TED日本語 - ニザール・イブラヒム: スピノサウルスを発掘するまで

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ニザール・イブラヒム: スピノサウルスを発掘するまで

TED Talks

スピノサウルスを発掘するまで
How we unearthed the spinosaurus
ニザール・イブラヒム
Nizar Ibrahim

内容

体長15mの肉食恐竜スピノサウルスは、9,700万年前、川で獲物を狩っていた「太古のドラゴン」です。古生物学者ニザール・イブラヒムと彼のチームが発見したのは、モロッコのサハラ砂漠で崖に埋まっていた新たな化石でした。この発見によって、初めて発見された泳ぐ恐竜で、しかも肉食恐竜の中で最大だった可能性がある生物について、次第に明らかになってきたのです。

Script

These dragons from deep time are incredible creatures. They're bizzarre, they're beautiful, and there's very little we know about them.

These thoughts were going through my head when I looked at the pages of my first dinosaur book. I was about five years old at the time, and I decided there and then that I would become a paleontologist. Paleontology allowed me to combine my love for animals with my desire to travel to far-flung corners of the world.

And now, a few years later, I've led several expeditions to the ultimate far-flung corner on this planet, the Sahara. I've worked in the Sahara because I've been on a quest to uncover new remains of a bizarre, giant predatory dinosaur called Spinosaurus.

A few bones of this animal have been found in the deserts of Egypt and were described about 100 years ago by a German paleontologist. Unfortunately, all his Spinosaurus bones were destroyed in World War II. So all we're left with are just a few drawings and notes.

From these drawings, we know that this creature, which lived about 100 million years ago, was very big, it had tall spines on its back, forming a magnificent sail, and it had long, slender jaws, a bit like a crocodile, with conical teeth, that may have been used to catch slippery prey, like fish. But that was pretty much all we knew about this animal for the next 100 years.

My fieldwork took me to the border region between Morocco and Algeria, a place called the Kem Kem. It's a difficult place to work in. You have to deal with sandstorms and snakes and scorpions, and it's very difficult to find good fossils there. But our hard work paid off. We discovered many incredible specimens. There's the largest dinosaur bone that had ever been found in this part of the Sahara. We found remains of giant predatory dinosaurs, medium-sized predatory dinosaurs, and seven or eight different kinds of crocodile-like hunters.

These fossils were deposited in a river system. The river system was also home to a giant, car-sized coelacanth, a monster sawfish, and the skies over the river system were filled with pterosaurs, flying reptiles. It was a pretty dangerous place, not the kind of place where you'd want to travel to if you had a time machine.

So we're finding all these incredible fossils of animals that lived alongside Spinosaurus, but Spinosaurus itself proved to be very elusive. We were just finding bits and pieces and I was hoping that we'd find a partial skeleton at some point.

Finally, very recently, we were able to track down a dig site where a local fossil hunter found several bones of Spinosaurus. We returned to the site, we collected more bones. And so after 100 years we finally had another partial skeleton of this bizarre creature. And we were able to reconstruct it.

We now know that Spinosaurus had a head a little bit like a crocodile, very different from other predatory dinosaurs, very different from the T. rex. But the really interesting information came from the rest of the skeleton. We had long spines, the spines forming the big sail. We had leg bones, we had skull bones, we had paddle-shaped feet, wide feet -- again, very unusual, no other dinosaur has feet like this -- and we think they may have been used to walk on soft sediment, or maybe for paddling in the water. We also looked at the fine microstructure of the bone, the inside structure of Spinosaurus bones, and it turns out that they're very dense and compact. Again, this is something we see in animals that spend a lot of time in the water, it's useful for buoyancy control in the water.

We C.T.-scanned all of our bones and built a digital Spinosaurus skeleton. And when we looked at the digital skeleton, we realized that yes, this was a dinosaur unlike any other. It's bigger than a T. rex, and yes, the head has "fish-eating" written all over it, but really the entire skeleton has "water-loving" written all over it -- dense bone, paddle-like feet, and the hind limbs are reduced in size, and again, this is something we see in animals that spend a substantial amount of time in the water.

So, as we fleshed out our Spinosaurus -- I'm looking at muscle attachments and wrapping our dinosaur in skin -- we realize that we're dealing with a river monster, a predatory dinosaur, bigger than T. rex, the ruler of this ancient river of giants, feeding on the many aquatic animals I showed you earlier on.

So that's really what makes this an incredible discovery. It's a dinosaur like no other. And some people told me, "Wow, this is a once-in-a-lifetime discovery. There are not many things left to discover in the world." Well, I think nothing could be further from the truth. I think the Sahara's still full of treasures, and when people tell me there are no places left to explore, I like to quote a famous dinosaur hunter, Roy Chapman Andrews, and he said, "Always, there has been an adventure just around the corner -- and the world is still full of corners." That was true many decades ago when Roy Chapman Andrews wrote these lines. And it is still true today.

Thank you.

(Applause)

「大昔にいたドラゴンって 本当にすごい ― すごく奇妙で 美しいけれど まだ ほとんど何も わかっていないんだ」

初めて手にした恐竜図鑑を見た時 私の頭には そんな思いがよぎりました 私は当時5才位で その場で 古生物学者になろうと 心に決めました 古生物学のお陰で 私は 動物への愛情と 世界中の辺境を旅したいという 願いを同時に実現できました

そして数年経った現在 発掘調査を指揮して 地球上で最も辺鄙な場所 サハラ砂漠に何度か出かけています サハラ砂漠で調査する理由は ある恐竜の新たな標本を 発掘するためです それはとても奇妙で巨大な肉食恐竜 ― スピノサウルスです

スピノサウルスの骨は エジプトの砂漠で いくつか見つかっていて ドイツの古生物学者による 約100年前の記録があります でも残念なことに 彼が発見した骨は 第二次世界大戦中にすべて破壊されました 残されているのは 数点のスケッチとメモだけです

このスケッチからわかるのは 1億年ほど前に生きていた この恐竜は かなり大きく 背中には長い突起があり 立派な帆になっていたことです アゴはワニのように細長く 歯は円錐形で 魚など 滑りやすい獲物を 捕えていたのかも知れません でも その後100年もの間 この生物について わかることは ほぼそれだけでした

私はフィールドワークで モロッコとアルジェリアの国境地帯の ケムケムという場所に行きました 調査するには大変な場所でした 砂嵐やヘビやサソリに 対処しなくてはならない上に 質の良い化石を探すのも一苦労でした でも苦労は報われ 素晴らしい標本を大量に発見したんです この地域で見つかった中で 最大の恐竜の骨や 巨大な肉食恐竜の骨格や 中型の肉食恐竜 ― それからワニに似た 7~8種類の捕食動物も発見しました

これらの化石は 川底の跡に堆積していました この水系には巨大な 自動車サイズのシーラカンスや 怪物のようなノコギリエイがいて 上空は空飛ぶ爬虫類 翼竜で 埋め尽くされていました かなり危険な場所でしたから タイムマシンがあっても 行こうとは思わないでしょう

私たちはスピノサウルスと 共に生きた様々な生物の 素晴らしい化石は発見しましたが スピノサウルス自体の発見は とても大変でした 骨の破片しか見つからず いつか部分骨格を 発見したいと願っていました

そして とうとう最近になって 地元の化石ハンターが スピノサウルスの骨を見つけた 発掘場所を突き止めたのです 私たちは そこで さらに骨を発掘しました 100年の時を経て とうとう この奇妙な生物の 部分骨格が手に入り 全体を復元することができました

こうしてわかったのは 頭部がワニに似ていることです これはティラノサウルスなどの 他の肉食恐竜とは全く異なります 一方 さらに興味深い情報が 骨格の他の部分にありました 長い骨板は 大きな帆になっています 脚部の骨や頭蓋骨 そして 水かきのように幅の広い 足の骨も見つかっています とても変わっていて こんな足の恐竜は他にいません 普段 柔らかい堆積物の上を歩いていたか 水をかいていたのかも知れません 骨の微細な構造や内部構造も 調査したところ とても密度が高くて コンパクトなことがわかりました これも水中で長時間過ごす動物に よく見られる特徴で 水中で浮力をコントロールするのに 役立ちます

私たちは骨を全部 CTスキャンにかけて スピノサウルスの骨格をデジタル化しました このデジタル骨格を調べると やはり他のどの恐竜とも 違うことに気づきました ティラノサウルスよりも巨大で 頭蓋骨は魚を食べていたことを 物語っています さらに 骨格全体から 水中に適していたことは明白です 密度の高い骨 水かきのような足 小さな後ろ脚 ― これは かなり長い時間 水中で過ごす動物の特徴なのです

スピノサウルスを復元する過程で 筋肉のつき方を調べ 皮膚で覆っていくにつれて 私たちが相手にしているのが まさに川の怪物だとわかってきました ティラノサウルスより巨大な肉食恐竜で 巨大生物が住む古代の川を支配し 先ほど見た 様々な水生動物を 捕食していたことがわかったのです

これは本当にすごい発見です 他に類を見ない恐竜なのです こんなことを言う人もいます 「これは一生に一度の大発見だ もう この世界に発見すべきものは それほど多くないだろう」 でも それは事実とは かけ離れていると思います サハラ砂漠には まだ宝が眠っています 「もう探検する場所がない」と 言う人には 有名な恐竜ハンター ロイ・チャップマン・アンドリュースの 言葉を贈ります 「いつだって すぐ近くに冒険があるし 世界には そんな場所が まだ無数にある」 彼がこの文章を書いた ― 数十年前は まさにその通りでした でも今だって同じなのです

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画