TED日本語 - ニック・ヴィーシー: 見えない物を透かし出す

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ニック・ヴィーシーが紹介するのは特大サイズのX線写真。野生植物の幾何学的配列からボーイング777の骨格まで、ありふれた物体の内側に存在する別世界を明らかにする。こういった写真の撮影は危険であり、骨の折れる仕事ではあるが、そこから得ることができるものは計り知れない。人の目では見ることができないものを目にすることができるのだ。

Script

120年前 レントゲン博士が 自分の妻の手をX線写真に撮りました なぜ 床に指をブローチで留める必要があったのか 定かではありません でも やり過ぎですね この写真からX線技術が始まりました 基本的にはそれと同じ技術を 私も使用しています 少しだけ現代的なやり方に変わってはいます

最初に撮影したのは 炭酸飲料のカンで 皆さんご存じのブランドを宣伝するためでした 今日は その宣伝は止めておきます 二つ目に撮影したのは その日 履いていたスニーカー お気に入りの写真です なぜなら 靴底にこびりついた あらゆる有機物が 写真には写っているからです 初心者のまぐれ当たりの 一枚というわけです

もう少し大きな物を紹介しましょう バスのX線写真です バスは満員ですが 乗っているのは同じ人物 同じ骨格です 60年代には X線技師の卵たちが X線写真の取り方を 学んでいましたが 幸いにも被写体は 生身の人間ではなく 死んだ人でした 私も骸骨を使っていて フリーダという名前です とても古くて脆くなって バラバラになってきました とにかく バスに乗っているのは皆 フリーダです 貨物用のX線装置を使って バスを撮影しました 国境に設置されている類の機械で 密輸とか 麻薬や爆弾などをチェックする機械です

これは説明不要ですね 規模の大きな物体を使うことで ある種のドラマが生まれます 大きな物のX線写真を見る機会はありませんから テクノロジーは進歩しています こういった大規模のX線貨物検査装置は デジタルなので 性能はどんどん向上しています でも やっぱり面白味を出すには 人間的な要素を加えることです この写真が面白いのも フリーダがブルドーザを運転しているからです (笑い)

信じがたいかもしれませんが 男性下着も美しく見えます それ自体に内在するプロセスこそが 下着も美しくさせるのです 私は ファッションについては肯定派ではありません 表面ではなく 内面を見ようとしているからです だから 流行に敏感な人たちは私を嫌っているのです ケイト モスが着ようが 私が着ようが 同じようにしか見えません (笑い) 内面は誰も同じに見えます 本当です 素材のしわや ニュアンスといったものや 物の本質 本当は何でできているのか 皮を剥いで 中身を露出させるのです できが良いのも 悪いのもあります

デザインに関してはロスなら くみ取ってくれるでしょう デザインは内側からでてくるものです 外側だけではありません 撮影材料を探していると 変な顔をされます デパートの女性用下着売り場を物色していたら もう少しで つまみ出されるところでした 農場の近くに住んでいますが そこの子豚です 死んでしまっていました 興味深いことは 足を見てみると 骨が接合していないことに気付かれるでしょう この 可哀想な豚が成長していたとしても いずれは死ぬ運命だったのです 撮影でX線をたっぷり使いましたから (笑い) しかし 骨がくっついていたなら 元気になっていたことでしょう

人の入っていないパーカー ジャケットです ポーズがいいですね 一番触発されるのは自然です 元の話に戻って 自然と建造物の関連について話しましょう エデン プロジェクトや英国図書館の 屋根は すべてハニカム構造です 建築家たちは 私と同じく 我々を取り巻く 自然からヒントを得たのでしょう 池の上に浮かぶ オオオニバスの葉です 立体に見えるアマリリスの花です 引き潮にさらわれる海草 では 撮影方法 場所 そういったことを話しましょう

撮影のために新築したX線小屋です X線撮影室へのドア 鉛と鉄でできています 1250キロあり 私が唯一 体を動かすのはドアを開閉する時です (笑い) 壁は 厚さ700ミリの高密度コンクリート 大量の放射線を使用します 病院や獣医より ずっと大量に使います 私です 非常に高出力のX線装置です X線について興味深いことは このテクノロジーは 癌を検査したり 麻薬や密輸品などを 探すためのものであるということです 私の場合は このテクノロジーを 非常に美しい物を創造するために使っています

まだフィルムを使用しています 等身大の処理をおこなう場合 X線の技術は こういった大型の貨物用X線装置は別にして 十分な画質が得られるほど進歩していません 私が必要としている解像度も得ることができないのです 画像を大きくしたいのです このため 1980年代のドラム スキャナを使用しているのです カメラといえばフィルムであった時代のものです それぞれのX線を個別にスキャンします 実物大X線写真をどうやって撮影しているかが分かります 娘のドレスです 買ってあげたときのタグがついたままですから 娘が気に入らなければ 返品することもできます 4つのX線プレートがあって 重なり合っています

このドレスのような小さな物から これくらいの大きさの物まで 全く同じ方法で作業を行います 大変な作業であることがお分かりいただけると思います これには3カ月要しました 500個以上の部品が存在します 777がボーイングからコンテナで送られてきました 私は代わりにX線写真を送り返しました (笑い)本当ですよ

先ほど フリーダが骸骨だと言いました これは二つの写真でできています 右端は アメフト選手の写真 左側はX線写真です この撮影では 本当の体を使う必要がありました 皮膚細胞がなければ 本物の運動選手のようには見えないからです 骸骨ではなく 遺体を使う必要がありました 入手は非常に困難で面倒でした しかし 芸術科学のために献体してくれる人がいます 私も順番を待っている一人です ですから 遠慮なく献体を利用します (笑い)

カラー化することでX線も違った印象を与えます 有機的で 自然な感じになります 自分の好きなものを撮っています 実際の色を忠実に再現しているわけではありません この花は 鮮やかなオレンジにはなりませんね でも 鮮やかなオレンジが綺麗だと思いました DJデッキのような機器も 違った様相を見せてくれます 二次元のイメージが三次元のように見えます

X線技術で最も難しいこと 技術的な課題であったことは 軽い物体 壊れやすい物体を撮影することです 羽毛を詳細に撮影するということが X線について多少の知識がある方であれば 本当に難しいことがお分かりいただけるでしょう ショートフィルムをご覧ください

ビデオ: (ミュージック) 中にあるのは危険な物 触れれば 命がなくなるかも 放射線を浴びてしまう 今までに二度 被曝した たった二度でも 人生の消えない傷になる 蓄積されるのだ

(ミュージック) 人間的だ 玩具であることは分かっている でも ロボットのように見える SFに出てくるような類のものだ 人間的でありながら 人工的で未来や異星人を彷彿させる 薄気味悪い

(ミュージック) バスの撮影には 貨物用X線装置を使用した 国境で 密輸品や密航者を検査する装置だ 車体をX線装置の前に置いて スライスした断面を撮影した それが撮影の方法だ スライス スライス 病院のCTスキャナと変わりはない スライス よく見ると 細かなことに気付く ヘッドフォンをしている人 新聞を読んでいる人 帽子や眼鏡 バッグを持った人 こういった詳細によって リアルな表現ができる

(ミュージック) 生きている人間を撮影する上での問題は 撮影時に被曝してしまうことだ それを回避するため なんとかしなければならない そこで 死んだ人を使うことになった 様々なものがある 最近亡くなった人の遺体から 撮影技師の卵たちが 濃度を変えて 人体のX線撮影を練習するために 使っていた骸骨まで

(ミュージック) ゴム手にハサミとバケツ 僕のハイテクグッズさ

(ミュージック) 毛細管の働きが分かる どうやって養分を運ぶのか 茎の中にある細胞も捉えられる 根から葉に養分を運んでいる モンスターだ

(ミュージック) 基本的なこと これは自然に生えている だからこそ 私は愛する どこかで買ってきた物ではない 遺伝子操作されたものでもない たまたま 生まれた X線によって 自然がいかに美しいかが分かる 目で見たときには それほど美しいとは思わない 葉っぱの形状 カールしているのがX線写真にすると 角のところで重なっているのが分かる 厚さが増すほど 放射線の量も増え 照射時間も長くなる 軽い物体には 放射線は少なくて済む 時間をかけることで詳細がはっきりする 長い時間 放射線にあてれば さらに詳細になる

(ミュージック) ただの管にしか過ぎないが 非常に明るい 少し暗くすると 他の部分が消える 葉の先端部分が消えてゆくのだ 先端がくっきりと はっきりしているのが好みだ そう これで良い

(ミュージック) 表面に隠れたものを探り その価値を明らかにする 何でできているのか どうやって動くのか しかし また 表面をはぎ取ることで 得られることもあることが分かった 表面とは 人々が見慣れていた物だ

これが 私のやっていること ではここで 将来 やろうとしていることを紹介します コマーシャルに使われた最近の作品です この作品の良い点は ある瞬間を捉えたように見えることです X線の視覚を持ち合わせたかのようです X線のカメラで写真を撮ったようです 残念ながら 私にはX線の眼力はありません X線の夢は見ます プロジェクトを夢で見るのです なので X線ではどう見えるかは分かっています もう少しなのです

さて 次に何をするかですが 今年は イシゴニス ミニの50周年です 私の好きな車です この車をばらばらに分解しました 何ヶ月も 何ヶ月もかかりました この車のX線写真を ヴィクトリア アンド アルバート博物館に展示の予定です 写真を照らすライトボックスを 車に取り付けます 車は真ん中から縦に二つに切りました それだけでも 骨の折れる仕事です 運転席側に入って 座ります そうすると 壁があります 車から出て 外側をぐるりと回ります 車に取り付けた実物大のライトボックスがあって どうやって動くのかを知ることができます

このアイデアを 私の人生において 記念すべき物にも応用することにしました 例えば 初めてコンピュータを手に入れた時は衝撃的でした マック クラシックです 小さな箱形でした X線で撮影すれば かっこいいものになると思います その他には 二次元の作品から 三次元の作品へと 軸を移したいと考えています これは非常によいやり方だと思います X線ビデオにも取りかかっています 想像してください こういった花が 成長してゆく様を X線撮影できれば さぞ素晴らしい物になることでしょう 今日はここまでです ありがとうございました (拍手)

So,120 years ago, Dr. Rontgen X-rayed his wife's hand. Quite why he had to pin her fingers to the floor with her brooch, I'm not sure. It seems a bit extreme to me. That image was the start of the X-ray technology. And I'm still fundamentally using the same principles today. I'm interpreting it in a more contemporary manner.

The first shot I ever did was of a soda can, which was to promote a brand that we all know, so I'm not going to do them any favors by showing you it. But the second shot I did was my shoes I was wearing on the day. And I do really like this shot, because it shows all the detritus that's sort of embedded in the sole of the sneakers. It was just one of those pot-luck things where you get it right first time.

Moving on to something a bit larger, this is an X-ray of a bus. And the bus is full of people. It's actually the same person. It's just one skeleton. And back in the '60s, they used to teach student radiographers to take X-rays, thankfully not on you and I, but on dead people. So, I've still got access to one of these dead people called Frieda; she's falling apart, I'm afraid, because she's very old and fragile. But everyone on that bus is Frieda. And the bus is taken with a cargo-scanning X-ray, which is the sort of machine you have on borders, which checks for contraband and drugs and bombs and things.

Fairly obvious what that is. So, using large-scale objects does sort of create drama because you just don't see X-rays of big things that often. Technology is moving ahead, and these large cargo scanner X-rays that work with the digital system are getting better and better and better. Again though, to make it come alive you need, somehow, to add the human element. And I think the reason this image works, again, is because Frieda is driving the bulldozer. (Laughter)

Quite a difficult brief, make a pair of men's pants look beautiful. But I think the process, in itself, shows how exquisite they are. Fashion -- now, I'm sort of anti-fashion because I don't show the surface, I show what's within. So, the fashionistas don't really like me because it doesn't matter if Kate Moss is wearing it or if I'm wearing it, it looks the same. (Laughter) We all look the same inside, believe me. The creases in the material and the sort of nuances. And I show things for really what they are, what they're made of. I peel back the layers and expose it. And if it's well made I show it, if it's badly made I show it.

And I'm sure Ross can associate that with design. The design comes from within. It's not just Topshop, I get some strange looks when I go out getting my props. Here I was fumbling around in the ladies' underwear department of a department store, almost got escorted from the premises. I live opposite a farm. And this was the runt of the litter, a piglet that died. And what's really interesting is, if you look at the legs, you'll notice that the bones haven't fused. And should that pig have grown, unfortunately it was dead, it would have certainly been dead after I X-rayed it, with the amount of radiation I used anyway. (Laughter) But once the bones had fused together it would have been healthy.

So, that's an empty parka jacket. But I quite love the way it's posed. Nature is my greatest inspiration. And to carry on with a theme that we've already touched with is how nature is related to architecture. If you look at the roof of the Eden Project, or the British library, it's all this honeycomb structure. And I'm sure those architects are inspired, as I am, by what surrounds us, by nature. This, in fact, is a Victoria water lily leaf that floats on the top of a pond. An amaryllis flower looking really three-dimensional. Seaweed, ebbing in the tide. Now, how do I do this, and where do I do this, and all of that sort of thing.

This is my new, purpose-built, X-ray shed. And the door to my X-ray room is made of lead and steel. It weighs 1,250 kilograms and the only exercise I get is opening and closing it. (Laughter) The walls are 700 millimeters thick of solid dense concrete. So, I'm using quite a lot of radiation. A lot more than you'd get in a hospital or a vet's. And there I am. This is a quite high-powered X-ray machine. What's interesting really about X-ray really is, if you think about it, is that that technology is used for looking for cancer or looking for drugs, or looking for contraband or whatever. And I use that sort of technology to create things that are quite beautiful.

So, still working with film, I'm afraid. Technology in X-ray where it's life-size processed, apart from these large cargo-scanning machines, hasn't moved on enough for the quality of the image and the resolution to be good enough for what I want to do with it, which is show my pictures big. So, I have to use a 1980s drum scanner, which was designed in the days when everyone shot photographs on film. They scan each individual X-ray. And this shows how I do my process of same-size X-rays. So, this is, again, my daughter's dress. Still has the tag in it from me buying it, so I can take it back to the shop if she didn't like it. But there are four X-ray plates. You can see them overlapping.

So, when you move forward from something fairly small, a dress which is this size, onto something like that which is done in exactly the same process, you can see that that is a lot of work. In fact, that is three months solid X-raying. There is over 500 separate components. Boeing sent me a 747 in containers. And I sent them back an X-ray. (Laughter) I kid you not.

Okay, so Frieda is my dead skeleton. This, unfortunately, is basically two pictures. One on the extreme right is a photograph of an American footballer. The one on the left is an x-ray. But this time I had to use a real body. Because I needed all the skin tissue to make it look real, to make it look like it was a real athlete. So, here I had to use a recently deceased body. And getting a hold of that was extremely difficult and laborious. But people do donate their bodies to art and science. And when they do, I'm in the queue. So, I like to use them. (Laughter)

The coloring, so coloring adds another level to the X-rays. It makes it more organic, more natural. It's whatever takes my fancy, really. It's not accurately colored to how it is in real life. That flower doesn't come in bright orange, I don't think. But I just like it in bright orange. And also with something technical, like these are DJ decks, it sort of adds another level. It makes a two dimensional image look more three dimensional.

The most difficult things to X-ray, the most technically challenging things to X-ray are the lightest things, the most delicate things. To get the detail in a feather, believe me, if there is anyone out here who knows anything about X-rays, that's quite a challenge. I'm now going to show you a short film, I'll step to the side.

Video: (Music) The thing in there is very dangerous. If you touch that, you could possibly die through radiation poisoning. In my career I've had two exposures to radiation, which is two too many, because it stays with you for life. It's cumulative.

(Music) It has human connotations. The fact that it's a child's toy that we all recognize, but also it looks like it's a robot, and it comes from a sci-fi genus. It's a surprise that it has humanity, but also man-made, future, alien associations. And it's just a bit spooky.

(Music) The bus was done with a cargo-scanning X-ray machine, which is used on the borders between countries, looking for contraband and illegal immigrants. The lorry goes in front of it. And it takes slices of X-rays through the lorry. And that's how this was done. It's actually slice, slice. It's a bit like a CT scanner in a hospital. Slices. And then if you look carefully, there is all little things. He's got headphones on, reading the newspaper, got a hat on, glasses, got a bag. So, these little details help to make it work, make it real.

(Music) The problem with using living people is that to take an X-ray, if I X-ray you, you get exposed to radiation. So, to avoid that -- I have to avoid it somehow -- is I use dead people. Now, that's a variety of things, from recently deceased bodies, to a skeleton that was used by student radiographers to train in taking X-rays of the human body, at different densities.

(Music) I have very high-tech equipment of gloves, scissors and a bucket.

(Music) I will show how the capillary action works, how it feeds, I'll be able to get all the cells inside that stem. Because it transfers food from its roots to its leaves. Look at this monster.

(Music) It's so basic. It just grows wild. That's what I really like about it, the fact that I haven't got to go and buy it, and it hasn't been genetically modified at all. It's just happening. And the X-ray shows how beautiful nature can be. Not that that is particularly beautiful when you look at it with the human eye, the way the leaves form. They're curling back on each other. So the X-ray will show the overlaps in these little corners. The thicker the object, the more radiation it needs, and the more time it needs. The lighter the object, the less radiation. Sometimes you keep the time up, because the time gives you detail. The longer the exposure goes on for, the more detail you get.

(Music) If you look at this, just the tube, it is quite bright. But I could get a bit darker in the tube, but everything else would suffer. So, these leaves at the edge would start to disappear. What I like is how hard the edges are, how sharp. Yeah, I'm quite pleased with it.

(Music) I travel beyond the surface and show something for what it's worth, for what it's really made of, how it really works. But also I find that I've got the benefit of taking away all the surface, which is things that people are used to seeing.

And that's the sort of thing I've been doing. I've got the opportunity now to show you what I'm going to be doing in the future. This is a commercial application of my most recent work. And what's good about this, I think, is that it's like a moment in time, like you've turned around, you've got X-ray vision and you've taken a picture with the X-ray camera. Unfortunately I haven't got X-ray vision. I do dream in X-ray. I see my projects in my sleep. And I know what they're going to look like in X-ray and I'm not far off.

So, what am I doing in the future? Well, this year is the 50th anniversary of Issigonis's Mini, which is one of my favorite cars. So, I've taken it apart, component by component, months and months and months of work. And with this image, I'm going to be displaying it in the Victoria and Albert Museum as a light box, which is actually attached to the car. So, I've got to saw the car in half, down the middle, not an easy task, in itself. And then, so you can get in the driver's side, sit down, and up against you is a wall. And if you get out and walk around to the other side of the car, you see a life-sized light box of the car showing you how it works.

And I'm going to take that idea and apply it to other sort of iconic things from my life. Like, my first computer was a big movement in my life. And I had a Mac Classic. And it's a little box. And I think that would look quite neat as an X-ray. I'm also looking to take my work from the two-dimensional form to a more three-dimensional form. And this is quite a good way of doing it. I'm also working now with X-ray video. So, if you can imagine, some of these flowers, and they're actually moving and growing and you can film that in X-ray, should be quite stunning. But that's it. I'm done. Thank you very much. (Applause)

So,/120 years ago,/ Dr.// Rontgen X-rayed his wife's hand.//

120年前 レントゲン博士が 自分の妻の手をX線写真に撮りました

Quite/ why he had to pin/ her fingers/ to the floor/ with her brooch,/ I'm not sure.// It seems a bit extreme/ to me.//

なぜ 床に指をブローチで留める必要があったのか 定かではありません でも やり過ぎですね

That image was the start of the X-ray technology.//

この写真からX線技術が始まりました

And I'm still fundamentally/ using the same principles today.//

基本的にはそれと同じ技術を 私も使用しています

I'm interpreting/ it/ in a more contemporary manner.//

少しだけ現代的なやり方に変わってはいます

The first shot I ever did/ was of a soda can,/ which was to promote/ a brand/ that we/ all know,/ so I'm not going to do/ them/ any favors/ by showing you it.//

最初に撮影したのは 炭酸飲料のカンで 皆さんご存じのブランドを宣伝するためでした 今日は その宣伝は止めておきます

But the second shot/ I did/ was my shoes/ I was wearing on the day.//

二つ目に撮影したのは その日 履いていたスニーカー

And I do really/ like this shot,/ because it shows all the detritus/ that's sort of embedded in the sole of the sneakers.//

お気に入りの写真です なぜなら 靴底にこびりついた あらゆる有機物が 写真には写っているからです

It was just one of those pot-luck things/ where you get it/ right first time.//

初心者のまぐれ当たりの 一枚というわけです

Moving on to something a bit larger,/ this is an X-ray of a bus.//

もう少し大きな物を紹介しましょう バスのX線写真です

And the bus is full of people.//

バスは満員ですが

It's actually/ the same person.// It's just one skeleton.//

乗っているのは同じ人物 同じ骨格です

And back/ in the '60s,/ they used to teach/ student radiographers/ to take X-rays,/ thankfully not on you and I,/ but on dead people.//

60年代には X線技師の卵たちが X線写真の取り方を 学んでいましたが 幸いにも被写体は 生身の人間ではなく 死んだ人でした

So,/ I've still got access/ to one of these dead people called Frieda;/ she's falling apart,/ I'm afraid,/ because she's very old and fragile.//

私も骸骨を使っていて フリーダという名前です とても古くて脆くなって バラバラになってきました

But everyone/ on that bus is Frieda.//

とにかく バスに乗っているのは皆 フリーダです

And the bus is taken with a cargo-scanning X-ray,/ which is the sort of machine/ you have on borders,/ which checks for contraband and drugs and bombs and things.//

貨物用のX線装置を使って バスを撮影しました 国境に設置されている類の機械で 密輸とか 麻薬や爆弾などをチェックする機械です

Fairly obvious/ what that is.//

これは説明不要ですね

So,/ using large-scale objects does sort of create drama/ because you just don't see X-rays of big things/ that often.//

規模の大きな物体を使うことで ある種のドラマが生まれます 大きな物のX線写真を見る機会はありませんから

Technology is moving ahead,/ and these large cargo scanner X-rays/ that work with the digital system are getting better and better/ and better.//

テクノロジーは進歩しています こういった大規模のX線貨物検査装置は デジタルなので 性能はどんどん向上しています

Again though,/ to make it come alive/ you need,/ somehow,/ to add the human element.//

でも やっぱり面白味を出すには 人間的な要素を加えることです

And I think the reason/ this image works,/ again,/ is/ because Frieda is driving the bulldozer.//

この写真が面白いのも フリーダがブルドーザを運転しているからです

(笑い)

Quite/ a difficult brief,/ make a pair of men's pants look beautiful.//

信じがたいかもしれませんが 男性下着も美しく見えます

But I think the process,/ in itself,/ shows how exquisite/ they are.//

それ自体に内在するプロセスこそが 下着も美しくさせるのです

Fashion --/ now,/ I'm sort of anti-fashion/ because I don't show the surface,/ I show/ what's within.//

私は ファッションについては肯定派ではありません 表面ではなく 内面を見ようとしているからです

So,/ the fashionistas don't really/ like me/ because it doesn't matter/ if Kate Moss is wearing it/ or/ if I'm wearing/ it,/ it looks the same.//

だから 流行に敏感な人たちは私を嫌っているのです ケイト モスが着ようが 私が着ようが 同じようにしか見えません

(Laughter)/ We/ all look the same inside,/ believe me.//

(笑い) 内面は誰も同じに見えます 本当です

The creases/ in the material and the sort of nuances.//

素材のしわや ニュアンスといったものや

And I show things/ for really/ what they are,/ what they're made of.//

物の本質 本当は何でできているのか

I peel back/ the layers/ and expose it.//

皮を剥いで 中身を露出させるのです

And/ if it's well made/ I show it,/ if it's badly made/ I show it.//

できが良いのも 悪いのもあります

And I'm sure/ Ross can associate/ that with design.//

デザインに関してはロスなら くみ取ってくれるでしょう

The design comes from within.//

デザインは内側からでてくるものです

It's not just Topshop,/ I get/ some strange looks/ when I go out/ getting my props.//

外側だけではありません 撮影材料を探していると 変な顔をされます

Here/ I was fumbling around/ in the ladies/' underwear department of a department store,/ almost got escorted from the premises.//

デパートの女性用下着売り場を物色していたら もう少しで つまみ出されるところでした

I live opposite/ a farm.// And this was the runt of the litter,/ a piglet/ that died.//

農場の近くに住んでいますが そこの子豚です 死んでしまっていました

And what's really interesting is,/ if you look at the legs,/ you'll notice/ that the bones haven't fused.//

興味深いことは 足を見てみると 骨が接合していないことに気付かれるでしょう

And should/ that pig have grown,/ unfortunately/ it was dead,/ it would have certainly been dead/ after I X-rayed it,/ with the amount of radiation/ I used anyway.//

この 可哀想な豚が成長していたとしても いずれは死ぬ運命だったのです 撮影でX線をたっぷり使いましたから

(Laughter)/ But once/ the bones had fused together/ it would have been healthy.//

(笑い) しかし 骨がくっついていたなら 元気になっていたことでしょう

So,/ that's an empty parka jacket.//

人の入っていないパーカー ジャケットです

But I quite love the way/ it's posed.//

ポーズがいいですね

Nature is my greatest inspiration.//

一番触発されるのは自然です

And to carry on/ with a theme/ that we've already touched/ with is/ how nature is related/ to architecture.//

元の話に戻って 自然と建造物の関連について話しましょう

If you look at the roof of the Eden Project,/ or the British library,/ it's all this honeycomb structure.//

エデン プロジェクトや英国図書館の 屋根は すべてハニカム構造です

And I'm sure/ those architects are inspired,/ as I am,/ by what surrounds us,/ by nature.//

建築家たちは 私と同じく 我々を取り巻く 自然からヒントを得たのでしょう

This,/ in fact,/ is a Victoria water/ lily leaf/ that floats on the top of a pond.//

池の上に浮かぶ オオオニバスの葉です

An amaryllis flower/ looking really three-dimensional.//

立体に見えるアマリリスの花です

Seaweed,/ ebbing in the tide.//

引き潮にさらわれる海草

Now,/ how do I do this,/ and where do I do this,/ and all of that sort of thing.//

では 撮影方法 場所 そういったことを話しましょう

This is my new, purpose-built, X-ray shed.//

撮影のために新築したX線小屋です

And the door/ to my X-ray room is made of lead and steel.//

X線撮影室へのドア 鉛と鉄でできています

It weighs 1,250 kilograms/ and the only exercise/ I get/ is opening and closing it.//

1250キロあり 私が唯一 体を動かすのはドアを開閉する時です

(Laughter)/ The walls are 700 millimeters thick of solid dense concrete.//

(笑い) 壁は 厚さ700ミリの高密度コンクリート

So,/ I'm using/ quite a lot of radiation.//

大量の放射線を使用します

A lot more/ than you'd get in a hospital or a vet's.//

病院や獣医より ずっと大量に使います

And there/ I am.// This is a quite high-powered X-ray machine.//

私です 非常に高出力のX線装置です

What's interesting really/ about X-ray really is,/ if you think about it,/ is/ that that technology is used for looking for cancer/ or looking for drugs,/ or looking for contraband or whatever.//

X線について興味深いことは このテクノロジーは 癌を検査したり 麻薬や密輸品などを 探すためのものであるということです

And I use/ that sort of technology/ to create things/ that are quite beautiful.//

私の場合は このテクノロジーを 非常に美しい物を創造するために使っています

So,/ still/ working with film,/ I'm afraid.//

まだフィルムを使用しています

Technology/ in X-ray/ where it's life-size processed,/ apart/ from these large cargo-scanning machines,/ hasn't moved on enough/ for the quality of the image/ and the resolution/ to be good enough/ for what I want to do/ with it,/ which is show my pictures big.//

等身大の処理をおこなう場合 X線の技術は こういった大型の貨物用X線装置は別にして 十分な画質が得られるほど進歩していません 私が必要としている解像度も得ることができないのです 画像を大きくしたいのです

So,/ I have to use/ a 1980s drum scanner,/ which was designed in the days/ when everyone shot photographs/ on film.//

このため 1980年代のドラム スキャナを使用しているのです カメラといえばフィルムであった時代のものです

They scan each individual X-ray.//

それぞれのX線を個別にスキャンします

And this shows/ how I do my process of same-size X-rays.//

実物大X線写真をどうやって撮影しているかが分かります

So,/ this is,/ again,/ my daughter's dress.//

娘のドレスです

Still has the tag/ in it/ from me/ buying it,/ so I can take it back/ to the shop/ if she didn't/ like it.//

買ってあげたときのタグがついたままですから 娘が気に入らなければ 返品することもできます

But there are four X-ray plates.//

4つのX線プレートがあって

You can see them overlapping.//

重なり合っています

So,/ when you move forward/ from something fairly small,/ a dress/ which is this size,/ onto something/ like that/ which is done in exactly the same process,/ you can see/ that that is a lot of work.//

このドレスのような小さな物から これくらいの大きさの物まで 全く同じ方法で作業を行います 大変な作業であることがお分かりいただけると思います

In fact,/ that is three months/ solid X-raying.//

これには3カ月要しました

There is over 500 separate components.//

500個以上の部品が存在します

Boeing sent me/ a 747/ in containers.//

777がボーイングからコンテナで送られてきました

And I sent them back/ an X-ray.//

私は代わりにX線写真を送り返しました

(Laughter)/ I kid you not.//

(笑い)本当ですよ

Okay,/ so Frieda is my dead skeleton.//

先ほど フリーダが骸骨だと言いました

This,/ unfortunately,/ is basically two pictures.//

これは二つの写真でできています

One/ on the extreme right is a photograph of an American footballer.//

右端は アメフト選手の写真

The one/ on the left is an x-ray.//

左側はX線写真です

But this time/ I had to use/ a real body.//

この撮影では 本当の体を使う必要がありました

Because I needed all the skin tissue/ to make it look real,/ to make it look/ like it was a real athlete.//

皮膚細胞がなければ 本物の運動選手のようには見えないからです

So,/ here/ I had to use/ a recently deceased body.//

骸骨ではなく 遺体を使う必要がありました

And getting a hold of that was extremely difficult and laborious.//

入手は非常に困難で面倒でした

But people do donate their bodies/ to art and science.//

しかし 芸術科学のために献体してくれる人がいます

And when they do,/ I'm in the queue.//

私も順番を待っている一人です

So,/ I like to use them.//

ですから 遠慮なく献体を利用します

(笑い)

The coloring,/ so coloring adds another level/ to the X-rays.//

カラー化することでX線も違った印象を与えます

It makes it more organic,/ more natural.//

有機的で 自然な感じになります

It's/ whatever takes my fancy,/ really.//

自分の好きなものを撮っています

It's not accurately colored/ to/ how it is in real life.//

実際の色を忠実に再現しているわけではありません

That flower doesn't come in bright orange,/ I don't think.//

この花は 鮮やかなオレンジにはなりませんね

But I just like it/ in bright orange.//

でも 鮮やかなオレンジが綺麗だと思いました

And also/ with something technical,/ like these are DJ decks,/ it/ sort of adds another level.//

DJデッキのような機器も 違った様相を見せてくれます

It makes a two dimensional image look/ more three dimensional.//

二次元のイメージが三次元のように見えます

The most difficult things/ to X-ray,/ the most technically challenging things/ to X-ray are the lightest things,/ the most delicate things.//

X線技術で最も難しいこと 技術的な課題であったことは 軽い物体 壊れやすい物体を撮影することです

To get the detail/ in a feather,/ believe me,/ if there is anyone/ out here/ who knows anything/ about X-rays,/ that's quite a challenge.//

羽毛を詳細に撮影するということが X線について多少の知識がある方であれば 本当に難しいことがお分かりいただけるでしょう

I'm now going to show/ you/ a short film,/ I'll step to the side.//

ショートフィルムをご覧ください

Video:/ (Music)/ The thing/ in there is very dangerous.//

ビデオ: (ミュージック) 中にあるのは危険な物

If you touch/ that,/ you could possibly die through radiation poisoning.//

触れれば 命がなくなるかも 放射線を浴びてしまう

In my career/ I've had two exposures/ to radiation,/ which is two too many,/ because it stays with you/ for life.//

今までに二度 被曝した たった二度でも 人生の消えない傷になる

蓄積されるのだ

(Music)/ It has human connotations.//

(ミュージック) 人間的だ

The fact/ that it's a child's toy/ that we/ all recognize,/ but also/ it looks/ like it's a robot,/ and it comes from a sci-fi genus.//

玩具であることは分かっている でも ロボットのように見える SFに出てくるような類のものだ

It's a surprise/ that it has humanity,/ but also/ man-made, future, alien associations.//

人間的でありながら 人工的で未来や異星人を彷彿させる

And it's just/ a bit spooky.//

薄気味悪い

(Music)/ The bus was done with a cargo-scanning X-ray machine,/ which is used on the borders/ between countries,/ looking for contraband and illegal immigrants.//

(ミュージック) バスの撮影には 貨物用X線装置を使用した 国境で 密輸品や密航者を検査する装置だ

The lorry goes in front of it.// And it takes slices of X-rays/ through the lorry.//

車体をX線装置の前に置いて スライスした断面を撮影した

And that's/ how this was done.// It's actually slice,/ slice.//

それが撮影の方法だ スライス スライス

It's a bit/ like a CT scanner/ in a hospital.// Slices.//

病院のCTスキャナと変わりはない スライス

And then/ if you look carefully,/ there is all little things.//

よく見ると 細かなことに気付く

He's got headphones on,/ reading the newspaper,/ got a hat on,/ glasses,/ got a bag.//

ヘッドフォンをしている人 新聞を読んでいる人 帽子や眼鏡 バッグを持った人

So,/ these little details help to make/ it work,/ make/ it real.//

こういった詳細によって リアルな表現ができる

(Music)/ The problem/ with using living people is that to take an X-ray,/ if I X-ray you,/ you get exposed to radiation.//

(ミュージック) 生きている人間を撮影する上での問題は 撮影時に被曝してしまうことだ

So,/ to avoid that --/ I have to avoid/ it somehow --/ is I use dead people.//

それを回避するため なんとかしなければならない そこで 死んだ人を使うことになった

Now,/ that's a variety of things,/ from recently deceased bodies,/ to a skeleton/ that was used by student radiographers/ to train in taking X-rays of the human body,/ at different densities.//

様々なものがある 最近亡くなった人の遺体から 撮影技師の卵たちが 濃度を変えて 人体のX線撮影を練習するために 使っていた骸骨まで

(Music)/ I have very high-tech equipment of gloves,/ scissors and a bucket.//

(ミュージック) ゴム手にハサミとバケツ 僕のハイテクグッズさ

(Music)/ I will show/ how the capillary action works,/ how it feeds,/ I'll be able to get all the cells inside/ that stem.//

(ミュージック) 毛細管の働きが分かる どうやって養分を運ぶのか 茎の中にある細胞も捉えられる

Because it transfers food/ from its roots/ to its leaves.//

根から葉に養分を運んでいる

Look/ at this monster.//

モンスターだ

(Music)/ It's so basic.// It just grows wild.//

(ミュージック) 基本的なこと これは自然に生えている

That's/ what I really like about it,/ the fact/ that I haven't got to go/ and buy it,/ and it hasn't been genetically modified at all.//

だからこそ 私は愛する どこかで買ってきた物ではない 遺伝子操作されたものでもない

It's just happening.//

たまたま 生まれた

And the X-ray shows/ how beautiful nature can be.//

X線によって 自然がいかに美しいかが分かる

Not/ that that is particularly beautiful/ when you look at it/ with the human eye,/ the way/ the leaves form.// They're curling/ back/ on each other.//

目で見たときには それほど美しいとは思わない 葉っぱの形状 カールしているのがX線写真にすると

So the X-ray will show the overlaps/ in these little corners.//

角のところで重なっているのが分かる

The thicker/ the object,/ the more radiation/ it needs,/ and the more time/ it needs.//

厚さが増すほど 放射線の量も増え 照射時間も長くなる

The lighter/ the object,/ the less radiation.//

軽い物体には 放射線は少なくて済む

Sometimes/ you keep the time up,/ because the time gives/ you detail.//

時間をかけることで詳細がはっきりする

The longer/ the exposure goes on for,/ the more detail/ you get.//

長い時間 放射線にあてれば さらに詳細になる

(Music)/ If you look at this,/ just the tube,/ it is quite bright.//

(ミュージック) ただの管にしか過ぎないが 非常に明るい

But I could get a bit darker/ in the tube,/ but everything else would suffer.//

少し暗くすると 他の部分が消える

So,/ these leaves/ at the edge would start to disappear.//

葉の先端部分が消えてゆくのだ

What I like/ is how hard/ the edges are,/ how sharp.//

先端がくっきりと はっきりしているのが好みだ

Yeah,/ I'm quite pleased/ with it.//

そう これで良い

(Music)/ I travel beyond the surface/ and show something/ for what it's worth,/ for what it's really made of,/ how it really works.//

(ミュージック) 表面に隠れたものを探り その価値を明らかにする 何でできているのか どうやって動くのか

But also/ I find/ that I've got the benefit of taking away/ all the surface,/ which is things/ that people are used to seeing.//

しかし また 表面をはぎ取ることで 得られることもあることが分かった 表面とは 人々が見慣れていた物だ

And that's the sort of thing/ I've been doing.//

これが 私のやっていること

I've got the opportunity now/ to show you/ what I'm going to be doing in the future.//

ではここで 将来 やろうとしていることを紹介します

This is a commercial application of my most recent work.//

コマーシャルに使われた最近の作品です

And what's good/ about this,/ I think,/ is/ that it's like a moment/ in time,/ like you've turned around,/ you've got X-ray vision/ and you've taken a picture/ with the X-ray camera.//

この作品の良い点は ある瞬間を捉えたように見えることです X線の視覚を持ち合わせたかのようです X線のカメラで写真を撮ったようです

Unfortunately/ I haven't got X-ray vision.//

残念ながら 私にはX線の眼力はありません

I do dream in X-ray.// I see my projects/ in my sleep.//

X線の夢は見ます プロジェクトを夢で見るのです

And I know/ what they're going to look/ like in X-ray/ and I'm not far off.//

なので X線ではどう見えるかは分かっています もう少しなのです

So,/ what am I doing in the future?//

さて 次に何をするかですが

Well,/ this year is the 50th anniversary of Issigonis's Mini,/ which is one of my favorite cars.//

今年は イシゴニス ミニの50周年です 私の好きな車です

So,/ I've taken it apart,/ component/ by component,/ months and months and months of work.//

この車をばらばらに分解しました 何ヶ月も 何ヶ月もかかりました

And/ with this image,/ I'm going to be displaying it/ in the Victoria and Albert Museum/ as a light box,/ which is actually attached to the car.//

この車のX線写真を ヴィクトリア アンド アルバート博物館に展示の予定です 写真を照らすライトボックスを 車に取り付けます

So,/ I've got to saw/ the car/ in half,/ down the middle, not an easy task,/ in itself.//

車は真ん中から縦に二つに切りました それだけでも 骨の折れる仕事です

And then,/ so you can get in the driver's side,/ sit down,/ and up/ against you is a wall.//

運転席側に入って 座ります そうすると 壁があります

And/ if you get out/ and walk around/ to the other side of the car,/ you see a life-sized light box of the car/ showing you/ how it works.//

車から出て 外側をぐるりと回ります 車に取り付けた実物大のライトボックスがあって どうやって動くのかを知ることができます

And I'm going to take/ that idea/ and apply it/ to other sort of iconic things/ from my life.//

このアイデアを 私の人生において 記念すべき物にも応用することにしました

Like,/ my first computer was a big movement/ in my life.//

例えば 初めてコンピュータを手に入れた時は衝撃的でした

And I had a Mac Classic.// And it's a little box.//

マック クラシックです 小さな箱形でした

And I think/ that would look quite neat/ as an X-ray.//

X線で撮影すれば かっこいいものになると思います

I'm also looking to take/ my work/ from the two-dimensional form/ to a more three-dimensional form.//

その他には 二次元の作品から 三次元の作品へと 軸を移したいと考えています

And this is quite a good way of doing it.//

これは非常によいやり方だと思います

I'm also working/ now/ with X-ray video.//

X線ビデオにも取りかかっています

So,/ if you can imagine,/ some of these flowers,/ and they're actually moving and growing/ and you can film/ that in X-ray,/ should be quite stunning.//

想像してください こういった花が 成長してゆく様を X線撮影できれば さぞ素晴らしい物になることでしょう

But that's it.// I'm done.// Thank you very much.//

今日はここまでです ありがとうございました

(拍手)

rontgen

=roentgen

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

pin

『ピン』・留め針・《しばしば複合語を作って》ピンの働きをする物

(留め針の付いた)『記章』,『バッジ』

(木・プラスチック・金属などの)留めくぎ,掛けくぎ(peg);(弦楽器の)糸巻き

《複数形で》《英話》脚(legs)

《a~》《否定文で》ほんのわずか

(ゴルフ・ボウリングの)ピン

(…に)…‘を'『ピンで留める』《+『名』+『to』(『on』)+『名』》

(人・物事に)〈望み・信頼など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'動けなくする《+『名』+『against』(『to, under』)+『名』》

《話》〈罪・過失など〉‘を'(人の)せいだとする《+『名』+『on』+『名』〈人〉》

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

brooch

ブローチ,えり留め

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

fundamentally

基本的に;本質的に

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

interpret

〈物事〉‘を'『解釈する』,受け取る;…‘の'意味を明らかにする,‘を'説明する

〈外国語で表現されたもの〉‘を'『通訳する』,翻訳する(translate)

…‘を'自分の解釈に基づいて演じる(演奏する)

『通訳をする』

contemporary

『同時代の』,同年代の…その時代の

『当代の』,現代の

『同年輩の人』,『同時代の人』

manner

《単数形で》〈文〉『方法』,仕方

《単数形で》(他人に対する)『態度』,様子,挙動

《複数形で》『行儀』,『作法』

《複数形で》(国民・時代などの)『風習』,慣習

《単数形で》(文学・美術上の)『流儀』,様式,…ふう,手法

《文》《単数形で》(…の)種類《+『of』+『名』》

shot

shootの過去・過去分詞

soda

〈U〉『ソーダ』,炭酸ソーダ,重炭酸ソーダ

promote

…‘を'『助長する』,促進する,増進する

(…に)…‘を'『昇進させる』,進級させる《+『名+to+名』》

〈議案など〉‘を'通過するように努力する

〈会社・事業〉‘を'発起する;〈興業〉‘を'主催する

〈商品など〉‘の'販売促進をする

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

detritus

(風化・浸食作用などによる)砕石,砕屑(さいせつ)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

sole

足の裏

靴底

〈靴〉‘に'底をつける

sneaker

《複数形で》《おもに米》ゴム底の運動靴,スニーカー

こすい人;こそどろ

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

skeleton

(人間・動物の)『骨格』,がい骨

(建物・船などの)『骨組み』

(文芸作品などの)骨子,粗筋,概要

必要最小限のもの

《話》(骨と皮ばかりに)やせこけた人(動物)

radiographer

レンゲン技師

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

contraband

密輸品;(特に戦時の)禁制品

密輸

輸出入を禁じられている,禁制の

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

bomb

『爆弾』;《the bomb》原子爆弾

《米話》大失敗

…'を'『爆撃する』;…‘に'爆弾を投下する

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

drama

〈C〉『戯曲』,劇文学;脚本

〈U〉《しばしばthe~》『演劇』,劇,芝居

〈C〉〈U〉劇的事件

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

cargo

(船・飛行機の)『積荷』,貨物

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

bulldozer

ブルドーザー

《話》おどしつける人,無理に押し通す人

laughter

『笑い』,笑い声

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

pant

『あえぐ』,息を切らす

《現在分詞の形で》熱望する,強く望む

…‘を'あえぎながら言う《+『out』(『forth』)+『名,』+『名』+『out』(『forth』)》

『あえぎ』,息切れ;動悸(どうき)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

exquisite

『絶妙な』,精巧な

(苦痛・快感などが)強烈な

(感受性が)鋭敏で洗練された

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

moss

『コケ』(苔)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

crease

(ズボンの)折り目;(紙・布・服などの)しわ

〈ズボン〉‘に'折り目をつける;…'を'しわにする

(…で)〈人〉'を'大笑いさせる《+『名』+『with』+『名』》

折り目がつく;しわがよる

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

nuance

(意味・色彩などの)微妙な違い,陰影,ニュアンス

peel

(果物・野菜などの)『皮』

〈果物・野菜など〉‘の'『皮をむく』

…‘を'取り去る《+『名』+『off』,+『off』+『off』+『名』》;(…から)…‘を'はぎとる《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

(…から)〈皮膚・ペンキなどが〉はげて落ちる《+『from』(『off』)+『名』》

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

prop

支柱,支え

支えとなる人(物)

…‘を'支える

(…に)…‘を'寄りかからせる《+『名』+『against』+『名』》

fumble

(…を)不器用に手で捜す,手探りする《+『about』(『around』)『for』+『名』》

(…を)不器用に(ぼんやりと)いじる《+『with』(『at』)+『名』》

(つかもうとして)ボールを落とす,ファンブルする

…‘を'不器用に取り扱う

〈ボール〉‘を'落とす,ファンブルする

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

underwear

下着,肌着

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

department store

『百貨店』,『デパート』

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

escort

〈C〉(保護・案内・礼儀のための)『付き添い』,護衛者,(特に,パーティーなどで)女性に付き添う男性;《集合的に》(兵士・軍艦などの)武装護衛隊,(警官の)護衛

〈U〉案内;保護,護衛,護送

(ある場所まで)〈人〉‘に'『付き添って行く』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈軍艦など〉‘を'護衛する

premise

〈C〉(推理を行う上で結論の根拠となる)『前提』;(…という)根拠《+『that節』》

《the premises》前述の事項,前述の物件

《複数形で》家屋敷,土地建物;敷地,構内

…‘を'前置きとして(あらかじめ)述べる;…ということを前提とする《+『that節』》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

runt

(同種の中で)普通より小さい(発育不良の)動物・(動物のひと腹の子の中で発育不良の)小さな子・できそこない・軽べつして》ちび

litter

〈U〉散らかったくず,がらくた;《a~》取り散らかし

〈C〉《集合的に》)動物の)一腹の子《+『of』+『名』》

〈U〉(家畜の)寝わら

〈C〉かつぎかご(屋根と周囲にカーテンがついて人の肩や動物を使って運ぶ)

〈C〉担架(stretcher)

(…で)〈場所〉‘を'散らかす《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

(動物,特に犬・豚が)〈子〉‘を'産む

〈家畜〉‘に'寝わらを敷いてやる

物を散らかす

〈動物,特に犬・豚が〉子を産む

piglet

子豚

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

fused

ヒューズのついた

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

radiation

〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射

〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱

〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》

=radioactivity

anyway

=anyhow

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

fuse

ヒューズ

(またfuze)(爆発物などの)信管,導火線

healthy

(人・身心などが)『健康な』,健全な

『健康によい』,健康を増進する

empty

『からの』,中に何もない(だれも居ない)

『空虚な』,なんの意味もない

《話》腹ぺこの

〈容器など〉‘を'『空にする』

(容器などから)〈中身〉‘を'出して空にする《+『名』+『out of』+『名』》;(…に)〈中身〉‘を'全部出す《+『名』+『into』(『onto』)+『名』》

『空になる』;(…に)全部出て空になる《+『into』+『名』》

空き箱,空きびん

parka

パーカ

エスキモー人のずきんつき毛皮服

登山・スキーなどで用いる防寒着(《英》anorak)

jacket

『上着』,ジャケット(特殊な目的で上半身をおおう)胴着

=dust

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

roof

『屋根』;屋上;《比喩(ひゆ)的に》家,家庭

(形・位置・働きが)屋根に似た物

…‘に'屋根をつける;…‘に'(…の)屋根をつける《+『名』+『with』+『名』》

Eden

エデンの園(聖書で,神がはじめアダムとイブを住まわせた楽園)

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

library

『図書館』,図書室

(個人の)書斎,読書室

『蔵書』

双書

honeycomb

ミツバチの巣

ハチの巣状のもの;亀更(きっこう)模様

ハチの巣の;亀甲模様の

(…で)…‘を'(ハチの巣のように)穴だらけにする《+『名』+『with』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

Victoria

ビクトリア女王(Queen Victoria(1837‐1901);1819‐1901)

ビクトリア湖(Lake Victoria;アフリカ大陸中央東部の湖でナイル川の源901)

オーストラリア南東部の州

Hong Kong の主都

lily

『ユリ』;ユリの花

(フランス王家の)ユリの紋章

ユリのような,ユリのように白い(清純な)

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

pond

『池』

amaryllis

アマリリス(大きなユリに似た球根植物)

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

seaweed

海草,海の藻

ebb

『引き潮』,干潮

(勢力などの)衰退,衰え

〈潮が〉引く《+『away』》

〈勢い・力などが〉衰える,弱まる《+『away』》

tide

〈U〉〈C〉『潮[の干満]』,(潮の干満によって起こる)潮流

〈C〉(世論などの)『風潮』,全体的傾向,形勢

〈C〉潮(のように押し寄せてくる…)《+of+名》

〈U〉《古》時,季節

《『tide over』+『名』》(困難・障害を)乗り切る

(難しい時期を)〈人〉を助けて乗り切らせる,‘に'なんとかやっていかせる《+名+over+名》

purpose-built

特別に作った(建てた)

shed

〈血・液など〉‘を'『流す』,こぼす

〈葉・毛・外皮など〉‘を'『自然に落とす』;〈衣服〉‘を'脱ぐ

〈光・香りなど〉‘を'放つ

〈布などが〉〈水〉‘を'はじく,通さない

〈動物などが〉脱毛する,脱皮する

〈葉が〉落ちる

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

hospital

『病院』

high-powered

(機械などが)高性能の,馬力の強い

(人が)極めて精力的な

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

life-size

実物大の,等身大の

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

dress

…‘に'『服を着せる』,‘を'装う

…‘を'飾る,飾り付ける

〈髪〉‘を'整える,手入れする;〈動物の毛〉‘を'すく

(市場用・食卓用に)〈肉・鳥〉‘を'整える,下ごしらえする(prepare)

(ドレッシングなどをかけて)〈サラダ〉‘を'仕上げる

〈傷口など〉‘の'手当をする

〈土地〉‘の'手入れをする

〈織物・石材など〉‘に'仕上げをする

〈兵隊などの列〉‘を'まっすぐにする

『服を着る』,服を着ている

正装する,晴れ着を着る

(兵隊などが)整列する

〈U〉『衣服』,着物,服装

〈U〉《複合語を作って》礼服

〈C〉(ワンピースの)『婦人服』,『子供服』

〈U〉装い,外観(appearance)

婦人服(用)の

(衣服が)正式の,礼服の

tag

(名前・番号・定価などを記した)札,下げ札,荷札

(服などの)切れて垂れ下がった端;(靴ひもなどの)先金

(特にラテン語引用句の)きまり文句

=question tag

…‘に'下げ札をつける

(…に)…‘を'つける,加える《+名+on(to)+名》

〈人〉‘に'(…の)レッテルをはる《+名+as+名(形)》

人の後にくっついて行く《+along》;(人の)すぐ後について行く《+after(behind)+名》

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

component

構成している,成分の

構成要素,成分

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

okay

=OK,O.K.

basically

基本的に,根本的に;元来は

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

athlete

競技者,運動家;強壮な人;《英》陸上競技選手

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

decease

死亡

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

extremely

『極端に』,非常に過度に

laborious

骨の折れる;苦心の跡の見える

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

queue

(昔男性が後頭部から編んで下げた)弁髪

《おもに英》◇順番を待っている人・乗り物の)列

〈人が〉(乗物などを)列を作って待つ《+『up for』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

accurately

正確に,精密に,綿密に

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

deck

『デッキ,甲板』

デッキ状の部分(バス・電車の床,トラックの荷台,電気装置の配置台など)

《おもに米》(カードの)1組(《英》pack)

《話》地面

(…で)…'を'飾る,装飾する《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'美しくする,めかす《+『out』+『名』+『in』+『名』》

dimensional

(長さ・幅・厚さなどの)寸法の

(数学で)…次元の

technically

専門的に,技術的に;専門語で

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

delicate

(形状・感触などが)『繊細な』,精巧な,きめの細かい

(におい・色などが)『柔らかい』,うすい

(ガラス器具などが)『壊れやすい』

(身体が)『か弱い』(frail),きゃしゃな

(門題などの取扱いが)『微妙な』,むずかしい

(技術などが)精密な,高度の;(形器などが)敏感な

(対人的に)神経の細かい

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

cumulative

しだいに増加する,累加する,累積的な

connotation

言外の意味

(論理学で)内包

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

genus

(生物分類上の)属(family(科)の下でspecies(種)の上)

(一般に)種類

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

alien

『外国の』,異国の;外国人の,在留外国人の

《補語にのみ用いて》(…と)性質の異なる《+『from』(『to』)+『名』》

《補語にのみ用いて》(…と)相いれない,(…に)反する《+『to』+『名』》

異常な

(ある国に在住する)外国人,在留外国人;(citizenと区別して帰化してない)外国人

association

〈U〉(…との)『交際』,付き合い《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,『共同』,関連《+『with』+『名』》

〈C〉組合,協会,会社

〈U〉連想;〈C〉《しばしば複数形で》連想されるもの

spooky

幽霊の出るような,気味悪い

物おじする,おびえる

illegal

『不法の』,違法の

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

lorry

貨物自動車,(特に大型の)トラック)《米》truck)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

slice

(…の)(薄く切った平らな)『一枚』,一切れ《+『of』+『名』》・(…の)分け前(share),一部(part)《+『of』+『名』》・スライス(野球・ゴルフなどで,打球が打者のきき手の方向に飛ぶこと,またその打球) ・料理用へら,フライ返し

〈パンなど〉‘を'『薄く切る』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・…‘を'薄く切り取る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》・〈水など〉‘を'切って進む・(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'スライスさせて打つ,きき手の方向に打つ・(水なとを)切って進む《+『through』+『名』》

(野球・ゴルフなどで)〈打者が〉ボールをスライスさせて打つ;〈ボールが〉スライスして飛ぶ

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

carefully

『注意深く』,気をつけて

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

glove

(五指の分かれている)『手袋』

(野球の)『グローブ』;(ボクシング用の)グラブ

…‘に'手袋をはめる

(野球で)〈ボール〉‘を'グローブで捕る

scissor

…‘を'はさみで切る,切り取る《+『off』(『out, up』)+『名』,+『名』+『off』+(『out, up』)》

bucket

『バケツ,手おけ』;(井戸の)つるべ

バケツ状の物;(水車・タービンなどの)水受け;(ポンプの)吸い子

バケツ1杯(の…)(bucketful)《+『of』+『名』》

capillary

毛状の,毛のように細い

毛細管の

毛細管

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

stem

(草の)『茎』,(木の)『幹』

葉柄,花梗(かこう)

『茎状のもの』;(杯・グラスの)『脚』,(パイプ・さじの)柄,(時計の)りゅうず

(単語の)語幹,語根

船首;船首材

…‘の'茎(軸)を取り去る,へたをとる

(…から)生じる,(…に)由来する《+『from』+『名』(do『ing』)》

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

root

《しばしば複数形で》『根』

『根元』

《the~》『根源』,根本;根底

《複数形で》(その人の根底にある)ある場所との根源的なつながり

(数学で)根,ルート

(派生語の)語根(例えばrootlessの中のroot)

〈植物〉‘を'『根づかせる』

《しばしば受動態で》(根をおろしたように)(…に)…‘を'『定着させる』『+『名』+『to』(『in』)+『名』》

(…に)『根を下ろす』,定着する《+『in』(『on』,『to』)+『名』》

leaves

leafの複数形

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

modify

旨‘を'『修正する』,変更する

…‘を'加滅する,緩和する

〈語・句・節が〉…‘を'修飾する,限定する

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

curl

〈C〉『巻き毛』カール;《複数形で》巻き毛の髪

〈C〉うず巻き[状のもの],うねり

〈C〉〈C〉カールすること,ねじれ

〈頭髪〉'を'カールさせる

|'を'曲げる,ねじる

〈頭髪が〉カールする

〈煙が〉うず巻く

overlap

…‘を'部分的に重ねる

…‘と'一部共通(一致)する;(時間的に)…‘と'かち合う

部分的に重なり合う

部分的に共通(一致)する;〈時間が〉かち合う

〈U〉部分的に一致すること,重複

〈C〉重複部分

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

needs

《直ちに, 当面》 必要なもの[こと], 要求, 要望されるもの

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

sharp

(刃・先端が)『鋭い』,よく切れる,よく突きささる

(頂上などが)先がとがっている

(道路などが)『急な』,急カーブの,急こう配の

(言葉などが)『厳しい』,辛らつな

(痛みが)『鋭い』,激しい;(寒さなどが)激しい,身を切るような

(食物が)ぴりっとする,辛い

(音が)鋭い,高い

(輪郭などが)はっきりした,くっきりした

(感覚・頭が)鋭い

抜け目のない,すばしこい

油断のない,用心深い

(動作が)速い,機敏な,きびきびした

(身なりの)いきな,スマートな

《名詞の後にのみ用いて》(音が)シャープの,嬰(えい)音の;調[記]号がシャープ(#)の

《名詞の後にのみ用いて》(時間を)きっかり,正碓に

鋭く;急に;油断なく

(音楽で)半音高く

シャープ,嬰音

シャープ記号(#)

yeah

=yes

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

seeing

…ということを考えると;…であるからには,だから《+『that 節』(《話》『as節』)》

〈U〉〈C〉見ること

〈U〉視力,視覚

目の見える,目のきく

opportunity

『機会』,好機

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

anniversary

(年ごとの)『記念日』,記念祭

記念日の

mini

ミニスカート

ミニカー

(一般に)小型の物

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

museum

『博物館』;美術館

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

task

(つらく骨の折れる)『仕事』,(課せられた)務め

〈仕事などが〉…‘を'苦しめる,酷使する

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

computer

『計算機』;『電子計算機』

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

Mac

おい,君,名前の分からない相手(男)に対して呼びかけるときに使う, Apple社のMacintoshコンピューター

classic

(一つの分野の中で)『規範となる』,典型的な;第1級の

伝統的な,由緒のある(traditional)

(型・様式などについて)単純で洗練された

古典の;古典的な(classical)

〈C〉(一つの分野の中で)『規範』(『模範』)『となる作品』,代表作

〈C〉代表的芸術家,古典的作家

《the classics》《しばしばC-》古典文学

〈C〉伝統的な(由緒ある)行事

neat

(見た目に)『きちんと整った』,小ぎれいな

(人などが)きれい好きな;(服装などが)さっぱりした

(やり方・話し方などが)手ぎわのよい

《米話;現在はまれ》すばらしい,すてきな

《話》(酒などが)水で割らない,ストレートの

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画