TED日本語 - ヨーナス=ガール・ストーレ: 対話による国家防衛

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

政治問題において、武装勢力、過激派、テロリスト及びそれらを支持する国々と対話を持つことは良くないと思われがちです。しかしノルウェーの外務大臣ヨーナス=ガール・ストーレ氏は、この非常に説得力のあるトークで、世界の安全保障を強化するためには、価値観の違いがある相手とも、開かれた対話をする必要性があると説いています。

Script

我々が今日直面している 様々な機能不全のなかで ― 財政や経済が最初に思いつきますが ― 私が一番 憂慮しているのは 政治的対話の欠乏です 我々が 近年の紛争において 状況を把握し その根本原因を探り 中心人物を理解し 彼らと交渉をする能力です 我々外交官は 国家間の紛争や問題に対処するよう 訓練されています そして 仕事は山積みと言えます 貿易や軍縮の 国境を越えた問題などに 対処しなければなりません

しかし状況は変わりつつあり 近年 新しい中心人物達が 登場してきました 我々は彼らをおおまかに「集団」と呼んでいます 彼らは それぞれ社会、宗教 政治、経済、軍事 などの 利害関係を代表していて 我々は彼らの対処に苦慮しています 関与をする際の原則とは いつ どのように対話を行い どのように取引をするかです

こちらのスライドをご覧下さい これは 1946年から今日までの 紛争の特徴を表しています 緑色の部分は 従来から我々に馴染み深い 国家間の紛争を表しています 赤色の部分は近代の紛争で 国内紛争を表しています 従来の紛争とはかなり異なっていて 近代の外交政策の 範疇を超えているものです そしてこれらの紛争の 中心的役割を果たしているのが これらの国々の中にある 様々な利害を代表する集団なのです 彼らの行動いかんでは 紛争が他国にも急速に広まります いうなればこれは 我々全員に かかわる問題なのです

また 近年 我々が遭遇している もう一つの認識は 内戦および国家間の紛争のうち 武力によって解決されたものは 最近ではほとんどないということです 軍事的手段に頼る必要はあるかもしれませんが 軍事的手段では解決できないのです 政治的な解決が必要となります ですから問題は これらの集団が従来の外交の 枠外にもれているということです そして 多くの国は このような問題に対処することに消極的です その上 我々は 過去10年間 そうした集団と交渉をすることは 通念的 政治的に 危険であると考えてきました 9・11テロが起きた後は 世界は敵と味方に二分されました 白か黒かに決め付けられ こうした集団は しばしば 即座に テロリストというレッテルが貼られました そうなったら誰がテロリストと対話するでしょうか? 欧米諸国は この10年で弱体化したと 私は考えています こうした集団を理解できなかったからです 我々は 対話の方法を探るかわりに なぜ彼らと話をすべきではないのか 言い訳することに 歳月を費やしてしまいました

私は世間知らずではありません いつでも誰とでも対話できるわけはなく 席を立つべき時もあります 軍事介入が必要な場合もあります リビアへの介入は必要だったと私は考えています アフガニスタンについても同様です 我が国の安全保障が 軍事同盟に頼っていることは明白です しかし それでも我々は 近代の紛争に関しての 対処と理解に大きな欠陥をかかえています

アフガニスタンを見てみましょう 軍事介入から10年が経ちましたが かの国は安定とは程遠い状態です 率直に言って 事態は極めて深刻です かの国で軍隊の駐留は必要ですが 軍隊だけでは問題解決しません 2005年に外相として 初めて アフガニスタンを訪問した時 国際治安支援部隊(ISAF)の 司令官と面談をしました 当時の司令官は言いました 「外相 我々が辛抱強くやり遂げれば 軍事的勝利は可能です」 それから4代目の司令官からは 違う言葉が聞かれました 「軍事的には勝利することはできません 軍隊の駐留は必要ですが 政治的解決が必要です 政治的解決のみが 決着をつけることができるのです そしてこの問題を解決するのは我々ではなく アフガニスタン人です」 しかしそれには彼ら自身の政治制度が必要で 2001年と2002年に我々が押し付けた 政治制度ではありません 彼ら自身の問題に対処できる 非常に複雑な社会の 中枢をなすような人たちによる 包括的プロセスが必要とされているのです

今は誰もが賛同しているようですが 3~5年前には意見が分かれていました 今は 誰もが同意していることです しかし いざ対話をしようとすると 我々の知識の少なさに気づきます なぜなら対話をしてこなかったために 現状を把握できていないからです 赤十字国際委員会 ICRCは 中立の立場を取っているため 誰とでも対話をしています このことが ICRCが 近年の紛争を理解するための 情報に最も通じた 重要な団体であることの 理由の一つだと思います 彼らは対話をするからです

しかし 対話をする際に 中立である必要はありません 相手と同じテーブルについたとき 同意する必要はないのです 席を立つことはいつでも可能です しかし 対話自体を行わなければ 相手側と関わることができません また 対話を行おうとしている相手は あなたと完全に意見が食い違っている人たちです ラビン元首相は オスロ・プロセスに関わった際 「和平は友と結ぶのではない 和平とは 敵と結ぶものだ」と言いました 困難ですが 必要なことなのです

もう一歩踏み込んで考えてみましょう これはタハリール広場です ここで革命が進行しています アラブの春は 秋となり 冬になりました この運動は今後長期化するでしょう この革命が最終的に何と呼ばれようが それは重要なことではありません 重要なことは これが我々が おそらく初めて目にする アラブ世界の歴史上初の ボトムアップの革命であり 民衆主体の革命だということです 社会集団は街頭でデモを繰り広げました そして 欧米諸国は 何が起きているかを ほとんど把握できていないことに気づいたのです こうした国の人々と 一度も対話をしてこなかったからです ほとんどの政府は 彼らがテロリストであるという 独裁主義的なリーダー達の言い分に従って これらの集団と距離を置いていました しかし エジプト市民が街につめかけ 民主主義革命に喝采を送った我々は ほとんど何も知らないことに気づいたのです

現在も 議論は続いています 「我々は ムスリム同胞団と対話すべきか? ハマスと対話すべきか? 対話を行ったら 彼らを 認めることになるのではないか」 私はこれは誤りだと思います 正しい方法で対話を行えば 対話と合意は違うことを明確にできます そしてなにより 我々が 多数派の権利を尊重しないとしたら ムスリム同胞団に 少数派の権利を尊重すべきであるなどと どうして言うことができるでしょうか? なぜなら彼らは今や多数派かもしれないのです 我々が もし民主主義を説く一方で 彼らを代表する集団と 交渉しないのであれば ダブルスタンダードと言われても当然です これで我々を折衝者といえるでしょうか? 現在 我が国の外交官は こうしたすべての 集団と対話するよう指示されています 対話には様々なやり方があります 我々は 外交レベルでの対話と 政治レベルでの対話を区別しています 援助を伴うものと伴わない対話があり 包括的なものと包括的でない対話があります

こうしたことに対処するための方法は 実にたくさんあるのです もし我々が こうした新しい集団 ― 今後ニュースの中心となるような集団との 対話を拒んだとしたらどうなるでしょう 急進化をさらに促すと 私は考えています 暴力的な活動を政治に導くための道を より困難なものにしてしまいます もし我々がこうした集団に対して 民主主義に移行して 国家間の正常で文明化された関係の 一端を担うようになれば 利益があるのだと 示すことができなければ どうなるでしょう? ここにおけるパラドックスは 過去10年は おそらく外交政策における 失われた10年だったということです

なぜパラドックスかというと その前の10年は実りが多く それも一つの出来事が寄与しています それは南アフリカのネルソン・マンデラ氏が 成し遂げたことが理由でした 彼が27年間の獄中生活から 解放された時 彼が民衆に対して 「今こそ武器を取れ 戦いの時がきた」と説いても 民衆は彼を支持したでしょう そして国際社会もまた 彼らには戦う権利があると 考えたでしょう しかしご存知の通り 彼はそうしませんでした 彼の自伝 『自由への長い道』によると 彼がその長い獄中生活を 耐え抜くことができたのは 常にこう考えることを 自分に課していたからでした 「抑圧者もまた同じ人間である」と 彼は政治的なプロセスとしての対話を 弱者の戦略としてではなく 強者の戦略として用いました 彼は人々が集まって対話をする 真実と和解のプロセスを通して いくつかの非常に難しい問題を解決し 積極的に対話を行いました 南アフリカの人々はそれが非常に辛い 過程であったことを知るでしょう

ここから我々が学ぶことは 対話を行うことは 容易ではない 個人、集団、政府間の いずれにおいても容易ではない しかし 対話は絶対に必要だ ということです もし 我々が紛争の政治的解決に取り組み 全ての人が利用可能な テクノロジーに後押しされて 大衆の中から生まれた新しい集団を 理解するように努めるのであれば 我々外交官は晩餐会で座りながら 国際関係を構築していると うぬぼれている場合ではありません 外交官である我々は こうした意義深い変化に関与すべきなのです

そして対話とは つまるところ何でしょうか 私は対談に臨む際 相手側が私の主張を理解してくれることを 本心から望んでいます その際私は 自分の意見と価値観を 印象付けるように心がけています これをするためには 心を開き 相手の意図を聞いている という態度を示さなければなりません こうしたことを実践するには たくさんの訓練が必要で 対話によって問題解決を 前進させる練習が必要です 自分の個人的な体験から 時には ただ席を立つほうが 容易な場合があることはわかっています また 時には争う必要もあるでしょう すべての状況において これが悪いとは言えません 時には他に方法がないこともあるでしょう しかし こうした戦略では 進展を見ることは難しいのです ですから 関与するための戦略と 原則に基づいた対話が功を奏するのです 私は現代の外交において この手法を 強化させる必要があると考えています 国家間の対話だけでなく 国内の対話においてもです

新しい兆しも見えてきています 対人地雷禁止条約および クラスター爆弾禁止条約は 市民団体を関与させるという 従来の外交政策からの転換がなければ なしえなかったことでしょう ある日突然 NGOは街頭でスローガンを叫ぶだけでなく 交渉の場に参加するようになりました 彼らがこうした武器の犠牲者を 代表していたことが理由の一つです そして彼らの知識が役立ちました ここに 外交と 民衆からくる力の 交流が生まれたのです これは おそらく変革の 最初の兆候です 将来 私たちは 人々や市民団体から断絶した 外交政策ではなく こうした成功例を参考にする必要があります

また 既存の外交政策の枠組みを超え 現代の我々にとっての死活問題である 気候変動についても 取り組まなければなりません 人々や市民団体を 問題の一部としてではなく 解決策の一部として 取り込むことができなければ 交渉によって気候変動問題を 解決することはできないでしょう 従来の外交プロセスとは違う 包括的なアプローチが必要とされているのです 気候変動の交渉で 難しい局面に立っている今 より多くの人を動員ができるような 方法にむけて 動き出さなければならないのです これは絶対に理解しなければ ならないことだと思います テクノロジーとグローバル化によって 社会は民衆から変わっていくからです

我々外交官は コミュニティの社会資本を 知っておく必要があります 国家間においてだけでなく国内においても 人々をお互いに信用させるものは 何なのでしょうか? 外交における正当性とは何でしょう? 地域において広域の力を持つ 我々があいまいに集団と呼んでいる 彼らのことを理解し 外交に反映することができないならば 我々外交官が生み出す 問題解決の正当性は何でしょう?

幸い 我々は無力ではありません 歴史上 かつてこれほどたくさんの コニュニケーション手段を 手にしたことはありませんでした つながるための 連絡するための 連携するための手段があります コニュニケーションを強化するために 使用できる 外交のための道具箱には 実際たくさんの道具が揃っているのです ただ この10年間 こうした手法を 恐れて使用しなかっただけなのです 私は きたるべき数年間で いくつかの確固とした例を示すことで 恐れを薄れさせ 勇気を持って 様々な国の市民団体と 連携をとりあい 彼らの問題を解決する 手助けができると考えています アフガニスタン市民の間 パレスチナ市民の間 パレスチナとイスラエル問題もです

そして我々が アラブ世界全体にわたる 広範な運動を理解するにあたり 我々は無力ではありません ただ必要なスキルを向上させ それを使う勇気を持つことが必要なのです 我が国では イスラム教とキリスト教の グループの代表が 政府の主導ではなく 自分達が主体となって集まり 風通しを良くして 対話を行なっています 緊張感が低い時にそれを行っていれば 緊張が高まった時には 彼らはすでに対話を行っており それが 様々な問題を対処する上での 力となるのです

現在の欧米社会は 移民時代を迎え 以前より複雑さを増しています コミュニケーションのスキルを 向上させなければ より大きな「私たち」を作って 我々の問題に対処することはできないのです さて たくさんの理由をあげましたが これらすべての理由によって 今こそ 我々は対話をすべきなのです

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

Amongst all the troubling deficits we struggle with today -- we think of financial and economic primarily -- the ones that concern me most is the deficit of political dialogue -- our ability to address modern conflicts as they are, to go to the source of what they're all about and to understand the key players and to deal with them. We who are diplomats, we are trained to deal with conflicts between states and issues between states. And I can tell you, our agenda is full. There is trade, there is disarmament, there is cross-border relations.

But the picture is changing, and we are seeing that there are new key players coming onto the scene. We loosely call them "groups." They may represent social, religious, political, economic, military realities. And we struggle with how to deal with them. The rules of engagement: how to talk, when to talk, and how to deal with them.

Let me show you a slide here which illustrates the character of conflicts since 1946 until today. You see the green is a traditional interstate conflict, the ones we used to read about. The red is modern conflict, conflicts within states. These are quite different, and they are outside the grasp of modern diplomacy. And the core of these key actors are groups who represent different interests inside countries. And the way they deal with their conflicts rapidly spreads to other countries. So in a way, it is everybody's business.

Another acknowledgment we've seen during these years, recent years, is that very few of these domestic interstate, intrastate conflicts can be solved militarily. They may have to be dealt with with military means, but they can not be solved by military means. They need political solutions. And we, therefore, have a problem, because they escape traditional diplomacy. And we have among states a reluctance in dealing with them. Plus, during the last decade, we've been in the mode where dealing with groups was conceptually and politically dangerous. After 9/11, either you were with us or against us. It was black or white. And groups are very often immediately label terrorists. And who would talk to terrorists? The West, as I would see it, comes out of that decade weakened, because we didn't understand the group. So we've spent more time on focusing on why we should not talk to others than finding out how we talk to others.

Now I'm not naive. You can not talk to everybody all the time. And there are times you should walk. And sometimes military intervention is necessary. I happen to believe that Libya was necessary and that military intervention in Afghanistan was also necessary. And my country relies on its security through military alliance, that's clear. But still we have a large deficit in dealing with and understanding modern conflict.

Let us turn to Afghanistan. 10 years after that military intervention, that country is far from secure. The situation, to be honest, is very serious. Now again, the military is necessary, but the military is no problem-solver. When I first came to Afghanistan in 2005 as a foreign minister, I met the commander of ISAF, the international troops. And he told me that, "This can be won militarily, minister. We just have to persevere." Now four COM ISAF's later, we hear a different message: "This can not be won militarily. We need military presence, but we need to move to politics. We can only solve this through a political solution. And it is not us who will solve it; Afghans have to solve it." But then they need a different political process than the one they were given in 2001,2002. They need an inclusive process where the real fabric of this very complicated society can deal with their issues.

Everybody seems to agree with that. It was very controversial to say three,four,five years ago. Now everybody agrees. But now, as we prepare to talk, we understand how little we know. Because we didn't talk. We didn't grasp what was going on. The International Committee of the Red Cross, the ICRC, is talking to everyone, and it is doing so because it is neutral. And that's one reason why that organization probably is the best informed key player to understand modern conflict -- because they talk.

My point is that you don't have to be neutral to talk. And you don't have to agree when you sit down with the other side. And you can always walk. But if you don't talk, you can't engage the other side. And the other side which you're going to engage is the one with whom you profoundly disagree. Prime Minister Rabin said when he engaged the Oslo process, "You don't make peace with your friends, you make peace with your enemies." It's hard, but it is necessary.

Let me go one step further. This is Tahrir Square. There's a revolution going on. The Arab Spring is heading into fall and is moving into winter. It will last for a long, long time. And who knows what it will be called in the end. That's not the point. The point is that we are probably seeing, for the first time in the history of the Arab world, a revolution bottom-up -- people's revolution. Social groups are taking to the streets. And we find out in the West that we know very little about what's happening. Because we never talk to the people in these countries. Most governments followed the dictate of the authoritarian leaders to stay away from these different groups, because they were terrorists. So now that they are emerging in the street and we salute the democratic revolution, we find out how little we know.

Right now, the discussion goes, "Should we talk to the Muslim Brotherhood? Should we talk to Hamas? If we talk to them, we may legitimize them." I think that is wrong. If you talk in the right way, you make it very clear that talking is not agreeing. And how can we tell the Muslim Brotherhood, as we should, that they must respect minority rights, if we don't accept majority rights? Because they may turn out to be a majority. How can we escape [ having ] a double-standard, if we at the same time preach democracy and at the same time don't want to deal with the groups that are representative? How will we ever be interlocutors? Now my diplomats are instructed to talk to all these groups. But talking can be done in different ways. We make a distinction between talking from a diplomatic level and talking at the political level. Now talking can be accompanied with aid or not with aid. Talking can be accompanied with inclusion or not inclusion.

There's a big array of the ways of dealing with this. So if we refuse to talk to these new groups that are going to be dominating the news in years to come, we will further radicalization, I believe. We will make the road from violent activities into politics harder to travel. And if we can not demonstrate to these groups that if you move towards democracy, if you move towards taking part in civilized and normal standards among states, there are some rewards on the other side. The paradox here is that the last decade probably was a lost decade for making progress on this.

And the paradox is that the decade before the last decade was so promising -- and for one reason primarily. And the reason is what happened in South Africa: Nelson Mandela. When Mandela came out of prison after 27 years of captivity, if he had told his people, "It's time to take up the arms, it's time to fight," he would have been followed. And I think the international community would have said, "Fair enough. It's their right to fight." Now as you know, Mandela didn't do that. In his memoirs, "Long Road to Freedom," he wrote that he survived during those years of captivity because he always decided to look upon his oppressor as also being a human being, also being a human being. So he engaged a political process of dialogue, not as a strategy of the weak, but as a strategy of the strong. And he engaged talking profoundly by settling some of the most tricky issues through a truth and reconciliation process where people came and talked. Now South African friends will know that was very painful.

So what can we learn from all of this? Dialogue is not easy -- not between individuals, not between groups, not between governments -- but it is very necessary. If we're going to deal with political conflict-solving of conflicts, if we're going to understand these new groups which are coming from bottom-up, supported by technology, which is available to all, we diplomats can not be sitting back in the banquets believing that we are doing interstate relations. We have to connect with these profound changes.

And what is dialogue really about? When I enter into dialogue, I really hope that the other side would pick up my points of view, that I would impress upon them my opinions and my values. I can not do that unless I send the signals that I will be open to listen to the other side's signals. We need a lot more training on how to do that and a lot more practice on how that can take problem-solving forward. We know from our personal experiences that it's easy sometimes just to walk, and sometimes you may need to fight. And I wouldn't say that is the wrong thing in all circumstances. Sometimes you have to. But that strategy seldom takes you very far. The alternative is a strategy of engagement and principled dialogue. And I believe we need to strengthen this approach in modern diplomacy, not only between states, but also within states.

We are seeing some new signs. We could never have done the convention against anti-personnel landmines and the convention that is banning cluster munitions unless we had done diplomacy differently, by engaging with civil society. All of a sudden, NGOs were not only standing in the streets, crying their slogans, but they were taking [ them ] into the negotiations, partly because they represented the victims of these weapons. And they brought their knowledge. And there was an interaction between diplomacy and the power coming bottom-up. This is perhaps a first element of a change. In the future, I believe, we should draw examples from these different illustrations, not to have diplomacy which is disconnected from people and civil society.

And we have to go also beyond traditional diplomacy to the survival issue of our times, climate change. How are we going to solve climate change through negotiations, unless we are able to make civil society and people, not part of the problem, but part of the solution? It is going to demand an inclusive process of diplomacy very different from the one we are practicing today as we are heading to new rounds of difficult climate negotiations, but when we move toward something which has to be much more along a broad mobilization. It's crucial to understand, I believe, because of technology and because of globalization, societies from bottom-up.

We as diplomats need to know the social capital of communities. What is it that makes people trust each other, not only between states, but also within states? What is the legitimacy of diplomacy, of the the solution we devise as diplomats if they can not be reflected and understood by also these broader forces of societies that we now very loosely call groups?

The good thing is that we are not powerless. We have never had as many means of communication, means of being connected, means of reaching out, means of including. The diplomatic toolbox is actually full of different tools we can use to strengthen our communication. But the problem is that we are coming out of a decade where we had a fear of touching it. Now, I hope, in the coming years, that we are able to demonstrate through some concrete examples that fear is receding and that we can take courage from that alliance with civil society in different countries to support their problem-solving, among the Afghans, inside the Palestinian population, between the peoples of Palestine and Israel.

And as we try to understand this broad movement across the Arab world, we are not powerless. We need to improve the necessary skills, and we need the courage to use them. In my country, I have seen how the council of Islamist groups and Christian groups came together, not as a government initiative, but they came together on their own initiative to establish contact and dialogue in times where things were pretty low-key tension. And when tension increased, they already had that dialogue, and that was a strength to deal with different issues.

Our modern Western societies are more complex than before, in this time of migration. How are we going to settle and build a bigger "We" to deal with our issues if we don't improve our skills of communication? So there are many reasons, and for all of these reasons, this is time and this is why we must talk.

Thank you for your attention.

(Applause)

Amongst all the troubling deficits/ we struggle with today --/ we think of financial and economic primarily --/ the ones/ that concern me/ most is the deficit of political dialogue --/ our ability to address modern conflicts/ as they are,/ to go to the source of what they're all/ about and to understand the key players/ and to deal with them.//

我々が今日直面している 様々な機能不全のなかで ― 財政や経済が最初に思いつきますが ― 私が一番 憂慮しているのは 政治的対話の欠乏です 我々が 近年の紛争において 状況を把握し その根本原因を探り 中心人物を理解し 彼らと交渉をする能力です

We/ who are diplomats,/ we are trained to deal/ with conflicts/ between states and issues/ between states.//

我々外交官は 国家間の紛争や問題に対処するよう 訓練されています

And I can tell you,/ our agenda is full.//

そして 仕事は山積みと言えます

There is trade,/ there is disarmament,/ there is cross-border relations.//

貿易や軍縮の 国境を越えた問題などに 対処しなければなりません

But the picture is changing,/ and we are seeing/ that there are new key players/ coming onto the scene.//

しかし状況は変わりつつあり 近年 新しい中心人物達が 登場してきました

We loosely call them "groups."//

我々は彼らをおおまかに「集団」と呼んでいます

彼らは それぞれ社会、宗教 政治、経済、軍事 などの 利害関係を代表していて

And we struggle with how to deal with them.//

我々は彼らの対処に苦慮しています

The rules of engagement:/ how to talk,/ when to talk,/ and how to deal with them.//

関与をする際の原則とは いつ どのように対話を行い どのように取引をするかです

Let me/ show you/ a slide here/ which illustrates the character of conflicts/ since 1946/ until today.//

こちらのスライドをご覧下さい これは 1946年から今日までの 紛争の特徴を表しています

You see/ the green is a traditional interstate conflict,/ the ones/ we used to read about.//

緑色の部分は 従来から我々に馴染み深い 国家間の紛争を表しています

赤色の部分は近代の紛争で 国内紛争を表しています

These are quite different,/ and they are outside the grasp of modern diplomacy.//

従来の紛争とはかなり異なっていて 近代の外交政策の 範疇を超えているものです

And the core of these key actors are groups/ who represent different interests/ inside countries.//

そしてこれらの紛争の 中心的役割を果たしているのが これらの国々の中にある 様々な利害を代表する集団なのです

And the way/ they deal with their conflicts rapidly spreads to other countries.//

彼らの行動いかんでは 紛争が他国にも急速に広まります

So/ in a way,/ it is everybody's business.//

いうなればこれは 我々全員に かかわる問題なのです

Another acknowledgment/ we've seen during these years,/ recent years,/ is/ that very few of these domestic interstate,/ intrastate conflicts can be solved militarily.//

また 近年 我々が遭遇している もう一つの認識は 内戦および国家間の紛争のうち 武力によって解決されたものは 最近ではほとんどないということです

They may have to be dealt with with military means,/ but they can not be solved by military means.//

軍事的手段に頼る必要はあるかもしれませんが 軍事的手段では解決できないのです

They need political solutions.//

政治的な解決が必要となります

And we,/ therefore,/ have a problem,/ because they escape traditional diplomacy.//

ですから問題は これらの集団が従来の外交の 枠外にもれているということです

And we have among states/ a reluctance/ in dealing with them.//

そして 多くの国は このような問題に対処することに消極的です

Plus,/ during the last decade,/ we've been in the mode/ where dealing with groups was conceptually and politically dangerous.//

その上 我々は 過去10年間 そうした集団と交渉をすることは 通念的 政治的に 危険であると考えてきました

After 9/11,/ either you were with us/ or/ against us.//

9・11テロが起きた後は 世界は敵と味方に二分されました

It was black or white.//

白か黒かに決め付けられ

And groups are very often immediately label terrorists.//

こうした集団は しばしば 即座に テロリストというレッテルが貼られました

And who would talk to terrorists?//

そうなったら誰がテロリストと対話するでしょうか?

The West,/ as I would see it,/ comes out of that decade weakened,/ because we didn't understand the group.//

欧米諸国は この10年で弱体化したと 私は考えています こうした集団を理解できなかったからです

So we've spent more time/ on focusing on why we should not talk to others/ than finding out/ how we talk to others.//

我々は 対話の方法を探るかわりに なぜ彼らと話をすべきではないのか 言い訳することに 歳月を費やしてしまいました

Now/ I'm not naive.//

私は世間知らずではありません

You can not talk to everybody/ all the time.//

いつでも誰とでも対話できるわけはなく

And there are times/ you should walk.//

席を立つべき時もあります

And sometimes/ military intervention is necessary.//

軍事介入が必要な場合もあります

I happen to believe/ that Libya was necessary/ and/ that military intervention/ in Afghanistan was also necessary.//

リビアへの介入は必要だったと私は考えています アフガニスタンについても同様です

And my country relies on its security/ through military alliance,/ that's clear.//

我が国の安全保障が 軍事同盟に頼っていることは明白です

But still/ we have a large deficit/ in dealing with and understanding modern conflict.//

しかし それでも我々は 近代の紛争に関しての 対処と理解に大きな欠陥をかかえています

Let us/ turn to Afghanistan.//

アフガニスタンを見てみましょう

10 years/ after that military intervention,/ that country is far from secure.//

軍事介入から10年が経ちましたが かの国は安定とは程遠い状態です

The situation,/ to be honest,/ is very serious.//

率直に言って 事態は極めて深刻です

Now again,/ the military is necessary,/ but the military is no problem-solver.//

かの国で軍隊の駐留は必要ですが 軍隊だけでは問題解決しません

When I first came to Afghanistan/ in 2005/ as a foreign minister,/ I met the commander of ISAF,/ the international troops.//

2005年に外相として 初めて アフガニスタンを訪問した時 国際治安支援部隊(ISAF)の 司令官と面談をしました

And he told me/ that,/ "This can be won militarily,/ minister.//

当時の司令官は言いました 「外相 我々が辛抱強くやり遂げれば

We just have to persevere."//

軍事的勝利は可能です」

Now/ four COM ISAF's later,/ we hear a different message:/ "This can not be won militarily.//

それから4代目の司令官からは 違う言葉が聞かれました 「軍事的には勝利することはできません

We need military presence,/ but we need to move to politics.//

軍隊の駐留は必要ですが 政治的解決が必要です

We can only solve this/ through a political solution.//

政治的解決のみが 決着をつけることができるのです

And it is not us/ who will solve it;/ Afghans have to solve/ it."//

そしてこの問題を解決するのは我々ではなく アフガニスタン人です」

But then/ they need a different political process/ than the one/ they were given in 2001,2002.//

しかしそれには彼ら自身の政治制度が必要で 2001年と2002年に我々が押し付けた 政治制度ではありません

They need an inclusive process/ where the real fabric of this very complicated society can deal with their issues.//

彼ら自身の問題に対処できる 非常に複雑な社会の 中枢をなすような人たちによる 包括的プロセスが必要とされているのです

Everybody seems to agree/ with that.//

今は誰もが賛同しているようですが

It was very controversial/ to say three,four,five years ago.//

3~5年前には意見が分かれていました

今は 誰もが同意していることです

But now,/ as we prepare to talk,/ we understand how little/ we know.//

しかし いざ対話をしようとすると 我々の知識の少なさに気づきます

Because we didn't talk.//

なぜなら対話をしてこなかったために

We didn't grasp/ what was going on.//

現状を把握できていないからです

The International Committee of the Red Cross,/ the ICRC,/ is talking to everyone,/ and it is doing so/ because it is neutral.//

赤十字国際委員会 ICRCは 中立の立場を取っているため 誰とでも対話をしています

And that's one reason/ why that organization probably is the best informed key player/ to understand modern conflict --/ because they talk.//

このことが ICRCが 近年の紛争を理解するための 情報に最も通じた 重要な団体であることの 理由の一つだと思います 彼らは対話をするからです

My point is/ that you don't have to be neutral/ to talk.//

しかし 対話をする際に 中立である必要はありません

And you don't have to agree/ when you sit down/ with the other side.//

相手と同じテーブルについたとき 同意する必要はないのです

And you can always walk.//

席を立つことはいつでも可能です

But/ if you don't talk,/ you can't engage the other side.//

しかし 対話自体を行わなければ 相手側と関わることができません

And the other side/ which you're going to engage/ is the one/ with whom you profoundly disagree.//

また 対話を行おうとしている相手は あなたと完全に意見が食い違っている人たちです

Prime Minister Rabin said/ when he engaged the Oslo process,/ "You don't make peace/ with your friends,/ you make peace/ with your enemies."//

ラビン元首相は オスロ・プロセスに関わった際 「和平は友と結ぶのではない 和平とは 敵と結ぶものだ」と言いました

It's hard,/ but it is necessary.//

困難ですが 必要なことなのです

Let me go one step further.//

もう一歩踏み込んで考えてみましょう

This is Tahrir Square.//

これはタハリール広場です

There's a revolution/ going on.//

ここで革命が進行しています

The Arab Spring is heading into fall/ and is moving into winter.//

アラブの春は 秋となり 冬になりました

It will last for a long, long time.//

この運動は今後長期化するでしょう

And who knows/ what it will be called in the end.//

この革命が最終的に何と呼ばれようが

That's not the point.//

それは重要なことではありません

The point is/ that we are probably seeing,/ for the first time/ in the history of the Arab world,/ a revolution bottom-up --/ people's revolution.//

重要なことは これが我々が おそらく初めて目にする アラブ世界の歴史上初の ボトムアップの革命であり 民衆主体の革命だということです

Social groups are taking to the streets.//

社会集団は街頭でデモを繰り広げました

And we find out/ in the West/ that we know very little/ about what's happening.//

そして 欧米諸国は 何が起きているかを ほとんど把握できていないことに気づいたのです

Because we never talk to the people/ in these countries.//

こうした国の人々と 一度も対話をしてこなかったからです

Most governments followed the dictate of the authoritarian leaders/ to stay away/ from these different groups,/ because they were terrorists.//

ほとんどの政府は 彼らがテロリストであるという 独裁主義的なリーダー達の言い分に従って これらの集団と距離を置いていました

So now/ that they are emerging in the street/ and we salute the democratic revolution,/ we find out/ how little/ we know.//

しかし エジプト市民が街につめかけ 民主主義革命に喝采を送った我々は ほとんど何も知らないことに気づいたのです

Right now,/ the discussion goes,/ "Should we talk to the Muslim Brotherhood?//

現在も 議論は続いています 「我々は ムスリム同胞団と対話すべきか?

Should we talk to Hamas?//

ハマスと対話すべきか?

If we talk to them,/ we may legitimize them."//

対話を行ったら 彼らを 認めることになるのではないか」

I think/ that is wrong.//

私はこれは誤りだと思います

If you talk in the right way,/ you make it very clear/ that talking is not agreeing.//

正しい方法で対話を行えば 対話と合意は違うことを明確にできます

And how can/ we tell the Muslim Brotherhood,/ as we should,/ that they must respect minority rights,/ if we don't accept majority rights?//

そしてなにより 我々が 多数派の権利を尊重しないとしたら ムスリム同胞団に 少数派の権利を尊重すべきであるなどと どうして言うことができるでしょうか?

Because they may turn out/ to be a majority.//

なぜなら彼らは今や多数派かもしれないのです

How can/ we escape [ having ]/ a double-standard,/ if we/ at the same time/ preach democracy/ and at the same time don't want to deal/ with the groups/ that are representative?//

我々が もし民主主義を説く一方で 彼らを代表する集団と 交渉しないのであれば ダブルスタンダードと言われても当然です

How will we ever be interlocutors?//

これで我々を折衝者といえるでしょうか?

Now/ my diplomats are instructed to talk/ to all these groups.//

現在 我が国の外交官は こうしたすべての 集団と対話するよう指示されています

But talking can be done in different ways.//

対話には様々なやり方があります

We make a distinction/ between talking from a diplomatic level/ and talking at the political level.//

我々は 外交レベルでの対話と 政治レベルでの対話を区別しています

Now talking/ can be accompanied with aid or not with aid.//

援助を伴うものと伴わない対話があり

Talking can be accompanied with inclusion/ or not inclusion.//

包括的なものと包括的でない対話があります

There's a big array of the ways of dealing with this.//

こうしたことに対処するための方法は 実にたくさんあるのです

So/ if we refuse to talk/ to these new groups/ that are going to be dominating the news/ in years/ to come,/ we will further radicalization,/ I believe.//

もし我々が こうした新しい集団 ― 今後ニュースの中心となるような集団との 対話を拒んだとしたらどうなるでしょう 急進化をさらに促すと 私は考えています

We will make the road/ from violent activities/ into politics harder/ to travel.//

暴力的な活動を政治に導くための道を より困難なものにしてしまいます

And/ if we can not demonstrate to these groups/ that if you move towards democracy,/ if you move towards taking part/ in civilized and normal standards/ among states,/ there are some rewards/ on the other side.//

もし我々がこうした集団に対して 民主主義に移行して 国家間の正常で文明化された関係の 一端を担うようになれば 利益があるのだと 示すことができなければ どうなるでしょう?

The paradox here is/ that the last decade probably was a lost decade/ for making progress/ on this.//

ここにおけるパラドックスは 過去10年は おそらく外交政策における 失われた10年だったということです

And the paradox is/ that the decade/ before the last decade was so promising --/ and for one reason primarily.//

なぜパラドックスかというと その前の10年は実りが多く それも一つの出来事が寄与しています

And the reason is/ what happened in South Africa:/ Nelson Mandela.//

それは南アフリカのネルソン・マンデラ氏が 成し遂げたことが理由でした

When Mandela came out of prison/ after 27 years of captivity,/ if he had told his people,/ "It's time/ to take up/ the arms,/ it's time/ to fight,/"/ he would have been followed.//

彼が27年間の獄中生活から 解放された時 彼が民衆に対して 「今こそ武器を取れ 戦いの時がきた」と説いても 民衆は彼を支持したでしょう

And I think/ the international community would have said,/ "Fair enough.//

そして国際社会もまた 彼らには戦う権利があると

It's their right/ to fight."//

考えたでしょう

Now/ as you know,/ Mandela didn't do that.//

しかしご存知の通り 彼はそうしませんでした

In his memoirs,/ "Long Road/ to Freedom,/"/ he wrote/ that he survived during those years of captivity/ because he always decided to look/ upon his oppressor/ as also/ being a human being,/ also/ being a human being.//

彼の自伝 『自由への長い道』によると 彼がその長い獄中生活を 耐え抜くことができたのは 常にこう考えることを 自分に課していたからでした 「抑圧者もまた同じ人間である」と

So he engaged a political process of dialogue, not as a strategy of the weak,/ but as a strategy of the strong.//

彼は政治的なプロセスとしての対話を 弱者の戦略としてではなく 強者の戦略として用いました

And he engaged talking/ profoundly/ by settling some of the most tricky issues/ through a truth and reconciliation process/ where people came/ and talked.//

彼は人々が集まって対話をする 真実と和解のプロセスを通して いくつかの非常に難しい問題を解決し 積極的に対話を行いました

Now/ South African friends will know/ that was very painful.//

南アフリカの人々はそれが非常に辛い 過程であったことを知るでしょう

So/ what can we learn from all of this?//

ここから我々が学ぶことは

Dialogue is not easy --/ not between individuals, not between groups, not between governments --/ but it is very necessary.//

対話を行うことは 容易ではない 個人、集団、政府間の いずれにおいても容易ではない しかし 対話は絶対に必要だ ということです

If we're going to deal/ with political conflict-solving of conflicts,/ if we're going to understand/ these new groups/ which are coming from bottom-up,/ supported by technology,/ which is available/ to all,/ we diplomats/ can not be sitting back/ in the banquets/ believing/ that we are doing interstate relations.//

もし 我々が紛争の政治的解決に取り組み 全ての人が利用可能な テクノロジーに後押しされて 大衆の中から生まれた新しい集団を 理解するように努めるのであれば 我々外交官は晩餐会で座りながら 国際関係を構築していると うぬぼれている場合ではありません

We have to connect/ with these profound changes.//

外交官である我々は こうした意義深い変化に関与すべきなのです

And what is dialogue really about?//

そして対話とは つまるところ何でしょうか

When I enter into dialogue,/ I really hope/ that the other side would pick up/ my points of view,/ that I would impress upon them/ my opinions and my values.//

私は対談に臨む際 相手側が私の主張を理解してくれることを 本心から望んでいます その際私は 自分の意見と価値観を 印象付けるように心がけています

I can not do that/ unless I send the signals/ that I will be open/ to listen to the other side's signals.//

これをするためには 心を開き 相手の意図を聞いている という態度を示さなければなりません

We need a lot/ more training/ on how to do that/ and a lot/ more practice/ on how/ that can take problem-solving forward.//

こうしたことを実践するには たくさんの訓練が必要で 対話によって問題解決を 前進させる練習が必要です

We know from our personal experiences/ that it's easy sometimes just/ to walk,/ and sometimes/ you may need to fight.//

自分の個人的な体験から 時には ただ席を立つほうが 容易な場合があることはわかっています また 時には争う必要もあるでしょう

And I wouldn't say/ that is the wrong thing/ in all circumstances.//

すべての状況において これが悪いとは言えません

Sometimes/ you have to.//

時には他に方法がないこともあるでしょう

But that strategy seldom takes you very far.//

しかし こうした戦略では 進展を見ることは難しいのです

The alternative is a strategy of engagement and principled dialogue.//

ですから 関与するための戦略と 原則に基づいた対話が功を奏するのです

And I believe/ we need to strengthen/ this approach/ in modern diplomacy,/ not only/ between states,/ but also/ within states.//

私は現代の外交において この手法を 強化させる必要があると考えています 国家間の対話だけでなく 国内の対話においてもです

We are seeing some new signs.//

新しい兆しも見えてきています

We could never have done the convention/ against anti-personnel landmines/ and the convention/ that is banning cluster munitions/ unless we had done diplomacy differently,/ by engaging with civil society.//

対人地雷禁止条約および クラスター爆弾禁止条約は 市民団体を関与させるという 従来の外交政策からの転換がなければ なしえなかったことでしょう

All of a sudden,/ NGOs were not only standing in the streets,/ crying their slogans,/ but they were taking [ them ]/ into the negotiations,/ partly/ because they represented the victims of these weapons.//

ある日突然 NGOは街頭でスローガンを叫ぶだけでなく 交渉の場に参加するようになりました 彼らがこうした武器の犠牲者を 代表していたことが理由の一つです

And they brought their knowledge.//

そして彼らの知識が役立ちました

And there was an interaction/ between diplomacy/ and the power/ coming bottom-up.//

ここに 外交と 民衆からくる力の 交流が生まれたのです

This is perhaps a first element of a change.//

これは おそらく変革の 最初の兆候です

In the future,/ I believe,/ we should draw examples/ from these different illustrations,/ not to have diplomacy/ which is disconnected from people and civil society.//

将来 私たちは 人々や市民団体から断絶した 外交政策ではなく こうした成功例を参考にする必要があります

And we have to go also/ beyond traditional diplomacy/ to the survival issue of our times,/ climate change.//

また 既存の外交政策の枠組みを超え 現代の我々にとっての死活問題である 気候変動についても 取り組まなければなりません

How are we/ going to solve climate change/ through negotiations,/ unless we are able to make civil society and people, not part of the problem,/ but part of the solution?//

人々や市民団体を 問題の一部としてではなく 解決策の一部として 取り込むことができなければ 交渉によって気候変動問題を 解決することはできないでしょう

It is going to demand/ an inclusive process of diplomacy very different/ from the one/ we are practicing today/ as we are heading to new rounds of difficult climate negotiations,/ but when we move toward something/ which has to be much more/ along a broad mobilization.//

従来の外交プロセスとは違う 包括的なアプローチが必要とされているのです 気候変動の交渉で 難しい局面に立っている今 より多くの人を動員ができるような 方法にむけて 動き出さなければならないのです

It's crucial/ to understand,/ I believe,/ because of technology and because of globalization,/ societies/ from bottom-up.//

これは絶対に理解しなければ ならないことだと思います テクノロジーとグローバル化によって 社会は民衆から変わっていくからです

We/ as diplomats need to know/ the social capital of communities.//

我々外交官は コミュニティの社会資本を 知っておく必要があります

What is it/ that makes people trust/ each other,/ not only/ between states,/ but also/ within states?//

国家間においてだけでなく国内においても 人々をお互いに信用させるものは 何なのでしょうか?

What is the legitimacy of diplomacy,/ of the the solution/ we devise as diplomats/ if they can not be reflected/ and understood by also/ these broader forces of societies/ that we now very loosely call groups?//

外交における正当性とは何でしょう? 地域において広域の力を持つ 我々があいまいに集団と呼んでいる 彼らのことを理解し 外交に反映することができないならば 我々外交官が生み出す 問題解決の正当性は何でしょう?

The good thing is/ that we are not powerless.//

幸い 我々は無力ではありません

We have never had as many means of communication,/ means of being connected,/ means of reaching out,/ means of including.//

歴史上 かつてこれほどたくさんの コニュニケーション手段を 手にしたことはありませんでした つながるための 連絡するための 連携するための手段があります

The diplomatic toolbox is actually full of different tools/ we can use to strengthen our communication.//

コニュニケーションを強化するために 使用できる 外交のための道具箱には 実際たくさんの道具が揃っているのです

But the problem is/ that we are coming out of a decade/ where we had a fear of touching it.//

ただ この10年間 こうした手法を 恐れて使用しなかっただけなのです

Now,/ I hope,/ in the coming years,/ that we are/ able to demonstrate through some concrete examples/ that fear is receding/ and/ that we can take courage/ from that alliance/ with civil society/ in different countries/ to support their problem-solving,/ among the Afghans,/ inside the Palestinian population,/ between the peoples of Palestine and Israel.//

私は きたるべき数年間で いくつかの確固とした例を示すことで 恐れを薄れさせ 勇気を持って 様々な国の市民団体と 連携をとりあい 彼らの問題を解決する 手助けができると考えています アフガニスタン市民の間 パレスチナ市民の間 パレスチナとイスラエル問題もです

And/ as we try to understand/ this broad movement/ across the Arab world,/ we are not powerless.//

そして我々が アラブ世界全体にわたる 広範な運動を理解するにあたり 我々は無力ではありません

We need to improve/ the necessary skills,/ and we need the courage/ to use them.//

ただ必要なスキルを向上させ それを使う勇気を持つことが必要なのです

In my country,/ I have seen/ how the council of Islamist groups/ and Christian groups came together, not as a government initiative,/ but they came together/ on their own initiative/ to establish contact and dialogue/ in times/ where things were pretty low-key tension.//

我が国では イスラム教とキリスト教の グループの代表が 政府の主導ではなく 自分達が主体となって集まり 風通しを良くして 対話を行なっています 緊張感が低い時にそれを行っていれば

And when tension increased,/ they already had/ that dialogue,/ and that was a strength/ to deal with different issues.//

緊張が高まった時には 彼らはすでに対話を行っており それが 様々な問題を対処する上での 力となるのです

Our modern Western societies are more complex/ than before,/ in this time of migration.//

現在の欧米社会は 移民時代を迎え 以前より複雑さを増しています

How are we going to settle and build a bigger "We"/ to deal with our issues/ if we don't improve our skills of communication?//

コミュニケーションのスキルを 向上させなければ より大きな「私たち」を作って 我々の問題に対処することはできないのです

So there are many reasons,/ and for all of these reasons,/ this is time/ and this is/ why we must talk.//

さて たくさんの理由をあげましたが これらすべての理由によって 今こそ 我々は対話をすべきなのです

Thank you/ for your attention.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

amongst

=among

deficit

(金銭の)不足額,赤字

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

economic

『経済の』

『経済学の』

primarily

『第一に』,主として,おもに(chiefly)

最初に(originally)

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

diplomat

外交官;外交家

駆け引きのじょうずな人

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

disarmament

武装解除;軍備縮小

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

loosely

緩く,だらりと

大ざっぱに,漠然と

だらしなく;不身持ちに

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

engagement

〈C〉『約束』,契約,取り決め;(会合などの)約束,予約《+『for』+『名』》;(人との)約束《+『with』+『名』》

〈C〉『婚約』;婚約期間

〈C〉雇用;雇用期間

〈C〉会戦,交戦

《複数形で》債務,負債

〈U〉〈C〉(歯車などの)かみ合わせ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

interstate

二つ以上の州の間の,二つ以上の州を結ぶ

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

grasp

…‘を'『しっかり握る』,『ぎゅっとつかむ』

…‘を'『理解する』,把握する

(…を)捕まえ(捕らえ)ようとする《+『at』(『for』)+『名』》

《通例a~》(手などでしっかり)『捕まえること』,『つかむこと』

『理解』[『力』],知的把握[力]

diplomacy

外交

外交的手腕,人扱いの手腕,駆け引き

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

actor

(男の)『俳優』,『男優』

行為者

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

rapidly

『速く』,『すみやかに』

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

domestic

『家庭の』,家庭生活の,家事の

『家庭的な』,家事の好きな

(動物などが)『人に飼われている』,飼いならされた

『国内の』,自国の

国産の

(通例女性の)召使い,お手伝い

intrastate

州内にある

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

reluctance

気が進まないこと,不承不承

磁気抵抗,リラクタンス

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

decade

『10年間』

mode

〈C〉(…の)『方法』,やり方,流儀《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉〈C〉(服装などの)『流行』,モード

〈C〉(動詞の)法,叙法(mood)

音階(scale)

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

weaken

;‘を'『弱くする』

;‘を'薄くする

弱くなる

<人・人の態度が>軟化する,ぐらつく

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

naive

(若き・経験不足から)〈人・言葉などが〉無邪気な,天真らんまんな,世間知らずな

人を信じやすい,だまされやすい 日本語で「繊細な」という意味で「ナイーブ」使われることがありますが、英語では「ナイーブ」にそのようなニュアンスは含まれません。

intervention

(…が)間に入ること(…の)干渉;調停,仲裁《+『of』+『名』》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

Libya

リビア(アフリカ北部の共和国;首都はTripoli)

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

rely

『あてにする』,たよる

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

alliance

〈U〉〈C〉(国家間の)同盟,協定;〈C〉同盟国

〈U〉〈C〉(個人・組織間の)協力,提携

〈U〉〈C〉(…との)縁組み,姻戚関係;交友《+『with』+『名』》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

foreign minister

外務大臣

commander

(軍隊の)『指揮官』…司令官;(探検隊などの)隊長

海軍中佐;(小型艦艇の)艦長,(大型艦の)副長

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

troop

(特に,移動中の人・野生の動物の)『群れ』,一団《+of+名》

騎兵大隊,装甲車大隊

《複数形で》『軍隊』;警官隊;武装団

ボーイ(ガール)スカウトの分隊(16‐32人で編成する)

群れをなして動く

〈軍旗〉‘を'先頭に立てて分列行進をする

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

minister

『聖職者』,牧師

(英国・欧州諸国・日本の)『大臣』

(…駐在)『公使』(大使(ambassador)の次の位で,大使が派遣されていない国において自国政府を代表する)《+『to』+『名』》

(人の)面倒を見る,(…に)尽くす,仕える《+『to』+『名』》

persevere

(…を)じっとがまんしてする,あくまでもやり抜く《『in』(『at, with』)+『名』(do『ing』)》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

Afghan

アフガニスタンの;アフガニスタン人(語)の

アフガニスタン人;〈U〉アフガニスタン語:(アフガニスタン(国・場所)を指して「アフガン」と日本語で述べる例を多々耳にしますが、国は「Afghanistan」で、「アフガン」は誤用です。「アフガン」は、「アフガニスタン人・アフガニスタンの」という意味になります)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

inclusive

『全部を含んだ』,包括的な

《数詞などの後に用いて》(勘定などに)含めて,入れて(《略》『incl.』)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

fabric

〈C〉〈U〉『織物』,編物

〈U〉織り方;織地

〈U〉構造,組織

〈U〉構造物,建造物

complicate

…'を'複雑にする

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

International

インターナショナル(19‐20世紀に結成された国際的な社会主義的労働者組織)

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

Red Cross

赤十字社

neutral

『中立の』;中立国の

『公平な』,不偏不党の

(人・物が)特色のはっきりしない;(色が)はっきりしない,くすんだ

(酸性でもアルカリ性でもない)中性の

(電気が)中性の,(物体が)帯電していない

(自動車などのギアが)ニュートラルの

(文法で)中性の

〈C〉(戦争・論争などで)中立の人;中立国民;中立国

〈C〉くすんだ色,灰色

〈U〉(自動車などのギヤの)ニュートラル(動力のかかっていない状態・位置)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

probably

『たぶん』,『おそらく』

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

profoundly

深く

十分に

心から

disagree

〈物事が〉(…と)『一致しない』,食い違う《+『with』+『名』》

〈人が〉『意見が合わない』;(…について人と)意見が合わない《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈気候・食物などが〉(人に)合わない,適しない,害を与える《+『with』+『名』》(受動態にできない)

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

Oslo

オスロー(Norwayの首都)

peace

『平和』

《しばしばP-》『講和』[『条約』]

《通例the ~》(社会の)『治安』,秩序

(場所の)静けさ,穏やかさ

(心の)静けさ,穏やかさ

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

authoritarian

権威主義の

権威主義者

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

salute

(挙手・礼砲などで)…‘に'敬礼する

《文》(身振り・言葉で)…‘に'あいさつをする;…‘を'歓迎する

敬礼する

あいさつする

挙手の礼;礼砲

あいさつ,敬礼

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

brotherhood

{U}兄弟の間がら,兄弟愛;(兄弟のような)親しい間がら

{C}組合,協会;《集合的に》同業者

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

minority

〈C〉《単数形で》(ある集団または全体を構成する,多数に対する)『少数』,(過半数に対する)半数以下

(またminority group)〈C〉(人種・宗教・政治の点で)『少数派』,少数グループ,少数民族

〈U〉未成年;未成年期

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

preach

(特に宗教的なことについて,人に)『説教する』,説く《+『to』(『at』)+『名』〈人〉+『about』(『on』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'『説教する』,伝道する;…‘を'説く

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

interlocutor

対話者,対談者

instruct

…‘に'知識(情報,技術など)を与える,教える,知らせる

〈人〉‘に'『指示する』,名令する

distinction

〈U〉〈C〉(…の間の)『区別』,差異,相違《+『between』+『名』》,(…からの)区別《+『from』+『名』》

〈U〉(区別となる)『特徴』,特異性,(特に)優秀さ

〈C〉名誉,栄誉

diplomatic

《名詞の前にのみ用いて》『外交の』,外交上の

外交的手腕のある,駆け引きのうまい

古文書学の

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

accompany

〈人など〉‘に'『同行する』,随行する,ついて行く(go with)

…‘に'『伴って起こる』;(…を)…‘に'半わせる,添える《+『名』+『with』+『名』》

〈歌・歌手〉‘の'『伴奏をする』

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

inclusion

〈U〉(…を)中に含めること,(…の)包含《+『of』+『名』》

〈C〉中に含まれた物

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

refuse

…‘を'『断る』,拒む

拒絶する,断る

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

towards

toward

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

promising

『前途有望な』,見込みのある,期待できる

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

nelson

(レスリングの)首固め

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

captivity

捕われの身,監禁

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

memoir

《複数形で》(筆者自身の)思い出の記,回顧録;自叙伝

伝記

《複数形で》(学会などの)会報,紀要

論文,研究報告

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

upon

『…の上に』

oppressor

圧制者,暴君

human being

人,人間

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

tricky

(人が)こうかつな,ずるい

(物事・仕事などが)手の込んだ;慎重を要する,扱いにくい

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

reconciliation

『和解』;甘んじること;調停;調和

South African

南アフリカの

南アフリカ共和国の

南アフリカ人

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

banquet

(公式の)『宴会』

…‘の'ために宴会を開く

宴会に列席する

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

impress

(…で)‥‘を'『感銘させる』,‘に'印象づける《+『名』+『with』+『名』》

(人,人の心・記憶に)…‘を'『銘記させる』

(…に)〈印〉‘を'つける,刻み込む《+『名』+『on』+『名』》(印などを)…‘に'つける《+『名』+『with』+『名』》

押印,刻印

影響,こん跡

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

training

『訓練』,専門教育,調教,(運動選手の)トレーニング,養成

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

seldom

『めったに』…『ない』,まれに

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

principled

「…主義の(をもった)」の意を表す

strengthen

…‘を'『強くする』,

『強くなる』,力がつく

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

convention

〈C〉(宗教上や政治上など特別の目的の)『会議』,協議会;《米》党大会(大統領候補者の指名・綱領決定などをする)

〈C〉〈U〉『因習』,慣例,しきたり

〈C〉(国家間などの)協定,申し合わせ

landmine

地雷

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

munition

軍需物資,(特に)武機弾薬

…‘に'群需品(武器弾薬)を供給する

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

slogan

『スローガン』,標語

negotiation

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》(物事についての人との)『取り決め』,『交渉』,話し合い《+『with』(『between』)+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

〈U〉(手形などの)換金,譲渡

〈U〉《話》(障害・因難などの)克服

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

illustration

〈C〉(説明などのための)『例』,実例(example)

〈U〉(実例・図版・表などによる)(…の)説明,例証《+『of』+『名』》

〈C〉『挿絵』,説明図,図版,イラスト

disconnect

〈二者〉‘の'関係を絶つ;〈電話・電源など〉‘を'切る;(…から)…‘を'分離する《+『名』+『from』+『名』》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

legitimacy

合法,適法,正当

正統,正系,嫡出(ちゃくしゅつ)

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

powerless

力の無い,無能な

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

including

…を含んで,入れて

toolbox

工具箱

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

recede

(…から)退く,遠ざかる《+『from』+『名』》

引っ込む,後方へ退く

courage

『勇気』,度胸

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

Palestine

パレスチナ(地中海東岸にあった古代イスラエルの国土でキリスト教の聖地;聖書名はCanaan;1948年にイスラエルとヨルダンに分割)

Israel

イスラエル(地中海東端にあるイスラエル共和国;首都はJerusalem)

ヤコブ(Jacob)の異名

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

council

諮問会,『協議会』,評議会・『会議』,協議

地方自治体の議会(州・市・町議会など)

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

initiative

開始,第一歩,手始め

『主導権』

独創力,創意工夫;進取の精神

(一般国民の)発議;発議権の手続き

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

low-key

(文体などが)控え目の, 地味な, = low-keyed

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

migration

〈U〉〈C〉移住,(動物の)移動

〈C〉《集合的に》(人・動物などの)移動の群

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画