TED日本語 - ローレン・サラン: 進化で勝ち残り、大絶滅を生き延びる方法

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ローレン・サラン: 進化で勝ち残り、大絶滅を生き延びる方法

TED Talks

進化で勝ち残り、大絶滅を生き延びる方法
How to win at evolution and survive a mass extinction
ローレン・サラン
Lauren Sallan

内容

おめでとうございます。ここに生きて集うみなさんは、歴史的な勝ち組の一人であり、40億年に及ぶサクセスストーリーの頂点にいます。過去に存在し絶滅した他の99%の種は、火災、洪水、小惑星の衝突、氷河、熱、あるいは冷酷な自然淘汰によって死に絶えました。では生き延びた種は、なぜそんなに幸運だったのか?これからも勝ち続けるのか?この短い、ユーモラスなトークでは、純古生物学者でTEDフェローのローレン・サランが、ヒトの祖先がどのように大絶滅を生き延び、今の我々があるのかを明かします。

Script

Congratulations. By being here, listening, alive, a member of a growing species, you are one of history's greatest winners -- the culmination of a success story four billion years in the making. You are life's one percent. The losers, the 99 percent of species who have ever lived, are dead -- killed by fire, flood, asteroids, predation, starvation, ice, heat and the cold math of natural selection. Your ancestors, back to the earliest fishes, overcame all these challenges. You are here because of golden opportunities made possible by mass extinction.

(Laughter)

It's true. The same is true of your co-winners and relatives. The 34,000 kinds of fishes. How did we all get so lucky? Will we continue to win? I am a fish paleobiologist who uses big data -- the fossil record -- to study how some species win and others lose. The living can't tell us; they know nothing but winning. So, we must speak with the dead.

How do we make dead fishes talk? Museums contain multitudes of beautiful fish fossils, but their real beauty emerges when combined with the larger number of ugly, broken fossils, and reduced to ones and zeros. I can trawl a 500-million-year database for evolutionary patterns. For example, fish forms can be captured by coordinates and transformed to reveal major pathways of change and trends through time.

Here is the story of the winners and losers of just one pivotal event I discovered using fossil data. Let's travel back 360 million years -- six times as long ago as the last dinosaur -- to the Devonian period; a strange world. Armored predators with razor-edge jaws dominated alongside huge fishes with arm bones in their fins. Crab-like fishes scuttled across the sea floor. The few ray-fin relatives of salmon and tuna cowered at the bottom of the food chain. The few early sharks lived offshore in fear. Your few four-legged ancestors, the tetrapods, struggled in tropical river plains. Ecosystems were crowded. There was no escape, no opportunity in sight. Then the world ended.

(Laughter)

No, it is a good thing. 96 percent of all fish species died during the Hangenberg event,359 million years ago: an interval of fire and ice. A crowded world was disrupted and swept away.

Now, you might think that's the end of the story. The mighty fell, the meek inherited the earth, and here we are. But winning is not that simple. The handful of survivors came from many groups -- all greatly outnumbered by their own dead. They ranged from top predator to bottom-feeder, big to small, marine to freshwater. The extinction was a filter. It merely leveled the playing field. What really counted was what survivors did over the next several million years in that devastated world. The former overlords should have had an advantage. They became even larger, storing energy, investing in their young, spreading across the globe, feasting on fishes, keeping what had always worked, and biding their time. Yet they merely persisted for a while, declining without innovating, becoming living fossils. They were too stuck in their ways and are now largely forgotten.

A few of the long-suffering ray-fins, sharks and four-legged tetrapods went the opposite direction. They became smaller -- living fast, dying young, eating little and reproducing rapidly. They tried new foods, different homes, strange heads and weird bodies.

(Laughter)

And they found opportunity, proliferated, and won the future for their 60,000 living species, including you. That's why they look familiar. You know their names.

Winning is not about random events or an arms race. Rather, survivors went down alternative, evolutionary pathways. Some found incredible success, while others became dead fish walking.

(Laughter)

A real scientific term.

(Laughter)

I am now investigating how these pathways to victory and defeat repeat across time. My lab has already compiled thousands upon thousands of dead fishes, but many more remain. However, it is already clear that your ancestors' survival through mass extinction, and their responses in the aftermath made you who you are today.

What does this tell us for the future? As long as a handful of species survive, life will recover. The versatile and the lucky will not just replace what was lost, but win in new forms. It just might take several million years.

Thank you.

(Applause)

おめでとうございます ここにいて 生きて 話を聞いている 発展種の一員であるみなさんは 史上最高の勝ち組の一人であり 40億年続くサクセスストーリーの 頂点にいます みなさんは生物の1%です 負け組である 過去に存在した種の99%は 死滅しました 原因は 火災、洪水、小惑星 捕食、飢餓、氷河、暑さ あるいは 冷酷な自然淘汰などです みなさんの祖先は 最古の魚類だった時代から 先ほどの試練をすべて 乗り越えてきました みなさんが ここに こうしているのは 大絶滅がもたらした 絶好のチャンスのおかげです

(笑)

本当ですよ 同じことが みなさんと共に 勝ち組入りした親戚である 3万4千種類の 魚類についても言えます 私たちはどうしてそんなに ツキに恵まれたのでしょう? そして今後も勝ち続けるのか? 私は 魚類の純古生物学者として ビッグデータすなわち 化石記録を用いて 何が種の勝敗を分けたのかを 研究しています 現生種は教えてくれません 勝つことしか知らないからです だから 絶滅種に聞く必要があります

絶滅した魚類に語らせる方法は? 博物館には美しい魚類の化石が たくさんありますが その本当の美しさが現れるのは さらに多くある 醜い 壊れた化石と合わせて 1と0のデータの形にした時です 5億年分のデータベースをくまなく探して 進化のパターンを得ることができます 例えば 魚の形態を 座標でとらえて変換し 主要な変化の経路や 時系列に沿った変化を 明らかにできます

これは 私が化石データを使って発見した ある一つの重要な出来事における 勝者と敗者の物語です まず 3億6千万年前まで遡りましょう 恐竜時代の最後よりも6倍も昔の デボン紀です 全く奇妙な世界です カミソリの刃のような顎と 鎧のような硬い殻で覆われた捕食者が支配し ヒレの中に腕骨のある 巨大魚もいました カニに似た魚たちが 海底を動き回っていました サケやマグロの仲間である 少数の条鰭(じょうき)類は びくびくしながら 食物連鎖の底辺にいました 少数存在した原始的なサメは 沖合で怯えながら生息していました みなさんの祖先である四足の脊椎動物は ほんの数種類ながら 熱帯の沖積平野で なんとか生き延びていました 生態系は 混み合っていました 逃げ場も 機会も見当たりませんでした そして 世界が終わりました

(笑)

それは良いことだったんです 3億5千9百万年前の ハンゲンベルクイベントで 魚類種の96%が絶滅しました 炎の時期と氷の時期の間のことでした 生物のひしめく世界は秩序が崩壊し 変動の大波にさらわれました

さて みなさんはここで物語は おしまいと思うかもしれません 強者が失墜し 弱者が地球を受け継ぎ 今 人類がいる でも 勝つことはそれほど単純ではありません 生き残った一握りの生物は 様々なグループに属していましたが どのグループでも 死んだ仲間の方が ずっと多かったのです 生き残りは 食物連鎖の頂点の捕食者も 底辺の餌になる種も 大きいものも 小さいものも 海洋生物も 淡水生物もいました 大絶滅は フィルターのようなものでした 競争の場を平らにしたにすぎません 本当に重要なのはその後の 数百万年間に 荒れ果てた世界で 生存者がとった行動です かつての 支配者たちは 本来 優位だったはずです 彼らはさらに巨大化し エネルギーを蓄え 子育てに精力を注ぎ 地球の全域に拡がり 魚類をたらふく食べて これまで上手くいったことを続けながら 時を待ったのです でも持ちこたえられたのは わずかの間だけでした 新しい変化をすることなく衰退し 今では 生きた化石です 彼らは昔ながらの生活様式を 変えることなく 今ではほぼ忘れられています

長い間 劣勢だった わずかな種の条鰭類、サメ、四足動物は 正反対の方向に進みました 彼らは体を小さくし ライフサイクルを速め 短命になり 食べる量を減らし 繁殖の速度を上げました 新たな食べ物を試し 様々な生息地に棲み 頭や胴体を 奇妙な形に変化させました

(笑)

そして生存の機会を見出して繁栄し 現生6万種の未来を 勝ち取ったのです その中にヒトも含まれます だから見覚えのある姿なのです みなさんがご存知の名称です

生存をかけた戦いへの勝利は 偶発的な出来事ではなく 軍拡競争でもありません 生存種たちはむしろ 進化における 別の道を歩んだのです 驚くべき成功を納めたものもあれば 「デッドフィッシュ・ウォーキング」に 成り下がったものもいます

(笑)

これは 実際の科学用語です

(笑)

私が調査しているのは こういった進化上の勝利や敗退の道が いかに繰り返されてきたかです 私の研究室では 既に数千種もの 死滅した魚類をデータベース化しましたが さらに多くが残っています でも 既に明らかなことがあります みなさんの祖先が 大量絶滅を生き残り 大量絶滅の余波に うまく対処したことで 今のみなさんがいるということです

ここから私たちの未来について 何がわかるでしょう? 一握りの生物種が生き延びる限り 生物は復活します しなやかに運よく生き延びた生物は 死滅した生物の後釜におさまるだけでなく 新たな 形態を獲得します ただ それまでに何百万年も かかるかも知れません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画