TED日本語 - ジークフリード・ウォルドヘック: レオナルド・ダ・ヴィンチの本当の顔

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

モナリザは世界で一番よく知られている顔です。でもレオナルド・ダ・ヴィンチの顔が分かりますか? イラストレーター、ジークフリード・ウォルドヘックは、彼がレオナルド本人の顔と信じているものを見つけるのに、思慮深い画像の分析技術を使いました。

Script

おはようございます これからしばらく、万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチについて見ていきましょう 我々は皆、彼の素晴らしい作品をよく知っています 彼の素描、油絵、発明、著述などについてです しかし彼の顔は知りません 彼についての著作が何千冊もありますが 彼の容貌については異説があり、いまも未解決です このよく知られた肖像画でさえ、歴史家は受け入れていません

あなたはどう思いますか? これはレオナルドの顔でしょうか? それとも違う? 調べてみましょう レオナルドは、周囲のあらゆるものを描きました 人物、解剖、植物、動物、風景、建物、水、なにもかもです しかし顔は無い? 信じられないことでした 彼の同時代人たちは、ご覧のように顔を描いています 正面、あるいは斜めからです 情熱的な絵描きであったレオナルドもきっと 時々は自画像を描いたに違いありません それを見つけてみましょう

もしも彼の作品を全部スキャンし 自画像を探せば、彼の顔はこちらを向いているはずです そこで私は彼の絵を700以上調べ 男性の肖像を探しました それらは120ほどあり、ここに見えます このうちどれが自画像でしょうか? 自画像は、自分を見ながら描かなくてはならず、正面か斜めからになります そこで横顔は全て外します また、十分に描き込まれている必要があります そこで、ぼんやりした絵とか過度に様式化されたものは省きます そして、彼の同時代人によれば 彼は非常に顔立ちがよく、美男子でさえあったとのこと そこで醜い顔と戯画も外します (笑)

するとどうでしょう 当てはまる絵は3つしか残らないのです これがそうです もちろん、あの老人もありますし 有名なウィトルウィウス的人体図もあります そして最後にレオナルド唯一の男性肖像画「音楽家の肖像」も残ります

これらの吟味に入る前に なぜ私にこの事について話す権利があるかを説明します 私は自身で1100枚以上の肖像画を描いています 新聞紙上に、300年―失礼、30年にわたってです (笑) とにかく1100枚 こんなに描いた画家はわずかしかいません だから私は顔を描き分析することをいくらかは知っています オーケー、それでこの3枚を見ていきましょう よく見ていて下さい これらの顔の細部を見ていくと 同じように広い額、水平な眉毛、 長い鼻、カーブした唇と、小さくてよく発達したアゴが共通しているのがわかります

最初にこれを見たときは自分の目が信じられませんでした これらの絵が互いに似ていなくてはならない理由がないのです ただ自画像の特徴を持つ絵を探しただけで 見て下さい、こんなに似通っている 順番は正しいでしょうか? 若い男が最初に描かれたはずです そしてこれらの絵の制作年代をみれば まさしくその通りとわかります 正しい順番に描かれています 当時レオナルドは何歳だったか? 絵と合うか? 合うんです この時彼の歳は33,38,63歳だったはずです

つまりここに同一人物かもしれない3枚の絵があるわけです レオナルドと同じ年齢のです でもこれが他人ではなくレオナルドだと、どうしてわかるのでしょう? 照合資料がいりますね そして、これがレオナルド本人と広く認められている写真です これはベロッキョ工房が制作したダビデ像で 15歳のレオナルドがモデルと言われています そしてこの銅像の顔を、音楽家の 肖像と比べると、特徴が非常に似ているのが分かります 銅像が照合資料で、それによってこの三枚の絵とレオナルドの特徴が 結びつくのです

紳士淑女の皆様、この話はまだ公開されていません ここTEDにいる皆さんが最初に知るのにふさわしいのです 偶像の中の偶像が、初めて顔を持ちました こちらです―レオナルド・ダ・ヴィンチ (拍手)

Good morning. Let's look for a minute at the greatest icon of all, Leonardo da Vinci. We're all familiar with his fantastic work -- his drawings, his paintings, his inventions, his writings. But we do not know his face. Thousands of books have been written about him, but there's controversy, and it remains, about his looks. Even this well-known portrait is not accepted by many art historians.

So, what do you think? Is this the face of Leonardo da Vinci or isn't it? Let's find out. Leonardo was a man that drew everything around him. He drew people, anatomy, plants, animals, landscapes, buildings, water, everything. But no faces? I find that hard to believe. His contemporaries made faces, like the ones you see here -- en face or three-quarters. So, surely a passionate drawer like Leonardo must have made self-portraits from time to time. So let's try to find them.

I think that if we were to scan all of his work and look for self-portraits, we would find his face looking at us. So I looked at all of his drawings, more than 700, and looked for male portraits. There are about 120, you see them here. Which ones of these could be self-portraits? Well, for that they have to be done as we just saw, en face or three-quarters. So we can eliminate all the profiles. It also has to be sufficiently detailed. So we can also eliminate the ones that are very vague or very stylized. And we know from his contemporaries that Leonardo was a very handsome, even beautiful man. So we can also eliminate the ugly ones or the caricatures. (Laughter)

And look what happens -- only three candidates remain that fit the bill. And here they are. Yes, indeed, the old man is there, as is this famous pen drawing of the Homo Vitruvianus. And lastly, the only portrait of a male that Leonardo painted, "The Musician."

Before we go into these faces, I should explain why I have some right to talk about them. I've made more than 1,100 portraits myself for newspapers, over the course of 300 -- 30 years, sorry,30 years only. (Laughter) But there are 1,100, and very few artists have drawn so many faces. So I know a little about drawing and analyzing faces. OK, now let's look at these three portraits. And hold onto your seats, because if we zoom in on those faces, remark how they have the same broad forehead, the horizontal eyebrows, the long nose, the curved lips and the small, well-developed chin.

I couldn't believe my eyes when I first saw that. There is no reason why these portraits should look alike. All we did was look for portraits that had the characteristics of a self-portrait, and look, they are very similar. Now, are they made in the right order? The young man should be made first. And as you see here from the years that they were created, it is indeed the case. They are made in the right order. What was the age of Leonardo at the time? Does that fit? Yes, it does. He was 33,38 and 63 when these were made.

So we have three pictures, potentially of the same person of the same age as Leonardo at the time. But how do we know it's him, and not someone else? Well, we need a reference. And here's the only picture of Leonardo that's widely accepted. It's a statue made by Verrocchio, of David, for which Leonardo posed as a boy of 15. And if we now compare the face of the statue, with the face of the musician, you see the very same features again. The statue is the reference, and it connects the identity of Leonardo to those three faces.

Ladies and gentlemen, this story has not yet been published. It's only proper that you here at TED hear and see it first. The icon of icons finally has a face. Here he is: Leonardo da Vinci. (Applause)

おはようございます

Let's look/ for a minute/ at the greatest icon of all,/ Leonardo da Vinci.//

これからしばらく、万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチについて見ていきましょう

We're all familiar/ with his fantastic work --/ his drawings,/ his paintings,/ his inventions,/ his writings.//

我々は皆、彼の素晴らしい作品をよく知っています 彼の素描、油絵、発明、著述などについてです

But we do not know his face.//

しかし彼の顔は知りません

Thousands of books have been written about him,/ but there's controversy,/ and it remains,/ about his looks.//

彼についての著作が何千冊もありますが 彼の容貌については異説があり、いまも未解決です

このよく知られた肖像画でさえ、歴史家は受け入れていません

So,/ what do you think?//

あなたはどう思いますか?

Is this the face of Leonardo da Vinci/ or isn't it?//

これはレオナルドの顔でしょうか? それとも違う?

Let's find out.//

調べてみましょう

Leonardo was a man/ that drew everything/ around him.//

レオナルドは、周囲のあらゆるものを描きました

He drew people,/ anatomy,/ plants,/ animals,/ landscapes,/ buildings,/ water,/ everything.//

人物、解剖、植物、動物、風景、建物、水、なにもかもです

But no faces?//

しかし顔は無い?

I find/ that hard/ to believe.//

信じられないことでした

His contemporaries made faces,/ like the ones/ you see here --/ en face or three-quarters.//

彼の同時代人たちは、ご覧のように顔を描いています 正面、あるいは斜めからです

So,/ surely/ a passionate drawer/ like Leonardo must have made self-portraits/ from time/ to time.//

情熱的な絵描きであったレオナルドもきっと 時々は自画像を描いたに違いありません

So let's try/ to find them.//

それを見つけてみましょう

I think/ that if we were to scan/ all of his work and look/ for self-portraits,/ we would find his face/ looking at us.//

もしも彼の作品を全部スキャンし 自画像を探せば、彼の顔はこちらを向いているはずです

So I looked at all of his drawings,/ more than 700,/ and looked for male portraits.//

そこで私は彼の絵を700以上調べ 男性の肖像を探しました

There are about 120,/ you see them here.//

それらは120ほどあり、ここに見えます

Which ones of these could be self-portraits?//

このうちどれが自画像でしょうか?

Well,/ for that they have to be done/ as we just saw,/ en face or three-quarters.//

自画像は、自分を見ながら描かなくてはならず、正面か斜めからになります

So we can eliminate all the profiles.//

そこで横顔は全て外します

It also has to be sufficiently detailed.//

また、十分に描き込まれている必要があります

So we can also eliminate the ones/ that are very vague/ or very stylized.//

そこで、ぼんやりした絵とか過度に様式化されたものは省きます

And we know from his contemporaries/ that Leonardo was a very handsome, even beautiful man.//

そして、彼の同時代人によれば 彼は非常に顔立ちがよく、美男子でさえあったとのこと

So/ we can also eliminate the ugly ones or the caricatures.//

そこで醜い顔と戯画も外します

(笑)

And look/ what happens --/ only three candidates remain/ that fit the bill.//

するとどうでしょう 当てはまる絵は3つしか残らないのです

And here/ they are.//

これがそうです

Yes, indeed,/ the old man is there,/ as is this famous pen drawing of the Homo Vitruvianus.//

もちろん、あの老人もありますし 有名なウィトルウィウス的人体図もあります

And lastly,/ the only portrait of a male/ that Leonardo painted,/ "The Musician."//

そして最後にレオナルド唯一の男性肖像画「音楽家の肖像」も残ります

Before we go into these faces,/ I should explain/ why I have some right/ to talk about them.//

これらの吟味に入る前に なぜ私にこの事について話す権利があるかを説明します

I've made more than 1,100 portraits/ myself/ for newspapers,/ over the course of 300 -- 30 years,/ sorry,/30 years only.//

私は自身で1100枚以上の肖像画を描いています 新聞紙上に、300年―失礼、30年にわたってです

(Laughter)/ But there are 1,100,/ and very few artists have drawn so many faces.//

(笑) とにかく1100枚 こんなに描いた画家はわずかしかいません

So I know a little/ about drawing and analyzing/ faces.//

だから私は顔を描き分析することをいくらかは知っています

OK,/ now let's look/ at these three portraits.//

オーケー、それでこの3枚を見ていきましょう

And hold onto your seats,/ because/ if we zoom in/ on those faces,/ remark/ how they have the same broad forehead,/ the horizontal eyebrows,/ the long nose,/ the curved lips and the small, well-developed chin.//

よく見ていて下さい これらの顔の細部を見ていくと 同じように広い額、水平な眉毛、 長い鼻、カーブした唇と、小さくてよく発達したアゴが共通しているのがわかります

I couldn't believe my eyes/ when I first saw that.//

最初にこれを見たときは自分の目が信じられませんでした

There is no reason/ why these portraits should look alike.//

これらの絵が互いに似ていなくてはならない理由がないのです

All we did/ was look/ for portraits/ that had the characteristics of a self-portrait,/ and look,/ they are very similar.//

ただ自画像の特徴を持つ絵を探しただけで 見て下さい、こんなに似通っている

Now,/ are they made in the right order?//

順番は正しいでしょうか?

The young man should be made first.//

若い男が最初に描かれたはずです

And/ as you see here/ from the years/ that they were created,/ it is indeed the case.//

そしてこれらの絵の制作年代をみれば まさしくその通りとわかります

They are made in the right order.//

正しい順番に描かれています

What was the age of Leonardo/ at the time?// Does that fit?//

当時レオナルドは何歳だったか? 絵と合うか?

Yes, it does.// He was 33,38 and 63/ when these were made.//

合うんです この時彼の歳は33,38,63歳だったはずです

So we have three pictures,/ potentially of the same person of the same age/ as Leonardo/ at the time.//

つまりここに同一人物かもしれない3枚の絵があるわけです レオナルドと同じ年齢のです

But how do we know/ it's him, and not someone else?//

でもこれが他人ではなくレオナルドだと、どうしてわかるのでしょう?

Well,/ we need a reference.//

照合資料がいりますね

And here's the only picture of Leonardo/ that's widely accepted.//

そして、これがレオナルド本人と広く認められている写真です

It's a statue made by Verrocchio,/ of David,/ for which Leonardo posed as a boy of 15.//

これはベロッキョ工房が制作したダビデ像で 15歳のレオナルドがモデルと言われています

And/ if we now compare the face of the statue,/ with the face of the musician,/ you see the very same features again.//

そしてこの銅像の顔を、音楽家の 肖像と比べると、特徴が非常に似ているのが分かります

The statue is the reference,/ and it connects the identity of Leonardo/ to those three faces.//

銅像が照合資料で、それによってこの三枚の絵とレオナルドの特徴が 結びつくのです

Ladies and gentlemen,/ this story has not yet been published.//

紳士淑女の皆様、この話はまだ公開されていません

It's only proper/ that you here/ at TED hear/ and see it first.//

ここTEDにいる皆さんが最初に知るのにふさわしいのです

The icon of icons finally has a face.//

偶像の中の偶像が、初めて顔を持ちました

Here/ he is:/ Leonardo da Vinci.//

こちらです―レオナルド・ダ・ヴィンチ

(拍手)

good morning

『おはよう』,こんにちは

《古》さようなら(午前中に別れるとき)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

Leonardo da Vinci

レオナルドダビンチ(1452‐1519;イタリアの画家・科学者)

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

drawing

〈U〉『線で描くこと』,線描

〈C〉(鉛筆・ペン・クレヨンなどによる)『絵』,『スケッチ』,デザイン,製図

〈U〉線画(デッサン)の技法

〈C〉くじ引き,抽選

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

controversy

(通例紙上での)『論争』;議論,口論

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

well-known

『有名な』,周知の

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

historian

歴史家,歴史学者

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

anatomy

〈U〉解剖学,解剖論

〈U〉〈C〉(動植物の)解剖

〈C〉(動植物の)構造,組織;人体

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

three-quarter

4分の3分の,7分の

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

passionate

(人が)情熱的な

(言葉などが)強い感情を表す,激い

(感情などが)強い,激しい

drawer

〈C〉『引き出し』

〈C〉引っ張る人

《複数形で》ズロース

self-portrait

自画像

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

sufficiently

『十分に』

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

vague

(言葉・意味などが)『はっきりしない』,あいまいな

(考え・感じなどが)『ばく然としている』,ぼんやりした

(形・姿などが)『ぼやけた』,はっきりしない

《名詞の前にのみ用いて》《通例最上級で》《話》ほんのわずかの,かすかな

handsome

『風采』(ふうさい)『のよい』,(通例男性が)魅力的で均整の取れた,目鼻だちの整った(good-looking),りっぱな

(形・色などが)優れた,みごとな…(趣味などが)洗練された

(数量が)かなりの,たっぷりの

《米》器用な,上手な

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

caricature

〈C〉風刺漫画,漫画;風刺文

〈U〉〈C〉風刺画法(描写),漫画化

〈C〉声帯模写,物まね

…'を'風刺的に描く,漫画化する

laughter

『笑い』,笑い声

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

candidate

(…の)『候補者』,志願者《+『for』+『名』》

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

old man

うちの亭主(主人)

うちのおやじ

《英話》《冠詞をつけずに》(親しい友に)やあ[君]

《時にO- M-》(雇用主などを指して)親方,ボス

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

Homo

ヒト属(霊長目ヒト科の一属),ヒト[の学名]

lastly

最後に,結局

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

remark

〈C〉(…についての)『簡単な発言』(『感想』),所感《+『on』(『about』)+『名』》

〈U〉《文》注目,観察

《『remark』+『that節』》〈…である〉‘と'『言う』,意見(感想)を述べる

…‘に'『気付く』(notice)

(…について)『言う』,感想を述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

forehead

『額』(ひたい),前額部

horizontal

『水平線の』,地平線の;水平の,水平面の

水平の位置;水平線(面)

eyebrow

眉弓(びきゅう)(目の上の弓状突起部)

『まゆ』,まゆ毛

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

curve

『曲線』

『曲がり』,曲がったもの,湾曲部

(野球で投球の)『カーブ』

(…の方へ)『曲がる』,湾曲する《+『to』+『名』》

…'を'曲げる;'を'湾曲させる

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

well-developed

考え抜かれた;りっぱに行われた

体格のりっぱな

chin

『あご』(下あごの先端)

(鉄棒で)懸垂をする

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

alike

『同じように』,等しく(similarly)

(複数の人・物が)似ている(similar)

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

accepted

一般に認められた,受け入れられた

statue

『像』,彫像,立像

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

identity

〈U〉『同一であること』

〈C〉〈U〉(人・物の)『身元』,正体

〈C〉独自性,個性

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

proper

(目的に)『適切な』,ふさわしい

《文》《補語にのみ用いて》《『be proper to』+『名』…に固有の,本来備わっている》

基準にかなった,正式の

(行き過ぎるぐらいに)礼儀正しい

《名詞の前にのみ用いて》厳密な,正確な

《名詞の後に置いて》厳密な意味での,真の,純粋の

《名詞の前にのみ用いて》すばらしい,すてきな;《おもに英話》全くの

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画