TED日本語 - ティモシー・バルティック: 幼児教育の経済論

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ティモシー・バルティックはマクロ経済の観点から幼児教育について論理的に訴えます。そして子供が該当する年齢ではない人(もしくは子供のいない人)にとっても、子供への投資が喜ばしいものである理由を説明します。そして子供に十分な教育を与えることの経済的利益は、自己犠牲愛をはるかにしのぐ結果となるのです。(TEDxMiamiUniversity にて撮影)

Script

今日は少し違った視点で 幼児教育に投資することがなぜ 公共投資として意味があるかを お話したいと思います どこが違う視点なのかというとー 幼児教育の話になると どんなすばらしい効果があるかが 通常 議論されます こんな幼児教育をうけた子供達は 他の子供より 学校のテストでより良い点数を取り 大人になってより高い収入を得るとか それはとても重要な事です しかし私がお話ししたいのは 幼児教育が 州の経済安定や発展を促すのに どんな役割を果たしているかです

実はこれはとても重要です なぜなら初期幼児教育への投資を増やすのに 必要なのは 州政府に興味を持ってもらう事だからです 連邦政府は手一杯なので 州政府が推し進めることになるからです ですから私達は州の議員達に 訴えかけなければいけません そして 州の経済発展を 促進しなければならないと 理解させるのです 経済的発展を促すといっても 魔法を使うわけではありません 早期幼児教育はもっと多くの より良い仕事を 産み出す可能性があり それゆえ 州の一人あたりの所得アップを 促進してくれるのです

ところで通常人々は 州や地域の発展を始めから 育児や幼児教育プログラムに 結び付けるようなことは あまりしないですよね その通りです 私はこれらの問題に ほとんどの研究生活を費やしてきました そして経済発展局の役人や 多くの議員達に これらの議題について話をしました 経済発展について考える時 彼らがまず考えるのが 優遇税制や資産税減税 雇用創出控除についてです こんなプログラムは 至る所に山ほどあります 例えば 州がとても精力的に 新車工場や自動車工場拡大を促したとしましょう 彼らは全種の事業税制措置を施します それらが本当にビジネスを誘致できるなら これらの計画には意味があります これがもっと多くの より良い仕事を生み出す事によって 雇用率を上昇させ 州住人の個人所得を上げるからです 企業の税が安くなることで 州住民が 支払うコストに 見合う恩恵を受けられるのです

私の議論は本質的に早期幼児教育プログラムが まさに同じ事ができる そして もっと多くのより良い雇用を生むというものです 違う方法でですが 確かにより間接的ですがね これらのプログラムがより多くの良い雇用を生み出すには 質の高い幼児教育に投資し 将来的に地域の労働者の技術を向上させる事です 教育を受けた子供の多くがその土地に残れば 今度は その質の高い労働力が 地域社会の 雇用創出や 一人当たりの所得向上を 推進させる鍵となります

では これに関する数字に目を向けてみましょう ここで広範囲に渡る研究の結果に注目します まずは 早期幼児教育プログラムが どれほど 現在の大人の学業成績や賃金やスキルに 影響を与えているかを示す研究 ― この効果はすでにわかっています また どのくらいの人が移住せずに 州に残って地方経済に貢献するか ― そして彼らの能力がどれくらい 雇用を生み出せるか ― これら3つの研究結果から 導き出された結論です 幼児教育に投資する1ドルに対して 州住民の一人あたりの所得は 2ドル78セント上昇するというもので つまり3倍の利益を産み出します これを16倍のリターンまで上げることも可能です もし犯罪がもっと減り ― 幼児教育を受けた人が 誰一人州から出ていかないと 仮定すればですが ― しかしこの3ドルに注目するには 正当な理由があるのです なぜならこれは 行動するべき州の 州議員や政治家にとって重要な数字だからです 経済発展を考えた時 州の政治家が考慮すべき 重要なメリットがここにあるのです

さて よく聞く反対派の意見ですが みんな遠慮して言わないから もしかしたら聞いたことがないかもしれませんね なぜ他人の子供達に投資するために より多くの税を払わなければいけないのかとか 自分に何の得があるのかというものです この反対意見が問題なのは 全くの誤解を反映しており 地域社会はどれ程 持ちつ持たれつの個々人を 巻き込んでいるか理解されていないことです とりわけここで言う相互依存とは 技術による大規模な波及効果のことです 他人の子供達がよりスキルを得る場合 実はスキルに変化のない人々を含む 他の全ての人も より繁栄するという事なのです 例えば何が実際 都市地域の成長を 促しているかという 莫大な調査の結果が示すのは 低課税 低コスト 低賃金の状況などではなく その地域のスキルの高さです スキルを測る尺度は その地域の大学卒業率です 例えばボストンやミネアポリス セントポール シリコンバレーのような都市地域を見ると これらの都市は低コストだから 経済的にうまくいっているというわけでは ありません シリコンバレーで家を買うなら まったく安くはありません ハイレベルなスキルを持っているため これらの都市は成長できるのです ですから他人の子供達に投資し 彼らのスキルを高める事は 都市部全体の雇用率を 上げる事なのです 他の例を挙げてみましょう 何が個人の賃金を決定するのかという 統計の研究を見ると 個人の賃金は 部分的には受けた教育に 関係するという事が わかります 例えば大卒かどうかということです もう一つ付け加えると 面白いことに あなた個人の教育水準が一定に 保たれている場合においても 統計的に見ると 都市地域の他の人全ての教育水準が あなたの賃金に影響を与えます あなたの教育背景が変わらなくとも 都市地域の大卒率を上げたなら あなたの賃金にとても良い影響を 与えるという事がわかるでしょう 実際その効果はとても高いので ある人が学位をとった時 都市地域の他の人達の賃金に 与える波及効果は 実はその直接的な影響より大きくなります 学位をとった場合 その人の生涯賃金は 70万ドル以上も上がります 都市地域の大卒率を上げるという事は その地域の全ての人への影響があります 一個人だけでは小さな影響ですが 都市地域全ての人の教育水準を上げた場合 実際 合計すると 1人当たりの賃金を 100万ドルほど上げる事になります 教育を受ける事を選んだ本人が 直接受ける利益より 実際はるかに大きいのです

ここで何が起こっているのか これら絶大な教育の波及効果を どう説明できるのでしょうか こう考えてみましょう 私が世界で最もスキルを持った人物だったとします しかし自分の会社の 他の全ての人にスキルがなければ 雇用主は新しい生産技術を導入する事は 難しいと思うようになるでしょう 結果として雇用主は生産的ではなくなり 私に良い賃金を払う余裕はなくなるでしょう たとえ会社の人がスキルを持っていたとしても 会社の仕入れ元の人々が 優秀なスキルを持っていなければ 私の会社は 国内・国際市場で戦うには 競争的ではなくなるでしょう また同様に 競争力の低い会社は 私に良い賃金を払う事はできないでしょう そしてハイテクビジネスでは特に 絶えず他のビジネスからアイデアや人材を盗んでいます ですからシリコンバレーの会社の生産性は明らかに その会社で働いている人達のスキルだけではなく 都市地域の他の会社の人達のスキルと 大いに関係しているのです 結局 質の高い幼児教育などを通して 他人の子供達に投資する事ができれば その子供達を手助けしているだけでなく 都市地域の全ての人々が高い賃金を受け取ったり 職を得ることの支援に なるのです

幼児教育投資に関して ここで 時々見かける別の反対意見は 移住する人達についての問題です 例えばオハイオ州が コロンバスの幼児教育に より力を注ぐことを 検討しているとします しかしオハイオ州の子供達が 将来的に ミシガン州のアナーバーに移住するのではと 心配します そしてミシガン州は アナーバーの幼児教育に投資しても ミシガンの子供達が結局移住して オハイオ州の住人になるのではと心配します みんな移住してしまうのだからと 両者ともに投資を控えてしまいます データを見ると実は 人々が思うほど アメリカ人は移動に 積極的ではありません 60パーセント以上のアメリカ人が 職務キャリアのほとんどを 生まれた州で積んでいるとデータは示しています その比率は州によってそんなに変わりません 州の経済や 好景気 不景気かによっても そんなに変わらない 時代によってもそんなに変動しない つまり子供達に投資をしたならば 実際その子供達は その州に留まるであろうという事です あるいは少なくとも 彼らのうち州経済に 還元するのに十分な程には留まるでしょう

要するに 高い質をもって 幼児教育が運営されるなら より高度な熟練したスキルがもたらされるのだと 多くの研究は示しているのです また研究結果から 州に留まる人達は地元州の経済により関心を持つようになり 高度なスキルを持つ働き手が多くいる事は 地域経済に高賃金と高い雇用を もたらすという事が 証明されています 計算すると 1ドルの投資に対して 州の経済に3ドルほどの利益が あるとわかります 私の意見では この研究の結果は とても説得力があり 論理的です ではこれを成し遂げるための障害とは何でしょう

そうですね 一つ明らかな障壁はコストです いったいどれくらいのコストがかかるのかー もし全ての州政府が 4歳の全日プログラムの全幼稚園に投資したら その全国内コストは 大体300億ドルにもなるでしょう 300億ドルは大金です 一方合衆国の人口が 3億人以上であることを考えれば 私達は1人当たり100ドルくらいの額の お金について話していると いう事になります いいですか 1人当たり100ドルというのは どの州政府でも払う余裕のある額です つまり単に政治的な意思の問題なのです もちろん先ほど述べたように このコストは利益と比例します 私は余剰収入の800億ドルの観点から 州経済におよそ3倍の 利益があると言いました ここで何十億という想像しにくい話を 身近な話にたとえましょう それはつまり 平均的な低収入の家庭の子供に 幼児教育を受けさせるだけで その子供の生涯にわたっての収入を 約10%増やせるという事なのです 幼稚園から高校卒業までの教育や 大学の授業料や進学率を改善するわけではなく ただ幼稚園を直接改善するだけで 中流家庭の子供達は5%高い収入を 得ることができます ですからこれは 州人口における幅広い所得層に対して 具体的な意味で見返りがあって 多くの明白な利益を生む投資なのです

これでコストの障害はクリアです 実はもっと根深い障壁は 早期幼児プログラムのメリットが明らかになるまでに 時間がかかることです この議論で私が言いたいのは 地域の労働力の質を高めれば 経済発展が促されるという事です 4歳児の幼稚園があったとしても 5歳になったらすぐ悪環境の中で 働かせるわけではないでしょう? 私はそう願います 私達が話しているこの投資は 州経済に与える影響の視点からすると 15~20年は元が取れるものではないでしょう もちろんアメリカは 短期的思考の社会として悪名高い国です これに対して お答えできるのは これらのプログラムには特殊教育や補習教育の コストの早期削減において 利益があるということです また親が早期教育に関心を持ち 良質な幼稚園を求め 移動することによる 経済効果があるかもしれません その通りなのですが ある意味 重要な点を見落としています

結局私達は 将来の為に投資しているのです 最後に皆さんに考えていただきたいのは 究極ともいえる問題です 私は経済学者ですが これは究極的には 経済学の問題ではなく モラルの問題なのです 私達はアメリカ人として また社会としてー 自分達の子供の為だけでなく 私達の地域共同体の長期的な将来を良くする為に 敢えてもっと税金を払い 今を犠牲にする政治的選択をすることが できるでしょうか? 国としてできるでしょうか? そしてそれは各市民そして有権者が 自分自身に問いかける必要があることなのです あなたは長期的投資に関心を持ち 投資に値するものだと信じますか それが投資の概念なのです 後の利益の為に 今を犠牲にするのです

地域経済の幼児教育利益に関する 研究による証拠は かなり強いと私は思います しかし 市民としてまた 有権者としての モラルと政治の選択は依然として私達次第なのです

ありがとうございました(拍手)

In this talk today, I want to present a different idea for why investing in early childhood education makes sense as a public investment. It's a different idea, because usually, when people talk about early childhood programs, they talk about all the wonderful benefits for participants in terms of former participants, in preschool, they have better K-12 test scores, better adult earnings. Now that's all very important, but what I want to talk about is what preschool does for state economies and for promoting state economic development.

And that's actually crucial because if we're going to get increased investment in early childhood programs, we need to interest state governments in this. The federal government has a lot on its plate, and state governments are going to have to step up. So we have to appeal to them, the legislators in the state government, and turn to something they understand, that they have to promote the economic development of their state economy. Now, by promoting economic development, I don't mean anything magical. All I mean is, is that early childhood education can bring more and better jobs to a state and can thereby promote higher per capita earnings for the state's residents.

Now, I think it's fair to say that when people think about state and local economic development, they don't generally think first about what they're doing about childcare and early childhood programs. I know this. I've spent most of my career researching these programs. I've talked to a lot of directors of state economic development agencies about these issues, a lot of legislators about these issues. When legislators and others think about economic development, what they first of all think about are business tax incentives, property tax abatements, job creation tax credits, you know, there are a million of these programs all over the place. So for example, states compete very vigorously to attract new auto plants or expanded auto plants. They hand out all kinds of business tax breaks. Now, those programs can make sense if they in fact induce new location decisions, and the way they can make sense is, by creating more and better jobs, they raise employment rates, raise per capita earnings of state residents. So there is a benefit to state residents that corresponds to the costs that they're paying by paying for these business tax breaks.

My argument is essentially that early childhood programs can do exactly the same thing, create more and better jobs, but in a different way. It's a somewhat more indirect way. These programs can promote more and better jobs by, you build it, you invest in high-quality preschool, it develops the skills of your local workforce if enough of them stick around, and, in turn, that higher-quality local workforce will be a key driver of creating jobs and creating higher earnings per capita in the local community.

Now, let me turn to some numbers on this. Okay. If you look at the research evidence -- that's extensive -- on how much early childhood programs affect the educational attainment, wages and skills of former participants in preschool as adults, you take those known effects, you take how many of those folks will be expected to stick around the state or local economy and not move out, and you take research on how much skills drive job creation, you will conclude, from these three separate lines of research, that for every dollar invested in early childhood programs, the per capita earnings of state residents go up by two dollars and 78 cents, so that's a three-to-one return. Now you can get much higher returns, of up to 16-to-one, if you include anti-crime benefits, if you include benefits to former preschool participants who move to some other state, but there's a good reason for focusing on these three dollars because this is salient and important to state legislators and state policy makers, and it's the states that are going to have to act. So there is this key benefit that is relevant to state policy makers in terms of economic development.

Now,one objection you often hear, or maybe you don't hear it because people are too polite to say it, is, why should I pay more taxes to invest in other people's children? What's in it for me? And the trouble with that objection, it reflects a total misunderstanding of how much local economies involve everyone being interdependent. Specifically, the interdependency here is, is that there are huge spillovers of skills -- that when other people's children get more skills, that actually increases the prosperity of everyone, including people whose skills don't change. So for example, numerous research studies have shown if you look at what really drives the growth rate of metropolitan areas, it's not so much low taxes, low cost, low wages; it's the skills of the area. Particularly, the proxy for skills that people use is percentage of college graduates in the area. So when you look, for example, at metropolitan areas such as the Boston area, Minneapolis-St. Paul, Silicon Valley, these areas are not doing well economically because they're low-cost. I don't know if you ever tried to buy a house in Silicon Valley. It's not exactly a low-cost proposition. They are growing because they have high levels of skills. So when we invest in other people's children, and build up those skills, we increase the overall job growth of a metro area. As another example, if we look at what determines an individual's wages, and we do statistical exploration of that, what determines wages, we know that the individual's wages will depend, in part, on that individual's education, for example whether or not they have a college degree. One of the very interesting facts is that, in addition, we find that even once we hold constant, statistically, the effect of your own education, the education of everyone else in your metropolitan area also affects your wages. So specifically, if you hold constant your education, you stick in percentage of college graduates in your metro area, you will find that has a significant positive effect on your wages without changing your education at all. In fact, this effect is so strong that when someone gets a college degree, the spillover effects of this on the wages of others in the metropolitan area are actually greater than the direct effects. So if someone gets a college degree, their lifetime earnings go up by a huge amount, over 700,000 dollars. There's an effect on everyone else in the metro area of driving up the percentage of college graduates in the metro area, and if you add that up -- it's a small effect for each person, but if you add that up across all the people in the metro area, you actually get that the increase in wages for everyone else in the metropolitan area adds up to almost a million dollars. That's actually greater than the direct benefits of the person choosing to get education.

Now, what's going on here? What can explain these huge spillover effects of education? Well, let's think about it this way. I can be the most skilled person in the world, but if everyone else at my firm lacks skills, my employer is going to find it more difficult to introduce new technology, new production techniques. So as a result, my employer is going to be less productive. They will not be able to afford to pay me as good wages. Even if everyone at my firm has good skills, if the workers at the suppliers to my firm do not have good skills, my firm is going to be less competitive competing in national and international markets. And again, the firm that's less competitive will not be able to pay as good wages, and then, particularly in high-tech businesses, they're constantly stealing ideas and workers from other businesses. So clearly the productivity of firms in Silicon Valley has a lot to do with the skills not only of the workers at their firm, but the workers at all the other firms in the metro area. So as a result, if we can invest in other people's children through preschool and other early childhood programs that are high-quality, we not only help those children, we help everyone in the metropolitan area gain in wages and we'll have the metropolitan area gain in job growth.

Another objection used sometimes here to invest in early childhood programs is concern about people moving out. So, you know, maybe Ohio's thinking about investing in more preschool education for children in Columbus, Ohio, but they're worried that these little Buckeyes will, for some strange reason, decide to move to Ann Arbor, Michigan, and become Wolverines. And maybe Michigan will be thinking about investing in preschool in Ann Arbor, Michigan, and be worried these little Wolverines will end up moving to Ohio and becoming Buckeyes. And so they'll both underinvest because everyone's going to move out. Well, the reality is, if you look at the data, Americans aren't as hyper-mobile as people sometimes assume. The data is that over 60 percent of Americans spend most of their working careers in the state they were born in, over 60 percent. That percentage does not vary much from state to state. It doesn't vary much with the state's economy, whether it's depressed or booming, it doesn't vary much over time. So the reality is, if you invest in kids, they will stay. Or at least, enough of them will stay that it will pay off for your state economy.

Okay, so to sum up, there is a lot of research evidence that early childhood programs, if run in a high-quality way, pay off in higher adult skills. There's a lot of research evidence that those folks will stick around the state economy, and there's a lot of evidence that having more workers with higher skills in your local economy pays off in higher wages and job growth for your local economy, and if you calculate the numbers for each dollar, we get about three dollars back in benefits for the state economy. So in my opinion, the research evidence is compelling and the logic of this is compelling. So what are the barriers to getting it done?

Well,one obvious barrier is cost. So if you look at what it would cost if every state government invested in universal preschool at age four, full-day preschool at age four, the total annual national cost would be roughly 30 billion dollars. So,30 billion dollars is a lot of money. On the other hand, if you reflect on that the U.S.'s population is over 300 million, we're talking about an amount of money that amounts to 100 dollars per capita. Okay? A hundred dollars per capita, per person, is something that any state government can afford to do. It's just a simple matter of political will to do it. And, of course, as I mentioned, this cost has corresponding benefits. I mentioned there's a multiplier of about three,2.78, for the state economy, in terms of over 80 billion in extra earnings. And if we want to translate that from just billions of dollars to something that might mean something, what we're talking about is that, for the average low-income kid, that would increase earnings by about 10 percent over their whole career, just doing the preschool, not improving K-12 or anything else after that, not doing anything with college tuition or access, just directly improving preschool, and we would get five percent higher earnings for middle-class kids. So this is an investment that pays off in very concrete terms for a broad range of income groups in the state's population and produces large and tangible benefits.

Now, that's one barrier. I actually think the more profound barrier is the long-term nature of the benefits from early childhood programs. So the argument I'm making is, is that we're increasing the quality of our local workforce, and thereby increasing economic development. Obviously if we have a preschool with four-year-olds, we're not sending these kids out at age five to work in the sweatshops, right? At least I hope not. So we're talking about an investment that in terms of impacts on the state economy is not going to really pay off for 15 or 20 years, and of course America is notorious for being a short term-oriented society. Now one response you can make to this, and I sometimes have done this in talks, is people can talk about, there are benefits for these programs in reducing special ed and remedial education costs, there are benefits, parents care about preschool, maybe we'll get some migration effects from parents seeking good preschool, and I think those are true, but in some sense they're missing the point.

Ultimately, this is something we're investing in now for the future. And so what I want to leave you with is what I think is the ultimate question. I mean, I'm an economist, but this is ultimately not an economic question, it's a moral question: Are we willing, as Americans, are we as a society still capable of making the political choice to sacrifice now by paying more taxes in order to improve the long-term future of not only our kids, but our community? Are we still capable of that as a country? And that's something that each and every citizen and voter needs to ask themselves. Is that something that you are still invested in, that you still believe in the notion of investment? That is the notion of investment. You sacrifice now for a return later.

So I think the research evidence on the benefits of early childhood programs for the local economy is extremely strong. However, the moral and political choice is still up to us, as citizens and as voters.

Thank you very much. (Applause)

In this talk/ today,/ I want to present/ a different idea/ for why investing in early childhood education makes sense/ as a public investment.//

今日は少し違った視点で 幼児教育に投資することがなぜ 公共投資として意味があるかを お話したいと思います

It's a different idea,/ because usually,/ when people talk about early childhood programs,/ they talk about all the wonderful benefits/ for participants/ in terms of former participants,/ in preschool,/ they have better K-12 test scores,/ better adult earnings.//

どこが違う視点なのかというとー 幼児教育の話になると どんなすばらしい効果があるかが 通常 議論されます こんな幼児教育をうけた子供達は 他の子供より 学校のテストでより良い点数を取り 大人になってより高い収入を得るとか

Now/ that's all very important,/ but what I want to talk/ about is/ what preschool does for state economies/ and/ for promoting state economic development.//

それはとても重要な事です しかし私がお話ししたいのは 幼児教育が 州の経済安定や発展を促すのに どんな役割を果たしているかです

And that's actually crucial/ because/ if we're going to get/ increased investment/ in early childhood programs,/ we need to interest state governments/ in this.//

実はこれはとても重要です なぜなら初期幼児教育への投資を増やすのに 必要なのは 州政府に興味を持ってもらう事だからです

The federal government has a lot/ on its plate,/ and state governments are going to have to step up.//

連邦政府は手一杯なので 州政府が推し進めることになるからです

So/ we have to appeal/ to them,/ the legislators/ in the state government,/ and turn/ to something/ they understand,/ that they have to promote/ the economic development of their state economy.//

ですから私達は州の議員達に 訴えかけなければいけません そして 州の経済発展を 促進しなければならないと 理解させるのです

Now,/ by promoting economic development,/ I don't mean anything magical.//

経済的発展を促すといっても 魔法を使うわけではありません

All I mean is,/ is/ that early childhood education can bring more and better jobs/ to a state/ and can thereby promote higher/ per capita earnings/ for the state's residents.//

早期幼児教育はもっと多くの より良い仕事を 産み出す可能性があり それゆえ 州の一人あたりの所得アップを 促進してくれるのです

Now,/ I think/ it's fair/ to say/ that/ when people think about state and local economic development,/ they don't generally think first/ about what they're doing/ about childcare and early childhood programs.//

ところで通常人々は 州や地域の発展を始めから 育児や幼児教育プログラムに 結び付けるようなことは あまりしないですよね

I know this.// I've spent most of my career/ researching these programs.//

その通りです 私はこれらの問題に ほとんどの研究生活を費やしてきました

I've talked to a lot of directors of state economic development agencies/ about these issues,/ a lot of legislators/ about these issues.//

そして経済発展局の役人や 多くの議員達に これらの議題について話をしました

When legislators and others think about economic development,/ what they first of all think/ about are business tax incentives,/ property tax abatements,/ job creation tax credits,/ you know,/ there are a million of these programs all/ over the place.//

経済発展について考える時 彼らがまず考えるのが 優遇税制や資産税減税 雇用創出控除についてです こんなプログラムは 至る所に山ほどあります

So/ for example,/ states compete very vigorously/ to attract new auto plants or expanded auto plants.//

例えば 州がとても精力的に 新車工場や自動車工場拡大を促したとしましょう

They hand out/ all kinds of business tax breaks.//

彼らは全種の事業税制措置を施します

Now,/ those programs can make sense/ if they/ in fact induce new location decisions,/ and the way/ they can make/ sense is,/ by creating more and better jobs,/ they raise employment rates,/ raise per capita earnings of state residents.//

それらが本当にビジネスを誘致できるなら これらの計画には意味があります これがもっと多くの より良い仕事を生み出す事によって 雇用率を上昇させ 州住人の個人所得を上げるからです

So there is a benefit/ to state residents/ that corresponds to the costs/ that they're paying/ by paying for these business tax breaks.//

企業の税が安くなることで 州住民が 支払うコストに 見合う恩恵を受けられるのです

My argument is essentially/ that early childhood programs can do exactly the same thing,/ create more and better jobs,/ but in a different way.//

私の議論は本質的に早期幼児教育プログラムが まさに同じ事ができる そして もっと多くのより良い雇用を生むというものです 違う方法でですが

It's a somewhat more indirect way.//

確かにより間接的ですがね

These programs can promote more and better jobs by,/ you build it,/ you invest in high-quality preschool,/ it develops the skills of your local workforce/ if enough of them stick around,/ and,/ in turn,/ that higher-quality local workforce will be a key driver of creating jobs/ and creating higher earnings/ per capita/ in the local community.//

これらのプログラムがより多くの良い雇用を生み出すには 質の高い幼児教育に投資し 将来的に地域の労働者の技術を向上させる事です 教育を受けた子供の多くがその土地に残れば 今度は その質の高い労働力が 地域社会の 雇用創出や 一人当たりの所得向上を 推進させる鍵となります

Now,/ let me/ turn to some numbers/ on this.//

では これに関する数字に目を向けてみましょう

Okay.// If you look at the research evidence --/ that's extensive --/ on how much/ early childhood programs affect the educational attainment,/ wages and skills of former participants/ in preschool/ as adults,/ you take those known effects,/ you take how many of those folks will be expected to stick/ around the state or local economy/ and not move out,/ and you take research/ on how much skills drive job creation,/ you will conclude,/ from these three separate lines of research,/ that/ for every dollar invested in early childhood programs,/ the per capita earnings of state residents go up/ by two dollars and 78 cents,/ so that's a three-to-one return.//

ここで広範囲に渡る研究の結果に注目します まずは 早期幼児教育プログラムが どれほど 現在の大人の学業成績や賃金やスキルに 影響を与えているかを示す研究 ― この効果はすでにわかっています また どのくらいの人が移住せずに 州に残って地方経済に貢献するか ― そして彼らの能力がどれくらい 雇用を生み出せるか ― これら3つの研究結果から 導き出された結論です 幼児教育に投資する1ドルに対して 州住民の一人あたりの所得は 2ドル78セント上昇するというもので つまり3倍の利益を産み出します

Now/ you can get much higher returns,/ of up/ to 16-to-one,/ if you include anti-crime benefits,/ if you include benefits/ to former preschool participants/ who move to some other state,/ but there's a good reason/ for focusing on these three dollars/ because this is salient and important/ to state legislators and state policy makers,/ and it's the states/ that are going to have to act.//

これを16倍のリターンまで上げることも可能です もし犯罪がもっと減り ― 幼児教育を受けた人が 誰一人州から出ていかないと 仮定すればですが ― しかしこの3ドルに注目するには 正当な理由があるのです なぜならこれは 行動するべき州の 州議員や政治家にとって重要な数字だからです

So there is this key benefit/ that is relevant/ to state policy makers/ in terms of economic development.//

経済発展を考えた時 州の政治家が考慮すべき 重要なメリットがここにあるのです

Now,/one objection/ you often hear,/ or maybe/ you don't hear it/ because people are too polite/ to say it,/ is,/ why should I pay more taxes/ to invest in other people's children?//

さて よく聞く反対派の意見ですが みんな遠慮して言わないから もしかしたら聞いたことがないかもしれませんね なぜ他人の子供達に投資するために より多くの税を払わなければいけないのかとか

What's in it/ for me?//

自分に何の得があるのかというものです

And the trouble/ with that objection,/ it reflects a total misunderstanding of how much/ local economies involve everyone/ being interdependent.//

この反対意見が問題なのは 全くの誤解を反映しており 地域社会はどれ程 持ちつ持たれつの個々人を 巻き込んでいるか理解されていないことです

Specifically,/ the interdependency here is,/ is/ that there are huge spillovers of skills --/ that/ when other people's children get more skills,/ that actually increases the prosperity of everyone,/ including people/ whose skills don't change.//

とりわけここで言う相互依存とは 技術による大規模な波及効果のことです 他人の子供達がよりスキルを得る場合 実はスキルに変化のない人々を含む 他の全ての人も より繁栄するという事なのです

So/ for example,/ numerous research studies have shown/ if you look at what really drives the growth rate of metropolitan areas,/ it's not so much/ low taxes,/ low cost,/ low wages;/ it's the skills of the area.// Particularly,/ the proxy/ for skills/ that people use/ is percentage of college graduates/ in the area.//

例えば何が実際 都市地域の成長を 促しているかという 莫大な調査の結果が示すのは 低課税 低コスト 低賃金の状況などではなく その地域のスキルの高さです スキルを測る尺度は その地域の大学卒業率です

So/ when you look,/ for example,/ at metropolitan areas/ such as the Boston area,/ Minneapolis-St.// Paul,/ Silicon Valley,/ these areas are not doing well economically/ because they're low-cost.//

例えばボストンやミネアポリス セントポール シリコンバレーのような都市地域を見ると これらの都市は低コストだから 経済的にうまくいっているというわけでは ありません

I don't know/ if you ever tried to buy/ a house/ in Silicon Valley.//

シリコンバレーで家を買うなら

It's not exactly/ a low-cost proposition.//

まったく安くはありません

They are growing/ because they have high levels of skills.//

ハイレベルなスキルを持っているため これらの都市は成長できるのです

So/ when we invest in other people's children,/ and build up/ those skills,/ we increase the overall job growth of a metro area.//

ですから他人の子供達に投資し 彼らのスキルを高める事は 都市部全体の雇用率を 上げる事なのです

As another example,/ if we look at what determines an individual's wages,/ and we do statistical exploration of that,/ what determines wages,/ we know/ that the individual's wages will depend,/ in part,/ on that individual's education,/ for example/ whether or not they have a college degree.//

他の例を挙げてみましょう 何が個人の賃金を決定するのかという 統計の研究を見ると 個人の賃金は 部分的には受けた教育に 関係するという事が わかります 例えば大卒かどうかということです

One of the very interesting facts is/ that,/ in addition,/ we find/ that even/ once we hold constant,/ statistically,/ the effect of your own education,/ the education of everyone else/ in your metropolitan area also affects your wages.//

もう一つ付け加えると 面白いことに あなた個人の教育水準が一定に 保たれている場合においても 統計的に見ると 都市地域の他の人全ての教育水準が あなたの賃金に影響を与えます

So specifically,/ if you hold/ constant your education,/ you stick in percentage of college graduates/ in your metro area,/ you will find/ that has a significant positive effect/ on your wages/ without changing your education/ at all.//

あなたの教育背景が変わらなくとも 都市地域の大卒率を上げたなら あなたの賃金にとても良い影響を 与えるという事がわかるでしょう

In fact,/ this effect is so strong/ that/ when someone gets a college degree,/ the spillover effects of this/ on the wages of others/ in the metropolitan area are actually greater/ than the direct effects.//

実際その効果はとても高いので ある人が学位をとった時 都市地域の他の人達の賃金に 与える波及効果は 実はその直接的な影響より大きくなります

So/ if someone gets a college degree,/ their lifetime earnings go up/ by a huge amount,/ over 700,000 dollars.//

学位をとった場合 その人の生涯賃金は 70万ドル以上も上がります

There's an effect/ on everyone else/ in the metro area of driving up/ the percentage of college graduates/ in the metro area,/ and/ if you add that up --/ it's a small effect/ for each person,/ but/ if you add/ that up/ across all the people/ in the metro area,/ you actually get/ that the increase/ in wages/ for everyone else/ in the metropolitan area adds up to almost a million dollars.//

都市地域の大卒率を上げるという事は その地域の全ての人への影響があります 一個人だけでは小さな影響ですが 都市地域全ての人の教育水準を上げた場合 実際 合計すると 1人当たりの賃金を 100万ドルほど上げる事になります

That's actually greater/ than the direct benefits of the person/ choosing to get education.//

教育を受ける事を選んだ本人が 直接受ける利益より 実際はるかに大きいのです

Now,/ what's going on/ here?//

ここで何が起こっているのか

What can explain these huge spillover effects of education?//

これら絶大な教育の波及効果を どう説明できるのでしょうか

Well,/ let's think about it/ this way.//

こう考えてみましょう

I can be the most skilled person/ in the world,/ but/ if everyone else/ at my firm lacks skills,/ my employer is going to find/ it more difficult/ to introduce new technology,/ new production techniques.//

私が世界で最もスキルを持った人物だったとします しかし自分の会社の 他の全ての人にスキルがなければ 雇用主は新しい生産技術を導入する事は 難しいと思うようになるでしょう

So/ as a result,/ my employer is going to be less productive.//

結果として雇用主は生産的ではなくなり

They will not be able to afford to pay/ me/ as good wages.//

私に良い賃金を払う余裕はなくなるでしょう

Even if everyone/ at my firm has good skills,/ if the workers/ at the suppliers/ to my firm do not have good skills,/ my firm is going to be less competitive competing/ in national and international markets.//

たとえ会社の人がスキルを持っていたとしても 会社の仕入れ元の人々が 優秀なスキルを持っていなければ 私の会社は 国内・国際市場で戦うには 競争的ではなくなるでしょう

And again,/ the firm/ that's less competitive will not be able to pay as good wages,/ and then,/ particularly/ in high-tech businesses,/ they're constantly stealing/ ideas and workers/ from other businesses.//

また同様に 競争力の低い会社は 私に良い賃金を払う事はできないでしょう そしてハイテクビジネスでは特に 絶えず他のビジネスからアイデアや人材を盗んでいます

So clearly/ the productivity of firms/ in Silicon Valley has a lot/ to do with the skills not only of the workers/ at their firm,/ but the workers/ at all the other firms/ in the metro area.//

ですからシリコンバレーの会社の生産性は明らかに その会社で働いている人達のスキルだけではなく 都市地域の他の会社の人達のスキルと 大いに関係しているのです

So/ as a result,/ if we can invest in other people's children/ through preschool/ and other early childhood programs/ that are high-quality,/ we not only help those children,/ we help everyone/ in the metropolitan area gain/ in wages/ and we'll have the metropolitan area gain/ in job growth.//

結局 質の高い幼児教育などを通して 他人の子供達に投資する事ができれば その子供達を手助けしているだけでなく 都市地域の全ての人々が高い賃金を受け取ったり 職を得ることの支援に なるのです

Another objection used sometimes here/ to invest in early childhood programs is concern/ about people/ moving out.//

幼児教育投資に関して ここで 時々見かける別の反対意見は 移住する人達についての問題です

So,/ you know,/ maybe/ Ohio's thinking/ about investing in more preschool education/ for children/ in Columbus,/ Ohio,/ but they're worried/ that these little Buckeyes will,/ for some strange reason,/ decide to move/ to Ann Arbor,/ Michigan,/ and become Wolverines.//

例えばオハイオ州が コロンバスの幼児教育に より力を注ぐことを 検討しているとします しかしオハイオ州の子供達が 将来的に ミシガン州のアナーバーに移住するのではと 心配します

And maybe/ Michigan will be thinking about investing in preschool/ in Ann Arbor,/ Michigan,/ and be worried/ these little Wolverines will end up/ moving to Ohio/ and becoming Buckeyes.//

そしてミシガン州は アナーバーの幼児教育に投資しても ミシガンの子供達が結局移住して オハイオ州の住人になるのではと心配します

And/ so they'll both underinvest/ because everyone's going to move/ out.//

みんな移住してしまうのだからと 両者ともに投資を控えてしまいます

Well,/ the reality is,/ if you look at the data,/ Americans aren't as hyper-mobile/ as people sometimes assume.//

データを見ると実は 人々が思うほど アメリカ人は移動に 積極的ではありません

The data is/ that over 60 percent of Americans spend most of their working careers/ in the state/ they were born in,/ over 60 percent.//

60パーセント以上のアメリカ人が 職務キャリアのほとんどを 生まれた州で積んでいるとデータは示しています

That percentage does not vary much/ from state/ to state.//

その比率は州によってそんなに変わりません

It doesn't vary much/ with the state's economy,/ whether it's depressed or booming,/ it doesn't vary much/ over time.//

州の経済や 好景気 不景気かによっても そんなに変わらない 時代によってもそんなに変動しない

So the reality is,/ if you invest in kids,/ they will stay.//

つまり子供達に投資をしたならば 実際その子供達は その州に留まるであろうという事です

Or at least,/ enough of them will stay/ that it will pay off/ for your state economy.//

あるいは少なくとも 彼らのうち州経済に 還元するのに十分な程には留まるでしょう

Okay,/ so to sum up,/ there is a lot of research evidence/ that early childhood programs,/ if run in a high-quality way,/ pay off/ in higher adult skills.//

要するに 高い質をもって 幼児教育が運営されるなら より高度な熟練したスキルがもたらされるのだと 多くの研究は示しているのです

There's a lot of research evidence/ that those folks will stick around the state economy,/ and there's a lot of evidence/ that having more workers/ with higher skills/ in your local economy pays off/ in higher wages and job growth/ for your local economy,/ and/ if you calculate the numbers/ for each dollar,/ we get about three dollars back/ in benefits/ for the state economy.//

また研究結果から 州に留まる人達は地元州の経済により関心を持つようになり 高度なスキルを持つ働き手が多くいる事は 地域経済に高賃金と高い雇用を もたらすという事が 証明されています 計算すると 1ドルの投資に対して 州の経済に3ドルほどの利益が あるとわかります

So/ in my opinion,/ the research evidence is compelling/ and the logic of this is compelling.//

私の意見では この研究の結果は とても説得力があり 論理的です

So/ what are the barriers to getting it done?//

ではこれを成し遂げるための障害とは何でしょう

Well,/one obvious barrier is cost.//

そうですね 一つ明らかな障壁はコストです

So/ if you look at what it would cost/ if every state government invested in universal preschool/ at age four,/ full-day preschool/ at age four,/ the total annual national cost would be roughly 30 billion dollars.//

いったいどれくらいのコストがかかるのかー もし全ての州政府が 4歳の全日プログラムの全幼稚園に投資したら その全国内コストは 大体300億ドルにもなるでしょう

So,/30 billion dollars is a lot of money.//

300億ドルは大金です

On the other hand,/ if you reflect on that the U.S.//'s population is over 300 million,/ we're talking/ about an amount of money/ that amounts to 100 dollars/ per capita.//

一方合衆国の人口が 3億人以上であることを考えれば 私達は1人当たり100ドルくらいの額の お金について話していると いう事になります

Okay?// A hundred dollars/ per capita,/ per person,/ is something/ that any state government can afford to do.//

いいですか 1人当たり100ドルというのは どの州政府でも払う余裕のある額です

It's just a simple matter of political will/ to do it.//

つまり単に政治的な意思の問題なのです

And,/ of course,/ as I mentioned,/ this cost has corresponding/ benefits.//

もちろん先ほど述べたように このコストは利益と比例します

I mentioned/ there's a multiplier of about three,2.78,/ for the state economy,/ in terms of over 80 billion/ in extra earnings.//

私は余剰収入の800億ドルの観点から 州経済におよそ3倍の 利益があると言いました

And/ if we want to translate/ that from just billions of dollars/ to something/ that might mean something,/ what we're talking/ about is/ that,/ for the average low-income kid,/ that would increase earnings/ by about 10 percent/ over their whole career,/ just/ doing the preschool,/ not improving K-12 or anything else/ after that,/ not doing anything/ with college tuition or access,/ just directly improving/ preschool,/ and we would get five percent higher earnings/ for middle-class kids.//

ここで何十億という想像しにくい話を 身近な話にたとえましょう それはつまり 平均的な低収入の家庭の子供に 幼児教育を受けさせるだけで その子供の生涯にわたっての収入を 約10%増やせるという事なのです 幼稚園から高校卒業までの教育や 大学の授業料や進学率を改善するわけではなく ただ幼稚園を直接改善するだけで 中流家庭の子供達は5%高い収入を 得ることができます

So this is an investment/ that pays off/ in very concrete terms/ for a broad range of income groups/ in the state's population/ and produces large and tangible benefits.//

ですからこれは 州人口における幅広い所得層に対して 具体的な意味で見返りがあって 多くの明白な利益を生む投資なのです

Now,/ that's one barrier.//

これでコストの障害はクリアです

I actually think/ the more profound barrier is the long-term nature of the benefits/ from early childhood programs.//

実はもっと根深い障壁は 早期幼児プログラムのメリットが明らかになるまでに 時間がかかることです

So the argument/ I'm making/ is,/ is/ that we're increasing/ the quality of our local workforce,/ and thereby increasing/ economic development.//

この議論で私が言いたいのは 地域の労働力の質を高めれば 経済発展が促されるという事です

Obviously/ if we have a preschool/ with four-year-olds,/ we're not sending/ these kids out/ at age five/ to work in the sweatshops,/ right?// At least/ I hope not.//

4歳児の幼稚園があったとしても 5歳になったらすぐ悪環境の中で 働かせるわけではないでしょう? 私はそう願います

So/ we're talking/ about an investment/ that in terms of impacts/ on the state economy is not going to really pay off/ for 15 or 20 years,/ and of course/ America is notorious/ for being a short term-oriented society.//

私達が話しているこの投資は 州経済に与える影響の視点からすると 15~20年は元が取れるものではないでしょう もちろんアメリカは 短期的思考の社会として悪名高い国です

Now/ one response/ you can make to this,/ and I sometimes have done this/ in talks,/ is people can talk about,/ there are benefits/ for these programs/ in reducing special ed and remedial education costs,/ there are benefits,/ parents care about preschool,/ maybe/ we'll get some migration effects/ from parents/ seeking good preschool,/ and I think/ those are true,/ but in some sense/ they're missing/ the point.//

これに対して お答えできるのは これらのプログラムには特殊教育や補習教育の コストの早期削減において 利益があるということです また親が早期教育に関心を持ち 良質な幼稚園を求め 移動することによる 経済効果があるかもしれません その通りなのですが ある意味 重要な点を見落としています

Ultimately,/ this is something/ we're investing in/ now/ for the future.//

結局私達は 将来の為に投資しているのです

And so/ what I want to leave/ you/ with is/ what I think is the ultimate question.//

最後に皆さんに考えていただきたいのは 究極ともいえる問題です

I mean,/ I'm an economist,/ but this is ultimately not an economic question,/ it's a moral question:/ Are we willing,/ as Americans,/ are we/ as a society still capable of making the political choice/ to sacrifice now/ by paying more taxes/ in order to improve the long-term future of not only/ our kids,/ but our community?//

私は経済学者ですが これは究極的には 経済学の問題ではなく モラルの問題なのです 私達はアメリカ人として また社会としてー 自分達の子供の為だけでなく 私達の地域共同体の長期的な将来を良くする為に 敢えてもっと税金を払い 今を犠牲にする政治的選択をすることが できるでしょうか?

Are we still capable of that/ as a country?//

国としてできるでしょうか?

And that's something/ that each and every citizen and voter needs to ask/ themselves.//

そしてそれは各市民そして有権者が 自分自身に問いかける必要があることなのです

Is/ that something/ that you are still invested in,/ that you still believe in the notion of investment?//

あなたは長期的投資に関心を持ち 投資に値するものだと信じますか

That is the notion of investment.//

それが投資の概念なのです

You sacrifice now/ for a return later.//

後の利益の為に 今を犠牲にするのです

So I think the research evidence/ on the benefits of early childhood programs/ for the local economy is extremely strong.//

地域経済の幼児教育利益に関する 研究による証拠は かなり強いと私は思います

However,/ the moral and political choice is still up/ to us,/ as citizens/ and/ as voters.//

しかし 市民としてまた 有権者としての モラルと政治の選択は依然として私達次第なのです

Thank/ you very much.// (Applause)//

ありがとうございました(拍手)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

childhood

『幼時』,子供時代

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

preschool

《名詞の前にのみ用いて》小学校入学前の,学齢未満の・幼稚園より手前の児童の通う幼稚園予科のような施設(保育園=day-care centerとは異なります)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

earnings

収入,[勤労]所得;(会社などの)利益

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

economic

『経済の』

『経済学の』

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

appeal

『訴える』,呼びかける

(上級裁判機関に)『控訴する』,上告する《+『to』+『名』》

〈物事が〉(人の)気持に訴える《+『to』+『名』》

(ゲームで)(審判に)規則の裁定を求める《+『to』+『名』》

(助力などの)『訴え』;哀願《+『for』+『名』》

(権威などへの)訴え《+『to』+『名』》

控訴,上告

(…に)訴える魅力《+『to』+『名』》

legislator

法律制定者,立法者

立法府(国会・州議会)議員

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

thereby

それによって(by that means)

それに関連して

per capita

一人当たり,頭割りで,各人に

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

tax

〈C〉〈U〉(…に対する)税,税金《+on(upon)+名》

〈C〉《単数形で》(…にとっての)『重荷』,過酷な要求《+on(upon)+名》

〈物品・人〉‘に'『課税する』,税金をかける

…‘に'『重荷を負わせる,』負担をかける

(…の理由で)〈人〉‘を'責める《名〈人)+with+名(doing)》

incentive

刺激,動機,誘因

property

動産

abatement

軽減;緩和;〈C〉減価,減額

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

vigorously

精力的に,元気よく,活発に,力強く

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

auto

《米話》=automobile

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

induce

〈人〉‘に'『勧めて』(…)『させる』

…‘を'『引き起こす』,もたらす(cause)

〈電気〉‘を'誘導する

…‘を'帰納する

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

employment

〈U〉(人の)『雇用』

〈U〉(物・能力・時間の)使用《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『職』,職業,仕事

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

somewhat

『幾分か』,少し

indirect

(道などが)『真っすぐでない』,回り道の

(話し方が)遠回しの,率直でない

(結果などが)『間接的な』,二次的な

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

workforce

労働人口,全労働力

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

okay

=OK,O.K.

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

extensive

(場所などが)広い,広大な

(領域・効果などが)広範囲にわたる;手広い

(量・額・程度・数などが)大きい,膨大な

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

attainment

〈U〉(目的などを)『達成すること』,(…への)到達《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》学識,技能

wage

(通例肉体労働者の日・週ぎめの)『賃金』,給金

《単数・複数扱い》(罪などの)報い,応報

(…に対して)〈戦争など〉‘を'行う《+名+against(on)+名》

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

cent

〈C〉『セント』(1ドルの1

100;米国・カナダの貨幣単位;《略》¢)

〈C〉1セント銅貨

〈U〉(単位としての)100

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

salient

目立った,顕著な(prominent)

《文》突き出した(projecting)

凸角;(線戦・要塞などの)突出部

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

objection

(…に対する)『反対』,異議,異論《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh-節』)》

(…に対する)嫌悪,不満《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

(…に)反対する理由(根拠)《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

polite

『礼儀正しい』,『ていねいな』

『先練された』,教養のある,上品な:

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

misunderstanding

(…を)誤解すること《+『of』+『名』》

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

interdependent

互いに頼り合う,相互依存の

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

spillover

あふれたもの(量);流出

prosperity

『繁栄』,成功

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

numerous

『非常に多い』,多数の(very many)

多数から成る(を含む)

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

metropolitan

首都の,首都に似た,首都に属する

大都市とその周辺地域より成る(を講成する)

首都の住民,大都市の人

《しばしばM-》(東方教会の)府主教;(カトリック教会の)首都大司教;(英国国教会の)大主教

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

proxy

〈U〉(…の)代理,代理権;〈C〉代理人《+『for』+『名』》

〈C〉委任状

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

Paul

聖パウロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;キリストの使徒で新約聖書の書簡の著者)

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

economically

倹約して

経済的に

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

metro

地下鉄

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

statistical

統計の,統計学上の

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

constant

『不変の』,一定の

『絶え間のない』,不断の,繰り返される

《文》〈人が〉心変わりしない;(…に対して)誠実な,貞節な《+『to』+『名』》

(数学で)常数;(化学・物理分析などにおける)定量

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

skilled

(人が)熟練した,特殊技術を持った

(仕事が)熟練を要する,特殊技術を要する

firm

(物が)『堅い』,堅固な,引き締まった

『しっかり固定した』,ぐらつかない

(人・信念・友情などが)変わらない

断固とした,決然たる

(価格・価値が)安定している

しっかりと

…‘を'固める,堅くする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'安定させる

安定する《+『up』》

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

employer

『雇い主』,雇用者

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

supplier

(特に物資の)供給者,補充者

competitive

競争の,競争による

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

productivity

生産力,生産性

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

Ohio

オハイオ州(米国中西部の州;州都はColumbus;《略》『O.,OH』)

《the~》オハイオ川(米国中東部を南西に流れてMississippi川に合流する)

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

Columbus

コロンブス(『Christopher ~』;1446?‐1506;イタリアの航海者;1492年にアメリカ大陸を発見)

コロンバス(Ohio州の州都)

worried

(人・表情などが)心配そうな

buckeye

トチノキ;トチノキの種子

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

arbor

(機械の)軸

Michigan

ミシガン州(米国中北部の州;州都はLansing;{略}『Mich,MI』)

ミシガン湖(『Lake~』;米国の五大湖の1つ)

wolverine

クズリ(アナグマ類の北アメリカ産肉食動物)

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

datum

dataの単数形

既知の事実

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

depressed

元気のない,憂うつな

(力・価値などの)低下した,弱められた

不景気の,不況の;(特に)貧困にあぇぐ

押し下げられた;抑圧された

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

compel

《『compel』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'『しいる』

(人に)…'を'『強要する』《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

multiplier

増加(増殖)させる人(物)

乗数

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

tuition

(大学・私立学校などの)授業料

授業,教授

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

income

(一定の)『収入』,所得

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

tangible

手で触ることのできる,触知できる

実体のある,有形の;現実の

明白な,確実な

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

long-term

長期の,長い目で見ての

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

obviously

明らかに,明白に

sweatshop

搾取工場(低賃金で長時間労働させる工場・仕事場)

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

notorious

名高い,(特に)悪名高い,札付きの

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

remedial

治療する,矯正する,改善する

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

migration

〈U〉〈C〉移住,(動物の)移動

〈C〉《集合的に》(人・動物などの)移動の群

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

ultimately

最後に,ついに

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

economist

経済学者

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

sacrifice

〈U〉〈C〉(神に…の)『いけにえをささげること』;〈C〉(神への…の)『いけにえ』《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・国家・目的などのために…を)『犠牲にすること』《+『of』+『名』+『for』(『to』)+『名』》,(…のための)犠牲的行為;〈C〉(…のために)犠牲にされるもの《+『for』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉投げ売り[値段];見切品

〈C〉(野球の)犠牲バント,犠打

(神に)〈人・動物など〉‘を'『いけにえにする』《+『名』+『to』+『名』》

(…のために)…‘を'『犠牲にする』《+『名』+『for』(『to』)+『名』》

《話》‘を'投げ売りする

(野球で)〈走者〉‘を'犠打で進める

(神に)いけにえをささげる《+『to』+『名』》

(野球で)犠打を打つ

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

voter

投票者;有権者

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

extremely

『極端に』,非常に過度に

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画