TED日本語 - ロレッタ・ナポレオニ: 入り組んだテロの経済

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ロレッタ・ナポレオニは、テロリズムへの生涯の関心を呼び起こすきっかけとなった、イタリアの秘密主義で知られるテロ組織「赤い旅団」と話すという絶好のチャンスを詳述します。 彼女はテロ組織の入り組んだ経済学を調査し、その舞台裏で起こったマネーロンダリングと米国愛国者法の驚くべき関係を明らかにします。

Script

これから テロリズムがいかにして 私たちの日常生活とかかわるかをお話します 15年前 私は友人から電話をもらいました 彼は当時 イタリアの刑務所での 政治犯の権利を擁護していて 彼は私に 赤い旅団にインタビューしないかと言いました 覚えている人もいるでしょう 赤い旅団はマルクス主義のテロ組織で 1960年代から1980年半ばまで イタリアで盛んに活動していました 戦略の一環として 赤い旅団は 誰とも話をしませんでした 弁護士とさえもです 彼らは公判中黙って座り 時折家族や友人に手を振ります

1993年 彼らは武装闘争に終止符を打つと 宣言しました そして 彼らの物語を語りたい相手の リストを提示して そこに私の名前が入っていたのです なぜ赤い旅団が私に話をしたがっているのかと友人に聞くと 組織の女性メンバーが 挙げたと言うのです 特に 一人の女性が名前を挙げたと 彼女は私の子供の頃の友人でした 彼女は赤い旅団に入り 組織のリーダーになったのです

当然ながら 私はそのことを 彼女が逮捕されるまで知りませんでした 実はそれも新聞記事で知ったのです 電話があったとき 私は子供が生まれたばかり 働いていた会社でのMBO(自社株買い占め)を 成功させたところで だから 実家に戻って 警備の厳重な刑務所に行くなんて 全く気が進まないことでした でも私は まさにそうしたのです なぜなら私は 何が親友をテロへと駆り立て しかも なぜ私を誘わなかったのか 知りたかったのです (笑) (拍手)

だから彼女に会いに行きました 答えはすぐに分かりました 私はテロリストの 心理プロファイルに適合しなかったのです 赤い旅団の中央委員会は 私があまりにも一途で 自説を曲げないので テロリストには向かないと判断しました 一方 友人は 優秀なテロリストでした 彼女は命令に従うことに長けていたからです それに暴力行為を受け入れていました 当時のイタリアは 「閉鎖された民主主義」と言われ 同じ政党による支配が 35年続いていました その状況を打破する唯一の手段は 武力闘争だと彼女は信じていたからです

赤い旅団をインタビューしていて 気づいたのは 彼らの人生が 実は 政治やイデオロギーではなく 経済で縛られているということでした 彼らには 現金が絶えず不足しており 常に現金入手を模索していました 一般に考えられているのとは反対に テロは非常にお金のかかるビジネスなのです 具体的に言うと 1970年代の 赤い旅団の 取引額は 年間700万ドルでした 現在だと おおよそ 1億~1億5000万です

地下組織にいて これだけを稼ぐのは大変なことですよね しかし このことは 私が赤い旅団や 後になって 中東のアル ザルカウィ グループの メンバーなど 他の武装組織をインタビューをしたとき 皆がイデオロギーや政治について 話すことを大変嫌ったことの理由になります 彼らにはそれらの思想がなかったからです テロ組織の政治的な展望は 指導部によって決定されますが 通常5~7人で それ以上にはなりません 他のメンバーは みんな 資金作りに明け暮れていました

例えば 一度赤い旅団で アルバイトする人のインタビューしました 彼は精神科医で 航海が大好きでした 本当に熱心な船乗りで 美しいボートを持っていました 彼の人生で最高の時は 赤い旅団のメンバーだった時だと言いました 毎年 夏にはレバノンから船で PLOからソ連の武器を受け取る 場所まで行き それから それらの武器をはるばるサルデーニャへ運びます そこにはヨーロッパ中の武装組織が 自分達の分け前を取りに来るのです このサービスで赤い旅団は収入を得 それが組織の資金になっていました

私は訓練された経済学者なので 経済用語で物事を捉えますが 突然こう思いつきました 「ここに何かあるんじゃないか もしかしたら 組織同士の間に 商用的連携があるのじゃないか」 でも テロが本物のビジネスだと 確信するに至ったのは 赤い旅団の団長マリオ モレッティを インタビューした時でした イタリアの元首相 アルド モーロを誘拐し殺害した人物です 私はイタリアでも警備の厳しい刑務所で 彼と昼食を共にしました 食事をしながら 私はまるでロンドンに戻って 同僚の銀行家や経済学者と一緒に 昼食をとっているような感覚にとらわれました 彼は私と思考回路が似ていました

それで私はテロの経済状態を調査したいと思い至りましたが 当然ながら 誰も私の調査への資金提供をしたがらず 多くの人は私の頭がおかしいと思ったようです あの女 テロリズムの経済を調査するために 資金援助に奔走してる... そこで結局 振り返れば 私の人生を変えた決定をしました 会社を売り渡し 調査の資金を自分で作りました

そこで私が発見したのは 並行した現実 私達の経済システムと並行して存在する もう一つの国際的な経済システムです それは第二次世界大戦の終わりから 武装組織によって作られてきました さらに衝撃的だったのは このシステムが 西側資本主義の発展を 一歩一歩追うように 発展してきたことです そこには3つの段階があります まず最初は 国家によるテロ支援

第2に テロの民営化 第3は もちろん テロの国際化です さて 国家によるテロ支援は 冷戦時代の特徴です 世界の二大スーパーパワーが 代理戦争により 支配領域の辺縁地域で争うために 武装組織を完全に支援しました 合法と非合法の活動のミックスです つまり犯罪とテロは 非常に初期から 結びつきが確立しました

もっとも顕著な例は CIAが作ったニカラグアのコントラで 米国議会が合法的に資金を拠出し また レーガン政権は イラン コントラ事件では 非合法な隠密作戦に資金を提供しました 1970年代後半から80年代初頭にかけては 幾つかのグループが テロの民営化を 成功させました 彼らは スポンサーから独立し 自ら資金開拓を始めました

ここにも合法と非合法の活動のミックスが見られます アラファトはかつて レバノンとシリアの間にあるベッカー高原からの ハシシの密輸で利益を得ていました 北アイルランドにある民営の輸送システムを支配する IRAもまったく同じことをしていました つまり 誰かが ベルファストでタクシーを利用するたびに 知らずにIRAに資金援助を していることになります

もちろん 大きな変化は グローバル化と規制緩和の形でやってきました これを機に武装組織は 財政面でも 相互連携ができるようになりました 何よりも 彼らは犯罪世界で 重要なビジネスを始めました 彼らは共同して 同じ経路で 汚い金をマネーロンダリングするようになりました これが 超国家的武装組織 アルカイダの 誕生です この組織は国境越しに資金を集めることができます そしてまた 一つ以上の国で 攻撃を仕掛けることができます

規制緩和はまた「ならず者の経済学」を 呼び戻しました ならず者の経済学とは何か? それは 歴史の背後で 常に暗躍している勢力です 大きな変革の時に現れてきます グローバル化もそのうちの一つです それは政治が実際に 経済への制御力を 失う時期でもあり 経済は私達に マイナスに作用する 危険な力になります 歴史上 以前にもあったことです ローマ帝国の没落の時がそうでした 産業革命の時もそうだった そしてベルリンの壁崩壊と共に またそれは起こったのです

さて私は 911事件以前に この 犯罪やテロや非合法経済で構成された 国際経済の規模を 計算しました それは1兆5000億ドルと驚異的です 兆です 億でありません イギリスのGDPの二倍です この国の行き末を考えると すぐにそれ以上になるでしょう (笑)

911事件までは この金額のほとんどが 米国経済に流入していました なぜならこれらの資金はドル建てで マネーロンダリングは 米国内で行われました もちろん資金の流入の入り口は オフショアにありましたが つまりこれが 米国経済への カンフル剤だったのです ここで米国の貨幣供給の数字を見てみると それは連邦準備銀行が 毎年印刷するドルの量であり それが ドルの需要の増加を つまり 経済の成長を 支えているわけです

これらの数字を見てみると 1960年代後半から ますます多くのドルが 米国から出て行き 決して戻らないことに気付きました これらのお金はスーツケースや コンテナで もちろん現金で持ち出されました つまり犯罪者やマネーロンダラーが持ち出すわけです その金が テロや非合法の犯罪経済成長の 資金源となっているわけです つまりどういう関係か?

米国は 世界の準備通貨の 国です これは何を意味するかというと 他の国にはない特権があります アメリカは 世界で流通しているドル総額に対して 借りることができるのです この特権は 「通貨発行特権」と呼ばれています 他のどの国にもない特権です イギリスなど他のすべての国は 国内で流通しているお金の総額に 対してのみ借りることができます

つまりここのところに 犯罪やテロや 非合法経済と 私たちの経済の関係が見て取れます 1990年代の米国は テロや違法な犯罪経済の 成長に対して借りていました 私たちがいかにこの世界と近くにいるかがわかります もちろんこの状況は 911事件で 一変しました ジョージ ブッシュがテロとの戦いを始めたからです テロとの戦いの一部は 愛国者法の導入でした さて 多くの人はご存知でしょうが 愛国者法は テロからの保護のために アメリカ人の自由を著しく制限する ものでした

しかし愛国者法の中には 特に経済に 言及した部分があります それは「反資金浄化法」です 愛国者法は 米国の銀行や 米国登録の外国銀行に オフショア施設との取引をすべて禁じたものでした それは ドルの資金浄化と 米国経済の関係を閉ざしました この法律は米国の通貨当局に 世界中で行われるドル取引の 監視する権利も与えました

国際金融機関と銀行の 反応が想像できますね 銀行家は皆 顧客にこう言いました 「ドルを売り払って どこか他に投資しなさい」 さて ユーロはビジネスやもちろん投資に 大きな可能性をもつ新興通貨で 人々は代わりにユーロに投資しました 誰も米国の通貨当局に 彼らの関係を調べられたり 顧客との関係を監視されたくなどありません もちろん 犯罪やテロの 世界でも同じです 彼らは単純にマネーロンダリング活動を 米国からヨーロッパに 移しました

なぜでしょう? 愛国者法は 一方的な法律だからです 米国のみで導入され ドルに対してだけ導入されました ヨーロッパでは 同様の立法は 行われませんでした そこで6ヶ月もたたずに ヨーロッパは 世界の マネーロンダリングの 中心になりました ということで、これが犯罪の世界や テロの世界と 私たちの世界の 驚くべき関係です

なぜこの話をしたのでしょうか? 私は皆さんに あなたの知人や家族との間の個人的な関係を含めて 新聞の見出しを遥かに超えた現実が 存在することを 知ってほしいのです 耳にした話は すべて疑わなければなりません 私の今日の話を含めて (笑) それが あなたが暗黒社会に ちょっと足を踏み入れ 見てみる唯一の方法です そして それは恐ろしいことです 恐ろしいことですが、あなたを賢くもします それに なんといっても退屈じゃありません (笑) (拍手)

I'm going to show you how terrorism actually interacts with our daily life. 15 years ago I received a phone call from a friend. At the time he was looking after the rights of political prisoners in Italian jails. He asked me if I wanted to interview the Red Brigades. Now, as many of you may remember, the Red Brigades was a terrorist, Marxist organization which was very active in Italy from the 1960s until the mid-1980s. As part of their strategy the Red Brigades never spoke with anybody, not even with their lawyers. They sat in silence through their trails, waving occasionally at family and friends.

In 1993 they declared the end of the armed struggle. And they drew a list of people with whom they would talk, and tell their story. And I was one of those people. When I asked my friend why the Red Brigades want to talk to me, he said that the female members of the organization had actually supported my name. In particular,one person had put it forward. She was my childhood friend. She had joined the Red Brigades and became a leader of the organization.

Naturally, I didn't know that until the day she was arrested. In fact, I read it in the newspaper. At the time of the phone call I just had a baby, I successfully completed a management buyout to the company I was working with, and the last thing I wanted to do was to go back home and touring the high-security prisons. But this is exactly what I did because I wanted to know what had turned my best friend into a terrorist, and why she'd never tried to recruit me. (Laughter) (Applause)

So, this is exactly what I did. Now, I found the answer very quickly. I actually had failed the psychological profiling of a terrorist. The center committee of the Red Brigades had judged me too single-minded and too opinionated to become a good terrorist. My friend, on the other hand, she was a good terrorist because she was very good at following orders. She also embraced violence. Because she believed that the only way to unblock what, at the time, was known as a blocked democracy, Italy, a country run by the same party for 35 years was the arms struggle.

At the same time, while I was interviewing the Red Brigades, I also discovered that their life was not ruled by politics or ideology, but actually was ruled by economics. They were constantly short of cash. They were constantly searching for cash. Now, contrary to what many people believe, terrorism is actually a very expensive business. I'll give you an idea. In the 1970s, the turnover of the Red Brigades on a yearly basis was seven million dollars. This is roughly between 100 and 150 million, today.

Now, you know, if you live underground it's really hard to produce this amount of money. But this also explains why, when I was interviewing the Red Brigades, and then, later on, other arms organizations, including members of al-Zarqawi group in the Middle East, everybody was extremely reluctant to talk about ideology, or politics. Because they had no idea. The political vision of a terrorist organization is decided by the leadership, which, generally, is never more than five to seven people. All the others do, day in and day out, is search for money.

Once, for example, I was interviewing this part-timer from the Red Brigades. It was a psychiatrist. He loved sailing. He was a really keen sailor. And he had this beautiful boat. And he told me that the best time of his life was when he was a member of the Red Brigades and he went sailing, every summer, back and forth from Lebanon, where he would pick up Soviet weapons from the PLO, and then carry them all the way to Sardinia where the other arms organization from Europe would go and take their share of the arms. For that service the Red Brigades were actually paid a fee, which went to fund their organization.

So, because I am a trained economist and I think in economic terms, all of the sudden I thought, maybe there is something here. Maybe there is a link, a commercial link, between one organization and another one. But it was only when I interviewed Mario Moretti, the head of the Red Brigades, the man who kidnapped and killed Aldo Moro, Italian former prime minister, that I finally realized that terrorism is actually business. I was having lunch with him in a high-security prison in Italy. And as we were eating, I had the distinct feeling that I was back in the city of London, having lunch with a fellow banker or an economist. This guy thought in the same way I did.

So, I decided that I wanted to investigate the economics of terrorism. Naturally, nobody wanted to fund my research. In fact, I think many people thought that I was a bit crazy. You know, that woman that goes around to foundations asking for money, thinking about the economics of terrorism. So, in the end, I took a decision that, in retrospect, did change my life. I sold my company, and funded the research myself.

And what I discovered is this parallel reality, another international economic system, which runs parallel to our own, which has been created by arms organizations since the end of World War II. And what is even more shocking is that this system has followed, step by step, the evolution of our own system, of our Western capitalism. And there are three main stages. The first one is the state sponsor of terrorism.

The second one is the privatization of terrorism. And the third, of course, is the globalization of terrorism. So, state sponsor of terrorism, feature of the Cold War. This is when the two superpowers were fighting a war by proxy, along the periphery of the sphere of influence, fully funding arms organizations. A mix of legal and illegal activities is used. So, the link between crime and terror is established very early on.

And here is the best example, the Contras in Nicaragua, created by the CIA, legally funded by the U.S. Congress, illegally funded by the Reagan administration via covert operation, for example, the Iran-Contra Affair. Then comes the late 1970s, early '80s, and some groups successfully carry out the privatization of terrorism. So, they gain independence from the sponsor, and start funding themselves.

Now, again we see a mix of legal and illegal activities. So, Arafat used to get a percentage of the smuggling of hashish from Bekaa Valley, which is the valley between Lebanon and Syria. And the IRA, which control the private transportation system in Northern Ireland, did exactly the same thing. So, every single time that somebody got into a taxi in Belfast without knowing, actually, was funding the IRA.

But the great change came, of course, with globalization and deregulation. This is when arms organization were able to link up, also financially, with each other. But above all, they started to do serious business with the world of crime. And together they money-laundered their dirty business through the same channel. This is when we see the birth of the transnational arms organization Al Qaeda. This is an organization that can raise money across border. But also that is able to carry out attacks in more than one country.

Now, deregulation also brought back rogue economics. So what is rogue economics? Rogue economics is a force which is constantly lurking in the background of history. It comes back at times of great transformation, globalization being one of those transformations. It is at this times in which politics actually loses control of the economy, and the economy becomes a rogue force working against us. It has happened before in history. It has happened with the fall of the Roman Empire. It has happened with Industrial Revolution. And it actually happened again, with the fall of the Berlin wall.

Now, I calculated how big was this international economic system composed by crime, terror, and illegal economy, before 9-11. And it is a staggering 1.5 trillion dollars. It is trillions, it's not billions. This is about twice the GDP of the United Kingdom, soon will be more, considering where this country is going. (Laughter)

Now, until 9-11, the bulk of all this money flew into the U.S. economy because the bulk of the money was denominated in U.S. dollars and the money laundering was taking place inside the United States. The entry point, of course, of most of this money were the off-shore facilities. So, this was a vital injection of cash into the U.S. economy. Now, when I went to look at the figures of the U.S. money supply, the U.S. money supply is the amount of dollars that the Federal Reserve prints every year in order to satisfy the increase in the demand for dollars, which, of course, reflects the growth of the economy.

So, when I went to look at those figures, I noted that since the late 1960s a growing number of these dollars was actually leaving the United States, never to come back. These were money taken out in suitcases or in containers, in cash of course. These were money taken out by criminals and money launderers. These were money taken out to fund the growth of the terror, illegal and criminal economy. So, you see, what is the relationship?

The United States actually is a country that is the reserve currency of the world. What does it mean? That means that it has a privilege that other countries do not have. It can borrow against the total amount of dollars in circulation in the world. This privilege is called seigniorage. No other country can do that. All the other countries, for example the United Kingdom, can borrow only against the amount of money in circulation inside its own borders.

So, here is the implication of the relationship between the worlds of crime, terror, and illegal economy, and our economy. The U.S. in the 1990s was borrowing against the growth of the terror, illegal and criminal economy. This is how close we are with this world. Now, this situation changed, of course, after 9-11, because George Bush launched the War on Terror. Part of the War on Terror was the introduction of the Patriot Act. Now, many of you know that the Patriot Act is a legislation that greatly reduces the liberties of Americans in order to protect them against terrorism.

But there is a section of the Patriot Act which refers specifically to finance. And it is, in fact, an anti-money-laundering legislation. What the Patriot Act did was to prohibit U.S. bank, and U.S.-registered foreign banks from doing any businesses with off-shore facilities. It closed that door between the money laundering in dollars, and the U.S. economy. It also gave the U.S. monetary authorities the right to monitor any dollar transaction taking place anywhere in the world.

Now, you can imagine what was the reaction of the international finance and banking. All the bankers said to their clients, "Get out of the dollars and go and invest somewhere else." Now, the Euro was a newly born currency of great opportunity for business, and, of course, for investment. And this is what people did. Nobody wants the U.S. monetary authority to check their relationship, to monitor their relationship with their clientele. The same thing happened, of course, in the world of crime and terror. People simply moved their money-laundering activities away from the United States into Europe.

Why did this happen? This happened because the Patriot Act was a unilateral legislation. It was introduced only in the United States. And it was introduced only for the U.S. dollars. In Europe, a similar legislation was not introduced. So, within six months Europe became the epicenter of the money-laundering activities of the world. So, this is how incredible are the relationship between the world of crime and the world of terror, and our own life.

So, why did I tell you this story? I told you this story because you must understand that there is a world that goes well beyond the headlines of the newspapers, including the personal relationship that you have with friends and family. You got to question everything that is told to you, including what I just told you today. (Laughter) This is the only way for you to step into the dark side, and have a look at it. And believe me, it's going to be scary. It's going to be frightful, but it's going to enlighten you. And, above all, it's not going to be boring. (Laughter) (Applause)

I'm going to show/ you/ how terrorism actually interacts with our daily life.//

これから テロリズムがいかにして 私たちの日常生活とかかわるかをお話します

15 years ago/ I received a phone call/ from a friend.//

15年前 私は友人から電話をもらいました

At the time/ he was looking after the rights of political prisoners/ in Italian jails.//

彼は当時 イタリアの刑務所での 政治犯の権利を擁護していて

He asked me/ if I wanted to interview/ the Red Brigades.//

彼は私に 赤い旅団にインタビューしないかと言いました

Now,/ as many of you may remember,/ the Red Brigades was a terrorist, Marxist organization/ which was very active/ in Italy/ from the 1960s/ until the mid-1980s.//

覚えている人もいるでしょう 赤い旅団はマルクス主義のテロ組織で 1960年代から1980年半ばまで イタリアで盛んに活動していました

As part of their strategy/ the Red Brigades never spoke with anybody,/ not even/ with their lawyers.//

戦略の一環として 赤い旅団は 誰とも話をしませんでした 弁護士とさえもです

They sat in silence/ through their trails,/ waving occasionally/ at family and friends.//

彼らは公判中黙って座り 時折家族や友人に手を振ります

In 1993/ they declared the end of the armed struggle.//

1993年 彼らは武装闘争に終止符を打つと 宣言しました

And they drew a list of people/ with whom they would talk,/ and tell their story.//

そして 彼らの物語を語りたい相手の リストを提示して

And I was one of those people.//

そこに私の名前が入っていたのです

When I asked my friend/ why the Red Brigades want to talk/ to me,/ he said/ that the female members of the organization had actually supported my name.//

なぜ赤い旅団が私に話をしたがっているのかと友人に聞くと 組織の女性メンバーが 挙げたと言うのです

In particular,/one person had put it forward.//

特に 一人の女性が名前を挙げたと

She was my childhood friend.//

彼女は私の子供の頃の友人でした

She had joined the Red Brigades/ and became a leader of the organization.//

彼女は赤い旅団に入り 組織のリーダーになったのです

Naturally,/ I didn't know/ that until the day/ she was arrested.//

当然ながら 私はそのことを 彼女が逮捕されるまで知りませんでした

In fact,/ I read it/ in the newspaper.//

実はそれも新聞記事で知ったのです

At the time of the phone call/ I just had a baby,/ I successfully completed a management buyout/ to the company/ I was working with,/ and the last thing/ I wanted to do/ was to go back home/ and touring the high-security prisons.//

電話があったとき 私は子供が生まれたばかり 働いていた会社でのMBO(自社株買い占め)を 成功させたところで だから 実家に戻って 警備の厳重な刑務所に行くなんて 全く気が進まないことでした

But this is exactly/ what I did/ because I wanted to know/ what had turned my best friend/ into a terrorist,/ and why she'd never tried to recruit/ me.//

でも私は まさにそうしたのです なぜなら私は 何が親友をテロへと駆り立て しかも なぜ私を誘わなかったのか 知りたかったのです

(笑) (拍手)

So,/ this is exactly/ what I did.//

だから彼女に会いに行きました

Now,/ I found the answer very quickly.//

答えはすぐに分かりました

私はテロリストの 心理プロファイルに適合しなかったのです

The center committee of the Red Brigades had judged me too single-minded/ and too opinionated/ to become a good terrorist.//

赤い旅団の中央委員会は 私があまりにも一途で 自説を曲げないので テロリストには向かないと判断しました

My friend,/ on the other hand,/ she was a good terrorist/ because she was very good/ at following orders.//

一方 友人は 優秀なテロリストでした 彼女は命令に従うことに長けていたからです

She also embraced violence.//

それに暴力行為を受け入れていました

Because she believed/ that the only way/ to unblock/ what,/ at the time,/ was known as a blocked democracy,/ Italy,/ a country run by the same party/ for 35 years was the arms struggle.//

当時のイタリアは 「閉鎖された民主主義」と言われ 同じ政党による支配が 35年続いていました その状況を打破する唯一の手段は 武力闘争だと彼女は信じていたからです

At the same time,/ while I was interviewing the Red Brigades,/ I also discovered that/ their life was not ruled by politics or ideology,/ but actually was ruled by economics.//

赤い旅団をインタビューしていて 気づいたのは 彼らの人生が 実は 政治やイデオロギーではなく 経済で縛られているということでした

They were constantly short of cash.//

彼らには 現金が絶えず不足しており

They were constantly searching for cash.//

常に現金入手を模索していました

Now,/ contrary/ to/ what many people believe,/ terrorism is actually a very expensive business.//

一般に考えられているのとは反対に テロは非常にお金のかかるビジネスなのです

I'll give you/ an idea.//

具体的に言うと

In the 1970s,/ the turnover of the Red Brigades/ on a yearly basis was seven million dollars.//

1970年代の 赤い旅団の 取引額は 年間700万ドルでした

This is roughly between 100 and 150 million,/ today.//

現在だと おおよそ 1億~1億5000万です

Now,/ you know,/ if you live underground it's really hard/ to produce this amount of money.//

地下組織にいて これだけを稼ぐのは大変なことですよね

But this also explains/ why,/ when I was interviewing the Red Brigades,/ and then,/ later on,/ other arms organizations,/ including/ members of al-Zarqawi group/ in the Middle East,/ everybody was extremely reluctant/ to talk about ideology,/ or politics.//

しかし このことは 私が赤い旅団や 後になって 中東のアル ザルカウィ グループの メンバーなど 他の武装組織をインタビューをしたとき 皆がイデオロギーや政治について 話すことを大変嫌ったことの理由になります

Because they had no idea.//

彼らにはそれらの思想がなかったからです

The political vision of a terrorist organization is decided by the leadership,/ which,/ generally,/ is never more than five to seven people.//

テロ組織の政治的な展望は 指導部によって決定されますが 通常5~7人で それ以上にはなりません

All the others do,/ day/ in and day out,/ is search/ for money.//

他のメンバーは みんな 資金作りに明け暮れていました

Once,/ for example,/ I was interviewing this part-timer/ from the Red Brigades.//

例えば 一度赤い旅団で アルバイトする人のインタビューしました

It was a psychiatrist.// He loved sailing.//

彼は精神科医で 航海が大好きでした

He was a really keen sailor.// And he had this beautiful boat.//

本当に熱心な船乗りで 美しいボートを持っていました

And he told me/ that the best time of his life was/ when he was a member of the Red Brigades/ and he went sailing,/ every summer,/ back and forth/ from Lebanon,/ where he would pick up/ Soviet weapons/ from the PLO,/ and then carry them/ all the way/ to Sardinia/ where the other arms organization/ from Europe would go and take their share of the arms.//

彼の人生で最高の時は 赤い旅団のメンバーだった時だと言いました 毎年 夏にはレバノンから船で PLOからソ連の武器を受け取る 場所まで行き それから それらの武器をはるばるサルデーニャへ運びます そこにはヨーロッパ中の武装組織が 自分達の分け前を取りに来るのです

For that service/ the Red Brigades were actually paid a fee,/ which went to fund/ their organization.//

このサービスで赤い旅団は収入を得 それが組織の資金になっていました

So,/ because I am a trained economist/ and I think in economic terms,/ all of the sudden/ I thought,/ maybe/ there is something here.//

私は訓練された経済学者なので 経済用語で物事を捉えますが 突然こう思いつきました 「ここに何かあるんじゃないか

Maybe/ there is a link,/ a commercial link,/ between one organization and another one.//

もしかしたら 組織同士の間に 商用的連携があるのじゃないか」

But it was only/ when I interviewed Mario Moretti,/ the head of the Red Brigades,/ the man/ who kidnapped and killed Aldo Moro,/ Italian former prime minister,/ that I finally realized/ that terrorism is actually business.//

でも テロが本物のビジネスだと 確信するに至ったのは 赤い旅団の団長マリオ モレッティを インタビューした時でした イタリアの元首相 アルド モーロを誘拐し殺害した人物です

I was having lunch/ with him/ in a high-security prison/ in Italy.//

私はイタリアでも警備の厳しい刑務所で 彼と昼食を共にしました

And/ as we were eating,/ I had the distinct feeling/ that I was back in the city of London,/ having lunch/ with a fellow banker or an economist.//

食事をしながら 私はまるでロンドンに戻って 同僚の銀行家や経済学者と一緒に 昼食をとっているような感覚にとらわれました

This guy thought in the same way/ I did.//

彼は私と思考回路が似ていました

So,/ I decided/ that I wanted to investigate/ the economics of terrorism.//

それで私はテロの経済状態を調査したいと思い至りましたが

Naturally,/ nobody wanted to fund/ my research.//

当然ながら 誰も私の調査への資金提供をしたがらず

In fact,/ I think/ many people thought/ that I was a bit crazy.//

多くの人は私の頭がおかしいと思ったようです

You know,/ that woman/ that goes around/ to foundations/ asking for money,/ thinking about the economics of terrorism.//

あの女 テロリズムの経済を調査するために 資金援助に奔走してる...

So,/ in the end,/ I took a decision/ that,/ in retrospect,/ did change my life.//

そこで結局 振り返れば 私の人生を変えた決定をしました

会社を売り渡し 調査の資金を自分で作りました

And what I discovered/ is this parallel reality,/ another international economic system,/ which runs parallel/ to our own,/ which has been created by arms organizations/ since the end of World War II.//

そこで私が発見したのは 並行した現実 私達の経済システムと並行して存在する もう一つの国際的な経済システムです それは第二次世界大戦の終わりから 武装組織によって作られてきました

And/ what is even more shocking is/ that this system has followed,/ step/ by step,/ the evolution of our own system,/ of our Western capitalism.//

さらに衝撃的だったのは このシステムが 西側資本主義の発展を 一歩一歩追うように 発展してきたことです

And there are three main stages.//

そこには3つの段階があります

The first one is the state sponsor of terrorism.//

まず最初は 国家によるテロ支援

The second one is the privatization of terrorism.//

第2に テロの民営化

And the third,/ of course,/ is the globalization of terrorism.//

第3は もちろん テロの国際化です

さて 国家によるテロ支援は 冷戦時代の特徴です

This is/ when the two superpowers were fighting a war/ by proxy,/ along the periphery of the sphere of influence,/ fully funding/ arms organizations.//

世界の二大スーパーパワーが 代理戦争により 支配領域の辺縁地域で争うために 武装組織を完全に支援しました

合法と非合法の活動のミックスです

So,/ the link/ between crime and terror is established very early on.//

つまり犯罪とテロは 非常に初期から 結びつきが確立しました

And here is the best example,/ the Contras/ in Nicaragua,/ created by the CIA,/ legally funded by the U.S.// Congress,/ illegally funded by the Reagan administration/ via covert operation,/ for example,/ the Iran-Contra Affair.//

もっとも顕著な例は CIAが作ったニカラグアのコントラで 米国議会が合法的に資金を拠出し また レーガン政権は イラン コントラ事件では 非合法な隠密作戦に資金を提供しました

Then comes the late 1970s,/ early '80s,/ and some groups successfully carry out/ the privatization of terrorism.//

1970年代後半から80年代初頭にかけては 幾つかのグループが テロの民営化を 成功させました

So,/ they gain independence/ from the sponsor,/ and start funding themselves.//

彼らは スポンサーから独立し 自ら資金開拓を始めました

Now,/ again/ we see a mix of legal and illegal activities.//

ここにも合法と非合法の活動のミックスが見られます

So,/ Arafat used to get/ a percentage of the smuggling of hashish/ from Bekaa Valley,/ which is the valley/ between Lebanon and Syria.//

アラファトはかつて レバノンとシリアの間にあるベッカー高原からの ハシシの密輸で利益を得ていました

And the IRA,/ which control the private transportation system/ in Northern Ireland,/ did exactly the same thing.//

北アイルランドにある民営の輸送システムを支配する IRAもまったく同じことをしていました

So,/ every single time/ that somebody got into a taxi/ in Belfast/ without knowing,/ actually,/ was funding the IRA.//

つまり 誰かが ベルファストでタクシーを利用するたびに 知らずにIRAに資金援助を していることになります

But the great change came,/ of course,/ with globalization/ and deregulation.//

もちろん 大きな変化は グローバル化と規制緩和の形でやってきました

This is/ when arms organization were able to link up,/ also financially,/ with each other.//

これを機に武装組織は 財政面でも 相互連携ができるようになりました

But/ above all,/ they started to do/ serious business/ with the world of crime.//

何よりも 彼らは犯罪世界で 重要なビジネスを始めました

And together/ they money-laundered their dirty business/ through the same channel.//

彼らは共同して 同じ経路で 汚い金をマネーロンダリングするようになりました

This is/ when we see the birth of the transnational arms organization Al Qaeda.//

これが 超国家的武装組織 アルカイダの 誕生です

This is an organization/ that can raise money/ across border.//

この組織は国境越しに資金を集めることができます

But also/ that is able to carry out/ attacks/ in more than one country.//

そしてまた 一つ以上の国で 攻撃を仕掛けることができます

Now,/ deregulation also brought back/ rogue economics.//

規制緩和はまた「ならず者の経済学」を 呼び戻しました

So/ what is rogue economics?//

ならず者の経済学とは何か?

それは 歴史の背後で 常に暗躍している勢力です

It comes back/ at times of great transformation,/ globalization/ being one of those transformations.//

大きな変革の時に現れてきます グローバル化もそのうちの一つです

It is at this times/ in which politics actually loses control of the economy,/ and the economy becomes a rogue force/ working against us.//

それは政治が実際に 経済への制御力を 失う時期でもあり 経済は私達に マイナスに作用する 危険な力になります

It has happened before/ in history.//

歴史上 以前にもあったことです

It has happened with the fall of the Roman Empire.//

ローマ帝国の没落の時がそうでした

産業革命の時もそうだった

And it actually happened again,/ with the fall of the Berlin wall.//

そしてベルリンの壁崩壊と共に またそれは起こったのです

Now,/ I calculated/ how big was this international economic system composed by crime,/ terror,/ and illegal economy,/ before 9-11.//

さて私は 911事件以前に この 犯罪やテロや非合法経済で構成された 国際経済の規模を 計算しました

And it is a staggering 1.5 trillion dollars.//

それは1兆5000億ドルと驚異的です

It is trillions,/ it's not billions.//

兆です 億でありません

This is about twice the GDP of the United Kingdom,/ soon will be more,/ considering/ where this country is going.//

イギリスのGDPの二倍です この国の行き末を考えると すぐにそれ以上になるでしょう

(笑)

Now,/ until 9-11,/ the bulk of all this money flew into the U.S. economy/ because the bulk of the money was denominated in U.S. dollars/ and the money laundering was taking place/ inside the United States.//

911事件までは この金額のほとんどが 米国経済に流入していました なぜならこれらの資金はドル建てで マネーロンダリングは 米国内で行われました

The entry point,/ of course,/ of most of this money were the off-shore facilities.//

もちろん資金の流入の入り口は オフショアにありましたが

So,/ this was a vital injection of cash/ into the U.S. economy.//

つまりこれが 米国経済への カンフル剤だったのです

Now,/ when I went to look/ at the figures of the U.S. money supply,/ the U.S. money supply is the amount of dollars/ that the Federal Reserve prints/ every year/ in order to satisfy the increase/ in the demand/ for dollars,/ which,/ of course,/ reflects the growth of the economy.//

ここで米国の貨幣供給の数字を見てみると それは連邦準備銀行が 毎年印刷するドルの量であり それが ドルの需要の増加を つまり 経済の成長を 支えているわけです

So,/ when I went to look/ at those figures,/ I noted/ that since the late 1960s/ a growing number of these dollars was actually leaving the United States,/ never to come back.//

これらの数字を見てみると 1960年代後半から ますます多くのドルが 米国から出て行き 決して戻らないことに気付きました

These were money taken out/ in suitcases/ or/ in containers,/ in cash of course.//

これらのお金はスーツケースや コンテナで もちろん現金で持ち出されました

These were money taken out/ by criminals and money launderers.//

つまり犯罪者やマネーロンダラーが持ち出すわけです

These were money taken out/ to fund the growth of the terror,/ illegal and criminal economy.//

その金が テロや非合法の犯罪経済成長の 資金源となっているわけです

So,/ you see,/ what is the relationship?//

つまりどういう関係か?

The United States actually is a country/ that is the reserve currency of the world.//

米国は 世界の準備通貨の 国です

What does it mean?// That means/ that it has a privilege/ that other countries do not have.//

これは何を意味するかというと 他の国にはない特権があります

It can borrow against the total amount of dollars/ in circulation/ in the world.//

アメリカは 世界で流通しているドル総額に対して 借りることができるのです

This privilege is called seigniorage.//

この特権は 「通貨発行特権」と呼ばれています

No other country can do that.//

他のどの国にもない特権です

All the other countries,/ for example/ the United Kingdom,/ can borrow only/ against the amount of money/ in circulation/ inside its own borders.//

イギリスなど他のすべての国は 国内で流通しているお金の総額に 対してのみ借りることができます

So,/ here is the implication of the relationship/ between the worlds of crime,/ terror,/ and illegal economy,/ and our economy.//

つまりここのところに 犯罪やテロや 非合法経済と 私たちの経済の関係が見て取れます

The U.S./ in the 1990s was borrowing against the growth of the terror,/ illegal and criminal economy.//

1990年代の米国は テロや違法な犯罪経済の 成長に対して借りていました

This is how close/ we are with this world.//

私たちがいかにこの世界と近くにいるかがわかります

Now,/ this situation changed,/ of course,/ after 9-11,/ because George Bush launched the War/ on Terror.//

もちろんこの状況は 911事件で 一変しました ジョージ ブッシュがテロとの戦いを始めたからです

Part of the War/ on Terror was the introduction of the Patriot Act.//

テロとの戦いの一部は 愛国者法の導入でした

Now,/ many of you know/ that the Patriot Act is a legislation/ that greatly reduces the liberties of Americans/ in order to protect them/ against terrorism.//

さて 多くの人はご存知でしょうが 愛国者法は テロからの保護のために アメリカ人の自由を著しく制限する ものでした

But there is a section of the Patriot Act/ which refers specifically/ to finance.//

しかし愛国者法の中には 特に経済に 言及した部分があります

And it is,/ in fact,/ an anti-money-laundering legislation.//

それは「反資金浄化法」です

What the Patriot Act did was to prohibit/ U.S. bank,/ and U.S.-registered foreign banks/ from doing any businesses/ with off-shore facilities.//

愛国者法は 米国の銀行や 米国登録の外国銀行に オフショア施設との取引をすべて禁じたものでした

It closed/ that door/ between the money laundering/ in dollars,/ and the U.S. economy.//

それは ドルの資金浄化と 米国経済の関係を閉ざしました

It also gave the U.S. monetary authorities/ the right/ to monitor any dollar transaction/ taking place anywhere/ in the world.//

この法律は米国の通貨当局に 世界中で行われるドル取引の 監視する権利も与えました

Now,/ you can imagine/ what was the reaction of the international finance and banking.//

国際金融機関と銀行の 反応が想像できますね

All the bankers said to their clients,/ "Get out of the dollars/ and go and invest somewhere else."//

銀行家は皆 顧客にこう言いました 「ドルを売り払って どこか他に投資しなさい」

Now,/ the Euro was a newly born currency of great opportunity/ for business,/ and,/ of course,/ for investment.//

さて ユーロはビジネスやもちろん投資に 大きな可能性をもつ新興通貨で

And this is/ what people did.//

人々は代わりにユーロに投資しました

Nobody wants the U.S. monetary authority/ to check their relationship,/ to monitor their relationship/ with their clientele.//

誰も米国の通貨当局に 彼らの関係を調べられたり 顧客との関係を監視されたくなどありません

The same thing happened,/ of course,/ in the world of crime and terror.//

もちろん 犯罪やテロの 世界でも同じです

People simply moved their money-laundering activities away/ from the United States/ into Europe.//

彼らは単純にマネーロンダリング活動を 米国からヨーロッパに 移しました

Why did this happen?// This happened/ because the Patriot Act was a unilateral legislation.//

なぜでしょう? 愛国者法は 一方的な法律だからです

It was introduced only/ in the United States.//

米国のみで導入され

And it was introduced only/ for the U.S. dollars.//

ドルに対してだけ導入されました

In Europe,/ a similar legislation was not introduced.//

ヨーロッパでは 同様の立法は 行われませんでした

So,/ within six months/ Europe became the epicenter of the money-laundering activities of the world.//

そこで6ヶ月もたたずに ヨーロッパは 世界の マネーロンダリングの 中心になりました

So,/ this is how incredible are the relationship/ between the world of crime and the world of terror,/ and our own life.//

ということで、これが犯罪の世界や テロの世界と 私たちの世界の 驚くべき関係です

So,/ why did I tell you/ this story?//

なぜこの話をしたのでしょうか?

I told you/ this story/ because you must understand/ that there is a world/ that goes well/ beyond the headlines of the newspapers,/ including the personal relationship/ that you have with friends and family.//

私は皆さんに あなたの知人や家族との間の個人的な関係を含めて 新聞の見出しを遥かに超えた現実が 存在することを 知ってほしいのです

You got to question/ everything/ that is told to you,/ including/ what I just told you/ today.//

耳にした話は すべて疑わなければなりません 私の今日の話を含めて

(Laughter)/ This is the only way/ for you/ to step into the dark side,/ and have a look/ at it.//

(笑) それが あなたが暗黒社会に ちょっと足を踏み入れ 見てみる唯一の方法です

And believe me,/ it's going to be scary.//

そして それは恐ろしいことです

It's going to be frightful,/ but it's going to enlighten/ you.//

恐ろしいことですが、あなたを賢くもします

And,/ above all,/ it's not going to be boring.//

それに なんといっても退屈じゃありません

(笑) (拍手)

terrorism

(政治的な)行為,テロ;恐怖政治

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

prisoner

(服役中の)『囚人』;(未決の)拘置人,刑事被告人

=prisoner of war

自由を奪われた人,動きがとれなくなった人(動物)

補虜

Italian

〈C〉『イタリア人』

〈U〉『イタリア語』

イタリアの;イタリア人の;イタリア語の

jail

〈C〉刑務所,牢獄,拘置所

〈U〉入獄,拘置

…‘を'刑務所に入れる,投獄する;…‘を'拘置する

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

brigade

(陸軍の)旅団

(ある目的のために組織した)団体,隊,組

〈人〉‘を'旅団(隊,組)に編成する

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

Marxist

マルクス主義者

マルクスの;マルクス主義の

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lawyer

『弁護士』;法律学者

silence

〈U〉『静けさ』,音がしないこと

〈U〉『沈黙』,無言

〈U〉音信のないこと,無沙汰(ぶさた)

〈C〉沈黙(無沙汰)の期間

〈人・騒音など〉‘を'静かにさせる

〈反対など〉‘を'沈黙させる,抑圧する

黙れ,静かに

trail

…‘の'『後について行く』(follow)

…‘を'『引きずる』,引きずって行く

〈人・動物〉の跡をつける,追跡する(pursue)

〈衣服のすそなどが〉引きずる《+along(behind)》;(…の後を)引きずる《+behind+名》

〈人が〉のろのろと(足を引きずるようにして)歩く《+along(behind)》;(…の後を)のろのろと歩く《+『behind』+『名』》

〈植物が〉(地面・かきなどを)はう

(試合・競走などで)負けている

〈雲・煙などが〉たなびく

(動いているものが)後に残したもの(煙・ほこりなど),(長く続く人・車などの)流れ

(人・動物などの)足跡,跡に残したにおい,臭跡

(荒野などに自然にできた)小道,(踏みなされた)道

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

occasionally

『たまに』,時おり

declare

…'を'『宣言する』,告示する,公表する

…'を'『強調する』

〈課税品・所得額〉'を'申告する

…'を'明らかにする(reveal);…'を'表す(show)

(…に反対,賛成を)表明する,声明する《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』(do『ing』)》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

armed

武装した

(ある目的のために)用意した

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

childhood

『幼時』,子供時代

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

laughter

『笑い』,笑い声

applause

『拍手かっさい』;称賛

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

profiling

プロファイリング、犯人の心理を分析しながら事件を解明すること

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

single-minded

一つの目的をもった;ひたむきな,一途な

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

embrace

(愛情の表れとして)…‘を'『抱きしめる』,抱擁する

《文》〈物が〉…‘を'取り巻く,囲む(surround)

《文》〈機会など〉‘を'捕らえる,〈申し出など〉‘を'喜んで受ける

…‘を'含む

『抱き合う』

『抱擁』,抱き合い

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

democracy

〈U〉『民主政治』,『民主主義』,民主政体,民主社会

〈C〉民主主義国,民主国

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

politic

(態度・行動などが)賢明な

(人が)策をろうする

ideology

〈C〉イデオロギー(社会・政党などが持つ典型的な思考形態)

〈U〉《軽蔑して》空理,空論

economics

《単数扱い》『経済学』

《複数扱い》(国・人の)経済状態

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

cash

『現金』,正金,銀行券,硬貨

〈小切手・為替など〉'を'『現金に換える』,現金化する

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

expensive

『費用のかかる』,高価な

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

turnover

〈C〉(車などの)転覆,転倒

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)総取り引き高,売り上げ高

〈U〉《しばしば s…》(一定期間内の)補充労働者の総数(割合)

〈U〉《しばしば a…》(一定期間内の)商品の回転率

〈C〉〈U〉(半円形形または三角形の)折り重ねパイ

yearly

『年1回の』;毎年の

1年間の,年間の

年1回,毎年

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

underground

『地下の』

《比喩的に》『地下の』,秘密の,隠れた

(運動・映画・出版物などについて)前衛的(実験的)な,アングラの

『地下に(で)』

秘密のうちに,隠れて

〈C〉(政府や占領軍に反抗する)『地下秘密組織』

《英》《the ~》『地下鉄』

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

extremely

『極端に』,非常に過度に

reluctant

(人が)『気が進まない』,(行為などが)いやいやながらの

politics

《単数扱い》『政治』;『政治学』

《単数・複数扱い》政治活動,政治問題

《単数・複数扱い》政治的手段,政略;(一般に)術策

《複数扱い》(個人の)政治的信条

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

never more

もう再び…しない(never again)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

psychiatrist

精神病医,精神病学者

sailing

〈U〉帆走,ヨット遊び

〈C〉航海

〈C〉〈U〉出航,出帆

〈U〉航海術

keen

(刃物などが)『鋭い』

(寒さなどが)『厳しい』;(痛みなどが)『激しい』;(音などが)耳をつんざく;(言葉などが)人の心を刺す

(感覚・判断力などが)『鋭敏な』,鋭い

(感情・欲求などが)激しい,強烈な;(競争など)し烈な

熱心な

sailor

『水夫』,船員,海員

(海軍士官に対して)水兵

《形容詞を伴って》船に…な人

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

Lebanon

レバノン(地中海東岸の共和国;首都はBeirut)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

soviet

〈C〉(旧ソ連の)地方会議(労働者・農民によって選出され,立法権・行政権を有する)

《the Soviets》『旧ソ連政府』;『旧ソ連人民』

地方会議の

《S-》ソ連の

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

PLO

Palestine Liberation Organizationパレスチナ解放機構

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

arms

兵器, 武器, 火器

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

economist

経済学者

economic

『経済の』

『経済学の』

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

kidnap

〈人〉‘を'誘拐する

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

banker

『銀行家』,銀行経営者

(ゲームの)親,胴元

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

foundation

〈U〉(…を)設立すること,(…の)『創立』《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)『土台,』(…の)基礎《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(思想・学説などの)根拠,より所《+『of』+『名』》

〈C〉(維持基金によって運営される)施設;財団協会:

〈U〉(財団などの)基金,維持基金

〈C〉ファンデーション(化粧下に用いる基礎化粧品)

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

retrospect

回顧,回想

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

world war

『世界大戦』

shocking

びっくりさせる,ぞっとする

全くひどい(very bad),不愉快な(offensive)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

capitalism

資本主義

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

sponsor

(…の)『保証人』《+『for』+『名』》

(提案などの)主唱者,発起人;支持者,後援者

教父,教母,(洗礼のとしの)名付け親

(商業放送の)スポンサー,番組提供者,広告主

…‘を'保証する;…‘を'支持する,後援する

〈商業放送〉‘の'スポンサーになる

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

cold war

冷戦

superpower

超大国(米国, ロシア,中国など)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

proxy

〈U〉(…の)代理,代理権;〈C〉代理人《+『for』+『名』》

〈C〉委任状

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

periphery

(区域・領域内の)周辺部,末端部

(区域の)すぐ外側の地域,外辺部

(特に円の)円周外辺

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

fully

『十分に』,完全に

まるまる

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

illegal

『不法の』,違法の

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

used

『使い古しの』,使用した

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

terror

〈U〉〈C〉(身に迫る)『恐怖』

〈C〉『恐ろしい人(物・事)』

〈C〉《話》やっかいな人,手に負えない物

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

Nicaragua

ニカラグア(中米の共和国;首都はManagua)

CIA

the Central Intelligence Agency of the United States米国中央情報局

legally

法律上,法律的に

合法的に

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

administration

〈U〉『行政』,統治

〈U〉『管理』,経営

〈C〉行政機関(省,庁,局など);《the A-》《米》連邦政府(《英》the Government)

《総称して》(大学・団体などの)管理者側,当局者,教務部

〈U〉(裁き・処罰・法冷・儀式などの)執行,施行

via

『…経由で』で,を経て

…によって

covert

隠れ場

(特に猟獣・猟鳥の隠れる)やぶ,茂み・(比較変化なし)秘密の,隠れた,暗に示した

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

affair

〈C〉(個人的に関心・関係のある)『事』,事柄

〈C〉『事件』,でき事

《複数形で》仕事,業務

〈C〉《話》《修飾語を伴って》物,しろもの

〈C〉(特に一時期の)恋愛事件,情事

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

percentage

百分率,割合

《複数形で》見込み,確率

hashish

ハシッシュ(インド大麻の花・葉から作った強力な麻酔剤,麻薬)

valley

『谷』,谷間

《修飾語を伴って》《通例単数形で》(大河の)流域

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

transportation

《おもに米》『輸送』,運送;輸送(交通)機関

《米》運送料;運賃

(昔の罪人の)追放刑,流罪;流罪の期間

Northern Ireland

北アイルランド(アイルランドの北部の自治地方で英本国の一部;《略》『N.I』)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

taxi

『タクシー』(taxicabの略)

タクシーで行く

〈飛行機が〉(ゆっくりと地上・水上を)滑走する

〈飛行機〉‘に'誘導滑走させる

Belfast

ベルファスト(英国北アイルランド東海岸の港市で首都)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

transnational

国境を越えた

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

rogue

『悪党』(vagrant),いんちき野郎(scoundrel)

いたずらなひょうきん者,(特に)いたずらっ子

群れを離れた危険な野生動物(特に象)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

lurk

(…に)〈人・動物が〉『潜む』,潜状する;(…に)〈感情などが〉潜在する《+『in』+『名』》

(…を)こそこそ歩く,潜行する《+『about』+『名』》

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

transformation

変形,変質;変身

(物理学で)変換;(電流の)変圧

(言吾学で)変形

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

Roman Empire

ローマ帝国(紀元前27年にAugustusによって建設され,395年に東西に分裂した)

Industrial Revolution

産業革命(18世紀末から19世紀初頭にかけて英国を中心に興った)

Berlin

ベルリン(もとドイツの首都で,現在は東西ドイツ領に分かれる)

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

staggering

よろめく

驚くほどの

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

United Kingdom

『イギリス連合王国』(英本国のこと;大ブリテンと北アイルランドとの連国王国;公式名は the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland;《略》UK)

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

bulk

『かさばっていること』

《the bulk》(…の)大部分,大半《+『of』+『名』》

ばら荷;(船の)積み荷

かさばる,大きく見える

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

denominate

…‘に'命名する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

entry

〈C〉〈U〉(場所などに)『入ること』,『入場』,登場;(団体・競技などへの)参加,加入(entrance)《+『into』+『名』》

〈C〉《おもに米》(‥への)入り口(entrance),玄関《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉(帳簿・日記・表などの)『記載事項』,項目;(…の)『記入』《+『of』+『名』》

〈C〉(競技・コンテストなどの)『参加者』,参加作品《+『for』(『in』)+『名』》

〈C〉(辞書などの)見出し語

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

injection

〈U〉〈C〉注射,注入

〈C〉注射液

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

money supply

需要額(当座預金額と通貨流通額)

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

reserve

(特定の人・目的などのために)…‘を'『別にしておく』,『取っておく』;…‘を'『予約する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

(…のために)…‘を'『残しておく』,蓄えておく《+『名』+『for』+『名』》

〈権利など〉‘を'保留する

〈C〉(特定の目的や将来使うために)取っておくもの,(…にための)蓄え《+『for』+『名』》

〈U〉(…のために)取っておかれた状態《+『for』+『名』》

〈C〉(特別の目的のため取ってある公の)特別保留地

〈U〉慎み,自制(self-control)

〈C〉(政府・銀行などの)準備金,予備金,積立金

〈C〉《しばしば複数形で》予備軍

蓄えてある,予備の

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

suitcase

スーツケース,(長方形で平たい)小型旅行かばん

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

currency

〈C〉〈U〉『通貨』,貨幣

〈U〉『流通』,通用;普及

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

borrow

(…を担保として…から)…'を'『借りる』《+『名』+『from』+『名』+『on』+『名』》

〈言葉・思想・方法など〉'を'借りてまねる,模倣(もほう)する

借りる,借金する

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

circulation

〈U〉『血液の循環』,血行

〈U〉(貨幣の)流通;(情報・うわさなどの)流布伝達;(新聞・雑誌など,印刷物の)配布

〈C〉(新聞・雑誌などの)発行部数

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

patriot

愛国者, 志士; (P-) パトリオット (米軍の地[艦]対空ミサイル装置)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

legislation

『立法』,法律制定

《集合的に》(制定された)『法律』

greatly

『大いに,非常に』

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

liberty

〈U〉(圧政・支配・束縛などからの)『自由』,独立,解放;(自分の意志で行動・選択する)自由,権利

〈C〉『気まま』,かって;かって気ままな言動

《the ~》(ある場所に出入りする)『権利』,自由《+『of』+『名』》

〈U〉(海軍の)上陸許可(時間)

《複数形で》(王などから与えられた)権利,特権

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

refer

(情報・援助などを得るため)(…に)〈人〉‘を'『差し向ける』,行かせる(send, direct)

(委員会などに)〈問題など〉‘を'『委託する』,持ち込む

《まれ》〈物事〉‘を'(…の)せいにする

(…に)『話を及ぼす』,ふれる

(…に)『関係する』,当てはまる

(辞書・メモなどを)『参照する』;引用する;(人に)問い合わせる

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

finance

〈U〉『財政』,財務,財政学

《複数形で》『財源』,財力,収入,歳入;経済状態,金回り

〈人・計画など〉‘に'資金を出す,融資する

prohibit

(法律あるいは権威をもって)…‘を'『禁止する』,禁ずる(forbid)

〈物事が〉…‘を'『妨げる』

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

monetary

貨幣の,通貨の

金銭上の;金銭についての

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

transaction

〈U〉《the ~》(業務などの)『処理』,処置《+of+名》

〈C〉業務,商取り引き

〈C〉《複数形で》(学術協会などの)報告書

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

banking

銀行業務(経営)

client

[『弁護』]『依頼人』,訴訟依頼人

(商売上の)おとくい(customer)

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

newly

『最近』,近ごろ

『新たに』,再び

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

opportunity

『機会』,好機

investment

〈U〉〈C〉(…を…へ)投資すること,出資《+『of』+『名』+『in』+『名』》

〈C〉(…への)投下資本,投資金《+『in』+『名』》

〈C〉投資の対象

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

clientele

[弁護]依頼人

患者

(ホテル・商店などの)常連,おとくい

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

unilateral

一方の,片側だけの

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

scary

恐ろしい,こわい

こわがりの,おくびょうな

frightful

ぎょっとするような,恐ろしい

《英話》不愉快な,いやな

《話》非常な,ひどい

enlighten

(誤って覚えたことなどについて)〈人〉‘に'よく分かるように教える,‘を'教化する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』》

boring

退屈な,うんざりする

関連動画