TED日本語 - エリック・デイシュマン: チームで運営するヘルス・ケア

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

エリック・デイシュマンは大学生の頃、医師たちから余命2・3年であるという宣告を受けました。今や大昔の話です。新しい診断と後に受けた腎臓移植によって、デイシュマンは自身の経験と専門性を武器に最先端の医療技術スペシャリストに転身しました。治療チームの中心に患者を位置付けるヘルス・ケアを再構築するという大胆なアイディアを紹介します。(TED@Intel にて収録)

Script

私の友人たちを紹介しながら 自分の話をしようと思います これまで公にしたことのない話ですが 世界中のヘルス・ケアシステムを改革する 必要性と可能性と アイディアが伝えられると思うからです 24年前 私は大学2年生でした― 失神の発作を経験しましたアルコールは関係ありませんよ 大学の保健センターで― 臨床検査を受け すぐに 結果が出て 「腎臓の病気」と告げられました その後6ヶ月間に渡る 検査や試練 苦難の経験の始まりでした 2つの病院の 6人の大先生が 私の体の問題について 誰の見立てが正しいか 激論を重ねたのです 超音波検査のため 待合室に座っていたときのこと 6人の医師が揃って入って来たので 「あぁ 悪いニュースに違いない」と思いました 彼らの診断はこうでした 「君は2種類の珍しい腎臓病に― かかっているいずれ腎臓は駄目になるだろう 体の免疫システムの中にガン細胞に似た― 細胞があり すぐに治療が必要だ 腎臓移植は不可能だし 余命は2・3年だろう」

この最後の審判 と言うべき診断で すっかり心くじけた私は 医師たちに告げられた時期に死を迎える 準備を始めなくては と考えました そんな時 待合室でヴァーナという患者に出会いました 親しくなった彼女はある日 私を 強引に医療図書館まで連れて行き 同様の病気や診断についてかなりのリサーチをしました 彼女はこう言ったんです 「エリック 普通は70か80代でかかる病気ね 医者は あなたのことを分かってないの 目を覚まして 自分の健康を管理してしっかり生きなさい」 その通りにしました

ただし 私に死の宣告をした医師たちは 悪い人たちではありません 実際 すご腕の医師たちです しかし根本的な問題のため欠陥があり費用もかさむシステムで働いています 日々必要とするケアを病院や診療所に頼り 身体の一部だけを診る 専門家に頼るシステムです 推測に基づいた 診断や薬の配合に頼っています だから処置が効くことも死んでしまうこともあるのです また何も質問することなく診断を受け入れるような 受け身の患者に依存したシステムです

このモデルの問題は 地球規模で持続可能ではないこと 地球規模では負担できないのです パーソナル・ヘルス・システムと呼ぶものを開発する必要があります パーソナル・ヘルス・システムとはどの様なものでしょうか― どんな新技術・役割を伴うのでしょうか?

まず 私の新しい友達を紹介しましょう リビーです この6ヶ月で かなり馴染んできました これがリビーです 実際はリビーの超音波映像です 医師から不可能と言われた腎臓移植を受けたのです 今日 皆さんに ご覧いただくため数週間前に撮影しました お気付きでしょうか映像の端に― 黒い影がありますとても心配でした これから実際に リビーがどんな様子か 生中継します 「事故」には気をつけますが ベルトだけは外します 前列の方は 心配無用ですよ (笑) モビサンテという会社が作った装置を使います 携帯型の超音波検査器です スマート・フォンや タブレットに接続できます モビサンテはワシントン州・レドモンドを拠点としていて― 実際 この装置の使い方もトレーニングしてくれました 患者が使用することはまだ許可されていません 今回はデモである点を お断りしておきます それでは ジェルを塗りましょう 前列の皆さんは とてもナーバスになっているでしょうね(笑)

医師のバトゥーク先生をご紹介します 私の友人の一人です オレゴン州・ポートランドのレガシー・グッド・サマリタン病院の医師です バトゥーク先生 聞こえますか? リビーは見えていますか?

トーマス・バトゥーク: こんにちは エリック 忙しそうですね元気ですか?

ED: 元気です 今ちょうど数百人の前で 洋服をめくっています最高の気分です 映像を見ていただけますか これで良いでしょうか? 影がまだあるか 見ていただきたいんです

TB: 分かりました スキャンを― 見て行きましょうか

ED: 分かりましたTB: ちょっと内側に― 少し中心に動かしてしてください 良いですね もう少し上に動かしてもらえますか? OKです 画像を静止してくださいこれで大丈夫

ED: 先週 チェックした際― 右側の影を測りましたよね また やりましょうか?

TB: はい やりましょう

ED: 分かりました これがちょっと難しいんです 片手は お腹を押さえていて もう片方で測定するので でも できそうです 画像を保存して 先生にお送りします この影について 少し教えていただけますか ちょっと心配なんです

TB: 腎臓移植をした患者の多くは 腎臓の周りに 少し水がたまることがあります 大抵の場合は害はありませんが でも念のため確認した方が良いんです 今日この映像を 見れて良かったです 影が大きくなっておらず問題がないことを確認できました 他の画像と比べると 良好のようですね

ED: 分かりました 今度お会いする時に再確認できますね 数週間の内に 6ヶ月毎の生体検査を受けますが― これは先生の診察室でお願いしましょう 自分ではできませんから

TB: 良い選択ですED: バトゥーク先生 ありがとう 今 皆さんに ご覧いただいたのが モバイルでソーシャルな分析技術という 社会を劇的に変える技術の一例です パーソナル・ヘルスの可能性を広げる 基盤となります

今日 皆さんにお話したいのはパーソナル・ヘルスの 3つの柱です 「どこでもケア」 「ネットワークでケア」「カスタマイズ・ケア」です 最初の2つの一部は ご覧いただきましたね バトゥーク先生とのやりとりです

では どこでもケアという点から始めましょう 病院や診療所は1780年代に始まりました もう一度考え直してもよい時期です 治療のため 特別な建物のところに 足を運ぶ という概念から 臨床医と患者を解き放たれなければ なりません なぜなら治療の目的に対して病院は しばしば適切ではなく高くつくからです そして 重症の患者を送るには安全でない場合もあります 抗生物質の効かない耐性菌や 院内感染が問題になる時代になったのです 多くの国は最初から建物なしで考えています 先進国がさかんに建てた大型医療施設は 高くてまかなえないからです 私は個人的に 子供時代に 病院は とても危険な場所になりうると学びました 私が小学校3年生の時の写真です 肘に重傷を負って 手術しました 医師たちは 腕を切断する可能性を懸念しました 術後の入院中 床ずれになり それが細菌感染して 抗生物質を投与されましたがアレルギー反応を起こしました そのため全身の皮膚がただれ 感染が全身に広がりました 病院に長くいるほど病気が悪化して― 医療費が掛かりました 毎年 世界中で何百万人に同じことが起こっています 私がお話しているパーソナル・ヘルス・ケアは ケアが病院やクリニックでなく家で行なわれることを 標準としています 人々は 病気が悪化して 病院の機器が必要になるまで入院しません 普段持ち歩いているスマートフォンは プラグインを使えば超音波装置になります 可能性は広がっていきます センサーが搭載されているので これまで 出来なかったような― バイタルサインや行動をモニタできるようになります たくさんの人が装置を埋め込んで 血液検査でたんぱく質の量まで リアルタイムで 見られるようになるでしょう 今や ソフトもスマートになっていますよね? オンラインエージェントのコーチを想像してみて下さい 安全なセルフケアを手助けしてくれます 先ほどの超音波のときのようなやり取りを リアルタイムの画像処理でできるでしょう 機械が指示します「上 下 右 左― エリック そこの映像を 先生に送りましょう」

もし このような どこでもケア出来る ネットワークにつないだ装置があれば 当然 様々なやり取りをする チームが必要になります これが 2つ目の柱に繋がります ケアのネットワークです 私たちは バラバラの専門医が部分ごとのケアをする パラダイムを抜け出す必要があります 多くの専門分野にわたるチームが個人治療を 施すべきです 現代の非協調的なケアは高額で― 最悪の場合 命取りになります 実に 8割の医療ミスは 医療チーム間の 伝達ミスや 調整の問題から生じています 私自身も恐怖の経験があります昔 大学院時代― 腎臓の治療を受けている際― 突然 「君は心臓も悪いようだ」と言われました たしかに動悸を感じていました 検査が5週間も続き― とても高額で とても恐ろしく―結局 看護師が 私がいつも携帯していた 小さな投薬リストに気付いて 「いけない」と言ったのです 3人の異なる専門医が同じ薬を べつべつに3種類も処方していたのです 心臓は大丈夫でしたが薬剤の過量摂取でした ケア管理の問題があったのです このような問題が 毎年何百万の人々に起こっています 私は 誰でも使える技術を駆使してヘルス・ケアを 統合されたチームで運営したいと考えます 恐ろしいことに これまで世界中の病院やクリニックで治療を受けてきた中で― 私がチームベースのケアを受けたのは ここ6ヶ月間 診てもらったレガシー・グッド・サマリタンが 初めてでした これはレガシーからの「卒業」を支援してくれたチーム 先ほど 登場していただいたバトゥーク先生もいますね ジェニーは看護師で― アリソンは 移植リストを管理してくれました― ここに写っていない方々も沢山います 薬剤師 心理学者 栄養士 リサは会計カウンセラーで― 保険のごたごたを 取りまとめてくれました 晴れて卒業した時は 涙が出ました 元気になってかかりつけ医に― 戻るのはうれしいはずでしたが 実際は このチームに絆を感じて泣いてしまいました

ここからが 一番重要な点です 写真には 私と妻のアシュレーも写っています レガシーは 自宅での手当を教えてくれました 病院やクリニックの負荷が減ります これが モデルが上手く行く唯一の方法です 私のチームでは 中国を拠点に セルフ・ケアモデルのプロジェクト 「高齢者フレンドリー都市」を進めています 高齢者のケアの追跡や トレーニングを 支援するソーシャル・ネットワークを構築しています 高齢者のセルフ・ケアや 家族やボランティアコミュニティのケア・ワーカーが 実施するケアです ネットワークを介したサービスの交換も行っています 例えば 私は誰かのお母さんに1日3時間のケアをするから 誰か私が食事場所まで連れて行くのを手伝ってくれないか? オンライン上で こんな やり取りを行ないます 皆さんにお伝えしておきたい最も重要なことは 神聖化されて 美化されすぎている 医師と患者の 一対一の関係は 過去の遺産ということです 未来のヘルス・ケアはスマートなチームで構成され 患者自身もチームに参加します

では 最後に皆さんにお話したい点は カスタマイズするケアです もし「どこでもケア」や「ネットワークでケア」があっても ヘルス・ケア・システムの改善は長い道のりとなるでしょう 推測に頼るところが多く残っているからです 1948年に無作為の臨床試験が開発されました 結核のための 治療薬を開発するためです この臨床試験は重要な役割を果たしました 多くの奇跡的な薬剤が開発され 何百万人もの命を救いました ただ問題もあって ヘルス・ケアでは 私たちを平均値で考え 一人ひとりの個人では考えないのです 結局のところ― 患者は 臨床試験で研究された人々と 同じではないのでここから推測に頼り始めるのです これから登場すると 話題の 高性能コンピューター アナリティックスやビックデータによって 私たちは 個々の患者として 予測モデルを得られるようになります あらかじめ治療をソフト上のアバターでテストできるので 私が苦しむ必要がありません

私が経験したカスタマイズ・ケアの 2つの例を ご紹介しましょう 1つ目はとても単純です何年か前に やっと気付いたんですが 私の医療チームは余命を長くすることを重視した治療をしていました どれだけ延命させたかが 評価されるのです 私は 生活の質を重視して生きていきたいのです 生活の質とは 私にとっては雪山を楽しむことです 医師たちに こんな風に書かせました「患者のゴール: できるだけ長い期間低用量の薬を使用すること 副作用で スキーを妨げないように」 これが 私が長生き出来た秘訣だと思います 「雪山セラピー」は 医療品と同様に重要でした 2つ目の例の前に―ゴールがはっきりしないと ケアをカスタマイズできません 自分でヘルス・ケアのゴールを見出すことが肝心です 2つ目の例は― 早い段階で 人間モルモットになって 幸運にも 自分の全ゲノム解析を受けました ただし インテルの高性能サーバーでも 解析には約2週間掛かります 更に専門家とコンピューターを駆使してデータをまとめるのに 6ヶ月かかりました 最終的に分かったのは「確かに 何年も前に 大先生たちが議論して下した 診断は 間違っていて 私たちには より良い未来が待っています」と インテルが開発している未来とは 個別の医療に 使用するコンピュータの 分析にかかる時間を数ヶ月や数週間から数時間に短縮し こんなツールを実用化することです 世界中の 一流 研究病院のメインフレームだけでなく― 全ての患者 全てのクリニックで 全ゲノム解析を可能にすることです このような 人々の目標や 遺伝学まで包括した カスタマイズ・ケアは 私たちが生きている間のヘルス・ケアに 最も大きな変容を もたらすでしょう

パーソナル・ヘルスの3つの柱― 「どこでもケア」「ネットワークでケア」「カスタマイズ・ケア」 これは少しずつ 始まっていますが 介護者や患者である私たちが ステップ・アップして 新しい役割を担わないと完全な失敗に終わるでしょう 友人のヴァーナはこう言いました 目を覚まして自分の健康を管理しなさい 結局は テクノロジーとは 人々が 他人や自分をケアするときの 新しくてパワフルな手段にすぎないのです

そこで 最後にもう一人 友人を簡単にご紹介します トレイシー・ギャムレーは 移植不可能と言われた 私に 腎臓を提供してくれました

(拍手)

トレイシー 簡単にドナーとしての経験をお話しいただけますか

トレイシー・ギャムレー: とても簡単なことでした 入院はたったの一晩だけでした 手術は腹腔鏡下で行われて― 腹部に5つの小さな傷が残っただけです 4週間 仕事を休みましたが その後は 元通りの生活に戻りました 何の変化もありません

ED: こんな大勢の観客の前で 貴女にお話しする機会は もう二度と来ないと思います 「ありがとう」という言葉は陳腐に感じますが― 私の命を救ってくれて 本当にありがとう

(拍手)

このTEDステージと全てのTEDステージは 発明や新しいテクノロジーを 称える場です 今回 この目標を達成できました TEDスピーカの話には本当に驚かされます 今後 人工腎臓やプリンタで作る腎臓が登場するでしょう そんな素晴らしいテクノロジーが 一般に普及するまで あるいはその日が来たとしても― お互いケアすること 命を救うことが重要です パーソナル・ヘルスを自分のため 皆のために 実現してもらいたいと願っていますありがとうございました

(拍手)

I want to share some personal friends and stories with you that I've actually never talked about in public before to help illustrate the idea and the need and the hope for us to reinvent our health care system around the world. Twenty-four years ago, I had -- a sophomore in college, I had a series of fainting spells. No alcohol was involved. And I ended up in student health, and they ran some labwork and came back right away, and said, "Kidney problems." And before I knew it, I was involved and thrown into this six months of tests and trials and tribulations with six doctors across two hospitals in this clash of medical titans to figure out which one of them was right about what was wrong with me. And I'm sitting in a waiting room some time later for an ultrasound, and all six of these doctors actually show up in the room at once, and I'm like, "Uh oh, this is bad news." And their diagnosis was this: They said, "You have two rare kidney diseases that are going to actually destroy your kidneys eventually, you have cancer-like cells in your immune system that we need to start treatment right away, and you'll never be eligible for a kidney transplant, and you're not likely to live more than two or three years."

Now, with the gravity of this doomsday diagnosis, it just sucked me in immediately, as if I began preparing myself as a patient to die according to the schedule that they had just given to me, until I met a patient named Verna in a waiting room, who became a dear friend, and she grabbed me one day and took me off to the medical library and did a bunch of research on these diagnoses and these diseases, and said, "Eric, these people who get this are normally in their '70s and '80s. They don't know anything about you. Wake up. Take control of your health and get on with your life." And I did.

Now, these people making these proclamations to me were not bad people. In fact, these professionals were miracle workers, but they're working in a flawed, expensive system that's set up the wrong way. It's dependent on hospitals and clinics for our every care need. It's dependent on specialists who just look at parts of us. It's dependent on guesswork of diagnoses and drug cocktails, and so something either works or you die. And it's dependent on passive patients who just take it and don't ask any questions.

Now the problem with this model is that it's unsustainable globally. It's unaffordable globally. We need to invent what I call a personal health system. So what does this personal health system look like, and what new technologies and roles is it going to entail?

Now, I'm going to start by actually sharing with you a new friend of mine, Libby, somebody I've become quite attached to over the last six months. This is Libby, or actually, this is an ultrasound image of Libby. This is the kidney transplant I was never supposed to have. Now, this is an image that we shot a couple of weeks ago for today, and you'll notice, on the edge of this image, there's some dark spots there, which was really concerning to me. So we're going to actually do a live exam to sort of see how Libby's doing. This is not a wardrobe malfunction. I have to take my belt off here. Don't you in the front row worry or anything. (Laughter) I'm going to use a device from a company called Mobisante. This is a portable ultrasound. It can plug into a smartphone. It can plug into a tablet. Mobisante is up in Redmond, Washington, and they kindly trained me to actually do this on myself. They're not approved to do this. Patients are not approved to do this. This is a concept demo, so I want to make that clear. All right, I gotta gel up. Now the people in the front row are very nervous. (Laughter)

And I want to actually introduce you to Dr. Batiuk, who's another friend of mine. He's up in Legacy Good Samaritan Hospital in Portland, Oregon. So let me just make sure. Hey, Dr. Batiuk. Can you hear me okay? And actually, can you see Libby?

Thomas Batuik: Hi there, Eric. You look busy. How are you?

Eric Dishman: I'm good. I'm just taking my clothes off in front of a few hundred people. It's wonderful. So I just wanted to see, is this the image you need to get? And I know you want to look and see if those spots are still there.

TB: Okay. Well let's scan around a little bit here, give me a lay of the land.

ED: All right.TB: Okay. Turn it a little bit inside, a little bit toward the middle for me. Okay, that's good. How about up a little bit? Okay, freeze that image. That's a good one for me.

ED: All right. Now last week, when I did this, you had me measure that spot to the right. Should I do that again?

TB: Yeah, let's do that.

ED: All right. This is kind of hard to do with one hand on your belly and one hand on measuring, but I've got it, I think, and I'll save that image and send it to you. So tell me a little bit about what this dark spot means. It's not something I was very happy about.

TB: Many people after a kidney transplant will develop a little fluid collection around the kidney. Most of the time it doesn't create any kind of mischief, but it does warrant looking at, so I'm happy we've got an opportunity to look at it today, make sure that it's not growing, it's not creating any problems. Based on the other images we have, I'm really happy how it looks today.

ED: All right. Well, I guess we'll double check it when I come in. I've got my six month biopsy in a couple of weeks, and I'm going to let you do that in the clinic, because I don't think I can do that one on myself.

TB: Good choice.ED: All right, thanks, Dr. Batiuk. All right. So what you're sort of seeing here is an example of disruptive technologies, of mobile, social and analytic technologies. These are the foundations of what's going to make personal health possible.

Now there's really three pillars of this personal health I want to talk to you about now, and it's care anywhere, care networking and care customization. And you just saw a little bit of the first two with my interaction with Dr. Batiuk.

So let's start with care anywhere. Humans invented the idea of hospitals and clinics in the 1780s. It is time to update our thinking. We have got to untether clinicians and patients from the notion of traveling to a special bricks-and-mortar place for all of our care, because these places are often the wrong tool, and the most expensive tool, for the job. And these are sometimes unsafe places to send our sickest patients, especially in an era of superbugs and hospital-acquired infections. And many countries are going to go brickless from the start because they're never going to be able to afford the mega-medicalplexes that a lot of the rest of the world has built. Now I personally learned that hospitals can be a very dangerous place at a young age. This was me in third grade. I broke my elbow very seriously, had to have surgery, worried that they were going to actually lose the arm. Recovering from the surgery in the hospital, I get bedsores. Those bedsores become infected, and they give me an antibiotic which I end up being allergic to, and now my whole body breaks out, and now all of those become infected. The longer I stayed in the hospital, the sicker I became, and the more expensive it became, and this happens to millions of people around the world every year. The future of personal health that I'm talking about says care must occur at home as the default model, not in a hospital or clinic. You have to earn your way into those places by being sick enough to use that tool for the job. Now the smartphones that we're already carrying can clearly have diagnostic devices like ultrasounds plugged into them, and a whole array of others, today, and as sensing is built into these, we'll be able to do vital signs monitor and behavioral monitoring like we've never had before. Many of us will have implantables that will actually look real-time at what's going on with our blood chemistry and in our proteins right now. Now the software is also getting smarter, right? Think about a coach, an agent online, that's going to help me do safe self-care. That same interaction that we just did with the ultrasound will likely have real-time image processing, and the device will say, "Up, down, left, right, ah, Eric, that's the perfect spot to send that image off to your doctor."

Now, if we've got all these networked devices that are helping us to do care anywhere, it stands to reason that we also need a team to be able to interact with all of that stuff, and that leads to the second pillar I want to talk about, care networking. We have got to go beyond this paradigm of isolated specialists doing parts care to multidisciplinary teams doing person care. Uncoordinated care today is expensive at best, and it is deadly at worst. Eighty percent of medical errors are actually caused by communication and coordination problems amongst medical team members. I had my own heart scare years ago in graduate school, when we're under treatment for the kidney, and suddenly, they're like, "Oh, we think you have a heart problem." And I have these palpitations that are showing up. They put me through five weeks of tests -- very expensive, very scary -- before the nurse finally notices the piece of the paper, my meds list that I've been carrying to every single appointment, and says, "Oh my gosh." Three different specialists had prescribed three different versions of the same drug to me. I did not have a heart problem. I had an overdose problem. I had a care coordination problem. And this happens to millions of people every year. I want to use technology that we're all working on and making happen to make health care a coordinated team sport. Now this is the most frightening thing to me. Out of all the care I've had in hospitals and clinics around the world, the first time I've ever had a true team-based care experience was at Legacy Good Sam these last six months for me to go get this. And this is a picture of my graduation team from Legacy. There's a couple of the folks here. You'll recognize Dr. Batiuk. We just talked to him. Here's Jenny,one of the nurses, Allison, who helped manage the transplant list, and a dozen other people who aren't pictured, a pharmacist, a psychologist, a nutritionist, even a financial counselor, Lisa, who helped us deal with all the insurance hassles. I wept the day I graduated. I should have been happy, because I was so well that I could go back to my normal doctors, but I wept because I was so actually connected to this team.

And here's the most important part. The other people in this picture are me and my wife, Ashley. Legacy trained us on how to do care for me at home so that they could offload the hospitals and clinics. That's the only way that the model works. My team is actually working in China on one of these self-care models for a project we called Age-Friendly Cities. We're trying to help build a social network that can help track and train the care of seniors caring for themselves as well as the care provided by their family members or volunteer community health workers, as well as have an exchange network online, where, for example, I can donate three hours of care a day to your mom, if somebody else can help me with transportation to meals, and we exchange all of that online. The most important point I want to make to you about this is the sacred and somewhat over-romanticized doctor-patient one-on-one is a relic of the past. The future of health care is smart teams, and you'd better be on that team for yourself.

Now, the last thing that I want to talk to you about is care customization, because if you've got care anywhere and you've got care networking, those are going to go a long way towards improving our health care system, but there's still too much guesswork. Randomized clinical trials were actually invented in 1948 to help invent the drugs that cured tuberculosis, and those are important things, don't get me wrong. These population studies that we've done have created tons of miracle drugs that have saved millions of lives, but the problem is that health care is treating us as averages, not unique individuals, because at the end of the day, the patient is not the same thing as the population who are studied. That's what's leading to the guesswork. The technologies that are coming, high-performance computing, analytics, big data that everyone's talking about, will allow us to build predictive models for each of us as individual patients. And the magic here is, experiment on my avatar in software, not my body in suffering.

Now, I've had two examples I want to quickly share with you of this kind of care customization on my own journey. The first was quite simple. I finally realized some years ago that all my medical teams were optimizing my treatment for longevity. It's like a badge of honor to see how long they can get the patient to live. I was optimizing my life for quality of life, and quality of life for me means time in snow. So on my chart, I forced them to put, "Patient goal: low doses of drugs over longer periods of time, side effects friendly to skiing." And I think that's why I achieved longevity. I think that time-in-snow therapy was as important as the pharmaceuticals that I had. Now the second example of customization -- and by the way, you can't customize care if you don't know your own goals, so health care can't know those until you know your own health care goals. But the second example I want to give you is, I happened to be an early guinea pig, and I got very lucky to have my whole genome sequenced. Now it took about two weeks of processing on Intel's highest-end servers to make this happen, and another six months of human and computing labor to make sense of all of that data. And at the end of all of that, they said, "Yes, those diagnoses of that clash of medical titans all of those years ago were wrong, and we have a better path forward." The future that Intel's working on now is to figure out how to make that computing for personalized medicine go from months and weeks to even hours, and make this kind of tool available, not just in the mainframes of tier-one research hospitals around the world, but in the mainstream -- every patient, every clinic with access to whole genome sequencing. And I tell you, this kind of care customization for everything from your goals to your genetics will be the most game-changing transformation that we witness in health care during our lifetime.

So these three pillars of personal health, care anywhere, care networking, care customization, are happening in pieces now, but this vision will completely fail if we don't step up as caregivers and as patients to take on new roles. It's what my friend Verna said: Wake up and take control of your health. Because at the end of the day these technologies are simply about people caring for other people and ourselves in some powerful new ways.

And it's in that spirit that I want to introduce you to one last friend, very quickly. Tracey Gamley stepped up to give me the impossible kidney that I was never supposed to have.

(Applause)

So Tracey, just tell us a little bit quickly about what the donor experience was like with you.

Tracey Gamley: For me, it was really easy. I only had one night in the hospital. The surgery was done laparoscopically, so I have just five very small scars on my abdomen, and I had four weeks away from work and went back to doing everything I'd done before without any changes.

ED: Well, I probably will never get a chance to say this to you in such a large audience ever again. So "thank you" feel likes a really trite word, but thank you from the bottom of my heart for saving my life.

(Applause)

This TED stage and all of the TED stages are often about celebrating innovation and celebrating new technologies, and I've done that here today, and I've seen amazing things coming from TED speakers, I mean, my gosh, artificial kidneys, even printable kidneys, that are coming. But until such time that these amazing technologies are available to all of us, and even when they are, it's up to us to care for, and even save,one another. I hope you will go out and make personal health happen for yourselves and for everyone. Thanks so much.

(Applause)

I want to share/ some personal friends and stories/ with you/ that I've actually never talked about in public/ before to help illustrate the idea/ and the need/ and the hope/ for us/ to reinvent our health care system/ around the world.//

私の友人たちを紹介しながら 自分の話をしようと思います これまで公にしたことのない話ですが 世界中のヘルス・ケアシステムを改革する 必要性と可能性と アイディアが伝えられると思うからです

Twenty-four years ago,/ I had --/ a sophomore/ in college,/ I had a series of fainting spells.// No alcohol was involved.//

24年前 私は大学2年生でした― 失神の発作を経験しましたアルコールは関係ありませんよ

And I ended up/ in student health,/ and they ran some labwork/ and came back right away,/ and said,/ "Kidney problems."//

大学の保健センターで― 臨床検査を受け すぐに 結果が出て 「腎臓の病気」と告げられました

And/ before I knew it,/ I was involved/ and thrown into this six months of tests and trials and tribulations/ with six doctors/ across two hospitals/ in this clash of medical titans/ to figure out/ which one of them was right/ about what was wrong/ with me.//

その後6ヶ月間に渡る 検査や試練 苦難の経験の始まりでした 2つの病院の 6人の大先生が 私の体の問題について 誰の見立てが正しいか 激論を重ねたのです

And I'm sitting/ in a waiting room/ some time later/ for an ultrasound,/ and all six of these doctors actually show up/ in the room at once,/ and I'm like,/ "Uh/ oh,/ this is bad news."//

超音波検査のため 待合室に座っていたときのこと 6人の医師が揃って入って来たので 「あぁ 悪いニュースに違いない」と思いました

And their diagnosis was this:/ They said,/ "You have two rare kidney diseases/ that are going to actually destroy your kidneys eventually,/ you have cancer-like cells/ in your immune system/ that we need to start/ treatment right away,/ and you'll never be eligible/ for a kidney transplant,/ and you're not likely/ to live more than two or three years."//

彼らの診断はこうでした 「君は2種類の珍しい腎臓病に― かかっているいずれ腎臓は駄目になるだろう 体の免疫システムの中にガン細胞に似た― 細胞があり すぐに治療が必要だ 腎臓移植は不可能だし 余命は2・3年だろう」

Now,/ with the gravity of this doomsday diagnosis,/ it just sucked me/ in immediately,/ as if I began preparing/ myself/ as a patient/ to die according/ to the schedule/ that they had just given to me,/ until I met/ a patient named Verna/ in a waiting room,/ who became a dear friend,/ and she grabbed me/ one day/ and took me off/ to the medical library/ and did a bunch of research/ on these diagnoses and these diseases,/ and said,/ "Eric,/ these people/ who get/ this are normally in their '70s and '80s.//

この最後の審判 と言うべき診断で すっかり心くじけた私は 医師たちに告げられた時期に死を迎える 準備を始めなくては と考えました そんな時 待合室でヴァーナという患者に出会いました 親しくなった彼女はある日 私を 強引に医療図書館まで連れて行き 同様の病気や診断についてかなりのリサーチをしました 彼女はこう言ったんです 「エリック 普通は70か80代でかかる病気ね

They don't know anything/ about you.// Wake up.//

医者は あなたのことを分かってないの 目を覚まして

Take control of your health/ and get on/ with your life."//

自分の健康を管理してしっかり生きなさい」

And I did.//

その通りにしました

Now,/ these people/ making these proclamations/ to me were not bad people.//

ただし 私に死の宣告をした医師たちは 悪い人たちではありません

In fact,/ these professionals were miracle workers,/ but they're working/ in a flawed, expensive system/ that's set up/ the wrong way.//

実際 すご腕の医師たちです しかし根本的な問題のため欠陥があり費用もかさむシステムで働いています

It's dependent/ on hospitals and clinics/ for our every care need.//

日々必要とするケアを病院や診療所に頼り

It's dependent/ on specialists/ who just look at parts of us.//

身体の一部だけを診る 専門家に頼るシステムです

It's dependent/ on guesswork of diagnoses and drug cocktails,/ and so/ something/ either works/ or you die.//

推測に基づいた 診断や薬の配合に頼っています だから処置が効くことも死んでしまうこともあるのです

And it's dependent/ on passive patients/ who just take it/ and don't ask any questions.//

また何も質問することなく診断を受け入れるような 受け身の患者に依存したシステムです

Now/ the problem/ with this model is/ that it's unsustainable globally.//

このモデルの問題は 地球規模で持続可能ではないこと

It's unaffordable globally.//

地球規模では負担できないのです

We need to invent/ what I call a personal health system.//

パーソナル・ヘルス・システムと呼ぶものを開発する必要があります

So/ what does this personal health system look like,/ and what new technologies and roles is it going to entail?//

パーソナル・ヘルス・システムとはどの様なものでしょうか― どんな新技術・役割を伴うのでしょうか?

Now,/ I'm going to start/ by actually/ sharing with you/ a new friend of mine,/ Libby,/ somebody/ I've become quite attached/ to/ over the last six months.//

まず 私の新しい友達を紹介しましょう リビーです この6ヶ月で かなり馴染んできました

This is Libby,/ or actually,/ this is an ultrasound image of Libby.//

これがリビーです 実際はリビーの超音波映像です

This is the kidney transplant/ I was never supposed to have.//

医師から不可能と言われた腎臓移植を受けたのです

Now,/ this is an image/ that we shot a couple of weeks ago/ for today,/ and you'll notice,/ on the edge of this image,/ there's some dark spots there,/ which was really concerning to me.//

今日 皆さんに ご覧いただくため数週間前に撮影しました お気付きでしょうか映像の端に― 黒い影がありますとても心配でした

So we're going to actually do a live exam/ to sort of see/ how Libby's doing.//

これから実際に リビーがどんな様子か 生中継します

This is not a wardrobe malfunction.// I have to take/ my belt off here.//

「事故」には気をつけますが ベルトだけは外します

Don't you/ in the front row worry or anything.//

前列の方は 心配無用ですよ

(Laughter)/ I'm going to use/ a device/ from a company called Mobisante.//

(笑) モビサンテという会社が作った装置を使います

This is a portable ultrasound.//

携帯型の超音波検査器です

It can plug into a smartphone.// It can plug into a tablet.//

スマート・フォンや タブレットに接続できます

Mobisante is up in Redmond,/ Washington,/ and they kindly trained me/ to actually do this/ on myself.//

モビサンテはワシントン州・レドモンドを拠点としていて― 実際 この装置の使い方もトレーニングしてくれました

They're not approved to do this.// Patients are not approved to do this.//

患者が使用することはまだ許可されていません

This is a concept demo,/ so I want to make/ that clear.//

今回はデモである点を お断りしておきます

All right,/ I gotta gel up.//

それでは ジェルを塗りましょう

Now/ the people/ in the front row are very nervous.// (Laughter)//

前列の皆さんは とてもナーバスになっているでしょうね(笑)

And I want to actually introduce you/ to Dr.// Batiuk,/ who's another friend of mine.//

医師のバトゥーク先生をご紹介します 私の友人の一人です

He's up/ in Legacy Good Samaritan Hospital/ in Portland,/ Oregon.//

オレゴン州・ポートランドのレガシー・グッド・サマリタン病院の医師です

So let me just make sure.// Hey,/ Dr.// Batiuk.// Can you hear me okay?//

バトゥーク先生 聞こえますか?

And actually,/ can you see Libby?//

リビーは見えていますか?

Thomas Batuik:/ Hi there,/ Eric.//

トーマス・バトゥーク: こんにちは エリック

You look busy.// How are you?//

忙しそうですね元気ですか?

Eric Dishman:/ I'm good.// I'm just taking/ my clothes off/ in front of a few hundred people.// It's wonderful.//

ED: 元気です 今ちょうど数百人の前で 洋服をめくっています最高の気分です

So I just wanted to see,/ is this the image/ you need to get?//

映像を見ていただけますか これで良いでしょうか?

And I know/ you want to look and see/ if those spots are still there.//

影がまだあるか 見ていただきたいんです

TB:/ Okay.// Well let's scan/ around a little bit here,/ give me/ a lay of the land.//

TB: 分かりました スキャンを― 見て行きましょうか

ED:/ All right.TB:/ Okay.// Turn/ it/ a little bit inside,/ a little bit/ toward the middle/ for me.//

ED: 分かりましたTB: ちょっと内側に― 少し中心に動かしてしてください

Okay,/ that's good.// How about up/ a little bit?//

良いですね もう少し上に動かしてもらえますか?

Okay,/ freeze/ that image.// That's a good one/ for me.//

OKです 画像を静止してくださいこれで大丈夫

ED:/ All right.// Now/ last week,/ when I did this,/ you had me/ measure that spot/ to the right.//

ED: 先週 チェックした際― 右側の影を測りましたよね

Should I do that again?//

また やりましょうか?

TB:/ Yeah,/ let's do/ that.//

TB: はい やりましょう

ED:/ All right.// This is kind of hard/ to do with one hand/ on your belly and one hand/ on measuring,/ but I've got it,/ I think,/ and I'll save that image/ and send it/ to you.//

ED: 分かりました これがちょっと難しいんです 片手は お腹を押さえていて もう片方で測定するので でも できそうです 画像を保存して 先生にお送りします

So tell me/ a little bit/ about what this dark spot means.//

この影について 少し教えていただけますか

It's not something/ I was very happy/ about.//

ちょっと心配なんです

TB:/ Many people/ after a kidney transplant will develop a little fluid collection/ around the kidney.//

TB: 腎臓移植をした患者の多くは 腎臓の周りに 少し水がたまることがあります

Most of the time/ it doesn't create any kind of mischief,/ but it does warrant looking/ at,/ so I'm happy/ we've got an opportunity/ to look at it/ today,/ make sure/ that it's not growing,/ it's not creating/ any problems.//

大抵の場合は害はありませんが でも念のため確認した方が良いんです 今日この映像を 見れて良かったです 影が大きくなっておらず問題がないことを確認できました

Based on the other images/ we have,/ I'm really happy/ how it looks today.//

他の画像と比べると 良好のようですね

ED:/ All right.// Well,/ I guess/ we'll double check it/ when I come in.//

ED: 分かりました 今度お会いする時に再確認できますね

I've got my six month biopsy/ in a couple of weeks,/ and I'm going to let/ you do that/ in the clinic,/ because I don't think/ I can do that one/ on myself.//

数週間の内に 6ヶ月毎の生体検査を受けますが― これは先生の診察室でお願いしましょう 自分ではできませんから

TB:/ Good choice.ED:/ All right,/ thanks,/ Dr.// Batiuk.//

TB: 良い選択ですED: バトゥーク先生 ありがとう

All right.// So/ what you're sort of seeing here is an example of disruptive technologies,/ of mobile, social and analytic technologies.//

今 皆さんに ご覧いただいたのが モバイルでソーシャルな分析技術という 社会を劇的に変える技術の一例です

These are the foundations of what's going to make/ personal health possible.//

パーソナル・ヘルスの可能性を広げる 基盤となります

Now/ there's really three pillars of this personal health/ I want to talk/ to you/ about now,/ and it's care anywhere,/ care networking and care customization.//

今日 皆さんにお話したいのはパーソナル・ヘルスの 3つの柱です 「どこでもケア」 「ネットワークでケア」「カスタマイズ・ケア」です

And you just saw a little bit of the first two/ with my interaction/ with Dr.// Batiuk.//

最初の2つの一部は ご覧いただきましたね バトゥーク先生とのやりとりです

So let's start/ with care/ anywhere.//

では どこでもケアという点から始めましょう

Humans invented the idea of hospitals and clinics/ in the 1780s.// It is time/ to update our thinking.//

病院や診療所は1780年代に始まりました もう一度考え直してもよい時期です

We have got to untether clinicians/ and patients/ from the notion of traveling to a special bricks-and-mortar place/ for all of our care,/ because these places are often the wrong tool,/ and the most expensive tool,/ for the job.//

治療のため 特別な建物のところに 足を運ぶ という概念から 臨床医と患者を解き放たれなければ なりません なぜなら治療の目的に対して病院は しばしば適切ではなく高くつくからです

And these are sometimes unsafe places/ to send our sickest patients,/ especially/ in an era of superbugs and hospital-acquired infections.//

そして 重症の患者を送るには安全でない場合もあります 抗生物質の効かない耐性菌や 院内感染が問題になる時代になったのです

And many countries are going to go/ brickless/ from the start/ because they're never going to be able to afford the mega-medicalplexes/ that a lot of the rest of the world has built.//

多くの国は最初から建物なしで考えています 先進国がさかんに建てた大型医療施設は 高くてまかなえないからです

Now/ I personally learned/ that hospitals can be a very dangerous place/ at a young age.//

私は個人的に 子供時代に 病院は とても危険な場所になりうると学びました

This was me/ in third grade.//

私が小学校3年生の時の写真です

I broke my elbow very seriously,/ had to have/ surgery,/ worried/ that they were going to actually lose the arm.//

肘に重傷を負って 手術しました 医師たちは 腕を切断する可能性を懸念しました

Recovering from the surgery/ in the hospital,/ I get bedsores.//

術後の入院中 床ずれになり

Those bedsores become infected,/ and they give me/ an antibiotic/ which I end up/ being allergic/ to,/ and now/ my whole body breaks out,/ and now/ all of those become infected.//

それが細菌感染して 抗生物質を投与されましたがアレルギー反応を起こしました そのため全身の皮膚がただれ 感染が全身に広がりました

The longer/ I stayed in the hospital,/ the sicker/ I became,/ and the more expensive/ it became,/ and this happens to millions of people/ around the world/ every year.//

病院に長くいるほど病気が悪化して― 医療費が掛かりました 毎年 世界中で何百万人に同じことが起こっています

The future of personal health/ that I'm talking/ about says care must occur at home/ as the default model,/ not in a hospital or clinic.//

私がお話しているパーソナル・ヘルス・ケアは ケアが病院やクリニックでなく家で行なわれることを 標準としています

You have to earn/ your way/ into those places/ by being sick enough/ to use that tool/ for the job.//

人々は 病気が悪化して 病院の機器が必要になるまで入院しません

Now/ the smartphones/ that we're already carrying/ can clearly have diagnostic devices/ like ultrasounds plugged into them,/ and a whole array of others,/ today,/ and/ as sensing is built into these,/ we'll be able to do vital signs monitor/ and behavioral monitoring/ like we've never had before.//

普段持ち歩いているスマートフォンは プラグインを使えば超音波装置になります 可能性は広がっていきます センサーが搭載されているので これまで 出来なかったような― バイタルサインや行動をモニタできるようになります

Many of us will have implantables/ that will actually look real-time/ at what's going on/ with our blood chemistry/ and/ in our proteins right now.//

たくさんの人が装置を埋め込んで 血液検査でたんぱく質の量まで リアルタイムで 見られるようになるでしょう

Now/ the software is also getting smarter,/ right?//

今や ソフトもスマートになっていますよね?

Think about a coach,/ an agent online,/ that's going to help/ me/ do safe self-care.//

オンラインエージェントのコーチを想像してみて下さい 安全なセルフケアを手助けしてくれます

That same interaction/ that we just did with the ultrasound will likely have real-time image processing,/ and the device will say,/ "Up,/ down,/ left,/ right,/ ah,/ Eric,/ that's the perfect spot/ to send that image/ off/ to your doctor."//

先ほどの超音波のときのようなやり取りを リアルタイムの画像処理でできるでしょう 機械が指示します「上 下 右 左― エリック そこの映像を 先生に送りましょう」

Now,/ if we've got all these networked devices/ that are helping us/ to do care anywhere,/ it stands to reason/ that we also need a team/ to be able to interact with all of that stuff,/ and that leads to the second pillar/ I want to talk/ about,/ care networking.//

もし このような どこでもケア出来る ネットワークにつないだ装置があれば 当然 様々なやり取りをする チームが必要になります これが 2つ目の柱に繋がります ケアのネットワークです

We have got to go/ beyond this paradigm of isolated specialists/ doing parts care to multidisciplinary teams/ doing person care.//

私たちは バラバラの専門医が部分ごとのケアをする パラダイムを抜け出す必要があります 多くの専門分野にわたるチームが個人治療を 施すべきです

Uncoordinated care/ today is expensive at best,/ and it is deadly/ at worst.//

現代の非協調的なケアは高額で― 最悪の場合 命取りになります

実に 8割の医療ミスは 医療チーム間の 伝達ミスや 調整の問題から生じています

I had my own heart scare years ago/ in graduate school,/ when we're under treatment/ for the kidney,/ and suddenly,/ they're like,/ "Oh,/ we think/ you have a heart problem."//

私自身も恐怖の経験があります昔 大学院時代― 腎臓の治療を受けている際― 突然 「君は心臓も悪いようだ」と言われました

And I have these palpitations/ that are showing up.//

たしかに動悸を感じていました

They put me/ through five weeks of tests --/ very expensive,/ very scary --/ before the nurse finally notices the piece of the paper,/ my meds list/ that I've been carrying to every single appointment,/ and says,/ "Oh/ my gosh."//

検査が5週間も続き― とても高額で とても恐ろしく―結局 看護師が 私がいつも携帯していた 小さな投薬リストに気付いて 「いけない」と言ったのです

Three different specialists had prescribed three different versions of the same drug/ to me.//

3人の異なる専門医が同じ薬を べつべつに3種類も処方していたのです

I did not have a heart problem.// I had an overdose problem.//

心臓は大丈夫でしたが薬剤の過量摂取でした

ケア管理の問題があったのです

And this happens to millions of people/ every year.//

このような問題が 毎年何百万の人々に起こっています

I want to use/ technology/ that we're all/ working on and making happen to make/ health care/ a coordinated team sport.//

私は 誰でも使える技術を駆使してヘルス・ケアを 統合されたチームで運営したいと考えます

Now/ this is the most frightening thing/ to me.//

恐ろしいことに

Out of all the care/ I've had in hospitals and clinics/ around the world,/ the first time/ I've ever had/ a true team-based care experience was at Legacy Good Sam/ these last six months/ for me/ to go get this.//

これまで世界中の病院やクリニックで治療を受けてきた中で― 私がチームベースのケアを受けたのは ここ6ヶ月間 診てもらったレガシー・グッド・サマリタンが 初めてでした

And this is a picture of my graduation team/ from Legacy.//

これはレガシーからの「卒業」を支援してくれたチーム

There's a couple of the folks here.// You'll recognize Dr.// Batiuk.//

先ほど 登場していただいたバトゥーク先生もいますね

We just talked to him.// Here's Jenny,/one of the nurses,/ Allison,/ who helped manage the transplant list,/ and a dozen other people/ who aren't pictured,/ a pharmacist,/ a psychologist,/ a nutritionist,/ even a financial counselor,/ Lisa,/ who helped us/ deal with all the insurance hassles.//

ジェニーは看護師で― アリソンは 移植リストを管理してくれました― ここに写っていない方々も沢山います 薬剤師 心理学者 栄養士 リサは会計カウンセラーで― 保険のごたごたを 取りまとめてくれました

I wept the day/ I graduated.//

晴れて卒業した時は 涙が出ました

I should have been happy,/ because I was so well/ that I could go back/ to my normal doctors,/ but I wept/ because I was so actually connected/ to this team.//

元気になってかかりつけ医に― 戻るのはうれしいはずでしたが 実際は このチームに絆を感じて泣いてしまいました

And here's the most important part.//

ここからが 一番重要な点です

The other people/ in this picture are me and my wife,/ Ashley.//

写真には 私と妻のアシュレーも写っています

Legacy trained us/ on how to do care/ for me/ at home/ so that they could offload the hospitals/ and clinics.//

レガシーは 自宅での手当を教えてくれました 病院やクリニックの負荷が減ります

That's the only way/ that the model works.//

これが モデルが上手く行く唯一の方法です

My team is actually working in China/ on one of these self-care models/ for a project/ we called Age-Friendly Cities.//

私のチームでは 中国を拠点に セルフ・ケアモデルのプロジェクト 「高齢者フレンドリー都市」を進めています

We're trying to help build a social network/ that can help track and train the care of seniors/ caring for themselves/ as well as/ the care provided by their family members or volunteer community health workers,/ as well as have an exchange network online,/ where,/ for example,/ I can donate three hours of care/ a day/ to your mom,/ if somebody else can help me/ with transportation/ to meals,/ and we exchange all of that online.//

高齢者のケアの追跡や トレーニングを 支援するソーシャル・ネットワークを構築しています 高齢者のセルフ・ケアや 家族やボランティアコミュニティのケア・ワーカーが 実施するケアです ネットワークを介したサービスの交換も行っています 例えば 私は誰かのお母さんに1日3時間のケアをするから 誰か私が食事場所まで連れて行くのを手伝ってくれないか? オンライン上で こんな やり取りを行ないます

The most important point/ I want to make/ to you/ about this is the sacred and somewhat over-romanticized doctor-patient one-on-one is a relic of the past.//

皆さんにお伝えしておきたい最も重要なことは 神聖化されて 美化されすぎている 医師と患者の 一対一の関係は 過去の遺産ということです

The future of health care is smart teams,/ and you'd better be on that team/ for yourself.//

未来のヘルス・ケアはスマートなチームで構成され 患者自身もチームに参加します

Now,/ the last thing/ that I want to talk/ to you/ about is care customization,/ because/ if you've got care anywhere/ and you've got care networking,/ those are going to go/ a long way/ towards improving our health care system,/ but there's still/ too much guesswork.//

では 最後に皆さんにお話したい点は カスタマイズするケアです もし「どこでもケア」や「ネットワークでケア」があっても ヘルス・ケア・システムの改善は長い道のりとなるでしょう 推測に頼るところが多く残っているからです

Randomized/ clinical trials were actually invented in 1948/ to help invent the drugs/ that cured tuberculosis,/ and those are important things,/ don't get me/ wrong.//

1948年に無作為の臨床試験が開発されました 結核のための 治療薬を開発するためです この臨床試験は重要な役割を果たしました

These population studies/ that we've done/ have created tons of miracle drugs/ that have saved millions of lives,/ but the problem is/ that health care is treating us/ as averages, not unique individuals,/ because at the end of the day,/ the patient is not the same thing/ as the population/ who are studied.// That's/ what's leading to the guesswork.//

多くの奇跡的な薬剤が開発され 何百万人もの命を救いました ただ問題もあって ヘルス・ケアでは 私たちを平均値で考え 一人ひとりの個人では考えないのです 結局のところ― 患者は 臨床試験で研究された人々と 同じではないのでここから推測に頼り始めるのです

The technologies/ that are coming,/ high-performance computing,/ analytics,/ big data/ that everyone's talking about,/ will allow us/ to build predictive models/ for each of us/ as individual patients.//

これから登場すると 話題の 高性能コンピューター アナリティックスやビックデータによって 私たちは 個々の患者として 予測モデルを得られるようになります

And the magic here is,/ experiment/ on my avatar/ in software,/ not my body/ in suffering.//

あらかじめ治療をソフト上のアバターでテストできるので 私が苦しむ必要がありません

Now,/ I've had two examples/ I want to quickly share with you of this kind of care customization/ on my own journey.//

私が経験したカスタマイズ・ケアの 2つの例を ご紹介しましょう

The first was quite simple.// I finally realized some years ago/ that all my medical teams were optimizing my treatment/ for longevity.//

1つ目はとても単純です何年か前に やっと気付いたんですが 私の医療チームは余命を長くすることを重視した治療をしていました

It's like a badge of honor/ to see/ how long/ they can get the patient/ to live.//

どれだけ延命させたかが 評価されるのです

I was optimizing my life/ for quality of life,/ and quality of life/ for me means time/ in snow.//

私は 生活の質を重視して生きていきたいのです 生活の質とは 私にとっては雪山を楽しむことです

So/ on my chart,/ I forced them/ to put,/ "Patient goal:/ low doses of drugs/ over longer periods of time,/ side effects friendly/ to skiing."//

医師たちに こんな風に書かせました「患者のゴール: できるだけ長い期間低用量の薬を使用すること 副作用で スキーを妨げないように」

And I think/ that's/ why I achieved longevity.//

これが 私が長生き出来た秘訣だと思います

I think/ that time-in-snow therapy was as important/ as the pharmaceuticals/ that I had.//

「雪山セラピー」は 医療品と同様に重要でした

Now/ the second example of customization --/ and by the way,/ you can't customize care/ if you don't know your own goals,/ so/ health care can't know those/ until you know your own health care goals.//

2つ目の例の前に―ゴールがはっきりしないと ケアをカスタマイズできません 自分でヘルス・ケアのゴールを見出すことが肝心です

But the second example/ I want to give/ you is,/ I happened to be an early guinea pig,/ and I got very lucky/ to have my whole genome sequenced.//

2つ目の例は― 早い段階で 人間モルモットになって 幸運にも 自分の全ゲノム解析を受けました

Now/ it took about two weeks of processing on Intel's highest-end servers/ to make this happen,/ and another six months of human and computing labor to make sense of all of that data.//

ただし インテルの高性能サーバーでも 解析には約2週間掛かります 更に専門家とコンピューターを駆使してデータをまとめるのに 6ヶ月かかりました

And/ at the end of all of that,/ they said,/ "Yes, those diagnoses of that clash of medical titans/ all of those years ago were wrong,/ and we have a better path forward."//

最終的に分かったのは「確かに 何年も前に 大先生たちが議論して下した 診断は 間違っていて 私たちには より良い未来が待っています」と

The future/ that Intel's working on now is to figure out/ how to make/ that computing for personalized medicine go from months and weeks/ to even hours,/ and make this kind of tool available,/ not just/ in the mainframes of tier-one research hospitals/ around the world,/ but in the mainstream --/ every patient,/ every clinic/ with access/ to whole genome sequencing.//

インテルが開発している未来とは 個別の医療に 使用するコンピュータの 分析にかかる時間を数ヶ月や数週間から数時間に短縮し こんなツールを実用化することです 世界中の 一流 研究病院のメインフレームだけでなく― 全ての患者 全てのクリニックで 全ゲノム解析を可能にすることです

And I tell you,/ this kind of care customization/ for everything/ from your goals/ to your genetics will be the most game-changing transformation/ that we witness/ in health care/ during our lifetime.//

このような 人々の目標や 遺伝学まで包括した カスタマイズ・ケアは 私たちが生きている間のヘルス・ケアに 最も大きな変容を もたらすでしょう

So these three pillars of personal health,/ care anywhere,/ care networking,/ care customization,/ are happening in pieces now,/ but this vision will completely fail/ if we don't step up/ as caregivers/ and/ as patients/ to take on/ new roles.//

パーソナル・ヘルスの3つの柱― 「どこでもケア」「ネットワークでケア」「カスタマイズ・ケア」 これは少しずつ 始まっていますが 介護者や患者である私たちが ステップ・アップして 新しい役割を担わないと完全な失敗に終わるでしょう

It's/ what my friend Verna said:/ Wake up/ and take control of your health.//

友人のヴァーナはこう言いました 目を覚まして自分の健康を管理しなさい

Because at the end of the day/ these technologies are simply about people/ caring for other people and ourselves/ in some powerful new ways.//

結局は テクノロジーとは 人々が 他人や自分をケアするときの 新しくてパワフルな手段にすぎないのです

And it's in that spirit/ that I want to introduce/ you/ to one last friend,/ very quickly.//

そこで 最後にもう一人 友人を簡単にご紹介します

Tracey Gamley stepped up/ to give me/ the impossible kidney/ that I was never supposed to have.//

トレイシー・ギャムレーは 移植不可能と言われた 私に 腎臓を提供してくれました

(拍手)

So Tracey,/ just tell us/ a little bit quickly/ about what the donor experience was like with you.//

トレイシー 簡単にドナーとしての経験をお話しいただけますか

Tracey Gamley:/ For me,/ it was really easy.//

トレイシー・ギャムレー: とても簡単なことでした

I only had one night/ in the hospital.//

入院はたったの一晩だけでした

The surgery was done laparoscopically,/ so I have just five very small scars/ on my abdomen,/ and I had four weeks away/ from work/ and went back/ to doing everything/ I'd done before/ without any changes.//

手術は腹腔鏡下で行われて― 腹部に5つの小さな傷が残っただけです 4週間 仕事を休みましたが その後は 元通りの生活に戻りました 何の変化もありません

ED:/ Well,/ I probably will never get a chance/ to say this/ to you/ in such a large audience ever again.//

ED: こんな大勢の観客の前で 貴女にお話しする機会は もう二度と来ないと思います

So "thank you"/ feel likes a really trite word,/ but thank you/ from the bottom of my heart/ for saving my life.//

「ありがとう」という言葉は陳腐に感じますが― 私の命を救ってくれて 本当にありがとう

(拍手)

This TED stage/ and all of the TED stages are often about celebrating innovation/ and celebrating new technologies,/ and I've done/ that here/ today,/ and I've seen amazing things/ coming from TED speakers,/ I mean,/ my gosh, artificial kidneys,/ even printable kidneys,/ that are coming.//

このTEDステージと全てのTEDステージは 発明や新しいテクノロジーを 称える場です 今回 この目標を達成できました TEDスピーカの話には本当に驚かされます 今後 人工腎臓やプリンタで作る腎臓が登場するでしょう

But until such time that/ these amazing technologies are available/ to all of us,/ and even when/ they are,/ it's up to us/ to care for,/ and even save,/one another.//

そんな素晴らしいテクノロジーが 一般に普及するまで あるいはその日が来たとしても― お互いケアすること 命を救うことが重要です

I hope/ you will go out/ and make personal health happen for yourselves/ and/ for everyone.// Thanks so much.//

パーソナル・ヘルスを自分のため 皆のために 実現してもらいたいと願っていますありがとうございました

(拍手)

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

sophomore

(4年制大学・4年制高校の)『2年生』;(3年生高校の)1年生

college

《しばしば冠詞をつけず単数形で》(一般に)『大学』,カレッジ

『単科大学』,教養課程大学 《米》(総合大学 universityの)学部

《英》(Oxford・Cambridge 大学などの)学寮(university の一部で,教師・外生・研究育で自治組織を作っている)

(特定の)パブリックスクール(public school)

《英》(universityに併設の)専門学校

(共通の特権・目的などを持つ人々の)団体,協会,学会

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

faint

(音・色・考えなどが)『かすかな』,ぼんやりした

(努力・行動などが)『弱々しい』,熱のない;気の弱い,勇気のない

《補語にのみ用いて》(で)『気が遠くなって』目が回りそうで《+『with』(『from』)+『名』》

(…で)『気が遠くなる』,気絶する《+『with』(『from』)+『名』》

気絶,失神

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

alcohol

『アルコール』,酒精

『アルコール飲料』,酒

involved

(思想・議論などが)複雑な,(文章・事態などが)込み入った

関係がある;(…と)かかわり合いがある,(性的に)関係している《+『with』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

tribulation

〈U〉苦難,苦悩

〈C〉苦労の種,悩みごと

hospital

『病院』

clash

(物がぶつかり合う)『ガチャン』)『ガシャン』,『ジャーン』)『という音』

(…間の)(意見・利害などの)衝突,抗争《+『between』+『名』》

『ガチャン』)『ガシャン』)『と音を立てる』;(…に)ガチャンとぶつかる《+『to』(『against, into』)+『名』》

(…と)『合わない』,調和しない《+『with』+『名』(do『ing』)》

(競技・戦闘で)(…ど)相打つ,激突する《+『with』+『名』》

…'を'ガチャン(ジャン)とぶつける

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

ultrasound

(金属のひずみなどを調べる)超音波

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

diagnosis

診断[書]

(問題の原因などの)判断,分析

(問題の)解決;結論

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

eligible

適格な,適任の,選ばれる資格のある

有資格者,適格者

transplant

〈植物〉‘を'移植する

(…から他の場所へ)…‘を'移す,〈人〉‘を'移住させる《+名+from+名+to+名》

(…から…へ)〈組織・器官など〉‘を'移植する《+名+from+名+to+名》

移植できる;移住する

〈C〉移植された物

〈U〉移植すること

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

gravity

(地球の)『引力』,『重力』;重量(weight)

『厳粛さ』,まじめさ

『重大さ』,ゆゆしさ

doomsday

最後の審判の日,世の終わりの日

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

prepare

〈物事〉‘の'『準備をする,用意をする』

〈人〉‘に'『用意させる,心構えをさせる』

『準備する,用意する』,心構えをする

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

proclamation

〈U〉(…の)『宣言』,公布,布告《+『of』+『名』》

〈C〉声明書,宣言書

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

expensive

『費用のかかる』,高価な

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

dependent

『頼っている』,依存している,従属している

扶養される人(家族)

clinic

〈U〉(医学の)臨床講義

〈C〉《集合的に》臨床講義のクラス

〈C〉臨床講義室

〈C〉(病院・医科大学・社会事業団などに付属した)診療所;《形容詞を判って》医療施設,病院

〈C〉(警察・学校・社会事業団などに付属した)相談所

specialist

専門家

専門医

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

guesswork

当て推量,当てずっぽう

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

cocktail

カクテル

(エビ・カニ・混ぜ合わせ果物などからなる)前菜料理

passive

『受動的な』,消極的な

服従的な,言いなりになる

(文法で)受動態の,受身の

《the~》受動態,受身の構文

動詞の受動形

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

entail

(…に)〈損失・労力・出費など〉‘を'負わせる,課する《+『名』+『on』(『for』)+『名』》

《受動態で》(…に)〈土地〉‘を'限嗣(げんし)相続させる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

限嗣(げんし)相続権の土地の分配

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

exam

試験

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

wardrobe

〈C〉『衣装だんす』,洋服だんす

〈U〉《集合的に》(個人・劇団の)持ち衣装

malfunction

(器官・機械などの)機能不全,不調

〈器官,機械などが〉機能不全である

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

laughter

『笑い』,笑い声

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

portable

『持チ運びのできる』,携帯用の

携帯用器具,ポータブル(タイプ・ラジオなど)

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

tablet

(銘文などを彫り込む,金属・石の)銘板

(昔文字を記した粘土などの)書字板

《まれ》(はぎ取り式の)メモ帳,便せん帳(pad)

錠剤,(チョコレート・石けんなどの)板状小片

Washington

『ワシントン市』(米国の首都;Washington州と区別してしばしば Washington, D.C.という)

米国政府

『ワシントン州』(米国北西部の州;州都はOlympia;《略》『WA,Wash.』)

『ワシントン』(『George~』;1732‐99;米国初代の大統領)

kindly

『親切な』,思いやりのある

《文》(気候などが)快い,気持ちのよい;温和な

《文》(土地が農作物などに)適した(favorable)

『親切に』,『優しく』

心から(heartily)

『どうぞ』

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

gel

ゲル(コロイド溶液の凝固した状態;ゼラチン・寒天など)

=jell

nervous

『神経の』

『神経質な』,神経過敏な

『心配な』,不安な

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

legacy

(特に遺言によって相読する)遺産

(祖先・先人から受け継いだ精神的・物質的)遺産

Samaritan

サマリア人(サマリア(Samaria)は聖書に出てくる古代パレスチナの一地方;現在のヨルダン西方に当たる)

=Good Samaritan

サマリアの;サマリア人の

Portland

ポートランド米国Oregon州北西部の都市

米国Maine州南西部の都市

Oregon

オレゴン州(米国太平洋岸北部の州;州都はSalem;《略》『ORE.,Oreg.,OR』)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

okay

=OK,O.K.

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

mischief

〈U〉『いたずら』,わるさ

〈U〉いたずら心,茶目っ気

〈U〉(人・動物による)害,危害,損害

〈C〉《話》いたずらっ子,わんぱく小僧

warrant

〈C〉(逮捕・差し押さえなどの)『令状』《+for+名》

〈U〉(…の)『正当な理由』,権限《+for+名(doing)》

〈C〉『保証[となるもの]』,保証人,担保物件

…‘を'『認可する』,公式に認める

〈行為など〉‘を'正当化する

〈品物・品質など〉‘を'『保証する』,確約する(guarantee)

《話》…‘を'確信(断言)する;断じて請け合う

opportunity

『機会』,好機

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

double

(数量・強さ・重さ・価値などが)『2倍の』,倍の

『二重の』,二様の;複の,対の,2人用の

表裏のある,二心ある

(意味が)二様にとれる,あいまいな

(花が)八重の,重弁の

『2倍に』,2倍だけ(twice)

二重に,二様に

対をなして,二人いっしょに

〈U〉『2倍』[の数量・価額など]

〈C〉2倍のもの

〈C〉よく似た人(物),生き写し

〈C〉(映画の)代役

《複数形》《単数扱い》(テニスなどの)ダブルス

〈C〉(獲物が追っ手を逃れるときなどの)逆走,急転回

〈C〉2塁打

〈C〉(ブリッジの点の)倍加

〈C〉(競馬・ドッグレースの)重勝式のかけ,複式

…‘を'『2倍にする』

…‘を'『二つ折りにする』

…‘の'2倍の数(量)がある

〈二役〉‘を'ひとりで演ずる

〈船が〉〈岬〉‘を'回る

『2倍になる』

(…の役を)兼ねる《+『as』+『名』》

(急に)取って返す,逆戻りする《+『back』》

二つ折りになる

(ブリッジで)相手のせり高を倍加する

2塁打を打つ

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

disruptive

混乱(分裂)を引き起こす

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

pillar

『柱』;『記念柱』

柱(状の…)《+『of』+『名』》

(…の)柱となる人,大黒柱《+『of』+『名』》

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

update

…を最新のものにする

最新情報

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

clinician

臨床医

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

unsafe

危険な(dangerous)

sick

(人が)『病気の』;(部屋などが)病人の[ための];(顔色などが)病気を示す(思わせる)

《名詞的に》《the ~;複数扱い》病人

《補語にのみ用いて》《おもに英》(…で)むかついて,吐き気を催して,気分が悪い《+『at(『with』,『from』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『うんざりして』,あきあきして,いや気がさして;(…に)しゃくにさわって,腹が立って《+『of』+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…に)『がっかりして』,落胆して《+『at』(『about』)+『名』(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,こがれて《+『for』+『名』》

病的な,異常心理の;気味の悪い

especially

『特に』,特別に;きわだって

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

built

buildの過去・過去分詞

「(体が)…にできている,…造りの」の意を表す

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

elbow

『ひじ』

ひじ形(L字形)のもの;ひじ形の屈曲;(管の)ひじ形継ぎ手;(いすの)ひじ掛け

…‘を'『ひじで押す』(『突く』);(…から)…‘を'ひじで押し出す《+『名』+『out of』+『名』》

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

surgery

〈U〉『外科,』外科医術

〈U〉手術

〈C〉《英》診察室;〈C〉〈U〉診察時間

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

bedsore

(病人の)床ずれ

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

antibiotic

抗生物質(ペニシリン,ストレプトマイシンなど)

抗生[物質]の

allergic

アレルギー性の;(…に)アレルギーを起こす《+『to』+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》(…に)神経過敏の,(…が)大きらいの《+『to』+『名』(do『ing)』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

default

(義務・債務などの)不履行,怠慢《+『on』(『against』)+『名』》;(法廷・試合場などへの)不出場・欠席

(義務・債務などを)履行しない;(裁判・試合などに)出場しない《+『in』(『on』)+『名』》

earn

(正業で働いて)〈金など〉‘を'『かせぐ』

(努力して)〈信用・名声など〉‘を'得る

(貯金などが)〈利益〉‘を'生じる,生む

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

diagnostic

診断の,診断のために役立つ

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

real-time

実際にかかる時間の

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

protein

蛋白(たんばく)質

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

coach

(箱形・屋根付き)『大型四輪馬車』;(鉄道以前の)駅馬車

(sleeping car, parlor carと区別して)普通客車

《米》大型バス;《英》長距離バス

(また『coacher』)(競技車・チームなどの)『コーチ』,監督;(野球で)(1塁・3塁の)走塁コーチ;(歌手・俳優などの)指導者;(受験指導の)家庭教師

〈米〉(飛行機・列車・バスなどの)普通席

〈チーム・学生など〉'を'『指導する』;…‘に'(…の)指導をする《+『名』+『for』+『名』

+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

指導をする,コーチをする

agent

『代理人』;周旋人

働き(作用)を起こすもの;作用物,薬剤

(政府機関,特にFBI,CIAなどの)部員,機関員

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

paradigm

範例,規範

語形変化表

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

deadly

『致命的な』,命にかかわる(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》殺そう(滅ぼそう)とねらっている;生かしておけない

《名詞の前にのみ用いて》死(死人)のような

《名詞の前にのみ用いて》はなはだしい,過度の

耐えられないほど退屈な

『死んだように』,死人のように

はなはだしく,びどく(extremely)

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

eighty

〈C〉(数の)『80』,80の記号(80,LXXXなど)

〈U〉80歳

〈U〉《複数抜い》80人,80個

《the eighties》(世紀の)80年代;

『80の』,80人の,80個の;《補語にのみ用いて》80歳で

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

coordination

同等[にすること]

(筋肉運動の)整合,釣り合い

amongst

=among

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

scare

…‘を'『おびえさせる』,こわがらせる(frighten)

『おびえる』,驚く

《単数形で》おびえ,どきりとすること

(社会的な)恐慌[状態]

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

suddenly

『突然に』,だしぬけに

palpitation

(平常より少し速い)鼓動,動悸(どうき)

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

appointment

〈C〉(時・場所を決めて会う)(…との)『約束』《+『with』+『名』》

〈U〉『任命』;(…を…として)任命すること《+『of』+『名』+『as』+『名』》;〈C〉(任命された)官職,地位

《複数形で》(特に家庭の)設備,装備

gosh

えっ,おや(軽い喜び・驚きを表す)

prescribe

〈守るべき規則・方針など〉‘を'『規定する』,『勧める』,指示する

《『prescribe』+『名』〈人〉+『名』〈薬〉=『prescribe』+『名』+『for』+『名』》〈人〉‘に'〈薬〉‘を'処方する

規定する,資示する

(病人・病気に対して)処方を書く

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

overdose

(薬などの)与え過ぎ,飲み過ぎ

…‘に'薬を与え過ぎる

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

graduation

〈U〉『卒業』(《英》では大学の卒業に限る)

〈C〉《米》卒業式

〈C〉(計器などの)目盛リ,度盛リ

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

jenny

(初期の)紡績機(spinning jenny)

(ある種の動物,特にロバの)雌

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

pharmacist

薬剤師;製薬者(また《英》chemist)

psychologist

心理学者

nutritionist

栄養士;栄養学者

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

hassle

激論

苦心,苦闘

(…と)議論する《+『with』+『名』》

面倒な[厄介な・困難な・煩わしい・困った・イライラさせられる]こと[問題]、骨の折れる仕事、悩ませるもの

けんか、混乱、騒ぎ、小競り合い、いざこざ、激論、口論

口論する、激論する、いざこざを起こす

~をうるさがらせる、悩ます、イライラさせる

weep

『涙を流す』,泣く

(…を)『悲しむ』嘆く,《+over(for)+名(doing)》

〈傷口などが〉液体を分泌する;《文》水をしたたらせる

〈涙〉‘を'流す

〈人,自分〉‘に'涙を流させる:《weep+名+副(窃)…に涙を流させ…にする》

《文》〈事〉‘に'涙を流す,‘を'悲しむ

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

offload

=unload

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

exchange

…‘を'『取り替える』;(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'『取り交わす』;(人と)…‘を'取り交わす《+『名』+『with』+『名』<人>》

(化幣が)両替される

〈U〉〈C〉(物の物との)『取り替え』《+『of』+『名』+『for』+『名』》;(相手と物を)『交換すること』《+『of』+『名』(複数)+『with』+『名』〈人〉》

〈C〉交換物,取り替え品

〈C〉取引所;(電話の)交換局

〈U〉両替;為替(かわせ),為替相場

〈C〉=employment exchange

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

mom

=mother

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

meal

(一定の時刻に定められた)『食事』;食事の時間

(1回分の)食事,(食事1回分の)食べ物

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

sacred

『神聖な』,神の

『宗教の』,宗教に関する

功粛厳粛な;神聖にして犯すことができない

《補語にのみ用いて》(神に)ささげられた,(…を)祭った,記念する《+『to』+『名』》

somewhat

『幾分か』,少し

relic

遺物,遺跡

(昔の)なごり,形見,記念品

(聖人の)遺骨,聖骨,聖遺物

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

towards

toward

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

tuberculosis

結核({略}TB,T.B.)

肺結核

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

studied

熟慮した

わざとらしい,故意の

datum

dataの単数形

既知の事実

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

avatar

(インドの神話に出てくる)神の化身(けしん),権化(ごんげ)

suffering

〈U〉(肉体的・精神的)『苦痛』

〈C〉《しばしば複数形で》苦悩している状態,苦難

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

longevity

長生き,長寿

badge

『記章』,バッジ

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

dose

(おもに飲み薬1回分の)『服用量』

(痛いこと・いやなことの)1回分,一定量

(人などが受ける放射線の)線量

性病

(…を)…‘に'投薬する,服用させる《+『名』+『with』+『名』》

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

side effect

(薬などの)副作用

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

skiing

(スポーツとしての)『スキー』;スキー術

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

pharmaceutical

調剤の,製薬の,薬学の

調合薬,薬剤(drug)

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

guinea pig

テンジクネズミ(実験材料;marmotとは別の動物)

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

server

仕える人,奉仕者;給士人;(ミサで司祭を助ける)侍者

(テニスなどの)サーブをする人

(食事などをのせる)盆

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

data

『資料』,事実;情報

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

mainframe

主枠(コンピューターの中心となる制御装置などを含む装置)

mainstream

《the ~》(運動・思潮などの)主流

(川の)本流

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

sequencing

配列,接続;(特に時間の)調整

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

witness

〈C〉(また eyewitness)(…の)『目撃者』《+of(to)+名》

〈C〉(法廷などの)『証人』,証言者

〈C〉(契約・結婚などの)保証人,立会人;(文書の)連署人《+to+名》

〈U〉《文》(特に法廷での)証言

〈C〉(…の)証拠[となるもの]《+to+名》

…‘を'『目撃する』,まのあたりに見る

〈文書〉‘に'証人として署名する;…‘に'立ち会う

…‘の'証拠になる,‘を'証明する,示す

(…を)証言する,(…の)証拠になる《+to+名(doing)》

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

completely

『完全に』,全く,十分に

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

applause

『拍手かっさい』;称賛

donor

寄付者,寄贈者

(移植用の組織・器官の)提供者,献血者

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

probably

『たぶん』,『おそらく』

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

trite

(表現・思想などが)ありふれた,陳腐な

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

printable

印刷できる;出版に適した

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

yourselves

yourself の複数形

関連動画