TED日本語 - ジョナス・エリアソン: 交通渋滞の解消方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ほとんどの大都市で交通渋滞が起こり、特にラッシュアワーには渋滞が避けられないのが現実です。ジョナス・エリアソンは、ごく一部のドライバーが混む道を通らないよう そっと仕向ける事によって、渋滞を解決する方法を紹介してくれます。 (TED Helvetia にて収録)

Script

こんにちは今日は渋滞についてお話します つまり交通渋滞のことです 交通渋滞は至る所で見られます 考えてみると驚くべきことですが ほぼ世界中どこの都市でも見られます 都市がどんなに多様か考えてみてください ヨーロッパの典型的な都市は 街は中心に密集し 公共交通機関も充実しています 道路の交通容量は比較的小さいです 一方 アメリカの都市は違います スライドが進んでしまいましたが― アメリカの都市はつまり 広大な面積に道路が分散され 公共交通機能はほとんどありません さらに 新しい世界都市では あらゆる種類の輸送機関があり 土地の用途もバラバラで広範囲に広がる一方 街の中心部は密集しています 世界中の交通計画に携わる人達は様々な対策を試みました 密集した都市 分散された都市 道路が数多くあるところ公共交通機関が数多くあるところ 自転車専用レーンが数多くあるところ情報が溢れているところなどで 様々な対策を試みましたがどれも上手くいかないようでした

しかしこれらすべての試みはある点で共通しています 渋滞時で運転する代わりに 人々がどうすべきかを解明しようとしていたのです まるで他人がどう生活すべきか 生活設計をする様なものでした

複雑な社会システムを計画することは とても難しいことですここで面白い話をご紹介しましょう ベルリンの壁が崩壊した1989年に遡ります ロンドンの都市計画者にモスクワの同僚から 電話が掛かってきてこう訊かれました 「やあ、ウラジミールだ誰がロンドンの パン供給の担当か知っているかい?」

ロンドンの都市計画者は言いました 「誰がロンドンの担当者ってどういう意味だい? 誰も担当していないよ」 「でも確かに誰かが担当しているはずなんだけど とても複雑なシステムだから誰かが管理しているに違いない」

「いや いや いや誰も管理してないよ つまり、考えもしなかったけど、要は パン供給の運営は自動的に行われてるんだ」

自然にうまく機能しているのです これは自己組織化の能力を持つ 複雑な社会システムの一例であり 非常に興味深い洞察です 本当に複雑な社会問題を解決しようとするとき 一般的に有効なのは インセンティブを作ることです 詳細は計画しないことです そして人々は新しいフレームワークへ適合するために 何をしたらいいかを自然につかむのです

では道路渋滞を解消するために どのようにこの洞察を利用出来るか考えてみましょう

これは私の故郷であるストックホルムの地図です ストックホルムは約200万人在住の中都市です しかしストックホルムは街の至る所に水があるので 橋がたくさんあります狭い橋 古い橋 それらが多くの交通渋滞を起こしています これらの赤点は最も渋滞している部分で 中心街へとつながる橋の部分です そこで誰かがこんなアイデアを思いつきました 優れた公共交通機関と道路に 資金を費やすのとは別に 渋滞箇所を利用するドライバーに1~2ユーロ請求する試みです

1ユーロや2ユーロは駐車料金や維持費と比べれば 大した額ではありません なのでドライバーがこのわずかな金額に 反応を示さないだろうと 皆さん思うでしょう 実際は違いました たった1、2ユーロでラッシュアワーの交通量から 20%の車を減らすことに成功しました さて20%は大きな違いだと考えるかもしれませんが まだ80%残された問題がありますよね まだ80%の交通量があるのですから それもまた誤りです  なぜなら車の流れは 非線形現象だからです つまり交通量がある一定の量を超えると 渋滞は急速に悪化し始めるということです しかし幸運なことにそれは良い方にも働きます 交通量を少しでも減らせれば 渋滞は予想以上により早く解消するのです 2006年1月3日渋滞料金がストックホルムに導入されました ここにある最初の写真は 1月2日のストックホルムの典型的な道路の写真です 次の写真は渋滞料金導入の初日の様子です 交通量を20%減らすと こうなるのです かなり渋滞を減らすことができました

しかし私が言った通りドライバーは適応しますので しばらくするとドライバーは渋滞料金に慣れて 戻って来てしまうと思われるでしょう それも間違えです 渋滞料金が導入されてから6年半 依然として少ない交通量のままです

しかし2007年の時系列を見ていただくと 面白いギャップがあります 実は渋滞料金は 1月に試験的に導入され 7月末に廃止され 住民投票の後 2007年に再び導入されました 研究には素晴らしいチャンスでした つまり そもそも実験してとても面白く しかも実際2度も行うことができたのです 個人的には年に一度やりたいものですが そうはいかないようです いずれにせよ面白かったです

そして研究を続けましたどうなったでしょう? これは渋滞料金の最終日7月31日の写真で 同じ道路ですが夏です ストックホルムの夏はすばらしく 一年で一番明るい時で 渋滞料金を廃止すると初日から このようになってしまいました すべての車が再び戻ってきていて すぐに適応したドライバーは賞賛に値します本当に早く適応しています 初日に彼らは皆戻ってきたのです この影響は続き2007年の数字はこうなりました

これらの交通量のデーターは興味深く 予想外でもありましが知識として役立つことでした でも最もびっくりするスライドは このスライドです これはストックホルムの渋滞料金に対する民衆の支持を表しています 2006年初春渋滞料金が導入されたとき 皆激しく渋滞料金に反対しました 70%もの人が導入に反対でした しかし渋滞料金導入後は 渋滞料金に対する不満が更に増えるという予想に反して むしろ逆に70%もの人々が渋滞料金を 支持するところまでになり 繰り返しますと ストックホルムの70%の住民が 以前はなかった渋滞料金の存続を望んだのです

どうしてこうなったのでしょう?なぜでしょうか? ではこう考えてください 誰が変わったのでしょう? 消えた20%のドライバーは確かに なんらかの不満を抱いていたはずです 彼らはどこへ行ったのか?もしこれが理解できれば 人々が交通制度に満足できる方法を見出せるかもしれません 我々は多くの交通機関に 調査インタビューを行い誰が変わったのか 彼らはどこに行ったか理解しようとしました その結果彼ら自身も理解してないことが分かりました(笑い) 何らかの理由で運転手たちは 以前していたのと同じように車に乗っているという自信を持っていました どうしてそう言えるのか?それは移動パターンは 皆さんが思っている以上決まってないからです 人々は日々違った決断をし考え方も変わります 周りの世界も変わり 毎日これらのすべての思考にほんの少しずつ押され そして気づかないうちにラッシュアワーで運転しないよう 仕向けられているのです ドライバー自身それに気が付いてないのです

もう一つの質問です誰が彼らを変えたのでしょうか? 誰が彼等の考えを変えたのかどうして変えたのか? 私達はまた調査インタビューをしました なぜ考えを変えたのかどんなことで考えを変えたのか? 答えを分析した結果ドライバーの半数以上が 考えは何も変わっていないと思っていることがわかりました 彼らはずっと渋滞料金を支持していたと 自信満々に言いました つまりは 我々は この通行料金の課金によって20%の交通量を減らし 渋滞を大幅に軽減したわけですが 人々は自分が変わったことにも気付かず 素直にずっと渋滞料金を支持していたと信じているのです

これは複雑な社会問題を解決しようとする時 利用できる力ですその秘訣は どのように適応すべきか人々に命令するのではなく ただ彼らを正しい方向へそっと仕向ければ良いのです それが上手くできれば 人々は実際変化を受け入れ 更にその変化を喜んでくれるかもしれません ご静聴ありがとうござました(拍手)

Hi. I'm here to talk about congestion, namely road congestion. Road congestion is a pervasive phenomenon. It exists in basically all of the cities all around the world, which is a little bit surprising when you think about it. I mean, think about how different cities are, actually. I mean, you have the typical European cities, with a dense urban core, good public transportation mostly, not a lot of road capacity. But then, on the other hand, you have the American cities. It's moving by itself, okay. Anyway, the American cities: lots of roads dispersed over large areas, almost no public transportation. And then you have the emerging world cities, with a mixed variety of vehicles, mixed land-use patterns, also rather dispersed but often with a very dense urban core. And traffic planners all around the world have tried lots of different measures: dense cities or dispersed cities, lots of roads or lots of public transport or lots of bike lanes or more information, or lots of different things, but nothing seems to work.

But all of these attempts have one thing in common. They're basically attempts at figuring out what people should do instead of rush hour car driving. They're essentially, to a point, attempts at planning what other people should do, planning their life for them.

Now, planning a complex social system is a very hard thing to do, and let me tell you a story. Back in 1989, when the Berlin Wall fell, an urban planner in London got a phone call from a colleague in Moscow saying, basically, "Hi, this is Vladimir. I'd like to know, who's in charge of London's bread supply?"

And the urban planner in London goes, "What do you mean, who's in charge of London's - I mean, no one is in charge." "Oh, but surely someone must be in charge. I mean, it's a very complicated system. Someone must control all of this."

"No. No. No one is in charge. I mean, it basically -- I haven't really thought of it. It basically organizes itself."

It organizes itself. That's an example of a complex social system which has the ability of self-organizing, and this is a very deep insight. When you try to solve really complex social problems, the right thing to do is most of the time to create the incentives. You don't plan the details, and people will figure out what to do, how to adapt to this new framework.

And let's now look at how we can use this insight to combat road congestion.

This is a map of Stockholm, my hometown. Now, Stockholm is a medium-sized city, roughly two million people, but Stockholm also has lots of water and lots of water means lots of bridges -- narrow bridges, old bridges -- which means lots of road congestion. And these red dots show the most congested parts, which are the bridges that lead into the inner city. And then someone came up with the idea that, apart from good public transport, apart from spending money on roads, let's try to charge drivers one or two euros at these bottlenecks.

Now,one or two euros, that isn't really a lot of money, I mean compared to parking charges and running costs, etc., so you would probably expect that car drivers wouldn't really react to this fairly small charge. You would be wrong. One or two euros was enough to make 20 percent of cars disappear from rush hours. Now,20 percent, well, that's a fairly huge figure, you might think, but you've still got 80 percent left of the problem, right? Because you still have 80 percent of the traffic. Now, that's also wrong, because traffic happens to be a nonlinear phenomenon, meaning that once you reach above a certain capacity threshold then congestion starts to increase really, really rapidly. But fortunately, it also works the other way around. If you can reduce traffic even somewhat, then congestion will go down much faster than you might think. Now, congestion charges were introduced in Stockholm on January 3,2006, and the first picture here is a picture of Stockholm,one of the typical streets, January 2. The first day with the congestion charges looked like this. This is what happens when you take away 20 percent of the cars from the streets. You really reduce congestion quite substantially.

But, well, as I said, I mean, car drivers adapt, right? So after a while they would all come back because they have sort of gotten used to charges. Wrong again. It's now six and a half years ago since the congestion charges were introduced in Stockholm, and we basically have the same low traffic levels still.

But you see, there's an interesting gap here in the time series in 2007. Well, the thing is that, the congestion charges, they were introduced first as a trial, so they were introduced in January and then abolished again at the end of July, followed by a referendum, and then they were reintroduced again in 2007, which of course was a wonderful scientific opportunity. I mean, this was a really fun experiment to start with, and we actually got to do it twice. And personally, I would like to do this every once a year or so, but they won't let me do that. But it was fun anyway.

So, we followed up. What happened? This is the last day with the congestion charges, July 31, and you see the same street but now it's summer, and summer in Stockholm is a very nice and light time of the year, and the first day without the congestion charges looked like this. All the cars were back again, and you even have to admire the car drivers. They adapt so extremely quickly. The first day they all came back. And this effect hanged on. So 2007 figures looked like this.

Now these traffic figures are really exciting and a little bit surprising and very useful to know, but I would say that the most surprising slide here I'm going to show you today is not this one. It's this one. This shows public support for congestion pricing of Stockholm, and you see that when congestion pricing were introduced in the beginning of Spring 2006, people were fiercely against it. Seventy percent of the population didn't want this. But what happened when the congestion charges were there is not what you would expect, that people hated it more and more. No, on the contrary, they changed, up to a point where we now have 70 percent support for keeping the charges, meaning that -- I mean, let me repeat that: 70 percent of the population in Stockholm want to keep a price for something that used to be free.

Okay. So why can that be? Why is that? Well, think about it this way. Who changed? I mean, the 20 percent of the car drivers that disappeared, surely they must be discontent in a way. And where did they go? If we can understand this, then maybe we can figure out how people can be so happy with this. Well, so we did this huge interview survey with lots of travel services, and tried to figure out who changed, and where did they go? And it turned out that they don't know themselves. (Laughter) For some reason, the car drivers are -- they are confident they actually drive the same way that they used to do. And why is that? It's because that travel patterns are much less stable than you might think. Each day, people make new decisions, and people change and the world changes around them, and each day all of these decisions are sort of nudged ever so slightly away from rush hour car driving in a way that people don't even notice. They're not even aware of this themselves.

And the other question, who changed their mind? Who changed their opinion, and why? So we did another interview survey, tried to figure out why people changed their mind, and what type of group changed their minds? And after analyzing the answers, it turned out that more than half of them believe that they haven't changed their minds. They're actually confident that they have liked congestion pricing all along. Which means that we are now in a position where we have reduced traffic across this toll cordon with 20 percent, and reduced congestion by enormous numbers, and people aren't even aware that they have changed, and they honestly believe that they have liked this all along.

This is the power of nudges when trying to solve complex social problems, and when you do that, you shouldn't try to tell people how to adapt. You should just nudge them in the right direction. And if you do it right, people will actually embrace the change, and if you do it right, people will actually even like it. Thank you. (Applause)

Hi.// I'm here/ to talk about congestion,/ namely road congestion.//

こんにちは今日は渋滞についてお話します つまり交通渋滞のことです

交通渋滞は至る所で見られます

It exists in basically all of the cities all/ around the world,/ which is a little bit surprising/ when you think about it.//

考えてみると驚くべきことですが ほぼ世界中どこの都市でも見られます

I mean,/ think about how different cities are,/ actually.//

都市がどんなに多様か考えてみてください

I mean,/ you have the typical European cities,/ with a dense urban core,/ good public transportation mostly, not a lot of road capacity.//

ヨーロッパの典型的な都市は 街は中心に密集し 公共交通機関も充実しています 道路の交通容量は比較的小さいです

But then,/ on the other hand,/ you have the American cities.//

一方 アメリカの都市は違います

It's moving by itself,/ okay.//

スライドが進んでしまいましたが―

アメリカの都市はつまり 広大な面積に道路が分散され 公共交通機能はほとんどありません

And then/ you have the emerging world cities,/ with a mixed variety of vehicles,/ mixed land-use patterns,/ also rather dispersed/ but often/ with a very dense urban core.//

さらに 新しい世界都市では あらゆる種類の輸送機関があり 土地の用途もバラバラで広範囲に広がる一方 街の中心部は密集しています

And traffic planners all/ around the world have tried lots of different measures:/ dense cities or dispersed cities,/ lots of roads or lots of public transport or lots of bike lanes or more information,/ or lots of different things,/ but nothing seems to work.//

世界中の交通計画に携わる人達は様々な対策を試みました 密集した都市 分散された都市 道路が数多くあるところ公共交通機関が数多くあるところ 自転車専用レーンが数多くあるところ情報が溢れているところなどで 様々な対策を試みましたがどれも上手くいかないようでした

But all of these attempts have one thing/ in common.//

しかしこれらすべての試みはある点で共通しています

They're/ basically attempts at figuring out/ what people should do instead of/ rush hour car driving.//

渋滞時で運転する代わりに 人々がどうすべきかを解明しようとしていたのです

They're essentially,/ to a point,/ attempts at planning/ what other people should do,/ planning their life/ for them.//

まるで他人がどう生活すべきか 生活設計をする様なものでした

Now,/ planning a complex social system is a very hard thing/ to do,/ and let me/ tell you/ a story.//

複雑な社会システムを計画することは とても難しいことですここで面白い話をご紹介しましょう

Back/ in 1989,/ when the Berlin Wall fell,/ an urban planner/ in London got a phone call/ from a colleague/ in Moscow/ saying,/ basically,/ "Hi,/ this is Vladimir.// I'd like to know,/ who's in charge of London's bread supply?"//

ベルリンの壁が崩壊した1989年に遡ります ロンドンの都市計画者にモスクワの同僚から 電話が掛かってきてこう訊かれました 「やあ、ウラジミールだ誰がロンドンの パン供給の担当か知っているかい?」

And the urban planner/ in London goes,/ "What do you mean,/ who's in charge of London's -/ I mean,/ no one is in charge."//

ロンドンの都市計画者は言いました 「誰がロンドンの担当者ってどういう意味だい? 誰も担当していないよ」

"Oh,/ but surely/ someone must be in charge.//

「でも確かに誰かが担当しているはずなんだけど

I mean,/ it's a very complicated system.// Someone must control all of this."//

とても複雑なシステムだから誰かが管理しているに違いない」

"No.// No.// No one is in charge.//

「いや いや いや誰も管理してないよ

I mean,/ it basically --/ I haven't really thought of it.//

つまり、考えもしなかったけど、要は

It basically organizes itself."//

パン供給の運営は自動的に行われてるんだ」

It organizes itself.//

自然にうまく機能しているのです

That's an example of a complex social system/ which has the ability of self-organizing,/ and this is a very deep insight.//

これは自己組織化の能力を持つ 複雑な社会システムの一例であり 非常に興味深い洞察です

When you try to solve/ really complex social problems,/ the right thing to do is most of the time/ to create the incentives.//

本当に複雑な社会問題を解決しようとするとき 一般的に有効なのは インセンティブを作ることです

You don't plan the details,/ and people will figure out/ what to do,/ how to adapt to this new framework.//

詳細は計画しないことです そして人々は新しいフレームワークへ適合するために 何をしたらいいかを自然につかむのです

And let's now look at how we can use this insight/ to combat road congestion.//

では道路渋滞を解消するために どのようにこの洞察を利用出来るか考えてみましょう

This is a map of Stockholm,/ my hometown.//

これは私の故郷であるストックホルムの地図です

Now,/ Stockholm is a medium-sized city,/ roughly two million people,/ but Stockholm also has lots of water and lots of water means lots of bridges --/ narrow bridges,/ old bridges --/ which means lots of road congestion.//

ストックホルムは約200万人在住の中都市です しかしストックホルムは街の至る所に水があるので 橋がたくさんあります狭い橋 古い橋 それらが多くの交通渋滞を起こしています

And these red dots show the most congested parts,/ which are the bridges/ that lead into the inner city.//

これらの赤点は最も渋滞している部分で 中心街へとつながる橋の部分です

And then/ someone came up/ with the idea/ that,/ apart/ from good public transport,/ apart/ from spending money/ on roads,/ let's try to charge drivers/ one or two euros/ at these bottlenecks.//

そこで誰かがこんなアイデアを思いつきました 優れた公共交通機関と道路に 資金を費やすのとは別に 渋滞箇所を利用するドライバーに1~2ユーロ請求する試みです

Now,/one or two euros,/ that isn't really/ a lot of money,/ I mean compared to parking charges/ and running costs, etc.//,/ so you would probably expect/ that car drivers wouldn't really react to this fairly small charge.//

1ユーロや2ユーロは駐車料金や維持費と比べれば 大した額ではありません なのでドライバーがこのわずかな金額に 反応を示さないだろうと 皆さん思うでしょう

You would be wrong.//

実際は違いました

One or two euros was enough/ to make 20 percent of cars disappear from rush hours.//

たった1、2ユーロでラッシュアワーの交通量から 20%の車を減らすことに成功しました

Now,/20 percent,/ well,/ that's a fairly huge figure,/ you might think,/ but you've still got/ 80 percent left of the problem,/ right?//

さて20%は大きな違いだと考えるかもしれませんが まだ80%残された問題がありますよね

Because you still have 80 percent of the traffic.//

まだ80%の交通量があるのですから

Now,/ that's also wrong,/ because traffic happens to be a nonlinear phenomenon,/ meaning/ that once you reach above a certain capacity threshold then/ congestion starts to increase really,/ really rapidly.//

それもまた誤りです  なぜなら車の流れは 非線形現象だからです つまり交通量がある一定の量を超えると 渋滞は急速に悪化し始めるということです

But fortunately,/ it also works the other way around.//

しかし幸運なことにそれは良い方にも働きます

If you can reduce traffic even somewhat,/ then congestion will go down much faster/ than you might think.//

交通量を少しでも減らせれば 渋滞は予想以上により早く解消するのです

Now,/ congestion charges were introduced in Stockholm/ on January 3,2006,/ and the first picture here is a picture of Stockholm,/one of the typical streets,/ January/ 2.//

2006年1月3日渋滞料金がストックホルムに導入されました ここにある最初の写真は 1月2日のストックホルムの典型的な道路の写真です

The first day/ with the congestion charges looked like this.//

次の写真は渋滞料金導入の初日の様子です

This is/ what happens/ when you take away/ 20 percent of the cars/ from the streets.//

交通量を20%減らすと こうなるのです

かなり渋滞を減らすことができました

But,/ well,/ as I said,/ I mean,/ car drivers adapt,/ right?//

しかし私が言った通りドライバーは適応しますので

So/ after a while/ they would all come back/ because they have sort of gotten used to charges.//

しばらくするとドライバーは渋滞料金に慣れて 戻って来てしまうと思われるでしょう

Wrong again.// It's now/ six/ and a half years ago/ since the congestion charges were introduced in Stockholm,/ and we basically have the same low traffic levels still.//

それも間違えです 渋滞料金が導入されてから6年半 依然として少ない交通量のままです

But you see,/ there's an interesting gap here/ in the time series/ in 2007.//

しかし2007年の時系列を見ていただくと 面白いギャップがあります

Well,/ the thing is/ that,/ the congestion charges,/ they were introduced first/ as a trial,/ so they were introduced in January/ and then abolished again/ at the end of July,/ followed by a referendum,/ and then/ they were reintroduced again/ in 2007,/ which of course was a wonderful scientific opportunity.//

実は渋滞料金は 1月に試験的に導入され 7月末に廃止され 住民投票の後 2007年に再び導入されました 研究には素晴らしいチャンスでした

I mean,/ this was a really fun experiment/ to start with,/ and we actually got to do/ it twice.//

つまり そもそも実験してとても面白く しかも実際2度も行うことができたのです

And personally,/ I would like to do/ this every once a year or so,/ but they won't let me/ do that.//

個人的には年に一度やりたいものですが そうはいかないようです

But it was fun anyway.//

いずれにせよ面白かったです

So,/ we followed up.// What happened?//

そして研究を続けましたどうなったでしょう?

This is the last day/ with the congestion charges,/ July 31,/ and you see the same street/ but now/ it's summer,/ and summer/ in Stockholm is a very nice and light time of the year,/ and the first day/ without the congestion charges looked like this.//

これは渋滞料金の最終日7月31日の写真で 同じ道路ですが夏です ストックホルムの夏はすばらしく 一年で一番明るい時で 渋滞料金を廃止すると初日から このようになってしまいました

All the cars were back again,/ and you even have to admire/ the car drivers.// They adapt/ so extremely quickly.//

すべての車が再び戻ってきていて すぐに適応したドライバーは賞賛に値します本当に早く適応しています

The first day/ they/ all came back.//

初日に彼らは皆戻ってきたのです

And this effect hanged on.// So 2007 figures looked like this.//

この影響は続き2007年の数字はこうなりました

Now/ these traffic figures are really exciting/ and a little bit surprising/ and very useful/ to know,/ but I would say/ that the most surprising slide here/ I'm going to show/ you/ today is not this one.// It's this one.//

これらの交通量のデーターは興味深く 予想外でもありましが知識として役立つことでした でも最もびっくりするスライドは このスライドです

This shows public support/ for congestion pricing of Stockholm,/ and you see/ that/ when congestion pricing were introduced in the beginning of Spring 2006,/ people were fiercely against it.//

これはストックホルムの渋滞料金に対する民衆の支持を表しています 2006年初春渋滞料金が導入されたとき 皆激しく渋滞料金に反対しました

Seventy percent of the population didn't want this.//

70%もの人が導入に反対でした

But what happened/ when the congestion charges were there is not/ what you would expect,/ that people hated it more and/ more.//

しかし渋滞料金導入後は 渋滞料金に対する不満が更に増えるという予想に反して

No, on the contrary,/ they changed,/ up/ to a point/ where we now have 70 percent support/ for keeping the charges,/ meaning that --/ I mean,/ let me/ repeat/ that:/ 70 percent of the population/ in Stockholm want to keep/ a price/ for something/ that used to be free.//

むしろ逆に70%もの人々が渋滞料金を 支持するところまでになり 繰り返しますと ストックホルムの70%の住民が 以前はなかった渋滞料金の存続を望んだのです

Okay.// So/ why can that be?// Why is that?//

どうしてこうなったのでしょう?なぜでしょうか?

Well,/ think about it/ this way.// Who changed?//

ではこう考えてください 誰が変わったのでしょう?

I mean,/ the 20 percent of the car drivers/ that disappeared,/ surely/ they must be discontent/ in a way.//

消えた20%のドライバーは確かに なんらかの不満を抱いていたはずです

And where did they go?// If we can understand this,/ then maybe/ we can figure out/ how people can be so happy/ with this.//

彼らはどこへ行ったのか?もしこれが理解できれば 人々が交通制度に満足できる方法を見出せるかもしれません

Well,/ so we did this huge interview survey/ with lots of travel services,/ and tried to figure out/ who changed,/ and where did they go?//

我々は多くの交通機関に 調査インタビューを行い誰が変わったのか 彼らはどこに行ったか理解しようとしました

And it turned out/ that they don't know themselves.// (Laughter)/ For some reason,/ the car drivers are --/ they are confident/ they actually drive the same way/ that they used to do.//

その結果彼ら自身も理解してないことが分かりました(笑い) 何らかの理由で運転手たちは 以前していたのと同じように車に乗っているという自信を持っていました

And why is that?// It's/ because that travel patterns are much less stable/ than you might think.//

どうしてそう言えるのか?それは移動パターンは 皆さんが思っている以上決まってないからです

Each day,/ people make new decisions,/ and people change/ and the world changes around them,/ and each day/ all of these decisions are sort of nudged ever so slightly away/ from rush hour car/ driving in a way/ that people don't even notice.//

人々は日々違った決断をし考え方も変わります 周りの世界も変わり 毎日これらのすべての思考にほんの少しずつ押され そして気づかないうちにラッシュアワーで運転しないよう 仕向けられているのです

They're not even aware of this themselves.//

ドライバー自身それに気が付いてないのです

And the other question,/ who changed their mind?//

もう一つの質問です誰が彼らを変えたのでしょうか?

Who changed their opinion,/ and why?//

誰が彼等の考えを変えたのかどうして変えたのか?

So we did another interview survey,/ tried to figure out/ why people changed their mind,/ and what type of group changed their minds?//

私達はまた調査インタビューをしました なぜ考えを変えたのかどんなことで考えを変えたのか?

And after analyzing the answers,/ it turned out/ that more than half of them believe/ that they haven't changed their minds.//

答えを分析した結果ドライバーの半数以上が 考えは何も変わっていないと思っていることがわかりました

They're actually confident/ that they have liked congestion/ pricing all along.//

彼らはずっと渋滞料金を支持していたと 自信満々に言いました

Which means/ that we are now in a position/ where we have reduced traffic/ across this toll cordon/ with 20 percent,/ and reduced congestion/ by enormous numbers,/ and people aren't even aware/ that they have changed,/ and they honestly believe/ that they have liked this all along.//

つまりは 我々は この通行料金の課金によって20%の交通量を減らし 渋滞を大幅に軽減したわけですが 人々は自分が変わったことにも気付かず 素直にずっと渋滞料金を支持していたと信じているのです

This is the power of nudges/ when trying to solve/ complex social problems,/ and when you do that,/ you shouldn't try to tell/ people/ how to adapt.//

これは複雑な社会問題を解決しようとする時 利用できる力ですその秘訣は どのように適応すべきか人々に命令するのではなく

You should just nudge them/ in the right direction.//

ただ彼らを正しい方向へそっと仕向ければ良いのです

And/ if you do it right,/ people will actually embrace the change,/ and/ if you do it right,/ people will actually even like it.//

それが上手くできれば 人々は実際変化を受け入れ 更にその変化を喜んでくれるかもしれません

Thank you.// (Applause)//

ご静聴ありがとうござました(拍手)

congestion

(人・貨物などの)密集,充満;混雑,雑踏・うっ血,充血

namely

『すなわち』,つまり(that is to say)

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

pervasive

広がる,みなぎる;普及する

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

basically

基本的に,根本的に;元来は

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

urban

都市(都会)の

都市に住む

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

capacity

〈U〉《しばしばa capacity》(建物などの)『収容力』,(容器などの)『容量』,『容積』

〈U〉《しばしばa capacity》(人の)『能力』,才能;(物の)性能

〈C〉(…の)『資格』,地位《+『of』(『as』)+『名』》

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

okay

=OK,O.K.

anyway

=anyhow

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

vehicle

〈C〉(車・そりなどの)『乗り物』,車;運搬具

〈C〉(思想・感情・情報などの)伝達手段,媒介物;(…の)表現自段《+for(of)+名(doing)》

〈U〉展色剤(絵の具を延ばす水・油など)

mixed

(異なった成分(要素)のものが)混ざった,混合の,混成の

男女混合の

人種(宗教・国籍など)が違う人々の(から成る)

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

planner

計画者,立案者

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

bike

=bicycle

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

instead

『その代りとして』,それよりも

rush hour

(出勤・退出時の)混雑時間,ラッシュアワー

driving

推進する,伝動の,駆動の

猛烈な,激しい

精力的な,勢いのよい

効果的な,強力な

(自動車)運転の

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

Moscow

モスクワ(ロシアの首都)

ロシア政府

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

bread

『パン』,食パン

(生名の糧(かて)として必要な)食物一般…生計・金・銭

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

no one

『だれも』…『ない』

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

surely

『確かに』,疑いもなく

《否定文で用いて》まさか,よもや;《強意に用いて》きっと,絶対に

着実に,安全に

《おもに米》(返答で)いいとも,もちろん(certainly)

complicate

…'を'複雑にする

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

incentive

刺激,動機,誘因

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

combat

『戦い』,戦闘;格闘

〈敵・悪など〉‘と'『戦う』,闘争する

(…のために…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』+『for』+『名』》

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

Stockholm

ストックホルム(スウェーデンの首都)

hometown

今までいちばん長く住んだ町(市);子供のとき過ごした町(市);生まれた町(市)

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

congested

(場所などが)力み合った,混雑した

うっ血(充血)した

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

inner city

大市内中慎地区

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

bottleneck

びんの首

狭い通路

進行を妨げる物

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

parking

駐車

(臨時の)駐車場;空地

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

probably

『たぶん』,『おそらく』

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

rapidly

『速く』,『すみやかに』

fortunately

『運よく』,幸いにも

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

somewhat

『幾分か』,少し

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

substantially

概して,本質的に

十分に,豊富に

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

abolish

〈制度・習慣・規則など〉'を'廃止する,やめる

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

July

『7月』(《略》『Jul.,Jy.』)

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

referendum

国民(住民)投票

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

opportunity

『機会』,好機

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

personally

『自分自身で』,本人自ら

《文頭に置いて》『自分としては』

『一個の人間として』,個人的に

自分に向けられたものとして,個人に当てつけて

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

admire

…‘に'『感嘆する』,感嘆して見とれる,'を'賞賛する

extremely

『極端に』,非常に過度に

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

exciting

(物事が)『興奮させる』

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

fiercely

凶暴に;猛烈に

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

seventy

〈C〉(数の)『70』,70の記号(70,LXXなど)

〈U〉70歳

〈U〉《複数扱い》70人,70固

《the seventies》(世紀の)70年代;《one's seventies》(年齢の)70代

『70の』,70人の,70個の

《補語にのみ用いて》70歳の(で)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

discontent

『不満』,不平

不満の種

…‘に'不満を抱かせる

=discontented

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

laughter

『笑い』,笑い声

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

nudge

(注意などを引くために,特にひじで)…‘を'軽くつつく

(特にひじで)軽くつつく

(特にひじで)軽くつつくこと

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

toll

〈鐘が〉(にっくり規則的に繰り返して)鳴る

(ゆっくり規則的に繰り返して)〈鐘〉‘を'鳴らす

〈鐘が〉…‘を'知らせる

鐘を鳴らすこと

鐘の音

cordon

非常線,(伝染病発生地の)防疫線,交通しゃ断線

飾りひも,綬章(じゅしょう)

…‘に'非常線を張る《+『off』+『名』+『名』+『off』》

enormous

『巨大な』,ばく大な

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画