TED日本語 - チャールズ・アンダーソン: 海を越えるトンボとの遭遇

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

海洋生物学者として働く中でチャールズ・アンダーソンは毎年ある時期になると突発的なトンボの大発生を確認するようになりました。彼はウスバキトンボと呼ばれるありふれた小さなトンボの移動ルートを突き止めた方法と、これが地球上の全昆虫の移動における最長のものであると判明した経緯についてお話します。

Script

実は私は英国の出身なのですが モルジブでもう26年間暮らしているので ここは故郷です モルジブはご存知の通りここの インド南西の島です 首都は私が暮らすマレです 実は私は今日マイソールにいまして 位置的にはデリーよりもマレに近いところです

インドのIT従事者にはここが打ってつけですが 海洋生物学者にはモルジブも悪くありません 最近はここが我が家になっています 訪れた方はご存知だと思いますが 素晴しい サンゴ礁 ダイビング スノーケリングを楽しめます 可能な限り海洋生物調査に 私は時間を費やしています 魚類やもっと大きな 鯨 イルカなども研究しています

シロナガスクジラです ここモルジブ付近の インド洋周辺で彼らを見ることができます ケーララでも遭遇できるでしょうね 実はこの地域はとても恵まれており ここは世界でも有数のシロナガスクジラ 観測スポットの1つなのです 北東季節風の季節にスリランカの 南の海岸を訪れると簡単に シロナガスクジラを見ることができます ここは世界で最高の観測スポットでしょうね

北東季節風の話をすれば皆さんの多くは 何のことだかお分かりと思いますが 詳しくない方もおられるでしょうから モンスーンについて少し説明しましょう "モンスーン"という言葉は"季節" という単語に由来しており つまり一種の―

季節なのです 南アジアには大抵2つの季節があります 夏になるとインドはとても暑くなります 暖かい大気が上昇すると海上の空気が引き寄せられます こうして南西から風が入り込みます ここの海域からインドへ向かってやってきます これは南西から来るので南西季節風と呼ばれています 海洋を渡る際に水分を吸い上げることで モンスーンは雨を降らすのです 冬になると大気は冷やされて 高気圧がインドを覆います 全システムが逆転します

つまり風はインドの北東から 吹いて来てインド洋を越えて アフリカ方面に向かいます 覚えておいてくださいね さて私は海洋生物学者ですが 実は少し古風な自然研究家なのです 私は動くものなら何でも興味があって トンボもその1つです 実は今日は トンボについてお話します これはとても美しい種でOriental Scarletと呼ばれています

トンボについて1つ知っておいて頂きたい 重要なポイントとは 彼らは 卵を淡水に産むということです 産卵には淡水が必要なのです 彼らは淡水に卵を産み 幼生は淡水で孵化します 彼らは他の小さな蚊の幼虫などを食べます とても重要な役割を果たしていますね 蚊や他の幼虫の個体数をコントロールしています 段階をおって成長していき水を離れ 私たちの目にする成虫になるのです 成長の過程は様々ですが 典型的な寿命1年のトンボの場合では まず淡水の中で10、11ヶ月 暮らした後に成虫となるのです 残りの1、2ヶ月を地上で過ごします 要するにトンボは淡水生物なのです 淡水が必要不可欠です

とりわけ話をしたい種が― こちらです 今まで見てきた 種は成虫として暮らす期間は 1、2ヶ月で短すぎて遠くには 飛んで行けませんね 多分数kmといったところでしょうか 飛ぶのは上手ですが遠くへは行きません しかしこいつは例外です Globe SkimmerもしくはWandering Glider (ウスバキトンボ)と呼ばれています 名前の通り世界中に生息しています 熱帯の地域 アメリカ アフリカ アジア オーストラリア 太平洋でも見られます 広範囲を移動することが知られています しかし十分な研究はなされてきませんでした

見た目はありふれたトンボですから どうせトンボを研究するのなら 赤くてきれいなやつとか 絶滅が危惧される とびきり珍しいやつがいいですね これでは少し物足りなさを感じますね 色も微妙ですし ありふれてますよね どこにでも生息してますし なんで研究するのでしょう? しかしこんな態度ではなにかすごいことを見逃すことになります このトンボは驚くべき話を秘めているからです 私はモルジブに暮らし彼らに出会えた事を とても誇りにも思っています

私が初めてモルジブを訪れた際は ダイビングに魅了され できる限り水の中で 時間を過したいと思っていました トンボなど気にも留めませんでした いなかったのか? いたかもしれませんが気付きませんでした しかし何ヶ月か経ったある日 外を歩いていると突然 膨大な数のトンボが目に付きました 全てこれと似たウスバキトンボでした 当時は知りませんでしたが今は彼らが 全てウスバキトンボだったと理解しています あるときはそこにいて またあるときはいないのです

私は翌年その次の年そして その次の年に再度目撃するまで 彼らについて何も考えませんでした 少し鈍く 実際大して気にかけていませんでした しかし友人や同僚に聞くと 彼らは毎年来ているそうです そこで他の人にも聞いてみると やはり トンボが来ることは知っていましたが どこから来るのかなどは何も知りませんでした そしてこの時も深くは考えませんでした しかし徐々になにか 特別ななにかが 見え始めてきました

トンボの産卵には淡水が必要不可欠だからです ここに足を運ばれた方もいると思いますが ここは私の故郷 モルジブ モルジブは美しいところです (笑) この島は全てがサンゴ礁で出来ています サンゴ礁の上は砂州です 島の平均的な高さは海面と同じくらいです つまり地球温暖化 海面上昇は深刻な問題です 今日はこの話はしませんけどね この砂州についてお話しておくべき点は 雨が降ったときには雨水は 土壌に浸透してなくなるということです つまり土壌の下に蓄積されます 木々は根をそこへ伸ばせます 人間は穴を掘り井戸を作れます

トンボにとっては少し厄介です ここには淡水の水面はありません 池や小川、川、湖といったものは どこにもないのです それではなぜ毎年 ここでは何百万ものトンボを 見ることが出来るのでしょうか? 興味をそそられました では少し中断して 皆さんに今聞いてみたいと思います ここには 幼少時代をインドで過ごした方も多くいますからね インド出身の方 もしくは幼少時代を 過ごした方は手を... まだまだ! まだですよ! はやいですね ちょっと待って下さい どうぞと言うまで待ってくださいね

インドで育った方は幼少時に見た トンボです トンボの大群を覚えていますか? 多分小学生の頃 紐に結わえて 飛ばして遊んだりしませんでしたか? それはいいんですけどね ただ たくさんのトンボを見た記憶がある方はいますか? どうです? はい ありがとうございました これはモルジブを含む 南アジア中で広く起こっている現象なのです そこで私はすこし興味を持ちました

インドには水がいたるところにあり もちろんトンボはたくさんいます しかしモルジブに淡水はありません 何が起こっているのでしょう? 最初に行ったことは彼らがモルジブに やってくる日付の記録でした 答えは10月の21日でした 毎年ではありませんが大体この時期です 今までこの記録を15年間続けてきました インドからやって来るとお考えでしょう 近いですからね 思い出してください10月はインドもモルジブも 南西季節風の真っ只中です 風はインド側からではなくインドに向かって 南西から吹いているはずです どのようにモルジブへ渡ってくるのでしょうか? インドから向かい風を越えて来るのですか? ありえそうもないですね

そこで次に私は携帯電話を活用しました モルジブは約800kmにわたる 群島です ここはもちろんインドです 友人 同僚にメール送り電話をかけては いつ頃トンボを目にしたかを尋ねました すぐに全体像が見えてきました バンガロールのとある同僚は大体 9月の終わり 24日頃だというメールを 3年間送ってくれています 少し南のトリバンドラムでは少し遅く モルジブ北部ではこれよりも遅いようです その後マレに現れ もっと南へ移り 最南端のモルジブで目撃されます 明らかに彼らはインドからやってきています しかし向かい風の中650kmもどのようにして 飛んでくることができるのでしょうか? 見当もつきませんでした

次に彼らの季節性や移動の周期を 知るために私はトンボを数えました 初めての訪問なのか どの程度滞在するのか これらのことが謎を解く鍵になるかどうか そこで厳密な科学的手法を用いることにしました トランセクト法です 自転車にまたがって マレ島を駆け回りました 1周は5km程度です 木や周りの人にぶつからないよう 注意しながらトンボの数を数えました

彼らはここに10月から12月という とても短い期間しか滞在しないようです その後は減少を始め それきりです 10月から12月は北東季節風でも 南西季節風の時期でもなく モンスーンが入れ替わる 中間の時期なのです

要するに南西季節風が抜けていき 後に北東季節風が別方向から入ってくるのです 1つの気団が行ったり来たりしている 印象を与えますが そうではありません 実は2つの気団が混在している状態です 気団には前線があり これが動いているのです インドがここで前線がこちらを向くと 我々は南西季節風の中ということです その後前線は北東季節風へと移動します この中心の前線は垂直ではなく 実は斜めになっています

マレに近づいてくると 私は前線の下にいることになります 南西季節風に入ることも出来ますが 上空の大気は北東季節風のものです 実は彼らはインドから北東季節風にのって来ているのです しかも高度1000 - 2000m地点ですよ 驚愕ですね そこらで目にする2インチもしくは5cmの 小さな昆虫ですよ 何百万という数が 上空2000m地点を飛んで海を渡ります 距離にして約650km 驚くべきことです

「わぁ トンボがここに来る方法を遂に突き止めたぞ」と思い 嬉しくなりました 次に頭を少し掻いて まぁそれはいいんですが 方法はわかりましたが 理由はなんなのでしょうか? 明らかな悪条件にも関わらず あの何百万ものトンボは海を越えて 毎年一体何をしているのでしょうか? つじつまが合いません モルジブには何もありませんから 彼らはいったい何をしているのでしょうか? 一言で言ってしまえば 彼らは海洋を渡っているのです 彼らは東アフリカまで移動しているのです

私には漁業調査船で働く友人がいて彼らから 報告をもらったので確かです セーシェルからも報告を受けています ここですが 妥当でしょう 降水量に着目してみると このウスバキトンボは 雨季の水たまりの中で 繁殖することが分かっているからです 雨季の地域で産卵します モンスーンの雨です 幼生は素早く成長しなくてはなりません 他の種とは違って11ヶ月も待たずに 生後6週で水面から飛び立ちます

後ろの方が見えないと困りますので インド国内の降水量を表示しています 6月から見ましょう ここはモンスーンです 9、10月には乾季になります 産卵するための雨水はありません 雨季を探しに移動しなくてはいけません 彼らは南に飛びます モンスーンが南下する時期に カルナータカを経てケララへやってきます 陸地はここで終わりです しかし彼らの飛行能力は非常に優れていて 何千kmも飛ぶことが可能です どんどん飛んでいくのです そして 北東の風にヒューと後押しされ海を渡り 雨の降るアフリカへと導くのです そして彼らはここの雨水に産卵するわけです ここはアフリカ南東部 ここでは2つの 産卵期があるようです 話はそんなに単純ではありませんが

彼らはここのモンスーンの雨水に産卵します そして今日外で目にする トンボ達は彼らの 子供たちなのです 彼らはインドで孵化したのです 産卵場所を探しますが 雨水があればここになります しかしほとんどが飛んでいきます 次の到着地点は 東アフリカです 4、5日間の旅になるでしょう 風にのって海を渡るのです モルジブを通過する際は何もないことを 目で確認して飛行を続けるのでしょう

ここ東アフリカのケニアでは ちょうど 長い干ばつから抜けたばかりです 先週雨が遂に降り出し 短い雨が 今も降り続いています トンボはここにいると知人らから報告を受けました トンボは今ここで繁殖しています 彼らは今ここで産卵しているのでしょう 6週間後に羽化する時には 雨季は明けて南下していることでしょう そしてここに飛んできます 賢い点は 風はいつも雨の降る場所に突き当たります 夏雨です 夏季モンスーンです 太陽が照り夏の雨がアフリカ南東に降り注ぎます 太陽が上がることで気温が上がり 蒸発が促進され雲が巨大化することで 降水量が最大になります 絶好の繁殖期となります

それだけでなく 対流のおかげで 大気は持ち上げられ 暖かい空気が引き寄せられます 収束のため どこで雨が降っても暖かい空気は 引き寄せられ上昇する空気と入れ替わります つまりそこで羽化した彼らは この風を利用して自動的に雨の 降る場所に行くことができるのです 産卵すると次の世代が羽化し 自動的に また雨水のあるところに運ばれます ここで羽化したら帰らなくてはいけません 4世代かかります 1代目、2代目、3代目 4代目で起点に戻ります。

インド洋サーキットの完成です サーキット1周の距離は16000kmです 16000kmを4代かけてですよ いいですか 5cmの昆虫ですよ 信じられません 北米出身の方はオオカバマダラを ご存知でしょうね 今まで彼らの移動距離は 昆虫界最長と考えられてきましたが これはウスバキトンボのたった半分です 大洋横断を伴う 大移動をする昆虫は唯一 このトンボだけです 信じられない偉業です このことに偶然気がついたのは なにかすごいことが 起こっていると脳が解釈できるのに 十分な時間をマレで過ごしてきたからです

移動しているのはトンボだけではありません 物語はまだ終わりではありません 私は鳥類にも関心を寄せており これは お気に入りです かなり特殊な種です ハヤブサです アカアシチョウゲンボウと呼ばれています Amur Falconとも呼ばれています 理由はアムールランド(Amurland)で 繁殖をするからです これはアムール川近郊 ここら辺ですね ここは国境付近で大半が 中国とロシアの国境部で東に続いていて

シベリアや満州に到達します ここが繁殖地です ハヤブサには夏場とても快適な場所です 想像できると思いますが 冬を越すには悲惨な所ですね 賢い鳥類と同様に彼も南へと 飛んでいきます みなで南へと移動します しかし賢いのはここまでです ここで落ち着かずにさらに南下を続けます 違った ここで方向を変えます インド北東部でちょっと休息を取った後 ムンバイやゴアの緯度にやってきます そしてここから海を渡りケニアに行きます ここで冬を過ごすわけです すごいことです これは猛禽類の 渡りの中では最長の 並外れた移動距離です

移動するのは彼らだけではありません この移動は確かにすごいですが 他にもインドからアフリカへ渡る鳥類はいます こちらはジャコバンカッコウです インド北部出身の方には御馴染みでしょう モンスーンと共にやってきては 毎年この時期にアフリカへと戻っていきます ブッポウソウは美しい鳥です こちらはニシブッポウソウ インド北西部にいるので カシミールブッポウソウとも呼ばれます ありとあらゆるデータを 集めてみると彼らが ウスバキトンボと同時期に 移動することが分かりました 彼らもまた同じ風を利用するのです 同じ風に乗って海を渡るのです 同じ高度を飛行することもわかっています

このニシブッポウソウは不幸な 最後を迎えることになりました 彼はゴア海岸を飛び立ちました 21年前の1988年の10月でした インド海軍のジェットがゴアを飛びたつと バン! 夜中に何かに衝突しました 幸運にもジェット機が 基地に帰ってくると(ニシブッポウソウの)残骸が残っていました 彼らは夜中にインド洋上を高度2424mで飛行するのです トンボが飛行する高度と同じです つまり彼らも同じ風を利用しているのです もう1つ重要な点は 中型の鳥類や次のスライドの 彼らも皆ハチクイ科であるということです 蜂を食べます 青色のキレイな頬ですね ルリホオハチクイです インドから東アフリカへと 移動する鳥類はみな トンボほどの大型の昆虫を 食べるのです ありがとうございました (拍手)

Actually, I come from Britain, but I've been living in Maldives for 26 years now. So, that's home really. The Maldives, as I'm sure you're aware, are a chain of islands off the southwest coast of India here. Capital, Male, where I live. Actually, sitting here today in Mysore, we're closer to Male than we are to Delhi, for example.

If you're in IT, India, obviously, is the place to be at the moment. But if you're a marine biologist, Maldives is not such a bad place to be. And it has been my home these years. For those of you who've been there, fantastic coral reefs, fantastic diving, fantastic snorkeling. I spend as much of my time as possible investigating the marine life. I study fish, also the bigger things, whales and dolphins.

This is a blue whale. We have blue whales in the waters around here, off Maldives, around the waters of India. You can see them off Kerala. And, in fact, we're very lucky in this region. One of the best places in the world to see blue whales is here in this region. In Sri Lanka, if you go down to the south coast of Sri Lanka, during the northeast monsoon season, you can see blue whales very, very easily. It's probably the best place in the world to see them.

Now, when I talk about the northeast monsoon season, I'm sure many of you here know exactly what I mean, but perhaps some of you are not quite so sure. I need to explain a little bit about monsoons. Now, monsoon, the root of the word "monsoon" comes from the word "season."

So, it's just a season. And there are two seasons in most of South Asia. And in the summer India heats up, gets very hot. Hot air rises, and air is drawn in off the sea to replace it. And the way it works is, it comes from the southwest. It comes off the ocean here and is drawn up towards India. So it comes from the southwest. It's a southwest monsoon. Picks up moisture as it crosses the ocean. That's what brings the monsoon rain. And then in the winter things cool down. High pressure builds over India. And the whole system goes into reverse.

So, the wind is now coming from the northeast out of India, across the Indian Ocean, this way towards Africa. Keep that in mind. Now, I'm a marine biologist, but I'm actually a bit of an old fashioned naturalist, I suppose. I'm interested in all sorts of things, almost everything that moves, including dragonflies. And I'm actually going to talk, this afternoon, about dragonflies. This is a very beautiful species, it's called the Oriental Scarlet.

And one thing you need to know about dragonflies,one important thing, is that they lay their eggs in fresh water. They need fresh water to breed. They lay the eggs into fresh water. Little larvae hatch out in fresh water. They feed on other little things. They feed on mosquito larvae. So, they're very important. They control mosquito larvae, among other things. And they grow and grow by stages. And they climb out of the water, burst out, as the adult which we see. And typically, there is a lot of variation, but if you have a dragonfly with, say, a one year life cycle, which is quite typical, the larva, living in the fresh water, lives for 10 or 11 months. And then the adult, which comes after, lives for one or two months. So it's essentially a freshwater animal. It really does need fresh water.

Now, the particular species of dragonfly I want to talk about is this one, because most dragonflies, like the one we've just seen, when the adult is there for its brief one or two months of life, it doesn't go very far. It can't travel very far. A few kilometers, maybe, is quite typical. They are very good fliers, but they don't go too far. But this guy is an exception. And this is called the Globe Skimmer, or Wandering Glider. And, as the name might suggest, it is found pretty much around the world. It lives throughout the tropics, the Americas, Africa, Asia, Australia, into the Pacific. And it wanders far and wide. We know that much about it. But it really hasn't been studied very much.

It's a rather mediocre looking dragonfly. If you're going to study dragonflies, you want to study those really bright beautiful ones, like that red one. Or the really rare ones, the endemic endangered ones. This is, it seems a bit dull you know. It's sort of dull-colored. And it's fairly common. And it occurs everywhere -- you know, why bother? But if you take that attitude, you're actually missing something rather special. Because this dragonfly has a rather amazing story to tell. And I feel very privileged to have stumbled across it living in the Maldives.

When I first went to the Maldives, dead keen on diving, spent as much of my time as I could in and under the water. Didn't notice any dragonflies; maybe they were there, maybe they weren't. Didn't notice them. But after some time, after some months,one day as I was going out and about, suddenly I noticed hundreds of dragonflies, hundreds of dragonflies. Something like this, these are all this species Globe Skimmer. I didn't know at the time, but I know now, they're Globe Skimmers, hundreds of them. And they were there for some time. And then they were gone.

And I didn't think anything more of it until the following year, when it happened again, and then the year after that, and then the year after that. And I was a bit slow, I didn't really take too much notice. But I asked some Maldivian friends and colleagues, and yes they come every year. And I asked people about them and yes, they knew, but they didn't know anything, where they came from, or anything. And again I didn't think too much of it. But slowly it began to dawn on me that something rather special was happening.

Because dragonflies need fresh water to breed. And the Maldives, and I'm sure some of you have been there -- so here is home. So, Maldives, beautiful place. (Laughter) It's built entirely of coral reefs. And on top of the coral reefs are sand banks. Average height, about that much above sea level. So, global warming, sea level rise, it's a real serious issue. But I'm not going to talk about that. Another important point of these sand banks is that when it rains, the rainwater soaks down into the soil. So, it's gone. So, it stays under the soil. The trees can put their roots into it. Humans can dig holes and make a well.

But dragonflies -- a bit tricky. There is no surface fresh water. There are no ponds, streams, rivers, lakes, nothing like that. So, why is it that every year millions of dragonflies, millions, millions of dragonflies turn up? I got a little bit curious. In fact I'll stop here, because I want to ask, and there is a lot of people who, from India of course, people who grew up spending your childhood here. Those of you who are Indian or spent your childhood here, let me have a show of hands, who of you -- not yet, not yet! You're too keen. You're too keen. No. Hang on. Hang on. Wait for the go. I'll say go.

Those of you who grew up in India, do you remember in your childhood, dragonflies, swarms of dragonflies? Maybe at school, maybe tying little bits of string onto them? Maybe pulling bits off? I'm not asking about that. You've only got to say, do you remember seeing lots of dragonflies. Any hands? Any hands? Yes. Thank you. Thank you. It's a widespread phenomenon throughout South Asia, including the Maldives. And I got a bit curious about it.

In the Maldives -- now, in India there is plenty of water, so, dragonflies, yeah, of course. Why not? But in Maldives, no fresh water. So, what on Earth is going on? And the first thing I did was started recording when they turned up in the Maldives. And there is the answer,21st of October. Not every year, that's the average date. So, I've been writing it down for 15 years now. You'd think they're coming from India. It's the closest place. But in October, remember, we're still in southwest monsoon, Maldives is still in the southwest monsoon. But wind is, invariably, every time, is from the west. It's going towards India, not from India. So, are these things, how are these things getting here? Are they coming from India against the wind? Seemed a bit unlikely.

So, next thing I did is I got on the phone. Maldives is a long archipelago. It stretches about 500 miles, of course it's India here. I got on the phone and emailed to friends and colleagues. When do you see the dragonflies appear? And pretty soon, a picture started emerging. In Bangalore, a colleague there sent me information for three years, average, 24th of September, so late September. Down in Trivandrum, a bit later. Far north of Maldives, a bit later. Then Male, then further south. And then the southernmost Maldives. It's pretty obvious, they're coming from India. But they are coming 400 miles across the ocean, against the wind. How on Earth are they doing that? I didn't know.

The next thing I did was I started counting dragonflies. I wanted to know about their seasonality, what time of year, this is when they first arrive, but how long are they around for? Does that give any clues? So, I started a very rigorous scientific process. I had a rigorous scientific transect. I got on my bicycle, and I cycled around the island of Male. It's about five kilometers around, counting the dragonflies as I go, trying not to bump into people as I'm looking in the trees.

And they're here for a very short time, October, November, December. That's it. And then they tail off, there's a few, but that's it. October, November, December. That is not the northeast monsoon season. That's not the southwest season. That's the inter-monsoon, the time when the monsoon changes.

Now, what I said was, you get the southwest monsoon going one way, and then it changes and you get the northeast monsoon going the other way. And that sort of gives the impression you've got one air mass going up and down, up and down. It doesn't work like that. What happens, actually, is there is two air masses. And there is a front between them, and the front moves. So, if you've got India here, when the front is up above India you're into the southwest monsoon. Then the front moves into the northeast monsoon. And that front in the middle is not vertical, it's at an angle.

So, as it comes over towards Male I'm standing in Male underneath the front. I can be in the southwest monsoon. But the wind above is from the northeast monsoon. So, the dragonflies are actually coming from India on the northeast monsoon, but at an altitude at 1,000 to 2,000 meters up in the air. Incredible. These little insects, it's the same ones we see out here [ in India ],two inches long,five centimeters long, flying in their millions,400 miles across the ocean, at 2,000 meters up. Quite incredible.

So, I was quite pleased with myself. I thought wow, I've tracked this one, I know how they come here. Then I scratched my head a bit, and that's okay, I know how they come here, but why do they come here? What are millions of dragonflies doing, flying out over the ocean every year to their apparent doom? It doesn't make sense. There is nothing for them in Maldives. What on Earth are they doing? Well, to cut a long story short, they're actually flying right across the ocean. They're making it all the way across to East Africa.

I know that because I have friends who work on fisheries' research vessels who have sent to me reports from boats out in the ocean. I know because we have reports from Seychelles, which fit in as well, down here. And I know because when you look at the rainfall, these particular insects, these Globe Skimmers breed in temporary rain water pools. Okay, they lay their eggs where the seasonal rains are, the monsoon rains. The larvae have to develop very quickly. They only take six weeks. Instead of 11 months, they're six weeks. They're up, and they're off.

Now, here we have, in case you can't read at the back, the top is rainfall for India. And we're starting in June. So this is the monsoon rain. By September, October, it's drying out. Nothing for these dragonflies. There is no more seasonal rain. They've got to go hunting for seasonal rain. And they fly south. As the monsoon withdraws to the south they come down through Karnataka, into Kerala. And then they run out of land. But they are incredibly good fliers. This particular species, it can fly for thousands of kilometers. And it just keeps going. And the wind, the northeast wind swooshes it around and carries it off across the ocean to Africa, where it's raining. And they are breeding in the rains of Africa. Now, this is southeast Africa. It makes it look like there are sort of two breeding periods here. It's slightly more complicated than that.

What's happening is they are breeding in the monsoon rains here. And the dragonflies you can see today outside here, on the campus, are the young of this generation. They hatched out in India. They're looking for somewhere to breed. If it rains here they'll breed. But most of them are going to carry on. And next stop, perhaps only four or five days away is going to be East Africa. The wind will swoosh them out across here. If they pass the Maldives they might go and have a look, nothing there, they'll carry on.

Here, here, Kenya, East Africa, they've actually just come out of a long drought. Just last week the rains broke. The short rains broke and it's raining there now. And the dragonflies are there. I have reports from my various contacts. The dragonflies are here now. They're breeding there. When those guys, they'll lay their eggs now. They'll hatch out in six weeks. By that time the seasonal rains have moved on. It's not there, it's down here. They'll fly down here. And the clever thing is the wind is always converging to where the rain is. The rain occurs, these are summer rains. This is a summer monsoon. The sun is overhead there. Summer rains in southern Africa. The sun is overhead, maximum heating, maximum evaporation, maximum clouds, maximum rainfall, maximum opportunities for reproduction.

Not only that, because you have this convection, you have this rising of the air where it's hot, air is drawn in. There's a convergence. So, wherever the rain is falling, the air is drawn towards it to replace the air that's rising. So, the little fellow that hatches out here, he gets up into the air, he is automatically carried to where the rain is falling. Lay their eggs, next generation, they come up, automatically carried to where the rain is falling. It's now back there. They come out, it's time to come back. So, in four generations,one,two,three,four and then back.

A complete circuit of the Indian Ocean. This is a circuit of about 16,000 kilometers. 16,000 kilometers,four generations, mind you, for a two inch long insect. It's quite incredible. Those of you from North America will be familiar with the Monarch butterfly. Which, up until now has had the longest known insect migration. It's only half the length of this one. And this crossing here, of the ocean, is the only truly regular transoceanic crossing of any insect. A quite incredible feat. And I only stumbled on this because I was living in Male, in Maldives for long enough for it to percolate into my brain that something rather special was going on.

But dragonflies are not the only creatures that make the crossing. There is more to the story. I'm also interested in birds. And I'm familiar with this fellow. This is a rather special bird. It's a falcon. It's called the eastern red-footed falcon, obviously. But it's also called the Amur Falcon. And it's called the Amur Falcon because it breeds in Amurland. Which is an area along the Amur River, which is up here. It's the border, much of it is the border between China and Russia, up here in the far east.

So, Siberia, Manchuria. And that's where it breeds. And if you're a falcon it's quite a nice place to be in the summer. But it's a pretty miserable place to be in the winter. It's, well, you can imagine. So, as any sensible bird would do, he moves south. They move south. The whole population moves south. But then the being sensible stopped. So, now they don't stop here, or even down here. No, they turn across here. They have a little refueling stop in northeastern India. They come to the latitude of about Mumbai or Goa. And then they strike out across the ocean, down to Kenya. And down here, and they winter down here [ in southern Africa ] . Incredible. This is the most extraordinary migration of any bird of prey. A quite incredible migration.

And they are not the only one that makes the crossing. They have the most incredible journey, but several make the crossing from India to Africa. Includes this one, the hobby. This fellow is a very nice bird, this is the Pied cuckoo. Those of you from northern India will be familiar with this. It comes with the monsoons. This time of year they cross back to Africa. And this guy, the roller, a rather beautiful bird. It's known as the Eurasian Roller. In India it occurs in the northwest, so it's known as the Kashmir Roller. And these birds, what I've done is I've complied all the records, all the available records of these birds, put them together, and found out they migrate at exactly the same time as the dragonflies. They make use of exactly the same winds. They travel at exactly the same time with the same winds to make the crossing. I know they travel at the same altitude.

It's known about the Amur Falcon. This guy, unfortunately,one of these met an unfortunate end. He was flying off the coast of Goa,21 years ago,1988. October,1988. An Indian Navy jet was flying off Goa, bang! In the middle of the night. Fortunately, a two engine jet got back to base, and they pulled the remains of one of these [ Eurasian Rollers ] out. Flying at night over the Indian Ocean 2,424 meters. Same height as the dragonflies go. So, they are using the same winds. And the other thing, the other important factor for all these birds, all medium sized fellows, and this includes the next slide as well, which is a bee-eater. Bee-eaters eat bees. This one has a nice blue cheek. It's a Blue-cheeked Bee-eater. And every one of these birds that makes the crossing from India to East Africa eats insects, large insects, the size of dragonflies. Thank you very much. (Applause)

Actually,/ I come from Britain,/ but I've been living in Maldives/ for 26 years now.//

実は私は英国の出身なのですが モルジブでもう26年間暮らしているので

So,/ that's home really.//

ここは故郷です

The Maldives,/ as I'm sure/ you're aware,/ are a chain of islands/ off the southwest coast of India/ here.//

モルジブはご存知の通りここの インド南西の島です

Capital,/ Male,/ where I live.//

首都は私が暮らすマレです

Actually,/ sitting here/ today/ in Mysore,/ we're closer/ to Male/ than we are to Delhi,/ for example.//

実は私は今日マイソールにいまして 位置的にはデリーよりもマレに近いところです

If you're in IT,/ India,/ obviously,/ is the place/ to be at the moment.//

インドのIT従事者にはここが打ってつけですが

But/ if you're a marine biologist,/ Maldives is not such a bad place/ to be.//

海洋生物学者にはモルジブも悪くありません

And it has been my home/ these years.//

最近はここが我が家になっています

For those of you/ who've been there,/ fantastic coral reefs,/ fantastic diving,/ fantastic snorkeling.//

訪れた方はご存知だと思いますが 素晴しい サンゴ礁 ダイビング スノーケリングを楽しめます

I spend as much of my time/ as possible/ investigating the marine life.//

可能な限り海洋生物調査に 私は時間を費やしています

I study fish,/ also/ the bigger things, whales and dolphins.//

魚類やもっと大きな 鯨 イルカなども研究しています

This is a blue whale.// We have blue whales/ in the waters/ around here,/ off Maldives,/ around the waters of India.// You can see them off/ Kerala.//

シロナガスクジラです ここモルジブ付近の インド洋周辺で彼らを見ることができます ケーララでも遭遇できるでしょうね

And,/ in fact,/ we're very lucky/ in this region.//

実はこの地域はとても恵まれており

One of the best places/ in the world to see blue whales is here in this region.//

ここは世界でも有数のシロナガスクジラ 観測スポットの1つなのです

In Sri Lanka,/ if you go down/ to the south coast of Sri Lanka,/ during the northeast monsoon season,/ you can see blue whales very,/ very easily.//

北東季節風の季節にスリランカの 南の海岸を訪れると簡単に シロナガスクジラを見ることができます

It's probably/ the best place/ in the world/ to see them.//

ここは世界で最高の観測スポットでしょうね

Now,/ when I talk about the northeast monsoon season,/ I'm sure/ many of you here know exactly what I mean,/ but perhaps/ some of you are not quite so sure.//

北東季節風の話をすれば皆さんの多くは 何のことだかお分かりと思いますが 詳しくない方もおられるでしょうから

I need to explain/ a little bit/ about monsoons.//

モンスーンについて少し説明しましょう

Now,/ monsoon,/ the root of the word "monsoon"/ comes from the word "season."//

"モンスーン"という言葉は"季節" という単語に由来しており つまり一種の―

So,/ it's just/ a season.// And there are two seasons/ in most of South Asia.//

季節なのです 南アジアには大抵2つの季節があります

And/ in the summer/ India heats up,/ gets very hot.//

夏になるとインドはとても暑くなります

Hot air rises,/ and air is drawn in/ off the sea/ to replace it.//

暖かい大気が上昇すると海上の空気が引き寄せられます

And the way/ it works/ is,/ it comes from the southwest.//

こうして南西から風が入り込みます

It comes off the ocean here/ and is drawn up/ towards India.//

ここの海域からインドへ向かってやってきます

So/ it comes from the southwest.// It's a southwest monsoon.//

これは南西から来るので南西季節風と呼ばれています

Picks up/ moisture/ as it crosses the ocean.//

海洋を渡る際に水分を吸い上げることで

That's/ what brings the monsoon rain.//

モンスーンは雨を降らすのです

And then/ in the winter things cool down.//

冬になると大気は冷やされて

High pressure builds/ over India.//

高気圧がインドを覆います

And the whole system goes into reverse.//

全システムが逆転します

So,/ the wind is now coming from the northeast/ out of India,/ across the Indian Ocean,/ this way/ towards Africa.//

つまり風はインドの北東から 吹いて来てインド洋を越えて アフリカ方面に向かいます

Keep/ that in mind.//

覚えておいてくださいね

Now,/ I'm a marine biologist,/ but I'm actually/ a bit of an old fashioned naturalist,/ I suppose.//

さて私は海洋生物学者ですが 実は少し古風な自然研究家なのです

I'm interested/ in all sorts of things,/ almost everything/ that moves,/ including/ dragonflies.// And I'm actually going to talk,/ this afternoon,/ about dragonflies.//

私は動くものなら何でも興味があって トンボもその1つです 実は今日は トンボについてお話します

This is a very beautiful species,/ it's called the Oriental Scarlet.//

これはとても美しい種でOriental Scarletと呼ばれています

And one thing/ you need to know/ about dragonflies,/one important thing,/ is/ that they lay their eggs/ in fresh water.//

トンボについて1つ知っておいて頂きたい 重要なポイントとは 彼らは 卵を淡水に産むということです

They need fresh water/ to breed.//

産卵には淡水が必要なのです

They lay the eggs/ into fresh water.//

彼らは淡水に卵を産み

Little larvae hatch out/ in fresh water.//

幼生は淡水で孵化します

They feed on other little things.// They feed on mosquito larvae.//

彼らは他の小さな蚊の幼虫などを食べます

So,/ they're very important.//

とても重要な役割を果たしていますね

They control mosquito larvae,/ among other things.//

蚊や他の幼虫の個体数をコントロールしています

And they grow and grow by stages.// And they climb out of the water,/ burst out,/ as the adult/ which we see.//

段階をおって成長していき水を離れ 私たちの目にする成虫になるのです

And typically,/ there is a lot of variation,/ but/ if you have a dragonfly with,/ say,/ a one year life cycle,/ which is quite typical,/ the larva,/ living in the fresh water,/ lives for 10 or 11 months.//

成長の過程は様々ですが 典型的な寿命1年のトンボの場合では まず淡水の中で10、11ヶ月 暮らした後に成虫となるのです

And then/ the adult,/ which comes/ after,/ lives for one or two months.//

残りの1、2ヶ月を地上で過ごします

要するにトンボは淡水生物なのです

It really does need fresh water.//

淡水が必要不可欠です

Now,/ the particular species of dragonfly/ I want to talk/ about is this one,/ because most dragonflies,/ like the one/ we've just seen,/ when the adult is there for its brief one or two months of life,/ it doesn't go very far.// It can't travel very far.//

とりわけ話をしたい種が― こちらです 今まで見てきた 種は成虫として暮らす期間は 1、2ヶ月で短すぎて遠くには 飛んで行けませんね

A few kilometers,/ maybe,/ is quite typical.//

多分数kmといったところでしょうか

They are very good fliers,/ but they don't go too far.//

飛ぶのは上手ですが遠くへは行きません

But this guy is an exception.//

しかしこいつは例外です

And this is called the Globe Skimmer,/ or Wandering Glider.//

Globe SkimmerもしくはWandering Glider (ウスバキトンボ)と呼ばれています

And,/ as the name might suggest,/ it is found pretty much/ around the world.//

名前の通り世界中に生息しています

It lives throughout the tropics,/ the Americas, Africa, Asia, Australia,/ into the Pacific.//

熱帯の地域 アメリカ アフリカ アジア オーストラリア 太平洋でも見られます

And it wanders far and wide.// We know/ that much/ about it.//

広範囲を移動することが知られています

But it really hasn't been studied very much.//

しかし十分な研究はなされてきませんでした

It's a rather mediocre looking dragonfly.//

見た目はありふれたトンボですから

If you're going to study/ dragonflies,/ you want to study/ those really bright beautiful ones,/ like that red one.// Or the really rare ones,/ the endemic endangered ones.//

どうせトンボを研究するのなら 赤くてきれいなやつとか 絶滅が危惧される とびきり珍しいやつがいいですね

This is,/ it seems a bit dull/ you know.//

これでは少し物足りなさを感じますね

It's sort of dull-colored.// And it's fairly common.//

色も微妙ですし ありふれてますよね

And it occurs everywhere --/ you know,/ why bother?//

どこにでも生息してますし なんで研究するのでしょう?

But/ if you take that attitude,/ you're actually missing/ something rather special.//

しかしこんな態度ではなにかすごいことを見逃すことになります

Because this dragonfly has a rather amazing story/ to tell.//

このトンボは驚くべき話を秘めているからです

And I feel very privileged/ to have stumbled across it/ living in the Maldives.//

私はモルジブに暮らし彼らに出会えた事を とても誇りにも思っています

When I first went to the Maldives,/ dead keen/ on diving,/ spent as much of my time/ as I could in and under the water.//

私が初めてモルジブを訪れた際は ダイビングに魅了され できる限り水の中で 時間を過したいと思っていました

Didn't notice any dragonflies;/ maybe/ they were there,/ maybe/ they weren't.//

トンボなど気にも留めませんでした いなかったのか?

Didn't notice them.//

いたかもしれませんが気付きませんでした

But after some time,/ after some months,/one day/ as I was going out and about,/ suddenly/ I noticed hundreds of dragonflies,/ hundreds of dragonflies.//

しかし何ヶ月か経ったある日 外を歩いていると突然 膨大な数のトンボが目に付きました

Something/ like this,/ these are all/ this species Globe Skimmer.//

全てこれと似たウスバキトンボでした

I didn't know at the time,/ but I know now,/ they're Globe Skimmers,/ hundreds of them.//

当時は知りませんでしたが今は彼らが 全てウスバキトンボだったと理解しています

And they were there for some time.// And then/ they were gone.//

あるときはそこにいて またあるときはいないのです

And I didn't think anything/ more of it/ until the following year,/ when it happened again,/ and then/ the year/ after that,/ and then/ the year/ after that.//

私は翌年その次の年そして その次の年に再度目撃するまで 彼らについて何も考えませんでした

And I was a bit slow,/ I didn't really take too much notice.//

少し鈍く 実際大して気にかけていませんでした

But I asked some Maldivian friends and colleagues,/ and yes/ they come every year.//

しかし友人や同僚に聞くと 彼らは毎年来ているそうです

And I asked people/ about them and yes,/ they knew,/ but they didn't know anything,/ where they came from,/ or anything.//

そこで他の人にも聞いてみると やはり トンボが来ることは知っていましたが どこから来るのかなどは何も知りませんでした

And again/ I didn't think too much of it.//

そしてこの時も深くは考えませんでした

But slowly/ it began to dawn/ on me that/ something rather special was happening.//

しかし徐々になにか 特別ななにかが 見え始めてきました

Because dragonflies need fresh water/ to breed.//

トンボの産卵には淡水が必要不可欠だからです

And the Maldives,/ and I'm sure/ some of you have been there --/ so here is home.//

ここに足を運ばれた方もいると思いますが ここは私の故郷 モルジブ

So,/ Maldives,/ beautiful place.//

モルジブは美しいところです

(笑) この島は全てがサンゴ礁で出来ています

And on top of the coral reefs are sand banks.//

サンゴ礁の上は砂州です

Average height,/ about that much/ above sea level.//

島の平均的な高さは海面と同じくらいです

So,/ global warming,/ sea level rise,/ it's a real serious issue.//

つまり地球温暖化 海面上昇は深刻な問題です

But I'm not going to talk/ about that.//

今日はこの話はしませんけどね

Another important point of these sand banks is/ that/ when it rains,/ the rainwater soaks down/ into the soil.// So,/ it's gone.//

この砂州についてお話しておくべき点は 雨が降ったときには雨水は 土壌に浸透してなくなるということです

So,/ it stays under the soil.//

つまり土壌の下に蓄積されます

The trees can put their roots/ into it.//

木々は根をそこへ伸ばせます

Humans can dig holes/ and make a well.//

人間は穴を掘り井戸を作れます

But dragonflies --/ a bit tricky.//

トンボにとっては少し厄介です

There is no surface fresh water.//

ここには淡水の水面はありません

There are no ponds,/ streams,/ rivers,/ lakes,/ nothing/ like that.//

池や小川、川、湖といったものは どこにもないのです

So,/ why is it/ that every year millions of dragonflies,/ millions,/ millions of dragonflies turn up?//

それではなぜ毎年 ここでは何百万ものトンボを 見ることが出来るのでしょうか?

I got a little bit curious.// In fact/ I'll stop here,/ because I want to ask,/ and there is a lot of people/ who,/ from India of course,/ people/ who grew up/ spending your childhood/ here.//

興味をそそられました では少し中断して 皆さんに今聞いてみたいと思います ここには 幼少時代をインドで過ごした方も多くいますからね

Those of you/ who are Indian/ or spent your childhood here,/ let me/ have a show of hands,/ who of you --/ not yet,/ not yet!//

インド出身の方 もしくは幼少時代を 過ごした方は手を... まだまだ! まだですよ!

You're too keen.// You're too keen.// No.// Hang on.// Hang on.//

はやいですね ちょっと待って下さい

Wait/ for the go.// I'll say go.//

どうぞと言うまで待ってくださいね

Those of you/ who grew up/ in India,/ do/ you remember in your childhood,/ dragonflies,/ swarms of dragonflies?// Maybe/ at school,/ maybe/ tying little bits of string onto them?//

インドで育った方は幼少時に見た トンボです トンボの大群を覚えていますか? 多分小学生の頃 紐に結わえて 飛ばして遊んだりしませんでしたか?

Maybe pulling/ bits off?// I'm not asking/ about that.//

それはいいんですけどね

You've only got to say,/ do/ you remember seeing/ lots of dragonflies.//

ただ たくさんのトンボを見た記憶がある方はいますか?

Any hands?// Any hands?// Yes.// Thank you.// Thank you.//

どうです? はい ありがとうございました

これはモルジブを含む 南アジア中で広く起こっている現象なのです

And I got a bit curious/ about it.//

そこで私はすこし興味を持ちました

In the Maldives --/ now,/ in India/ there is plenty of water,/ so,/ dragonflies,/ yeah,/ of course.// Why not?//

インドには水がいたるところにあり もちろんトンボはたくさんいます

But in Maldives,/ no fresh water.// So,/ what on Earth is going on?//

しかしモルジブに淡水はありません 何が起こっているのでしょう?

And the first thing/ I did/ was started recording/ when they turned up/ in the Maldives.//

最初に行ったことは彼らがモルジブに やってくる日付の記録でした

And there is the answer,/21st of October.//

答えは10月の21日でした

Not/ every year,/ that's the average date.//

毎年ではありませんが大体この時期です

So,/ I've been writing it down/ for 15 years now.//

今までこの記録を15年間続けてきました

You'd think/ they're coming/ from India.// It's the closest place.//

インドからやって来るとお考えでしょう 近いですからね

But/ in October,/ remember,/ we're still/ in southwest monsoon,/ Maldives is still in the southwest monsoon.//

思い出してください10月はインドもモルジブも 南西季節風の真っ只中です

But wind is,/ invariably,/ every time,/ is from the west.//

風はインド側からではなくインドに向かって

It's going towards India, not from India.//

南西から吹いているはずです

So,/ are these things,/ how are these things getting here?//

どのようにモルジブへ渡ってくるのでしょうか?

Are they coming from India/ against the wind?//

インドから向かい風を越えて来るのですか?

ありえそうもないですね

So,/ next thing/ I did/ is I got on the phone.//

そこで次に私は携帯電話を活用しました

モルジブは約800kmにわたる

It stretches about 500 miles,/ of course/ it's India here.//

群島です ここはもちろんインドです

I got on the phone/ and emailed to friends and colleagues.//

友人 同僚にメール送り電話をかけては

When do you see the dragonflies appear?//

いつ頃トンボを目にしたかを尋ねました

And pretty soon,/ a picture started emerging.//

すぐに全体像が見えてきました

In Bangalore,/ a colleague/ there sent me/ information/ for three years,/ average,/ 24th of September,/ so/ late September.//

バンガロールのとある同僚は大体 9月の終わり 24日頃だというメールを 3年間送ってくれています

Down/ in Trivandrum,/ a bit later.//

少し南のトリバンドラムでは少し遅く

Far north of Maldives,/ a bit later.//

モルジブ北部ではこれよりも遅いようです

Then Male,/ then further south.//

その後マレに現れ もっと南へ移り

And then/ the southernmost Maldives.//

最南端のモルジブで目撃されます

It's pretty obvious,/ they're coming/ from India.//

明らかに彼らはインドからやってきています

But they are coming 400 miles/ across the ocean,/ against the wind.//

しかし向かい風の中650kmもどのようにして

How on Earth are they doing that?//

飛んでくることができるのでしょうか?

I didn't know.//

見当もつきませんでした

The next thing/ I did/ was I started counting dragonflies.//

次に彼らの季節性や移動の周期を

I wanted to know/ about their seasonality,/ what time of year,/ this is/ when they first arrive,/ but how long are they around for?// Does/ that give any clues?//

知るために私はトンボを数えました 初めての訪問なのか どの程度滞在するのか これらのことが謎を解く鍵になるかどうか

So,/ I started a very rigorous scientific process.//

そこで厳密な科学的手法を用いることにしました

I had a rigorous scientific transect.//

トランセクト法です

I got on my bicycle,/ and I cycled around the island of Male.//

自転車にまたがって マレ島を駆け回りました

It's about five kilometers around,/ counting the dragonflies/ as I go,/ trying not to bump into people/ as I'm looking/ in the trees.//

1周は5km程度です 木や周りの人にぶつからないよう 注意しながらトンボの数を数えました

And they're here/ for a very short time,/ October,/ November,/ December.// That's it.//

彼らはここに10月から12月という とても短い期間しか滞在しないようです

And then/ they tail off,/ there's a few,/ but that's it.//

その後は減少を始め それきりです

October,/ November,/ December.// That is not the northeast monsoon season.//

10月から12月は北東季節風でも

That's not the southwest season.//

南西季節風の時期でもなく

That's the inter-monsoon,/ the time/ when the monsoon changes.//

モンスーンが入れ替わる 中間の時期なのです

Now,/ what I said/ was,/ you get the southwest monsoon/ going one way,/ and then/ it changes/ and you get the northeast monsoon/ going the other way.//

要するに南西季節風が抜けていき 後に北東季節風が別方向から入ってくるのです

And/ that sort of gives the impression/ you've got one air mass/ going up and down,/ up and down.// It doesn't work like that.//

1つの気団が行ったり来たりしている 印象を与えますが そうではありません

What happens,/ actually,/ is there is two air masses.//

実は2つの気団が混在している状態です

And there is a front/ between them,/ and the front moves.//

気団には前線があり これが動いているのです

So,/ if you've got India here,/ when the front is up above India/ you're into the southwest monsoon.//

インドがここで前線がこちらを向くと 我々は南西季節風の中ということです

Then/ the front moves into the northeast monsoon.//

その後前線は北東季節風へと移動します

And that front/ in the middle is not vertical,/ it's at an angle.//

この中心の前線は垂直ではなく 実は斜めになっています

So,/ as it comes over/ towards Male/ I'm standing/ in Male/ underneath the front.//

マレに近づいてくると 私は前線の下にいることになります

I can be in the southwest monsoon.//

南西季節風に入ることも出来ますが

But the wind/ above is from the northeast monsoon.//

上空の大気は北東季節風のものです

So,/ the dragonflies are actually coming from India/ on the northeast monsoon,/ but at an altitude/ at 1,000/ to 2,000 meters up/ in the air.// Incredible.//

実は彼らはインドから北東季節風にのって来ているのです しかも高度1000 - 2000m地点ですよ 驚愕ですね

These little insects,/ it's the same ones/ we see out/ here [ in India ],/two inches long,/five centimeters long,/ flying in their millions,/400 miles/ across the ocean,/ at 2,000 meters up.// Quite incredible.//

そこらで目にする2インチもしくは5cmの 小さな昆虫ですよ 何百万という数が 上空2000m地点を飛んで海を渡ります 距離にして約650km 驚くべきことです

So,/ I was quite pleased with myself.// I thought wow,/ I've tracked this one,/ I know/ how they come here.// Then/ I scratched my head/ a bit,/ and that's okay,/ I know/ how they come here,/ but why do they come here?//

「わぁ トンボがここに来る方法を遂に突き止めたぞ」と思い 嬉しくなりました 次に頭を少し掻いて まぁそれはいいんですが 方法はわかりましたが 理由はなんなのでしょうか?

What are millions of dragonflies/ doing,/ flying out/ over the ocean/ every year/ to their apparent doom?//

明らかな悪条件にも関わらず あの何百万ものトンボは海を越えて 毎年一体何をしているのでしょうか?

It doesn't make sense.// There is nothing/ for them/ in Maldives.//

つじつまが合いません モルジブには何もありませんから

What on Earth are they doing?//

彼らはいったい何をしているのでしょうか?

Well,/ to cut a long story short,/ they're actually flying/ right/ across the ocean.//

一言で言ってしまえば 彼らは海洋を渡っているのです

They're making/ it/ all the way/ across/ to East Africa.//

彼らは東アフリカまで移動しているのです

I know/ that because I have friends/ who work on fisheries/' research vessels/ who have sent to me/ reports/ from boats out/ in the ocean.//

私には漁業調査船で働く友人がいて彼らから 報告をもらったので確かです

I know/ because we have reports/ from Seychelles,/ which fit in as well,/ down here.//

セーシェルからも報告を受けています ここですが 妥当でしょう

And I know/ because/ when you look at the rainfall,/ these particular insects,/ these Globe Skimmers breed/ in temporary rain water pools.//

降水量に着目してみると このウスバキトンボは 雨季の水たまりの中で 繁殖することが分かっているからです

Okay,/ they lay their eggs/ where the seasonal rains are,/ the monsoon rains.//

雨季の地域で産卵します モンスーンの雨です

The larvae have to develop very quickly.//

幼生は素早く成長しなくてはなりません

They only take six weeks.// Instead of 11 months,/ they're six weeks.//

他の種とは違って11ヶ月も待たずに

They're up,/ and they're off.//

生後6週で水面から飛び立ちます

Now,/ here/ we have,/ in case you can't read at the back,/ the top is rainfall/ for India.//

後ろの方が見えないと困りますので インド国内の降水量を表示しています

And we're starting/ in June.// So/ this is the monsoon rain.//

6月から見ましょう ここはモンスーンです

By September,/ October,/ it's drying out.//

9、10月には乾季になります

Nothing/ for these dragonflies.// There is no more seasonal rain.//

産卵するための雨水はありません

They've got to go hunting/ for seasonal rain.//

雨季を探しに移動しなくてはいけません

And they fly south.// As the monsoon withdraws to the south/ they come down/ through Karnataka,/ into Kerala.//

彼らは南に飛びます モンスーンが南下する時期に カルナータカを経てケララへやってきます

And then/ they run out of land.//

陸地はここで終わりです

But they are incredibly good fliers.// This particular species,/ it can fly for thousands of kilometers.//

しかし彼らの飛行能力は非常に優れていて 何千kmも飛ぶことが可能です

And it just keeps going.// And the wind,/ the northeast wind swooshes it around/ and carries it off/ across the ocean/ to Africa,/ where it's raining.//

どんどん飛んでいくのです そして 北東の風にヒューと後押しされ海を渡り 雨の降るアフリカへと導くのです

And they are breeding in the rains of Africa.//

そして彼らはここの雨水に産卵するわけです

Now,/ this is southeast Africa.// It makes/ it look/ like there are sort of two breeding periods here.// It's slightly more complicated/ than that.//

ここはアフリカ南東部 ここでは2つの 産卵期があるようです 話はそんなに単純ではありませんが

What's happening is they are breeding in the monsoon rains here.//

彼らはここのモンスーンの雨水に産卵します

And the dragonflies/ you can see today/ outside here,/ on the campus,/ are the young of this generation.//

そして今日外で目にする トンボ達は彼らの 子供たちなのです

They hatched out/ in India.//

彼らはインドで孵化したのです

They're looking/ for somewhere/ to breed.// If it rains here/ they'll breed.//

産卵場所を探しますが 雨水があればここになります

But most of them are going to carry on.// And next stop,/ perhaps/ only four or five days away is going to be East Africa.//

しかしほとんどが飛んでいきます 次の到着地点は 東アフリカです 4、5日間の旅になるでしょう

The wind will swoosh them out/ across here.//

風にのって海を渡るのです

If they pass the Maldives/ they might go and have a look,/ nothing there,/ they'll carry on.//

モルジブを通過する際は何もないことを 目で確認して飛行を続けるのでしょう

Here,/ here,/ Kenya,/ East Africa,/ they've actually just come out of a long drought.//

ここ東アフリカのケニアでは ちょうど 長い干ばつから抜けたばかりです

Just/ last week/ the rains broke.// The short rains broke/ and it's raining there now.//

先週雨が遂に降り出し 短い雨が 今も降り続いています

And the dragonflies are there.// I have reports/ from my various contacts.//

トンボはここにいると知人らから報告を受けました

The dragonflies are here now.// They're breeding/ there.//

トンボは今ここで繁殖しています

When those guys,/ they'll lay their eggs now.//

彼らは今ここで産卵しているのでしょう

They'll hatch out/ in six weeks.// By that time/ the seasonal rains have moved/ on.// It's not there,/ it's down here.//

6週間後に羽化する時には 雨季は明けて南下していることでしょう

They'll fly down here.// And the clever thing is the wind is always converging to/ where the rain is.//

そしてここに飛んできます 賢い点は 風はいつも雨の降る場所に突き当たります

The rain occurs,/ these are summer rains.//

夏雨です

This is a summer monsoon.//

夏季モンスーンです

The sun is overhead there.// Summer rains/ in southern Africa.//

太陽が照り夏の雨がアフリカ南東に降り注ぎます

太陽が上がることで気温が上がり 蒸発が促進され雲が巨大化することで 降水量が最大になります 絶好の繁殖期となります

Not only/ that,/ because you have this convection,/ you have this rising of the air/ where it's hot,/ air is drawn in.//

それだけでなく 対流のおかげで 大気は持ち上げられ 暖かい空気が引き寄せられます

There's a convergence.// So,/ wherever the rain is falling,/ the air is drawn/ towards it/ to replace the air/ that's rising.//

収束のため どこで雨が降っても暖かい空気は 引き寄せられ上昇する空気と入れ替わります

So,/ the little fellow/ that hatches out/ here,/ he gets up/ into the air,/ he is automatically carried to/ where the rain is falling.//

つまりそこで羽化した彼らは この風を利用して自動的に雨の 降る場所に行くことができるのです

Lay/ their eggs,/ next generation,/ they come up,/ automatically carried to/ where the rain is falling.//

産卵すると次の世代が羽化し 自動的に また雨水のあるところに運ばれます

It's now back there.// They come out,/ it's time/ to come back.//

ここで羽化したら帰らなくてはいけません

So,/ in four generations,/one,two,three,four/ and then back.//

4世代かかります 1代目、2代目、3代目 4代目で起点に戻ります。

インド洋サーキットの完成です

This is a circuit of about 16,000 kilometers.//

サーキット1周の距離は16000kmです

16,000 kilometers,/four generations,/ mind you,/ for a two inch long insect.// It's quite incredible.//

16000kmを4代かけてですよ いいですか 5cmの昆虫ですよ 信じられません

Those of you/ from North America will be familiar/ with the Monarch butterfly.//

北米出身の方はオオカバマダラを ご存知でしょうね 今まで彼らの移動距離は

Which,/ up/ until now has had the longest known insect migration.//

昆虫界最長と考えられてきましたが

It's only half the length of this one.//

これはウスバキトンボのたった半分です

And this crossing here,/ of the ocean,/ is the only truly regular transoceanic crossing of any insect.//

大洋横断を伴う 大移動をする昆虫は唯一 このトンボだけです

信じられない偉業です

And I only stumbled on this/ because I was living in Male,/ in Maldives/ for long enough/ for it to percolate into my brain/ that something rather special was going on.//

このことに偶然気がついたのは なにかすごいことが 起こっていると脳が解釈できるのに 十分な時間をマレで過ごしてきたからです

But dragonflies are not the only creatures/ that make the crossing.//

移動しているのはトンボだけではありません

There is more/ to the story.//

物語はまだ終わりではありません

I'm also interested/ in birds.// And I'm familiar/ with this fellow.// This is a rather special bird.//

私は鳥類にも関心を寄せており これは お気に入りです かなり特殊な種です

It's a falcon.// It's called the eastern red-footed falcon,/ obviously.//

ハヤブサです アカアシチョウゲンボウと呼ばれています

But it's also called the Amur Falcon.//

Amur Falconとも呼ばれています

And it's called the Amur Falcon/ because it breeds in Amurland.//

理由はアムールランド(Amurland)で 繁殖をするからです

Which is an area/ along the Amur River,/ which is up here.//

これはアムール川近郊 ここら辺ですね

It's the border,/ much of it is the border/ between China and Russia,/ up here/ in the far east.//

ここは国境付近で大半が 中国とロシアの国境部で東に続いていて

シベリアや満州に到達します

And/ that's/ where it breeds.//

ここが繁殖地です

And/ if you're a falcon/ it's quite a nice place/ to be in the summer.//

ハヤブサには夏場とても快適な場所です

But it's a pretty miserable place/ to be in the winter.//

想像できると思いますが

It's,/ well,/ you can imagine.//

冬を越すには悲惨な所ですね

So,/ as any sensible bird would do,/ he moves south.// They move south.// The whole population moves south.//

賢い鳥類と同様に彼も南へと 飛んでいきます みなで南へと移動します

But then/ the being sensible stopped.//

しかし賢いのはここまでです

So,/ now/ they don't stop here,/ or even down here.//

ここで落ち着かずにさらに南下を続けます

No, they turn across/ here.//

違った ここで方向を変えます

They have a little refueling stop/ in northeastern India.//

インド北東部でちょっと休息を取った後

They come to the latitude of about Mumbai or Goa.//

ムンバイやゴアの緯度にやってきます

And then/ they strike out/ across the ocean,/ down/ to Kenya.//

そしてここから海を渡りケニアに行きます

And down here,/ and they winter down here [ in southern Africa ] .//

ここで冬を過ごすわけです

すごいことです これは猛禽類の 渡りの中では最長の 並外れた移動距離です

And they are not the only one/ that makes the crossing.//

移動するのは彼らだけではありません

They have the most incredible journey,/ but several make the crossing/ from India/ to Africa.// Includes this one,/ the hobby.//

この移動は確かにすごいですが 他にもインドからアフリカへ渡る鳥類はいます

This fellow is a very nice bird,/ this is the Pied cuckoo.//

こちらはジャコバンカッコウです

Those of you/ from northern India will be familiar/ with this.//

インド北部出身の方には御馴染みでしょう

It comes with the monsoons.//

モンスーンと共にやってきては

This time of year/ they cross back/ to Africa.//

毎年この時期にアフリカへと戻っていきます

And this guy,/ the roller,/ a rather beautiful bird.//

ブッポウソウは美しい鳥です

It's known as the Eurasian Roller.// In India/ it occurs in the northwest,/ so it's known as the Kashmir Roller.//

こちらはニシブッポウソウ インド北西部にいるので カシミールブッポウソウとも呼ばれます

And/ these birds,/ what I've done/ is I've complied all the records,/ all the available records of these birds,/ put them together,/ and found out/ they migrate at exactly the same time/ as the dragonflies.//

ありとあらゆるデータを 集めてみると彼らが ウスバキトンボと同時期に 移動することが分かりました

They make use of exactly the same winds.//

彼らもまた同じ風を利用するのです

They travel at exactly the same time/ with the same winds to make/ the crossing.// I know/ they travel at the same altitude.//

同じ風に乗って海を渡るのです 同じ高度を飛行することもわかっています

It's known about the Amur Falcon.// This guy,/ unfortunately,/one of these met an unfortunate end.//

このニシブッポウソウは不幸な 最後を迎えることになりました

He was flying off the coast of Goa,/21 years ago,/1988.// October,/1988.//

彼はゴア海岸を飛び立ちました 21年前の1988年の10月でした

An Indian Navy jet was flying off/ Goa,/ bang!// In the middle of the night.// Fortunately,/ a two engine jet got back/ to base,/ and they pulled the remains of one of these [ Eurasian Rollers ] out.//

インド海軍のジェットがゴアを飛びたつと バン! 夜中に何かに衝突しました 幸運にもジェット機が 基地に帰ってくると(ニシブッポウソウの)残骸が残っていました

Flying at night/ over the Indian Ocean 2,424 meters.//

彼らは夜中にインド洋上を高度2424mで飛行するのです

Same height/ as the dragonflies go.//

トンボが飛行する高度と同じです

So,/ they are using the same winds.//

つまり彼らも同じ風を利用しているのです

And the other thing,/ the other important factor/ for all these birds,/ all medium sized fellows,/ and this includes the next slide as well,/ which is a bee-eater.//

もう1つ重要な点は 中型の鳥類や次のスライドの 彼らも皆ハチクイ科であるということです

Bee-eaters eat bees.// This one has a nice blue cheek.//

蜂を食べます 青色のキレイな頬ですね

It's a Blue-cheeked Bee-eater.//

ルリホオハチクイです

And every one of these birds/ that makes the crossing/ from India/ to East Africa eats insects,/ large insects,/ the size of dragonflies.// Thank/ you very much.//

インドから東アフリカへと 移動する鳥類はみな トンボほどの大型の昆虫を 食べるのです ありがとうございました

(拍手)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

Maldives

《the~》マルダイブ(マルディブ)(インド洋中の群島で,現在はマルディブ共和国)

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

Delhi

デリー(インド北部の連邦政府直轄地;Mogul帝国の旧都)

obviously

明らかに,明白に

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

biologist

生物学者

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

coral reef

サンゴ礁

diving

潜水

ダイビング

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

whale

鯨: 捕鯨に従事する 〔話〕 非常に大きい[すごい]もの (a ~ at [for, on] …の得意[熱心]な人)

dolphin

『イルカ』

シイラ(温帯水域に産する大型の細長い魚)

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

Sri Lanka

スリランカ(インド洋にある島国の共和国;Ceylonの正式国名;首都Colombo)

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

northeast

《the~》『北東』(《略》『NE,N.E.』)

《the~》北東地域,北東部;《the N-》米国北東部[地方]

北東へ向かう

(風が)北東からの

北東へ(に)

monsoon

モンスーン,季節風(夏期は南西,冬期は北東から吹く季節風)

(季節風による)雨期

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

probably

『たぶん』,『おそらく』

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

Asia

『アジア』

heat

〈U〉『熱さ』,『暑さ』,熱い状態

〈U〉熱度,温度

〈U〉(家などの)暖房装置

〈U〉熱心,熱烈;(物事の)最高潮《+『of』+『名』》

〈U〉(エネルギーとしての)熱

〈C〉(競技の)1回,1ラウンド

…‘を'『熱する』,暖める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'興奮させる,怒らせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

熱くなる,暖まる《+『up』》

hot air

むだ話,つまらない考え

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

sea

《通例the~》《しばしば複数形で単数扱い》『海』,海洋

〈C〉《固有名詞につけるときはS-》(部分的に陸地に囲まれた)海,…海

(波の状態から見た)海面,湖面,水面;(海・湖などの)波;大波,高波

〈U〉《the ~》船乗り(水兵)の仕事,海上生活

《a ~》大量(の…),たくさん(の…)《+『of』+『名』》

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

southwest

〈U〉《the~》『南西』(《略》『SW,D.W.,s.w.』)

《the~》南西地域,南西部;《the S-》米国南西部[地方]

南西へ向かう

(風が)南西からの

南西へ(に)

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

towards

toward

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

moisture

『湿りけ』,湿気

(空気中,または物の表面の)蒸気,水分

cross

〈C〉(昔,罪人のはりつけの刑に用いた)『十字架』

《the C-》キリストがはりつけになった十字架;キリスト教の象徴としての十字架

〈C〉十字(キリスト教徒が右手で切る)

〈C〉イエスのために耐える苦しみ,受難

〈C〉十字架像;(紋章などの)十字形

〈C〉キリスト教信仰;《集合的に》キリスト教徒

〈C〉十字記号(crisscross)(+または×)

〈C〉《修飾語を伴って》十字勲章

《『the Cross』》南十字星(the Southern Cross)

〈C〉(動物・植物の)(…間の)異種交配;雑種《+『between』+『名』+『and』+『名』》

〈C〉(ボクシングの)クロスパンチ

(信仰のしるしとして)〈人・自分〉‘に'『十字を切る』

…'を'『交差させる』(『する』)

…‘に'『交差させて線を引く』;《英》〈小切手〉‘に'線引きする;…'を'横線(×印)をつけて消す《+『名』+『out』(『off』),+『out』(『off』)+『名』》

…'を'『横切る』,横断する,渡る

〈心〉'を'よぎる,‘に'ふと浮かぶ

…‘と'すれ違う,行き違う

…'を'妨げる,‘の'じゃまをする

…'を'交配する

『交差する』,交わる

(…へ)『横切る』,渡る《+『over to』+『名』》

すれ違いになる

〈動物・植物が〉交配する,雑種になる

おこりっぽい,ふきげんな

(風が)反対の

十文字に交差した,横切った

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

Indian Ocean

インド洋

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

naturalist

博物学者;(特に)動物(植物)学者

(文学・芸術・哲学などの)自然主義者

=naturalistic

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

Oriental

『東洋の』

東洋人

scarlet

『緋色』(ひいろ),深紅(しんく)色(あざやかな赤(bright red))

『緋色の』,深紅色の,まっかな

dragonfly

『トンボ』

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

fresh

『新鮮な』,生きのいい

『はつらつとした』,若々しい

(印象・色などが)『鮮やかな』,薄れていない;(色が)塗りたての

これまでになかった,初めての;新規の新たな

新米の,未熟な

(空気が)さわやかな,涼しい

(風が)やや強い

(水が)塩けのない;飲用できる

《米話》(特に異性に対して)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』(『to』)+『名』》

新たに,新しく

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

larva

(昆虫の)幼虫(青虫など)

(動物の)幼生(オタマジャクシなど)

hatch

〈ひな・卵〉‘を'『かえす』,ふ化する

〈陰謀・計画など〉‘を'企てる,たくらむ

〈ひな・卵が〉『かえる』《+『out』》

(卵の)ふ化;(…の)一かえり《+『of』+『名』》

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

mosquito

『カ』(蚊)

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

burst

『破裂する』,爆発する

〈つぼみが〉ほころびる

《通例進行形で》(…で)はちきれそうにいっぱいである《+『with』+『名』》

『急に(…)する』

…'を'破裂させる,爆発させる,破る

(…の)『破裂』,爆発《+『of』+『名』》

(…の)『突発』《+『of』+『名』》

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

freshwater

淡水の,淡水性の;淡水産の

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

ca

circa

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

exception

〈U〉(…を)『除外すること』(…の)除外《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)『例外』《+『to』+『名』》

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

skimmer

上澄みをすくい取る道具(網じゃくしなど)

カモメ目の海鳥,アジサシの類(水を切って飛びながらえさを捜す)

スキマー(普通麦わら製のつばの広い帽子)

wandering

歩き回る,さまよう

曲がりくねる

放浪,さすらい

うわごと

glider

グライダー,滑空機

滑るもの(人)

《米》(ベランダなどに置く)ぶらんこ椅子(いす)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

tropic

〈C〉回帰線

《the tropics》熱帯地方

熱帯[地方]の(tropical)

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

mediocre

月並みの,平凡な;中途半端な

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

endemic

(特に病気が)ある地方(住民)に特有の,風土性の;(ある地方・住民に)特有の《+『to』+『名』》

風土病,地方病

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

dull

(刃・先端が)『鈍い』,なまくらの

(光・音・色などが)『鈍い』,はっきりしない

(天気・空が)どんよりした,曇った,うっとうしい

(感覚が)鈍い

頭の鈍い,愚鈍な

(痛みが)鈍い

退屈な,おもしろくない

(人が)元気のない;(商売などが)不活発な

〈刃など〉‘を'『鈍らせる』,〈痛みなど〉‘を'鈍くする,ある程度まで和らげる,〈光・色など〉‘を'曇らせる

『鈍くなる』,曇る,ぼんやりする

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

attitude

(人・物に対する)『姿勢』,身構え,感じ方,(特に精神的な)傾向,性向《+『toward』(『to』,『on』)+『名』》

(行為・感情などを示す)姿勢,身構え

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

keen

(刃物などが)『鋭い』

(寒さなどが)『厳しい』;(痛みなどが)『激しい』;(音などが)耳をつんざく;(言葉などが)人の心を刺す

(感覚・判断力などが)『鋭敏な』,鋭い

(感情・欲求などが)激しい,強烈な;(競争など)し烈な

熱心な

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

suddenly

『突然に』,だしぬけに

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

dawn

〈U〉〈C〉『夜明け』,暁(daybreak)

《the ~》(物事の)『始まり』,端緒《+『of』+『名』》

『夜が明ける』,明るくなる

〈物事が〉はっきりして来る,現れ始める

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

laughter

『笑い』,笑い声

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

sand

〈U〉『砂』

《複数形で》砂地,砂浜,砂漠

《複数形で》時刻,時間

…‘を'砂(紙やすり)で磨く《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

〈道路など〉‘に'砂をまく

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

rainwater

雨水,天水

soak

…‘を'『びしょぬれにする』,ぬらす・(…に)…‘を'『浸す』,つける《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》・〈水分・知識など〉‘を'『吸収する』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》・〈汚れなど〉‘を'しみ出させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》・《話》〈人〉‘に'法外な値段をふっかける・(液体などに)『つかる』,浸る《+『in』(『into』)+『名』》

(…に)〈液体が〉『しみる』《+『in』(『into, through』)+『名』》・

『浸すこと』,つけること;(水に)つかった状態,ずぶぬれ

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

dig

〈地面・穴など〉‘を'『掘る』

…‘を'『掘り出す』《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…から)…‘を'見つけ出す,探り出す《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'突く;(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

《俗》…‘を'理解する,好む

『地面を掘る』,掘り返す

《話》(資料などを)丹念に調べる《+『at』+『名』》

(…を)小突くこと《+『in』+『名』》

(…に対する)当てこすり《+『at』+『名』》

考古学上の発掘地

《複数形で》《英話》下宿

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

tricky

(人が)こうかつな,ずるい

(物事・仕事などが)手の込んだ;慎重を要する,扱いにくい

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

pond

『池』

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

childhood

『幼時』,子供時代

Indian

インドの,インド人の

アメリカインディアンの

〈C〉インド人

(また『American Indian』)〈C〉『アメリカンインディアン』

〈U〉アメリカインディアンの言語

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

swarm

(大きな一団となって飛んで(動いて)いる昆虫などの)『群れ』《+of+名》

(人・動物・物の)『群れ』,多数《+of+名》

〈ミツバチが〉巣分かれする,分封する

『群れをなして動く』

〈場所が〉(で…)一杯になる,あふれる《+with+名》

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

yeah

=yes

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

first thing

まず最初に,朝一番に

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

October

『10月』({略}『Oct.』)

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

invariably

いつも変わらずに,必ず,常に

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

archipelago

群島

群島のある海

《the A-》(ギリシアと小アジアの間の)多島海,エーゲ海(the Aegean Sea)

stretch

〈手足・翼など〉‘を'『いっぱいに伸ばす(広げる)』《+out+名,+名+out》

〈手など〉‘を'差し出す《+out+名,+名+out》

(一方から一方へ)〈なわなど)‘を'張る,渡す,<じゅうたんなど>‘を'敷く《+名+out, out+名》

〈神経など〉‘を'極度に緊張させる,ぎりぎりまで使う(働かせる)

〈意味・法律など〉‘を'拡大解釈する,誇張する

(無理に)〈靴など〉‘を'広げる,長くする,引っ張る

〈訪問など〉‘を'引き延ばす,長びかせる

〈人が〉『長々と横になる』(寝べる)《+out》

〈人が〉手足をいっぱいに克ばす《+out》

《副詞[句]を伴って》伸びている,広がっている

〈ゴムなどが〉伸びる

〈C〉(…の)(空間的な)『広がり』,伸び,範囲《+of+名》

〈C〉(時間的な)一続きの期間,長さ《+of+名》

〈C〉《単数形で》『伸ばす(伸びる)こと』

〈U〉弾力性,伸張力

〈C〉《単数形で》(競走路の,特に最後の)直線コース

弾性を持つ材料でできた,ストレッチの

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

southernmost

最南の,最南端の

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

doe

(シカ・カモシカ・ヤギ・ウサギなどの)雌

clue

(問題・なぞなどを解く)『手がかり』,(研究などの)『糸口』,端緒;(話などの)筋道《+『to』+『名』》

=ciew1

=clew3

《『clue in』(『up』)+『名,clue』+『名』+『in』(『up』)》(…について)…‘に'手掛かり(情報)を与える《+『about』(『on』)+『名』》

rigorous

(法などが)厳格な

厳密な

(集態・気候などが)厳しい,過酷な(severe)

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

bump

衝突;ごつんと当たること

ゴツン,ドスン[という音]

打ちこぶ

ばたんと,どしんと

…‘に'突き当たる,ぶち当たる;(…に)…'を'突き当てる《+『名』+『on(『against』)+『名』》

(…に)突き当たる《+『into』(『against』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈車が〉ガタガタ揺れて通る

short time

操業短縮

November

11月(《略》Nov.)

December

『12月』({略}『Dec.』)

tail

〈C〉『尾』,しっぽ

〈C〉『尾に似た物』;(飛行機・車の)尾部

〈C〉(…の)『後部』,末端,終り(底)の部分《+of+名》

〈C〉コインの裏側

《複数形で》燕尾(えんび)服(tail coat)

〈C〉《俗》しり,けつ

〈C〉《俗》尾行者

…‘に'尾をつける

《話》〈人〉‘を'尾行する

〈物・音が〉しだいに減ってゆく,消えてゆく《+away(off, out)》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

impression

〈C〉〈U〉(…に与える)『印象,感銘』《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物についての)『感じ』《+『of』+『名』》

〈U〉(漠然とした)感じ,考え

〈C〉(圧力などでできた)(…の)跡,刻印,印(mark)《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)まね《+『of』+『名』》

〈C〉印刷,刷り;(原版の)…刷

air mass

気団(気温・湿度が一様な空気のかたまり)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

vertical

『垂直の』,直立した,縦の

垂直線(面);垂直位置

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

altitude

〈U〉『高さ』(height)

〈C〉標高,海抜(かいばつ)

《しばしば複数形で》高所;高い地位

〈U〉〈C〉(三角形などの底辺からの)高さ;(天体の)高度,高角

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

insect

『昆虫』;(一般に)虫

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

okay

=OK,O.K.

apparent

『明白な』,はっきりした

『外見上の』,見かけの,うわべの

doom

(通例悪い)『運命』

『破滅』(ruin);死(death)

(神の)最後の審判

(厳しい刑罰などを)〈人〉‘に'宣告する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

《受動態で》…‘を'運命づける

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

fishery

〈U〉漁業,水産業

〈C〉漁場;養魚場

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

rainfall

〈C〉降雨,雨降り

〈U〉雨量

temporary

『一時の』,はかない,仮の

pool

(特に,自然にできた)『水たまり』

(水以外の液体の)たまり《+『of』+『名』》

『水泳プール』(swimming pool)

seasonal

季節の,季節的,季節ごとの

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

instead

『その代りとして』,それよりも

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

hunt

〈野生の鳥・動物〉‘を'『狩る』,〈獲物のいる場所〉‘を'狩る,〈馬・犬など》‘を'狩猟に使う

〈物・仕事など〉‘を'捜す,見つけようとする

(…を求めて)〈場所〉‘を'くまなく捜す《+『名』+『for』+『名』》

(…から)…‘を'迫いやる《+『名』+『away』(+『away』+『名』)+『from』(off, out of』)+『名』》

『狩りをする』

(…を)捜し求める《+『for』(『after』)+『名』》

(…を求めて…を)くまなそ捜す《+『in』(『through』)+『名』+『for』+『名』》

『狩り』,狩猟;《英》キツネ狩り

狩猟隊(会)

(…の)捜索;追求《+『for』+『名』》

withdraw

(…から)…‘を'『引っ込める』《+名+from+名》

(…から)…‘の'身を引かせる,‘を'退かせる《+名+from+名》

(…から)…‘を'引き出す,回収する《+名+from+名》

〈申し出・約束など〉‘を'取り消す,撤回する

『引き下がる』;(…から,…へ)退く《+from(into)+名》

(…から)身を引く《+from+名(doing)》

よける,身をかわす

取り消す,撤回する

incredibly

信じられないほど

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

southeast

〈U〉《the ~》『南東』(《略》『SE,S.E.』)

《the ~》南東地域,南東部;《the S-》米国南東部

南東へ向かう

(風が)南東からの

南東へ(に)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

campus

(大学などの)『構内』,キャンパス;学園

《米》(大学の)分校

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

Kenya

ケニア(アフリカ東部の共和国;首都Nairobi)

drought

『干ばつ』,日照り続き

broke

breakの過去形

ほとんど(全く)金を持たない,文なしの

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

converge

(同一点・同一場所に)集まる,集中する《+『on』+『名』》

(物理・数学で)収れんする

…'を'1点に集める

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

overhead

『頭上高く』,空に

『頭上にある』,空にある

〈C〉《英では複数形で》一般諸経費

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

maximum

(量・数・程度の)『最大限』

(数学で)極大;最大値;極大点

最高の,最大の

heating

加熱;暖房[装置]

evaporation

蒸発;(蒸発による)消散

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

opportunity

『機会』,好機

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

convection

(熱・気流の)対流

伝達,運搬

rising

〈U〉(…が)上がること,(…の)上昇;昇進《+『of』+『名』》

〈U〉起床

〈C〉蜂起,反乱

上がる,強まる,高まる

成長する,発達中の,上り坂にある

convergence

1点に集まること;〈C〉1点に集まった箇所

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

automatically

自動的に

無意識に,機械的に

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

North America

北アメリカ(合衆国・カナダ・メキシコを含む大陸)

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

monarch

『君主』,帝王

オオカバマダラ(北米産の赤茶色と黒のまだらの大きなチョウ)

butterfly

〈C〉『チョウ』

(またbutterfly stroke)〈U〉(水泳で)バタフライ

migration

〈U〉〈C〉移住,(動物の)移動

〈C〉《集合的に》(人・動物などの)移動の群

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

length

〈U〉〈C〉(空間・時間の)『長さ』

〈U〉〈C〉長いこと,長い状態

〈C〉単位となる長さ;(競馬・競艇の)1馬身,1艇身

〈C〉ある長さの物(部分)

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

transoceanic

大洋横断の

大洋の向こうの

crossing

横断,横切ること;渡航

交差点,十字路;踏切,《英》横断歩道(《米》crosswalk),(河川・水路の)横断場所

異種交配(crossbreeding)

feat

『手柄』,功績

芸当,離れ業

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

percolate

(…を通して)〈液体〉‘を'ろ過する,こす《+『名』+『through』+『名』》

(液体が)…‘に'しみ込む

(また《話》『perk』)〈コーヒー〉‘を'パーコレーターで入れる

(…を通って)にじみ出る,しみ出る《+『through』+『名』》

《話》元気になる

(また)《話》『perk』)〈コーヒーが〉パーコレーターでろ過される

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

falcon

(タカ狩り用の)タカ,ハヤブサ

eastern

『東の』;東へ向かう;(風が)東からの

《しばしばEastern》『東洋の』(Oriental)

《しばしばEastern》《米》東部地方の

《Eastern》東欧の,共産圏の

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

Siberia

シベリア

Manchuria

満州(中国北東部の大地域の旧称)

miserable

(人が)『みじめな』,ひどく不幸な

(物事が)人の気をめいらせるような,哀れな;ひどく不快な

《名詞の前にのみ用いて》貧弱な,みすぼらしい,程度の低い

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

sensible

『分別』(『良識』)『がある』,ものの分かる

(心・五感によって,容易に)感じられる,感覚できる

《文》《補語にのみ用いて》(…に)気づいている(…を)意識している(aware, conscious)《+『of』+『名』》

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

northeastern

北東の;北東へ向かう

北東からの

北東部得典の

latitude

〈U〉『緯度』(《略》『lat.』)

《複数形で》(緯度からみた)地帯,地方

〈U〉(思想・行動などの)自由;自由の範囲,許容の程度

〈U〉(露出の)寛容度(最少露出から最高露出までのフイルムの許容感度の幅)

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

extraordinary

『並はずれた』;異常な

《名詞の前にのみ用いて》『特別の』,臨時の

bird of prey

猛禽(きん)(ワシ,タカ,ハヤブサなどの肉食鳥)

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

hobby

(他の人と多少変わった)『趣味』,道楽

pied

まだらの,ぶちの

cuckoo

『カッコウ』(英国の春告け鳥と言われる;英国は他の鳥の巣に産卵する)

かっこ‐,くっく‐(その鳴き声)

愚かな;ばかな;気違いの

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

roller

(物を延ばしたり平らにしたり,くだいたりするための)『ローラー』

(物を動かしやすくする)ころ

(布などを)巻き取る軸,巻きつける軸

(岸に打ち寄せる)大波

ヘアカーラー(髪にウエーブをつけるのに用いる)

転がる人

Eurasian

欧亜大陸の

欧亜混血の

欧亜混血児

Kashmir

カシミール(インド・パキスタン・中国に隣接する地方)

comply

(要求・命令・規則などに)『従う』,応ずる《+『with』+『名』》

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

unfortunate

『不運な』,不幸な

不適当な,不適切な

不運な人,不幸な人

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

navy

《集合的に;《米》単数扱い,《英》単数・複数扱い》『海軍』

《集合的に;《米》単数扱い,《英》単数・複数扱い》《通例the N-》(ある国の)海軍

〈U〉=navy blue

jet

(水・ガス・蒸気などの)『噴出』,噴射;噴出物,噴射物

噴出口,(ホースなどの)筒口

=jet plane

=jet engine

噴出する,噴射する

ジェット機で行く(旅行する)

…‘を'噴出する,噴射する

…‘を'ジェット機で運ぶ

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

fortunately

『運よく』,幸いにも

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

cheek

〈C〉『ほお』

〈U〉《話》生意気な言葉;生意気,厚かましさ

〈C〉《俗》尻(しり)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画