TED日本語 - ローレン・ザラツニック: テレビの良心

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

テレビ会社のエクゼクティブ、ローレン・ザラツニックがテレビの人気番組について深く考察します。50年にもわたる視聴率とその評価について大胆な分析を行った結果、テレビは私たちの真の姿を、予想もしないような形で映していると論じます。

Script

ここで数々の すばらしいスピーチや アイデアが披露された後に 話すのは本当につらいんです 今日話そうとしているのは テレビの話なのです ほとんどの人がテレビを見ますね みんなテレビが好きです  好きなところがあるはずです アメリカでは 本当のところ皆大好きです 平均的なアメリカ人は 1日におよそ5時間もテレビを見ます いいですか? そのテレビで生計を立てている私にとっては とても良いことなのです しかしテレビを良く思わない人もたくさんいて 非難する人もいます テレビは ばかばかしい ろくでもないと言う人さえいます 子供のころに 私の母はテレビを 「馬鹿の箱」と呼んでいました

しかし今日は テレビの善し悪しを論じようとは思いません 私は テレビには 良心があると信じていることを お話したいのです なぜこう思うかというと 私はテレビが アメリカの倫理や政治 社会や情緒面で求められているものを 直接に反映していると信じているからです ― つまりテレビは 私たちの価値観全体を 発信しているのです 人間に固有のさまざまな価値感が 積み重なったものが 私たちの良心を構成します

今 テレビの善悪の話はしていません 人気番組の話をしています ニールセン社のトップ10の番組を50年分 見ていきます 50年間分の ニールセン社の視聴率調査は よく言われるように 社会的 集団的な無意識を ― 反映するだけではありません ではそのトップ10はどのように 私たちの社会的良心を 反映しているのでしょうか テレビはどうやって進化をしてきたのか そして社会に関して何を語るのでしょうか

まず 進化について 基礎的な生態学から話しましょう 人間を含む動物には 4つの基本的な欲求がありましたね 食欲、性欲、権力欲 そして貪欲です 思い出してほしいことは 私たちは発展し 進化することで これらの動物的欲求を 抑えてきたということです 人間は泣いたり 笑ったりできます 恐れや同情も感じます ここが他の動物とは 違っているところです 他にもあります 人間は楽しむことが大好きです テレビを見るのが大好きです これは人間と動物が明らかに 異なるところです 動物は遊ぶのが大好きかもしれない でも見る事は好きではありません

そういうわけで 私は 人間の良心とテレビ番組の 間にある 人間ならではの関係から 何が説明できるか見い出したいと 強く願っていました どうしてテレビはこのように進化してきたのでしょう 私はこのことを 天使と悪魔が両肩に 乗っている漫画のように考えています テレビは文字通りの 良心として機能しながら 同時に誘惑したり 見返りを与えたりしているのでしょうか

これらの問いに答えるために 研究をしました 50年前にあたる 1959年から60年にかけての番組まで遡りました ニールセン社のトップ20を研究しました 20本ずつ50年間で 1000本もの番組です 3000人以上の人 ― ほぼ3600人と話しました 18歳から70歳まで どういう気持ちを感じたか尋ねました この番組を見てどう感じたか 一つ一つの番組について尋ねました 道徳的なあいまいさを感じましたか? 怒りましたか?笑いましたか? それはあなたにとってどういう意味でしょう TEDのオーディエンスはグローバルですが 調査はアメリカで行いました でも 見ておわかりのように ここで求められるような感情はユニバーサルです また事実として アメリカでの人気番組の80%以上は 世界各国で視聴されています だから世界中のみなさんに 関わる結果になっていると思います

最初のスライドをお見せする前に 謝辞を述べたいと思います 二人の方からヒントをいただきました 良心というアイデアをいただき 良心は毎日の生活に影響すると教えてくれた 伝説的な指導者のジャック・スターンと データの見せ方のお手本として TED コミュニティーのスーパースター ハンス・ロスリングです お会いになった方もいらっしゃるでしょう

では始めます ご覧下さい 1960年から2010年まで 50年もの研究結果です まずはこの二つから始めましょう ― インスピレーションと道徳的な曖昧さの状態です ここでは インスピレーションとは 気持ちが高まり 世界をよりポジティブに感じさせた番組と定義します 道徳的なあいまいさとは 何が正しくて何が間違っていたのか 違いがわからなかった番組を指します 1960年からスタートして インスピレーションは一定です だから私たちはテレビを見るんです 道徳的な曖昧さが上昇し始めます 60年代の終わりから 道徳的な曖昧さが上昇しています インスピレーションはだんだん下降します なぜ? キューバ危機、JFKが射殺 公民権運動 人種差別反対デモ、ベトナム戦争 キング牧師も ケネディーも射殺され ウォーター・ゲート事件もありました 何がおこるか見て下さい 70年にはインスピレーションが急落し 道徳的なあいまいさが急上昇です 二つが入れ替わり テレビ映えするロナルド・レーガンが 大統領になると 回復しようとしますが でも できないんです エイズ、イラン・コントラ事件 チェレンジャー号の爆発、チェルノブイリ 道徳的なあいまいさは、テレビの主要なミームになります 1990年からその後20年間のことです

こちらを見て下さい このグラフはとても似た傾向を示しています こんどは 赤丸でほっとする快適さ 社会的な主張だとか 図々しさを 青と緑で示します テレビ番組では 『ボナンザ』、『don't forget』、『ガンスモーク』 『アンディ・グリフィス』など 家庭向きの番組はほっとさせます こういうのが増えました 心地よい番組ばかりです 図々しさが上昇しはじめ 社会的な主張も急上昇です 1969年になると、何が起きるでしょう? 快適さ、図々しさ、社会的主張がここにあり これらが社会で戦っただけでなく テレビでも競いました 大人気だった二つの番組 『ガンスモーク』と『マイペース二等兵』が 1969年に第2位と3位でした 第1位はなんでしょう 社会的にみて図々しいヒッピーの番組 『ローワンとマーティンのコメディ』です みんな一緒に住んでいたでしょう? この番組への反応は劇的でした

1966年の緑のスパイクを見て下さい この先導的な番組への反応です 業界で大ヒットと言うときには どういう意味なんでしょうか 1966年のテレビシーズンで 『スマザーズ・ブラザーズ』が突如登場します この番組は視聴者に こう言わせた最初の番組なんです 「信じられない ベトナム戦争、大統領について テレビで好きなことを言えるんだ」 これが私たちにとって大ヒットしたという意味です

では、先ほどのチャートのように何があったか見ましょう 1970年に ダムが決壊しました ダムの決壊です 快適さはもはやテレビを見る理由ではなくなりました 社会的な主張と図々しい内容が 70年代を通して上昇しました ではこれを見て下さい 70年代は誰でしょう?ノーマン・レアです 『オール・イン・ザ・ファミリー』、『サンフォード・アンド・サン』 そして圧倒的なのは 70年代通してのトップ10に入っている 『MAS*H』です 研究した50年間の テレビ番組で 図々しい番組として トップ10にランクインするうちの7本は ベトナム戦争中に放映されたものです トップ10 のうち5つはニクソン時代に放映されました 20年間のうち1世代だけでした これは発見でした すごい テレビでこんなことができるの テレビでこんな風に感じるなんて 私たちを変えることができるのか この 本当に鋭い聴衆の皆さんに お伝えしておきたいことがあります デジタル時代になっても破壊的な発明は出ていません アーチー・バンカーが私たちと一緒に 肘掛椅子から押しのけられたのは 40年も前です

簡単なグラフです また別の特性を示します ファンタジーや想像力を こんなふうに定義しました 「日常を忘れさせてくれるもの」や 「すっきりした気持ちになるもの」 赤い点で表示してるのは失業者数で 労働省の統計を用いています 見て下さい ファンタジーと想像力が上昇するのはいつも 失業の上昇と対応します 私たちは人がお金を節約したり 失業したりしている番組を見たいでしょうか 見たくないですよね 70年代には 『バイオニック・ウーマン』という先駆的な番組があり 1973年に一気にトップ10入りしました 『シックスミリオンダラーマン』や 『チャーリーズエンジェルズ』も後に続きます 1980年にもう一つヒットがありました ― もう一つは支配と権力についての番組です どんな番組があったでしょう? グラマラスでリッチな番組 『ダラス』や『ファンタジーアイランド』です 国民的な心理状態を信じられないくらい反映しています 失業というゆるぎない事実を受けた 心理状態です

これは私の大好きなチャートです 最近20年間を表す図だからです テレビ業界にいてもいなくても 絶対に見聞きしているでしょうが スリーカメラのシットコムタイプの番組は衰退し リアリティー・テレビが伸びてきました 業界用語でいうと バツテンに注目です 90年代はユーモアが大きく栄えました 『フレンズ』『フレイザー』『チアーズ』 そして『サインフェルド』 社会が良くて 失業率も低かった でも見て下さい バツマークが現れます 2001年 2001年の9月のテレビシーズンでは ユーモアは判断力に決定的に負けてしまうんです そうならないわけがありません 2000年に大統領選があり 最高裁で大統領を決めました ドットコムバブルがはじけました 9・11がありました 炭素菌が日常の用語になりました これがやがてどうなったか見て下さい 2000年以降 インターネットが立ち上がり リアリティTVが主流になります テレビに求められるのは何でしょうか? 私だったら 反撃とか ノスタルジーと考えたかもしれません 崩壊しかけた世界での心地よいもの ところが 求められたのは判断でした テレビの登場人物を投票で追い出したり ペイリンの娘を番組でずっとダンスさせたり 次のアメリカン・アイドルを選んだりクビにしたり 全部すごいことですね

これらのテレビ番組は劇的に変わりました では純粋なエンターテイメントは この50年どうだったのでしょう 最初に話したように 基本的な欲求は変わりません 私たちは動物であり 母親が必要です 明確で有力な母親像は どの10年代にもありました 1950年代には ほのぼのしたドラマ『ビーバーにまかせて』のジューン・クリーバー 笑いが止まらない ルシル・ボールは 社会的な意識の高まった60年代の象徴 モード・フィンドレイは 枠にとらわれない1970年代を代表する女優です 中絶、離婚 閉経までをテレビで扱いました 80年代には 最初のクーガーが登場します アレクシス・キャリントンが演じました マーフィー・ブラウンの演ずる副社長は 片親というアイデアも示しました この時代のお母さんは ブリー・バンデキャンプです 悪魔なのか天使なのかわかりませんが 私たちの良心と共に テレビの肩に乗っかっています とにかくこの映像は本当に大好きです

皆さん TEDWoman の女性も男性も そして TEDWomanのグローバルな聴衆の皆さん テレビの良心について お話する機会をいただき感謝します また テレビ時代の日々にずっと テレビの映像にアイデアを盛り込んできた すばらしいクリエーターたちに 感謝します 彼らがテレビに命を吹き込んだだけでなく 視聴者もまた 集団として社会的な良心を通じて テレビに命を吹き込み 生きながらえさせ 力を与えたり奪ったりしました

ありがとうございます

(拍手)

I want to say that really and truly, after these incredible speeches and ideas that are being spread, I am in the awkward position of being here to talk to you today about television. So most everyone watches TV. We like it. We like some parts of it. Here in America, people actually love TV. The average American watches TV for almost 5 hours a day. Okay? Now I happen to make my living these days in television, so for me, that's a good thing. But a lot of people don't love it so much. They, in fact, berate it. They call it stupid, and worse, believe me. My mother, growing up, she called it the "idiot box."

But my idea today is not to debate whether there's such a thing as good TV or bad TV; my idea today is to tell you that I believe television has a conscience. So why I believe that television has a conscience is that I actually believe that television directly reflects the moral, political, social and emotional need states of our nation -- that television is how we actually disseminate our entire value system. So all these things are uniquely human, and they all add up to our idea of conscience.

Now today, we're not talking about good and bad TV. We're talking about popular TV. We're talking about top-10 Nielsen-rated shows over the course of 50 years. How do these Nielsen ratings reflect not just what you've heard about, which is the idea of our social, collective unconscious, but how do these top-10 Nielsen-rated shows over 50 years reflect the idea of our social conscience? How does television evolve over time, and what does this say about our society?

Now speaking of evolution, from basic biology, you probably remember that the animal kingdom, including humans, have four basic primal instincts. You have hunger; you have sex; you have power; and you have the urge for acquisitiveness. As humans, what's important to remember is that we've developed, we've evolved over time to temper, or tame, these basic animal instincts. We have the capacity to laugh and cry. We feel awe, we feel pity. That is separate and apart from the animal kingdom. The other thing about human beings is that we love to be entertained. We love to watch TV. This is something that clearly separates us from the animal kingdom. Animals might love to play, but they don't love to watch.

So I had an ambition to discover what could be understood from this uniquely human relationship between television programs and the human conscious. Why has television entertainment evolved the way it has? I kind of think of it as this cartoon devil or angel sitting on our shoulders. Is television literally functioning as our conscience, tempting us and rewarding us at the same time?

So to begin to answer these questions, we did a research study. We went back 50 years to the 1959/1960 television season. We surveyed the top-20 Nielsen shows every year for 50 years -- a thousand shows. We talked to over 3,000 individuals -- almost 3,600 -- aged 18 to 70, and we asked them how they felt emotionally. How did you feel watching every single one of these shows? Did you feel a sense of moral ambiguity? Did you feel outrage? Did you laugh? What did this mean for you? So to our global TED audiences, I want to say that this was a U.S. sample. But as you can see, these emotional need states are truly universal. And on a factual basis, over 80 percent of the U.S.'s most popular shows are exported around the world. So I really hope our global audiences can relate.

Two acknowledgments before our first data slide: For inspiring me to even think about the idea of conscience and the tricks that conscience can play on us on a daily basis, I thank legendary rabbi, Jack Stern. And for the way in which I'm going to present the data, I want to thank TED community superstar Hans Rosling, who you may have just seen.

Okay, here we go. So here you see, from 1960 to 2010, the 50 years of our study. Two things we're going to start with -- the inspiration state and the moral ambiguity state, which, for this purpose, we defined inspiration as television shows that uplift me, that make me feel much more positive about the world. Moral ambiguity are televisions shows in which I don't understand the difference between right and wrong. As we start, you see in 1960 inspiration is holding steady. That's what we're watching TV for. Moral ambiguity starts to climb. Right at the end of the 60s, moral ambiguity is going up, inspiration is kind of on the wane. Why? The Cuban Missile Crisis, JFK is shot, the Civil Rights movement, race riots, the Vietnam War, MLK is shot, Bobby Kennedy is shot, Watergate. Look what happens. In 1970, inspiration plummets. Moral ambiguity takes off. They cross, but Ronald Reagan, a telegenic president, is in office. It's trying to recover. But look, it can't: AIDS, Iran-Contra, the Challenger disaster, Chernobyl. Moral ambiguity becomes the dominant meme in television from 1990 for the next 20 years.

Take a look at this. This chart is going to document a very similar trend. But in this case, we have comfort -- the bubble in red -- social commentary and irreverence in blue and green. Now this time on TV you have "Bonanza," don't forget, you have "Gunsmoke," you have "Andy Griffith," you have domestic shows all about comfort. This is rising. Comfort stays whole. Irreverence starts to rise. Social commentary is all of a sudden spiking up. You get to 1969, and look what happens. You have comfort, irreverence, and social commentary, not only battling it out in our society, but you literally have two establishment shows -- "Gunsmoke" and "Gomer Pyle" -- in 1969 are the number-two- and number-three-rated television shows. What's number one? The socially irreverent hippie show, "Rowan and Martin's Laugh-In." They're all living together, right. Viewers had responded dramatically.

Look at this green spike in 1966 to a bellwether show. When you guys hear this industry term, a breakout hit, what does that mean? It means in the 1966 television season, The "Smothers Brothers" came out of nowhere. This was the first show that allowed viewers to say, "My God, I can comment on how I feel about the Vietnam War, about the presidency, through television?" That's what we mean by a breakout show.

So then, just like the last chart, look what happens. In 1970, the dam bursts. The dam bursts. Comfort is no longer why we watch television. Social commentary and irreverence rise throughout the 70s. Now look at this. The 70s means who? Norman Lear. You have "All in the Family," "Sanford and Son," and the dominant show -- in the top-10 for the entire 70s -- "MAS*H." In the entire 50 years of television that we studied,seven of 10 shows ranked most highly for irreverence appeared on air during the Vietnam War,five of the top-10 during the Nixon administration. Only one generation,20 years in, and we discovered, Wow! TV can do that? It can make me feel this? It can change us? So to this very, very savvy crowd, I also want to note the digital folks did not invent disruptive. Archie Bunker was shoved out of his easy chair along with the rest of us 40 years ago.

This is a quick chart. Here's another attribute: fantasy and imagination, which are shows defined as, "takes me out of my everyday realm" and "makes me feel better." That's mapped against the red dot, unemployment, which is a simple Bureau of Labor Department statistic. You'll see that every time fantasy and imagination shows rise, it maps to a spike in unemployment. Do we want to see shows about people saving money and being unemployed? No. In the 70s you have the bellwether show "The Bionic Woman" that rocketed into the top-10 in 1973, followed by the "Six Million-Dollar Man" and "Charlie's Angels." Another spike in the 1980s -- another spike in shows about control and power. What were those shows? Glamorous and rich. "Dallas," "Fantasy Island." Incredible mapping of our national psyche with some hard and fast facts: unemployment.

So here you are, in my favorite chart, because this is our last 20 years. Whether or not you're in my business, you have surely heard or read of the decline of the thing called the three-camera sitcom and the rise of reality TV. Well, as we say in the business, X marks the spot. The 90s -- the big bubbles of humor -- we're watching "Friends," "Frasier," "Cheers" and "Seinfeld." Everything's good, low unemployment. But look: X marks the spot. In 2001, the September 2001 television season, humor succumbs to judgment once and for all. Why not? We had a 2000 presidential election decided by the Supreme Court. We had the bursting of the tech bubble. We had 9/11. Anthrax becomes part of the social lexicon. Look what happens when we keep going. At the turn of the century, the Internet takes off, reality television has taken hold. What do people want in their TV then? I would have thought revenge or nostalgia. Give me some comfort; my world is falling apart. No, they want judgment. I can vote you off the island. I can keep Sarah Palin's daughter dancing. I can choose the next American Idol. You're fired. That's all great, right?

So as dramatically different as these television shows, pure entertainment, have been over the last 50 years -- what did I start with? -- one basic instinct remains. We're animals, we need our moms. There has not been a decade of television without a definitive, dominant TV mom. The 1950s: June Cleever in the original comfort show, "Leave it to Beaver." Lucille Ball kept us laughing through the rise of social consciousness in the 60s. Maude Findlay, the epitome of the irreverent 1970s, who tackled abortion, divorce, even menopause on TV. The 1980s, our first cougar was given to us in the form of Alexis Carrington. Murphy Brown took on a vice president when she took on the idea of single parenthood. This era's mom, Bree Van de Kamp. Now I don't know if this is the devil or the angel sitting on our conscience, sitting on television's shoulders, but I do know that I absolutely love this image.

So to you all, the women of TEDWomen, the men of TEDWomen, the global audiences of TEDWomen, thank you for letting me present my idea about the conscience of television. But let me also thank the incredible creators who get up everyday to put their ideas on our television screens throughout all these ages of television. They give it life on television, for sure, but it's you as viewers, through your collective social consciences, that give it life, longevity, power or not.

So thanks very much.

(Applause)

I want to say/ that really and truly,/ after these incredible speeches and ideas/ that are being spread,/ I am in the awkward position of being here to talk to you/ today/ about television.//

ここで数々の すばらしいスピーチや アイデアが披露された後に 話すのは本当につらいんです 今日話そうとしているのは テレビの話なのです

So most everyone watches TV.//

ほとんどの人がテレビを見ますね

We like it.// We like some parts of it.//

みんなテレビが好きです  好きなところがあるはずです

Here/ in America,/ people actually love TV.//

アメリカでは 本当のところ皆大好きです

The average American watches TV/ for almost 5 hours/ a day.//

平均的なアメリカ人は 1日におよそ5時間もテレビを見ます

Okay?//

いいですか?

Now/ I happen to make/ my/ living these days/ in television,/ so/ for me,/ that's a good thing.//

そのテレビで生計を立てている私にとっては とても良いことなのです

But a lot of people don't love it so much.//

しかしテレビを良く思わない人もたくさんいて

They,/ in fact,/ berate it.//

非難する人もいます

They call it stupid,/ and worse,/ believe me.//

テレビは ばかばかしい ろくでもないと言う人さえいます

My mother,/ growing up,/ she called it/ the "idiot box."//

子供のころに 私の母はテレビを 「馬鹿の箱」と呼んでいました

But my idea/ today is not to debate/ whether there's such a thing/ as good TV or bad TV;/ my idea/ today is/ to tell you/ that I believe television has a conscience.//

しかし今日は テレビの善し悪しを論じようとは思いません 私は テレビには 良心があると信じていることを お話したいのです

So/ why I believe/ that television has a conscience is/ that I actually believe/ that television directly reflects the moral, political, social and emotional need states of our nation --/ that television is/ how we actually disseminate our entire value system.//

なぜこう思うかというと 私はテレビが アメリカの倫理や政治 社会や情緒面で求められているものを 直接に反映していると信じているからです ― つまりテレビは 私たちの価値観全体を 発信しているのです

So all these things are uniquely human,/ and they all add up to our idea of conscience.//

人間に固有のさまざまな価値感が 積み重なったものが 私たちの良心を構成します

Now/ today,/ we're not talking/ about good and bad TV.//

今 テレビの善悪の話はしていません

We're talking/ about popular TV.//

人気番組の話をしています

We're talking/ about top-10 Nielsen-rated shows/ over the course of 50 years.//

ニールセン社のトップ10の番組を50年分 見ていきます

How do/ these Nielsen ratings reflect not just/ what you've heard about,/ which is the idea of our social, collective unconscious,/ but how do these top-10 Nielsen-rated shows/ over 50 years reflect the idea of our social conscience?//

50年間分の ニールセン社の視聴率調査は よく言われるように 社会的 集団的な無意識を ― 反映するだけではありません ではそのトップ10はどのように 私たちの社会的良心を 反映しているのでしょうか

How does television evolve over time,/ and what does this say/ about our society?//

テレビはどうやって進化をしてきたのか そして社会に関して何を語るのでしょうか

Now/ speaking of evolution,/ from basic biology,/ you probably remember/ that the animal kingdom,/ including/ humans,/ have four basic primal instincts.//

まず 進化について 基礎的な生態学から話しましょう 人間を含む動物には 4つの基本的な欲求がありましたね

You have hunger;/ you have sex;/ you have power;/ and you have the urge/ for acquisitiveness.//

食欲、性欲、権力欲 そして貪欲です

As humans,/ what's important to remember is/ that we've developed,/ we've evolved over time/ to temper,/ or tame,/ these basic animal instincts.//

思い出してほしいことは 私たちは発展し 進化することで これらの動物的欲求を 抑えてきたということです

We have the capacity/ to laugh and cry.//

人間は泣いたり 笑ったりできます

We feel awe,/ we feel pity.//

恐れや同情も感じます

That is separate/ and apart/ from the animal kingdom.//

ここが他の動物とは 違っているところです

The other thing/ about human beings is/ that we love to be entertained.//

他にもあります 人間は楽しむことが大好きです

We love to watch/ TV.//

テレビを見るのが大好きです

This is something/ that clearly separates us/ from the animal kingdom.//

これは人間と動物が明らかに 異なるところです

Animals might love to play,/ but they don't love to watch.//

動物は遊ぶのが大好きかもしれない でも見る事は好きではありません

So I had an ambition/ to discover/ what could be understood from this uniquely human relationship/ between television programs and the human conscious.//

そういうわけで 私は 人間の良心とテレビ番組の 間にある 人間ならではの関係から 何が説明できるか見い出したいと 強く願っていました

Why has television entertainment evolved the way/ it has?//

どうしてテレビはこのように進化してきたのでしょう

I kind of think of it/ as this cartoon devil or angel/ sitting on our shoulders.//

私はこのことを 天使と悪魔が両肩に 乗っている漫画のように考えています

Is television literally functioning as our conscience,/ tempting us/ and rewarding us/ at the same time?//

テレビは文字通りの 良心として機能しながら 同時に誘惑したり 見返りを与えたりしているのでしょうか

So to begin to answer these questions,/ we did a research study.//

これらの問いに答えるために 研究をしました

We went back/ 50 years/ to the 1959/1960 television season.//

50年前にあたる 1959年から60年にかけての番組まで遡りました

We surveyed the top-20/ Nielsen shows every year/ for 50 years --/ a thousand shows.//

ニールセン社のトップ20を研究しました 20本ずつ50年間で 1000本もの番組です

We talked to over 3,000 individuals --/ almost 3,600 --/ aged/ 18/ to 70,/ and we asked them/ how they felt emotionally.//

3000人以上の人 ― ほぼ3600人と話しました 18歳から70歳まで どういう気持ちを感じたか尋ねました

How did you feel watching/ every single one of these shows?//

この番組を見てどう感じたか 一つ一つの番組について尋ねました

Did/ you feel a sense of moral ambiguity?//

道徳的なあいまいさを感じましたか?

Did/ you feel outrage?// Did you laugh?//

怒りましたか?笑いましたか?

What did this mean/ for you?//

それはあなたにとってどういう意味でしょう

So/ to our global TED audiences,/ I want to say/ that this was a U.S. sample.//

TEDのオーディエンスはグローバルですが 調査はアメリカで行いました

But/ as you can see,/ these emotional need states are truly universal.//

でも 見ておわかりのように ここで求められるような感情はユニバーサルです

And on a factual basis,/ over 80 percent of the U.S.//'s most popular shows are exported around the world.//

また事実として アメリカでの人気番組の80%以上は 世界各国で視聴されています

So I really hope/ our global audiences can relate.//

だから世界中のみなさんに 関わる結果になっていると思います

Two acknowledgments/ before our first data slide:/ For inspiring me to even think about the idea of conscience/ and the tricks/ that conscience can play on us/ on a daily basis,/ I thank legendary rabbi,/ Jack Stern.//

最初のスライドをお見せする前に 謝辞を述べたいと思います 二人の方からヒントをいただきました 良心というアイデアをいただき 良心は毎日の生活に影響すると教えてくれた 伝説的な指導者のジャック・スターンと

And/ for the way/ in which I'm going to present/ the data,/ I want to thank/ TED community superstar Hans Rosling,/ who you may have just seen.//

データの見せ方のお手本として TED コミュニティーのスーパースター ハンス・ロスリングです お会いになった方もいらっしゃるでしょう

Okay,/ here/ we go.//

では始めます

So here/ you see,/ from 1960/ to 2010,/ the 50 years of our study.//

ご覧下さい 1960年から2010年まで 50年もの研究結果です

Two things/ we're going to start/ with --/ the inspiration state and the moral ambiguity state,/ which,/ for this purpose,/ we defined inspiration/ as television shows/ that uplift me,/ that make me/ feel much more positive/ about the world.//

まずはこの二つから始めましょう ― インスピレーションと道徳的な曖昧さの状態です ここでは インスピレーションとは 気持ちが高まり 世界をよりポジティブに感じさせた番組と定義します

Moral ambiguity are televisions shows/ in which I don't understand the difference/ between right and wrong.//

道徳的なあいまいさとは 何が正しくて何が間違っていたのか 違いがわからなかった番組を指します

As we start,/ you see in 1960 inspiration is holding steady.//

1960年からスタートして インスピレーションは一定です

That's/ what we're watching/ TV for.//

だから私たちはテレビを見るんです

Moral ambiguity starts to climb.//

道徳的な曖昧さが上昇し始めます

Right/ at the end of the 60s,/ moral ambiguity is going up,/ inspiration is kind of on the wane.//

60年代の終わりから 道徳的な曖昧さが上昇しています インスピレーションはだんだん下降します

Why?//

なぜ?

The Cuban Missile Crisis,/ JFK is shot,/ the Civil Rights movement,/ race riots,/ the Vietnam War,/ MLK is shot,/ Bobby Kennedy is shot,/ Watergate.//

キューバ危機、JFKが射殺 公民権運動 人種差別反対デモ、ベトナム戦争 キング牧師も ケネディーも射殺され ウォーター・ゲート事件もありました

Look/ what happens.//

何がおこるか見て下さい

70年にはインスピレーションが急落し

Moral ambiguity takes off.//

道徳的なあいまいさが急上昇です

They cross,/ but Ronald Reagan,/ a telegenic president,/ is in office.//

二つが入れ替わり テレビ映えするロナルド・レーガンが

It's trying to recover.//

大統領になると 回復しようとしますが

But look,/ it can't:/ AIDS,/ Iran-Contra,/ the Challenger disaster,/ Chernobyl.//

でも できないんです エイズ、イラン・コントラ事件 チェレンジャー号の爆発、チェルノブイリ

Moral ambiguity becomes the dominant meme/ in television/ from 1990/ for the next 20 years.//

道徳的なあいまいさは、テレビの主要なミームになります 1990年からその後20年間のことです

Take a look/ at this.//

こちらを見て下さい

This chart is going to document/ a very similar trend.//

このグラフはとても似た傾向を示しています

But in this case,/ we have comfort --/ the bubble/ in red --/ social commentary and irreverence/ in blue and green.//

こんどは 赤丸でほっとする快適さ 社会的な主張だとか 図々しさを 青と緑で示します

Now/ this time/ on TV/ you have "Bonanza,/"/ don't forget,/ you have "Gunsmoke,/"/ you have "Andy Griffith,/"/ you have domestic shows/ all/ about comfort.//

テレビ番組では 『ボナンザ』、『don't forget』、『ガンスモーク』 『アンディ・グリフィス』など 家庭向きの番組はほっとさせます

This is rising.// Comfort stays/ whole.//

こういうのが増えました 心地よい番組ばかりです

Irreverence starts to rise.//

図々しさが上昇しはじめ

Social commentary is all of a sudden spiking up.//

社会的な主張も急上昇です

You get to 1969,/ and look/ what happens.//

1969年になると、何が起きるでしょう?

You have comfort,/ irreverence,/ and social commentary,/ not only/ battling it out/ in our society,/ but you literally have/ two establishment shows --/ "Gunsmoke"/ and "Gomer Pyle" --/ in 1969 are the number-two- and number-three-rated television shows.//

快適さ、図々しさ、社会的主張がここにあり これらが社会で戦っただけでなく テレビでも競いました 大人気だった二つの番組 『ガンスモーク』と『マイペース二等兵』が 1969年に第2位と3位でした

What's number one?//

第1位はなんでしょう

The socially irreverent hippie show,/ "Rowan and Martin's Laugh-In."//

社会的にみて図々しいヒッピーの番組 『ローワンとマーティンのコメディ』です

They're all/ living together,/ right.//

みんな一緒に住んでいたでしょう?

この番組への反応は劇的でした

Look/ at this green spike/ in 1966/ to a bellwether show.//

1966年の緑のスパイクを見て下さい この先導的な番組への反応です

When you guys hear/ this industry term,/ a breakout hit,/ what does/ that mean?//

業界で大ヒットと言うときには どういう意味なんでしょうか

It means in the 1966 television season,/ The "Smothers Brothers"/ came out of nowhere.//

1966年のテレビシーズンで 『スマザーズ・ブラザーズ』が突如登場します

This was the first show/ that allowed viewers/ to say,/ "My God,/ I can comment on how I feel about the Vietnam War,/ about the presidency,/ through television?"//

この番組は視聴者に こう言わせた最初の番組なんです 「信じられない ベトナム戦争、大統領について テレビで好きなことを言えるんだ」

That's/ what we mean by a breakout show.//

これが私たちにとって大ヒットしたという意味です

So then,/ just/ like the last chart,/ look/ what happens.//

では、先ほどのチャートのように何があったか見ましょう

In 1970,/ the dam bursts.// The dam bursts.//

1970年に ダムが決壊しました ダムの決壊です

Comfort is no longer/ why we watch television.//

快適さはもはやテレビを見る理由ではなくなりました

社会的な主張と図々しい内容が 70年代を通して上昇しました

Now look at this.//

ではこれを見て下さい

The 70s means/ who?// Norman Lear.//

70年代は誰でしょう?ノーマン・レアです

You have "All/ in the Family,/"/ "Sanford and Son,/"/ and the dominant show --/ in the top-10/ for the entire 70s --/ "MAS*H."//

『オール・イン・ザ・ファミリー』、『サンフォード・アンド・サン』 そして圧倒的なのは 70年代通してのトップ10に入っている 『MAS*H』です

In the entire 50 years of television/ that we studied,/seven of 10 shows ranked most highly/ for irreverence appeared on air/ during the Vietnam War,/five of the top-10/ during the Nixon administration.//

研究した50年間の テレビ番組で 図々しい番組として トップ10にランクインするうちの7本は ベトナム戦争中に放映されたものです トップ10 のうち5つはニクソン時代に放映されました

Only one generation,/20 years in,/ and we discovered,/ Wow!// TV can do that?//

20年間のうち1世代だけでした これは発見でした すごい テレビでこんなことができるの

It can make me feel this?//

テレビでこんな風に感じるなんて

It can change us?//

私たちを変えることができるのか

So/ to this very,/ very savvy crowd,/ I also want to note/ the digital folks did not invent disruptive.//

この 本当に鋭い聴衆の皆さんに お伝えしておきたいことがあります デジタル時代になっても破壊的な発明は出ていません

Archie Bunker was shoved out of his easy chair/ along with the rest of us/ 40 years ago.//

アーチー・バンカーが私たちと一緒に 肘掛椅子から押しのけられたのは 40年も前です

This is a quick chart.// Here's another attribute:/ fantasy and imagination,/ which are shows defined as,/ "takes me/ out of my everyday realm"/ and "makes me feel better."//

簡単なグラフです また別の特性を示します ファンタジーや想像力を こんなふうに定義しました 「日常を忘れさせてくれるもの」や 「すっきりした気持ちになるもの」

That's mapped against the red dot,/ unemployment,/ which is a simple Bureau of Labor Department statistic.//

赤い点で表示してるのは失業者数で 労働省の統計を用いています

You'll see/ that every time fantasy and imagination shows rise,/ it maps to a spike/ in unemployment.//

見て下さい ファンタジーと想像力が上昇するのはいつも 失業の上昇と対応します

Do we want to see/ shows/ about people saving money/ and being unemployed?//

私たちは人がお金を節約したり 失業したりしている番組を見たいでしょうか

No.// In the 70s/ you have the bellwether show "The Bionic Woman"/ that rocketed into the top-10/ in 1973,/ followed by the "Six Million-Dollar Man"/ and "Charlie's Angels."//

見たくないですよね 70年代には 『バイオニック・ウーマン』という先駆的な番組があり 1973年に一気にトップ10入りしました 『シックスミリオンダラーマン』や 『チャーリーズエンジェルズ』も後に続きます

Another spike/ in the 1980s --/ another spike/ in shows/ about control and power.//

1980年にもう一つヒットがありました ― もう一つは支配と権力についての番組です

What were those shows?//

どんな番組があったでしょう?

Glamorous and rich.//

グラマラスでリッチな番組

『ダラス』や『ファンタジーアイランド』です

Incredible mapping of our national psyche/ with some hard and fast facts:/ unemployment.//

国民的な心理状態を信じられないくらい反映しています 失業というゆるぎない事実を受けた 心理状態です

So here/ you are,/ in my favorite chart,/ because this is our last 20 years.//

これは私の大好きなチャートです 最近20年間を表す図だからです

Whether/ or not you're in my business,/ you have surely heard or read of the decline of the thing called the three-camera sitcom and the rise of reality TV.//

テレビ業界にいてもいなくても 絶対に見聞きしているでしょうが スリーカメラのシットコムタイプの番組は衰退し リアリティー・テレビが伸びてきました

Well,/ as we say in the business,/ X marks the spot.//

業界用語でいうと バツテンに注目です

The 90s --/ the big bubbles of humor --/ we're watching "Friends,/"/ "Frasier,/"/ "Cheers"/ and "Seinfeld."//

90年代はユーモアが大きく栄えました 『フレンズ』『フレイザー』『チアーズ』 そして『サインフェルド』

Everything's good, low unemployment.//

社会が良くて 失業率も低かった

But look:/ X marks the spot.//

でも見て下さい バツマークが現れます

In 2001,/ the September 2001 television season,/ humor succumbs/ to judgment once and for all.//

2001年 2001年の9月のテレビシーズンでは ユーモアは判断力に決定的に負けてしまうんです

Why not?//

そうならないわけがありません

2000年に大統領選があり 最高裁で大統領を決めました

We had the bursting of the tech bubble.//

ドットコムバブルがはじけました

We had 9/11.//

9・11がありました

Anthrax becomes part of the social lexicon.//

炭素菌が日常の用語になりました

Look/ what happens/ when we keep going.//

これがやがてどうなったか見て下さい

At the turn of the century,/ the Internet takes off,/ reality television has taken hold.//

2000年以降 インターネットが立ち上がり リアリティTVが主流になります

What do people want in their TV then?//

テレビに求められるのは何でしょうか?

I would have thought revenge/ or nostalgia.//

私だったら 反撃とか ノスタルジーと考えたかもしれません

Give me/ some comfort;/ my world is falling apart.//

崩壊しかけた世界での心地よいもの

No, they want judgment.//

ところが 求められたのは判断でした

I can vote you/ off the island.//

テレビの登場人物を投票で追い出したり

I can keep Sarah Palin's daughter dancing.//

ペイリンの娘を番組でずっとダンスさせたり

I can choose the next American Idol.// You're fired.//

次のアメリカン・アイドルを選んだりクビにしたり

That's all great, right?//

全部すごいことですね

So/ as dramatically different/ as these television shows,/ pure entertainment,/ have been over the last 50 years --/ what did I start with?// --/ one basic instinct remains.//

これらのテレビ番組は劇的に変わりました では純粋なエンターテイメントは この50年どうだったのでしょう 最初に話したように 基本的な欲求は変わりません

We're animals,/ we need our moms.//

私たちは動物であり 母親が必要です

There has not been a decade of television/ without a definitive, dominant TV mom.//

明確で有力な母親像は どの10年代にもありました

The 1950s:/ June Cleever/ in the original comfort show,/ "Leave it/ to Beaver."//

1950年代には ほのぼのしたドラマ『ビーバーにまかせて』のジューン・クリーバー

Lucille Ball kept us/ laughing through the rise of social consciousness/ in the 60s.//

笑いが止まらない ルシル・ボールは 社会的な意識の高まった60年代の象徴

Maude Findlay,/ the epitome of the irreverent 1970s,/ who tackled abortion,/ divorce,/ even menopause on TV.//

モード・フィンドレイは 枠にとらわれない1970年代を代表する女優です 中絶、離婚 閉経までをテレビで扱いました

The 1980s,/ our first cougar was given to us/ in the form of Alexis Carrington.//

80年代には 最初のクーガーが登場します アレクシス・キャリントンが演じました

Murphy Brown took on a vice president/ when she took on the idea of single parenthood.//

マーフィー・ブラウンの演ずる副社長は 片親というアイデアも示しました

This era's mom,/ Bree Van de Kamp.//

この時代のお母さんは ブリー・バンデキャンプです

Now/ I don't know/ if this is the devil/ or the angel/ sitting on our conscience,/ sitting on television's shoulders,/ but I do know/ that I absolutely love this image.//

悪魔なのか天使なのかわかりませんが 私たちの良心と共に テレビの肩に乗っかっています とにかくこの映像は本当に大好きです

So/ to you all,/ the women of TEDWomen,/ the men of TEDWomen,/ the global audiences of TEDWomen,/ thank you/ for letting me present my idea/ about the conscience of television.//

皆さん TEDWoman の女性も男性も そして TEDWomanのグローバルな聴衆の皆さん テレビの良心について お話する機会をいただき感謝します

But let me also thank the incredible creators/ who get up/ everyday/ to put their ideas/ on our television screens/ throughout all these ages of television.//

また テレビ時代の日々にずっと テレビの映像にアイデアを盛り込んできた すばらしいクリエーターたちに 感謝します

They give it/ life/ on television,/ for sure,/ but it's you/ as viewers,/ through your collective social consciences,/ that give it/ life,/ longevity,/ power or not.//

彼らがテレビに命を吹き込んだだけでなく 視聴者もまた 集団として社会的な良心を通じて テレビに命を吹き込み 生きながらえさせ 力を与えたり奪ったりしました

So thanks very much.//

ありがとうございます

(拍手)

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

okay

=OK,O.K.

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

berate

〈人〉'を'ひどく叱りつける;‘に'小言を言う

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

idiot

(3‐4歳以下の知能しかない)白痴

《話》ばか(fool)

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

conscience

『良心』,道義心,善悪を判断する力

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

disseminate

〈思想・ニュースなど〉‘を'広める,普及させる

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

Nielsen rating

ニールセン視聴率(モニターによるテレビ番組の視聴率)

collective

集めた,収集された;畜積された,集積した

総合した,合わせた;集団の,団体の,共同の

=collective noun

集産主義組織(事業)

unconscious

(一時的に)『意識を失った』,人事不省の

《補語にのみ用いて》(…を)『気付いていない』,知らない《+of+名(doing)》

(動作などが)無意識の,何気なしの

(精神分析で)無意識

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

biology

『生物学』

probably

『たぶん』,『おそらく』

animal kingdom

動物界

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

primal

最初の,原始の

主要な,根本の

instinct

『本能』

〈C〉(…に対する)(生まれつきの)才能,素質,天分《+『for』+『名』(do『ing』)》

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

temper

〈C〉〈U〉『立腹,』かんしゃく(rage)

〈C〉『気質』,気性(disposition);『気分』,きげん

〈U〉(心の)『落ち着き』,平静,冷静(composure)

〈u〉(鉄・金属などの)硬度

(…で)〈…の強さ・激しさなど〉‘を'和らげる,ゆるめる《+名+with+名》

(苦労などで)…‘を'強くする,鍛える《+名+by+名》

〈鋼鉄・粘土など〉‘を'適度の硬さにする,焼き入れする

tame

(動物が)『飼いならされた』,人になれた

(人・動物が)『おとなしい』,

《話》おもしろくない,退屈な,つまらない

〈野獣など〉★を'『飼いならす,』(飼いならして)おとなしくさせる

…‘を'制御する,制御して利用する

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

awe

『畏敬』(いけい),畏怖

…‘に'畏敬の念を起こさせる

pity

〈U〉(…に対する)『あわれみ』,同情《+『for』+『名』》

〈C〉『残念』(『遺憾』)『なこと』,惜しいこと,気の毒なこと

(…で)…‘を'『気の毒に思う』,あわれむ,‘に'同情する《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

human being

人,人間

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

ambition

『大望』,野心,野望

〈C〉大望(野心)の対象(目的)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

entertainment

〈U〉『娯楽』,気晴らし,楽しみ

〈C〉催し物,余興,演芸

〈U〉客呼び,もてなし,歓待

cartoon

(政治的な)風刺漫画・(モザイク・壁掛け・壁画などの)実物大の下絵・

(一続きの)漫画・…'を'漫画化する・(1 枚の時事)風刺漫画・アニメ映画,動画(animated cartoon)・(新聞などの)続き漫画・(壁画などの)実物大下絵・漫画を描く

devil

『悪魔』,悪鬼;《the D-》魔王(Satan)

(悪魔のような)悪人,人非人;(…の)鬼,(悪徳の)権化(ごんげ)《+『of』+『名』》

精力家,腕のたっしゃな人

やつ(fellow),男

《俗》《強意語として》

《疑問詞の後で》いったいぜんたい

《強い否定》ぜったい…でない

(また『printer's devil』)印刷屋の使い走り,または見習いの少年

《米話》…‘を'いじめる,悩ませる

…‘を'辛く料理する

angel

『天使』

(美しさ・親切さなどで)天使のような人

守護神,守り神

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

tempt

(無分別・悪事などに)〈人〉‘を'『誘惑する』,そそのかす

…‘を'『そそる』,‘の'気を引く

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

emotionally

感情的に,情緒的に;感情に訴えて

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

ambiguity

(意味の)あいまいさ,不明りょうさ;〈C)あいまいな表現(語句)

outrage

〈C〉〈U〉(…に対する)暴行,乱暴(残虐)な行為《+『against』(『on, upon』)+『名』》

〈U〉激怒

…‘を'激怒させる

…‘に'乱暴を働く,‘を'踏みにじる

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

factual

事実の,事実に基づく

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

export

(外国へ)〈商品〉‘を'『輸出する』《+『名』+『to』+『名』》

〈C〉『輸出品』

〈U〉(…の)『輸出』《+『of』+『名』》

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

datum

dataの単数形

既知の事実

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

legendary

伝説の,伝説的な,伝説に記されている

有名な

rabbi

ユダヤの律法学者

ユダヤ教の聖職者;その尊称

jack

〈C〉ジャッキ,押上げ万力(まんりき)

〈C〉ジャック,プラグの差し込み口

〈C〉(また『knave』)(カードの)ジャック

《複数形で》(また『jackstones』)《単数扱い》ジャックス(一種のお手玉遊び)

(また『jackstone』)〈C〉(ジャックスで用いる)6本の角(つの)から成る金属製の駒,小石や動物の骨などの玉

《時にJ-》《話》男,やつ(fellow)

〈C〉雄のロバ(一般に動物の)雄

〈C〉(国籍を示すための)船首旗

〈U〉《俗》《通例J-》金(かね)(money)

…‘を'ジャッキで持ち上げる(動かす)《+『名』+『up』,+『op』+『名』》

stern

『厳格な』,断固とした

手厳しい,容赦のない

(顔つきなどが)『いかめしい』,険しい

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

superstar

(芸能・スポーツでの)スーパースター,超花形選手

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

uplift

…‘を'あげる,持ち上げる

〈精神〉‘を'高揚する,〈意気〉‘を'盛んにする

(社会的・道徳的・知的に)…‘を'向上させる

持ち上げること;(道徳的・社会的・知的)向上;精神的高揚

(土地の)隆起

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

steady

(速度・動作などが)『むらのない』,規則的な

『ぐらつかない』,しっかりした,安定した

『変わらない』,定まった

まじめな,着実な

動揺しない,落ち着いた

…‘を'安定させる,落ち着かせる

安定する,落ち着く

(婚約までは進んでいないが)決まった異性の交際相手(恋人)

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

wane

〈月が〉『欠ける』;〈潮が〉引く《+away》

〈光・勢力などが〉衰える,弱まる

〈季節などが〉終りに近づく

月が欠けること

衰え,衰弱

Cuban

キューバ[人]の

キューバ人

missile

『ミサイル』,ロケット弾

《文》飛び道具(石,矢.投げやりなど)

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

civil rights

市民権,公民権(選挙権,言論の自由,法のもとでの平等など諸権利の総称)

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

riot

〈C〉『暴動』,騒動;騒擾(そうじょう)

《a~》(色・音などの)『多彩』,はなやかさ;(感情・想像などの)ほとばしり,奔放《+『of』+『名』》

〈C〉《話》非常に愉快な(おもしろい)人(事,物)

暴動(騒動)に加わる,暴動を起こす

(…に)ふける,おぼれる《+『in』+『名』(do『ing』)》

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

bobby

巡査

Kennedy

ケネディー(『John Fitzgerald~』;1917‐63;米国第35代大統領(1961‐63);Dallasで暗殺される)

Watergate

ウォーターゲート事件(1972年Nixon米大統領が盗聴行為を暴露され1974年に失脚した事件)

plummet

まっすぐに落ちる(飛び込む)(plunge)

=plumb

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

telegenic

テレビ映りのよい

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

challenger

挑戦者

だれかと呼び掛ける人

異議を申し立てる人

(陪審員団の)忌避者

disaster

(突然の大きな)『災害』,災難・不幸

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

commentary

(…の)注解,注釈書,解説,論評《+『on』(『upon』)+『名』》

《複数形で》(…の)実録《+『on』+『名』》

irreverence

〈U〉不敬,非礼

〈C〉無礼な言動

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

bonanza

(鉱山中の)富鉱帯

《話》(富鉱帯を堀りあてたような)大当たり,思いがけない大幸運;宝庫

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

domestic

『家庭の』,家庭生活の,家事の

『家庭的な』,家事の好きな

(動物などが)『人に飼われている』,飼いならされた

『国内の』,自国の

国産の

(通例女性の)召使い,お手伝い

rising

〈U〉(…が)上がること,(…の)上昇;昇進《+『of』+『名』》

〈U〉起床

〈C〉蜂起,反乱

上がる,強まる,高まる

成長する,発達中の,上り坂にある

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

establishment

〈U〉(…の)『設立』,設置;確立,樹立;制定;立証《+『of』+『名』》

〈U〉(確立された)『制度』,秩序

《the E-》『体制』,権力機構;英国国教会

〈C〉(土地・家財道具・使用人などを含む)住居,家,世帯

〈C〉(公共または私設の)施設,機構(営業所・事業所・店・ホテル・食堂・学校・病院・図書館など);《集合的に》施設(機構)を構成する人々

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

socially

社会的に,社会によって

社交上;社交的に

irreverent

(行い・言葉などが)不敬な,非礼な

hippie

(また『hippy』)ヒッピー族の人(既成の文化・社会に無関心で,特異な服装をした若者たち)

rowan

ナナカマド(mountain ash)(バラ科の落葉高木)

martin

イワツバメ

viewer

テレビを視聴者

観察者,見物人

ビューアー(スライド・標本などを拡大して見る装置)

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

dramatically

劇的に,非常に効果的に

spike

大くぎ;(鉄道用)いぬくぎ

(へいの忍び返しなどの)先のとがった突起

スパイク(野救・陸上競技用の靴底の金具)

(…に)…‘を'大くぎで打ちつける《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'大くぎ(スパイク)を打ちつける

〈人〉‘を'すぱいくしゅ‐ずで傷つける;すぱいくする

bellwether

鈴つき羊(首に鈴をつけて群れを先導する雄羊)

先導する人(物)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

breakout

(刑務所・精神病院などからの)逃亡,脱走

発病

敵の包囲突破

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

smother

…‘を'窒息させる,窒息させる

(…で)〈火〉‘を'おおって消す《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…‘を'厚くおおう(包む)《+『名』+『with(in, between)』+『名』》

〈感情など〉‘を'おおい隠す,〈事実など〉‘を'もみ消す《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

窒息する,息苦しくなる

(息が詰まるほど)濃い霧(煙,ほこり)

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

presidency

《the presidency》大統領(総裁,学長,社長など)の職(任期)

〈U〉《しばしばPresidency》米大統領の職務(地位)

dam

〈C〉『ダム』,せき

〈U〉ダムでせき止めた水

〈水流など〉'を'『せき止める』《+『up』+『名』,+『up』+『名』》

〈感情など〉'を'むりやり抑える《+『up』(『back』)+『名,』+『名』+『up』》

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

Norman

〈C〉ノルマン人;《the Normans》ノルマン民族

10世紀にノルマンジーを征服した古代スカンジナビア

1066年,英国を征服したフランス人と古代スカンジナビア人の混血の子孫

(フランス北部ノルマンジー地方に住む人)

=Norman French

ノルマンジーの;ノルマン民族の

(建築が)ノルマン式の

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

rank

〈C〉〈U〉『階級』,等級;)相対的な)『順位』,地位:

〈U〉高い地位(身分)

〈C〉〈U〉(人・物の)『列』,並び;(兵隊)の横列

《the ranks》(また『rank and file』)(将校たちに対して)兵卒,下士官

…‘を'『並べる』

…‘を'『位置づける』,評価する

《米》…‘より'上位にある

『位置する』・「pull one's rank on 誰々」で「(誰々に)地位を悪用する; (意見が衝突したような場合に)階級をかさに着て(誰々に)命令を押しつける」

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

Nixon

ニクソン(『Richard Milhous~』;1913‐;米国第37代大統領1969‐74)

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

savvy

知る,分かる(understand)

もの分かり,飲み込み

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

bunker

船の石炭庫

《おもに英》バンカー(障害として作られたゴルフコースの砂地のくぼみ)(《米》sand trap)

掩蔽壕(えんぺいごう)

shove

…‘を'強く(乱暴に)押す

ぐいと押す,突く

ぐいと押すこと,突くこと

easy chair

安楽いす

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

fantasy

〈U〉想像,空想

〈C〉(実在しない,異様な)心象,イメージ

〈C〉空想的作品;幻想曲

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

realm

《文》王国(おもに法律・詩・修辞用語)

《しばしば複数形で》(学問などの)『分野』,領域

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

unemployment

失業,失職

失業者[数]

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

bureau

《米》(通例上部に鏡のついた)『たんす』(chest of drawers)

《おもに英》(引き出しのついた)大机

《米》(官庁の)『局』(《英》department)

(一般に)『事務所』,事務局

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

statistic

統計値,統計量

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

bionic

超人的な力の

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

Dallas

ダラス(米国 Texas州北部の市)

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

decline

(穏やかに,礼儀正しく)…'を'『断る』,拒絶する,拒否する

〈名詞・代名詞・形容詞〉'を'語形変化させる

『断る』,辞退する

《文》〈土地などが〉『下に傾く』;〈太陽・月が〉傾く

《文》『衰える』,衰徴する

『衰徴』,衰弱

sitcom

=situation comedy

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

mark

〈C〉(…の表面についた)『跡』,汚れ,はん点《+『on』+『名』》

〈C〉『印』,記号,符号,標章

〈C〉《おもに英》(学業などの)『点数』,成績,評価,(…の)得点《+『in』(『for』)+『名』》

〈C〉(ある性質の)『徴候』,『特徴』,現れ,様相《+『of』+『名』》

〈C〉(思想・生活などに及ぼす)『影響』,感化《+『on』+『名』》

〈C〉(境界などの)位置を示すもの,指標,目印

〈C〉『的』,標的

〈C〉《the mark》水準,標準

〈U〉《文》著名,重要性;名声

〈C〉(軽べつ・もの笑いなどの)対象,的

〈U〉《通例M-》武器記号,…型

〈C〉スタートライン

(…で)…‘に'『印をつける』,跡をつける《+『名』++『with』+『名』》

〈物が〉…‘を'印となっている,‘を'示している

…‘を'印(記号など)で示す

〈物・事柄などが〉…‘を'『特徴づける』,目立たせる

〈答案など〉‘に'点(印)をつける

(…の候補に)…‘を'選び出す《+『名』+『out for』+『名』》

…‘に'注意を払う,柱目する

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

cheers

(健康を祝して)乾杯

ありがとう

(特に電話で)ではまた

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

succumb

(…に)屈服する,屈する,負ける(yield)《+to+名》

(|で)死ぬ(die)《+to+名》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

presidential

大統領の,会長の,社長の

election

『選挙』

当選

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

Supreme Court

(米国連邦の,また米国各州の)最高裁判所

anthrax

炭疽(たんそ)熱(家畜の伝染病であるが人にもうつる)

lexicon

辞書(特にギリシア語・ヘブライ語・ラテン語などの古典語辞典) (特定分野の)語彙用語集 語彙目録

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

revenge

〈受けた危害・悔辱など〉‘に'『復讐』(ふくしゅう)『する』;〈人〉‘の'仇(あだ)を討つ

行為・言葉に対する人への)復讐(あくしゅう),仕返し;復讐心《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』〈行為・言葉〉》

nostalgia

ノスタルジア,昔を懐しむ気持ち,懐古の情

郷愁

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

idol

『偶像』,偶像神

『アイドル』,崇拝される人(物)

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

remains

残り,残り物

遺物,遺跡

なきがら(dead body),遺体,遺骨

mom

=mother

decade

『10年間』

definitive

決定的な,最終的な(final)

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

beaver

〈C〉ビーバー,海狸(水中に巣を作るげっ歯類の動物)

〈U〉ビーバーの毛皮

〈C〉ビーバーの毛皮製の帽子,(特に)シルクハット

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

consciousness

意識,知覚

(個人や集団の)意識,精神,意見

epitome

(…の)典型《+『of』+『名』》

《まれ》(作品・論文などの)要約《+『of』+『名』》

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

abortion

〈U〉〈C〉流産;妊娠中絶

〈U〉(計画などの)失敗;〈C〉(実現しなかった)案,計画

divorce

〈U〉〈C〉『離婚』,離縁

〈C〉《単数形で》完全な分離,絶縁

〈夫または妻〉‘と'『離婚する』,〈夫婦〉‘を'離婚させる

(…から)…‘を'分離する,切り離す《+『名』+『from』+『名』》

menopause

《the ~》(また《話》『change of life』)月経閉止期,更年期

cougar

クーガー,アメリカライオン(北・南米の高地に住む山猫の一種)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

brown

『褐色の』,『茶色の』

日に焼けた

『褐色』,『茶色』,トビ色

…'を'褐色にする

褐色になる

vice president

副大統領,副総裁,副総長,副会長,副社長,副頭取

parenthood

親であること,親の立場

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

van

有蓋トラック,ほろつきトラック(家具・商品・家畜などの運搬用に使われる)

《英》=boxcar

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

creator

創造者,創作者,創設者

《the C-》神,造物主(God)

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

longevity

長生き,長寿

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画