TED日本語 - ダニエル・スアレース: 人殺しの決定をロボットに任せてはいけない

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ダニエル・スアレースが普段小説家として描き出しているのは悲観的未来像ですが、TEDGlobalのステージで彼が語るのは私達がもっと知らなければならない現実のシナリオ、自律的ロボット兵器の台頭です。最新鋭のドローン、自動兵器、人工知能搭載の諜報ツールなどが、人の手を離れて自ら決断を下す可能性を彼は示しています。

Script

私はSFスリラーの小説家です その私が「殺人ロボット」と言ったら おそらく こんな感じのものを想像されるでしょう でも 今日はフィクションの話をしに来たのではありません まさに現実化している「殺人ロボット」― そう 完全自律型の戦闘ドローンのことを話しに来ました

ご存知のプレデター型やリーパー型のことではありません これらの無人機は 標的の決定を人間が行っています 私は完全自律型のロボット兵器のことを言っているんです このロボット兵器は人間殺害の決定を ロボット自体が行います 実は これを指す専門用語もあります「完全自律型殺傷機能」です

「完全自律型殺傷機能」を持つ殺人ロボットは 多様な姿で現れます飛行し 走行し あるいは 待ち伏せするようなものもあるでしょう 実は これらのロボットは急速に現実のものとなりつつあります この2種類の自動狙撃装置は 現在 北朝鮮との非武装地帯の韓国側に配備されています この機械はどちらも攻撃対象となる? 人間を自動的に特定し銃撃する機能があります 左側のものには1キロ以上の射程があります 現在のところは どちらの機械でも射殺決定の枠組みに 今のところは人間が介在しています しかし 技術的には人を要するわけではなくそこに人を介在させる選択をしたわけです この選択こそが今日 私が焦点を当てたいことです なぜなら この殺人の意思決定が 人間からソフトウェアに移行しつつあって それは 戦争から人間性を取り去ってしまうだけでなく 戦場から遠く隔たった社会の情勢をも 変えてしまう危険があるからです なぜなら人間が対立を解決する方法によって私たちを取り巻く社会情勢が 形成されるからです 歴史上ずっとそうやって形成されてきたのです

たとえば 西暦1400年にはこれが最先端の― 兵器システムでした 両方とも 作るのも維持するのもとても高く付きましたが これがあれば民衆を支配できました 封建社会の政治権力の分布は誰が武力を持つかを反映し 力は権力のトップにいる人に集中していたのです それから何が変わったのでしょう?技術革新です 火薬 大砲 すぐに 甲冑と城は時代遅れになりました 戦場に誰を連れて行くかは重要でなくなり 戦場にどれだけの人数を送り込めるかが重要になりました 軍隊の人数が増えるようになると防衛のための? 政治的 物流的な要請から国家が必要となりました 指導者は民衆に依存する必要が出てきて 力が共有されるようになりました そして代議制が形成されだします

ここでもまた対立解消にどんな手段を取るかが 私たちを取り巻く社会情勢を形作っています 自律ロボット兵器もそのような手段の1つです ただ戦争を始めるのに非常に少数の人間しか必要としないため ごく少数の人の手に力を再び集中させるリスクがあります 民主化の流れを 5世紀分ほど逆戻りさせてしまうかもしれません

でも 私たちが このリスクを理解していれば民主主義制度を守るための断固たる措置を取れます 人間が長けている能力によって?すなわち適応力です しかし タイミングが重要です 70の国が遠隔操縦可能な― 戦闘ドローンを独自に開発しています おわかりと思いますが遠隔操作戦闘ドローンは 自律ロボット兵器を作り始める前兆です なぜなら遠隔操作の無人機が 一旦配備されてしまうと意思決定を人の手から 兵器そのものへと押しやることになる大きな要因が3つあるからです

1つ目の要因は無人機が撮影するビデオが膨大になることです たとえば 2004 年に米国のドローン軍団が撮影した 分析が必要な偵察映像は総計71 時間でした それが2011 年には 30万時間へと増えたのです すべてを確認するのは人間の能力を超えてしまいました しかも この時間はまだまだ増加しそうです 米国防総省のゴルゴンステアやアーガスという計画では 最大65個の独立したカメラの目を 個々のドローンに付けるもので これは人間が確認できる量を大幅に上回るものとなります こうなると関心を引く対象を発見するために 視覚情報分析ソフトの力が必要になります これは じきにドローンが 注目すべき所を人間に指示するようになるということで 人間側からではありません

意思決定を人間から機械へと 強く推しやる2つ目の要因は 電磁波による妨害です 妨害されるとドローンと遠隔操作者の間の 通信が途切れてしまいます 2011年に これが起こった例がありました アメリカ軍の RQ-170 センチネル ドローンが イラン軍による GPS 信号のなりすまし攻撃で混乱させられたのです 遠隔操作型のドローンである限りこの種の攻撃には弱いものです つまりドローンは 意思決定の より多くの割合を背負わなければならなくなるのです ドローンは 作戦目的を把握し 人間の導きなしに新しい状況に対応するようになるでしょう ドローンは 外部からの無線信号を無視し 自分側からは ほとんど発信しなくなります

そして ここから? 3つ目の最も強力に意思決定を 人から兵器へ移すように促す要因が出てきます それは「まことしやかな関与否定」です 私たちは グローバル経済の時代にいます ハイテク製品の製造はほとんどの大陸で行われています サイバー諜報戦の一環で先進的設計を 様々な部品に隠しますが このような環境では ドローン設計が契約工場で模倣される可能性が非常に高いのです そして裏市場へと拡散します こんな状況では自爆攻撃ドローンの残骸を 調査したところで 兵器で攻撃を仕掛けたのが誰なのかわかりません

見えない敵との戦いが 非常に現実的な可能性として浮かび上がります 地政学的なバランスを180度変えてしまう可能性があり 国家が攻撃してきた相手へ反撃することを非常に困難にします これによって 21世紀において防衛中心の考えから 攻撃中心の考えへと重心が変わってしまうかもしれません 匿名での攻撃が可能になることで 小国家や 犯罪組織民間企業 さらには有力な個人にさえ 軍事行動が有効な手段となりえるのです これは 法の支配と市民社会の土台を壊してしまい 群雄割拠の情勢を作り出すかもしれません 責任と透明性は 代議制を支える土台と言えるかもしれませんが 自律ロボット兵器はその両方を弱体化させる可能性があります

みなさんは こう考えるかもしれません ハイテク諸国の市民なら ロボット戦争で優位に立っていて これらの国の市民は危険にさらされにくいと考えるかもしれません 特に途上国が相手ならなおさらです しかし 真実は全く逆だと思います ハイテク社会の市民は より大きく ロボット兵器の危険にさらされています この理由は 1語に要約できます「データ」です データは ハイテク社会を動かしています 携帯電話の位置情報電話の会話から集められるメタデータ ソーシャルメディア 電子メールSMS 金融取引のデータ 交通機関や移動のデータなどですこれらは人々の活動や 社会的な交流を表す膨大なリアルタイムデータの塊です だから 私たちは歴史上のどんな時代の人たちよりも 機械に行動が筒抜けになっているのです これは自律的兵器が標的を探すために絶好のものとなります

いま画面に映っているのは ある社会的集団がどうつながっているか分析した図です 線は個人間の社会的なつながりを示しています 現代人が日常的に残すデータの痕跡から このような図を自動的に生成することができます この技術は通常は人口動態で標的を割り出して 商品やサービスを販売するのに使われますが諸刃の技術でもあります 標的を割り出す技術が別の用途に使われるからです 赤色で表示されている人たちがいますが これは 社会的なネットワークのハブとなっている人たちです この人たちは 組織のまとめ役やオピニオンメーカーやリーダーです この人たちも通信のパターンを追跡することで 自動的に見つけ出すことが可能です マーケティング担当者なら 社会的グループにブランドを広めるために 製品サンプルを送る標的にするでしょう しかし もし抑圧的な政府で 政治上の敵となる相手を探しているなら彼らは排除する標的となるでしょう リーダーを抹殺し社会的グループを混乱させ そして 残されたグループの人たちは社会的つながりや 組織を失ってしまいます 安いロボット兵器が拡散するような世界になったら 遠くにいる政府反対派や 国際的犯罪組織に対し 国境はほとんど防衛線になりません 支持されて 変革を起こすような扇動活動があれば クリティカルマスに到達する前に早期に検出されてしまい 指導者は排除されるようになるでしょう アイデアがクリティカルマスに到達できる環境は 人民政府における政治運動の全てと言ってもいいでしょう 正体不明の殺戮兵器があることであらゆる利害の対立において 殺害という選択が簡単にできてしまうようになるでしょう そして このことは民主主義のまさに中核と言える 言論の自由や支持される政治的行動を縮み上がらせることになります

これが 私たちに ロボット兵器の国際条約が 必要な理由です特に世界全体での 殺人ロボットの開発と配備を禁止することが必要です 私たちにはすでに核兵器と生物兵器に関する 国際条約があります不完全ではありますが 条約は概ね効力を発揮してきました しかし ロボット兵器は 全ての点で同じくらい危険なもので ほぼ確実に使われるようになるでしょう そして 民主主義制度を蝕むものになるでしょう

2012年11月に米国防総省が すべての殺害に関する意思決定に 人間の介在を義務づける命令を出しました これによって ひとまずは米軍の自律的兵器を事実上禁止しました しかし その命令を恒久化する必要があります これが行われれば世界が同じように行動する基準となりえます ロボット兵器の国際的な法的枠組みは 必要なものなのです しかも 今必要なのです壊滅的な攻撃が起きたり テロ事件が起きたことが引き金となって世界の国々が ロボット兵器が招く帰結を熟慮せずに これらの兵器をこぞって採用するようになる前に必要なのです 自律ロボット兵器を使うと 少数の手に 余りに大きな力が集中することになり民主主義そのものを危うくしてしまうでしょう

でも 誤解しないでください民生の非武装無人ドローンには 優れた用途が沢山あると考えています 自然環境の観測や捜索と救難 輸送などです もし ロボット兵器の国際条約があるとして どのようにすれば自律無人機や自律走行車の利便を享受しつつ 違法なロボット兵器に対して 身を守ることができるでしょうか?

成功の秘密は透明性にあるはずです 公共の場所にいる限りロボットに? プライバシーがあるなどと思ってもらっては困ります

(拍手)

ロボットやドローンは1体1体 全てが 工場出荷時に個体番号を暗号技術で署名し 公共の場所での動きを追跡できるようにするべきです 既に車にはナンバー プレートがあり航空機には機体記号があります ロボットも例外ではありません 公共の空間を移動している― ドローンや自律走行車の所在を示すアプリを 誰でもダウンロードできてしかるべきです 現時点と過去の記録の両方を把握可能にすべきです 市民のリーダーは不正なドローンを探索する― 探知機や無人偵察機を展開すべきです そして 不正ドローンを撃墜する攻撃ドローンを送りこむ代わりに 人間に ドローンが居ることを知らせるべきです 高い安全性が求められる地域なら不正ドローンを 市民のためのドローンが捕獲して 爆弾処理施設へと引っ張って行くこともできるでしょう

これは兵器システムというより免疫システムということに 注意してください こうすれば 自律走行車両やドローンを 人間側が利用しつつ 開かれた市民社会を維持できます

私たちは 殺人ロボットの開発と配備を 禁止する必要があります 戦争を自動化する誘惑に負けないようにしましょう 独裁政府や犯罪組織は間違いなくその魅力に屈するでしょうが 私たちは その同類にならないようにしましょう 自律ロボット兵器は あまりにも強力な力を ごくわずかな人の手に集中させることになります そして 民主主義制度を蝕むものになるでしょう 民主主義のために殺人ロボットは フィクションだけのものにしておきましょう

ありがとう

(拍手) ありがとう(拍手)

I write fiction sci-fi thrillers, so if I say "killer robots," you'd probably think something like this. But I'm actually not here to talk about fiction. I'm here to talk about very real killer robots, autonomous combat drones.

Now, I'm not referring to Predator and Reaper drones, which have a human making targeting decisions. I'm talking about fully autonomous robotic weapons that make lethal decisions about human beings all on their own. There's actually a technical term for this: lethal autonomy.

Now, lethally autonomous killer robots would take many forms -- flying, driving, or just lying in wait. And actually, they're very quickly becoming a reality. These are two automatic sniper stations currently deployed in the DMZ between North and South Korea. Both of these machines are capable of automatically identifying a human target and firing on it, the one on the left at a distance of over a kilometer. Now, in both cases, there's still a human in the loop to make that lethal firing decision, but it's not a technological requirement. It's a choice. And it's that choice that I want to focus on, because as we migrate lethal decision-making from humans to software, we risk not only taking the humanity out of war, but also changing our social landscape entirely, far from the battlefield. That's because the way humans resolve conflict shapes our social landscape. And this has always been the case, throughout history.

For example, these were state-of-the-art weapons systems in 1400 A.D. Now they were both very expensive to build and maintain, but with these you could dominate the populace, and the distribution of political power in feudal society reflected that. Power was focused at the very top. And what changed? Technological innovation. Gunpowder, cannon. And pretty soon, armor and castles were obsolete, and it mattered less who you brought to the battlefield versus how many people you brought to the battlefield. And as armies grew in size, the nation-state arose as a political and logistical requirement of defense. And as leaders had to rely on more of their populace, they began to share power. Representative government began to form.

So again, the tools we use to resolve conflict shape our social landscape. Autonomous robotic weapons are such a tool, except that, by requiring very few people to go to war, they risk re-centralizing power into very few hands, possibly reversing a five-century trend toward democracy.

Now, I think, knowing this, we can take decisive steps to preserve our democratic institutions, to do what humans do best, which is adapt. But time is a factor. Seventy nations are developing remotely-piloted combat drones of their own, and as you'll see, remotely-piloted combat drones are the precursors to autonomous robotic weapons. That's because once you've deployed remotely-piloted drones, there are three powerful factors pushing decision-making away from humans and on to the weapon platform itself.

The first of these is the deluge of video that drones produce. For example, in 2004, the U.S. drone fleet produced a grand total of 71 hours of video surveillance for analysis. By 2011, this had gone up to 300,000 hours, outstripping human ability to review it all, but even that number is about to go up drastically. The Pentagon's Gorgon Stare and Argus programs will put up to 65 independently operated camera eyes on each drone platform, and this would vastly outstrip human ability to review it. And that means visual intelligence software will need to scan it for items of interest. And that means very soon drones will tell humans what to look at, not the other way around.

But there's a second powerful incentive pushing decision-making away from humans and onto machines, and that's electromagnetic jamming, severing the connection between the drone and its operator. Now we saw an example of this in 2011 when an American RQ-170 Sentinel drone got a bit confused over Iran due to a GPS spoofing attack, but any remotely-piloted drone is susceptible to this type of attack, and that means drones will have to shoulder more decision-making. They'll know their mission objective, and they'll react to new circumstances without human guidance. They'll ignore external radio signals and send very few of their own.

Which brings us to, really, the third and most powerful incentive pushing decision-making away from humans and onto weapons: plausible deniability. Now we live in a global economy. High-tech manufacturing is occurring on most continents. Cyber espionage is spiriting away advanced designs to parts unknown, and in that environment, it is very likely that a successful drone design will be knocked off in contract factories, proliferate in the gray market. And in that situation, sifting through the wreckage of a suicide drone attack, it will be very difficult to say who sent that weapon.

This raises the very real possibility of anonymous war. This could tilt the geopolitical balance on its head, make it very difficult for a nation to turn its firepower against an attacker, and that could shift the balance in the 21st century away from defense and toward offense. It could make military action a viable option not just for small nations, but criminal organizations, private enterprise, even powerful individuals. It could create a landscape of rival warlords undermining rule of law and civil society. Now if responsibility and transparency are two of the cornerstones of representative government, autonomous robotic weapons could undermine both.

Now you might be thinking that citizens of high-tech nations would have the advantage in any robotic war, that citizens of those nations would be less vulnerable, particularly against developing nations. But I think the truth is the exact opposite. I think citizens of high-tech societies are more vulnerable to robotic weapons, and the reason can be summed up in one word: data. Data powers high-tech societies. Cell phone geolocation, telecom metadata, social media, email, text, financial transaction data, transportation data, it's a wealth of real-time data on the movements and social interactions of people. In short, we are more visible to machines than any people in history, and this perfectly suits the targeting needs of autonomous weapons.

What you're looking at here is a link analysis map of a social group. Lines indicate social connectedness between individuals. And these types of maps can be automatically generated based on the data trail modern people leave behind. Now it's typically used to market goods and services to targeted demographics, but it's a dual-use technology, because targeting is used in another context. Notice that certain individuals are highlighted. These are the hubs of social networks. These are organizers, opinion-makers, leaders, and these people also can be automatically identified from their communication patterns. Now, if you're a marketer, you might then target them with product samples, try to spread your brand through their social group. But if you're a repressive government searching for political enemies, you might instead remove them, eliminate them, disrupt their social group, and those who remain behind lose social cohesion and organization. Now in a world of cheap, proliferating robotic weapons, borders would offer very little protection to critics of distant governments or trans-national criminal organizations. Popular movements agitating for change could be detected early and their leaders eliminated before their ideas achieve critical mass. And ideas achieving critical mass is what political activism in popular government is all about. Anonymous lethal weapons could make lethal action an easy choice for all sorts of competing interests. And this would put a chill on free speech and popular political action, the very heart of democracy.

And this is why we need an international treaty on robotic weapons, and in particular a global ban on the development and deployment of killer robots. Now we already have international treaties on nuclear and biological weapons, and, while imperfect, these have largely worked. But robotic weapons might be every bit as dangerous, because they will almost certainly be used, and they would also be corrosive to our democratic institutions.

Now in November 2012 the U.S. Department of Defense issued a directive requiring a human being be present in all lethal decisions. This temporarily effectively banned autonomous weapons in the U.S. military, but that directive needs to be made permanent. And it could set the stage for global action. Because we need an international legal framework for robotic weapons. And we need it now, before there's a devastating attack or a terrorist incident that causes nations of the world to rush to adopt these weapons before thinking through the consequences. Autonomous robotic weapons concentrate too much power in too few hands, and they would imperil democracy itself.

Now, don't get me wrong, I think there are tons of great uses for unarmed civilian drones: environmental monitoring, search and rescue, logistics. If we have an international treaty on robotic weapons, how do we gain the benefits of autonomous drones and vehicles while still protecting ourselves against illegal robotic weapons?

I think the secret will be transparency. No robot should have an expectation of privacy in a public place.

(Applause)

Each robot and drone should have a cryptographically signed I.D. burned in at the factory that can be used to track its movement through public spaces. We have license plates on cars, tail numbers on aircraft. This is no different. And every citizen should be able to download an app that shows the population of drones and autonomous vehicles moving through public spaces around them, both right now and historically. And civic leaders should deploy sensors and civic drones to detect rogue drones, and instead of sending killer drones of their own up to shoot them down, they should notify humans to their presence. And in certain very high-security areas, perhaps civic drones would snare them and drag them off to a bomb disposal facility.

But notice, this is more an immune system than a weapons system. It would allow us to avail ourselves of the use of autonomous vehicles and drones while still preserving our open, civil society.

We must ban the deployment and development of killer robots. Let's not succumb to the temptation to automate war. Autocratic governments and criminal organizations undoubtedly will, but let's not join them. Autonomous robotic weapons would concentrate too much power in too few unseen hands, and that would be corrosive to representative government. Let's make sure, for democracies at least, killer robots remain fiction.

Thank you.

(Applause) Thank you. (Applause)

I write fiction sci-fi thrillers,/ so if I say "killer robots,/"/ you'd probably think something/ like this.//

私はSFスリラーの小説家です その私が「殺人ロボット」と言ったら おそらく こんな感じのものを想像されるでしょう

But I'm actually not here/ to talk about fiction.//

でも 今日はフィクションの話をしに来たのではありません

I'm here/ to talk about very real killer robots,/ autonomous combat drones.//

まさに現実化している「殺人ロボット」― そう 完全自律型の戦闘ドローンのことを話しに来ました

Now,/ I'm not referring/ to Predator and Reaper drones,/ which have a human making/ targeting decisions.//

ご存知のプレデター型やリーパー型のことではありません これらの無人機は 標的の決定を人間が行っています

I'm talking/ about fully autonomous robotic weapons/ that make lethal decisions/ about human beings/ all/ on their own.//

私は完全自律型のロボット兵器のことを言っているんです このロボット兵器は人間殺害の決定を ロボット自体が行います

There's actually/ a technical term/ for this:/ lethal autonomy.//

実は これを指す専門用語もあります「完全自律型殺傷機能」です

Now,/ lethally autonomous killer robots would take many forms --/ flying,/ driving,/ or just lying/ in wait.//

「完全自律型殺傷機能」を持つ殺人ロボットは 多様な姿で現れます飛行し 走行し あるいは 待ち伏せするようなものもあるでしょう

And actually,/ they're/ very quickly becoming/ a reality.//

実は これらのロボットは急速に現実のものとなりつつあります

These are two automatic sniper stations currently deployed in the DMZ/ between North and South Korea.//

この2種類の自動狙撃装置は 現在 北朝鮮との非武装地帯の韓国側に配備されています

Both of these machines are capable of automatically identifying/ a human target and firing/ on it,/ the one/ on the left/ at a distance of over a kilometer.//

この機械はどちらも攻撃対象となる? 人間を自動的に特定し銃撃する機能があります 左側のものには1キロ以上の射程があります

Now,/ in both cases,/ there's still/ a human/ in the loop/ to make that lethal firing decision,/ but it's not a technological requirement.// It's a choice.//

現在のところは どちらの機械でも射殺決定の枠組みに 今のところは人間が介在しています しかし 技術的には人を要するわけではなくそこに人を介在させる選択をしたわけです

And it's/ that choice/ that I want to focus/ on,/ because/ as we migrate lethal decision-making/ from humans/ to software,/ we risk not only taking/ the humanity/ out of war,/ but also/ changing our social landscape entirely,/ far/ from the battlefield.//

この選択こそが今日 私が焦点を当てたいことです なぜなら この殺人の意思決定が 人間からソフトウェアに移行しつつあって それは 戦争から人間性を取り去ってしまうだけでなく 戦場から遠く隔たった社会の情勢をも 変えてしまう危険があるからです

That's/ because the way/ humans resolve conflict shapes our social landscape.//

なぜなら人間が対立を解決する方法によって私たちを取り巻く社会情勢が 形成されるからです

And this has always been the case,/ throughout history.//

歴史上ずっとそうやって形成されてきたのです

For example,/ these were state-of-the-art weapons systems/ in 1400 A.D.//

たとえば 西暦1400年にはこれが最先端の― 兵器システムでした

Now/ they were both very expensive/ to build and maintain,/ but with these you could dominate the populace,/ and the distribution of political power/ in feudal society reflected that.//

両方とも 作るのも維持するのもとても高く付きましたが これがあれば民衆を支配できました 封建社会の政治権力の分布は誰が武力を持つかを反映し

Power was focused at the very top.//

力は権力のトップにいる人に集中していたのです

それから何が変わったのでしょう?技術革新です

火薬 大砲

And pretty soon,/ armor and castles were obsolete,/ and it mattered less/ who you brought to the battlefield/ versus how many/ people/ you brought to the battlefield.//

すぐに 甲冑と城は時代遅れになりました 戦場に誰を連れて行くかは重要でなくなり 戦場にどれだけの人数を送り込めるかが重要になりました

And/ as armies grew in size,/ the nation-state arose as a political and logistical requirement of defense.//

軍隊の人数が増えるようになると防衛のための? 政治的 物流的な要請から国家が必要となりました

And/ as leaders had to rely/ on more of their populace,/ they began to share/ power.//

指導者は民衆に依存する必要が出てきて 力が共有されるようになりました

そして代議制が形成されだします

So again,/ the tools/ we use/ to resolve conflict shape our social landscape.//

ここでもまた対立解消にどんな手段を取るかが 私たちを取り巻く社会情勢を形作っています

Autonomous robotic weapons are such a tool,/ except that,/ by requiring very few people to go to war,/ they risk re-centralizing/ power/ into very few hands,/ possibly/ reversing a five-century trend/ toward democracy.//

自律ロボット兵器もそのような手段の1つです ただ戦争を始めるのに非常に少数の人間しか必要としないため ごく少数の人の手に力を再び集中させるリスクがあります 民主化の流れを 5世紀分ほど逆戻りさせてしまうかもしれません

Now,/ I think,/ knowing this,/ we can take decisive steps/ to preserve our democratic institutions,/ to do/ what humans do best,/ which is adapt.//

でも 私たちが このリスクを理解していれば民主主義制度を守るための断固たる措置を取れます 人間が長けている能力によって?すなわち適応力です

But time is a factor.//

しかし タイミングが重要です

Seventy nations are developing remotely-piloted combat drones of their own,/ and/ as you'll see,/ remotely-piloted combat drones are the precursors/ to autonomous robotic weapons.//

70の国が遠隔操縦可能な― 戦闘ドローンを独自に開発しています おわかりと思いますが遠隔操作戦闘ドローンは 自律ロボット兵器を作り始める前兆です

That's because/ once you've deployed remotely-piloted drones,/ there are three powerful factors/ pushing decision-making away/ from humans/ and/ on/ to the weapon platform/ itself.//

なぜなら遠隔操作の無人機が 一旦配備されてしまうと意思決定を人の手から 兵器そのものへと押しやることになる大きな要因が3つあるからです

The first of these is the deluge of video/ that drones produce.//

1つ目の要因は無人機が撮影するビデオが膨大になることです

For example,/ in 2004,/ the U.S. drone fleet produced a grand total of 71 hours of video surveillance/ for analysis.//

たとえば 2004 年に米国のドローン軍団が撮影した 分析が必要な偵察映像は総計71 時間でした

By 2011,/ this had gone up to 300,000 hours,/ outstripping human ability to review it/ all,/ but even that number is about/ to go up/ drastically.//

それが2011 年には 30万時間へと増えたのです すべてを確認するのは人間の能力を超えてしまいました しかも この時間はまだまだ増加しそうです

The Pentagon's Gorgon Stare and Argus programs will put up to 65 independently operated camera eyes/ on each drone platform,/ and this would vastly outstrip human ability/ to review it.//

米国防総省のゴルゴンステアやアーガスという計画では 最大65個の独立したカメラの目を 個々のドローンに付けるもので これは人間が確認できる量を大幅に上回るものとなります

And that means/ visual intelligence software will need to scan/ it/ for items of interest.//

こうなると関心を引く対象を発見するために 視覚情報分析ソフトの力が必要になります

And that means very soon/ drones will tell humans/ what to look at, not the other way around.//

これは じきにドローンが 注目すべき所を人間に指示するようになるということで 人間側からではありません

But there's a second powerful incentive/ pushing decision-making/ away/ from humans/ and/ onto machines,/ and that's electromagnetic jamming,/ severing the connection/ between the drone and its operator.//

意思決定を人間から機械へと 強く推しやる2つ目の要因は 電磁波による妨害です 妨害されるとドローンと遠隔操作者の間の 通信が途切れてしまいます

Now/ we saw an example of this/ in 2011/ when an American RQ-170 Sentinel drone got a bit confused over Iran/ due/ to a GPS spoofing attack,/ but any remotely-piloted drone is susceptible/ to this type of attack,/ and that means/ drones will have to shoulder/ more decision-making.//

2011年に これが起こった例がありました アメリカ軍の RQ-170 センチネル ドローンが イラン軍による GPS 信号のなりすまし攻撃で混乱させられたのです 遠隔操作型のドローンである限りこの種の攻撃には弱いものです つまりドローンは 意思決定の より多くの割合を背負わなければならなくなるのです

They'll know their mission objective,/ and they'll react to new circumstances/ without human guidance.//

ドローンは 作戦目的を把握し 人間の導きなしに新しい状況に対応するようになるでしょう

They'll ignore external radio signals/ and send very few of their own.//

ドローンは 外部からの無線信号を無視し 自分側からは ほとんど発信しなくなります

Which brings us/ to,/ really,/ the third and most powerful incentive/ pushing decision-making/ away from humans/ and onto weapons:/ plausible deniability.//

そして ここから? 3つ目の最も強力に意思決定を 人から兵器へ移すように促す要因が出てきます それは「まことしやかな関与否定」です

Now/ we live in a global economy.//

私たちは グローバル経済の時代にいます

High-tech manufacturing is occurring on most continents.//

ハイテク製品の製造はほとんどの大陸で行われています

Cyber espionage is spiriting away/ advanced designs/ to parts unknown,/ and in that environment,/ it is very likely/ that a successful drone design will be knocked off/ in contract factories,/ proliferate in the gray market.//

サイバー諜報戦の一環で先進的設計を 様々な部品に隠しますが このような環境では ドローン設計が契約工場で模倣される可能性が非常に高いのです そして裏市場へと拡散します

And/ in that situation,/ sifting through the wreckage of a suicide drone attack,/ it will be very difficult/ to say/ who sent/ that weapon.//

こんな状況では自爆攻撃ドローンの残骸を 調査したところで 兵器で攻撃を仕掛けたのが誰なのかわかりません

This raises the very real possibility of anonymous war.//

見えない敵との戦いが 非常に現実的な可能性として浮かび上がります

This could tilt the geopolitical balance/ on its head,/ make it very difficult/ for a nation/ to turn its firepower/ against an attacker,/ and that could shift the balance/ in the 21st century away/ from defense/ and/ toward offense.//

地政学的なバランスを180度変えてしまう可能性があり 国家が攻撃してきた相手へ反撃することを非常に困難にします これによって 21世紀において防衛中心の考えから 攻撃中心の考えへと重心が変わってしまうかもしれません

It could make military action/ a viable option not just/ for small nations,/ but criminal organizations,/ private enterprise,/ even powerful individuals.//

匿名での攻撃が可能になることで 小国家や 犯罪組織民間企業 さらには有力な個人にさえ 軍事行動が有効な手段となりえるのです

これは 法の支配と市民社会の土台を壊してしまい 群雄割拠の情勢を作り出すかもしれません

Now/ if responsibility and transparency are two of the cornerstones of representative government,/ autonomous robotic weapons could undermine both.//

責任と透明性は 代議制を支える土台と言えるかもしれませんが 自律ロボット兵器はその両方を弱体化させる可能性があります

Now/ you might be thinking/ that citizens of high-tech nations would have the advantage/ in any robotic war,/ that citizens of those nations would be less vulnerable,/ particularly/ against developing nations.//

みなさんは こう考えるかもしれません ハイテク諸国の市民なら ロボット戦争で優位に立っていて これらの国の市民は危険にさらされにくいと考えるかもしれません 特に途上国が相手ならなおさらです

But I think/ the truth is the exact opposite.//

しかし 真実は全く逆だと思います

I think citizens of high-tech societies are more vulnerable/ to robotic weapons,/ and the reason can be summed up/ in one word:/ data.//

ハイテク社会の市民は より大きく ロボット兵器の危険にさらされています この理由は 1語に要約できます「データ」です

Data powers high-tech societies.//

データは ハイテク社会を動かしています

Cell phone geolocation,/ telecom metadata,/ social media,/ email,/ text,/ financial transaction data,/ transportation data,/ it's a wealth of real-time data/ on the movements and social interactions of people.//

携帯電話の位置情報電話の会話から集められるメタデータ ソーシャルメディア 電子メールSMS 金融取引のデータ 交通機関や移動のデータなどですこれらは人々の活動や 社会的な交流を表す膨大なリアルタイムデータの塊です

In short,/ we are more visible/ to machines/ than any people/ in history,/ and this perfectly suits the targeting needs of autonomous weapons.//

だから 私たちは歴史上のどんな時代の人たちよりも 機械に行動が筒抜けになっているのです これは自律的兵器が標的を探すために絶好のものとなります

What you're looking/ at here is a link analysis map of a social group.//

いま画面に映っているのは ある社会的集団がどうつながっているか分析した図です

Lines indicate social connectedness/ between individuals.//

線は個人間の社会的なつながりを示しています

And these types of maps can be automatically generated based/ on the data trail modern people leave behind.//

現代人が日常的に残すデータの痕跡から このような図を自動的に生成することができます

Now/ it's typically used to market goods and services/ to targeted demographics,/ but it's a dual-use technology,/ because targeting is used in another context.//

この技術は通常は人口動態で標的を割り出して 商品やサービスを販売するのに使われますが諸刃の技術でもあります 標的を割り出す技術が別の用途に使われるからです

Notice/ that certain individuals are highlighted.//

赤色で表示されている人たちがいますが これは

These are the hubs of social networks.//

社会的なネットワークのハブとなっている人たちです

These are organizers,/ opinion-makers,/ leaders,/ and these people also can be automatically identified from their communication patterns.//

この人たちは 組織のまとめ役やオピニオンメーカーやリーダーです この人たちも通信のパターンを追跡することで 自動的に見つけ出すことが可能です

Now,/ if you're a marketer,/ you might then target them/ with product samples,/ try to spread/ your brand/ through their social group.//

マーケティング担当者なら 社会的グループにブランドを広めるために 製品サンプルを送る標的にするでしょう

But/ if you're a repressive government/ searching for political enemies,/ you might instead remove them,/ eliminate them,/ disrupt their social group,/ and those/ who remain behind lose social cohesion and organization.//

しかし もし抑圧的な政府で 政治上の敵となる相手を探しているなら彼らは排除する標的となるでしょう リーダーを抹殺し社会的グループを混乱させ そして 残されたグループの人たちは社会的つながりや 組織を失ってしまいます

Now/ in a world of cheap,/ proliferating robotic weapons,/ borders would offer very little protection/ to critics of distant governments or trans-national criminal organizations.//

安いロボット兵器が拡散するような世界になったら 遠くにいる政府反対派や 国際的犯罪組織に対し 国境はほとんど防衛線になりません

支持されて 変革を起こすような扇動活動があれば クリティカルマスに到達する前に早期に検出されてしまい 指導者は排除されるようになるでしょう

And ideas/ achieving critical mass is/ what political activism/ in popular government is all about.//

アイデアがクリティカルマスに到達できる環境は 人民政府における政治運動の全てと言ってもいいでしょう

正体不明の殺戮兵器があることであらゆる利害の対立において 殺害という選択が簡単にできてしまうようになるでしょう

And this would put a chill/ on free speech and popular political action,/ the very heart of democracy.//

そして このことは民主主義のまさに中核と言える 言論の自由や支持される政治的行動を縮み上がらせることになります

And this is/ why we need an international treaty/ on robotic weapons,/ and in particular/ a global ban/ on the development and deployment of killer robots.//

これが 私たちに ロボット兵器の国際条約が 必要な理由です特に世界全体での 殺人ロボットの開発と配備を禁止することが必要です

Now/ we already have international treaties/ on nuclear and biological weapons,/ and,/ while imperfect,/ these have largely worked.//

私たちにはすでに核兵器と生物兵器に関する 国際条約があります不完全ではありますが 条約は概ね効力を発揮してきました

But robotic weapons might be every bit/ as dangerous,/ because they will almost certainly be used,/ and they would also be corrosive/ to our democratic institutions.//

しかし ロボット兵器は 全ての点で同じくらい危険なもので ほぼ確実に使われるようになるでしょう そして 民主主義制度を蝕むものになるでしょう

Now/ in November 2012/ the U.S.// Department of Defense issued a directive/ requiring a human/ being be present/ in all lethal decisions.//

2012年11月に米国防総省が すべての殺害に関する意思決定に 人間の介在を義務づける命令を出しました

This temporarily effectively banned autonomous weapons/ in the U.S. military,/ but/ that directive needs to be made permanent.//

これによって ひとまずは米軍の自律的兵器を事実上禁止しました しかし その命令を恒久化する必要があります

And it could set the stage/ for global action.//

これが行われれば世界が同じように行動する基準となりえます

Because we need an international legal framework/ for robotic weapons.//

ロボット兵器の国際的な法的枠組みは 必要なものなのです

And we need it now,/ before there's a devastating attack/ or a terrorist incident/ that causes nations of the world/ to rush to adopt/ these weapons/ before thinking through the consequences.//

しかも 今必要なのです壊滅的な攻撃が起きたり テロ事件が起きたことが引き金となって世界の国々が ロボット兵器が招く帰結を熟慮せずに これらの兵器をこぞって採用するようになる前に必要なのです

Autonomous robotic weapons concentrate too much power/ in too few hands,/ and they would imperil democracy/ itself.//

自律ロボット兵器を使うと 少数の手に 余りに大きな力が集中することになり民主主義そのものを危うくしてしまうでしょう

Now,/ don't get me wrong,/ I think/ there are tons of great uses/ for unarmed civilian drones:/ environmental monitoring,/ search and rescue,/ logistics.//

でも 誤解しないでください民生の非武装無人ドローンには 優れた用途が沢山あると考えています 自然環境の観測や捜索と救難 輸送などです

If we have an international treaty/ on robotic weapons,/ how do we gain the benefits of autonomous drones and vehicles/ while still protecting ourselves/ against illegal robotic weapons?//

もし ロボット兵器の国際条約があるとして どのようにすれば自律無人機や自律走行車の利便を享受しつつ 違法なロボット兵器に対して 身を守ることができるでしょうか?

I think/ the secret will be transparency.//

成功の秘密は透明性にあるはずです

No robot should have an expectation of privacy/ in a public place.//

公共の場所にいる限りロボットに? プライバシーがあるなどと思ってもらっては困ります

(拍手)

Each robot and drone should have/ a cryptographically signed I.D. burned in at the factory/ that can be used to track its movement/ through public spaces.//

ロボットやドローンは1体1体 全てが 工場出荷時に個体番号を暗号技術で署名し 公共の場所での動きを追跡できるようにするべきです

We have license plates/ on cars,/ tail numbers/ on aircraft.//

既に車にはナンバー プレートがあり航空機には機体記号があります

This is no different.//

ロボットも例外ではありません

And every citizen should be able to download an app/ that shows the population of drones/ and autonomous vehicles/ moving through public spaces/ around them,/ both right now and historically.//

公共の空間を移動している― ドローンや自律走行車の所在を示すアプリを 誰でもダウンロードできてしかるべきです 現時点と過去の記録の両方を把握可能にすべきです

And civic leaders should deploy sensors/ and civic drones/ to detect rogue drones,/ and instead of sending killer drones of their own up to shoot them down,/ they should notify humans/ to their presence.//

市民のリーダーは不正なドローンを探索する― 探知機や無人偵察機を展開すべきです そして 不正ドローンを撃墜する攻撃ドローンを送りこむ代わりに 人間に ドローンが居ることを知らせるべきです

And/ in certain very high-security areas,/ perhaps civic drones would snare them/ and drag them off/ to a bomb disposal facility.//

高い安全性が求められる地域なら不正ドローンを 市民のためのドローンが捕獲して 爆弾処理施設へと引っ張って行くこともできるでしょう

But notice,/ this is more an immune system/ than a weapons system.//

これは兵器システムというより免疫システムということに 注意してください

It would allow us/ to avail ourselves of the use of autonomous vehicles and drones/ while still/ preserving our open, civil society.//

こうすれば 自律走行車両やドローンを 人間側が利用しつつ 開かれた市民社会を維持できます

We must ban the deployment and development of killer robots.//

私たちは 殺人ロボットの開発と配備を 禁止する必要があります

Let's not succumb to the temptation/ to automate war.//

戦争を自動化する誘惑に負けないようにしましょう

Autocratic governments/ and criminal organizations undoubtedly will,/ but let's not join them.//

独裁政府や犯罪組織は間違いなくその魅力に屈するでしょうが 私たちは その同類にならないようにしましょう

Autonomous robotic weapons would concentrate too much power/ in too few unseen hands,/ and that would be corrosive/ to representative government.//

自律ロボット兵器は あまりにも強力な力を ごくわずかな人の手に集中させることになります そして 民主主義制度を蝕むものになるでしょう

Let's make sure,/ for democracies at least,/ killer robots remain fiction.//

民主主義のために殺人ロボットは フィクションだけのものにしておきましょう

Thank you.//

ありがとう

(Applause)/ Thank you.// (Applause)//

(拍手) ありがとう(拍手)

fiction

〈C〉〈U〉『作り話』,作り事,虚構

〈U〉(文学様式の)『小説』,創作

thriller

スリルを与えるもの

スリラー映画(小説,劇)

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

probably

『たぶん』,『おそらく』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

autonomous

自治の,自治権のある

combat

『戦い』,戦闘;格闘

〈敵・悪など〉‘と'『戦う』,闘争する

(…のために…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』+『for』+『名』》

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

predator

捕(肉)食動物(ライオン・タカなど)

(強奪・搾取などで)他人を食いものにしている人

reaper

刈り取り機;刈り手,収穫者

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

fully

『十分に』,完全に

まるまる

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

lethal

死をもたらす,致死の;死をもたらす目的の

human being

人,人間

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

autonomy

〈U〉(行動などの)自主性

〈U〉自治,自治権

〈C〉自治体,自治団体

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

automatic

『自動の』,自動装置(機械)の

(行動などが)『無意識の』,機械的な

(銃砲が)自動式の

自動機械

自動式ライフル(ピストル)

sniper

狙撃(そげき)する人

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

currently

現在は;広く,一般に

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

firing

発射,発砲

火をたくこと,(炉などの)火入れ,点火

燃料,薪炭

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

technological

科学技術の(に関する)

requirement

必要なもの;(…の)必要条件,資格《+『for』+『名』(do-『ing』)》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

battlefield

戦場

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

expensive

『費用のかかる』,高価な

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

populace

民衆,大衆;(ある地域の)全住民

distribution

〈U〉(…への)『配分』,『分配』,配布,配達《+『to』+『名』》

〈U〉分布;分布区域

〈C〉配分されたもの,配給品

〈U〉(商品の)流通[組織,機構]

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

feudal

『封建[制度]の』,封建時代

領地の,封土の

《話》(対人関係・行動などが)封建的な

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

gunpowder

火薬

cannon

〈C〉昔の砲台に取りつけた)大砲

〈C〉(戦闘機などの)機関砲

《英》=carom

砲撃する

激しく衝突する,ぶつかってはね返る

《英》=carom

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

castle

『城』,とりで

(一般に)大邸宅,やかた

(また『rook』)(チェスのこまの)城将

(チェスで)〈王〉'を'ルーク(城将)で守る

〈王が〉ルーク(城将)で守られる

obsolete

(言葉・習慣などが)すたれた

時代遅れの,旧式の(our of date)

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

nation-state

民族国家

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

rely

『あてにする』,たよる

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

decisive

『決定的な』,決め手となる

(性格などが)『断固とした』,果断な(resolute)

確かな,疑いのない

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

democratic

『民主主義の』,民主政体の

(人・態度などが)『民主的な』,庶民的な

《『D』‐》《米》民主党の

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

seventy

〈C〉(数の)『70』,70の記号(70,LXXなど)

〈U〉70歳

〈U〉《複数扱い》70人,70固

《the seventies》(世紀の)70年代;《one's seventies》(年齢の)70代

『70の』,70人の,70個の

《補語にのみ用いて》70歳の(で)

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

precursor

(…の)前朕,前触れ《+『of』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

deluge

〈C〉(…の)大洪水,大水《+『of』+『名』》

《しばしばa deluge》供水のように押し寄せるもの《+『of』+『名』》

《the Deluge》(聖書ど)ノア(Noah)の大供水

…'を'水浸しにする,はんらんさせる

《通例受動態で》(…で)〈人〉'を'供水のように圧倒うる《+『名』+『with』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

fleet

『艦隊』

(車・飛行機などの)隊,団《+『of』+『名』》

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

surveillance

(特に容疑者・囚人などの)監視,見張り

監督,指揮

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

outstrip

…‘に'勝る

(競争などで)…‘より'遠くまで(速く)走る

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

drastically

徹底的に,猛烈に

pentagon

五角形,五辺形

《the P-》ペンタゴン(Arlingtonにある米国国防総省の五角形の巨大な建物)

gorgon

〈C〉(ぞっとさせるような)醜い女

《G-》ゴルゴン(ギリシア神話で,それを見た者を石に変えるという蛇の頭髪をした三姉妹の一人)

stare

(…を)(目を大きく開いて)『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する《+『at』(『into』)+『名』》

〈色などが〉目見つ

…‘を'『じっと見つめる』,じろじろ見る,凝視する

〈人〉‘を'にらみつけて(…)させる《+『名』〈人〉+『into』(『to』)+『名』》

『じっと見つめること』,凝視

Argus

アルゴス(雌牛の姿にされた美少女Io[アイオゥ]を見張った100の目を持つギリシア神話の巨人)

〈C〉厳重な見張り人

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

independently

独立して,自主的に

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

vastly

広々と,広範囲に

大いに,非常に

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

item

『項目』;『種目』,品目;箇条

『新聞記事』;(新聞記事の)一節

(項目を数え上げるとき)一つ(…);さらにまた,同様に

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

incentive

刺激,動機,誘因

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

electromagnetic

電磁石の;電磁気の

sever

(全体から)…‘を'切断する《+『名』+『from』+『名』》

(いくつかの部分に)…‘を'分ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

〈関係など〉‘を'断つ

切れる,分かれる,分裂する

operator

(機械・装置を)『運転する人』,操作する人,技手;《米》電話交換手

(会社などの)経営者

《話》ずるがしこい人

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

sentinel

歩哨(ほしょう),番人

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

susceptible

《名詞の前のみ用いて》感じやすい,多感な

《補語にのみ用いて》《be susceptible to+名》

《補語にのみ用いて》《be susceptible of+名》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

guidance

『指導』;『案内』;指揮

(児童・生徒の)指導,ガイダンス

(宇宙船・ミサイルなどの)誘導[装置]

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

external

『外側の』,外部の

(作用・動作などが)『外側からの』,外部からの

表面上の,見せかけの

体外の;体外用の

外国の(foreign)

(…の)外観,外形《+『of』+『名』》

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

plausible

(話などが)もっともらしい;(人が)口先じょうずな

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

continent

自制した,禁欲的な

espionage

スパイ行為,スパイ活動

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

unknown

『知られていない』,不明の,無名の

『未確認の』,未発見の,未知の

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

knock

(音がするくらい強く)…‘を'『たたく』,『打つ』,なぐる

(…に)〈体・体の一部〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'打って(ある状態などに)する

〈穴など〉‘を'打ってあける

《俗》…‘を'けなす,こきおろす

《英俗》…‘を'びっくりさせる,‘に'ショックを与える

(…を)コツコツとたたく《+『on』(『at』)+『名』》

(…に)ぶつかる,衝突する《+『against』(『into』)+『名』》

(故障などで)〈エンジンなどが〉ガタガタいう,ノッキングを起こす

(…を)『打つこと』,(…に対する)一打(撃)《+『on』+『名』》

(…を)ノックすること(音)《+『on』(『at』)+『名』》

(エンジンの)ノック,ノッキング

《話》不運;悪評

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

factory

『工場』,製作所

proliferate

〈グテリアなどが〉増殖する

…‘を'増殖させる

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

sift

〈粉・砂・灰など〉‘を'『ふるいにかける』

…‘を'入念に調べる

ふるい分けをする

(ふるい,すき間を通して)ぱらぱらと降りかかる

(…を)入念に調べる《+『through』+『名』》

wreckage

《集合的に》(船・飛行機などの事故後の)残がい(debris);漂流物

大破,破壊,難破;破滅,崩壊

suicide

〈U〉自殺

〈C〉『自殺的行為,』自滅

〈C〉自殺者;自殺行為

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

tilt

…‘を'傾ける

(馬上槍試合で)〈槍〉‘を'突き出す,〈相手〉‘を'槍で突く

傾く

馬上槍試合をする

(相手を)槍で突く《+at+名》

(文章・言葉で)(…を)攻撃する《+at+名》

傾き,傾斜(slope)

(中世騎士の)馬上槍試合

(一般に)対決,試合

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

firepower

(銃の)発砲力,火力

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

private enterprise

=free enterprise

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

rival

(…の)『競争相手』,『ライバル』,好敵手,匹敵する人(物)《+『for』+『名』》,(…における)競争相手《+『in』+『名』》

競争する,対坑する

(…において)…‘と'『競争する』《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《おもに米》(…において)…‘に'『匹敵する』,‘と'肩を並べる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

warlord

(特に好戦的な)将軍

督軍(とくぐん)(1920年‐30年代の中国の省の軍政長官)

undermine

…‘の'下を掘る,下に穴(トンネル)を掘る

(浸食作用で)…‘の'土台を壊す(削る)

〈健康・名声など〉‘を'知らないうちに(徐々に)害する,弱める

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

cornerstone

(建物の起工年月日を刻んだ)すみ石,定礎石

不可欠のもの;基礎,土台

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

data

『資料』,事実;情報

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

transaction

〈U〉《the ~》(業務などの)『処理』,処置《+of+名》

〈C〉業務,商取り引き

〈C〉《複数形で》(学術協会などの)報告書

datum

dataの単数形

既知の事実

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

real-time

実際にかかる時間の

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

demographic

人口統計学の

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

organizer

組織者;設立者;(組合の)オルグ

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

marketer

市場で生産物を売買する人(会社)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

repressive

抑圧的な,鎮圧する

enemy

『敵』

《the~》《集合的に;《米》では単数扱い,《英》では単数・複数扱い》『敵兵』,敵軍;敵国

(…を)害するもの,(…の)敵《+『to』(『of』)+『名』》

敵の,敵国の

instead

『その代りとして』,それよりも

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

disrupt

…‘を'混乱させる

(一時的に)…‘を'中断させる

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

cohesion

粘着,結合

団結

(分子の)凝集力

cheap

『値段が安い』,料金が安い,安く売る

『安っぽい』,安物の,質の悪い,価値のない

下品な,野卑な

簡単に手に入る

《おもに米》(人が)けちな,けちくさい(stingy)

安く

安っぽく

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

critic

(特に文学・美術・音楽の)『評論家』,『批評家』

あら捜しをする人,酷評する人

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

agitate

(激しく)〈液体など〉'を'『ゆする』,ゆり動かす;…'を'かき混ぜる

〈人・世問・心〉'を'『かき乱す』,動揺させる

(政治・社会問題で)(…に反対(賛成)して)『扇動する』,アジる《+『against』(『for』)+『名』》

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

critical

『評論の』,批評の

批判的な,物を見る眼のある

『酷評的な』,あら捜しの,手きびしい

『危機の』,危急の;(病気が)危篤の

臨界の(温度・圧力などにより物質が急速にその状態を変える境),臨界点における

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

activism

(放射線の)化学線作用

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

chill

『寒気』,冷気・冷たさ

『寒さ』,悪寒

興ざめ,いや気,失意

‥'を'『冷やす』

‥'を'『ぞっとさせる』,‘に'寒けを覚えさせる

〈興味・意気込み〉'を'くじく,そぐ

令える,寒けを覚える

『冷たい』,こんやりする;寒けのする

『冷淡な』,よそよそしい

free speech

言論の自由(freedom of speech)

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

treaty

〈C〉(国家間の)『条約』,協定

〈C〉条約(協定)文書

〈U〉《文》(個人間の)約定

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

deployment

(兵などの)展開,散開

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

imperfect

『完全でない』,欠陥のある

(過去時制で動詞が)未完了の

未完了時制

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

corrosive

(物を)腐食させる,腐食性の

(社会・人の心などを)むしばむ

腐食剤

November

11月(《略》Nov.)

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

directive

指令,命令,訓令

指導的な,指示的な

temporarily

一時的に,仮に

permanent

『永久の』不変の

常設の,常置の

=permanent wave

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

devastate

…‘を'荒廃させる,荒らす

(突然の知らせなどで(〈人など〉‘を'打ちひしぎ,混乱させる

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

imperil

〈火災・事故や無思慮な行為などが〉〈生命・財産など〉‘を'あやうくする,危険にさらす

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

unarmed

武器のない,武装しない;無防備の

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

environmental

環境の;自然環境の

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

logistics

兵站(へいたん)学(調達・補給・宿営などの業務に関する兵学)

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

illegal

『不法の』,違法の

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

expectation

〈U〉《時に複数形で》(…を)『期待』(『予期』,『予想』)『すること』《+『of』+『名』》

《複数形で》(成功・幸運などの)『見込み』;遺産相続の見込み

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

applause

『拍手かっさい』;称賛

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

aircraft

(一般に)航空機

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

historically

歴史的に,歴史上

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

rogue

『悪党』(vagrant),いんちき野郎(scoundrel)

いたずらなひょうきん者,(特に)いたずらっ子

群れを離れた危険な野生動物(特に象)

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

notify

〈人〉‘に'『知らせる』,通報する(inform)

presence

〈U〉(人がそこに)『居ること』,(物が)『あること』

〈U〉(会合などへの)『出席』,列席;同席,立ち合い

〈U〉(特に高貴な人の)面前

〈U〉《形容詞を伴って》(特に堂々とした)風さい,態度,ふるまい(bearing)

〈C〉《単数形》(身近に感じられる)気,霊,幽霊,もののけ

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

snare

(小動物を捕らえる)『わな』《+『for』+『名』》

(人を陥れる)『わな』,落とし穴《+『for』+『名』》

〈小動物〉‘を'わなにかける〈人〉‘を'わなにかける,陥れる

drag

〈重い物〉‘を'『引きずる』(haul)

《副詞[句]を判って》…‘を'引っ張ってゆく

(網などで)(…を捜して)〈川・湖など〉‘の'底をさらう《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'だらだらと引き延ばす《+『out』+『名,』+『out』》

(地面に)『引きずる』《+『along』》

〈物が〉重そうに動く;のろのろ進む

だらだらと長引く《+『on』(『out』)》

〈C〉〈U〉引っ張ること,引きずること

〈C〉物事を遅らせる原因になる人(物);(…の)足手まとい,じゃま物《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉水の底を探る物(探り錨,引き網など)

〈C〉引きずられる物(重いまぐわ,犬ぞりなど)

〈U〉《a~》(航空機の)抗力

《a~》《俗》退屈な人(物,事)

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

disposal

配置,配列

(事件・業務などの)『処置』,処理;処分

(物の)譲渡;売却

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

avail

《通例否定文に用いて》(…に)『役に立つ』,用が足りる《+『with』+『名』》

〈人〉‘に'役立つ,'を'利する

《文》利益,効用

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

succumb

(…に)屈服する,屈する,負ける(yield)《+to+名》

(|で)死ぬ(die)《+to+名》

temptation

〈U〉『誘惑』

〈C〉誘惑するもの

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

undoubtedly

疑いなく,確かに

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

unseen

気づかれない,見られていない

目に見えない

下調べしていない,即席の

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

関連動画