TED日本語 - ハンス・ロスリング: 最高の統計を披露

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

統計データをこんな風に見せられたことはないでしょう。スポーツ実況者張りのドラマ性と緊迫感を込めて、統計の達人ハンス・ロスリングが「発展途上国」の神話を打ち崩します。

Script

10年ほど前 私はスウェーデンの学生に 世界の発展について 教える仕事に就きました 私がアフリカの機関と一緒に 20年ほどアフリカの飢餓の研究をしていたので 世界のことを少しは知っていると期待したのでしょう 医科大であるカロリンスカ研究所で「世界保健」という 学部の授業を持つことになりました しかしやる段になって 不安になりました スウェーデンでも最も成績優秀な 学生たちが相手です 私が教える事なんか みんな知っているのではないかと思いました そこで最初に小テストをやることにしました その時の質問は 私に多くのことを教えてくれました “この5組のそれぞれについて 乳幼児死亡率が高い方を選べ”

各組は 一方が他方よりも2倍以上 乳幼児死亡率が高くなるように選んであります 差異が データの誤差よりずっと大きくなるようにしたのです 別に皆さんをテストはしません 答えは トルコ、ポーランド、ロシア、パキスタン、南アフリカです これがスウェーデンの学生の成績です 信頼区間はごく狭く 私にはありがたい結果でした 5点満点で平均1.8です これなら 世界保健の教授の居場所があります 私の授業も安泰です (笑)

しかしその結果について 本当に理解したのは 夜遅く その答案をまとめている時でした スウェーデンの学生の世界の知識は 統計的有意に チンパンジーより低い ということです (笑) チンパンジーはバナナを2本もやれば スリランカかトルコか 半分の場合は正しい方を選ぶでしょう

スウェーデンの学生はもっと下です 問題は無知ではなく 先入観です

私はカロリンスカ研究所の教授にも 非倫理的な調査を行いました (笑) ノーベル医学賞を授与する人たちが チンパンジー並みだったのです (笑) コミュニケーションの必要性を実感しました 世界各国の子供の健康水準については よく整ったデータがあるからです

それで ご覧のようなソフトを作りました 丸はそれぞれ国を表しています これは中国で これはインドです 円の大きさは人口を表し 横軸は出生率です 学生たちが 世界をどう捉えているのか 彼らに聞いてみました “世界を実際どう思っているの?” 彼らの知識は「タンタンの冒険旅行」から来ているのが分かりました (笑) 学生たちは いまだ世界を「我々」と「彼ら」に分け 我々「西欧世界」 彼ら「第三世界」と考えています 私は聞きました “その「西欧世界」というのは何?” “長生きで小家族なのがそうです 短命で大家族なのが第三世界です”

これをご覧ください 横軸は出生率 女性1人当たりの子どもの数です 1人、2人、3人、4人から8人まで 1962年以降の 各国の家族の大きさについては とても良いデータがあります 誤差はわずかです 縦軸は出生時平均余命です 30歳くらいから 上は70歳くらいまであります 1962年には 実際こういう国のグループがありました 工業国は 小家族で長寿です そしてこっちは発展途上国 大家族で比較的短命でした そして1962年以降何が起きたのか? 変化を見てみましょう 学生たちは正しく 今も2種類の国があるのでしょうか? それとも発展途上国が小家族になって この辺にいるのか? あるいは長寿になって この上にいるのか?

見てみましょう データには利用可能な 国連の 統計を使っています では見てみましょう これは中国 より健康な社会へと改善していきます 緑のラテンアメリカ諸国が 小家族に向かっています 黄色いのはアラブ諸国です 寿命が延びています 緑色のアフリカは この場に留まったままです インドに インドネシア とても速く動いています (笑) 80年代に入ります バングラデシュはずっと アフリカ諸国と一緒でしたが ここで奇跡が起きます イマームが家族計画を推進し 左上に上がっていきます 90年代にひどいHIVの流行があり アフリカ諸国の平均余命が下がります 残りの国はみな 左上へと進んでいきます 長寿で小家族 私たちの世界は全く違ったものになったのです (拍手)

米国とベトナムとを比較してみましょう 1964年 米国は小家族で長寿 一方ベトナムは大家族で短命です その後こうなります 戦争中のデータを見ると 戦争による多くの死者にも関わらず 平均余命が伸びています 戦争が終わる頃に ベトナムで家族計画が始まり 小家族に向かいます 米国は長寿で小さな家族を保っています ベトナムは80年代に 計画経済を捨てて市場経済になり 社会水準の向上が加速します そして今日 2003年のベトナムの平均余命と 家族の大きさは ベトナム戦争末 1974年の米国と同じ水準になりました データを見なければ 我々は アジアの著しい変化を 過小評価することになります アジアでは 経済の変化の前に 社会の変化が現れています

別な見方をしてみましょう 世界の所得の分布です これは世界の人々の所得の分配を示しています 世帯1日当たり 1ドル、10ドル、100ドルです もはや豊かな国と貧しい国の間にギャップはありません 神話です 小さな谷がありますが ずっと途切れなく分布しています 所得がどういう配分になっているか見てみましょう これが世界の年間所得の100%です 最も豊かな20%が 74%を手にしています そして最も貧しい20%が 2%を手にしています これを見ると 発展途上国という概念は 非常に疑わしいことが分かります 援助について考えるとき 私たちは ここの人たちが ここの人たちを助けていると思っています しかし真ん中の 最も人口の多い部分が 今や24%の所得を得ているのです

この人たちは誰なのでしょう? それぞれの国はどこにあたるのでしょう? まずアフリカです これがアフリカ 世界の人口の10%で 大部分が貧困です これはOECD諸国 豊かな国々 国連のカントリークラブです この部分で アフリカとOECDの間に 結構重なりがあります これは南アメリカ 最貧から最富裕まで 全部そろっています さらに重ねて 東欧、東アジア、 南アジア 時間を1970年までを戻します 谷が深くなっています 極貧生活をしている人はアジアに多くいました 世界の問題はアジアの貧困だったのです 時間を進めていくと 人口が増加していき アジアでは 何億という人々が貧困から抜け出し 別なところで 貧困が進みます これが現在のパターンです 世界銀行による最良の予測では この後こうなります 世界は分断されておらず ほとんどの人が真ん中にいます

これはもちろん対数目盛です 私たちの経済の概念では 成長をパーセントで計ります 発展の割合として見るのです 横軸を世帯収入から 1人当たりのGDPに変えましょう それぞれのデータを 地域のGDPに変えます 円の大きさは人口です OECDがここで サハラ以南のアフリカがここです アラブ諸国を アフリカやアジアと分けて別にしましょう 横軸を引き伸ばし 次元をもう1つ追加します 子供の生存率です 横軸がお金で 縦軸が子どもの生き残る可能性です ある国々では99.7%の子どもが5歳以上まで生きられます 一方70%の国々もあります ここにギャップがあるように見えます OECD、南アメリカ、東欧、東アジア アラブ諸国、南アジア、サハラ以南のアフリカ 子どもの生存率とお金の間には強い相関があります

サハラ以南のアフリカをバラしてみましょう 縦軸が保健の水準で 上に行くほど良いということです サハラ以南アフリカを国に分けました それぞれの円の大きさは国の人口を表しています シエラレオネがここ モーリシャスがあそこにあります モーリシャスは貿易障壁を最初に解除した国で 砂糖や繊維製品を 欧米と対等な条件で売ることができます

アフリカの国の間にも大きな差があるのです ガーナは真ん中あたり シエラネオネは人道的支援を受けています ウガンダは開発支援を受けています この辺は投資できます ここでは休暇を過ごせます アフリカには大きな幅があるのに 私たちは一緒くたにしています 南アジアを分割してみましょう 真ん中の大きな円がインドです アフガニスタンとスリランカでは 大変大きな違いがあります アラブ諸国を分割してみましょう どうなるでしょう? 気候、文化、宗教が同じでも 大きな違いがあります 隣国同士でも イエメンは内戦 アラブ首長国連邦では 外国人労働者の子どもも含め お金が平等にうまく使われています 私たちが信じているのとは異なっています データはみんなが思うより有効なのです 不確実な部分があるにしても はっきりした差が見られます このカンボジアとシンガポールの差は データの問題を はるかに超えています 東欧は長い間ソビエト経済下にありましたが 離脱して10年 大きく変わっています 南米も 今や健康な国はキューバだけではありません チリは数年のうちに 子供の死亡率の低さでキューバを抜きそうです こちらは高所得なOECD諸国です

これが世界全体のパターンです だいたいこんな感じになっています 1960年の世界を見てみましょう 動き始めます これは毛沢東です 中国に健康をもたらしました 彼の死後 鄧小平が出てきて 中国にお金をもたらし 中国を本流に引き戻しました このようにそれぞれの国が違った方向に動いています ですから 世界の典型的なパターンを示す 国の例を挙げるというのは難しいのです また1960年に戻しましょう ここにある韓国と こちらにあるブラジルを比較してみましょう 比較のためウガンダも入れましょう ここにあります 時間を進めます 韓国がいかに速く進歩しているか 分かるでしょう それに比べるとブラジルはずっとゆっくりです

また最初に戻って 航跡表示をオンにして もう一度実行すると 発展の速度が 大きく異なるのが分かります そして経済と保健は だいたいのところ同じ割合で変化しています しかし経済より保健が先に来る場合に 動きがずっと速いのが分かります それが良くわかるように アラブ首長国連邦を加えてみましょう 資源の豊かな国です 石油でお金はできましたが 健康をスーパーマーケットで買うことはできません 健康に投資し 子どもたちを学校で教えなければなりません 医療スタッフを育て 国民を教育しなければなりません 首長ザーイドはこれをかなりうまくやりました 石油価格の下落にも関わらず この国をここまで引き上げたのです だから世界の主流の状況としては 各国は昔に比べて お金をうまく使うようになっています これは各国をその平均で見た場合です

でも平均データを使うのは危険があります 国の中にも大きな差があるからです これを見ると 現在のウガンダは 1960年に韓国がいた場所にいます ウガンダを分けると 国内に大きな差があります ウガンダで最も富裕な20%がここ 最も貧しい層はここです 南アフリカを分けるとこんな感じです 最近ひどい飢饉のあったニジェールを見てみましょう ニジェールの最貧の20%はここで 南アフリカの最も豊かな20%はここです それなのに私たちは アフリカに対する解決策は どうあるべきかと議論しています アフリカには世界の全てがあります HIV対策について こっちの20%と一緒の議論を こっちの20%にはできないのです 世界の改善は それぞれのコンテキストに合わせる必要があり 大きな地域でくくるのは不適切です 細かくやらなきゃいけません このツールを使わせると 学生がとてもワクワクするのに気づきました

政策立案者や企業もまた 世界の変化を知りたがっています ではなぜ それが実現しないのでしょう? なぜ 既に持っているデータを使おうとしないのか? 国連も 国の統計機関も 大学も その他の非政府組織も データを持っているというのに それはデータが隠されているからです 一般の人々が使えるインターネットがあるというのに データは有効に使われていません

私たちが見てきた 世界の変化を示す情報に 公的にアクセスできるものはありません ある種のウェブページはあります データベースから養分を取っているわけですが 高い値段を付け 変なパスワードをかけ 退屈な統計データを表示するだけです (笑と拍手)これではうまくいきません

何が必要なのか? データベースはあります 新しいデータベースが 必要なわけではありません 素晴らしいデザインツールもあり どんどん増えています ですから私たちは データをデザインに結び付ける 非営利のベンチャーを始めました Gapminderです ロンドン地下鉄の“MIND THE GAP” (隙間にご注意ください)から名前を取りました 私たちはデータをつなげられる ソフトを作り始めました そんなに難しくはありません 数人年です それでデータを引き出し アニメーションできるようになりました いくつか国連機関のデータも解放しました

いくつかの国は データを世界に公開することに同意しています しかし本当に必要なのは検索機能です データを検索可能な形にして公開し 自由に検索できるようにしなければなりません そのために世界を回って どんな言葉を耳にするでしょう? 私は統計機関の人類学に詳しくなりました みんな同じことを言います “不可能です うちの情報は特殊ですから” “よそのデータのように検索可能にするのは無理です” “学生や世界の起業家に データを無料で提供はできません” しかし私はそうしたいのです 公的資金によるデータがここにあり それがネット上で花開くのを見たいのです 肝心なのは データを検索可能にし 様々なデザインツールを使い 絵として見られるようにすることです 良い報せがあります 国連統計局の新局長は 不可能だとは言いません 彼はただ “我々には無理です”と言うだけです (笑) なかなか頭の良い人ですよね? (笑)

今後数年で データの方面で 多くのことが起こるでしょう 所得分布を まったく違った方法で見られるようになるでしょう 紫は1970年の中国の所得分布で 水色は1970年の米国の所得分布です ほとんど重なりはありません その後どうなったでしょう? こうなります 中国は成長し 平等ではなくなっていきます そしてこのような位置に 米国のすぐ背後に迫っています なんだか お化けのようですね (笑)

結構怖い感じです このような情報を持つのは大変重要だと思います 本当に見る必要があります 最後に 1000人当たりの インターネットユーザ数を ご覧いただきましょう このソフトを使うと 世界の国々の500種のデータに 容易にアクセスできます 画面の切り替えに若干時間がかかりますが 縦軸と横軸に 好きなデータを選択できます 必要なのはデータベースを無料化し 検索可能にすることで そうすれば クリックするだけで グラフに変えて 即座に理解できるようになります 統計学者はこういうのを気に入りません 現実を表していないと言います 統計的 分析的手法を使うべきだと言います しかし これで仮説生成ができるのです

インターネットが現れ インターネットにアクセスする ユーザ数が増えていきます 横軸は1人当たりのGDPです 新しく登場した技術ですが それが驚くほど 国の経済力に対応しています だからこそ100ドルPCが 重要なのです ここには良い傾向が見えます 世界がフラットになっているかのようです これらの国々は 経済以上に上昇しており 今後どうなるか興味深いところです みんながすべての公的データを 使えるようになることを願っています (拍手)

About 10 years ago, I took on the task to teach global development to Swedish undergraduate students. That was after having spent about 20 years together with African institutions studying hunger in Africa, so I was sort of expected to know a little about the world. And I started in our medical university, Karolinska Institute, an undergraduate course called Global Health. But when you get that opportunity, you get a little nervous. I thought, these students coming to us actually have the highest grade you can get in Swedish college systems -- so, I thought, maybe they know everything I'm going to teach them about. So I did a pre-test when they came. And one of the questions from which I learned a lot was this one: "Which country has the highest child mortality of these five pairs?"

And I put them together, so that in each pair of country,one has twice the child mortality of the other. And this means that it's much bigger a difference than the uncertainty of the data. I won't put you at a test here, but it's Turkey, which is highest there, Poland, Russia, Pakistan and South Africa. And these were the results of the Swedish students. I did it so I got the confidence interval, which is pretty narrow, and I got happy, of course: a 1.8 right answer out of five possible. That means that there was a place for a professor of international health -- (Laughter) and for my course.

But one late night, when I was compiling the report I really realized my discovery. I have shown that Swedish top students know statistically significantly less about the world than the chimpanzees. (Laughter) Because the chimpanzee would score half right if I gave them two bananas with Sri Lanka and Turkey. They would be right half of the cases.

But the students are not there. The problem for me was not ignorance; it was preconceived ideas.

I did also an unethical study of the professors of the Karolinska Institute (Laughter) -- that hands out the Nobel Prize in Medicine, and they are on par with the chimpanzee there. (Laughter) This is where I realized that there was really a need to communicate, because the data of what's happening in the world and the child health of every country is very well aware.

We did this software which displays it like this: every bubble here is a country. This country over here is China. This is India. The size of the bubble is the population, and on this axis here I put fertility rate. Because my students, what they said when they looked upon the world, and I asked them, "What do you really think about the world?" Well, I first discovered that the textbook was Tintin, mainly. (Laughter) And they said, "The world is still 'we' and 'them.' And we is Western world and them is Third World." "And what do you mean with Western world?" I said. "Well, that's long life and small family, and Third World is short life and large family."

So this is what I could display here. I put fertility rate here: number of children per woman: one,two,three,four, up to about eight children per woman. We have very good data since 1962 -- 1960 about -- on the size of families in all countries. The error margin is narrow. Here I put life expectancy at birth, from 30 years in some countries up to about 70 years. And 1962, there was really a group of countries here that was industrialized countries, and they had small families and long lives. And these were the developing countries: they had large families and they had relatively short lives. Now what has happened since 1962? We want to see the change. Are the students right? Is it still two types of countries? Or have these developing countries got smaller families and they live here? Or have they got longer lives and live up there?

Let's see. We stopped the world then. This is all U.N. statistics that have been available. Here we go. Can you see there? It's China there, moving against better health there, improving there. All the green Latin American countries are moving towards smaller families. Your yellow ones here are the Arabic countries, and they get larger families, but they -- no, longer life, but not larger families. The Africans are the green down here. They still remain here. This is India. Indonesia's moving on pretty fast. (Laughter) And in the '80s here, you have Bangladesh still among the African countries there. But now, Bangladesh -- it's a miracle that happens in the '80s: the imams start to promote family planning. They move up into that corner. And in '90s, we have the terrible HIV epidemic that takes down the life expectancy of the African countries and all the rest of them move up into the corner, where we have long lives and small family, and we have a completely new world. (Applause)

Let me make a comparison directly between the United States of America and Vietnam. 1964: America had small families and long life; Vietnam had large families and short lives. And this is what happens: the data during the war indicate that even with all the death, there was an improvement of life expectancy. By the end of the year, the family planning started in Vietnam and they went for smaller families. And the United States up there is getting for longer life, keeping family size. And in the '80s now, they give up communist planning and they go for market economy, and it moves faster even than social life. And today, we have in Vietnam the same life expectancy and the same family size here in Vietnam,2003, as in United States,1974, by the end of the war. I think we all -- if we don't look in the data -- we underestimate the tremendous change in Asia, which was in social change before we saw the economical change.

Let's move over to another way here in which we could display the distribution in the world of the income. This is the world distribution of income of people. One dollar,10 dollars or 100 dollars per day. There's no gap between rich and poor any longer. This is a myth. There's a little hump here. But there are people all the way. And if we look where the income ends up -- the income -- this is 100 percent the world's annual income. And the richest 20 percent, they take out of that about 74 percent. And the poorest 20 percent, they take about two percent. And this shows that the concept of developing countries is extremely doubtful. We think about aid, like these people here giving aid to these people here. But in the middle, we have most the world population, and they have now 24 percent of the income.

We heard it in other forms. And who are these? Where are the different countries? I can show you Africa. This is Africa. 10 percent the world population, most in poverty. This is OECD. The rich country. The country club of the U.N. And they are over here on this side. Quite an overlap between Africa and OECD. And this is Latin America. It has everything on this Earth, from the poorest to the richest, in Latin America. And on top of that, we can put East Europe, we can put East Asia, and we put South Asia. And how did it look like if we go back in time, to about 1970? Then there was more of a hump. And we have most who lived in absolute poverty were Asians. The problem in the world was the poverty in Asia. And if I now let the world move forward, you will see that while population increase, there are hundreds of millions in Asia getting out of poverty and some others getting into poverty, and this is the pattern we have today. And the best projection from the World Bank is that this will happen, and we will not have a divided world. We'll have most people in the middle.

Of course it's a logarithmic scale here, but our concept of economy is growth with percent. We look upon it as a possibility of percentile increase. If I change this, and I take GDP per capita instead of family income, and I turn these individual data into regional data of gross domestic product, and I take the regions down here, the size of the bubble is still the population. And you have the OECD there, and you have sub-Saharan Africa there, and we take off the Arab states there, coming both from Africa and from Asia, and we put them separately, and we can expand this axis, and I can give it a new dimension here, by adding the social values there, child survival. Now I have money on that axis, and I have the possibility of children to survive there. In some countries,99.7 percent of children survive to five years of age; others, only 70. And here it seems there is a gap between OECD, Latin America, East Europe, East Asia, Arab states, South Asia and sub-Saharan Africa. The linearity is very strong between child survival and money.

But let me split sub-Saharan Africa. Health is there and better health is up there. I can go here and I can split sub-Saharan Africa into its countries. And when it burst, the size of its country bubble is the size of the population. Sierra Leone down there. Mauritius is up there. Mauritius was the first country to get away with trade barriers, and they could sell their sugar -- they could sell their textiles -- on equal terms as the people in Europe and North America.

There's a huge difference between Africa. And Ghana is here in the middle. In Sierra Leone, humanitarian aid. Here in Uganda, development aid. Here, time to invest; there, you can go for a holiday. It's a tremendous variation within Africa which we rarely often make -- that it's equal everything. I can split South Asia here. India's the big bubble in the middle. But a huge difference between Afghanistan and Sri Lanka. I can split Arab states. How are they? Same climate, same culture, same religion -- huge difference. Even between neighbors. Yemen, civil war. United Arab Emirate, money which was quite equally and well used. Not as the myth is. And that includes all the children of the foreign workers who are in the country. Data is often better than you think. Many people say data is bad. There is an uncertainty margin, but we can see the difference here: Cambodia, Singapore. The differences are much bigger than the weakness of the data. East Europe: Soviet economy for a long time, but they come out after 10 years very, very differently. And there is Latin America. Today, we don't have to go to Cuba to find a healthy country in Latin America. Chile will have a lower child mortality than Cuba within some few years from now. And here we have high-income countries in the OECD.

And we get the whole pattern here of the world, which is more or less like this. And if we look at it, how it looks -- the world, in 1960, it starts to move. 1960. This is Mao Tse-tung. He brought health to China. And then he died. And then Deng Xiaoping came and brought money to China, and brought them into the mainstream again. And we have seen how countries move in different directions like this, so it's sort of difficult to get an example country which shows the pattern of the world. But I would like to bring you back to about here at 1960. I would like to compare South Korea, which is this one, with Brazil, which is this one. The label went away for me here. And I would like to compare Uganda, which is there. And I can run it forward, like this. And you can see how South Korea is making a very, very fast advancement, whereas Brazil is much slower.

And if we move back again, here, and we put on trails on them, like this, you can see again that the speed of development is very, very different, and the countries are moving more or less in the same rate as money and health, but it seems you can move much faster if you are healthy first than if you are wealthy first. And to show that, you can put on the way of United Arab Emirate. They came from here, a mineral country. They cached all the oil; they got all the money; but health can not be bought at the supermarket. You have to invest in health. You have to get kids into schooling. You have to train health staff. You have to educate the population. And Sheikh Sayed did that in a fairly good way. In spite of falling oil prices, he brought this country up here. So we've got a much more mainstream appearance of the world, where all countries tend to use their money better than they used in the past. Now, this is, more or less, if you look at the average data of the countries -- they are like this.

Now that's dangerous, to use average data, because there is such a lot of difference within countries. So if I go and look here, we can see that Uganda today is where South Korea was 1960. If I split Uganda, there's quite a difference within Uganda. These are the quintiles of Uganda. The richest 20 percent of Ugandans are there. The poorest are down there. If I split South Africa, it's like this. And if I go down and look at Niger, where there was such a terrible famine, lastly, it's like this. The 20 percent poorest of Niger is out here, and the 20 percent richest of South Africa is there, and yet we tend to discuss on what solutions there should be in Africa. Everything in this world exists in Africa. And you can't discuss universal access to HIV [ medicine ] for that quintile up here with the same strategy as down here. The improvement of the world must be highly contextualized, and it's not relevant to have it on regional level. We must be much more detailed. We find that students get very excited when they can use this.

And even more policy makers and the corporate sectors would like to see how the world is changing. Now, why doesn't this take place? Why are we not using the data we have? We have data in the United Nations, in the national statistical agencies and in universities and other non-governmental organizations. Because the data is hidden down in the databases. And the public is there, and the Internet is there, but we have still not used it effectively.

All that information we saw changing in the world does not include publicly-funded statistics. There are some web pages like this, you know, but they take some nourishment down from the databases, but people put prices on them, stupid passwords and boring statistics. (Laughter) (Applause)

And this won't work. So what is needed? We have the databases. It's not the new database you need. We have wonderful design tools, and more and more are added up here. So we started a nonprofit venture which we called -- linking data to design -- we call it Gapminder, from the London underground, where they warn you, "mind the gap." So we thought Gapminder was appropriate. And we started to write software which could link the data like this. And it wasn't that difficult. It took some person years, and we have produced animations. You can take a data set and put it there. We are liberating U.N. data, some few U.N. organization.

Some countries accept that their databases can go out on the world, but what we really need is, of course, a search function. A search function where we can copy the data up to a searchable format and get it out in the world. And what do we hear when we go around? I've done anthropology on the main statistical units. Everyone says, "It's impossible. This can't be done. Our information is so peculiar in detail, so that can not be searched as others can be searched. We can not give the data free to the students, free to the entrepreneurs of the world." But this is what we would like to see, isn't it? The publicly-funded data is down here. And we would like flowers to grow out on the Net. And one of the crucial points is to make them searchable, and then people can use the different design tool to animate it there. And I have a pretty good news for you. I have a good news that the present, new Head of U.N. Statistics, he doesn't say it's impossible. He only says, "We can't do it." (Laughter) And that's a quite clever guy, huh? (Laughter)

So we can see a lot happening in data in the coming years. We will be able to look at income distributions in completely new ways. This is the income distribution of China,1970. the income distribution of the United States,1970. Almost no overlap. Almost no overlap. And what has happened? What has happened is this: that China is growing, it's not so equal any longer, and it's appearing here, overlooking the United States. Almost like a ghost, isn't it, huh? (Laughter)

It's pretty scary. But I think it's very important to have all this information. We need really to see it. And instead of looking at this, I would like to end up by showing the Internet users per 1,000. In this software, we access about 500 variables from all the countries quite easily. It takes some time to change for this, but on the axises, you can quite easily get any variable you would like to have. And the thing would be to get up the databases free, to get them searchable, and with a second click, to get them into the graphic formats, where you can instantly understand them. Now, statisticians doesn't like it, because they say that this will not show the reality; we have to have statistical, analytical methods. But this is hypothesis-generating.

I end now with the world. There, the Internet is coming. The number of Internet users are going up like this. This is the GDP per capita. And it's a new technology coming in, but then amazingly, how well it fits to the economy of the countries. That's why the 100 dollar computer will be so important. But it's a nice tendency. It's as if the world is flattening off, isn't it? These countries are lifting more than the economy and will be very interesting to follow this over the year, as I would like you to be able to do with all the publicly funded data. Thank you very much. (Applause)

About 10 years ago,/ I took on the task/ to teach global development/ to Swedish undergraduate students.// That was after having spent about 20 years together/ with African institutions/ studying hunger/ in Africa,/ so I was sort of expected to know/ a little/ about the world.//

10年ほど前 私はスウェーデンの学生に 世界の発展について 教える仕事に就きました 私がアフリカの機関と一緒に 20年ほどアフリカの飢餓の研究をしていたので 世界のことを少しは知っていると期待したのでしょう

And I started in our medical university,/ Karolinska Institute,/ an undergraduate course called Global Health.// But when you get/ that opportunity,/ you get a little nervous.// I thought,/ these students/ coming to us actually have the highest grade/ you can get in Swedish college systems --/ so,/ I thought,/ maybe/ they know everything/ I'm going to teach/ them about.// So/ I did a pre-test/ when they came.//

医科大であるカロリンスカ研究所で「世界保健」という 学部の授業を持つことになりました しかしやる段になって 不安になりました スウェーデンでも最も成績優秀な 学生たちが相手です 私が教える事なんか みんな知っているのではないかと思いました そこで最初に小テストをやることにしました

And one of the questions/ from which I learned/ a lot was this one:/ "Which country has the highest child mortality of these five pairs?"//

その時の質問は 私に多くのことを教えてくれました “この5組のそれぞれについて 乳幼児死亡率が高い方を選べ”

And I put them together,/ so that in each pair of country,/one has twice the child mortality of the other.// And this means/ that it's much bigger/ a difference/ than the uncertainty of the data.//

各組は 一方が他方よりも2倍以上 乳幼児死亡率が高くなるように選んであります 差異が データの誤差よりずっと大きくなるようにしたのです

I won't put you/ at a test here,/ but it's Turkey,/ which is highest there,/ Poland,/ Russia,/ Pakistan and South Africa.//

別に皆さんをテストはしません 答えは トルコ、ポーランド、ロシア、パキスタン、南アフリカです

And/ these were the results of the Swedish students.// I did it/ so I got the confidence interval,/ which is pretty narrow,/ and I got happy,/ of course:/ a 1.8 right answer/ out of five possible.// That means/ that there was a place/ for a professor of international health --/ (Laughter) and for my course.//

これがスウェーデンの学生の成績です 信頼区間はごく狭く 私にはありがたい結果でした 5点満点で平均1.8です これなら 世界保健の教授の居場所があります 私の授業も安泰です (笑)

But one late night,/ when I was compiling the report I really realized my discovery.// I have shown/ that Swedish top students know statistically significantly less/ about the world/ than the chimpanzees.//

しかしその結果について 本当に理解したのは 夜遅く その答案をまとめている時でした スウェーデンの学生の世界の知識は 統計的有意に チンパンジーより低い ということです

(Laughter)/ Because the chimpanzee would score half right/ if I gave them/ two bananas/ with Sri Lanka and Turkey.// They would be right half of the cases.//

(笑) チンパンジーはバナナを2本もやれば スリランカかトルコか 半分の場合は正しい方を選ぶでしょう

But the students are not there.// The problem/ for me was not ignorance;/ it was preconceived ideas.//

スウェーデンの学生はもっと下です 問題は無知ではなく 先入観です

I did also/ an unethical study of the professors of the Karolinska Institute (Laughter) --/ that hands out/ the Nobel Prize/ in Medicine,/ and they are on par/ with the chimpanzee there.//

私はカロリンスカ研究所の教授にも 非倫理的な調査を行いました

(Laughter)/ This is/ where I realized/ that there was really a need/ to communicate,/ because the data of what's happening in the world/ and the child health of every country is very well aware.//

(笑) ノーベル医学賞を授与する人たちが チンパンジー並みだったのです (笑) コミュニケーションの必要性を実感しました 世界各国の子供の健康水準については よく整ったデータがあるからです

We did this software/ which displays it/ like this:/ every bubble here is a country.//

それで ご覧のようなソフトを作りました 丸はそれぞれ国を表しています

This country/ over here is China.// This is India.//

これは中国で これはインドです

The size of the bubble is the population,/ and on this axis here/ I put fertility rate.//

円の大きさは人口を表し 横軸は出生率です

Because my students,/ what they said/ when they looked upon the world,/ and I asked them,/ "What do you really think about the world?"//

学生たちが 世界をどう捉えているのか 彼らに聞いてみました “世界を実際どう思っているの?”

Well,/ I first discovered/ that the textbook was Tintin,/ mainly.//

彼らの知識は「タンタンの冒険旅行」から来ているのが分かりました

(Laughter)/ And they said,/ "The world is still 'we'/ and 'them.'//

(笑) 学生たちは いまだ世界を「我々」と「彼ら」に分け

And we is Western world/ and them is Third World."//

我々「西欧世界」 彼ら「第三世界」と考えています

"And what do you mean with Western world?"// I said.//

私は聞きました “その「西欧世界」というのは何?”

"Well,/ that's long life and small family,/ and Third World is short life and large family."//

“長生きで小家族なのがそうです 短命で大家族なのが第三世界です”

So this is/ what I could display here.// I put fertility rate here:/ number of children/ per woman:/ one,two,three,four,/ up/ to about eight children/ per woman.//

これをご覧ください 横軸は出生率 女性1人当たりの子どもの数です 1人、2人、3人、4人から8人まで

We have very good data/ since 1962 --/ 1960 about --/ on the size of families/ in all countries.//

1962年以降の 各国の家族の大きさについては とても良いデータがあります

The error margin is narrow.// Here/ I put life expectancy/ at birth,/ from 30 years/ in some countries up/ to about 70 years.//

誤差はわずかです 縦軸は出生時平均余命です 30歳くらいから 上は70歳くらいまであります

And 1962,/ there was really a group of countries here/ that was industrialized countries,/ and they had small families and long lives.//

1962年には 実際こういう国のグループがありました 工業国は 小家族で長寿です

And these were the developing countries:/ they had large families/ and they had relatively short lives.//

そしてこっちは発展途上国 大家族で比較的短命でした

Now/ what has happened since 1962?// We want to see/ the change.//

そして1962年以降何が起きたのか? 変化を見てみましょう

Are the students right?// Is it still/ two types of countries?//

学生たちは正しく 今も2種類の国があるのでしょうか?

Or have these developing countries got smaller families/ and they live here?//

それとも発展途上国が小家族になって この辺にいるのか?

Or have they got longer lives/ and live up/ there?//

あるいは長寿になって この上にいるのか?

Let's see.// We stopped the world/ then.// This is all U.N. statistics/ that have been available.// Here/ we go.// Can you see there?//

見てみましょう データには利用可能な 国連の 統計を使っています では見てみましょう

It's China there,/ moving against better health there,/ improving there.//

これは中国 より健康な社会へと改善していきます

All the green Latin American countries are moving towards smaller families.//

緑のラテンアメリカ諸国が 小家族に向かっています

Your yellow ones here are the Arabic countries,/ and they get larger families,/ but they --/ no,/ longer life,/ but not larger families.//

黄色いのはアラブ諸国です 寿命が延びています

The Africans are the green down here.// They still remain here.//

緑色のアフリカは この場に留まったままです

This is India.// Indonesia's moving/ on pretty fast.//

インドに インドネシア とても速く動いています

(Laughter)/ And in the '80s here,/ you have Bangladesh still/ among the African countries there.//

(笑) 80年代に入ります バングラデシュはずっと

But now,/ Bangladesh --/ it's a miracle/ that happens in the '80s:/ the imams start to promote/ family planning.//

アフリカ諸国と一緒でしたが ここで奇跡が起きます イマームが家族計画を推進し

They move up/ into that corner.// And/ in '90s,/ we have the terrible HIV epidemic/ that takes down/ the life expectancy of the African countries/ and all the rest of them move up/ into the corner,/ where we have long lives and small family,/ and we have a completely new world.//

左上に上がっていきます 90年代にひどいHIVの流行があり アフリカ諸国の平均余命が下がります 残りの国はみな 左上へと進んでいきます 長寿で小家族 私たちの世界は全く違ったものになったのです

(拍手)

Let me/ make a comparison directly/ between the United States of America and Vietnam.//

米国とベトナムとを比較してみましょう

1964:/ America had small families and long life;/ Vietnam had large families and short lives.// And this is/ what happens:/ the data/ during the war indicate/ that even/ with all the death,/ there was an improvement of life expectancy.// By the end of the year,/ the family planning started in Vietnam/ and they went for smaller families.//

1964年 米国は小家族で長寿 一方ベトナムは大家族で短命です その後こうなります 戦争中のデータを見ると 戦争による多くの死者にも関わらず 平均余命が伸びています 戦争が終わる頃に ベトナムで家族計画が始まり 小家族に向かいます

And the United States/ up there is getting for longer life,/ keeping family size.// And/ in the '80s now,/ they give up/ communist planning/ and they go for market economy,/ and it moves faster even/ than social life.// And today,/ we have in Vietnam/ the same life expectancy/ and the same family size here/ in Vietnam,/2003,/ as in United States,/1974,/ by the end of the war.//

米国は長寿で小さな家族を保っています ベトナムは80年代に 計画経済を捨てて市場経済になり 社会水準の向上が加速します そして今日 2003年のベトナムの平均余命と 家族の大きさは ベトナム戦争末 1974年の米国と同じ水準になりました

I think we/ all --/ if we don't look in the data --/ we underestimate the tremendous change/ in Asia,/ which was in social change/ before we saw the economical change.//

データを見なければ 我々は アジアの著しい変化を 過小評価することになります アジアでは 経済の変化の前に 社会の変化が現れています

Let's move/ over to another way here/ in which we could display the distribution/ in the world of the income.// This is the world distribution of income of people.//

別な見方をしてみましょう 世界の所得の分布です これは世界の人々の所得の分配を示しています

One dollar,/10 dollars or 100 dollars/ per day.//

世帯1日当たり 1ドル、10ドル、100ドルです

There's no gap/ between rich and poor/ any longer.// This is a myth.//

もはや豊かな国と貧しい国の間にギャップはありません 神話です

There's a little hump here.// But there are people/ all the way.//

小さな谷がありますが ずっと途切れなく分布しています

And/ if we look/ where the income ends up --/ the income --/ this is 100 percent/ the world's annual income.// And the richest 20 percent,/ they take out of that about 74 percent.// And the poorest 20 percent,/ they take about two percent.// And this shows/ that the concept of developing countries is extremely doubtful.// We think about aid,/ like these people here/ giving aid/ to these people here.// But in the middle,/ we have most the world population,/ and they have now/ 24 percent of the income.//

所得がどういう配分になっているか見てみましょう これが世界の年間所得の100%です 最も豊かな20%が 74%を手にしています そして最も貧しい20%が 2%を手にしています これを見ると 発展途上国という概念は 非常に疑わしいことが分かります 援助について考えるとき 私たちは ここの人たちが ここの人たちを助けていると思っています しかし真ん中の 最も人口の多い部分が 今や24%の所得を得ているのです

We heard it/ in other forms.// And who are these?//

この人たちは誰なのでしょう?

Where are the different countries?// I can show you/ Africa.//

それぞれの国はどこにあたるのでしょう? まずアフリカです

This is Africa.// 10 percent/ the world population,/ most/ in poverty.//

これがアフリカ 世界の人口の10%で 大部分が貧困です

This is OECD.// The rich country.// The country club of the U.N.//

これはOECD諸国 豊かな国々 国連のカントリークラブです

And they are over here/ on this side.// Quite/ an overlap/ between Africa and OECD.//

この部分で アフリカとOECDの間に 結構重なりがあります

And this is Latin America.// It has everything/ on this Earth,/ from the poorest/ to the richest,/ in Latin America.//

これは南アメリカ 最貧から最富裕まで 全部そろっています

And/ on top of that,/ we can put East Europe,/ we can put East Asia,/ and we put South Asia.// And/ how did it look like if we go back/ in time,/ to about 1970?// Then/ there was more of a hump.//

さらに重ねて 東欧、東アジア、 南アジア 時間を1970年までを戻します 谷が深くなっています

And we have most/ who lived in absolute poverty were Asians.//

極貧生活をしている人はアジアに多くいました

The problem/ in the world was the poverty/ in Asia.// And/ if I now let the world move forward,/ you will see/ that while population increase,/ there are hundreds of millions/ in Asia/ getting out of poverty/ and some others/ getting into poverty,/ and this is the pattern/ we have today.//

世界の問題はアジアの貧困だったのです 時間を進めていくと 人口が増加していき アジアでは 何億という人々が貧困から抜け出し 別なところで 貧困が進みます これが現在のパターンです

And the best projection/ from the World Bank is/ that this will happen,/ and we will not have a divided world.// We'll have most people/ in the middle.//

世界銀行による最良の予測では この後こうなります 世界は分断されておらず ほとんどの人が真ん中にいます

Of course/ it's a logarithmic scale here,/ but our concept of economy is growth/ with percent.// We look upon it/ as a possibility of percentile increase.// If I change this,/ and I take GDP/ per capita/ instead of/ family income,/ and I turn these individual data/ into regional data of gross domestic product,/ and I take the regions down here,/ the size of the bubble is still the population.//

これはもちろん対数目盛です 私たちの経済の概念では 成長をパーセントで計ります 発展の割合として見るのです 横軸を世帯収入から 1人当たりのGDPに変えましょう それぞれのデータを 地域のGDPに変えます 円の大きさは人口です

And you have the OECD there,/ and you have sub-Saharan Africa there,/ and we take off/ the Arab states there,/ coming both/ from Africa/ and from Asia,/ and we put them separately,/ and we can expand this axis,/ and I can give it/ a new dimension here,/ by adding the social values there,/ child survival.//

OECDがここで サハラ以南のアフリカがここです アラブ諸国を アフリカやアジアと分けて別にしましょう 横軸を引き伸ばし 次元をもう1つ追加します 子供の生存率です

Now/ I have money/ on that axis,/ and I have the possibility of children/ to survive there.//

横軸がお金で 縦軸が子どもの生き残る可能性です

In some countries,/99.7 percent of children survive to five years of age;/ others,/ only 70.// And here/ it seems/ there is a gap/ between OECD,/ Latin America,/ East Europe,/ East Asia,/ Arab states,/ South Asia and sub-Saharan Africa.//

ある国々では99.7%の子どもが5歳以上まで生きられます 一方70%の国々もあります ここにギャップがあるように見えます OECD、南アメリカ、東欧、東アジア アラブ諸国、南アジア、サハラ以南のアフリカ

The linearity is very strong/ between child survival and money.//

子どもの生存率とお金の間には強い相関があります

But let me/ split sub-Saharan Africa.// Health is there/ and better health is up there.//

サハラ以南のアフリカをバラしてみましょう 縦軸が保健の水準で 上に行くほど良いということです

I can go here/ and I can split sub-Saharan Africa/ into its countries.//

サハラ以南アフリカを国に分けました

And when it/ burst,/ the size of its country bubble is the size of the population.//

それぞれの円の大きさは国の人口を表しています

Sierra Leone down there.// Mauritius is up there.// Mauritius was the first country/ to get away/ with trade barriers,/ and they could sell their sugar --/ they could sell their textiles --/ on equal terms/ as the people/ in Europe and North America.//

シエラレオネがここ モーリシャスがあそこにあります モーリシャスは貿易障壁を最初に解除した国で 砂糖や繊維製品を 欧米と対等な条件で売ることができます

There's a huge difference/ between Africa.// And Ghana is here in the middle.//

アフリカの国の間にも大きな差があるのです ガーナは真ん中あたり

シエラネオネは人道的支援を受けています

Here/ in Uganda,/ development aid.// Here,/ time to invest;/ there,/ you can go for a holiday.// It's a tremendous variation/ within Africa/ which we rarely often make --/ that it's equal everything.//

ウガンダは開発支援を受けています この辺は投資できます ここでは休暇を過ごせます アフリカには大きな幅があるのに 私たちは一緒くたにしています

I can split South Asia here.// India's the big bubble/ in the middle.//

南アジアを分割してみましょう 真ん中の大きな円がインドです

But a huge difference/ between Afghanistan and Sri Lanka.//

アフガニスタンとスリランカでは 大変大きな違いがあります

I can split Arab states.// How are they?// Same climate, same culture,/ same religion --/ huge difference.// Even/ between neighbors.//

アラブ諸国を分割してみましょう どうなるでしょう? 気候、文化、宗教が同じでも 大きな違いがあります 隣国同士でも

Yemen,/ civil war.// United Arab Emirate,/ money/ which was quite equally and well used.//

イエメンは内戦 アラブ首長国連邦では 外国人労働者の子どもも含め

Not/ as the myth is.// And that includes all the children of the foreign workers/ who are in the country.//

お金が平等にうまく使われています 私たちが信じているのとは異なっています

Data is often better/ than you think.// Many people say/ data is bad.//

データはみんなが思うより有効なのです 不確実な部分があるにしても

There is an uncertainty margin,/ but we can see the difference here:/ Cambodia,/ Singapore.// The differences are much bigger/ than the weakness of the data.// East Europe:/ Soviet economy/ for a long time,/ but they come out/ after 10 years very,/ very differently.// And there is Latin America.//

はっきりした差が見られます このカンボジアとシンガポールの差は データの問題を はるかに超えています 東欧は長い間ソビエト経済下にありましたが 離脱して10年 大きく変わっています 南米も

Today,/ we don't have to go/ to Cuba/ to find a healthy country/ in Latin America.//

今や健康な国はキューバだけではありません

Chile will have a lower child mortality/ than Cuba/ within some few years/ from now.//

チリは数年のうちに 子供の死亡率の低さでキューバを抜きそうです

And here/ we have high-income countries/ in the OECD.//

こちらは高所得なOECD諸国です

And we get the whole pattern here of the world,/ which is more or less/ like this.// And/ if we look at it,/ how it looks --/ the world,/ in 1960,/ it starts to move.// 1960.//

これが世界全体のパターンです だいたいこんな感じになっています 1960年の世界を見てみましょう 動き始めます

This is Mao Tse-tung.// He brought health/ to China.// And then/ he died.//

これは毛沢東です 中国に健康をもたらしました

And then/ Deng Xiaoping came/ and brought money/ to China,/ and brought them/ into the mainstream again.//

彼の死後 鄧小平が出てきて 中国にお金をもたらし 中国を本流に引き戻しました

And we have seen/ how countries move in different directions/ like this,/ so it's sort of difficult/ to get an example country/ which shows the pattern of the world.//

このようにそれぞれの国が違った方向に動いています ですから 世界の典型的なパターンを示す 国の例を挙げるというのは難しいのです

But I would like to bring/ you back/ to about here/ at 1960.//

また1960年に戻しましょう

I would like to compare/ South Korea,/ which is this one,/ with Brazil,/ which is this one.// The label went away/ for me here.// And/ I would like to compare/ Uganda,/ which is there.// And I can run it forward,/ like this.//

ここにある韓国と こちらにあるブラジルを比較してみましょう 比較のためウガンダも入れましょう ここにあります 時間を進めます

And you can see/ how South Korea is making a very,/ very fast advancement,/ whereas Brazil is much slower.//

韓国がいかに速く進歩しているか 分かるでしょう それに比べるとブラジルはずっとゆっくりです

And/ if we move back again,/ here,/ and we put on trails/ on them,/ like this,/ you can see again/ that the speed of development is very, very different,/ and the countries are moving more or less/ in the same rate/ as money and health,/ but it seems/ you can move much faster/ if you are healthy first/ than/ if you are wealthy first.//

また最初に戻って 航跡表示をオンにして もう一度実行すると 発展の速度が 大きく異なるのが分かります そして経済と保健は だいたいのところ同じ割合で変化しています しかし経済より保健が先に来る場合に 動きがずっと速いのが分かります

And to show/ that,/ you can put on the way of United Arab Emirate.//

それが良くわかるように アラブ首長国連邦を加えてみましょう

They came from here,/ a mineral country.// They cached all the oil;/ they got all the money;/ but health can not be bought at the supermarket.//

資源の豊かな国です 石油でお金はできましたが 健康をスーパーマーケットで買うことはできません

You have to invest/ in health.// You have to get/ kids/ into schooling.//

健康に投資し 子どもたちを学校で教えなければなりません

You have to train/ health staff.// You have to educate/ the population.//

医療スタッフを育て 国民を教育しなければなりません

And Sheikh Sayed did/ that in a fairly good way.//

首長ザーイドはこれをかなりうまくやりました

In spite of falling oil prices,/ he brought this country up here.//

石油価格の下落にも関わらず この国をここまで引き上げたのです

So we've got a much more mainstream appearance of the world,/ where all countries tend to use/ their money better/ than they used in the past.// Now,/ this is,/ more or less,/ if you look at the average data of the countries --/ they are like this.//

だから世界の主流の状況としては 各国は昔に比べて お金をうまく使うようになっています これは各国をその平均で見た場合です

Now/ that's dangerous,/ to use average data,/ because there is such a lot of difference/ within countries.// So/ if I go and look here,/ we can see/ that Uganda/ today is/ where South Korea was 1960.// If I split Uganda,/ there's quite a difference/ within Uganda.// These are the quintiles of Uganda.//

でも平均データを使うのは危険があります 国の中にも大きな差があるからです これを見ると 現在のウガンダは 1960年に韓国がいた場所にいます ウガンダを分けると 国内に大きな差があります

The richest 20 percent of Ugandans are there.//

ウガンダで最も富裕な20%がここ

The poorest are down there.// If I split South Africa,/ it's like this.//

最も貧しい層はここです 南アフリカを分けるとこんな感じです

And/ if I go down/ and look at Niger,/ where there was such a terrible famine,/ lastly,/ it's like this.// The 20 percent poorest of Niger is out/ here,/ and the 20 percent richest of South Africa is there,/ and yet/ we tend to discuss/ on what solutions/ there should be in Africa.//

最近ひどい飢饉のあったニジェールを見てみましょう ニジェールの最貧の20%はここで 南アフリカの最も豊かな20%はここです それなのに私たちは アフリカに対する解決策は どうあるべきかと議論しています

Everything/ in this world exists in Africa.// And you can't discuss universal access/ to HIV [ medicine ]/ for that quintile up here/ with the same strategy as down here.// The improvement of the world must be highly contextualized,/ and it's not relevant/ to have it/ on regional level.// We must be much more detailed.//

アフリカには世界の全てがあります HIV対策について こっちの20%と一緒の議論を こっちの20%にはできないのです 世界の改善は それぞれのコンテキストに合わせる必要があり 大きな地域でくくるのは不適切です 細かくやらなきゃいけません

We find/ that students get very excited/ when they can use this.//

このツールを使わせると 学生がとてもワクワクするのに気づきました

And even more policy makers/ and the corporate sectors would like to see/ how the world is changing.// Now,/ why doesn't this take place?//

政策立案者や企業もまた 世界の変化を知りたがっています ではなぜ それが実現しないのでしょう?

Why are we not using the data/ we have?// We have data/ in the United Nations,/ in the national statistical agencies/ and/ in universities and other non-governmental organizations.//

なぜ 既に持っているデータを使おうとしないのか? 国連も 国の統計機関も 大学も その他の非政府組織も データを持っているというのに

Because the data is hidden down/ in the databases.//

それはデータが隠されているからです

And the public is there,/ and the Internet is there,/ but we have still not used it/ effectively.//

一般の人々が使えるインターネットがあるというのに データは有効に使われていません

All that information/ we saw changing/ in the world does not include publicly-funded statistics.// There are some web pages/ like this,/ you know,/ but they take some nourishment down/ from the databases,/ but people put prices/ on them,/ stupid passwords/ and boring statistics.//

私たちが見てきた 世界の変化を示す情報に 公的にアクセスできるものはありません ある種のウェブページはあります データベースから養分を取っているわけですが 高い値段を付け 変なパスワードをかけ 退屈な統計データを表示するだけです

(笑と拍手)これではうまくいきません

And this won't work.// So/ what is needed?// We have the databases.//

何が必要なのか? データベースはあります 新しいデータベースが

It's not the new database/ you need.// We have wonderful design tools,/ and more and more are added up/ here.// So/ we started a nonprofit venture/ which we called --/ linking data to design --/ we call it/ Gapminder,/ from the London underground,/ where they warn you,/ "mind the gap."// So we thought/ Gapminder was appropriate.//

必要なわけではありません 素晴らしいデザインツールもあり どんどん増えています ですから私たちは データをデザインに結び付ける 非営利のベンチャーを始めました Gapminderです ロンドン地下鉄の“MIND THE GAP” (隙間にご注意ください)から名前を取りました

And we started to write/ software/ which could link the data/ like this.//

私たちはデータをつなげられる ソフトを作り始めました

And it wasn't/ that difficult.// It took some person years,/ and we have produced animations.//

そんなに難しくはありません 数人年です それでデータを引き出し

You can take/ a data set/ and put it there.//

アニメーションできるようになりました

We are liberating U.N. data,/ some few U.N. organization.//

いくつか国連機関のデータも解放しました

Some countries accept/ that their databases can go out/ on the world,/ but what we really need/ is,/ of course,/ a search function.//

いくつかの国は データを世界に公開することに同意しています しかし本当に必要なのは検索機能です

A search function/ where we can copy the data/ up/ to a searchable format/ and get it out/ in the world.// And what do we hear/ when we go around?//

データを検索可能な形にして公開し 自由に検索できるようにしなければなりません そのために世界を回って どんな言葉を耳にするでしょう?

I've done anthropology/ on the main statistical units.// Everyone says,/ "It's impossible.// This can't be done.// Our information is so peculiar/ in detail,/ so that can not be searched/ as others can be searched.//

私は統計機関の人類学に詳しくなりました みんな同じことを言います “不可能です うちの情報は特殊ですから” “よそのデータのように検索可能にするのは無理です”

We can not give the data free/ to the students,/ free/ to the entrepreneurs of the world."//

“学生や世界の起業家に データを無料で提供はできません”

But this is/ what we would like to see,/ isn't it?//

しかし私はそうしたいのです

The publicly-funded data is down here.//

公的資金によるデータがここにあり

And we would like flowers/ to grow out/ on the Net.//

それがネット上で花開くのを見たいのです

And one of the crucial points is to make them searchable,/ and then/ people can use the different design tool/ to animate it there.//

肝心なのは データを検索可能にし 様々なデザインツールを使い 絵として見られるようにすることです

And I have a pretty good news/ for you.// I have a good news/ that the present, new Head of U.N.// Statistics,/ he doesn't say/ it's impossible.//

良い報せがあります 国連統計局の新局長は 不可能だとは言いません 彼はただ

He only says,/ "We can't do it."//

“我々には無理です”と言うだけです

(Laughter)/ And that's a quite clever guy,/ huh?//

(笑) なかなか頭の良い人ですよね?

(笑)

So we can see a lot/ happening in data/ in the coming years.//

今後数年で データの方面で 多くのことが起こるでしょう

We will be able to look at income distributions/ in completely new ways.//

所得分布を まったく違った方法で見られるようになるでしょう

This is the income distribution of China,/1970./ the income distribution of the United States,/1970.//

紫は1970年の中国の所得分布で 水色は1970年の米国の所得分布です

Almost/ no overlap.// Almost no overlap.// And what has happened?//

ほとんど重なりはありません その後どうなったでしょう?

What has happened/ is this:/ that China is growing,/ it's not so equal any longer,/ and it's appearing here,/ overlooking the United States.//

こうなります 中国は成長し 平等ではなくなっていきます そしてこのような位置に 米国のすぐ背後に迫っています

Almost/ like a ghost,/ isn't it,/ huh?//

なんだか お化けのようですね

(笑)

It's pretty scary.// But I think/ it's very important/ to have all this information.//

結構怖い感じです このような情報を持つのは大変重要だと思います

We need really/ to see it.// And instead of looking at this,/ I would like to end up/ by showing the Internet users/ per 1,000.//

本当に見る必要があります 最後に 1000人当たりの インターネットユーザ数を ご覧いただきましょう

In this software,/ we access about 500 variables/ from all the countries quite easily.//

このソフトを使うと 世界の国々の500種のデータに 容易にアクセスできます

It takes some time/ to change for this,/ but on the axises,/ you can quite easily get any variable/ you would like to have.//

画面の切り替えに若干時間がかかりますが 縦軸と横軸に 好きなデータを選択できます

And the thing would be to get up/ the databases free,/ to get them searchable,/ and with a second click,/ to get them/ into the graphic formats,/ where you can instantly understand them.//

必要なのはデータベースを無料化し 検索可能にすることで そうすれば クリックするだけで グラフに変えて 即座に理解できるようになります

Now,/ statisticians doesn't like it,/ because they say/ that this will not show the reality;/ we have to have/ statistical, analytical methods.//

統計学者はこういうのを気に入りません 現実を表していないと言います 統計的 分析的手法を使うべきだと言います

But this is hypothesis-generating.//

しかし これで仮説生成ができるのです

I end now/ with the world.// There,/ the Internet is coming.//

インターネットが現れ インターネットにアクセスする

The number of Internet users are going up/ like this.// This is the GDP/ per capita.//

ユーザ数が増えていきます 横軸は1人当たりのGDPです

And it's a new technology/ coming in,/ but then amazingly,/ how well/ it fits to the economy of the countries.// That's/ why the 100 dollar computer will be so important.// But it's a nice tendency.//

新しく登場した技術ですが それが驚くほど 国の経済力に対応しています だからこそ100ドルPCが 重要なのです ここには良い傾向が見えます

It's/ as if the world is flattening off,/ isn't it?// These countries are lifting more/ than the economy/ and will be very interesting/ to follow this/ over the year,/ as I would like you/ to be able to do with all the publicly funded data.// Thank/ you very much.//

世界がフラットになっているかのようです これらの国々は 経済以上に上昇しており 今後どうなるか興味深いところです みんながすべての公的データを 使えるようになることを願っています

(拍手)

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

Swedish

スウェーデンの;スウェーデン人(語)の

《the ~》《集合的に;複数扱い》スウェーデン人

〈U〉スウェーデン語

undergraduate

大学生,学部在学生

学部学生の

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

hunger

〈U〉『飢え』,空腹

〈C〉《単数形で》(…に対する)『渇望』,熱望《+『for』(『after』)+『名』》

空腹を感じる,腹がへる

(…を)切望する,熱望する(long)《+『for』(『after』)+『名』》

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

opportunity

『機会』,好機

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

uncertainty

〈U〉確信のなさ;疑わしさ;変わりやすさ;不明確さ

〈C〉《しばしば複数形で》確信のない(疑わしい,変わりやすい,不明確な)こと

data

『資料』,事実;情報

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

Poland

ポーランド(ヨーロッパ中部の共和国;首都はWarsaw)

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

Pakistan

パキスタン(イスラム教共和国;首都はIslamabad)

South Africa

南アフリカ(アフリカ南部の共和国で,公式名は the Republic of South Africa;首都は,行政府 Pretoria,立法府 Cape Town,司法府 Bloemfontein)

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

interval

(事と事の)間の時間,『合い間』;(物と物の)間の空間,間隔

《英》=intermission

音程

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

laughter

『笑い』,笑い声

compile

〈資料など〉'を'まとめる

〈辞書など〉'を'編集する

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

significantly

意味ありげに,意味深長に

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

chimpanzee

黒ショウジョウ,チンパンジー

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

banana

『バナナ』;バナナの木

《米俗》ドル

Sri Lanka

スリランカ(インド洋にある島国の共和国;Ceylonの正式国名;首都Colombo)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

ignorance

『無学』,『無知』,無教育;(…を)知らないこと《+『of』+『名』》

preconceive

…‘を'あらかじめ考える,‘を'予想する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

Nobel Prize

ノーベル賞

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

par

〈U〉同等,同価,同水準,同程度

(また『par value』)〈U〉平価,額面価格

〈U〉(程度・質・状態・数量などの)平均,標準;(精神・健康などの)常態

〈C〉(ゴルフで)標準打数,パー

《名詞の前にのみ用いて》平均の,標準の

額面の

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

datum

dataの単数形

既知の事実

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

axis

〈C〉軸,軸線;枢軸(すうじく)

《the A-》枢軸国(第二次大戦当時の日本・ドイツ・イタリアなど)

fertility

肥沃(ひよく);産出力,繁殖力;(創造力の)豊かさ

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

upon

『…の上に』

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

textbook

『教科書』

mainly

『おもに』,もっぱら(chiefly);大部分は

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

Third World

《the ~》《しばしば t-w-》第三世界(非同盟中立のアジア・アフリカの国々)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

margin

『へり』,『縁』,端(edge)

(ページの)『余白』,欄外

(可能の)限界,限度

(空間・時間・経費・活動などの)余裕,余地

利ざや,マージン,販売利益

life expectancy

期待寿命[余命], 平均余命 (=expectation of life)

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

lives

lifeの複数形

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

statistic

統計値,統計量

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

Latin American

ラテンアメリカの

towards

toward

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

Bangladesh

バングラデシュ人民共和国(インド半島東部の国;首都Dacca)

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

imam

〈C〉(イスラム教の)僧,導師

《I-》イスラム教国の宗教的元首の称号

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

epidemic

(病気などが)『伝染性の』,急速に広がる

(一般に)流行している

(一時的な)流行病,伝染病

流行,はやり

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

completely

『完全に』,全く,十分に

applause

『拍手かっさい』;称賛

comparison

(…と…との)『比較』《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》;(…間の)比較《+『between』+『名』》

(…を…に)たえること《+『of』+『名』+『with』(『to』)+『名』》

(形容詞・副詞の)比較変化

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

underestimate

〈価値・質・量・能力など〉‘を'実際より低く評価する(見積もる)

過小評価

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

Asia

『アジア』

economical

(人が)『節約する』,倹約家の

(物事が)経済的な,徳用の

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

income

(一定の)『収入』,所得

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

myth

〈C〉(個々の)『神話』,神代物語;〈U〉《集合的に》神話

〈C〉神話的な人(物・事)

〈C〉作り話,伝説;(…という)作り話《+『that節』》

hump

〈C〉(背中の)こぶ,(ラクダ・野牛などの)背こぶ

〈C〉丸い丘(mound)

〈U〉《the ~》《英話》不きげん,かんしゃく

〈背〉‘を'丸める

《英話》…‘を'背にのせて運ぶ

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

extremely

『極端に』,非常に過度に

doubtful

(事が)『疑わしい』,疑問を抱かせる,不確かな

(人が)『疑っている』,怪しんでいる

いかがわしい,問題となる

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

OECD

Organization for Economic Cooperation and Development経済協力開発機構

country club

カントリークラブ(ゴルフやテニスなどの設備を持つ郊外のクラブ)

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

overlap

…‘を'部分的に重ねる

…‘と'一部共通(一致)する;(時間的に)…‘と'かち合う

部分的に重なり合う

部分的に共通(一致)する;〈時間が〉かち合う

〈U〉部分的に一致すること,重複

〈C〉重複部分

Latin America

ラテンアメリカ(中南米諸国;ラテン系言語を話していることから)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

East Asia

東アジア(日本・中国・朝鮮など)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

projection

〈U〉突き出[させ]ること;〈C〉突起

(影・映像などの)透写;◇映画・スライドの)映写;〈C〉投影図,投射図

〈U〉発射,射出

〈C〉予測,予知

〈U〉〈C〉(自分の考え・感情を)人に投影すること

World Bank

世界銀行(1944年創立)

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

logarithmic

対数の,対数に関する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

percentile

(統計で)百分位数

百分位数の

per capita

一人当たり,頭割りで,各人に

instead

『その代りとして』,それよりも

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

regional

地方の,地域の;地方に特有の,局地的な

gross

『全体の,総計の』(entire)

(人が)太りすぎた,でぶの

粗野な,下品な(vulgar)

(食物が)粗悪な

(誤り・誤解などが)はなはだしい,全くひどい(very bad)

(植物が)はびこった,伸びほうだいの…(霧などが)濃い,密な

グロス(12ダース,144個)

《the~》《文》全体;大部分

…の総利益をあげる

domestic

『家庭の』,家庭生活の,家事の

『家庭的な』,家事の好きな

(動物などが)『人に飼われている』,飼いならされた

『国内の』,自国の

国産の

(通例女性の)召使い,お手伝い

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

separately

分かれて;別々に,単独で

expand

(…にまで)『拡大する』,膨張する,広がる《+『into』+『名』》

(…について)さらに詳しく述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

〈人が〉打ち解ける,心を開く

…‘を'『拡大する』,拡張する,広げる;…‘を'拡大して(…に)する《+『名』+『into』+『名』》

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

Sierra Leone

シエラレオネ(大西洋に面したアフリカ西部の国)

Mauritius

モーリシャス(インド洋の西部,モーリシャス島および周辺の小島を含む独立国)

モーリシャス島

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

textile

織物の

織物;織物材料(綿糸・ナイロンなど)

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

humanitarian

人道主義的な

人道主義者,博愛家

Uganda

ウガンダ(アフリカ東部の独須国;首都 Kampala)

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

Yemen

イエメンアラブ共和国(アラビア半島南西部の共和国;首都 San‘a;正式名 Yemen Arab Republic)

南イエメン,イエメン民主人民共和国(アラビア半島南部の共和国;首都 Aden;正式名 People's Democratic Republic of Yemen)

civil war

〈C〉内乱,内戦

《the Civil War》(米国の)南北戦争(1861‐65)(英国の)Charles1世と国会との戦争(1642‐49)

emirate

アラビアの首長の権限(身分)

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

used

『使い古しの』,使用した

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

Cambodia

カンボジア(東南アジアの共和国;首都はPhnom Penh)

Singapore

シンガポール(マレー半島南端の島で英国の自治領であったが1965年に独立国となった)

シンガポール国の首都である港市

weakness

〈U〉(体・心・性格か)『弱いこと』《+of+名》

〈C〉『弱点』,短所

〈C〉(特に良くないものに対する)特別な好み,愛好《+for+名》

soviet

〈C〉(旧ソ連の)地方会議(労働者・農民によって選出され,立法権・行政権を有する)

《the Soviets》『旧ソ連政府』;『旧ソ連人民』

地方会議の

《S-》ソ連の

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

Cuba

キューバ(西インド諸島中最大の島で共和国;首都はHavana)

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

Chile

チリ(南米太平洋岸の共和国;首都はSantiago)

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

advancement

〈U〉〈C〉進歩,発達(advance)

〈U〉(…の)促進,振興《+『of』+『名』》

〈U〉(…への)昇進,進級《+『to』+『名』》

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

mineral

(動植物に対して)『無機物』

『鉱物』,鉱石

《複数形で》《英》炭酸水,清涼飲料(mineral water)

鉱物の,鉱物質を含む

cache

(食糧・武器などの)隠し場所,貯蔵所

隠しておいた物,貯蔵物

(隠し場所に)…'を'隠す,貯蔵する

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

schooling

学校教育;教育

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

spite

悪意,意地悪

《a ~》(…への)恨み《+『against』(『at』)+『名』》

〈人〉‘に'意地悪をする,‘を'困らせる

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

Niger

ニジェール(アフリカ北西部の共和国;首都はNiamey)

famine

『ききん』

(物の)ひどい不足,大欠乏

lastly

最後に,結局

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

highly

『高度に』,『非常に』,大いに

高い位に,高貴に

高価で(に),高給で(に)

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

statistical

統計の,統計学上の

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

statistics

《複数扱》『統計』,統計資料,統計表

《単数扱い》『統計学』

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

nourishment

滋養分,栄養物,食物

養育,育成

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

password

(敵味方を識別する)合い言葉(watchword)

bore

bear(実をつける)の過去形

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

nonprofit

非営利的な

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

warn

〈人〉に『警告する』

〈人・物事などが〉〈人〉‘に'『予告する』

〈人・立て札などが〉(…に近寄らないように,…から立ち退くように)〈人〉‘に'通告する《+名〈人〉+away from(from,off,out of)+名》

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

liberate

(…から)…‘を'自由にする,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈ガス〉‘を'遊離させる《+『from』+『名』》

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

anthropology

人類学

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

peculiar

『変な』,奇妙な,変わった

『独特な』,特有の

《話》(気分・体が)おかしい,ぐあいが悪い

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

entrepreneur

企業家

興行主(《米》producer)

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

animate

…‘に'生命を吹き込む,生命を与える

…'を'活気づける,生き生きさせる

…'を'励ます;…‘に'駆りたてる

生きた,生命のある(living)

生気に満ちた,活気のある(vigorous)

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

overlook

…‘を'『見落とす』,見逃す

‥‘を'『大目に見る』,‘に'目をつぶる

〈人が〉…‘を'『見おろす』

〈場所が〉…‘を'『見渡せる』,見おろす

ghost

『幽霊』,亡霊,死者の霊

(…の)ほんのわずか《+『of』+『名』》

(…の)幻,面影《+『of』+『名』》

=ghost writer

(テレビの画面の)ゴースト

=ghostwrite

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

instantly

『ただちに』

…するやいなや(as soon as, directly)

statistician

統計家,統計学者

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

computer

『計算機』;『電子計算機』

tendency

『傾向』

『性癖』,癖

flatten

…‘を'平らにする,平らに伸ばす《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘を'半音下げて歌う(演奏する)

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

関連動画