TED日本語 - ロベルト・ダンジェロ + フランチェスカ・フェデリ: 我が子の病気から学んだ人生の教訓

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ロベルト・ダンジェロとフランチェスカ・フェデリは、自分たちの間に生まれた男の子マリオは健康であると思っていました。しかし、生後10日でマリオに周産期脳卒中が見つかりました。左半身の自由が利かないマリオを前に、二人は厳しい疑問に取り組み始めました。マリオは“正常”になるのだろうか?充実した人生を送れるのか?不安に直面した親が、いかにしてその状況を転換させていったか。胸を打つ話です。

Script

チャオ

私たちの息子 マリオです 生まれて2年半が経ちます トラブルの多い妊娠で 8ヶ月ほど絶対安静が必要でしたが 終盤には落ち着いたかのように見えました 息子は適正な体重で生まれ アプガー指数も正常だったので 私たちは安心していました しかし 生まれて10日が過ぎ 息子に脳卒中が見つかりました

ご存じかと思いますが 脳卒中とは脳の損傷です 周産期脳卒中とは 妊娠期間の9ヶ月の間か生後まもなく 発症するもののことです 息子の場合 ご覧のとおり 脳の右側が欠けています

脳卒中の影響により マリオは左半身の自由が利かない可能性がありました コンピュータとプリンタに例えるなら 印刷するために文書を送信しても プリンタに適切なドライバが入っていない状態です それがマリオの身に起きたことです 左半身を動かしたくても 彼はその情報を正しく送信し 左の手足を動かすことが出来ません

生活は一変しました 計画は変更を余儀なくされました 子供の誕生が私たちの人生に もらたす意味も変わりました

ご想像のとおり 私たちには受け入れ難いことでした こうした障害との取り組み方を教わったことはありませんでした 数えきれないほどの疑問が 頭に浮かんできました 本当に辛い経験でした 疑問は 例えば簡単なものなら 「何故 これが私たちの身に?」 「何がいけなかったのか?」 より厳しいものなら 「マリオの人生への影響は?」 「彼は働けるのだろうか?」 「障害は治るのか?」 そして 初めて親になった者として 「この子が親より優れた人間になれないのは何故か?」 これは言うのも辛い事ですが 数ヶ月が経ち 自分たちが 失敗をしたように感じていると気づきました 唯一 将来に残すものが 失敗に終わったのです それも この失敗は私たち夫婦にというより 息子の人生に大きく響く失敗だったのです

正直 落ち込みました 本当に落ち込みましたがやがて 息子の顔を見て 何かしなくちゃと思いました

妻が言ったように私たちはすぐ生活を変えました 理学療法やリハビリを始め リハビリの一環として ミラーニューロンの考えを取り入れてみました 息子と共に 何ヶ月もこんなことをやりました 物を持って 息子に見せ 物を掴むことを教えます ミラーニューロンの理論によると 今 私の動きを見ている皆さんの脳では ご自身がこの動きをしている時と同じニューロンが働いています リハビリの分野で最先端の方法だそうです

しかし ある日息子が見ているのは 私たちの手ではなく 私たちの全てだと気づきました 親の全てが彼にとってのミラーなんだと だとするとお察しの通り 私たちが落ち込んでいてはまずいのです 息子を息子としてではなく 「問題」と捉え前向きになれないようではいけない その日を境に考え方が変わりました 私たちは息子のために 良いミラーにならなくてはならない

私たちは自分たちの強みと 息子の強みを活用すべく再出発しました もう息子を問題扱いするのは止めて 成長の機会と見ることにしました このことは本当に転機となりました 私たちは こう言うようになりました 「マリオに受け継がせたい私たちの強みは何だろう?」 自分達の好きなことから始めてみました 妻と私は相違点がかなりありますが 共通点も多いのです 旅行や音楽が大好きで このような場も大好きです 私たちはマリオを連れて 私たちが見せられる最高のものを見せてやることにしました

こちらは先週の様子です

だからと言って―

(拍手)

奇跡などと言うつもりはありません まだ始まったばかりですから しかし私たちはマリオのおかげで 重要なことを学びましたそれは― 自らが授かったものを見つめ直すこと 授からなかったものばかりに目を向けるのではなく 授からなかったことをチャンスと捉えること これが皆さんにお伝えしたいことです そのために今日ここへ来ました

マリオ!

そして これが―

(拍手)

そして これが― 世界一のミラーを息子に見せようと思った理由です 皆さん どうもありがとうございます

ありがとうございますさようなら

(拍手)

ありがとうございます(拍手)

Francesca Fedeli: Ciao.

So he's Mario. He's our son. He was born two and a half years ago, and I had a pretty tough pregnancy because I had to stay still in a bed for, like,eight months. But in the end everything seemed to be under control. So he got the right weight at birth. He got the right Apgar index. So we were pretty reassured by this. But at the end,10 days later after he was born, we discovered that he had a stroke.

As you might know, a stroke is a brain injury. A perinatal stroke could be something that can happen during the nine months of pregnancy or just suddenly after the birth, and in his case, as you can see, the right part of his brain has gone.

So the effect that this stroke could have on Mario's body could be the fact that he couldn't be able to control the left side of his body. Just imagine, if you have a computer and a printer and you want to transmit, to input to print out a document, but the printer doesn't have the right drives, so the same is for Mario. It's just like, he would like to move his left side of his body, but he's not able to transmit the right input to move his left arm and left leg.

So life had to change. We needed to change our schedule. We needed to change the impact that this birth had on our life.

Roberto D'Angelo: As you may imagine, unfortunately, we were not ready. Nobody taught us how to deal with such kinds of disabilities, and as many questions as possible started to come to our minds. And that has been really a tough time. Questions, some basics, like, you know, why did this happen to us? And what went wrong? Some more tough, like, really, what will be the impact on Mario's life? I mean, at the end, will he be able to work? Will he be able to be normal? And, you know, as a parent, especially for the first time, why is he not going to be better than us? And this, indeed, really is tough to say, but a few months later, we realized that we were really feeling like a failure. I mean, the only real product of our life, at the end, was a failure. And you know, it was not a failure for ourselves in itself, but it was a failure that will impact his full life.

Honestly, we went down. I mean we went really down, but at the end, we started to look at him, and we said, we have to react.

So immediately, as Francesca said, we changed our life. We started physiotherapy, we started the rehabilitation, and one of the paths that we were following in terms of rehabilitation is the mirror neurons pilot. Basically, we spent months doing this with Mario. You have an object, and we showed him how to grab the object. Now, the theory of mirror neurons simply says that in your brains, exactly now, as you watch me doing this, you are activating exactly the same neurons as if you do the actions. It looks like this is the leading edge in terms of rehabilitation.

But one day we found that Mario was not looking at our hand. He was looking at us. We were his mirror. And the problem, as you might feel, is that we were down, we were depressed, we were looking at him as a problem, not as a son, not from a positive perspective. And that day really changed our perspective. We realized that we had to become a better mirror for Mario.

We restarted from our strengths, and at the same time we restarted from his strengths. We stopped looking at him as a problem, and we started to look at him as an opportunity to improve. And really, this was the change, and from our side, we said, "What are our strengths that we really can bring to Mario?" And we started from our passions. I mean, at the end, my wife and myself are quite different, but we have many things in common. We love to travel, we love music, we love to be in places like this, and we started to bring Mario with us just to show to him the best things that we can show to him.

This short video is from last week.

I am not saying --

(Applause) -

I am not saying it's a miracle. That's not the message, because we are just at the beginning of the path. But we want to share what was the key learning, the key learning that Mario drove to us, and it is to consider what you have as a gift and not only what you miss, and to consider what you miss just as an opportunity. And this is the message that we want to share with you. This is why we are here.

Mario!

And this is why --

(Applause) -

And this is why we decided to share the best mirror in the world with him. And we thank you so much, all of you.

FF: Thank you.RD: Thank you. Bye.

(Applause)

FF: Thank you. (Applause)

Francesca Fedeli:/ Ciao.//

チャオ

So he's Mario.// He's our son.//

私たちの息子 マリオです

He was born two and a half years ago,/ and I had a pretty tough pregnancy/ because I had to stay still/ in a bed for,/ like,/eight months.//

生まれて2年半が経ちます トラブルの多い妊娠で 8ヶ月ほど絶対安静が必要でしたが

But in the end everything seemed to be under control.//

終盤には落ち着いたかのように見えました

So he got the right weight/ at birth.//

息子は適正な体重で生まれ

He got the right Apgar index.//

アプガー指数も正常だったので

So/ we were pretty reassured by this.//

私たちは安心していました

But at the end,/10 days later/ after he was born,/ we discovered/ that he had a stroke.//

しかし 生まれて10日が過ぎ 息子に脳卒中が見つかりました

As you might know,/ a stroke is a brain injury.//

ご存じかと思いますが 脳卒中とは脳の損傷です

A perinatal stroke could be something/ that can happen during the nine months of pregnancy/ or just suddenly/ after the birth,/ and in his case,/ as you can see,/ the right part of his brain has gone.//

周産期脳卒中とは 妊娠期間の9ヶ月の間か生後まもなく 発症するもののことです 息子の場合 ご覧のとおり 脳の右側が欠けています

So the effect/ that this stroke could have on Mario's body could be the fact/ that he couldn't be able to control the left side of his body.//

脳卒中の影響により マリオは左半身の自由が利かない可能性がありました

Just imagine,/ if you have a computer/ and a printer/ and you want to transmit,/ to input to print out/ a document,/ but the printer doesn't have the right drives,/ so the same is for Mario.//

コンピュータとプリンタに例えるなら 印刷するために文書を送信しても プリンタに適切なドライバが入っていない状態です それがマリオの身に起きたことです

It's just like,/ he would like to move/ his left side of his body,/ but he's not able/ to transmit the right input/ to move his left arm/ and left leg.//

左半身を動かしたくても 彼はその情報を正しく送信し 左の手足を動かすことが出来ません

So life had to change.//

生活は一変しました

We needed to change/ our schedule.//

計画は変更を余儀なくされました

We needed to change/ the impact/ that this birth had on our life.//

子供の誕生が私たちの人生に もらたす意味も変わりました

Roberto D'Angelo:/ As you may imagine,/ unfortunately,/ we were not ready.//

ご想像のとおり 私たちには受け入れ難いことでした

Nobody taught us/ how to deal with such kinds of disabilities,/ and/ as many questions/ as possible started to come/ to our minds.//

こうした障害との取り組み方を教わったことはありませんでした 数えきれないほどの疑問が 頭に浮かんできました

And that has been really a tough time.//

本当に辛い経験でした

Questions,/ some basics,/ like,/ you know,/ why did this happen/ to us?//

疑問は 例えば簡単なものなら 「何故 これが私たちの身に?」

And what went wrong?//

「何がいけなかったのか?」

Some more tough,/ like,/ really,/ what will be the impact on Mario's life?//

より厳しいものなら 「マリオの人生への影響は?」

I mean,/ at the end,/ will he be able to work?//

「彼は働けるのだろうか?」

Will he be able to be normal?//

「障害は治るのか?」

And,/ you know,/ as a parent,/ especially/ for the first time,/ why is he not going to be better than us?//

そして 初めて親になった者として 「この子が親より優れた人間になれないのは何故か?」

And this,/ indeed,/ really is tough/ to say,/ but a few months later,/ we realized/ that we were really feeling like a failure.//

これは言うのも辛い事ですが 数ヶ月が経ち 自分たちが 失敗をしたように感じていると気づきました

I mean,/ the only real product of our life,/ at the end,/ was a failure.//

唯一 将来に残すものが 失敗に終わったのです

And you know,/ it was not a failure/ for ourselves/ in itself,/ but it was a failure/ that will impact his full life.//

それも この失敗は私たち夫婦にというより 息子の人生に大きく響く失敗だったのです

Honestly,/ we went down.//

正直 落ち込みました

I mean/ we went really down,/ but at the end,/ we started to look/ at him,/ and we said,/ we have to react.//

本当に落ち込みましたがやがて 息子の顔を見て 何かしなくちゃと思いました

So immediately,/ as Francesca said,/ we changed our life.//

妻が言ったように私たちはすぐ生活を変えました

We started physiotherapy,/ we started the rehabilitation,/ and one of the paths/ that we were following in terms of rehabilitation is the mirror neurons pilot.//

理学療法やリハビリを始め リハビリの一環として ミラーニューロンの考えを取り入れてみました

Basically,/ we spent months/ doing this/ with Mario.//

息子と共に 何ヶ月もこんなことをやりました

You have an object,/ and we showed him/ how to grab the object.//

物を持って 息子に見せ 物を掴むことを教えます

Now,/ the theory of mirror neurons simply says/ that in your brains,/ exactly now,/ as you watch me/ doing this,/ you are activating exactly the same neurons/ as if you do the actions.//

ミラーニューロンの理論によると 今 私の動きを見ている皆さんの脳では ご自身がこの動きをしている時と同じニューロンが働いています

It looks like this is the leading edge/ in terms of rehabilitation.//

リハビリの分野で最先端の方法だそうです

But one day/ we found/ that Mario was not looking at our hand.//

しかし ある日息子が見ているのは 私たちの手ではなく

He was looking at us.//

私たちの全てだと気づきました

We were his mirror.//

親の全てが彼にとってのミラーなんだと

And the problem,/ as you might feel,/ is/ that we were down,/ we were depressed,/ we were looking at him/ as a problem, not as a son, not from a positive perspective.//

だとするとお察しの通り 私たちが落ち込んでいてはまずいのです 息子を息子としてではなく 「問題」と捉え前向きになれないようではいけない

And that day really changed our perspective.//

その日を境に考え方が変わりました

We realized/ that we had to become/ a better mirror/ for Mario.//

私たちは息子のために 良いミラーにならなくてはならない

We restarted from our strengths, and at the same time/ we restarted from his strengths.//

私たちは自分たちの強みと 息子の強みを活用すべく再出発しました

We stopped looking/ at him/ as a problem,/ and we started to look/ at him/ as an opportunity/ to improve.//

もう息子を問題扱いするのは止めて 成長の機会と見ることにしました

And really,/ this was the change, and/ from our side,/ we said,/ "What are our strengths/ that we really can bring to Mario?"//

このことは本当に転機となりました 私たちは こう言うようになりました 「マリオに受け継がせたい私たちの強みは何だろう?」

And we started from our passions.//

自分達の好きなことから始めてみました

I mean,/ at the end,/ my wife/ and myself are quite different,/ but we have many things/ in common.//

妻と私は相違点がかなりありますが 共通点も多いのです

We love to travel,/ we love music,/ we love to be in places/ like this,/ and we started to bring/ Mario/ with us just/ to show to him/ the best things/ that we can show to him.//

旅行や音楽が大好きで このような場も大好きです 私たちはマリオを連れて 私たちが見せられる最高のものを見せてやることにしました

This short video is from last week.//

こちらは先週の様子です

I am not saying --//

だからと言って―

(Applause) -//

(拍手)

I am not saying it's a miracle.// That's not the message,/ because we are just at the beginning of the path.//

奇跡などと言うつもりはありません まだ始まったばかりですから

But we want to share/ what was the key learning,/ the key learning/ that Mario drove to us,/ and it is to consider/ what you have as a gift/ and not only/ what you miss,/ and to consider/ what you miss just/ as an opportunity.//

しかし私たちはマリオのおかげで 重要なことを学びましたそれは― 自らが授かったものを見つめ直すこと 授からなかったものばかりに目を向けるのではなく 授からなかったことをチャンスと捉えること

And this is the message/ that we want to share/ with you.//

これが皆さんにお伝えしたいことです

This is/ why we are here.//

そのために今日ここへ来ました

Mario!//

マリオ!

And this is/ why --//

そして これが―

(Applause) -//

(拍手)

And this is/ why we decided to share/ the best mirror/ in the world/ with him.//

そして これが― 世界一のミラーを息子に見せようと思った理由です

And we thank you so much,/ all of you.//

皆さん どうもありがとうございます

FF:/ Thank you.RD:/ Thank you.// Bye.//

ありがとうございますさようなら

(拍手)

FF:/ Thank you.// (Applause)//

ありがとうございます(拍手)

ciao

やあ(Hi.)

じゃまた(So long.)

son

『息子』・《複数形で》(男子の)子孫・《文》《比喩(ひゆ)的に》(場所・主義などの)子,後継者・《年長者が年少者に呼び掛けて》・お前さん・《the S-》イエスキリスト

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

pregnancy

〈U〉〈C〉妊娠の状態(期間)

〈U〉《文》含蓄

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

index

(本・雑誌などの)『索引』;図書目録

指し示すもの,印

(計器などの)指針

指数・虜

《the I-》(カトック教会の)禁所目録

〈本など〉‘に'索引をつける

〈語など〉‘を'索引に載せる

reassure

〈人〉‘に'自信を取り戻させる

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

injury

『負傷』,『損害』,損傷

(名誉などを)傷つけること,侮辱《+『to』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

suddenly

『突然に』,だしぬけに

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

computer

『計算機』;『電子計算機』

printer

印刷する人(機械);印刷屋

(コンピューターの)文字打ち出し機 プリンター

transmit

〈手紙・品物など〉‘を'送る,(ある人・場所・物から他へ)…‘を'伝える,移す

(相続・遺伝などによって子孫に)〈財産・性質など〉‘を'伝える《+名+to+名》

(媒介によって)〈光・熱・音・力など〉‘を'伝える,伝導する;〈ラジオ・テレビなどの内容〉‘を'放送する,〈信号など〉‘を'送信する

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

disability

〈U〉無力,無能

〈C〉不具,欠陥

〈U〉(法律で)無能力,無資格

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

especially

『特に』,特別に;きわだって

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

physiotherapy

=physical therapy

rehabilitation

(けが人・病人などの)社会復帰,リハビリテーション

復職;名誉回復

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

basically

基本的に,根本的に;元来は

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

depress

…‘の'『元気をなくさせる』,‘を'落胆させる

〈力・活動など〉‘を'弱める,衰えさせる

…‘を'押し下げる,下へ押す

〈相場・市場など〉‘を'下落させる,不景気にする

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

strength

(身体的な)『力』,体力,強さ

(精神的な)『力』,強,能力

(物の)『耐久力』,抵抗力

(酒などの)濃度,(電流などの)強さ,(薬などの)効力

兵力,兵員;(一般に)人数;定員

力(頼り)となる人(もの),強み,長所

opportunity

『機会』,好機

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

applause

『拍手かっさい』;称賛

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

ff

fortissimo

bye

二の次の事(物)

付随的な,副次的な

関連動画