TED日本語 - マイケル・ポーター: なぜビジネスが社会問題の解決に役立ちうるのか

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

社会における最大の問題に対処するのに、どうして非営利組織やNGO、政府に頼るのでしょうか?マイケル・ポーターは、ビジネス・スクールの教授として偏見はあると認めつつも、気候変動や水の供給といった大きな社会問題の解決をビジネスに任せてはどうかと提案します。なぜでしょうか?ビジネスは、問題解決をすることで利益を生み出し、その解決策をさらに展開できるからです。

Script

皆さん お気づきの通り 世界は様々な問題で あふれています 今日も昨日も そして何十年もの間 毎日のように こうしたことを耳にしてきました 深刻な問題 大きな問題 緊迫した問題 栄養失調 水の供給 気候変動や森林破壊 スキル不足 不安感 食料不足 不十分なヘルスケアや 環境汚染など 問題には事欠きません 今が これまでと違うのは 私がこれまでの人生で知りうる どんな時よりも こうした問題が 認知されていることです 私たちは 皆 よく分かっています

では なぜ これらの問題を解決するのに こんなにも 苦労しているのでしょう? 私は畑違いながらも ずっとこの疑問に 取り組んできました 私は社会問題の専門家ではなく ビジネスと向き合い ビジネスでお金儲けをする 手伝いをしてきました とんでもないことです さて なぜ私たちは これら社会問題について 多くの課題を 抱えているのでしょう? ビジネスは 何もできないんでしょうか? できるとすれば その役割は何でしょう? この問いに向き合うには 少し立ち止まって 今 直面している ― 大きな社会問題に対して 私たちがどのように 課題と解決策を 捉え 考えてきたか 見直す必要があります

多くの人は ビジネスを それ自体が社会問題 であるかのように ― 少なくとも社会問題の一つとして 捉えています ファーストフード業界 製薬業界や銀行業界を 考えてみてください ビジネスに敬意が払われない 最たる例でしょう ビジネスは 解決策ではなく 問題そのものという見方が 今は多勢です 事実 そのようなケースも 多々あります 困ったところも たくさんあり 間違ったことをして 問題を深刻化させたこともあります ですから この見方は まあ 理にかなっているでしょう

これまで私たちは 直面している ― 多くの社会問題の解決策について どのような見方を してきたのでしょう? 私たちはその解決策を NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります 確かに 驚異的な台頭を見せている NGOや社会団体は 現代の特徴的な組織形態です このユニークで 新しい組織形態が成長して 計り知れないイノベーションや 大量のエネルギー 多くの才能が 流動化され この組織を通じて あらゆる社会問題の解決に 向けられようとしています 皆さんの多くも 深く関わられていることでしょう

ビジネススクールの教授ながら 私も 実際に 4つの非営利団体を立上げています 社会問題に 関心を持つたびに 私は非営利団体を 設立してきたのです 誰もが 社会問題には このように対処すべきと 考えてきました ビジネススクールの教授でさえ そう考えていたのです

でも 振り返ってみると 私たちは 長い間 このやり方を踏襲してきました 何十年も これらの問題を認識し 長年にわたり NGOや 政府団体で活動をしてきました でも 困った現実もあります というのも 残念ながら 十分な速さで 進展が見られないのです 私たちは 勝利に 向かっていないのです これらの問題は いまだに暗い影を落とし 手に負えない状況です 私たちが 解決しているのは 小さなことなのです 漸進的な進展しかありません

これら社会問題に対処する上で 何が根本的な課題なのでしょう? 単純化して言えば 「スケール」の問題です スケールが小さいのです 私たちは前に進み 効果も出せます 結果も出せますし 事態を改善できます 役立っているし よくやっています でも スケールを 大きくできません 大きなスケールで 社会問題に影響は与えられません なぜでしょうか? リソースが足りないからです 今や これは明白な事実で ここ数十年と比べて 一層 明らかになっています つまり 今のやり方では 社会問題を大規模に解決する 資金が足りないのです 十分な税収もなければ 十分な慈善資金もなく 今のやり方では この問題に対処できないのです 私たちは この現実に 立ち向かう必要があります リソース不足は 拡大する一方で 様々な財政問題を抱えた 先進社会では リソース不足は当然のことです

これが根本的に リソースの問題だとして 社会のどこに リソースがあるのでしょうか? リソースはどうやって 作られるのでしょう? 社会的課題を解決するために 必要なリソースです その答えは明白でしょう ビジネスです 全ての富は ビジネスによって作られます ビジネスが 富を生み出すのは それがニーズと合致し 利益を生むときです そうやって 全ての富が作られています ニーズに応えて 利益を生み それが税収にもつながり 所得にもなり 慈善資金にもつながります ビジネスこそ 全てのリソースの源なのです 事実 ビジネスしか リソースは生み出せません 他の機関が リソースを使って 重要なことをしたとしても ビジネスのように リソースを作り出すことはありません ビジネスは ニーズに応えて利益を出すとき リソースを生みます 世にあるリソースは 圧倒的割合で ビジネスが 作っているのです 問題は どうやって これを利用するかです どうやって活用しますか? ビジネスが リソースを生み出すのは 利益が出るときです 利益は 売上とコストの 小さな差額です そのビジネスが どんな問題に どんな解決策を 提示しようとも同じです でも この利益こそが 魔法の薬なのです なぜか? その利益が 私たちが生み出した 解決策を 無限大にしてくれるからです 利益を生み出せれば それをもとに 10倍 100倍 100万倍 1億倍 10億倍のことが できます 解決策自体を 自立させられるのです これこそ ビジネスが利益を生み 規模を拡大するプロセスです

では これが社会問題と どう関係するんでしょう? 一つの考え方は この利益をまわして 社会問題解決に 使おうというものです 実業界は もっとお金を出し もっと責任を取るべき ― これがビジネスの世界で 行われてきたことです でも 私たちが 選んできた この道は 行き着くべきところに 導いてくれていません

さて 私は戦略論の教授として キャリアを始め 現在も 戦略論の教授です 誇りに思っています でも 同時に ここ何年も 社会問題に より力を注ぐようになりました ヘルスケアや 環境問題 経済発展 貧困緩和といった 問題に取り組み 社会分野での 活動が増えています 次第に 私は 私や私の人生に 大きな影響を与えたことに 気付き始めました

経済学や経営学における 従来の通説では 社会的成果と経済的成果は トレードオフの関係に あるとされます つまり これまでの通説では ビジネスは 社会問題を引き起こすことで 利益を生む とされるわけです その典型例が 環境汚染です ビジネスをする上では 環境汚染していた方が 環境汚染を減らす努力をするより お金は儲かります 汚染を減らすには お金もかかります ですから ビジネスでは そんなことしたくない訳です 危険な労働環境の方が 利益が上がります 安全な労働環境を作るのは お金がかかりすぎます 安全な労働環境でない方が ビジネスでは よりお金を生めるのです これが 今までの 通説だったのです 多くの企業が この通説通りに なり下がっていました 企業は 環境改善も 労働環境改善も 渋りました その考え方が 結局のところ 私たちが批判するようになり 私自身も批判するようになった ― ビジネス活動の所以なのです

でも こうした社会問題に 次から次に 深く関わるようになり いくつか 個人的にも 私の非営利団体を通じて 問題に取り組むように なるにつれ 事実は逆ではないかと 思うようになりました ビジネスは 社会問題を引き起こす ことで 利益を生みません 根本的な意味で 違うのです とても単純なことです こうした問題に より深く関わるにつれ より理解することに なるでしょうが 実際のところ ビジネスは 社会問題の解決によって 利益を得るのです そこに 真の利益があるのです 環境汚染で 考えてみましょう 今 分かっているのは 汚染や排ガスを 減らすことで 利益が上がるということです お金も節約できます より生産的・効率的な 経営が行え リソースも 無駄にしません より安全な労働環境なら 事故を減らすことができ 利益も増やせます 事故が少ないことは よい生産工程の証だからです 事故が起こると かえってお金もかかります どの問題からも 見えてくるのは 根本的な意味において 社会的発展と 経済性との間で トレードオフなんて ないということです 健康の問題もあります 実際のところ 従業員の健康は ビジネスにおいて 重要なことなのです 健康であってこそ 従業員は より生産的に働けて 欠勤もなくなるからです より進んだ 新しい研究 新しい考え方によれば ビジネスと社会問題との間には 実は ― 根本的で深い相互作用が あるとされています 超短期的視点で見なければ 特にそうなります 目先のことにとらわれると 時に 誤った考え方をして ビジネスと 社会問題解決は 根本的に相容れないと考えがちです でも 長い目で見れば 最終的にはビジネスと 社会問題解決の両立は 可能だと分かってきました

どうやったら 私たちは ビジネスの力を使って 私たちが直面している 根本的課題に 対処できるでしょうか? ビジネスを活用できれば 大規模な展開が可能になります この甚大なリソースや 組織能力を 活用できるのです

実は これは もう始まっています 皆さんのように これらの問題について 何年も 何十年も 取り組んできた人の お蔭でもあります ダウ・ケミカル社などは トランス脂肪や飽和脂肪を 革命的な新製品に置き換える 革新を進めています これは ジェイン灌漑システム社の例です 点滴灌漑技術を 何千 何百万もの農家に提供し 水の使用量を 大幅に減らしました さらに ブラジルの製紙メーカー フィブリア社などは 原生林の破壊を 食い止める方法を考え ユーカリ植林により 1ヘクタールあたりの パルプ生産量を上げて 古くからある木々を 切り倒すことなく より多くの紙が 作れるようにしました シスコ社などは 400万人以上に ITスキルの訓練をしてきました もちろん 業務のためですが この訓練によって IT技術が広まり 産業全体も成長しています 今 ビジネスには これら社会問題に 影響を与え 取り組みをする 大きな機会があります そして この機会は 最大のビジネス・チャンスです

どうすれば ビジネスを この共通価値の創造に 向かわせられるでしょうか? 私が「共通価値」と 呼ぶのは ビジネスモデルを使い 社会問題に取り組むことです これが共通価値の創造です 共通価値は 資本主義ですが より高度な資本主義です それは 資本主義があるべき 究極的な姿であって 社会の重要なニーズに 応えるものです 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません 共通価値が生まれるのは 私たちが 社会的価値と経済的価値を 同時に創造することです つまり これらの機会を捉えて 私たちが持つ 最大限の可能性を引き出し 実際にこれらの社会問題に 取り組むのです 大きなスケールで できるからです 共通価値の創造は 様々なレベルで取り組めます 本当です 実際に起こっているんです

でも この解決策を うまく機能させるには ビジネスのあり方を 変えなくてはいけません 幸運にも これはすでに進行中です ビジネスが これまでとらわれてきた 社会通念とは 社会問題なんか 関係ないとか 本質的なことじゃないとか 他の人がすることだとか いったものです 今 企業は 共通価値を取り入れるように なってきています でも 私たちが 同時に理解すべきは ビジネスだけで取り組むよりは NGOや政府と連携する方が より効果的だということです 際立って変化を起こしている 新しいNGOは こうしたパートナーシップを見つけ 連携する道を 見つけています 政府で 一番成果を上げているのも ビジネスで 共通価値を 実現する道を見つけた政府で 政府だけで全てを決めるところ ではありません 政府は 様々な方法で 企業のやる気や能力を高めて 競争を促進することができます

もし ビジネスの役割を 再定義して その新しい考え方を 世の中に広げることができれば 世界を変えられるのです 私はこの兆しを目の当たりにし 知っています 実感しています 若者は ― ハーバード・ビジネス・スクールの 私の学生は理解してきています もし この種の分断や 不安 緊張を取り払い 社会問題を解決するには 根本的な連携が必要という認識を 醸成できるのであれば 私たちは この状況を打破し 最終的には 解決ができると 思います

ありがとうございました

(拍手)

I think we're all aware that the world today is full of problems. We've been hearing them today and yesterday and every day for decades. Serious problems, big problems, pressing problems. Poor nutrition, access to water, climate change, deforestation, lack of skills, insecurity, not enough food, not enough healthcare, pollution. There's problem after problem, and I think what really separates this time from any time I can remember in my brief time on Earth is the awareness of these problems. We're all very aware.

Why are we having so much trouble dealing with these problems? That's the question I've been struggling with, coming from my very different perspective. I'm not a social problem guy. I'm a guy that works with business, helps business make money. God forbid. So why are we having so many problems with these social problems, and really is there any role for business, and if so, what is that role? I think that in order to address that question, we have to step back and think about how we've understood and pondered both the problems and the solutions to these great social challenges that we face.

Now, I think many have seen business as the problem, or at least one of the problems, in many of the social challenges we face. You know, think of the fast food industry, the drug industry, the banking industry. You know, this is a low point in the respect for business. Business is not seen as the solution. It's seen as the problem now, for most people. And rightly so, in many cases. There's a lot of bad actors out there that have done the wrong thing, that actually have made the problem worse. So this perspective is perhaps justified.

How have we tended to see the solutions to these social problems, these many issues that we face in society? Well, we've tended to see the solutions in terms of NGOs, in terms of government, in terms of philanthropy. Indeed, the kind of unique organizational entity of this age is this tremendous rise of NGOs and social organizations. This is a unique, new organizational form that we've seen grown up. Enormous innovation, enormous energy, enormous talent now has been mobilized through this structure to try to deal with all of these challenges. And many of us here are deeply involved in that.

I'm a business school professor, but I've actually founded, I think, now,four nonprofits. Whenever I got interested and became aware of a societal problem, that was what I did, form a nonprofit. That was the way we've thought about how to deal with these issues. Even a business school professor has thought about it that way.

But I think at this moment, we've been at this for quite a while. We've been aware of these problems for decades. We have decades of experience with our NGOs and with our government entities, and there's an awkward reality. The awkward reality is we're not making fast enough progress. We're not winning. These problems still seem very daunting and very intractable, and any solutions we're achieving are small solutions. We're making incremental progress.

What's the fundamental problem we have in dealing with these social problems? If we cut all the complexity away, we have the problem of scale. We can't scale. We can make progress. We can show benefits. We can show results. We can make things better. We're helping. We're doing better. We're doing good. We can't scale. We can't make a large-scale impact on these problems. Why is that? Because we don't have the resources. And that's really clear now. And that's clearer now than it's been for decades. There's simply not enough money to deal with any of these problems at scale using the current model. There's not enough tax revenue, there's not enough philanthropic donations, to deal with these problems the way we're dealing with them now. We've got to confront that reality. And the scarcity of resources for dealing with these problems is only growing, certainly in the advanced world today, with all the fiscal problems we face.

So if it's fundamentally a resource problem, where are the resources in society? How are those resources really created, the resources we're going to need to deal with all these societal challenges? Well there, I think the answer is very clear: They're in business. All wealth is actually created by business. Business creates wealth when it meets needs at a profit. That's how all wealth is created. It's meeting needs at a profit that leads to taxes and that leads to incomes and that leads to charitable donations. That's where all the resources come from. Only business can actually create resources. Other institutions can utilize them to do important work, but only business can create them. And business creates them when it's able to meet a need at a profit. The resources are overwhelmingly generated by business. The question then is, how do we tap into this? How do we tap into this? Business generates those resources when it makes a profit. That profit is that small difference between the price and the cost it takes to produce whatever solution business has created to whatever problem they're trying to solve. But that profit is the magic. Why? Because that profit allows whatever solution we've created to be infinitely scalable. Because if we can make a profit, we can do it for 10,100, a million,100 million, a billion. The solution becomes self-sustaining. That's what business does when it makes a profit.

Now what does this all have to do with social problems? Well,one line of thinking is, let's take this profit and redeploy it into social problems. Business should give more. Business should be more responsible. And that's been the path that we've been on in business. But again, this path that we've been on is not getting us where we need to go.

Now, I started out as a strategy professor, and I'm still a strategy professor. I'm proud of that. But I've also, over the years, worked more and more on social issues. I've worked on healthcare, the environment, economic development, reducing poverty, and as I worked more and more in the social field, I started seeing something that had a profound impact on me and my whole life, in a way.

The conventional wisdom in economics and the view in business has historically been that actually, there's a tradeoff between social performance and economic performance. The conventional wisdom has been that business actually makes a profit by causing a social problem. The classic example is pollution. If business pollutes, it makes more money than if it tried to reduce that pollution. Reducing pollution is expensive, therefore businesses don't want to do it. It's profitable to have an unsafe working environment. It's too expensive to have a safe working environment, therefore business makes more money if they don't have a safe working environment. That's been the conventional wisdom. A lot of companies have fallen into that conventional wisdom. They resisted environmental improvement. They resisted workplace improvement. That thinking has led to, I think, much of the behavior that we have come to criticize in business, that I come to criticize in business.

But the more deeply I got into all these social issues,one after another, and actually, the more I tried to address them myself, personally, in a few cases, through nonprofits that I was involved with, the more I found actually that the reality is the opposite. Business does not profit from causing social problems, actually not in any fundamental sense. That's a very simplistic view. The deeper we get into these issues, the more we start to understand that actually business profits from solving from social problems. That's where the real profit comes. Let's take pollution. We've learned today that actually reducing pollution and emissions is generating profit. It saves money. It makes the business more productive and efficient. It doesn't waste resources. Having a safer working environment actually, and avoiding accidents, it makes the business more profitable, because it's a sign of good processes. Accidents are expensive and costly. Issue by issue by issue, we start to learn that actually there's no trade-off between social progress and economic efficiency in any fundamental sense. Another issue is health. I mean, what we've found is actually health of employees is something that business should treasure, because that health allows those employees to be more productive and come to work and not be absent. The deeper work, the new work, the new thinking on the interface between business and social problems is actually showing that there's a fundamental, deep synergy, particularly if you're not thinking in the very short run. In the very short run, you can sometimes fool yourself into thinking that there's fundamentally opposing goals, but in the long run, ultimately, we're learning in field after field that this is simply not true.

So how could we tap into the power of business to address the fundamental problems that we face? Imagine if we could do that, because if we could do it, we could scale. We could tap into this enormous resource pool and this organizational capacity.

And guess what? That's happening now, finally, partly because of people like you who have raised these issues now for year after year and decade after decade. We see organizations like Dow Chemical leading the revolution away from trans fat and saturated fat with innovative new products. This is an example of Jain Irrigation. This is a company that's brought drip irrigation technology to thousands and millions of farmers, reducing substantially the use of water. We see companies like the Brazilian forestry company Fibria that's figured out how to avoid tearing down old growth forest and using eucalyptus and getting much more yield per hectare of pulp and making much more paper than you could make by cutting down those old trees. You see companies like Cisco that are training so far four million people in I.T. skills to actually, yes, be responsible, but help expand the opportunity to disseminate I.T. technology and grow the whole business. There's a fundamental opportunity for business today to impact and address these social problems, and this opportunity is the largest business opportunity we see in business.

And the question is, how can we get business thinking to adapt this issue of shared value? This is what I call shared value: addressing a social issue with a business model. That's shared value. Shared value is capitalism, but it's a higher kind of capitalism. It's capitalism as it was ultimately meant to be, meeting important needs, not incrementally competing for trivial differences in product attributes and market share. Shared value is when we can create social value and economic value simultaneously. It's finding those opportunities that will unleash the greatest possibility we have to actually address these social problems because we can scale. We can address shared value at multiple levels. It's real. It's happening.

But in order to get this solution working, we have to now change how business sees itself, and this is thankfully underway. Businesses got trapped into the conventional wisdom that they shouldn't worry about social problems, that this was sort of something on the side, that somebody else was doing it. We're now seeing companies embrace this idea. But we also have to recognize business is not going to do this as effectively as if we have NGOs and government working in partnership with business. The new NGOs that are really moving the needle are the ones that have found these partnerships, that have found these ways to collaborate. The governments that are making the most progress are the governments that have found ways to enable shared value in business rather than see government as the only player that has to call the shots. And government has many ways in which it could impact the willingness and the ability of companies to compete in this way.

I think if we can get business seeing itself differently, and if we can get others seeing business differently, we can change the world. I know it. I'm seeing it. I'm feeling it. Young people, I think, my Harvard Business School students, are getting it. If we can break down this sort of divide, this unease, this tension, this sense that we're not fundamentally collaborating here in driving these social problems, we can break this down, and we finally, I think, can have solutions.

Thank you.

(Applause)

I think/ we're all aware/ that the world/ today is full of problems.//

皆さん お気づきの通り 世界は様々な問題で あふれています

We've been hearing them/ today and yesterday and every day/ for decades.//

今日も昨日も そして何十年もの間 毎日のように こうしたことを耳にしてきました

深刻な問題 大きな問題 緊迫した問題

Poor nutrition,/ access/ to water,/ climate change,/ deforestation,/ lack of skills,/ insecurity, not enough food, not enough healthcare,/ pollution.//

栄養失調 水の供給 気候変動や森林破壊 スキル不足 不安感 食料不足 不十分なヘルスケアや 環境汚染など

There's problem/ after problem,/ and I think/ what really separates this time/ from any time/ I can remember in my brief time/ on Earth is the awareness of these problems.//

問題には事欠きません 今が これまでと違うのは 私がこれまでの人生で知りうる どんな時よりも こうした問題が 認知されていることです

We're all very aware.//

私たちは 皆 よく分かっています

Why are we having so much trouble/ dealing with these problems?//

では なぜ これらの問題を解決するのに こんなにも 苦労しているのでしょう?

That's the question/ I've been struggling with,/ coming from my very different perspective.//

私は畑違いながらも ずっとこの疑問に 取り組んできました

I'm not a social problem guy.//

私は社会問題の専門家ではなく

I'm a guy/ that works with business,/ helps business make money.//

ビジネスと向き合い ビジネスでお金儲けをする 手伝いをしてきました

とんでもないことです

So/ why are we/ having so many problems/ with these social problems,/ and really is there/ any role/ for business,/ and/ if so,/ what is that role?//

さて なぜ私たちは これら社会問題について 多くの課題を 抱えているのでしょう? ビジネスは 何もできないんでしょうか? できるとすれば その役割は何でしょう?

I think/ that in order to address that question,/ we have to step back/ and think about how we've understood and pondered/ both the problems/ and the solutions/ to these great social challenges/ that we face.//

この問いに向き合うには 少し立ち止まって 今 直面している ― 大きな社会問題に対して 私たちがどのように 課題と解決策を 捉え 考えてきたか 見直す必要があります

Now,/ I think/ many have seen business/ as the problem,/ or at least one of the problems,/ in many of the social challenges/ we face.//

多くの人は ビジネスを それ自体が社会問題 であるかのように ― 少なくとも社会問題の一つとして 捉えています

You know,/ think of the fast food industry,/ the drug industry,/ the banking industry.//

ファーストフード業界 製薬業界や銀行業界を 考えてみてください

You know,/ this is a low point/ in the respect/ for business.//

ビジネスに敬意が払われない 最たる例でしょう

Business is not seen as the solution.//

ビジネスは 解決策ではなく

It's seen as the problem now,/ for most people.//

問題そのものという見方が 今は多勢です

And rightly so,/ in many cases.//

事実 そのようなケースも 多々あります

There's a lot of bad actors/ out there/ that have done the wrong thing,/ that actually have made/ the problem worse.//

困ったところも たくさんあり 間違ったことをして 問題を深刻化させたこともあります

ですから この見方は まあ 理にかなっているでしょう

How have we tended to see/ the solutions/ to these social problems,/ these many issues/ that we face in society?//

これまで私たちは 直面している ― 多くの社会問題の解決策について どのような見方を してきたのでしょう?

Well,/ we've tended to see/ the solutions/ in terms of NGOs,/ in terms of government,/ in terms of philanthropy.//

私たちはその解決策を NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります NGOや政府 慈善団体といった 組織に求める傾向にあります

Indeed,/ the kind of unique organizational entity of this age is this tremendous rise of NGOs and social organizations.//

確かに 驚異的な台頭を見せている NGOや社会団体は 現代の特徴的な組織形態です

This is a unique, new organizational form/ that we've seen grown up.//

このユニークで 新しい組織形態が成長して

Enormous innovation,/ enormous energy,/ enormous talent now has been mobilized through this structure/ to try to deal/ with all of these challenges.//

計り知れないイノベーションや 大量のエネルギー 多くの才能が 流動化され この組織を通じて あらゆる社会問題の解決に 向けられようとしています

And many of us here are deeply involved in that.//

皆さんの多くも 深く関わられていることでしょう

I'm a business school professor,/ but I've actually founded,/ I think,/ now,/four nonprofits.//

ビジネススクールの教授ながら 私も 実際に 4つの非営利団体を立上げています

Whenever I got interested/ and became aware of a societal problem,/ that was/ what I did,/ form a nonprofit.//

社会問題に 関心を持つたびに 私は非営利団体を 設立してきたのです

That was the way/ we've thought about how to deal with these issues.//

誰もが 社会問題には このように対処すべきと 考えてきました

Even a business school professor has thought about it/ that way.//

ビジネススクールの教授でさえ そう考えていたのです

But I think at this moment,/ we've been at this/ for quite a while.//

でも 振り返ってみると 私たちは 長い間 このやり方を踏襲してきました

We've been aware of these problems/ for decades.//

何十年も これらの問題を認識し

We have decades of experience/ with our NGOs/ and/ with our government entities,/ and there's an awkward reality.//

長年にわたり NGOや 政府団体で活動をしてきました でも 困った現実もあります

The awkward reality is/ we're not making fast enough progress.//

というのも 残念ながら 十分な速さで 進展が見られないのです

We're not winning.//

私たちは 勝利に 向かっていないのです

These problems still seem very daunting and very intractable,/ and any solutions/ we're achieving/ are small solutions.//

これらの問題は いまだに暗い影を落とし 手に負えない状況です 私たちが 解決しているのは 小さなことなのです

We're making/ incremental progress.//

漸進的な進展しかありません

What's the fundamental problem/ we have in dealing with these social problems?//

これら社会問題に対処する上で 何が根本的な課題なのでしょう?

If we cut all the complexity away,/ we have the problem of scale.//

単純化して言えば 「スケール」の問題です

We can't scale.//

スケールが小さいのです

We can make progress.// We can show benefits.//

私たちは前に進み 効果も出せます

We can show results.// We can make things better.//

結果も出せますし 事態を改善できます

We're helping.// We're doing/ better.// We're doing/ good.//

役立っているし よくやっています

We can't scale.//

でも スケールを 大きくできません

We can't make a large-scale impact/ on these problems.//

大きなスケールで 社会問題に影響は与えられません

Why is that?//

なぜでしょうか?

Because we don't have the resources.//

リソースが足りないからです

And that's really clear now.//

今や これは明白な事実で

And that's clearer now/ than it's been for decades.//

ここ数十年と比べて 一層 明らかになっています

There's simply not enough money/ to deal with any of these problems/ at scale/ using the current model.//

つまり 今のやり方では 社会問題を大規模に解決する 資金が足りないのです

There's not enough tax revenue,/ there's not enough philanthropic donations,/ to deal with these problems/ the way/ we're dealing/ with them now.//

十分な税収もなければ 十分な慈善資金もなく 今のやり方では この問題に対処できないのです

We've got to confront/ that reality.//

私たちは この現実に 立ち向かう必要があります

And the scarcity of resources/ for dealing with these problems is only growing,/ certainly/ in the advanced world/ today,/ with all the fiscal problems/ we face.//

リソース不足は 拡大する一方で 様々な財政問題を抱えた 先進社会では リソース不足は当然のことです

So/ if it's fundamentally/ a resource problem,/ where are the resources in society?//

これが根本的に リソースの問題だとして 社会のどこに リソースがあるのでしょうか?

How are those resources really created,/ the resources/ we're going to need to deal/ with all these societal challenges?//

リソースはどうやって 作られるのでしょう? 社会的課題を解決するために 必要なリソースです

Well there,/ I think/ the answer is very clear:/ They're in business.//

その答えは明白でしょう ビジネスです

全ての富は ビジネスによって作られます

Business creates wealth/ when it meets needs/ at a profit.//

ビジネスが 富を生み出すのは それがニーズと合致し 利益を生むときです

That's/ how all wealth is created.//

そうやって 全ての富が作られています

It's meeting needs/ at a profit/ that leads to taxes/ and that leads to incomes/ and that leads to charitable donations.//

ニーズに応えて 利益を生み それが税収にもつながり 所得にもなり 慈善資金にもつながります

That's/ where all the resources come from.//

ビジネスこそ 全てのリソースの源なのです

事実 ビジネスしか リソースは生み出せません

Other institutions can utilize them/ to do important work,/ but only business can create them.//

他の機関が リソースを使って 重要なことをしたとしても ビジネスのように リソースを作り出すことはありません

And business creates them/ when it's able/ to meet a need/ at a profit.//

ビジネスは ニーズに応えて利益を出すとき リソースを生みます

世にあるリソースは 圧倒的割合で ビジネスが 作っているのです

The question then is,/ how do we tap into this?//

問題は どうやって これを利用するかです

How do we tap into this?//

どうやって活用しますか?

Business generates those resources/ when it makes a profit.//

ビジネスが リソースを生み出すのは 利益が出るときです

That profit is/ that small difference/ between the price/ and the cost/ it takes to produce/ whatever solution business has created to/ whatever problem/ they're trying to solve.//

利益は 売上とコストの 小さな差額です そのビジネスが どんな問題に どんな解決策を 提示しようとも同じです

But that profit is the magic.//

でも この利益こそが 魔法の薬なのです

Why?// Because that profit allows/ whatever solution/ we've created to be infinitely scalable.//

なぜか? その利益が 私たちが生み出した 解決策を 無限大にしてくれるからです

Because/ if we can make a profit,/ we can do it/ for 10,100,/ a million,100 million,/ a billion.//

利益を生み出せれば それをもとに 10倍 100倍 100万倍 1億倍 10億倍のことが できます

The solution becomes self-sustaining.//

解決策自体を 自立させられるのです

That's/ what business does/ when it makes a profit.//

これこそ ビジネスが利益を生み 規模を拡大するプロセスです

Now/ what does this all have to do with social problems?//

では これが社会問題と どう関係するんでしょう?

Well,/one line of thinking is,/ let's take this profit/ and redeploy it/ into social problems.//

一つの考え方は この利益をまわして 社会問題解決に 使おうというものです

Business should give more.//

実業界は もっとお金を出し

Business should be more responsible.//

もっと責任を取るべき ―

And that's been the path/ that we've been on in business.//

これがビジネスの世界で 行われてきたことです

But again,/ this path/ that we've been/ on is not getting us/ where we need to go.//

でも 私たちが 選んできた この道は 行き着くべきところに 導いてくれていません

Now,/ I started out/ as a strategy professor,/ and I'm still/ a strategy professor.//

さて 私は戦略論の教授として キャリアを始め 現在も 戦略論の教授です

I'm proud of that.//

誇りに思っています

But I've also,/ over the years,/ worked more and more/ on social issues.//

でも 同時に ここ何年も 社会問題に より力を注ぐようになりました

I've worked on healthcare,/ the environment,/ economic development,/ reducing poverty,/ and/ as I worked more and more/ in the social field,/ I started seeing/ something/ that had a profound impact/ on me and my whole life,/ in a way.//

ヘルスケアや 環境問題 経済発展 貧困緩和といった 問題に取り組み 社会分野での 活動が増えています 次第に 私は 私や私の人生に 大きな影響を与えたことに 気付き始めました

The conventional wisdom/ in economics/ and the view/ in business has historically been/ that actually,/ there's a tradeoff/ between social performance and economic performance.//

経済学や経営学における 従来の通説では 社会的成果と経済的成果は トレードオフの関係に あるとされます

The conventional wisdom has been/ that business actually makes a profit/ by causing a social problem.//

つまり これまでの通説では ビジネスは 社会問題を引き起こすことで 利益を生む とされるわけです

The classic example is pollution.//

その典型例が 環境汚染です

If business pollutes,/ it makes more money/ than/ if it tried to reduce/ that pollution.//

ビジネスをする上では 環境汚染していた方が 環境汚染を減らす努力をするより お金は儲かります

Reducing pollution is expensive,/ therefore/ businesses don't want to do it.//

汚染を減らすには お金もかかります ですから ビジネスでは そんなことしたくない訳です

It's profitable/ to have an unsafe working environment.//

危険な労働環境の方が 利益が上がります

It's too expensive/ to have a safe working environment,/ therefore/ business makes more money/ if they don't have a safe working environment.//

安全な労働環境を作るのは お金がかかりすぎます 安全な労働環境でない方が ビジネスでは よりお金を生めるのです

That's been the conventional wisdom.//

これが 今までの 通説だったのです

A lot of companies have fallen into that conventional wisdom.//

多くの企業が この通説通りに なり下がっていました

企業は 環境改善も

They resisted workplace improvement.//

労働環境改善も 渋りました

That thinking has led to,/ I think,/ much of the behavior/ that we have come to criticize/ in business,/ that I come to criticize/ in business.//

その考え方が 結局のところ 私たちが批判するようになり 私自身も批判するようになった ― ビジネス活動の所以なのです

But the more deeply/ I got into all these social issues,/one/ after another,/ and actually,/ the more/ I tried to address/ them/ myself,/ personally,/ in a few cases,/ through nonprofits/ that I was involved with,/ the more/ I found actually/ that the reality is the opposite.//

でも こうした社会問題に 次から次に 深く関わるようになり いくつか 個人的にも 私の非営利団体を通じて 問題に取り組むように なるにつれ 事実は逆ではないかと 思うようになりました

ビジネスは 社会問題を引き起こす ことで 利益を生みません 根本的な意味で 違うのです

That's a very simplistic view.//

とても単純なことです

The deeper/ we get into these issues,/ the more/ we start to understand/ that actually/ business profits/ from solving from social problems.//

こうした問題に より深く関わるにつれ より理解することに なるでしょうが 実際のところ ビジネスは 社会問題の解決によって 利益を得るのです

That's/ where the real profit comes.//

そこに 真の利益があるのです

Let's take pollution.//

環境汚染で 考えてみましょう

We've learned today/ that actually/ reducing pollution and emissions is generating profit.//

今 分かっているのは 汚染や排ガスを 減らすことで 利益が上がるということです

It saves money.//

お金も節約できます

It makes the business more productive and efficient.//

より生産的・効率的な 経営が行え

It doesn't waste resources.//

リソースも 無駄にしません

Having a safer working environment actually,/ and avoiding accidents,/ it makes the business more profitable,/ because it's a sign of good processes.//

より安全な労働環境なら 事故を減らすことができ 利益も増やせます 事故が少ないことは よい生産工程の証だからです

事故が起こると かえってお金もかかります

Issue/ by issue/ by issue,/ we start to learn/ that actually/ there's no trade-off/ between social progress and economic efficiency/ in any fundamental sense.//

どの問題からも 見えてくるのは 根本的な意味において 社会的発展と 経済性との間で トレードオフなんて ないということです

Another issue is health.//

健康の問題もあります

I mean,/ what we've found/ is actually health of employees is something/ that business should treasure,/ because that health allows those employees/ to be more productive/ and come to work/ and not be absent.//

実際のところ 従業員の健康は ビジネスにおいて 重要なことなのです 健康であってこそ 従業員は より生産的に働けて 欠勤もなくなるからです

The deeper work,/ the new work,/ the new thinking/ on the interface/ between business/ and social problems is actually showing/ that there's a fundamental, deep synergy,/ particularly/ if you're not thinking/ in the very short run.//

より進んだ 新しい研究 新しい考え方によれば ビジネスと社会問題との間には 実は ― 根本的で深い相互作用が あるとされています 超短期的視点で見なければ 特にそうなります

In the very short run,/ you can sometimes fool yourself/ into thinking/ that there's fundamentally opposing/ goals,/ but in the long run,/ ultimately,/ we're learning/ in field/ after field/ that this is simply not true.//

目先のことにとらわれると 時に 誤った考え方をして ビジネスと 社会問題解決は 根本的に相容れないと考えがちです でも 長い目で見れば 最終的にはビジネスと 社会問題解決の両立は 可能だと分かってきました

So/ how could we tap into the power of business/ to address the fundamental problems/ that we face?//

どうやったら 私たちは ビジネスの力を使って 私たちが直面している 根本的課題に 対処できるでしょうか?

Imagine/ if we could do that,/ because/ if we could do it,/ we could scale.//

ビジネスを活用できれば 大規模な展開が可能になります

We could tap into this enormous resource pool and this organizational capacity.//

この甚大なリソースや 組織能力を 活用できるのです

And guess/ what?// That's happening now,/ finally,/ partly/ because of people/ like you/ who have raised these issues now/ for year/ after year and decade/ after decade.//

実は これは もう始まっています 皆さんのように これらの問題について 何年も 何十年も 取り組んできた人の お蔭でもあります

We see organizations/ like Dow Chemical/ leading the revolution away/ from trans fat/ and saturated fat/ with innovative new products.//

ダウ・ケミカル社などは トランス脂肪や飽和脂肪を 革命的な新製品に置き換える 革新を進めています

This is an example of Jain Irrigation.//

これは ジェイン灌漑システム社の例です

This is a company/ that's brought drip irrigation technology/ to thousands and millions of farmers,/ reducing substantially/ the use of water.//

点滴灌漑技術を 何千 何百万もの農家に提供し 水の使用量を 大幅に減らしました

We see companies/ like the Brazilian forestry company Fibria/ that's figured out/ how to avoid tearing/ down old growth forest/ and using eucalyptus/ and getting much more yield/ per hectare of pulp/ and making much more paper/ than you could make by cutting down/ those old trees.//

さらに ブラジルの製紙メーカー フィブリア社などは 原生林の破壊を 食い止める方法を考え ユーカリ植林により 1ヘクタールあたりの パルプ生産量を上げて 古くからある木々を 切り倒すことなく より多くの紙が 作れるようにしました

You see companies/ like Cisco/ that are training so far/ four million people/ in I.T. skills/ to actually,/ yes,/ be responsible,/ but help expand the opportunity/ to disseminate I.T. technology/ and grow the whole business.//

シスコ社などは 400万人以上に ITスキルの訓練をしてきました もちろん 業務のためですが この訓練によって IT技術が広まり 産業全体も成長しています

There's a fundamental opportunity/ for business/ today/ to impact and address these social problems,/ and this opportunity is the largest business opportunity/ we see in business.//

今 ビジネスには これら社会問題に 影響を与え 取り組みをする 大きな機会があります そして この機会は 最大のビジネス・チャンスです

And the question is,/ how can we get business thinking/ to adapt this issue of shared value?//

どうすれば ビジネスを この共通価値の創造に 向かわせられるでしょうか?

This is/ what I call shared value:/ addressing a social issue/ with a business model.//

私が「共通価値」と 呼ぶのは ビジネスモデルを使い 社会問題に取り組むことです

That's shared value.//

これが共通価値の創造です

Shared value is capitalism,/ but it's a higher kind of capitalism.//

共通価値は 資本主義ですが より高度な資本主義です

It's capitalism/ as it was ultimately meant to be,/ meeting important needs,/ not incrementally competing/ for trivial differences/ in product attributes and market share.//

それは 資本主義があるべき 究極的な姿であって 社会の重要なニーズに 応えるものです 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません 製品や市場シェアの些細な違いを 競争することではありません

Shared value is/ when we can create social value and economic value simultaneously.//

共通価値が生まれるのは 私たちが 社会的価値と経済的価値を 同時に創造することです

It's finding those opportunities/ that will unleash the greatest possibility/ we have to actually address these social problems/ because we can scale.//

つまり これらの機会を捉えて 私たちが持つ 最大限の可能性を引き出し 実際にこれらの社会問題に 取り組むのです 大きなスケールで できるからです

We can address shared value/ at multiple levels.//

共通価値の創造は 様々なレベルで取り組めます

It's real.// It's happening.//

本当です 実際に起こっているんです

But/ in order to get this solution working,/ we have to now change/ how business sees itself,/ and this is thankfully underway.//

でも この解決策を うまく機能させるには ビジネスのあり方を 変えなくてはいけません 幸運にも これはすでに進行中です

Businesses got trapped into the conventional wisdom/ that they shouldn't worry about social problems,/ that this was sort of something/ on the side,/ that somebody else was doing it.//

ビジネスが これまでとらわれてきた 社会通念とは 社会問題なんか 関係ないとか 本質的なことじゃないとか 他の人がすることだとか いったものです

We're now seeing/ companies embrace this idea.//

今 企業は 共通価値を取り入れるように なってきています

But we also have to recognize/ business is not going to do/ this as effectively/ as if we have NGOs/ and government/ working in partnership/ with business.//

でも 私たちが 同時に理解すべきは ビジネスだけで取り組むよりは NGOや政府と連携する方が より効果的だということです

The new NGOs/ that are really moving the needle are the ones/ that have found these partnerships,/ that have found these ways/ to collaborate.//

際立って変化を起こしている 新しいNGOは こうしたパートナーシップを見つけ 連携する道を 見つけています

The governments/ that are making the most progress are the governments/ that have found ways/ to enable shared value/ in business/ rather than see government/ as the only player/ that has to call/ the shots.//

政府で 一番成果を上げているのも ビジネスで 共通価値を 実現する道を見つけた政府で 政府だけで全てを決めるところ ではありません

And government has many ways/ in which it could impact the willingness/ and the ability of companies/ to compete in this way.//

政府は 様々な方法で 企業のやる気や能力を高めて 競争を促進することができます

I think/ if we can get business/ seeing itself differently,/ and/ if we can get others/ seeing business differently,/ we can change the world.//

もし ビジネスの役割を 再定義して その新しい考え方を 世の中に広げることができれば 世界を変えられるのです

I know it.// I'm seeing/ it.//

私はこの兆しを目の当たりにし 知っています

I'm feeling/ it.//

実感しています

Young people,/ I think,/ my Harvard Business School students,/ are getting it.//

若者は ― ハーバード・ビジネス・スクールの 私の学生は理解してきています

If we can break down/ this sort of divide,/ this unease,/ this tension,/ this sense/ that we're not fundamentally collaborating/ here/ in driving these social problems,/ we can break this down,/ and we finally,/ I think,/ can have solutions.//

もし この種の分断や 不安 緊張を取り払い 社会問題を解決するには 根本的な連携が必要という認識を 醸成できるのであれば 私たちは この状況を打破し 最終的には 解決ができると 思います

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

decade

『10年間』

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

deforestation

森林伐採,森林開拓

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

insecurity

〈U〉不安定,危険

〈U〉自信のなさ,不安

〈C〉不安定(危険)なもの

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

ponder

…‘を'『じっくり考える』,『熟考する』

(…を)じっくり考える,沈思する《+『on(over)』+『名』(do『ing』)》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

banking

銀行業務(経営)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

rightly

『正確に』,間違いなく

『適切に』,ふさわしく,正当に

(道徳的に)『正しく』,正直に,公正に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

actor

(男の)『俳優』,『男優』

行為者

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

justified

正当化された

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

philanthropy

〈U〉博愛,慈善

〈C〉慈善事業,慈善行為;博愛(慈善)団体

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

organizational

組織上の,構成上の

entity

実在するもの,実体

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

enormous

『巨大な』,ばく大な

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

nonprofit

非営利的な

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

winning

決勝の,勝利を得た

(表情・性格などが)魅力のある,愛きょうのある

〈U〉勝つこと,勝利

《複数形で》(特にとばくで)勝った金,賞金

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

daunt

…'を'おどす;…'を'ひるませる(discourage)

intractable

(人・人の性質が)手に負えない,強情な

(物事が)処理しにくい,取り扱いにくい

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

incremental

増加の

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

helping

〈U〉助力,手助け

〈C〉(食べ物の)ひと盛り,1杯

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

revenue

〈U〉(国の)『歳入』

《複数形で》(財産・投資などからの)収入,所得

donation

寄贈,寄付

寄付金,寄贈品

confront

〈人が〉〈危険・問題・相手など〉‘に'立ち向かう,ぶっかっていく

〈危険・問題・相手・物などが〉…‘の'前に立ちはだがる,に向かい合って立つ

(…と)…'を'直面させる,対決させる《+『名』+『with』+『名』》

scarcity

〈U〉〈C〉(…の)欠乏,不足(特に)食糧難,ききん《+『of』+『名』》

〈U〉まれなこと,珍しいこと

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

fiscal

国庫の

財務の,会計の

fundamentally

基本的に;本質的に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

profit

〈U〉〈C〉『利益』,もうけ,収益

〈U〉得(益)になること

〈人が〉(…で)利益を得る,得をする《+『by』(『from』)』+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉役に立つ,ためになる

…‘の'利益になる,ためになる

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

income

(一定の)『収入』,所得

charitable

慈悲深い,情け深い;(…に対して)慈悲深い《+『to』+『名』》

慈善の,慈善のための

寛大な,寛容な

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

overwhelmingly

圧倒的に,圧倒的な多数で

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

infinitely

無限に

ばく大に

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

redeploy

〈兵隊・社員など〉‘を'再編成(配置替え)する,移動させる

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

economic

『経済の』

『経済学の』

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

historically

歴史的に,歴史上

tradeoff

取り引き

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

pollute

(…で)〈水・空気・土など〉‘を'『汚す』,『汚染する』,不潔にする《+『名』+『with』(『by』)+『名』(do『ing』)》

(道徳的に)〈精神〉‘を'汚す,堕落せせる

〈聖地など〉‘を'冒涜(とく)する

expensive

『費用のかかる』,高価な

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

profitable

『利益の上がる』

有益な

unsafe

危険な(dangerous)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

resist

《通例否定文で》…‘を'『こらうる』,『がまんする』

…‘に'『抵抗する』,反抗する

…‘の'作用に耐える,‘に'影響されない・抵抗する,耐える・何かの作用を食い止める物;防腐剤,防染剤・絶縁塗料

environmental

環境の;自然環境の

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

simplistic

簡単に割り切った,安易な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

emission

〈U〉〈C〉(光・熱・液体などの)放射,放出

〈C〉放射物,放出物

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

treasure

〈U〉(金・銀・宝石などの)『宝物』,財宝

〈C〉貴重品

〈C〉《話》貴重な人(存在);最愛の人

〈他〉…‘を'たいせつにする

absent

『欠席した』,るすの,不在の

(物が)欠けている,ない

《名詞の前にのみ用いて》『放心した』

(…から)〈人〉'を'欠席させる《+『名』+『from』+『名』》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

fool

〈C〉『ばか者』

〈C〉(昔,王候貴族に仕えた)道化師(jester)

〈U〉〈C〉フール(煮てつぶした果物にクリームをかけた食品)

〈人〉‘を'だます,かつぐ

〈人が〉ばかなまねをする,ふざける,冗談をいう

愚かな

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

long run

(映画・演劇の)長期興行

ultimately

最後に,ついに

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

fat

『脂肪』,脂肪分

(動物の)あぶら身

(料理用の)油,ヘット

肥満,太り過ぎ

『太った』,肥満した

『脂肪の多い』

たっぷりとはいった,分厚い

もうかる

(土地が)肥えた

…‘を'太らせる

ふとる,肥える

saturate

《しばしば受動態で》〈水などが〉…‘に'しみ込む‘を'浸す;(で)…‘を'浸す《+『名』+『with』+『名』》

(一般に)(…で)…‘を'満たす《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

(…で)〈溶媒・溶液〉‘を'飽和させる《+『名』+『with』+『名』》

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

irrigation

潅漑(かんがい)

(傷口などの)洗浄

drip

〈液体が〉『したたる』,しずくを垂らす,ぽたぽた落ちる《+『down』》;(…から)したたる《+『from』+『名』》

〈容器などが〉しずくを垂らす

(…で)びしょぬれになる,あふれる《+『with』+『名』》

〈液体〉‘を'したたらせる

〈C〉『したたり』,しずく

〈U〉したたること;しずくの落ちる音

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

substantially

概して,本質的に

十分に,豊富に

Brazilian

ブラジルの

ブラジル人

forestry

林学;山林管理[法]

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

tear

…‘を'『裂く』,破る,引き裂く

〈穴など〉‘を'『破って作る』

(…から)…‘を'『引きはがす』,もぎ取る,引き離す《+away(down, off, out, up)+名+from(out of, off)+名》

《受動態》で‥‘を'裂いて(破って)分ける《+名+apart》

裂ける,破れる

《副詞[句]を伴って》激しく(大急ぎで)動く,突進する

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

eucalyptus

ユーカリ樹(オーストラリア産の芳香ある常緑の巨木)

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

hectare

ヘクタール(面積の単位;100アール;《略》『ha』)

pulp

〈U〉(果実・野菜などの)果肉

〈U〉髄質(骨髄・歯髄など)

〈U〉(製紙原料の)パルプ

〈U〉《時にa~》どろどろしたもの

《しばしば複数形で》(粗末な紙にきわもの記事を印刷した)低俗雑誌

…‘を'パルプにする;…‘を'どろどろにする

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

disseminate

〈思想・ニュースなど〉‘を'広める,普及させる

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

capitalism

資本主義

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

simultaneously

同時に

unleash

…‘の'皮ひもおはずす

…‘を'[どっと]解き放つ

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

partnership

〈U〉提携,協力

〈U〉組合契約;〈C〉合名会社

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

shot

shootの過去・過去分詞

willingness

喜んですること;(…喜んで)(…する)気持ち《+to do》

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

unease

不安,懸念

tension

〈U〉『ぴんと張ること』,伸長;ぴんと張った状態,張り

〈U〉(精神的・感情的)『緊張』

〈C〉《複数形で》(一般に)『緊張状態(関係)』

〈U〉張力,引っ張る力

〈U〉起電力;電圧(voltage)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画