TED日本語 - ベス・ノヴェック: もっとオープンソースの政府を

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

政府はオープンデータ革命から何を学ぶでしょうか? この活発なトークで、ベス・ノヴェック(ホワイトハウスの前の副CTO )は、実践的なオープンさのビジョンを共有します - 官僚と市民をつなぎ、データを共有し、真に参加する民主主義 「書き込み可能な社会」を想像してみてください…。

Script

19世紀初めに建てられた頃 ホワイトハウスはオープンハウスでした ご近所の方も出入りしてました アダムス大統領のとき 地元の歯科医がやってきました 彼は大統領と握手をしたかったのですね 大統領は 会議中だった国務長官を 退席させて そして歯科医に 歯を抜いてくれないかって頼みました 後の1850年代 ピアス大統領のとき こう言ったのが知られていて おそらく彼が知られている唯一のことで 近所の人が通りがかって「きれいなお宅を 拝見したい」と言われて ピアス大統領は 「もちろんどうぞお入りください 私の家ではなくて 人民の家ですからね」と答えました

さて 私がホワイトハウスに着任した2009年はじめ オバマ政権の開始のときですが ホワイトハウスはまったくオープンではなく 防爆カーテンが窓を覆っていました 私たちはWindows2000を使っていました ソーシャルメディアはファイアウォールで止められ ブログもなければ 今のようにはツイッターの アカウントを使えませんでした 私は「オープン政府」のトップになり 透明性 参加 協力についての 価値を高め 植え付け 政府をオープンにするために 人々と働いてきました

私たちが知っているとおり 企業は クルマやコンピュータの ような複雑な製品を作るために 人々を チームやネットワークで働かせることが上手ですね 社会がもっと複雑なものをつくれるなら 社会は少しずつうまくいくでしょう 企業は製品をつくり 政府は 公益をつくります がんの治療法や 子供たちの教育 道路を作ったり… でも良い制度ではありません 社会の複雑さにみあっている 良い制度が無いのです 才能を集め オープンで 共同して働くための制度が無いのです

オープン政府の政策を作るにあたって 私たちは何をしたでしょう?当然 公共部門の職員に どうやって政府をオープンにするか聞いたのです しかし一度も実施されたことがないことがわかりました 私たちは政策議論に一般の人にも手伝っていただきたかった 規則が文書になった後でから コメントをつけるのではなく そこには判例も 文化的な慣例も 技術的な方法もありませんでした 実際たくさんの人から法律に抵触していると言われました

ここに障害の要点があります 政府というのは価値と専門性とを 政府と市民の間でフローさせて 政策決定に至らせるための存在です けれども制度がデザインされたのは 18世紀の中央集権化モデルであり 選挙によって価値がフローされるだけです 4年に一度 2年に一度 せいぜい1年に一度です まるで貧血気味の方法であって ソーシャルメディアの時代には自分で価値を出すべきです 今日私たちは自分を表現させる技術がたくさんあります 多すぎるぐらいです

19世紀に 複雑で巨大な社会を 統治するために官僚制度と 行政組織とが 社会に根づきました しかし 私たちは官僚制度を中央集権化し 確固たるものにしました 最も賢い人は常に 人のために働くと思ってます また この部屋を見るだけでわかるとおり 専門知識と知性は社会全体に広がっていることがわかります 私たちの体制側だけに有るのではなく

科学者たちは フローという現象を 自然あるいは社会の両方でのシステムの デザインにおいて あらゆる流れを 研究してきました 川は水のフローであり 雲から出る稲妻は電気のフローであり 葉は木への栄養のフローとしてデザインされ 時にはその経路に 障害物があったとしても それでも栄養をフローします 同じことは 私たちの社会システム 政府のシステムについて言えます 少なくとも フローはメタファーとして役立ちます 何が問題なのか 何が壊れているのか が分かります そして 緊急にすべきことと 今日全員が感じていることは 私たちの体制のフローを再デザインすることです

現代はビッグデータとソーシャルネットの カンブリア紀と言えます すぐにでも現体制を 再デザインする機会があるのです 考えてみてください 経済セクタや 公共セクタ以外の巨大なところで ビジネスモデルを作り直そうとしない ところは無いでしょう もちろん私たちはイノベーションにかなり投資しています ブロードバンド 科学教育 研究助成に投資してます でも現体制の再発明 再デザインには ほとんどまったく投資していません

もちろん 派閥政治や強固な官僚制に不平を 言うのは簡単ですし 政府に不平を言うのは 楽しいものです 尽きない娯楽ともいえます とくに選挙期間には。 世界は複雑です じきに人口は100億を超え そのうちの多くは生きるための資源を欠いています 今の世の中をいったいどのように変えてくれるのかと 不平を言うことでしょう アラブの春のあと 何がくるのでしょう?

魅力的な選択肢は まさしく ネットワークです そうでしょ? Facebookやツイッターのような。頼りになり よくできています Facebookには3千の従業員で 9億のユーザーを管理しています 市民と呼んでもいいかもしれません なぜなら彼らは最近 法的な攻撃に対して立ち上がったからです これらのネットワークの市民は素晴らしい方法で お互いに支えあっています しかし民間団体 私営 法人 民営化団体は ボトムアップ式の民主主義ではありません 政府の代わりにはなりません Facebookで友達登録することは お互いに協力して困難な仕事をこなしたり 行政の困難な仕事を行うほど複雑ではありません とはいえソーシャルメディアから分かることがあります ツイッターの成功は何故か?プラットホームを開放したからです 多くの新しいアプリが作れるようにAPIを 開放したので 私たちは新鮮で刺激的な方法で 情報を読んだり 扱うことができます どのように政府のAPIを開放するか またそれを やる方法を考えてみる必要があります そうすることで 次の巨大なスーパーパワーは 上手に結びあわせられるでしょう いろいろな制度の階層を…私たちがそういう公共の 価値を維持し フローを調整しなければなりません…しかし 多様性 躍動する生活 ネットワークのカオスと興奮でもって 私たちみんなでこのイノベーションを現体制の上に 組みあげ 行政の活動に 結びつけなければなりません

これには先例があります あのヘンリー2世が 12世紀に陪審制度を発明しました 強力で 実践的で わかりやすいモデルで 政府から市民へ権力を移譲するものです 現在 私たちはネットワークと体制を相互に結ぶ 沢山の新しい方法をつくる機会と 緊急性があります たくさんの新しい種類の陪審員:市民陪審員 Carrotmob ハッカソンのようなものを 私たちは行政プロセスを 協力して作り モデルを作りはじめているところです

現時点では完全にはこれがどのような形になるか わからないのですが 私たちの回りに出現する 進化が見えてきます 進化ではなくて 統治の 革命と 私は呼びはじめてさえいます いくつかはハイテクで いくつかは とってもローテクです MKSS がインドのラジャスタンで行なっている プロジェクトでは 国家の出費データを集めて 10万もの村の壁に描き そして村民を招いて 誰が国の支払を担当しているか 誰が死亡しているとか 橋が架かっていないところはどこかなどなど 市民の参画でお金を節約し 予算への参加や アクセスを持つことについて話合ってもらいました

でもそれは政府を取り締まることだけではありません それは政府を作ることでもあります 英国のSpacehiveはクラウドファンドを立ち上げ 皆さんからの資金を募って ゴールポストや公園のベンチを作り より良いサービスを行うようにしています このような活動に使えるようなサービスを 何も無いようなところから実現してきた プロジェクトがあります Ushahidiです 2008年のケニアでの選挙後の暴動の後に 危機マップサイトとコミュニティを構築しました クラウドソースができ ハイチや もっと最近のイタリアでの地震の後に 瓦礫の下にいる人々へ より良い救命活動を 届けることを目標としています そして赤十字社もボランティアを訓練し ツイッターで本人確認し 既成の政府機構の補完でなく 多くの場合 置き換えます

私たちの知る多くの例は あきらかに 政府データの公開です まだ十分な例では ありませんが 政府のデータを使って刷新的な アプリケーションを作ったり生み出す活動が 見られるようになりました 多くの例がありますが ジョン・ボン・ジョビのものを取り上げます 皆さんの中には 彼がニュージャージーで無料食堂を 営むのをご存知かもしれません ホームレス 特に 退役軍人のホームレスにまかない等のサービスをしています 二月には 彼はホワイトハウスで言いました 「私は ホームレスだけでなく サービスを届ける人にも 助けになるような スケーラブルなアプリケーションを 作る賞に資金を提供したい」 2012年2月から2012年6月に 決勝出場者が発表されます みなさんは 往年の官僚的な世界では 何でも4か月間で終わせるって想像できますか? それでは書類に記入することさえできませんし まして人々の暮らしを改善する 本当で わかりやすいイノベーションを生み出すことなどとてもできません

このオープン政府革命は 政府を民営化することでは ないということを 私は明確にしておきます 多くの場合に私達がしようと思っているのは より進歩的で より正しい 政策をつくることであり 今日のような訴訟社会をもたらすような 規則や立法ではありません テキサス州では 515の職業に規制があります 井戸掘削から花屋までにも ダラスでは 教会の中で銃を持ち込める一方で 許可なしで フラワーアレンジメントはできません 刑務所に入れられてしまいます それで テキサスは何をしているのでしょうか オンラインの政策ウィキを使っています 起業家精神を妨げる厄介な規制を取り除くだけでなく 新しいiPhoneのアプリケーションで 政策の透明性を利用し これらの規制から もっと刷新的なものに置き換えるように 消費者と大衆を守ることと 経済的発展との両方を成し遂げようとしています

これはオープン政府の良い副産物です これまで私たちが話してきた開発にともなう利益だけでは ありません このオープンなイノベーションからの 経済利益と雇用創出なのです Sberbankは ロシアで最大かつ最も古い銀行で 大部分はロシア政府によって所有されていますが クラウドソーシングを始めて 従業員と市民が イノベーションを進めるためにつながっています 去年 オープンな刷新で10億ドル 300億ルーブルを節約しました 彼らはクラウドソーシングの拡大を 銀行業務だけでなく公共部門にむけて ラジカルに推し進めています イノベーターたちがオープン政府データを 利用している例が多いのですが アプリを作るだけでなく 政府と共に働いたり 会社を作ったり 人々を雇ったりもしています

このようなイノベーションの多くは地域的です カリフォルニア州サンラモンでは 心肺蘇生法の資格を証明するiPhoneアプリが できました もし誰かが心臓発作を起こした時は アプリからの通知で その人のところへ 駆けつけて心肺蘇生を行うことができます 居合わせた人による心臓蘇生を受けた患者は 生存率が2倍以上高いのです 「みんなのなかに英雄がいる」がスローガンです

もちろん地域だけに限りません カナダのブリティッシュ・コロンビアでは 市民が 州とともに協力できることの取り組みの すべての方法についてが載っているカタログを出版しています

ここではっきりさせましょう おそらく物議をかもすことでしょう オープン政府というのは 透明な政府という意味ではありません 単に政府のデータを公開しただけでは 政府を変えられません 暮らしを変え 問題を解決するために データを使い様々な仕事をする人を得られません 政府を変えることもできません データ公開だけでは 市民側と政府との間に 情報のコントロールと所有を巡って 敵対関係が作られます データ公開自身は 政治への金銭の流入を 減らしていません データ公開を用いた 参加と協力によって 私たちの働き方を 変えていく次の段階へ進んだとしても おそらく 説明責任も生み出すことがないでしょう

進展には二つの段階があるだろうと 私は考えます オープン政府革命の第一段階は バラバラなところから より良い情報を まとめることです 2005年に どのようにオープン政府が 合衆国で始まったのか説明しましょう 私は特許法のクラスをもっていて 官僚機構では 一人の官僚が どの出願が特許になるかを決定をする権限を 持っており その分野全体で20年間も 権利を独占させてしまうことを 生徒に教えていました 私たちは何をしたでしょう? Webサイトによって 特許局の決定を 支援する より良い情報を科学者や 科学技術者に伝えるため 専門家のネットワーク、ソーシャルネットワークを 作ることができると言いました 私たちは合衆国 英国 日本 オーストラリアで業務を実験的に試み これから 合衆国の特許局は 普遍的で 完全で 全面的に オープンになります すべての特許出願は 市民参加のためにオープンになります 今年開始です

進化の第二段階!イェー!(拍手) これは拍手に値します(拍手)

第一段階は より良い情報を手に入れることです 第二段階は 意志決定力を打ち出すものです 直接参加の予算編成は ブラジルのポルト・アレグレで 長い間行われてきました シカゴの第49区ではこれを始めようとしています ロシアではウィキを使って リトアニアでも同様に 市民が法律を書いています。私たちが政府の 主要機能を見始めることで -- 支出 立法 政策決定という機能を見ることで-- オープン政府革命へ向かって着実に進むのです

そこに到るまでには することがたくさんあります データをオープンにするのはその一つですが 重要なことは もっとたくさんクリエートし キュレートし もっと参加の機会を作ることです ハッカソンやマシャソンや データを使ってアプリを作ることは 陪審員のように人々が参加する わかりやすい方法ですが このようなものがもっとたくさん必要になります それが もっとも若い人たちから始める理由なのです このTEDGlobal 2012で バイオハッキングであったり Arduinoで植物の状態を監視したり またMozillaでは若者が世界中でウェブサイトを構築し 映像を作れるようにしている話を聞きましたね 私たちは 受動的で リードオンリーな社会に いるのではなく 書き込み可能な社会にいることを 若者に教えるべきです。コミュニティを変え 制度を変えることで オープン政府のイノベーションへ オープン政府の活動へ オープン政府の革命へと 向かわせるのです

さて結びとして 私が重要だと思っているのは 革命を語り 求めることです 私たちには 本当はまだ説明できるような言葉がありません 平等 公平 従来型選挙 民主主義と いった言葉に匹敵するような偉大な言葉がないのです まだ大して面白くありません。エキサイティングでも ありません 素晴らしい機会に取り組んでいられるほどには しかし もしイノベーションを見たいのであれば TEDで見聞きするクリーンなエネルギー クリーンな教育 そして社会の発展のような 希望あふれ エキサイティングなイノベーションを見たいのであれば 受け入れられて 拡大されるものを見たいのであれば 明日の政府の姿を 見たいのであれば みんなで関与し 参加しなくてはなりません 私たちの体制をオープンにしなくてはなりません 葉のように栄養を 政治の隅々に 文化の隅々に流し 体制をオープンにし より強力な民主主義 より良い明日を作りましょう ありがとうございます(拍手)

So when the White House was built in the early 19th century, it was an open house. Neighbors came and went. Under President Adams, a local dentist happened by. He wanted to shake the President's hand. The President dismissed the Secretary of State, whom he was conferring with, and asked the dentist if he would remove a tooth. Later, in the 1850s, under President Pierce, he was known to have remarked - probably the only thing he's known for - when a neighbor passed by and said, "I'd love to see the beautiful house," and Pierce said to him, "Why my dear sir, of course you may come in. This isn't my house. It is the people's house."

Well, when I got to the White House in the beginning of 2009, at the start of the Obama Administration, the White House was anything but open. Bomb blast curtains covered my windows. We were running Windows 2000. Social media were blocked at the firewall. We didn't have a blog, let alone a dozen twitter accounts like we have today. I came in to become the head of Open Government, to take the values and the practices of transparency, participation and collaboration, and instill them into the way that we work, to open up government, to work with people.

Now one of the things that we know is that companies are very good at getting people to work together in teams and in networks to make very complex products, like cars and computers, and the more complex the products are a society creates, the more successful the society is over time. Companies make goods, but governments, they make public goods. They work on the cure for cancer and educating our children and making roads, but we don't have institutions that are particularly good at this kind of complexity. We don't have institutions that are good at bringing our talents to bear, at working with us in this kind of open and collaborative way.

So when we wanted to create our Open Government policy, what did we do? We wanted, naturally, to ask public sector employees how we should open up government. Turns out that had never been done before. We wanted to ask members of the public to help us come up with a policy, not after the fact, commenting on a rule after it's written, the way is typically the case, but in advance. There was no legal precedent, no cultural precedent, no technical way of doing this. In fact, many people told us it was illegal.

Here's the crux of the obstacle. Governments exist to channel the flow of two things, really, values and expertise to and from government and to and from citizens to the end of making decisions. But the way that our institutions are designed, in our rather 18th-century, centralized model, is to channel the flow of values through voting, once every four years, once every two years, at best, once a year. This is a rather anemic and thin way, in this era of social media, for us to actually express our values. Today we have technology that lets us express ourselves a great deal, perhaps a little too much.

Then in the 19th century, we layer on the concept of bureaucracy and the administrative state to help us govern complex and large societies. But we've centralized these bureaucracies. We've entrenched them. And we know that the smartest person always works for someone else. We need to only look around this room to know that expertise and intelligence is widely distributed in society, and not limited simply to our institutions.

Scientists have been studying in recent years the phenomenon that they often describe as flow, that the design of our systems, whether natural or social, channel the flow of whatever runs through them. So a river is designed to channel the flow of water, and the lightning bolt that comes out of a cloud channels the flow of electricity, and a leaf is designed to channel the flow of nutrients to the tree, sometimes even having to route around an obstacle, but to get that nutrition flowing. The same can be said for our social systems, for our systems of government, where, at the very least, flow offers us a helpful metaphor for understanding what the problem is, what's really broken, and the urgent need that we have, that we all feel today, to redesign the flow of our institutions.

We live in a Cambrian era of big data, of social networks, and we have this opportunity to redesign these institutions that are actually quite recent. Think about it: What other business do you know, what other sector of the economy, and especially one as big as the public sector, that doesn't seek to reinvent its business model on a regular basis? Sure, we invest plenty in innovation. We invest in broadband and science education and science grants, but we invest far too little in reinventing and redesigning the institutions that we have.

Now, it's very easy to complain, of course, about partisan politics and entrenched bureaucracy, and we love to complain about government. It's a perennial pastime, especially around election time, but the world is complex. We soon will have 10 billion people, many of whom will lack basic resources. So complain as we might, what actually can replace what we have today? What comes the day after the Arab Spring?

Well,one attractive alternative that obviously presents itself to us is that of networks. Right? Networks like Facebook and Twitter. They're lean. They're mean. You've got 3,000 employees at Facebook governing 900 million inhabitants. We might even call them citizens, because they've recently risen up to fight against legislative incursion, and the citizens of these networks work together to serve each other in great ways. But private communities, private, corporate, privatizing communities, are not bottom-up democracies. They can not replace government. Friending someone on Facebook is not complex enough to do the hard work of you and I collaborating with each other and doing the hard work of governance. But social media do teach us something. Why is Twitter so successful? Because it opens up its platform. It opens up the API to allow hundreds of thousands of new applications to be built on top of it, so that we can read and process information in new and exciting ways. We need to think about how to open up the API of government, and the way that we're going to do that, the next great superpower is going to be the one who can successfully combine the hierarchy of institution -- because we have to maintain those public values, we have to coordinate the flow -- but with the diversity and the pulsating life and the chaos and the excitement of networks, all of us working together to build these new innovations on top of our institutions, to engage in the practice of governance.

We have a precedent for this. Good old Henry II here, in the 12th century, invented the jury. Powerful, practical, palpable model for handing power from government to citizens. Today we have the opportunity, and we have the imperative, to create thousands of new ways of interconnecting between networks and institutions, thousands of new kinds of juries: the citizen jury, the Carrotmob, the hackathon, we are just beginning to invent the models by which we can cocreate the process of governance.

Now, we don't fully have a picture of what this will look like yet, but we're seeing pockets of evolution emerging all around us -- maybe not even evolution, I'd even start to call it a revolution -- in the way that we govern. Some of it's very high-tech, and some of it is extremely low-tech, such as the project that MKSS is running in Rajasthan, India, where they take the spending data of the state and paint it on 100,000 village walls, and then invite the villagers to come and comment who is on the government payroll, who's actually died, what are the bridges that have been built to nowhere, and to work together through civic engagement to save real money and participate and have access to that budget.

But it's not just about policing government. It's also about creating government. Spacehive in the U.K. is engaging in crowd-funding, getting you and me to raise the money to build the goalposts and the park benches that will actually allow us to deliver better services in our communities. No one is better at this activity of actually getting us to engage in delivering services, sometimes where none exist, than Ushahidi. Created after the post-election riots in Kenya in 2008, this crisis-mapping website and community is actually able to crowdsource and target the delivery of better rescue services to people trapped under the rubble, whether it's after the earthquakes in Haiti, or more recently in Italy. And the Red Cross too is training volunteers and Twitter is certifying them, not simply to supplement existing government institutions, but in many cases, to replace them.

Now what we're seeing lots of examples of, obviously, is the opening up of government data, not enough examples of this yet, but we're starting to see this practice of people creating and generating innovative applications on top of government data. There's so many examples I could have picked, and I selected this one of Jon Bon Jovi. Some of you may or may not know that he runs a soup kitchen in New Jersey, where he caters to and serves the homeless and particularly homeless veterans. In February, he approached the White House, and said, "I would like to fund a prize to create scalable national applications, apps, that will help not only the homeless but those who deliver services [ to ] them to do so better." February 2012 to June of 2012, the finalists are announced in the competition. Can you imagine, in the bureaucratic world of yesteryear, getting anything done in a four-month period of time? You can barely fill out the forms in that amount of time, let alone generate real, palpable innovations that improve people's lives.

And I want to be clear to mention that this open government revolution is not about privatizing government, because in many cases what it can do when we have the will to do so is to deliver more progressive and better policy than the regulations and the legislative and litigation-oriented strategies by which we make policy today. In the State of Texas, they regulate 515 professions, from well-driller to florist. Now, you can carry a gun into a church in Dallas, but do not make a flower arrangement without a license, because that will land you in jail. So what is Texas doing? They're asking you and me, using online policy wikis, to help not simply get rid of burdensome regulations that impede entrepreneurship, but to replace those regulations with more innovative alternatives, sometimes using transparency in the creation of new iPhone apps that will allows us both to protect consumers and the public and to encourage economic development.

That is a nice sideline of open government. It's not only the benefits that we've talked about with regard to development. It's the economic benefits and the job creation that's coming from this open innovation work. Sberbank, the largest and oldest bank in Russia, largely owned by the Russian government, has started practicing crowdsourcing, engaging its employees and citizens in the public in developing innovations. Last year they saved a billion dollars,30 billion rubles, from open innovation, and they're pushing radically the extension of crowdsourcing, not only from banking, but into the public sector. And we see lots of examples of these innovators using open government data, not simply to make apps, but then to make companies and to hire people to build them working with the government.

So a lot of these innovations are local. In San Ramon, California, they published an iPhone app in which they allow you or me to say we are certified CPR-trained, and then when someone has a heart attack, a notification goes out so that you can rush over to the person over here and deliver CPR. The victim who receives bystander CPR is more than twice as likely to survive. "There is a hero in all of us," is their slogan.

But it's not limited to the local. British Columbia, Canada, is publishing a catalogue of all the ways that its residents and citizens can engage with the state in the cocreation of governance.

Let me be very clear, and perhaps controversial, that open government is not about transparent government. Simply throwing data over the transom doesn't change how government works. It doesn't get anybody to do anything with that data to change lives, to solve problems, and it doesn't change government. What it does is it creates an adversarial relationship between civil society and government over the control and ownership of information. And transparency, by itself, is not reducing the flow of money into politics, and arguably, it's not even producing accountability as well as it might if we took the next step of combining participation and collaboration with transparency to transform how we work.

We're going to see this evolution really in two phases, I think. The first phase of the open government revolution is delivering better information from the crowd into the center. Starting in 2005, and this is how this open government work in the U.S. really got started, I was teaching a patent law class to my students and explaining to them how a single person in the bureaucracy has the power to make a decision about which patent application becomes the next patent, and therefore monopolizes for 20 years the rights over an entire field of inventive activity. Well, what did we do? We said, we can make a website, we can make an expert network, a social network, that would connect the network to the institution to allow scientists and technologists to get better information to the patent office to aid in making those decisions. We piloted the work in the U.S. and the U.K. and Japan and Australia, and now I'm pleased to report that the United States Patent Office will be rolling out universal, complete, and total openness, so that all patent applications will now be open for citizen participation, beginning this year.

The second phase of this evolution - Yeah. (Applause) They deserve a hand. (Applause)

The first phase is in getting better information in. The second phase is in getting decision-making power out. Participatory budgeting has long been practiced in Porto Alegre, Brazil. They're just starting it in the 49th Ward in Chicago. Russia is using wikis to get citizens writing law together, as is Lithuania. When we start to see power over the core functions of government - spending, legislation, decision-making - then we're well on our way to an open government revolution.

There are many things that we can do to get us there. Obviously opening up the data is one, but the important thing is to create lots more -- create and curate -- lots more participatory opportunities. Hackathons and mashathons and working with data to build apps is an intelligible way for people to engage and participate, like the jury is, but we're going to need lots more things like it. And that's why we need to start with our youngest people. We've heard talk here at TED about people biohacking and hacking their plants with Arduino, and Mozilla is doing work around the world in getting young people to build websites and make videos. When we start by teaching young people that we live, not in a passive society, a read-only society, but in a writable society, where we have the power to change our communities, to change our institutions, that's when we begin to really put ourselves on the pathway towards this open government innovation, towards this open government movement, towards this open government revolution.

So let me close by saying that I think the important thing for us to do is to talk about and demand this revolution. We don't have words, really, to describe it yet. Words like equality and fairness and the traditional elections, democracy, these are not really great terms yet. They're not fun enough. They're not exciting enough to get us engaged in this tremendous opportunity that awaits us. But I would argue that if we want to see the kinds of innovations, the hopeful and exciting innovations that we hear talked about here at TED, in clean energy, in clean education, in development, if we want to see those adopted and we want to see those scaled, we want to see them become the governance of tomorrow, then we must all participate, then we must get involved. We must open up our institutions, and like the leaf, we must let the nutrients flow throughout our body politic, throughout our culture, to create open institutions to create a stronger democracy, a better tomorrow. Thank you. (Applause)

So/ when the White House was built in the early 19th century,/ it was an open house.//

19世紀初めに建てられた頃 ホワイトハウスはオープンハウスでした

Neighbors came/ and went.// Under President Adams,/ a local dentist happened/ by.//

ご近所の方も出入りしてました アダムス大統領のとき 地元の歯科医がやってきました

He wanted to shake/ the President's hand.//

彼は大統領と握手をしたかったのですね

The President dismissed the Secretary of State,/ whom he was conferring with,/ and asked the dentist/ if he would remove a tooth.//

大統領は 会議中だった国務長官を 退席させて そして歯科医に 歯を抜いてくれないかって頼みました

Later,/ in the 1850s,/ under President Pierce,/ he was known to have remarked - probably/ the only thing/ he's known for -/ when a neighbor passed by and said,/ "I'd love to see/ the beautiful house,/"/ and Pierce said to him,/ "Why my dear sir,/ of course/ you may come in.//

後の1850年代 ピアス大統領のとき こう言ったのが知られていて おそらく彼が知られている唯一のことで 近所の人が通りがかって「きれいなお宅を 拝見したい」と言われて ピアス大統領は 「もちろんどうぞお入りください

This isn't my house.// It is the people's house."//

私の家ではなくて 人民の家ですからね」と答えました

Well,/ when I got to the White House/ in the beginning of 2009,/ at the start of the Obama Administration,/ the White House was anything but open.//

さて 私がホワイトハウスに着任した2009年はじめ オバマ政権の開始のときですが ホワイトハウスはまったくオープンではなく

防爆カーテンが窓を覆っていました

We were running Windows 2000.//

私たちはWindows2000を使っていました

Social media were blocked at the firewall.//

ソーシャルメディアはファイアウォールで止められ

We didn't have a blog,/ let alone/ a dozen twitter accounts/ like we have today.//

ブログもなければ 今のようにはツイッターの アカウントを使えませんでした

I came in/ to become the head of Open Government,/ to take the values and the practices of transparency, participation and collaboration,/ and instill them/ into the way that/ we work,/ to open up/ government,/ to work with people.//

私は「オープン政府」のトップになり 透明性 参加 協力についての 価値を高め 植え付け 政府をオープンにするために 人々と働いてきました

Now/ one of the things/ that we know/ is/ that companies are very good/ at getting people/ to work together/ in teams/ and/ in networks/ to make very complex products,/ like cars and computers,/ and the more complex/ the products are a society creates,/ the more successful/ the society is over time.//

私たちが知っているとおり 企業は クルマやコンピュータの ような複雑な製品を作るために 人々を チームやネットワークで働かせることが上手ですね 社会がもっと複雑なものをつくれるなら 社会は少しずつうまくいくでしょう

Companies make goods,/ but governments,/ they make public goods.// They work on the cure/ for cancer/ and educating our children/ and making roads,/ but we don't have institutions/ that are particularly good/ at this kind of complexity.// We don't have institutions/ that are good/ at bringing our talents/ to bear,/ at working with us/ in this kind of open and collaborative way.//

企業は製品をつくり 政府は 公益をつくります がんの治療法や 子供たちの教育 道路を作ったり… でも良い制度ではありません 社会の複雑さにみあっている 良い制度が無いのです 才能を集め オープンで 共同して働くための制度が無いのです

So/ when we wanted to create/ our Open Government policy,/ what did we do?// We wanted,/ naturally,/ to ask public sector employees/ how we should open up/ government.//

オープン政府の政策を作るにあたって 私たちは何をしたでしょう?当然 公共部門の職員に どうやって政府をオープンにするか聞いたのです

Turns out/ that had never been done before.//

しかし一度も実施されたことがないことがわかりました

We wanted to ask/ members of the public/ to help us come up/ with a policy,/ not/ after the fact,/ commenting on a rule/ after it's written,/ the way is typically the case,/ but in advance.// There was no legal precedent,/ no cultural precedent,/ no technical way of doing this.//

私たちは政策議論に一般の人にも手伝っていただきたかった 規則が文書になった後でから コメントをつけるのではなく そこには判例も 文化的な慣例も 技術的な方法もありませんでした

In fact,/ many people told us/ it was illegal.//

実際たくさんの人から法律に抵触していると言われました

Here's the crux of the obstacle.//

ここに障害の要点があります

Governments exist to channel/ the flow of two things,/ really,/ values/ and expertise to and from government/ and/ to and from citizens/ to the end of making decisions.//

政府というのは価値と専門性とを 政府と市民の間でフローさせて 政策決定に至らせるための存在です

But the way/ that our institutions are designed,/ in our rather 18th-century,/ centralized model,/ is to channel the flow of values/ through voting,/ once/ every four years,/ once/ every two years,/ at best,/ once/ a year.// This is a rather anemic and thin way,/ in this era of social media,/ for us to actually express our values.//

けれども制度がデザインされたのは 18世紀の中央集権化モデルであり 選挙によって価値がフローされるだけです 4年に一度 2年に一度 せいぜい1年に一度です まるで貧血気味の方法であって ソーシャルメディアの時代には自分で価値を出すべきです

Today/ we have technology/ that lets us express ourselves/ a great deal,/ perhaps/ a little too much.//

今日私たちは自分を表現させる技術がたくさんあります 多すぎるぐらいです

Then/ in the 19th century,/ we layer on the concept of bureaucracy/ and the administrative state/ to help us govern complex and large societies.//

19世紀に 複雑で巨大な社会を 統治するために官僚制度と 行政組織とが 社会に根づきました

But we've centralized these bureaucracies.//

しかし 私たちは官僚制度を中央集権化し

We've entrenched them.// And we know/ that the smartest person always works for someone else.//

確固たるものにしました 最も賢い人は常に 人のために働くと思ってます

We need to only look around this room/ to know that expertise and intelligence is widely distributed in society,/ and not limited simply/ to our institutions.//

また この部屋を見るだけでわかるとおり 専門知識と知性は社会全体に広がっていることがわかります 私たちの体制側だけに有るのではなく

Scientists have been studying in recent years/ the phenomenon/ that they often describe as flow,/ that the design of our systems,/ whether natural or social,/ channel the flow of whatever runs through them.//

科学者たちは フローという現象を 自然あるいは社会の両方でのシステムの デザインにおいて あらゆる流れを 研究してきました

So a river is designed to channel/ the flow of water,/ and the lightning bolt/ that comes out of a cloud channels the flow of electricity,/ and a leaf is designed to channel/ the flow of nutrients/ to the tree,/ sometimes even having to route/ around an obstacle,/ but to get that nutrition flowing.//

川は水のフローであり 雲から出る稲妻は電気のフローであり 葉は木への栄養のフローとしてデザインされ 時にはその経路に 障害物があったとしても それでも栄養をフローします

The same can be said for our social systems,/ for our systems of government,/ where,/ at the very least,/ flow offers us/ a helpful metaphor/ for understanding/ what the problem is,/ what's really broken,/ and the urgent need/ that we have,/ that we/ all feel today,/ to redesign the flow of our institutions.//

同じことは 私たちの社会システム 政府のシステムについて言えます 少なくとも フローはメタファーとして役立ちます 何が問題なのか 何が壊れているのか が分かります そして 緊急にすべきことと 今日全員が感じていることは 私たちの体制のフローを再デザインすることです

We live in a Cambrian era of big data,/ of social networks,/ and we have this opportunity/ to redesign these institutions/ that are actually quite recent.//

現代はビッグデータとソーシャルネットの カンブリア紀と言えます すぐにでも現体制を 再デザインする機会があるのです

Think about it:/ What other business do/ you know,/ what other sector of the economy,/ and especially one/ as big/ as the public sector,/ that doesn't seek to reinvent/ its business model/ on a regular basis?//

考えてみてください 経済セクタや 公共セクタ以外の巨大なところで ビジネスモデルを作り直そうとしない ところは無いでしょう

Sure,/ we invest plenty/ in innovation.// We invest in broadband and science education and science grants,/ but we invest far too little/ in reinventing and redesigning/ the institutions/ that we have.//

もちろん私たちはイノベーションにかなり投資しています ブロードバンド 科学教育 研究助成に投資してます でも現体制の再発明 再デザインには ほとんどまったく投資していません

Now,/ it's very easy/ to complain,/ of course,/ about partisan politics and entrenched bureaucracy,/ and we love to complain/ about government.// It's a perennial pastime,/ especially/ around election time,/ but the world is complex.// We soon will have 10 billion people,/ many of whom will lack basic resources.//

もちろん 派閥政治や強固な官僚制に不平を 言うのは簡単ですし 政府に不平を言うのは 楽しいものです 尽きない娯楽ともいえます とくに選挙期間には。 世界は複雑です じきに人口は100億を超え そのうちの多くは生きるための資源を欠いています

So complain/ as we might,/ what actually can replace/ what we have today?//

今の世の中をいったいどのように変えてくれるのかと 不平を言うことでしょう

What comes the day/ after the Arab Spring?//

アラブの春のあと 何がくるのでしょう?

Well,/one attractive alternative/ that obviously presents itself/ to us is that of networks.// Right?// Networks/ like Facebook and Twitter.// They're lean.// They're mean.//

魅力的な選択肢は まさしく ネットワークです そうでしょ? Facebookやツイッターのような。頼りになり よくできています

You've got 3,000 employees/ at Facebook/ governing 900 million/ inhabitants.//

Facebookには3千の従業員で 9億のユーザーを管理しています

We might even call them/ citizens,/ because they've recently risen up/ to fight against legislative incursion,/ and the citizens of these networks work together/ to serve each other/ in great ways.//

市民と呼んでもいいかもしれません なぜなら彼らは最近 法的な攻撃に対して立ち上がったからです これらのネットワークの市民は素晴らしい方法で お互いに支えあっています

But private communities,/ private, corporate, privatizing communities,/ are not bottom-up democracies.//

しかし民間団体 私営 法人 民営化団体は ボトムアップ式の民主主義ではありません

They can not replace government.//

政府の代わりにはなりません

Friending someone/ on Facebook is not complex enough/ to do the hard work of you and I/ collaborating with each other/ and doing the hard work of governance.//

Facebookで友達登録することは お互いに協力して困難な仕事をこなしたり 行政の困難な仕事を行うほど複雑ではありません

But social media do teach us something.//

とはいえソーシャルメディアから分かることがあります

Why is Twitter so successful?// Because it opens up/ its platform.//

ツイッターの成功は何故か?プラットホームを開放したからです

It opens up/ the API/ to allow hundreds of thousands of new applications/ to be built on top of it,/ so that we can read and process information/ in new and exciting ways.//

多くの新しいアプリが作れるようにAPIを 開放したので 私たちは新鮮で刺激的な方法で 情報を読んだり 扱うことができます

We need to think/ about how to open up/ the API of government,/ and the way that/ we're going to do/ that,/ the next great superpower is going to be the one/ who can successfully combine the hierarchy of institution --/ because we have to maintain/ those public values,/ we have to coordinate/ the flow --/ but with the diversity and the pulsating life and the chaos and the excitement of networks,/ all of us/ working together to build these new innovations/ on top of our institutions,/ to engage in the practice of governance.//

どのように政府のAPIを開放するか またそれを やる方法を考えてみる必要があります そうすることで 次の巨大なスーパーパワーは 上手に結びあわせられるでしょう いろいろな制度の階層を…私たちがそういう公共の 価値を維持し フローを調整しなければなりません…しかし 多様性 躍動する生活 ネットワークのカオスと興奮でもって 私たちみんなでこのイノベーションを現体制の上に 組みあげ 行政の活動に 結びつけなければなりません

We have a precedent/ for this.// Good old Henry II here,/ in the 12th century,/ invented the jury.//

これには先例があります あのヘンリー2世が 12世紀に陪審制度を発明しました

強力で 実践的で わかりやすいモデルで 政府から市民へ権力を移譲するものです

Today/ we have the opportunity,/ and we have the imperative,/ to create thousands of new ways of interconnecting between networks and institutions,/ thousands of new kinds of juries:/ the citizen jury,/ the Carrotmob,/ the hackathon,/ we are just beginning to invent/ the models/ by which we can cocreate the process of governance.//

現在 私たちはネットワークと体制を相互に結ぶ 沢山の新しい方法をつくる機会と 緊急性があります たくさんの新しい種類の陪審員:市民陪審員 Carrotmob ハッカソンのようなものを 私たちは行政プロセスを 協力して作り モデルを作りはじめているところです

Now,/ we don't fully have a picture of what this will look like yet,/ but we're seeing/ pockets of evolution/ emerging all/ around us --/ maybe not even evolution,/ I'd even start to call/ it/ a revolution --/ in the way that/ we govern.//

現時点では完全にはこれがどのような形になるか わからないのですが 私たちの回りに出現する 進化が見えてきます 進化ではなくて 統治の 革命と 私は呼びはじめてさえいます

Some of it's very high-tech,/ and some of it is extremely low-tech,/ such as the project/ that MKSS is running in Rajasthan,/ India,/ where they take the spending data of the state/ and paint it/ on 100,000 village walls,/ and then invite the villagers/ to come and comment/ who is on the government payroll,/ who's actually died,/ what are the bridges/ that have been built to nowhere,/ and to work together/ through civic engagement to save real money/ and participate and have access/ to that budget.//

いくつかはハイテクで いくつかは とってもローテクです MKSS がインドのラジャスタンで行なっている プロジェクトでは 国家の出費データを集めて 10万もの村の壁に描き そして村民を招いて 誰が国の支払を担当しているか 誰が死亡しているとか 橋が架かっていないところはどこかなどなど 市民の参画でお金を節約し 予算への参加や アクセスを持つことについて話合ってもらいました

But it's not just about/ policing government.//

でもそれは政府を取り締まることだけではありません

It's also/ about creating government.//

それは政府を作ることでもあります

Spacehive/ in the U.K. is engaging in crowd-funding,/ getting you and me to raise the money to build the goalposts/ and the park benches/ that will actually allow us/ to deliver better services/ in our communities.//

英国のSpacehiveはクラウドファンドを立ち上げ 皆さんからの資金を募って ゴールポストや公園のベンチを作り より良いサービスを行うようにしています

No one is better/ at this activity of actually/ getting us/ to engage in delivering services,/ sometimes/ where none exist,/ than Ushahidi.//

このような活動に使えるようなサービスを 何も無いようなところから実現してきた プロジェクトがあります Ushahidiです

Created/ after the post-election riots/ in Kenya/ in 2008,/ this crisis-mapping website and community is actually able/ to crowdsource/ and target the delivery of better rescue services/ to people trapped under the rubble,/ whether it's/ after the earthquakes/ in Haiti,/ or more recently/ in Italy.//

2008年のケニアでの選挙後の暴動の後に 危機マップサイトとコミュニティを構築しました クラウドソースができ ハイチや もっと最近のイタリアでの地震の後に 瓦礫の下にいる人々へ より良い救命活動を 届けることを目標としています

And the Red Cross too is training volunteers/ and Twitter is certifying them,/ not simply to supplement existing government institutions,/ but in many cases,/ to replace them.//

そして赤十字社もボランティアを訓練し ツイッターで本人確認し 既成の政府機構の補完でなく 多くの場合 置き換えます

Now/ what we're seeing/ lots of examples of,/ obviously,/ is the opening up of government data, not enough examples of this yet,/ but we're starting to see/ this practice of people/ creating and generating/ innovative applications/ on top of government data.//

私たちの知る多くの例は あきらかに 政府データの公開です まだ十分な例では ありませんが 政府のデータを使って刷新的な アプリケーションを作ったり生み出す活動が 見られるようになりました

There's so many examples/ I could have picked,/ and I selected this one of Jon Bon Jovi.// Some of you may/ or may not know/ that he runs a soup kitchen/ in New Jersey,/ where he caters to/ and serves the homeless and particularly homeless veterans.//

多くの例がありますが ジョン・ボン・ジョビのものを取り上げます 皆さんの中には 彼がニュージャージーで無料食堂を 営むのをご存知かもしれません ホームレス 特に 退役軍人のホームレスにまかない等のサービスをしています

In February,/ he approached the White House,/ and said,/ "I would like to fund/ a prize/ to create scalable national applications,/ apps,/ that will help not only/ the homeless/ but those/ who deliver services [ to ]/ them/ to do so better."//

二月には 彼はホワイトハウスで言いました 「私は ホームレスだけでなく サービスを届ける人にも 助けになるような スケーラブルなアプリケーションを 作る賞に資金を提供したい」

February 2012/ to June of 2012,/ the finalists are announced in the competition.//

2012年2月から2012年6月に 決勝出場者が発表されます

Can/ you imagine,/ in the bureaucratic world of yesteryear,/ getting anything done in a four-month period of time?//

みなさんは 往年の官僚的な世界では 何でも4か月間で終わせるって想像できますか?

You can barely fill out/ the forms/ in that amount of time,/ let alone generate real, palpable innovations/ that improve people's lives.//

それでは書類に記入することさえできませんし まして人々の暮らしを改善する 本当で わかりやすいイノベーションを生み出すことなどとてもできません

And I want to be clear/ to mention/ that this open government revolution is not about privatizing government,/ because in many cases/ what it can do/ when we have the will/ to do so is to deliver more progressive and better policy/ than the regulations/ and the legislative and litigation-oriented strategies/ by which we make policy today.//

このオープン政府革命は 政府を民営化することでは ないということを 私は明確にしておきます 多くの場合に私達がしようと思っているのは より進歩的で より正しい 政策をつくることであり 今日のような訴訟社会をもたらすような 規則や立法ではありません

In the State of Texas,/ they regulate 515 professions,/ from well-driller to florist.//

テキサス州では 515の職業に規制があります 井戸掘削から花屋までにも

Now,/ you can carry a gun/ into a church/ in Dallas,/ but do not make a flower arrangement/ without a license,/ because that will land you/ in jail.//

ダラスでは 教会の中で銃を持ち込める一方で 許可なしで フラワーアレンジメントはできません 刑務所に入れられてしまいます

So/ what is Texas doing?// They're asking/ you and me,/ using online policy wikis,/ to help not simply get rid of burdensome regulations/ that impede entrepreneurship,/ but to replace those regulations/ with more innovative alternatives,/ sometimes/ using transparency/ in the creation of new iPhone apps/ that will allows us both/ to protect consumers/ and the public/ and to encourage economic development.//

それで テキサスは何をしているのでしょうか オンラインの政策ウィキを使っています 起業家精神を妨げる厄介な規制を取り除くだけでなく 新しいiPhoneのアプリケーションで 政策の透明性を利用し これらの規制から もっと刷新的なものに置き換えるように 消費者と大衆を守ることと 経済的発展との両方を成し遂げようとしています

That is a nice sideline of open government.//

これはオープン政府の良い副産物です

It's not only/ the benefits/ that we've talked about/ with regard/ to development.// It's the economic benefits/ and the job creation/ that's coming from this open innovation work.//

これまで私たちが話してきた開発にともなう利益だけでは ありません このオープンなイノベーションからの 経済利益と雇用創出なのです

Sberbank,/ the largest and oldest bank/ in Russia,/ largely owned by the Russian government,/ has started practicing/ crowdsourcing,/ engaging its employees and citizens/ in the public/ in developing innovations.//

Sberbankは ロシアで最大かつ最も古い銀行で 大部分はロシア政府によって所有されていますが クラウドソーシングを始めて 従業員と市民が イノベーションを進めるためにつながっています

Last year/ they saved a billion dollars,/30 billion rubles,/ from open innovation,/ and they're pushing/ radically/ the extension of crowdsourcing,/ not only/ from banking,/ but into the public sector.//

去年 オープンな刷新で10億ドル 300億ルーブルを節約しました 彼らはクラウドソーシングの拡大を 銀行業務だけでなく公共部門にむけて ラジカルに推し進めています

And we see lots of examples of these innovators/ using open government data,/ not simply to make apps,/ but then to make companies/ and to hire people to build them/ working with the government.//

イノベーターたちがオープン政府データを 利用している例が多いのですが アプリを作るだけでなく 政府と共に働いたり 会社を作ったり 人々を雇ったりもしています

So a lot of these innovations are local.//

このようなイノベーションの多くは地域的です

In San Ramon,/ California,/ they published an iPhone app/ in which they allow you or me/ to say we are certified CPR-trained,/ and then/ when someone has a heart attack,/ a notification goes out/ so that you can rush over to the person/ over here/ and deliver CPR.//

カリフォルニア州サンラモンでは 心肺蘇生法の資格を証明するiPhoneアプリが できました もし誰かが心臓発作を起こした時は アプリからの通知で その人のところへ 駆けつけて心肺蘇生を行うことができます

The victim/ who receives bystander CPR is more than twice as likely/ to survive.//

居合わせた人による心臓蘇生を受けた患者は 生存率が2倍以上高いのです

"There is a hero/ in all of us,/"/ is their slogan.//

「みんなのなかに英雄がいる」がスローガンです

But it's not limited to the local.//

もちろん地域だけに限りません

British Columbia,/ Canada,/ is publishing a catalogue of all the ways/ that its residents and citizens can engage with the state/ in the cocreation of governance.//

カナダのブリティッシュ・コロンビアでは 市民が 州とともに協力できることの取り組みの すべての方法についてが載っているカタログを出版しています

Let me/ be very clear,/ and perhaps controversial,/ that open government is not about transparent government.//

ここではっきりさせましょう おそらく物議をかもすことでしょう オープン政府というのは 透明な政府という意味ではありません

Simply/ throwing data/ over the transom doesn't change/ how government works.//

単に政府のデータを公開しただけでは 政府を変えられません

It doesn't get anybody/ to do anything/ with that data/ to change lives,/ to solve problems,/ and it doesn't change government.//

暮らしを変え 問題を解決するために データを使い様々な仕事をする人を得られません 政府を変えることもできません

What it does/ is it creates an adversarial relationship/ between civil society and government/ over the control and ownership of information.//

データ公開だけでは 市民側と政府との間に 情報のコントロールと所有を巡って 敵対関係が作られます

And transparency,/ by itself,/ is not reducing the flow of money/ into politics,/ and arguably,/ it's not even producing/ accountability/ as well as/ it might/ if we took the next step of combining participation and collaboration/ with transparency/ to transform/ how we work.//

データ公開自身は 政治への金銭の流入を 減らしていません データ公開を用いた 参加と協力によって 私たちの働き方を 変えていく次の段階へ進んだとしても おそらく 説明責任も生み出すことがないでしょう

We're going to see/ this evolution really/ in two phases,/ I think.// The first phase of the open government revolution is delivering better information/ from the crowd/ into the center.//

進展には二つの段階があるだろうと 私は考えます オープン政府革命の第一段階は バラバラなところから より良い情報を まとめることです

Starting/ in 2005,/ and this is/ how this open government work/ in the U.S. really got started,/ I was teaching a patent law class/ to my students/ and explaining to them/ how a single person/ in the bureaucracy has the power/ to make a decision/ about which patent application becomes the next patent,/ and therefore monopolizes for 20 years/ the rights/ over an entire field of inventive activity.//

2005年に どのようにオープン政府が 合衆国で始まったのか説明しましょう 私は特許法のクラスをもっていて 官僚機構では 一人の官僚が どの出願が特許になるかを決定をする権限を 持っており その分野全体で20年間も 権利を独占させてしまうことを 生徒に教えていました

Well,/ what did we do?// We said,/ we can make a website,/ we can make an expert network,/ a social network,/ that would connect the network/ to the institution/ to allow scientists and technologists/ to get better information/ to the patent office/ to aid in making those decisions.//

私たちは何をしたでしょう? Webサイトによって 特許局の決定を 支援する より良い情報を科学者や 科学技術者に伝えるため 専門家のネットワーク、ソーシャルネットワークを 作ることができると言いました

We piloted the work/ in the U.S. and the U.K. and Japan and Australia,/ and now/ I'm pleased/ to report/ that the United States Patent Office will be rolling out/ universal, complete,/ and total openness,/ so that all patent applications will now be open/ for citizen participation,/ beginning this year.//

私たちは合衆国 英国 日本 オーストラリアで業務を実験的に試み これから 合衆国の特許局は 普遍的で 完全で 全面的に オープンになります すべての特許出願は 市民参加のためにオープンになります 今年開始です

The second phase of this evolution -/ Yeah.// (Applause)/ They deserve a hand.// (Applause)//

進化の第二段階!イェー!(拍手) これは拍手に値します(拍手)

The first phase is in getting better information in.//

第一段階は より良い情報を手に入れることです

The second phase is in getting decision-making power out.//

第二段階は 意志決定力を打ち出すものです

Participatory budgeting has long been practiced in Porto Alegre,/ Brazil.//

直接参加の予算編成は ブラジルのポルト・アレグレで 長い間行われてきました

They're just starting/ it/ in the 49th Ward/ in Chicago.//

シカゴの第49区ではこれを始めようとしています

Russia is using wikis/ to get citizens/ writing law together,/ as is Lithuania.// When we start to see/ power/ over the core functions of government -/ spending,/ legislation,/ decision-making - then/ we're well/ on our way/ to an open government revolution.//

ロシアではウィキを使って リトアニアでも同様に 市民が法律を書いています。私たちが政府の 主要機能を見始めることで -- 支出 立法 政策決定という機能を見ることで-- オープン政府革命へ向かって着実に進むのです

There are/ many things/ that we can do to get us there.//

そこに到るまでには することがたくさんあります

Obviously opening up/ the data is one,/ but the important thing is to create lots more --/ create and curate --/ lots/ more participatory opportunities.//

データをオープンにするのはその一つですが 重要なことは もっとたくさんクリエートし キュレートし もっと参加の機会を作ることです

Hackathons and mashathons/ and working with data to build apps is an intelligible way/ for people/ to engage and participate,/ like the jury is,/ but we're going to need/ lots/ more things/ like it.//

ハッカソンやマシャソンや データを使ってアプリを作ることは 陪審員のように人々が参加する わかりやすい方法ですが このようなものがもっとたくさん必要になります

And that's/ why we need to start/ with our youngest people.//

それが もっとも若い人たちから始める理由なのです

We've heard talk here/ at TED about people/ biohacking and hacking/ their plants/ with Arduino,/ and Mozilla is doing work/ around the world/ in getting young people/ to build websites/ and make videos.//

このTEDGlobal 2012で バイオハッキングであったり Arduinoで植物の状態を監視したり またMozillaでは若者が世界中でウェブサイトを構築し 映像を作れるようにしている話を聞きましたね

When we start by teaching young people/ that we live,/ not in a passive society,/ a read-only society,/ but in a writable society,/ where we have the power/ to change our communities,/ to change our institutions,/ that's/ when we begin to really put ourselves/ on the pathway/ towards this open government innovation,/ towards this open government movement,/ towards this open government revolution.//

私たちは 受動的で リードオンリーな社会に いるのではなく 書き込み可能な社会にいることを 若者に教えるべきです。コミュニティを変え 制度を変えることで オープン政府のイノベーションへ オープン政府の活動へ オープン政府の革命へと 向かわせるのです

So let me close/ by saying/ that I think the important thing/ for us/ to do is to talk about/ and demand this revolution.//

さて結びとして 私が重要だと思っているのは 革命を語り 求めることです

We don't have words,/ really,/ to describe it yet.//

私たちには 本当はまだ説明できるような言葉がありません

Words like equality and fairness and the traditional elections,/ democracy,/ these are not really/ great terms yet.//

平等 公平 従来型選挙 民主主義と いった言葉に匹敵するような偉大な言葉がないのです

They're not fun enough.// They're not exciting/ enough/ to get us engaged in this tremendous opportunity/ that awaits us.// But I would argue/ that if we want to see/ the kinds of innovations,/ the hopeful and exciting innovations/ that we hear talked about here/ at TED,/ in clean energy,/ in clean education,/ in development,/ if we want to see/ those adopted/ and we want to see/ those scaled,/ we want to see/ them/ become the governance of tomorrow,/ then/ we must all participate,/ then/ we must get involved.//

まだ大して面白くありません。エキサイティングでも ありません 素晴らしい機会に取り組んでいられるほどには しかし もしイノベーションを見たいのであれば TEDで見聞きするクリーンなエネルギー クリーンな教育 そして社会の発展のような 希望あふれ エキサイティングなイノベーションを見たいのであれば 受け入れられて 拡大されるものを見たいのであれば 明日の政府の姿を 見たいのであれば みんなで関与し 参加しなくてはなりません

We must open up/ our institutions,/ and like the leaf,/ we must let/ the nutrients flow throughout our body politic,/ throughout our culture,/ to create open institutions to create a stronger democracy,/ a better tomorrow.//

私たちの体制をオープンにしなくてはなりません 葉のように栄養を 政治の隅々に 文化の隅々に流し 体制をオープンにし より強力な民主主義 より良い明日を作りましょう

Thank you.// (Applause)//

ありがとうございます(拍手)

White House

ホワイトハウス,白亜館(Washington, D.C.にある米国大統領官邸)

ホワイトハウス当局

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

open house

(来たい人は拒まない)公開パーティー

(学校・寮などを一般人に参観させる)公開日

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

dentist

『歯科医』,歯医者

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

dismiss

…‘を'『去らせる』,行かせる

《文》(…から)〈人〉‘を'解任(解雇,免職)する《+『名』〈人〉+『from』+『名』》

(心から)…‘を'追い払う《+『名』+『from』+『名』》

〈訴え・上訴など〉‘を'却下(棄却)する

secretary of state

国務長官;《英》国務大臣

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

confer

(同僚・弁護士などと…について)『相談する』,協議する《+『with』+『名』+『on』(『about, over』)+『名』(do『ing』)》

(…に)〈爵位・勲章・恩恵など〉'を'与える,授ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《廃》比較する(《略》『cf.』)

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

tooth

『歯』

『歯状の物』,(くし・のこぎり・歯車・フォークなど)歯の働きをする物

…に歯を付ける;…‘を'歯状(ぎざぎざ)にする

pierce

〈物が〉…‘を'『突き刺す』,‘に'突き通る;〈人が〉(ナイフなどで)…‘を'突き通す《+『名』+『with』+『名』》

<穴>‘を'突いてあける

…‘を'洞察する

<寒さ・痛み・悲しみなどが><人・人の心・体>‘を'突き通す,刺す

<光・声などが>…‘を'鋭くさし込む

『突き刺さる』,(…に)突き刺さる《+『in(into, to)』+『名』》,(…を)突き抜ける《+『through』+『名』》

remark

〈C〉(…についての)『簡単な発言』(『感想』),所感《+『on』(『about』)+『名』》

〈U〉《文》注目,観察

《『remark』+『that節』》〈…である〉‘と'『言う』,意見(感想)を述べる

…‘に'『気付く』(notice)

(…について)『言う』,感想を述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

curtain

『カーテン』,窓掛け

(劇場の)『幕』,どんちょう

『幕状のもの』;仕切りの壁

…‘に'幕(カーテン)を張る;…'を'幕(カーテン)でおおう

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

participation

(…への)参加,加入《+『in』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

computer

『計算機』;『電子計算機』

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

goods

(不動産以外の)財産,(金・証券以外の)動産

『商品』,品物

《米》反物,織物

《英》(鉄道で運ばれる)貨物

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

educate

…‘を'『教育する』,教え込む

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

talent

〈U〉〈C〉(特に生まれながらの優れた)(…の)『才能』,技量《+for+名(doing)》

〈C〉《おもに米》才能のある人;タレント

〈U〉《集合的に》才能のある人々,人材

〈C〉タレント(古代ギリシア・ローマなどの,重量・貨幣の単位)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

comment

(…についての)『論評』,解説,注釈,意見《+『on』(『upon』)+『名』》

うわさ,世評

(…について)『論評する』,批評する,注釈する,解説する《+『on』(『upon, about』)+『名』》

《『comment』+『that節』》…であると論評する,意見を述べる

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

precedent

〈C〉(…の)先例,前例《+『for』+『名』》

〈U〉先例にならうこと

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

illegal

『不法の』,違法の

crux

最も重要な点

難問,なぞ

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

thin

『薄い』

細い

『やせた』,やつれた

(液体・気体が)『薄い』,希薄な

まばらな,密集していない

内容のない,見え透いた

(音・声が)『か細い』

薄く,細く,まばらに

…‘を'薄くする,細くする,まばらにする

薄くなる,細くなる,まばらになる

era

(あるものの存在・でき事などで特徴づけられた)時代

紀元

(地質の時代を表す)代

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

bureaucracy

〈U〉〈C〉官僚政治,官僚制度

《the ~》《集合的に》官吏,官僚

〈U〉お役所式の繁雑な手続

administrative

『行政上の』;『管理の』,経営の

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

entrench

…‘を'ざんごうに入れる

《しばしば副詞[句]を伴って》(ざんごうに入れたように)…‘を'安泰[なもの]にする

ざんごうを掘る

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

lightning

『いなずま』,雷光

いなずまのような,す早い

bolt

『ボルト』(木・鉄板を締め合わせる締めくぎ)

(戸締まりの)『かんぬき』,差し錠

石弓(crossbow)用の短く太い矢

『いなずま』,電光

《単数形で》(突然の)脱走,逃亡

(布・紙の)一巻き《+『of』+『名』》

《米》脱党

〈戸・窓など〉‘に'かんぬきを掛ける;…'を'かんぬきを掛けて閉じ込める

《米》…‘と'関係を絶つ

〈食べ物〉'を'うのみにする,大急ぎで食べる

急に飛び出す,急に駆け出す

まっすぐに

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

flowing

流れる

流ちょうな

ゆるやにかに垂れた

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

helpful

『助けになる』,役に伝つ

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

urgent

『急を要する』,緊急の

『しつこい』,うるさく頼む

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

Cambrian

(地質時代の)カンブリア紀の

カンブリア紀(古生代の最古期)

datum

dataの単数形

既知の事実

opportunity

『機会』,好機

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

especially

『特に』,特別に;きわだって

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

broadband

(周波数が)広帯域の

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

complain

(人に…について)『不平を言う』,泣きごとを言う,訴える

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

entrenched

(権利・信念などが)確固とした

ざんごうで防備された

perennial

一年じゅう(数年)続く

永久の,永遠の

(植物が)多年生の

多年生植物

pastime

『気晴らし』,暇つぶし,娯楽,遊戯

election

『選挙』

当選

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

attractive

『魅力のある』,興味をそそる

引力のある

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

obviously

明らかに,明白に

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

inhabitant

『住人』,居住者,生息するもの

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

legislative

立法の,立法権のある

incursion

(…への)襲撃,侵入,侵略《+『on』(『upon』,『into』)+『名』》

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

corporate

法人[組織]の

共同の,団体の

《時に名詞の後に用いて》集団になった,統合した

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

collaborate

(…と…について)共同して働く,共同研究する《+『with』+『名』+『in(on)』+『名』(do『ing』)》

(占領軍・敵などに)協力する,内通する《+『with』+『名』》

governance

支配(統治)すること

支配(統治)されている状態

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

exciting

(物事が)『興奮させる』

superpower

超大国(米国, ロシア,中国など)

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

hierarchy

聖職の階級組織

聖職位階制政治

(一般に)階級組織,職階制;階層

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

pulsate

〈心臓が〉脈を打つ(pulse)

震動する,震する

chaos

〈U〉(天地創造以前の)混とん

〈U〉(一般に)『混乱状態』,無秩序;〈C〉混乱したもの

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

Henry

ヘンリー(1世から8世にいたる英国王の名の一つ)

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

jury

《集合的に》『陪審』[『員団』](普通民間人12人から成り,裁判において被告の有罪無罪を評決し裁判所に答申する)

《集合的に》(コンテストなどの)審査員

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

practical

『実際上の』,実地の

『実用的な』,実際の役に立つ

『良識』(『分別』)『のある』,経験豊かな

(人や考えが)『実際的な』,現実的な

《名詞の前にのみ用いて》実際の経験から学んだ

実質上の,事実上の

palpable

触ってみることができる

明白な

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

imperative

『命令的な』,断固とした

(行動などが)‐避けられない』,のっぴきならない

(文法で動詞が)命令法の

(文法で)命令法;〈C〉命令文

fully

『十分に』,完全に

まるまる

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

mks

meter-kilogram-second

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

villager

村人

payroll

給料支払い薄

《単数形ぃ》給料支払い総額

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

civic

市民の,市民としての

都市の,市の

engagement

〈C〉『約束』,契約,取り決め;(会合などの)約束,予約《+『for』+『名』》;(人との)約束《+『with』+『名』》

〈C〉『婚約』;婚約期間

〈C〉雇用;雇用期間

〈C〉会戦,交戦

《複数形で》債務,負債

〈U〉〈C〉(歯車などの)かみ合わせ

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

budget

(…の)『予算』,予算案《+『for』+『名』》《形容詞的に》『budget book』{名}〈C〉予算書『budget plan』{名}〈C〉《米》予算案

(ある期間の,ある事業の)予算を組む《+『for』+『名』》

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

no one

『だれも』…『ない』

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

riot

〈C〉『暴動』,騒動;騒擾(そうじょう)

《a~》(色・音などの)『多彩』,はなやかさ;(感情・想像などの)ほとばしり,奔放《+『of』+『名』》

〈C〉《話》非常に愉快な(おもしろい)人(事,物)

暴動(騒動)に加わる,暴動を起こす

(…に)ふける,おぼれる《+『in』+『名』(do『ing』)》

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

rescue

(危険などから)…‘を'『救う』,救助(救出)する《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

『救助』(『救出』)『すること』;〈C〉(個々の)救助,救出

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

rubble

石くず,荒石

(破壊された建物などの)断片,瓦礫(がれき)

earthquake

『地震』

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

Red Cross

赤十字社

certify

…'を'証明する,保証する,確認する

(…を)保証する《+『to』+『名』》

supplement

『補足』,追加

『増補』,補遺,(雑誌などの)付録

(…で)…‘を'補う《+名+with(by)+名(doing)》;…に増補(補遺,付録)をつける

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

data

『資料』,事実;情報

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

soup kitchen

貧困者・罹災(りさい)者のための無料食堂 炊き出し

New Jersey

ニュージャージー州(米国東部大西男岸の州;州都はTrenton;《略》N.J.,NJ)

cater

(結婚式・パーティーなどで)(…の)食物を調達する,料理をまかなう《+『for』(『to』)+『名』》

(…の)要求を満たす,用命に応じる《+『for』(『to』)+『名』》

〈結婚式・パーティーなど〉‘の'料理をまかなう,仕出しをする

homeless

家のない

veteran

(仕事・活動などの)『老練者』,古つわもの,ベテラン

『古参兵』,老兵

《米》(また《話》vet)退役軍人,在郷軍人兵

使い古したもの,中古品

(仕事に)経験豊かな,老練な

(軍事に)熟達した,経験の多い)

使い古した,中古の

February

『2月』(《略》『Feb.』)

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

finalist

決勝戦出場選手

announce

…'を'『発表する』,公表する

…‘の'来訪(到着,出席)を大声で告げる;〈食事〉‘の'用意ができたことを大声で知らせる

〈物事が〉…'を'示す

(ラジオ・テレビで)〈試合など〉‘の'アナウンスをする

アナウンサーとして勤める(働く)

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

bureaucratic

《軽べつして》官僚の;官僚的な;官僚制の

yesteryear

昨年

過ぎし年

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

lives

lifeの複数形

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

progressive

(行列などが)『前進する』,進んで行く

(事態が)進展する,進行する

『進歩的な』,革新的な

(病気・暴力などが)次第に悪くなる(広がる)

(課税が)累進的な

(文法で)進行[形]の

進歩的な人,革新主義者

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

Texas

テキサス州(米国西南部の州;州都は Austin;{略}Tex.,TX)

regulate

(規則などで)…‘を'『規制する』,『統制する』

〈機械など〉‘を'『調整する』

〈量や率など〉‘を'ある限度内におさえる

profession

〈C〉『専門職』;(一般に)職業

《the~》《集合的に》『同業者たち』

〈C〉〈U〉(…を)公言(明言,宣言)すること《+『of』+『名』》

(…への)信仰の告白《+『of』+『名』》

florist

花屋;草花栽培者

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

gun

『銃』,『砲』

(銃に似た)吹き付け(注入)器具

(合図・儀礼としての)銃砲の発射;礼砲,祝砲,弔砲

…‘を'銃で撃つ

《話》(速度を増すために)〈エンジンなど〉‘の'紋り弁を急に開いてガソリンを送る

銃で撃つ;銃で猟をする

church

〈C〉(特に,キリスト数の)『教会』,教会堂

〈U〉(教会で行う)礼拝

〈U〉《しばしばC-》教派

《the ~》全キリスト教徒

《the ~,the C-》聖職,牧師の職

《集合的に》(同じ建物で礼拝する,または会衆(congregation)を構成する)キリスト教徒たち

(安産感謝などのため)〈産後の婦人〉'を'教会に連れて行く

Dallas

ダラス(米国 Texas州北部の市)

arrangement

〈U〉(…の)『整理』,『配置』,配列《+『of』+『名』》

〈C〉整理(配列)した物

〈C〉整理(配置,配列)の仕方

《複数形で》(…の)手はず,準備《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉協定,取り決め;和解,合意

〈U〉(音楽の)編曲;〈C〉編曲した曲

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

burdensome

重荷となる,わずらわしい;(…にとって)重荷となる《+『to』+『名』》

impede

…‘を'妨げる,妨うそする

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

economic

『経済の』

『経済学の』

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

sideline

〈C〉(テニス・フットボールなどの)側線,サイドライン

《複数形で》《単数扱い》(コーチなどがいる)側線の外側

〈C〉(商店が)専門外に売る商品

〈C〉内職,副業

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

Russian

『ロシアの』,『ロシア人』(語)『の』

(個々の)『ロシア人』,《the Russians》ロシア人[全体];〈U〉ロシア語

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

banking

銀行業務(経営)

innovator

革新者

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

heart attack

心臓発作,心臓まひ

notification

〈U〉〈C〉通知,通告,告示

〈C〉通知書;届け書

rush

トウシンソウ(灯心草);灯心草の茎(マット・かごなどを作る)

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

bystander

傍観者,見物人(looker-on)

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

slogan

『スローガン』,標語

British Columbia

ブリティッシュコロンビア(カナダ西部,太平洋岸の州;州都Victoria)

Canada

『カナダ』(北米大陸の北部,英連邦独立国;首都は Ottawa)

resident

『居住者』,居留民

(病院に住み込み実地の勉強をする)実習医

居住している,在住の;住み込みの

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

transom

(また transom window)《米》(ドアの上にあり,ちょうつがいで開閉できる)明かり取り窓,欄間(《英》fanlight)

無目(ドアと上部の窓・欄間などを水平に仕切る横材)

窓を水平に仕切る木や石の横材

横材で仕切られた窓

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

civil

『市民の』,一般市民の;市民(公民)としての

(軍・教会に対して)民間の,世俗の

国内に起こる;政府と国民との間の

民法の,民事の

『礼儀正しい』,ていねいな

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

ownership

所有者であること,所有;所有権

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

patent

『特許』,特許権,パテント

『専売特許品』,特許となっている製法

専売特許証

(一般に特権などを授ける)公式証書

《名詞の前にのみ用いて》専売特許の

《名詞の前にのみ用いて》《英話》賢い,独特な,まねのできない

明白な

…‘の'特許[権]を取る

…‘に'特許[権]を与える

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

inventive

発明の才のある;発明の

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

technologist

科学技術者,工業技術者

patent office

特許局

aid

…'を'『助ける』,援助する

〈U〉『助力』,援助;(医者などの)手当て

〈C〉(…の)助けとなるもの,援助者;助手(assistant)《+『to』+『名』》

pilot

『水先案内人』舵手(たしゅ)

(飛行機の)『パイロット』,操縦士

案内人,先導者(leader)

=pilot light

試験的な,実験的な,予備的な

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈船〉‘の'『水先案内をする』

〈飛行機〉‘を'操縦する;〈船〉‘の'かじを取る

《方向を表す副詞[句]を伴って》(|に向けて)〈人〉‘を'案内する,導く

pleased

『喜んだ』,うれしい,満足した

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

applause

『拍手かっさい』;称賛

deserve

〈賞罰・評価など〉‘に'『値する』,‘を'受ける価値がある(進行形にできない)

(…を)『受けるに足る』《+『of』+『名』》

Brazil

ブラジル(南米の共和国…儒都はBrasilia)

ward

〈C〉『病棟』,病室

〈C〉(刑務所の)監房

〈U〉(未成年者などの)後見,保護;〈C〉被後見人

〈C〉(行政区画の)『区』

〈U〉警備,見張り

〈危険・病気など〉‘を'避ける,‘から'身を守る《+off+名,+名+off》

Chicago

『シカゴ』(『I』Illinois州にある米国の大都市)

Lithuania

リトアニア(旧ソ連邦内の共和国)

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

legislation

『立法』,法律制定

《集合的に》(制定された)『法律』

curate

(おもに英国国教会の)牧師補,副牧師(rectorまたはvicarの助手または代理);(カトリックの)助任司祭

intelligible

よく理解できる,分かりやすい,明りょうな(clear);(…に)よく理解できる《+『to』+『名』》

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

passive

『受動的な』,消極的な

服従的な,言いなりになる

(文法で)受動態の,受身の

《the~》受動態,受身の構文

動詞の受動形

pathway

道,小道(path)

towards

toward

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

equality

(数量・程度・価値・大きさなどで)『等しいこと』,均等;(特に,権利・責任などにおいて)(…間の…の)『平等』《+『of』+『名』+『between』+『名』》

fairness

《古》美しさ

色白,金髪

公平,公正,正々堂々

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

await

〈人が〉…'を'『待つ』

〈物・事が〉〈人〉'を'待ちうける,待ちかまえる

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

clean energy

無公害エネルギー

adopt

〈考え・習慣など〉'を'『取り入れる』,採用する

(法律によって)(…として)…'を'養子にする,家族(部族)の一員にする《+『名』+『as』+『名』》

(投票など正式な手順で)…'を'採択する,承諾する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

involved

(思想・議論などが)複雑な,(文章・事態などが)込み入った

関係がある;(…と)かかわり合いがある,(性的に)関係している《+『with』+『名』》

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

body politic

統治体,国家

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

関連動画