できるようにしてください 地域に活力を与えてください

Because the old adage/ that comes from Burundi is right:/ that you do for me,/ without me,/ you do to me.//

ブルンジ共和国には古い諺があって まさにその通りなのです 「私のためにと思っていても 私抜きなら 押し付けているだけ」

God bless you.// Thank you.//

皆さんに神のご加護を ありがとうございました

(拍手)

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

dealer

『商人』;(…の)『業者』《+『in』+『名』》

(カードゲームの)札の配り手,親

gang

(人の)『一団』,群れ《+『of』+『名』》

(悪人の)一味,ギャング団《+『of』+『名』》

《話》親しい仲間,遊び仲間

《米》(特に他のグループと争う青少年の)非行グループ

〈人〉‘を'一団にまとめる(組織する)

一団になる,徒党を組む《+『up』》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

prostitute

売春する人

…‘に'売春させる

〈名誉など〉‘を'金のために売る

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

theological

神学の,神学的

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

hallow

…‘を'神聖にする,神聖なものとする

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

seminary

(聖職者を養成する)神学校

《古》(high school以上の)学校,(特に女子の)専門学校

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

Baptist

バプテスト派(浸礼派)の合員)幼児洗礼・滴礼に反対し,成人になって自ら選んで浸礼を行うキリスト教新教の一派)

《the ~》洗礼者ヨハネ

minister

『聖職者』,牧師

(英国・欧州諸国・日本の)『大臣』

(…駐在)『公使』(大使(ambassador)の次の位で,大使が派遣されていない国において自国政府を代表する)《+『to』+『名』》

(人の)面倒を見る,(…に)尽くす,仕える《+『to』+『名』》

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

ambition

『大望』,野心,野望

〈C〉大望(野心)の対象(目的)

pastor

(教会・教会員を世話する)牧師

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

ministry

〈U〉《the~》牧師の職

《the~》《集合的に》聖職者,牧師(clergy)

〈C〉(英国・欧州諸国・日本などの)『省』;省の建物

〈C〉《通例単数形で》大臣(公使)の職(任期)

〈C〉《しばしばthe M-》『内閣』,閣僚たち

clothing

『衣類』,衣料品

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

long distance

長距離電話

長距離電話の交換局(交換手), 長距離

carrier

『運搬する人』;輸送業者(会社)

運搬する物,運客車;運客設備

(…の)媒介体,保菌者《+『of』+『名』》

(また『aircraft carrier』)航空母艦

(自転車・車の)荷台

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

yard

ヤード(長さの単位で3フィート,約91.4センチ;《略》櫻.(複 yds.));(日本で布を測るときの)ヤール

(特に建築業で)1立方ヤード

帆げた

membership

〈U〉(団体の)一員(成員,メンバー)であること

〈C〉《単数形で》(団体・組織の)全会員

《単数形で》(団体・組織の)構成員の数,会員数

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

preach

(特に宗教的なことについて,人に)『説教する』,説く《+『to』(『at』)+『名』〈人〉+『about』(『on』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『説教する』,伝道する;…‘を'説く

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

metro

地下鉄

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

homicide

〈U〉殺人;〈C〉殺人行為

〈C〉殺人者,殺人犯人

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

hallway

=hall3

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

housing

住宅供給;家に収容すること

《集合的に》家,住宅(houses)

避難所

(機械の)架構(支え台・枠・囲い,また部品収容箱など)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

ghost town

幽霊都市(鉱山の閉鎖などで住民から見捨てられ廃虚となった町)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

summertime

=daylight-saving time

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

untrained

訓練を受けていない,練習を積んでない

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

firework

花火;花火大会

(怒りなどの)爆発

gunfire

砲火,砲撃

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

bedtime story

就寝時に子供に聞かせるおとぎ話

おもしろいが納得できない話

emergency

『非常の場合』,緊急の場合

hospital

『病院』

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

Latino

ラテンアメリカ系のアメリカ市民

shot

shootの過去・過去分詞

dying

dieの現在分詞

死にかかっている,ひん死の

消えかかっている,滅びかけている

臨終の

funeral

『葬式』,葬儀,告別式

(死者を送る)葬列

葬式の,葬儀の

venerate

…‘を'尊敬する,崇拝する

matriarch

女家長,女族長

尊敬すべき老女

patriarch

(男の)家長,族長

(初期キリスト教班の)司教;(カトリック教会の)ローマ教皇;(教皇の次の)総大司教;(ギリシア教会の)主教

長老;古老

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

funeral home

葬儀場; ・ 斎場・遺体安置所

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

meaningful

有意義な,意義のある

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

cathedral

(bishopが統轄する)『大寺院』,大聖堂,大伽藍(がらん)

(一般の)大教会

tall

(背の)『高い』

《補語にのみ用いて》『背たけ(高さ)が…の』

《話》(話などが)大げさな,誇張した

(程度・量が)法外な,ものすごい

property

動産

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

congregation

〈U〉〈C〉(人・物の)集まり,集合;集まった人々

〈C〉《集合的に》(礼拝に集まる)会衆

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

recreate

…‘を'再び作る,作り直す

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

inner city

大市内中慎地区

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

decry

…'を'非難する,けなす

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

catch

…'を'『捕らえる』,捕まえる・〈動いている物〉'を'『つかみ取る』,受け止める・〈列車など〉‘に'『間に合う』;追いつく・《おもに受動態で》〈あらしなどが〉…'を'襲う・…'を'偶然見つける,‘に'思いがけなく出くわす・《副詞[句]を伴って》〈人・働物など〉'を'打つ・〈打撃・石・風などが〉…‘に'当たる・(…に)〈人〉‘に'〈打撃など〉'を'与える《+『名』〈間〉+『名』(直)+『on』+『名』》・〈伝染性の病気〉‘に'『かかる』,感染する;(火が)…‘に'燃え移る・(くぎなどに)…'を'引っかける,(網などに)…'を'からませる,(ドアなどに)…'を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・〈注意・関心など〉'を'引き付ける・…'を'聞きとる,理解する・

…'を'ぐっと押さえる,がまんする・〈短い動作〉'を'す早くする,わずかの間する・《米話》〈劇・テレビ番組など〉'を'見る,聞く・《副詞[句]を伴って》『引っかかる』,からまる・〈かぎが〉かかる,締まる

(野球で)捕手をする・

燃え始める;動き始める

捕まえること,捕獲

がっちり捕らえて動かなくする物,(戸の)掛け金,(機械の)歯止め・捕らえた物;捕獲量,(特に)漁獲高

手に入れる価値のある人(物),(特に)いい結婚相手・キャッチボール,捕球・(声・息の一時的な)途切れ,詰まり;途切れる部分,断片・《話》(人を引っ掛ける)わな,策略

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

fence

〈C〉(通例,木材・鉄線・針金などでできた)『囲い』,垣根,柵(さく),へい

〈U〉剣術,フェシング(fencing)

〈C〉《話》(盗品を買い受ける)故買人

〈土地など〉‘を'柵(へい)で囲う;~‘を'柵(へい)で仕切る

《話》〈盗品〉‘を'買い受ける

剣を仕う,フェシングをする

(質問などを)受け流す《+『with』+『名』》

rap

(…を)『コツン』(『トン』)『とたたくこと』(『音』)《+『on』(『at』)+『名』》

《話》(人のしたことに対する)非難,とがめ《+『for』+『名』》

《俗》おしゃべり

…‘を'コツン(トン)とたたく

〈命令など〉‘を'びしゃりと言う《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

(…を)コツン(トン)とたたく《+『at』(on)+『名』》

《俗》互いに気持ちよく話す・〔俗〕 非難(する); 叱る; 〔俗〕 告訴[処罰,逮捕](する); 〔俗〕 おしゃべり(する); 〔米俗〕 ラップ(ミュージック); 〔米俗〕 ラップで歌う・「take the rap」で「甘んじて罰を受ける」

sermon

(教会での)『説教』

(道徳的な)講話,訓話;(一般に長い)お説教,小言

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

rev

(エンジン・モーターなどの)回転(revolution)

〈エンジン〉‘の'回転を増す《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈モーターが〉大きな速度で回転する《+『up』》

急速に活動する《+『up』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

careen

〈船・車などが〉一方に傾く;傾いて(横ゆれしながら)走る

(船底の修理・清掃のために)〈船〉'を'傾ける;〈傾けた船底〉'を'修理(清掃)する

〈風・波が〉〈船〉'を'傾ける

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

convenience

〈U〉『都合のよいこと』,便利,便宜・〈C〉『便利なもの』;好都合な事情;《複数形で》衣食住の便,便利な設備・《英》《文》=public convenience

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

bus stop

バス停留所

oblivious

(・・・を)忘れて,忘れっぽく《+『of』+『名』》;(・・・に)気づかないで《+『of』(『to』)+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

carrion

死体の腐肉,死肉

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

mortally

死ぬほどに,致命的に

《話》非常に,はなはだしく

wound

windの過去・過去分詞

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

deed

『行為』,行動

(正式の)捺印証書,権利書

…'を'証書を作製して譲渡する

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

completely

『完全に』,全く,十分に

contemplate

…'を'『よく考える』,熟考する

…'を'じっと見つめる

…'を'予想する,期待する

じっくり考える,熟考する

suddenly

『突然に』,だしぬけに

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

commit

〈罪・過失など〉'を'『犯す』,〈よくない事〉'を'行う

(…に)…'を'『委託する』,ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(拘置所・精神病院などに)…'を'収容する;(裁判などに)…'を'かける《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

banger

ソーセージ

ボンと破裂する花火

おんぼろ自動車

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

enforcement

(法律などの)実施,施行

強制,強要

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

anyway

=anyhow

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

lockstep

密集行進法(前の者との間隔をできるだけつめて進む行進)

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

tragedy

{C}(人生の不幸を題材とした)悲劇

{U}(演劇部門としての)悲劇

{U}{C}(人生・文学などの)悲劇的要素;悲惨なでき事,惨事

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

clergy

『聖職』,牧師

cadre

(組織の中核をなす)幹部集団,中核グループ

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

sanctuary

〈C〉(教会・寺院など)神聖な場所,聖所

〈C〉(教会・寺院などで)最も神聖な場所,聖域(教会堂の内陣,ユダヤ教会の至聖所など)

〈C〉(犯罪者の)隠れ場,(一般に)安らかな場所

〈U〉保護,避難

〈C〉(鳥・獣の)保護区,禁猟地

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

anomaly

〈U〉〈C〉変則,例外;異常

〈C〉変則的な事態,異例な人(物)

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

collar

(衣服の)『えり』,カラー

首飾り;(勲章としての)頚(けい)章,首章

(犬などの)首輪;(馬・牛などの)首当て

〈依服〉‘に'カラーをつける;〈犬〉‘に'首輪をつける

〈人〉‘の'えり首を捕まえる

《話》〈犯人など〉'を'捕らえる;〈帰りたがっている人〉'を'引き止めて話し込む

《俗》〈物〉'を'持つ去る,盗む

probably

『たぶん』,『おそらく』

odd

『奇妙な』,風変りな,変な

《名詞の前にのみ用いて》(対・組のうちの)『片方の』,はんぱの

(一定数量を対・組などに分けた)『余分の』,残りの

《名詞の前にのみ用いて》臨時の,時たまの,不定期の

『奇数の』

《しばしば整数とハイフンで結ばれて》…あまりの,端数の

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

secondly

第一に,次に(in the second place)

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

reporter

報告者,申告者

報道員,探訪記者

判決記録係

enhance

…‘の'程度(仮値など)を高める

reputation

(人・物の)『評判』,世評

名声

detriment

〈U〉(…の)損害,損失;傷害《+『to』(『of』)+『名』》

〈C〉損害の原因

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

preacher

(特にプロテスタントの)伝道師,牧師(clergyman)

applause

『拍手かっさい』;称賛

okay

=OK,O.K.

subject matter

(演説・書物・芸術などの)主題

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

seeing

…ということを考えると;…であるからには,だから《+『that 節』(《話》『as節』)》

〈U〉〈C〉見ること

〈U〉視力,視覚

目の見える,目のきく

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

o'clock

《時間を表す数と共に》…『時』(じ)

(自分の位置を時計の文字盤の中央に置いて)…時の位置(方角)に

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

media

mediumの複数形

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

dispel

〈煙・霧〉‘を'『追い散らす』,追い払う

〈不安・恐怖など〉‘を'追い払う

heartless

無情な,冷酷な

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

creative

『創造力のある』

『独創的な』

magnificent

『壮大な』,壮麗な

すばらしい,無類の

wise

(人・行為などが)『賢い』,賢明な,思慮分別のある

『博識な』,学識豊かな;事情に詳しい,物事が分かっている

《俗》生意気な

…‘を'気づかせる,…‘に'教える《+up+『名』,+『名』+up》

(…に)気づく,(…を)知る《+up to+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

accomplishment

〈U〉完成,成就(じょうじゅ)

〈C〉業績

《複数形で》教養,たしなみ,才芸

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

partner

(いっしょに活動する)『相手』,仲間

共同経営者,共同出資者

(二人以上が組んで敵に対するゲーム・競技の)『味方』,パートナー

(ダンスの)相手

夫または妻,配偶者

‥‘と'組む,‘の'仲間になる

(…と)…‘を'組ませる,仲間にさせる《+『名』+『up with』+『名』》

asset

価値のあるもの,宝

《複数形で》資産,財産

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

heroin

ヘロイン(モルヒネから作った麻酔薬)

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

police officer

警官

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

mentality

〈U〉精神力,知力

〈C〉思考,考え方;性格

cop

警官,ポリ公

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

faith

〈U〉『信頼』,信用;確信,信念

〈U〉(…への)『信仰』,(…に対する)信心(belief)《+『in』+『名』》

〈C〉教義,信条(doctrine)

〈U〉信義,誠実(sincerity)

〈U〉誓約,約束

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

probation officer

保護観察官

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

arrest

(…の罪で)…'を'『逮捕する』,検挙する《+『名』+『for』+『名』》

〈進歩など〉'を'止める

〈注意など〉'を'ひく

逮捕,検挙

止めること,阻止,停止

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

prosecution

〈U〉〈C〉『起訴』,告訴

《the~》《集合的に》起訴者側,検察当局

〈U〉(…の)実行,遂行《+『of』+『名』》

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

alleviate

(一時的に)〈苦痛・苦悩など〉'を'軽減する,楽にする

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

in total

全部で,全体として

全く

component

構成している,成分の

構成要素,成分

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

grindstone

丸砥(と)石,回転砥石

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

structural

構造[上]の,構成[上]の,組織[上]の

建築[用]の

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

ploy

(相手の先手をとる)手だて,たくらみ,策略

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

brutality

〈U〉獣性,野蛮,残忍性

〈C〉野蛮な行為

misconduct

非行,不品行,(特に)不義

…‘を'やり損なう,‘の'処置を誤る

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

fiction

〈C〉〈U〉『作り話』,作り事,虚構

〈U〉(文学様式の)『小説』,創作

connected

連結した

親戚(せき)関係の

関係(連絡)のある

decade

『10年間』

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

persistent

(反対・困難にもくじけず)『あくまでもやり抜く』,ねばり強い,執ような

いつまでも続く,持続する(lasting)

unemployment

失業,失職

失業者[数]

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

duffel bag

ダッフルバッグ(衣類・持ち物を入れる円筒形の大きなズックの袋)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

suppression

(反乱などの)鎮圧;(感情・欲望などの)抑制;(活動の)制限;(発表の)禁止《+of+名》

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

adage

格言,ことわざ

Burundi

ブルンジ(1962年にベルギーか独立したアフリカ中部の共和国)

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

関連動画