TED日本語 - ハンス・ロスリング: 宗教と赤ちゃん

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ハンス・ロスリングが問います。宗教によって出生率は異なるのか?それは世界の人口増加にどう影響するのか?カタールのドーハで行われた TEDxサミットで、宗教別の時系列チャートを駆使しながら、おなじみのユーモアとシャープな視点で、ハンスが世界の出生率に関する驚きの結論を導き出します。

Script

宗教の話をしようと思います しかし 非常にデリケートで幅広いテーマです 全ては話せませんのでトピックを絞ることにします 全ては話せませんのでトピックを絞ることにします 宗教とセックスの関係についてだけ話します

(笑)

いいえ これは真剣な話です 私が記憶している中でも最も素晴らしい ー 若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします 若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします 私がお話しするのは宗教が ー 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数に与える影響です

重要なことです 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 世界の人口は このように増加を続けています 世界の人口は このように増加を続けています 1960年は30億人だったのが ー 昨年は70億人に達しました 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます

彼らの言い分は正しいのでしょうか? 私が生まれた頃世界の子供の人口は10億以下でした それが 2000年は20億に近い 何が起きたのでしょう? 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう

これは問題ですあなたは どうなると思いますか? 10億に減ると思いますか? 今世紀末まで20億を維持すると思いますか? 15歳以下の子供の数は年々 増えていくでしょうか? それとも同じ速度で増加を続け ー 40億まで増えると思いますか? 答えは このスピーチの最後にお教えします

では 宗教がどのようにこれと関係しているのでしょう? 世界を宗教で分類するのは ー 思った以上に難しい作業です Wikipediaに行くと最初にこの地図が出てきます 世界はアブラハムの宗教と東洋宗教に分かれています でも これでは大ざっぱすぎます さらにWikipediaで調べてみるとこの地図が出てきました しかし この地図ではキリスト教 イスラム教 仏教が ー さらに細分されています これでは細かすぎます

そこで 私たちは ギャップマインダー独自の地図を作りました それが これです 丸は国です 大きさは人口です中国とインドは大きいです 色は 過半数を占める宗教です 人口の50%以上が信仰する代表的宗教です 人口の50%以上が信仰する代表的宗教です 赤は 東洋宗教で インド 中国 周辺アジア諸国にあります 黄色のイスラム教を信仰する国は ー 大西洋から中東 南ヨーロッパ からアジア インドネシアにまで分布しています これがイスラム教が過半数の国です キリスト教が過半数の国は青です アメリカ ヨーロッパ アフリカ そしてアジアにも少しありますね 白い丸は分類できない国です 50%以上の宗教がない もしくは データに疑いがあるなどの理由です 慎重を期しました

さて このように簡略化した上で図を切り替えましょう これは1960年です これは 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数です 2人 4人 6人のように ー 多い少ないを示します これはドル単位のひとり当たりの所得です こうしたのは 所得が多いほど子供の数が少ないと 言われるからです こちらが低所得でこちらが高所得です

1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした 1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした 日本は例外です ここの 日本以外はキリスト教の国です ここの 日本以外はキリスト教の国です もちろんキリスト教でも ー 6人から7人 生んでいる国もあります ラテンアメリカやアフリカの国です イスラム教は ほぼ全ての国で ー 子供の数が6人から7人でした 所得は関係ありません 東洋宗教も 日本以外は 同じ水準です

では世界の動きを見てみましょう 始めますよ 1962年 ー 少し豊かになりましたね 子供の数はどうでしょう? 中国はどんどん減少しています イスラム教の国は どの所得層も子供の数が減っています 中所得のキリスト教国も子供が減っています 21世紀に入ります 人類の半分以上が下に集中しています 2010年には 人類の80%が ー 子供の数が約2人の国に住んでいます

(拍手)

驚くような変化です (拍手) ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー フランス ロシア イラン メキシコ トルコ アルジェリア インドネシア インド ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで 子供の数は同じです

女性ひとり当たりの子供の数のデータは ー どの国でもかなり正確です 国勢調査のデータですから 不正確な統計ではありません

こう結論できます お金がなくても子供の数は減らせる 世界中で減少していますから

今度は 宗教で見てみましょう 東洋宗教の国は全て ー 子供の数が3人以下です 子供の数が3人以下です イスラム教国とキリスト教国は ー 幅広く分布していますが このふたつの宗教に大きな差はありません このふたつの宗教に大きな差はありません しかし 所得では違いがあります ここの子供を多く産む国は ー かなり所得が少ない ほとんどがサハラ以南のアフリカ諸国です しかし ここには ー グアテマラやパプアニューギニア イエメンやアフガニスタンのような国があります

アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー 人口増加が遅いと思われがちです しかし 逆です 今日の世界では死亡率が高い国ほど ー 人口増加が速いのです ひとり死ぬと ひとり産んで補おうとするからです このような国は子供が6人です 子供の死亡率は女性当たり1人から2人ですが ー 30年後のアフガニスタンの人口は3千万から6千万に増加します コンゴは6千万から1億2千万に増加します 人口が急速に増加しているのはこういった国です こういった国は人口が増えてないと思う人が多いですけどね

次はイスラム教国のセネガルと ー キリスト教国のガーナを比べてみましょう この ふたつの国を独立の時期に戻します 1960年代の初め このふたつの国はここにいました 変化を見て下さい 驚くほどの進歩です 子供が7人だったのが ー 4人から5人に減っています 非常に大きな進歩です

何が理由だったのでしょう? このような国に必要だった条件は分かっています 子供が死なないこと 貧困から抜け出すこと 労働力として子供を必要としなくなるからです 家族計画ができること そして 4つ目の条件が最も重要です

第4の条件は ー カタールの例で説明しましょう これが今日のカタールこれが今日のバングラデシュです このふたつの国を独立の時期に戻します 71年と72年ですからほぼ同時期です 驚くような変化が見られます バングラデシュとカタールを比べて下さい 所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています 所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています

カタールの減少の理由は? いつもと同じ方法で調べました カタール統計局のホームページを見ました いいホームページですよお勧めです そして 私は… ええ すごく楽しめるんですよ 無料でカタールの社会動向が分かります 非常に興味深い情報がたくさんありあす 女性の出産率を見てみました これを書いているのは政府の学者や専門家です 出産率に最も影響を与えているのは ー 初婚年齢の上昇 そして 女性の教育レベルの向上と ー 社会進出だそうです 全く同感です科学的見地からも同感です カタールは非常に興味深い ー 現代化の道を歩みました

4つの条件を見直しましょう 子供が死なないこと 労働力として必要ではないこと 女性が教育を受けて社会進出すること 家族計画ができること

これを もう一度 見て下さい 今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です 今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です 上にあるのは 貧しい国です ここに 家族計画や 子供の生存率向上が必要なのです メリンダ・ゲイツの最近のTEDトークを是非見て下さい ここは 子供が2人以下の国がたくさんあります さて 最初に出した問題の答えです 正解は2です

子供の数は増えません 世界の子供の人口はもう増えないのです 石油の埋蔵量に関しては議論がありますが ー 子供の数はピークに達しました 世界の人口増加は止まります 国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています 国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう?

しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう? お配りしたノートが入っていたこの箱を使って説明します 箱というのは教育に便利なんです ひとつの箱は10億人です 世界には子供が20億います 15歳から30歳の若者も20億です おおよその数です 30歳から45歳は10億です 45歳から60歳も10億に近い これは私の箱です 60歳以上の人々 我々が一番上です

これから起きるのは「大きな穴埋め」と呼ぶ現象です ここの 30億が欠けています 死んだのではなく生まれていないのです 1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです 1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです 話は簡単です 残念ながら我々 年寄りは死にます あなた方も年をとり20億の子供が生まれます 年寄りが死にます 残りは年を取り20億 子供が生まれます また年寄りが死んで20億の子供が生まれます

(拍手)

これが大きな穴埋めです 必ず起きます 寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない 寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない

宗教は 子供の数にはほとんど無関係です 世界のどの宗教も ー そのままの価値観で新しい時代に対応できます

そして 世界人口は100億で止まります もし 貧困がなくなり 子供が生き延びられ家族計画ができたらの話です それは必要です しかし 20億から30億の人口増加は避けられません ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー 100億人分で考えて下さい ありがとうございました (拍手)

I'm going to talk about religion. But it's a broad and very delicate subject, so I have to limit myself. And therefore I will limit myself to only talk about the links between religion and sexuality.

(Laughter)

This is a very serious talk. So I will talk of what I remember as the most wonderful. It's when the young couple whisper, "Tonight we are going to make a baby." My talk will be about the impact of religions on the number of babies per woman.

This is indeed important, because everyone understands that there is some sort of limit on how many people we can be on this planet. And there are some people who say that the world population is growing like this -- three billion in 1960,seven billion just last year -- and it will continue to grow because there are religions that stop women from having few babies, and it may continue like this.

To what extent are these people right? When I was born there was less than one billion children in the world, and today,2000, there's almost two billion. What has happened since, and what do the experts predict will happen with the number of children during this century?

This is a quiz. What do you think? Do you think it will decrease to one billion? Will it remain the same and be two billion by the end of the century? Will the number of children increase each year up to 15 years, or will it continue in the same fast rate and be four billion children up there? I will tell you by the end of my speech.

But now, what does religion have to do with it? When you want to classify religion, it's more difficult than you think. You go to Wikipedia and the first map you find is this. It divides the world into Abrahamic religions and Eastern religion, but that's not detailed enough. So we went on and we looked in Wikipedia, we found this map. But that subdivides Christianity, Islam and Buddhism into many subgroups, which was too detailed.

Therefore at Gapminder we made our own map, and it looks like this. Each country's a bubble. The size is the population -- big China, big India here. And the color now is the majority religion. It's the religion where more than 50 percent of the people say that they belong. It's Eastern religion in India and China and neighboring Asian countries. Islam is the majority religion all the way from the Atlantic Ocean across the Middle East, Southern Europe and through Asia all the way to Indonesia. That's where we find Islamic majority. And Christian majority religions, we see in these countries. They are blue. And that is most countries in America and Europe, many countries in Africa and a few in Asia. The white here are countries which can not be classified, because one religion does not reach 50 percent or there is doubt about the data or there's some other reason. So we were careful with that.

So bear with our simplicity now when I take you over to this shot. This is in 1960. And now I show the number of babies per woman here: two,four or six -- many babies, few babies. And here the income per person in comparable dollars. The reason for that is that many people say you have to get rich first before you get few babies. So low income here, high income there.

And indeed in 1960, you had to be a rich Christian to have few babies. The exception was Japan. Japan here was regarded as an exception. Otherwise it was only Christian countries. But there was also many Christian countries that had six to seven babies per woman. But they were in Latin America or they were in Africa. And countries with Islam as the majority religion, all of them almost had six to seven children per woman, irregardless of the income level. And all the Eastern religions except Japan had the same level.

Now let's see what has happened in the world. I start the world, and here we go. Now 1962 -- can you see they're getting a little richer, but the number of babies per woman is falling? Look at China. They're falling fairly fast. And all of the Muslim majority countries across the income are coming down, as do the Christian majority countries in the middle income range. And when we enter into this century, you'll find more than half of mankind down here. And by 2010, we are actually 80 percent of humans who live in countries with about two children per woman.

(Applause)

It's a quite amazing development which has happened. (Applause) And these are countries from United States here, with $ 40,000 per capita, France, Russia, Iran, Mexico, Turkey, Algeria, Indonesia, India and all the way to Bangladesh and Vietnam, which has less than five percent of the income per person of the United States and the same amount of babies per woman.

I can tell you that the data on the number of children per woman is surprisingly good in all countries. We get that from the census data. It's not one of these statistics which is very doubtful.

So what we can conclude is you don't have to get rich to have few children. It has happened across the world.

And then when we look at religions, we can see that the Eastern religions, indeed there's not one single country with a majority of that religion that has more than three children. Whereas with Islam as a majority religion and Christianity, you see countries all the way. But there's no major difference. There's no major difference between these religions. There is a difference with income. The countries which have many babies per woman here, they have quite low income. Most of them are in sub-Saharan Africa. But there are also countries here like Guatemala, like Papua New Guinea, like Yemen and Afghanistan.

Many think that Afghanistan here and Congo, which have suffered severe conflicts, that they don't have fast population growth. It's the other way around. In the world today, it's the countries that have the highest mortality rates that have the fastest population growth. Because the death of a child is compensated by one more child. These countries have six children per woman. They have a sad death rate of one to two children per woman. But 30 years from now, Afghanistan will go from 30 million to 60 million. Congo will go from 60 to 120. That's where we have the fast population growth. And many think that these countries are stagnant, but they are not.

Let me compare Senegal, a Muslim dominated country, with a Christian dominated country, Ghana. I take them backwards here to their independence, when they were up here in the beginning of the 1960s. Just look what they have done. It's an amazing improvement, from seven children per woman, they've gone all the way down to between four and five. It's a tremendous improvement.

So what does it take? Well we know quite well what is needed in these countries. You need to have children to survive. You need to get out of the deepest poverty so children are not of importance for work in the family. You need to have access to some family planning. And you need the fourth factor, which perhaps is the most important factor.

But let me illustrate that fourth factor by looking at Qatar. Here we have Qatar today, and there we have Bangladesh today. If I take these countries back to the years of their independence, which is almost the same year -- '71,'72 -- it's a quite amazing development which had happened. Look at Bangladesh and Qatar. With so different incomes, it's almost the same drop in number of babies per woman.

And what is the reason in Qatar? Well I do as I always do. I went to the statistical authority of Qatar, to their webpage -- It's a very good webpage. I recommend it -- and I looked up -- oh yeah, you can have lots of fun here -- and provided free of charge, I found Qatar's social trends. Very interesting. Lots to read. I found fertility at birth, and I looked at total fertility rate per woman. These are the scholars and experts in the government agency in Qatar, and they say the most important factors are: "Increased age at first marriage, increased educational level of Qatari woman and more women integrated in the labor force." I couldn't agree more. Science couldn't agree more. This is a country that indeed has gone through a very, very interesting modernization.

So what it is, is these four: Children should survive, children shouldn't be needed for work, women should get education and join the labor force and family planning should be accessible.

Now look again at this. The average number of children in the world is like in Colombia -- it's 2.4 today. There are countries up here which are very poor. And that's where family planning, better child survival is needed. I strongly recommend Melinda Gates' last TEDTalk. And here, down, there are many countries which are less than two children per woman. So when I go back now to give you the answer of the quiz, it's two.

We have reached peak child. The number of children is not growing any longer in the world. We are still debating peak oil, but we have definitely reached peak child. And the world population will stop growing. The United Nations Population Division has said it will stop growing at 10 billion. But why do they grow if the number of children doesn't grow?

Well I will show you here. I will use these card boxes in which your notebooks came. They are quite useful for educational purposes. Each card box is one billion people. And there are two billion children in the world. There are two billion young people between 15 and 30. These are rounded numbers. Then there is one billion between 30 and 45, almost one between 45 and 60. And then it's my box. This is me: 60-plus. We are here on top.

So what will happen now is what we call "the big fill-up." You can see that it's like three billion missing here. They are not missing because they've died; they were never born. Because before 1980, there were much fewer people born than there were during the last 30 years. So what will happen now is quite straightforward. The old, sadly, we will die. The rest of you, you will grow older and you will get two billion children. Then the old will die. The rest will grow older and get two billion children. And then again the old will die and you will get two billion children.

(Applause)

This is the great fill-up. It's inevitable. And can you see that this increase took place without life getting longer and without adding children?

Religion has very little to do with the number of babies per woman. All the religions in the world are fully capable to maintain their values and adapt to this new world.

And we will be just 10 billion in this world, if the poorest people get out of poverty, their children survive, they get access to family planning. That is needed. But it's inevitable that we will be two to three billion more. So when you discuss and when you plan for the resources and the energy needed for the future, for human beings on this planet, you have to plan for 10 billion. Thank you very much. (Applause)

I'm going to talk/ about religion.//

宗教の話をしようと思います

But it's a broad and very delicate subject,/ so I have to limit myself.//

しかし 非常にデリケートで幅広いテーマです 全ては話せませんのでトピックを絞ることにします

And therefore/ I will limit myself/ to only talk about the links/ between religion and sexuality.//

全ては話せませんのでトピックを絞ることにします 宗教とセックスの関係についてだけ話します

(笑)

This is a very serious talk.//

いいえ これは真剣な話です

So/ I will talk of what I remember as the most wonderful.//

私が記憶している中でも最も素晴らしい ー

It's/ when the young couple whisper,/ "Tonight/ we are going to make/ a baby."//

若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします 若いカップルが「赤ちゃんを作ろう」と囁き合う時の話をします

My talk will be about the impact of religions/ on the number of babies/ per woman.//

私がお話しするのは宗教が ー 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数に与える影響です

This is indeed important,/ because everyone understands/ that there is some sort of limit/ on how many people/ we can be on this planet.//

重要なことです 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね 地球に住める人間の数にはある程度の限界がありますからね

And there are some people/ who say/ that the world population is growing like this --/ three billion/ in 1960,seven billion/ just last year --/ and it will continue to grow/ because there are religions/ that stop women/ from having few babies,/ and it may continue like this.//

世界の人口は このように増加を続けています 世界の人口は このように増加を続けています 1960年は30億人だったのが ー 昨年は70億人に達しました 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます 出産制限を禁じる宗教があるから この増加は止まらないと言う人達がいます

To/ what extent are these people right?//

彼らの言い分は正しいのでしょうか?

When I was born there was less than one billion children/ in the world,/ and today,/2000,/ there's almost two billion.//

私が生まれた頃世界の子供の人口は10億以下でした それが 2000年は20億に近い

What has happened since,/ and what do the experts predict will happen with the number of children/ during this century?//

何が起きたのでしょう? 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう 専門家は 今後の子供の数をどう予測しているのでしょう

This is a quiz.// What do you think?//

これは問題ですあなたは どうなると思いますか?

Do you think it will decrease to one billion?//

10億に減ると思いますか?

Will it remain the same/ and be two billion by the end of the century?//

今世紀末まで20億を維持すると思いますか?

Will/ the number of children increase each year up to 15 years,/ or will it continue in the same fast rate/ and be four billion children up there?//

15歳以下の子供の数は年々 増えていくでしょうか? それとも同じ速度で増加を続け ー 40億まで増えると思いますか?

I will tell you/ by the end of my speech.//

答えは このスピーチの最後にお教えします

But now,/ what does religion have to do with it?//

では 宗教がどのようにこれと関係しているのでしょう?

When you want to classify/ religion,/ it's more difficult/ than you think.//

世界を宗教で分類するのは ー 思った以上に難しい作業です

You go to Wikipedia/ and the first map/ you find is this.//

Wikipediaに行くと最初にこの地図が出てきます

It divides the world/ into Abrahamic religions and Eastern religion,/ but that's not detailed enough.//

世界はアブラハムの宗教と東洋宗教に分かれています でも これでは大ざっぱすぎます

So/ we went on and we looked in Wikipedia,/ we found this map.//

さらにWikipediaで調べてみるとこの地図が出てきました

But that subdivides Christianity, Islam and Buddhism/ into many subgroups,/ which was too detailed.//

しかし この地図ではキリスト教 イスラム教 仏教が ー さらに細分されています これでは細かすぎます

Therefore/ at Gapminder/ we made our own map,/ and it looks like this.//

そこで 私たちは ギャップマインダー独自の地図を作りました それが これです

Each country's a bubble.//

丸は国です

The size is the population --/ big China,/ big India here.//

大きさは人口です中国とインドは大きいです

And the color now is the majority religion.//

色は 過半数を占める宗教です

It's the religion/ where more than 50 percent of the people say/ that they belong.//

人口の50%以上が信仰する代表的宗教です 人口の50%以上が信仰する代表的宗教です

It's Eastern religion/ in India and China and neighboring Asian countries.//

赤は 東洋宗教で インド 中国 周辺アジア諸国にあります

Islam is the majority religion/ all the way/ from the Atlantic Ocean/ across the Middle East,/ Southern Europe/ and/ through Asia/ all the way/ to Indonesia.//

黄色のイスラム教を信仰する国は ー 大西洋から中東 南ヨーロッパ からアジア インドネシアにまで分布しています

That's/ where we find Islamic majority.//

これがイスラム教が過半数の国です

And Christian majority religions,/ we see in these countries.// They are blue.//

キリスト教が過半数の国は青です

And that is most countries/ in America and Europe,/ many countries/ in Africa and a few/ in Asia.//

アメリカ ヨーロッパ アフリカ そしてアジアにも少しありますね

The white here are countries/ which can not be classified,/ because one religion does not reach 50 percent/ or there is doubt/ about the data/ or there's some other reason.//

白い丸は分類できない国です 50%以上の宗教がない もしくは データに疑いがあるなどの理由です

So we were careful/ with that.//

慎重を期しました

So bear with our simplicity now/ when I take you/ over/ to this shot.//

さて このように簡略化した上で図を切り替えましょう

This is in 1960.//

これは1960年です

And now/ I show the number of babies/ per woman here:/ two,four or six --/ many babies,/ few babies.//

これは 女性ひとり当たりの赤ちゃんの数です 2人 4人 6人のように ー 多い少ないを示します

And here/ the income/ per person/ in comparable dollars.//

これはドル単位のひとり当たりの所得です

The reason/ for that is/ that many people say you have to get/ rich first/ before you get few babies.//

こうしたのは 所得が多いほど子供の数が少ないと 言われるからです

So low income here,/ high income there.//

こちらが低所得でこちらが高所得です

And indeed/ in 1960,/ you had to be a rich Christian/ to have few babies.//

1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした 1960年には確かに 子供が少ないのは金持ちのキリスト教徒でした

The exception was Japan.//

日本は例外です

Japan here was regarded as an exception.//

ここの 日本以外はキリスト教の国です

Otherwise/ it was only Christian countries.//

ここの 日本以外はキリスト教の国です

But there was also many Christian countries/ that had six to seven babies/ per woman.//

もちろんキリスト教でも ー 6人から7人 生んでいる国もあります

But they were in Latin America/ or they were in Africa.//

ラテンアメリカやアフリカの国です

And countries/ with Islam/ as the majority religion,/ all of them almost had six to seven children/ per woman,/ irregardless of the income level.//

イスラム教は ほぼ全ての国で ー 子供の数が6人から7人でした 所得は関係ありません

And all the Eastern religions/ except Japan had the same level.//

東洋宗教も 日本以外は 同じ水準です

Now/ let's see/ what has happened in the world.//

では世界の動きを見てみましょう

I start the world,/ and here/ we go.//

始めますよ

Now/ 1962 --/ can/ you see/ they're getting/ a little richer,/ but the number of babies/ per woman is falling?//

1962年 ー 少し豊かになりましたね 子供の数はどうでしょう?

Look/ at China.// They're falling/ fairly fast.//

中国はどんどん減少しています

And all of the Muslim majority countries/ across the income are coming down,/ as do the Christian majority countries/ in the middle income range.//

イスラム教の国は どの所得層も子供の数が減っています 中所得のキリスト教国も子供が減っています

And when we enter into this century,/ you'll find more than half of mankind down here.//

21世紀に入ります 人類の半分以上が下に集中しています

And by 2010,/ we are actually 80 percent of humans/ who live in countries/ with about two children/ per woman.//

2010年には 人類の80%が ー 子供の数が約2人の国に住んでいます

(拍手)

It's a quite amazing development/ which has happened.//

驚くような変化です

(Applause)/ And these are countries/ from United States here,/ with $ 40,000/ per capita,/ France,/ Russia,/ Iran,/ Mexico,/ Turkey,/ Algeria,/ Indonesia,/ India and all the way/ to Bangladesh and Vietnam,/ which has less than five percent of the income/ per person of the United States and the same amount of babies/ per woman.//

(拍手) ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー ひとり当たりの所得が4万ドル以上のアメリカから ー フランス ロシア イラン メキシコ トルコ アルジェリア インドネシア インド ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで ひとり当たりの所得がアメリカの5%以下のバングラデシュやベトナムまで 子供の数は同じです

I can tell you/ that the data/ on the number of children/ per woman is surprisingly good/ in all countries.//

女性ひとり当たりの子供の数のデータは ー どの国でもかなり正確です

We get/ that from the census data.//

国勢調査のデータですから

It's not one of these statistics/ which is very doubtful.//

不正確な統計ではありません

So/ what we can conclude/ is you don't have to get/ rich/ to have few children.//

こう結論できます お金がなくても子供の数は減らせる

It has happened across the world.//

世界中で減少していますから

And then/ when we look at religions,/ we can see/ that the Eastern religions,/ indeed/ there's not one single country/ with a majority of that religion/ that has more than three children.//

今度は 宗教で見てみましょう 東洋宗教の国は全て ー 子供の数が3人以下です 子供の数が3人以下です

Whereas/ with Islam/ as a majority religion and Christianity,/ you see countries/ all the way.//

イスラム教国とキリスト教国は ー 幅広く分布していますが

But there's no major difference.//

このふたつの宗教に大きな差はありません

There's no major difference/ between these religions.//

このふたつの宗教に大きな差はありません

There is a difference/ with income.//

しかし 所得では違いがあります

The countries/ which have many babies/ per woman here,/ they have quite low income.//

ここの子供を多く産む国は ー かなり所得が少ない

Most of them are in sub-Saharan Africa.//

ほとんどがサハラ以南のアフリカ諸国です

But there are also countries here/ like Guatemala,/ like Papua New Guinea,/ like Yemen and Afghanistan.//

しかし ここには ー グアテマラやパプアニューギニア イエメンやアフガニスタンのような国があります

Many think/ that Afghanistan here and Congo,/ which have suffered severe conflicts,/ that they don't have fast population growth.//

アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー アフガニスタンやコンゴはひどい紛争地域ですから ー 人口増加が遅いと思われがちです

It's the other way around.//

しかし 逆です

In the world/ today,/ it's the countries/ that have the highest mortality rates/ that have the fastest population growth.//

今日の世界では死亡率が高い国ほど ー 人口増加が速いのです

Because the death of a child is compensated by one more child.//

ひとり死ぬと ひとり産んで補おうとするからです

These countries have six children/ per woman.//

このような国は子供が6人です

They have a sad death rate of one/ to two children/ per woman.//

子供の死亡率は女性当たり1人から2人ですが ー

But 30 years/ from now,/ Afghanistan will go from 30 million to 60 million.//

30年後のアフガニスタンの人口は3千万から6千万に増加します

Congo will go from 60/ to 120.//

コンゴは6千万から1億2千万に増加します

That's/ where we have the fast population growth.//

人口が急速に増加しているのはこういった国です

And many think/ that these countries are stagnant,/ but they are not.//

こういった国は人口が増えてないと思う人が多いですけどね

Let me/ compare Senegal,/ a Muslim dominated country,/ with a Christian dominated country,/ Ghana.//

次はイスラム教国のセネガルと ー キリスト教国のガーナを比べてみましょう

I take them backwards here/ to their independence,/ when they were up here/ in the beginning of the 1960s.//

この ふたつの国を独立の時期に戻します 1960年代の初め このふたつの国はここにいました

Just look/ what they have done.//

変化を見て下さい

It's an amazing improvement,/ from seven children/ per woman,/ they've gone all the way/ down/ to between four and five.//

驚くほどの進歩です 子供が7人だったのが ー 4人から5人に減っています

非常に大きな進歩です

So/ what does it take?//

何が理由だったのでしょう?

Well/ we know quite well/ what is needed in these countries.//

このような国に必要だった条件は分かっています

You need to have/ children/ to survive.//

子供が死なないこと

You need to get/ out of the deepest poverty/ so children are not of importance/ for work/ in the family.//

貧困から抜け出すこと 労働力として子供を必要としなくなるからです

You need to have/ access/ to some family planning.//

家族計画ができること

And you need the fourth factor,/ which perhaps is the most important factor.//

そして 4つ目の条件が最も重要です

But let me/ illustrate/ that fourth factor/ by looking at Qatar.//

第4の条件は ー カタールの例で説明しましょう

Here/ we have Qatar/ today,/ and there/ we have Bangladesh today.//

これが今日のカタールこれが今日のバングラデシュです

If I take these countries back/ to the years of their independence,/ which is almost the same year --/ '71,'72 --/ it's a quite amazing development/ which had happened.//

このふたつの国を独立の時期に戻します 71年と72年ですからほぼ同時期です 驚くような変化が見られます

Look/ at Bangladesh and Qatar.//

バングラデシュとカタールを比べて下さい

With so different incomes,/ it's almost the same drop/ in number of babies/ per woman.//

所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています 所得には大きな差があるのに子供の数は同じように減少しています

And what is the reason in Qatar?//

カタールの減少の理由は?

Well/ I do/ as I always do.//

いつもと同じ方法で調べました

I went to the statistical authority of Qatar,/ to their webpage --/ It's a very good webpage.// I recommend it --/ and I looked up --/ oh yeah,/ you can have lots of fun here --/ and provided free of charge,/ I found Qatar's social trends.//

カタール統計局のホームページを見ました いいホームページですよお勧めです そして 私は… ええ すごく楽しめるんですよ 無料でカタールの社会動向が分かります

Very interesting.// Lots to read.//

非常に興味深い情報がたくさんありあす

I found fertility/ at birth,/ and I looked at total fertility rate/ per woman.//

女性の出産率を見てみました

These are the scholars and experts/ in the government agency/ in Qatar,/ and they say/ the most important factors are:/ "Increased age/ at first marriage,/ increased educational level of Qatari woman/ and more women integrated in the labor force."//

これを書いているのは政府の学者や専門家です 出産率に最も影響を与えているのは ー 初婚年齢の上昇 そして 女性の教育レベルの向上と ー 社会進出だそうです

I couldn't agree more.// Science couldn't agree more.//

全く同感です科学的見地からも同感です

This is a country/ that indeed has gone through a very, very interesting modernization.//

カタールは非常に興味深い ー 現代化の道を歩みました

So/ what it is,/ is these four:/ Children should survive,/ children shouldn't be needed for work,/ women should get education/ and join the labor force/ and family planning should be accessible.//

4つの条件を見直しましょう 子供が死なないこと 労働力として必要ではないこと 女性が教育を受けて社会進出すること 家族計画ができること

Now look again/ at this.//

これを もう一度 見て下さい

The average number of children/ in the world is like in Colombia --/ it's 2.4 today.//

今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です 今の世界の子供の数の平均値はコロンビアと同じ2.4人です

There are countries up here/ which are very poor.//

上にあるのは 貧しい国です

And that's/ where family planning,/ better child survival is needed.//

ここに 家族計画や 子供の生存率向上が必要なのです

I strongly recommend Melinda Gates/' last TEDTalk.//

メリンダ・ゲイツの最近のTEDトークを是非見て下さい

And here,/ down,/ there are many countries/ which are less than two children/ per woman.//

ここは 子供が2人以下の国がたくさんあります

So/ when I go back now/ to give you/ the answer of the quiz,/ it's two.//

さて 最初に出した問題の答えです 正解は2です

We have reached peak child.//

子供の数は増えません

The number of children is not growing any longer/ in the world.//

世界の子供の人口はもう増えないのです

We are still debating peak oil,/ but we have definitely reached peak child.//

石油の埋蔵量に関しては議論がありますが ー 子供の数はピークに達しました

And the world population will stop growing.//

世界の人口増加は止まります

The United Nations Population Division has said/ it will stop growing/ at 10 billion.//

国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています 国連人口部は 世界の人口は100億で止まると言っています

But why do they grow/ if the number of children doesn't grow?//

しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう?

Well/ I will show you here.//

しかし 子供が増えないのになぜ人口が100億に増えるのでしょう?

I will use these card boxes/ in which your notebooks came.//

お配りしたノートが入っていたこの箱を使って説明します

They are quite useful/ for educational purposes.//

箱というのは教育に便利なんです

Each card box is one billion people.//

ひとつの箱は10億人です

And there are two billion children/ in the world.//

世界には子供が20億います

There are two billion young people/ between 15 and 30.//

15歳から30歳の若者も20億です

These are rounded numbers.//

おおよその数です

Then/ there is one billion/ between 30 and 45,/ almost one between 45 and 60.//

30歳から45歳は10億です 45歳から60歳も10億に近い

And then/ it's my box.//

これは私の箱です

This is me:/ 60-plus.//

60歳以上の人々

We are here on top.//

我々が一番上です

So/ what will happen/ now is/ what we call "the big fill-up."//

これから起きるのは「大きな穴埋め」と呼ぶ現象です

You can see/ that it's like three billion/ missing here.//

ここの 30億が欠けています

They are not missing/ because they've died;/ they were never born.//

死んだのではなく生まれていないのです

Because before 1980,/ there were much fewer people born/ than there were during the last 30 years.//

1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです 1980年以前は 生まれた人間の数が少ないのです

So/ what will happen/ now is quite straightforward.//

話は簡単です

The old,/ sadly,/ we will die.//

残念ながら我々 年寄りは死にます

The rest of you,/ you will grow older/ and you will get two billion children.//

あなた方も年をとり20億の子供が生まれます

Then/ the old will die.//

年寄りが死にます

The rest will grow older/ and get two billion children.//

残りは年を取り20億 子供が生まれます

And then again/ the old will die/ and you will get two billion children.//

また年寄りが死んで20億の子供が生まれます

(拍手)

This is the great fill-up.//

これが大きな穴埋めです

必ず起きます

And can you see/ that this increase took place/ without life getting longer/ and without adding children?//

寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない 寿命が伸びたわけでも子供が増えたわけでもない

Religion has very little/ to do with the number of babies/ per woman.//

宗教は 子供の数にはほとんど無関係です

All the religions/ in the world are fully capable/ to maintain their values/ and adapt to this new world.//

世界のどの宗教も ー そのままの価値観で新しい時代に対応できます

And we will be just 10 billion/ in this world,/ if the poorest people get out of poverty,/ their children survive,/ they get access/ to family planning.//

そして 世界人口は100億で止まります もし 貧困がなくなり 子供が生き延びられ家族計画ができたらの話です

That is needed.//

それは必要です

But it's inevitable/ that we will be two to three billion more.//

しかし 20億から30億の人口増加は避けられません

So/ when you discuss/ and when you plan for the resources/ and the energy needed for the future,/ for human beings/ on this planet,/ you have to plan/ for 10 billion.//

ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー ですから 地球の未来の資源やエネルギー問題を議論する際には ー 100億人分で考えて下さい

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

religion

〈U〉『宗教』;『信仰』;信仰生活

〈C〉『宗旨』,宗派,…教

〈C〉信条,主義

broad

『幅の広い』

『広大な』,広々とした

幅が…ある

寛大な,包容力のある,偏見のない

広範囲にわたる

分かりやすい,明白な

くまなく行き渡った,さえぎるもののない,明るい

あけすけの,露骨な

主要な;大まかな,大ざっぱな

(発音に)強いなまりのある

すっかり,広く(wide)

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

sexuality

(両性の)性的特質

性欲,性的関心

laughter

『笑い』,笑い声

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

whisper

『ささやく』,ひそひそ話す《+about+名》

〈風・流れ・木の葉などが〉サラサラ音を立てる

…‘を'『ささやく』,ひそひそと言う

《しばしば受動態で》〈秘密など〉‘を'言いふらす《+about+名》

『ささやき』,ささやかれた言葉

《単数形で》(風・流れなどの)サラサラいう音

うわさ,ひそひそ話

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

baby

『赤ん坊,赤ちゃん』

(家族・グループの中で)いちばん年少の人,最年少者

赤ん坊みたいな人

(また『babe』)《米俗》《特に若い女の子への呼びかけた用いて》かわいこちゃん

赤ん坊の[ような],赤ちゃん用の

《話》…'を'赤ちゃんのように扱う,甘やかす

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

planet

『惑星』,遊星

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

quiz

『小テスト』

『クイズ』

(…について)《人》‘に'質問する,試験する《+『名』《人》+『about』(『no』)+『名』》

decrease

…'を'『減らす』

『減る』,少なくなる

〈U〉〈C〉(…の)『減少』,縮小《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)減少量(額)《+『in』(『of』)+『名』》

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

classify

(…に)…'を'『分類する』,類別する,等級別にする《+『名』+『into』+『名』》

《米》〈文書類など〉'を'機密扱いにする

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

eastern

『東の』;東へ向かう;(風が)東からの

《しばしばEastern》『東洋の』(Oriental)

《しばしばEastern》《米》東部地方の

《Eastern》東欧の,共産圏の

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

subdivide

…を[さらに](…に)細分化する《+名+into+名》

[さらに]分かれる

Christianity

キリスト教

《集合的に》キリスト教徒

Islam

イスラム教,回教

《集合的に》イスラム教徒

Buddhism

仏教

detailed

詳細にわたる

細部にまで注意した

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

Asian

『アジアの』,アジアに住む人々の

『アジア人』

Atlantic Ocean

《the ~》『大西洋』

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Asia

『アジア』

Indonesia

インドネシア(アジア南東部の共和国;正式名the Republic of Indonesia;首都はJakarta)

Islamic

イスラム教[徒]の

Christian

『キリスト者』(教徒)

《話》りっぱな人

『キリストの』;『キリスト教の』,キリスト教徒の

キリスト(キリスト教)を信じる

キリスト教徒にふさわしい

《話》りっぱな

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

datum

dataの単数形

既知の事実

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

simplicity

『簡単』,平易;(…の)容易《+『of』+『名』》

『飾り気のなさ』,簡素,地味,質素

実直,誠実

shot

shootの過去・過去分詞

income

(一定の)『収入』,所得

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

exception

〈U〉(…を)『除外すること』(…の)除外《+『of』+『名』》

〈C〉(…に対する)『例外』《+『to』+『名』》

regard

《『regard』+『名』+『as』+『名』(『形』[『句』])》(…と)〈人・物事など〉‘を'『みなす』,考える(consider)

《文》《副詞[句]を伴って》(ある感情・態度で)…‘を'見る,注視する

…‘を'『尊重する』

《副詞[句]を伴って》…‘を'評価する

《文》《通例否定文で》〈意見・希望など〉‘を'『考慮にいれる』,‘に'注意を払う

〈物事が〉…‘に'関係する,関連する

〈U〉(…に対する)『考慮』,注意,関心《+『for』)『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『敬意』,尊敬,好意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉《おもに文》注視,凝視

〈U〉(ある特別な)点,関係,関連

《複数形で》(敬意・愛情を表す)あいさつ(greetings),よろしくとの伝言(best wishes)

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

Latin America

ラテンアメリカ(中南米諸国;ラテン系言語を話していることから)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

Muslim

イスラム教徒,回教徒

イスラム教の,回教の

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

applause

『拍手かっさい』;称賛

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

development

〈U〉〈C〉『発達』,発展,発育,成長;『開発』;進化

〈U〉(写真の)現像

〈C〉発達(発展)の結果できたもの

〈C〉開発した土地(地区);(特に)住宅団地(housing development)

〈C〉(最近の)でき事,新事実

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

per capita

一人当たり,頭割りで,各人に

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

Mexico

メキシコ合衆国

Turkey

『トルコ』(小アジアからヨーロッパ南東部にわたる共和国;首都は Ankara)

Algeria

アルジェリア(アフリカ北西部の共和国;首都Algiers)

Bangladesh

バングラデシュ人民共和国(インド半島東部の国;首都Dacca)

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

surprisingly

驚くほどに

census

人口調査,国勢調査

data

『資料』,事実;情報

statistic

統計値,統計量

doubtful

(事が)『疑わしい』,疑問を抱かせる,不確かな

(人が)『疑っている』,怪しんでいる

いかがわしい,問題となる

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

Guatemala

グアテマラ(中米の共和国;その首都)

New Guinea

ニューバニア(オーストラリア大陸の北方にある世界第2の大島)

Yemen

イエメンアラブ共和国(アラビア半島南西部の共和国;首都 San‘a;正式名 Yemen Arab Republic)

南イエメン,イエメン民主人民共和国(アラビア半島南部の共和国;首都 Aden;正式名 People's Democratic Republic of Yemen)

Afghanistan

アフガニスタン(アジア南西部にある共和国;首都はKabul)

Congo

コンゴ川(中部あふりか流れ大西洋に注ぐ世界第2の大河)

コンゴ(アフリカ中部にある二つの共和国);コンゴ共和国(1960年フランスから独立;首都Brazzaville);コンゴ民主共和国(1960年ベルギーから独立,Zaire共和国の旧称,首都Kinshasa)

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

conflict

(比較的長期にわたる)(…との)『争い』,闘争,戦闘《+『with』+『名』》

(意見・利害などの)(…との)『衝突』,矛盾,食い違い《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(…と)『争う』《+『with』+『名』》

(…と)衝突する,矛盾する,両立しない《+『with』+『名』》

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

mortality

〈U〉死を免れぬこと,死ぬべき運命

〈U〉《時にa~》死亡数;死亡率

〈U〉《時にa~》(戦争などによる)多数の死

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

compensate

(…に対して)〈人〉‘に'『補償する』《+『名』+『for』+『名』》

〈損失など〉'を'『償う』

《米》…‘に'報酬(給与)を支払う

(損失などを)『償う』《+『for』+『名』》

death rate

死亡率

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

stagnant

流れない,よどんでいる

不活発な,不振の,鈍い

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

Senegal

セネガル(アフリカ西部の共和国;もとフランス領;首都 Dakar)

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

Ghana

ガーナ(西部アフリカの共和国;首都はAccra)

backwards

=backward

independence

(…からの)『独立』,自立,独立心《+『of』(『from』)+『名』》

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

improvement

〈U〉(…の,…における)『改良』,改善,進歩,上達《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉改良(改善)点

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

fourth

《the fourth》『第4の』,4番目の

4分の1の

{U}《通例the fourth》『第4番目』;(月の)4日

〈C〉4分の1

〈C〉(音楽で)4度

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

statistical

統計の,統計学上の

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

yeah

=yes

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

fertility

肥沃(ひよく);産出力,繁殖力;(創造力の)豊かさ

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

scholar

『学者』

《話》学のある人,博学の人

奨学生,特待生

《文・古》小学生,生徒

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

marriage

〈U〉〈C〉『結婚』,縁組

〈U〉結婚[している状態],結婚生活;(…との)結婚生活《+『with』+『名』》

〈C〉結婚式,婚礼(wedding)

〈U〉〈C〉(…の)結合,融合《+『of』+『名』》

educational

教育の,教育に関する

教育的な,教育のための

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

accessible

(またget-at-able)近づきやすい,入りやすい,達しうる

《補語にのみ用いて》(感情などに)動かされやすい,(…の)影響を受けやすい《+『to』+『名』》

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

Colombia

コロンビア(南米北西部の共和国;首都はBogota)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

strongly

『強く』,激しく

熱心に

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

peak

(とがった)『山頂』,峰;最も高い所

(独立した)鋭峰,孤峰

『とがった先』,先端

(事の)最頂点,絶頂,ピーク

(帽子の)前びさし

最高の,最大の,ピークの

頂点に達する,最高(最大)になる

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

definitely

明確に,確実に

《話》確かに,そのとうり

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

division

〈U〉分けること,『分割』,分離;『分配』

〈C〉(分割された)部分

〈U〉(意見・感情の相違による)分裂,不一致,不和

〈U〉割り算

〈C〉仕切り;境界線

〈C〉(官庁・会社の)『部門』;(大学の)学部

〈C〉《集合的に》(陸軍で)師団;(海軍で)分艦隊

〈C〉(英議会の)票決,採決

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

notebook

『ノート』,筆記帳

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

born

bear〈他〉1の過去分詞(受動態にのみ用いる)

《名詞の前にのみ用いて》『生まれながらの』,先天的な(innate)

『生まれた』;生じた

straightforward

正直な,率直な(frank)

(仕事,意味など)簡単な

sadly

『悲しそうに』

ひどく

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

inevitable

『避けがたい』,免れられない,必然的な

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

fully

『十分に』,完全に

まるまる

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

adapt

(…に)…'を'『適応させる』,適合させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…向きに)〈小説・戯曲など〉'を'『脚色する』,翻案する,書きかえる《+『名』+『for』+『名』》

(環境などに)適応する,順応する《+『to』+『名』》

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

human being

人,人間

関連動画