TED日本語 - リチャード・セイモア: 美をどう感じるか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

物語、美術作品、顔、デザインされたオブジェ ― どのようにして、それが美しいと感じるのでしょう?またなぜ、そのことは重要なのでしょうか?デザイナーであるリチャード・セイモアは、美に対する私たちの反応と、美的な物の驚くべき力を追求します。

Script

私が幼い頃 ちなみに私にも幼い頃がありました 父が 18 世紀の時計職人の 物語を聞かせてくれました この時計職人は とてもとても美しい時計を作っていたのですが ある日 客が作業場に訪れて 以前買った時計を整備して欲しいと言ってきました 職人は時計を分解し 取り出した部品の一つに はずみ車がありました その作業を見て客は気付きました はずみ車の裏に彫刻がしてあったのです 言葉が彫ってありました お客は職人に言いました 「どうして誰の目にも付かない内部に 言葉を彫ったんだい?」 時計職人は振り向いて答えました 「神様に見える」 私は信仰深くありません 父も同じです ただその時 ここで何かが起こっているのに気付きました 血管や神経や 筋肉の詰まったはらわたで感じました ありふれた筋肉です とにかく何かを感じました 生理的な反応でした その時以来 私の考え方は変わりました

デザイナーとして仕事をする中で 次の単純な問いを自問し始めました 私たちは美しさを考えるのか それとも感じるのか 皆さん恐らく既に答えを知っているでしょう いえ どちらだと考えているかは分かりませんが 私は感じる方だと思います デザイナーとしてキャリアを重ねていき ワクワクするものに出会うようになりました 自動車デザインの最初期の作品 そこにとてもわくわくするものがありました 沢山の作品の中で 私はあるものを見つけました 心奪われました 皆さんも覚えているかも知れません 車のドアをバタンと閉めたとき 灯りが直ぐに消えたのを覚えていますか? そして確か BMW だったと思いますが 緩やかに消えるライトを導入しました 覚えていますか? 私ははっきりと覚えています 初めて見たときのことを覚えていますか? 私はなんてすてきな と考えていたのを覚えています 実際 私は緩やかに消えるライトが 嫌だと言う人に会ったことがありません これは一体どういうことだと考えました

そしてそのことを自問するようになったのです 最初 人に聞いて回りました 「これ好き?」「うん」 「どうして?」「とても自然に感じるから」 または「いい感じだから」 私はこれでは充分でないと考えました もっと掘り下げなければなりません デザイナーとしてこの仕組みを示す言葉 操る操作盤が必要だからです そしていくつか実験をしました 突如 全く同じ事をしている ものがあると気づきました 明かりから暗がりへ六秒で -- まさにこれです それが何か分かりますか?どなたか?

今 脳の考える部分を-- 応答の遅い部分を使っていますね でもこれは思考ではなく感覚です お願いがあります この先 14 分かそこら 物事を感じて頂けますか?

考えるよりも感じて欲しいのです 私はリラックスの感覚を覚えました 期待感と合わさったリラックスです 私が見つけたのは 映画館あるいは劇場でした ここで確かに起こりました 六秒で明かりから暗がりへ その時 あなたはどう感じますか? 「あぁ 映画が始まってしまう」 それともこうでしょうか? 「素晴らしい 楽しみだ 期待に満ちてきた」 私は神経科学者ではありません 条件反射という物が存在するのかも知りません でもそれなのかもしれません なぜなら私がお話しした北半球の方々で 映画を観る人はこの感覚を覚えるからです 私がお話しした方々でも 映画や劇を見ない人は 同じようには感じません 皆が好きですが 他の人よりもはまる人もいます

こうなると違う見方もできます 感覚ではなく脳で考えており 美は 大脳辺縁系にある--時代遅れでもないでしょう それは快楽中枢で おそらく私の視覚 触覚 感情は 思考を素通りしているのではないか 感覚器から快楽中枢への経路は 思考を司る大脳皮質を通る経路より短いのです 快楽中枢へ先に着きます ここに作用させるにはどうしたらよいでしょう? また反応の内 どの程度が 知識によるものでしょう? あるいはこれから知ることによるものでしょう?

こちらは私が知る中で最も美しいものの一つです ビニール袋なのです 最初それを見たとき 何も美しくなんてないと思いました 後に知ったのは -- 後露光というやつです -- 汚い水たまりや 大腸菌などで汚れたどぶ川に このビニール袋を沈めると 汚れた水からの 浸透作用で袋の中にしみこんでくる水は きれいな飲用水となるのです その途端 このビニール袋が とても美しく思えました

ではもう一度お願いします 感情脳に切り替えてください 頭を空っぽにして 感じることに集中してください 見てください 何を感じますか? 美しいですか?わくわくしますか? 私は皆さんの表情をしっかり観察しています この絵を見て なんだか退屈そうな男性や 若干乗り気な感じの女性がいます むじゃきな感じの絵ですね 実はこんな絵なのです いいですか? ハイジという五歳の少女が 脊椎ガンで死ぬ前に 地球上で最後に描いた絵です 彼女の最後の行動です 最後の物理的な運動でした 絵を見てください むじゃきさと その中の美を見てください 美しく見えますか?

止まって!どう感じていますか? それをどこで感じていますか? 私はここで感じています 皆さんの顔を見ていますよ それが何かを伝えてくれるからです あちらの女性は泣いていますね 皆さんは何をしているでしょう? 私は何かしているところを観察します 表情を観察します 反応を観察します 人が物事にどう反応するか知る必要があるからです 美に出会ったとき 驚くほど美味しいものに出会ったとき 最も良く見られる表情は OMG (oh my god) と私が呼ぶものです ちなみに 喜びは伴いません 「素晴らしい!」とは違います まゆはこんなになり 目は焦点を失い 口はだらんと開きます これは喜びの表現ではありません 他の何かがあります 何か奇妙なことが起こっています 快楽に私たちが受け取る さまざまのものが混ざり込んでいるようです

「ポイニャンシー」とはデザイナーとして私が好きな言葉です これは大きな感情的反応を引き起こす物事を意味する言葉です 大抵は悲しみの感情ですが 私たちの行動の一部です 気持ちよいことについてだけではありません これは美のジレンマ 美のパラドックスなのです 私たちはいろいろなものを感覚で受け取っています 好き 嫌い ワクワクする 恐ろしいなどが混ざって ある感覚を受け止めます 出来事に関する感覚です 情念 これは明らかに皆さんも 少女の絵に見出したでしょう 達成感 気付き 「知らなかった あぁ これは新しい」という感覚 これもあの絵にありました こういった道具を組み立てていくと デザインの観点から 私は非常に興奮します なぜなら既に述べたように これらは認知や処理に先立って 脳に到達するものと考えられるからです 電気化学の仕組みです

他に私が興味を持っているのは 本質的な美と外来的な美は 区別できるかということです 本質的な美とはつまり とにかく精巧で美しい何か 普遍的に美しい何かです 見つけにくいものですが 何か思い当たりますか 万人にとって美しいもの 事前情報なしに 美しく思えるものを見つけるのは非常に困難です 故に多くのものは外来的な美です 理解する前に情報に影響されます あるいは裏に情報が付与されたりします 先ほどお見せした少女の絵のようにです

美についてお話しするにあたって ご覧のような形で 顔を用いて 数々の実験が行われてきた事実に 触れずには進めません 私が最もつまらないと思う説の一つは 美とは対称性のことだというものです 明らかに違います これはもっと興味深いもので 顔の半分を人々に呈示し 最も美しい顔からそうでない順に 並べてもらい 最後に顔全体を呈示するというものです 半顔でも顔全体でも同じ結果になりました 美とは対称性のことではなかったのです 実際この女性は特に非対称な顔をしており どちら側も美しいです しかし 異なっています

デザイナーとしてこれは放っておけず パーツ分けをしてこのようなことをしました 個々の要素が何なのか調べようとしましたが 頭では分かりませんでした あの目を見て喜びや 美しさを感じることは出来ます 眉からは感じませんでした 耳の穴も全くです どれほど自分の役に立ったのかわかりませんが どこからその信号が来ているのかを 調べる助けにはなっています もちろん私は神経科学者ではありません しかし思考する部位を素早く素通りして 前認知的な快要素を もたらす物事を どう組み上げていけば良いのかについて

アナイス・ニンとタルマドが度々教えてくれたのは 人は物事を自分本位に見るということです だから私は恥を捨てて打ち明けます 何が私にとって美しいかをです これは MV アグスタの F1 です あぁ これは本当に なんというか どれほど絶妙な物体か表現し切れません しかし何故これが絶妙かは分かります 長い歴史が重ねられ 幾重にも積み重なっています 物理的世界に現われているのはごく一部で もっと大きな何者かなのです 伝説や勝負やディテールが幾重にも共鳴しています いくつか説明しますと 空気を切り裂く物体の層流に関して 見ての通り この上ないデザインです 興奮してしまうデザインです それをここで感じます

この部分は 自動車デザインの大きな秘密である 反射マネージメントです 形の問題ではありません この形状がどう光を反射するかなのです 視点の動きに連れて揺らぐ光が流れ 動きを感じるオブジェとなります 静止しているのにも関わらずです なんと巧みな反射の取り扱いでしょう このペダルに刻まれた細かいレリーフは ライダーにとって その下の何かを意味します このバイクの場合 駆動チェーンが時速 500 キロで回り エンジンのパワーを伝えています 私はこういったものを目にすると すごくわくわくします

チタンのロックワイヤーです どれだけ素晴らしいものか伝え切れません ナットが高速回転している車輪から脱落するのを防ぎます 熱中してきました もちろん レースバイクにはサイドスタンドがありません ロードバイクなのでスタンドもあり この小さな隙間に折りたためます 見えなくなります この曲面ラジエーターの難しさときたら-- 何のためにこうしたのか? 車輪をこれまで以上に空力設計の中に取り込む必要があったからです 費用はかさみますが 素晴らしいのです 何よりも凄いのは ブランドロイヤルティです アグスタ伯爵 このバイクの偉大な歴史です

目に映らない凄さは これを創造した頭脳です マッシモ・タンブリーニ イタリアでは 彼は「ザ・プラマー」 「マエストロ」とも呼ばれています なぜなら彼は実際にエンジニアであり 工芸家であり彫刻家でもあるからです 一点の妥協も感じさせません

しかし私や私の同業者は 美について常に妥協と向き合わなければなりません 何とかしなくてはならないのです サプライチェーン テクノロジー その他諸々と 常に向き合わなければなりません そしてそこに妥協が入り込んできます では彼女を見てください ちょっとあそこで妥協しなくてはなりませんでした あのパーツを一ミリだけ動かす必要がありました 気付いた人はいませんね? 変化が分かりましたか? 三つのパーツを一ミリ動かしました かわいいですか?そうですね 美しいですか?劣化したかもしれません それでも消費者は問題ではないと言います なら良いでしょう? もう一ミリ動かしましょうか 誰も継ぎ目や変化に気付かないでしょう 美を損ねるのはこんなに簡単です なぜなら美は信じられないほど難しいものだからです ごく僅かな人しか出来ません フォーカスグループでも無理です チームでも希に成功するくらいでしょう 全ての要素を同時に統合するには 中枢皮質とでもいう物が必要なのです

これは美しいボトルです ご存じのように デザイナーである ロス・ラブグローブの作品です 本質的な美にとても近いです 水がどんなものか知ってさえいれば 美しさを感じられます これが美しいのは さわやかで美味しいものを体現しているからです 私は皆さん以上にこれが気に入っています これを作るのがどれだけ難しいか知っているからです このように光を屈折させる物を 正確に加工して作製し 失敗なく製造ラインを動かすのは 気が遠くなるほど難しいのです その水面下では白鳥のように 無数の困難があります 拍手喝采です これはシンプルな物の素晴らしい例です 先ほど見せたバイクは 極めて複雑なものでした その複雑さゆえに その美の作用も 異なる仕組みのものでした

恐らく皆さんは私と同様に バレエダンサーの踊りを楽しむでしょう 楽しめる理由の一つは その難しさが分かるからです これが信じられないほど痛いことも考慮しているかもしれません 一点で立っているときのダンサーのつま先を どなたか見たことがありますか? 優雅なアラベスクやプリエをしている時 足元は大変なことになっています そのことの理解が 行動の美しさに関する感覚を より強く 大きくするのです

間違えてマイクロ秒と書いてありますが 無視してください また感じることについてです 美を感じるプロセスの初期段階で 頭ではなく感覚で受け取る物の トリガーを どのようにすれば与えられるかについてです 少し実験をしてみます 準備はよいですか?ある物を一瞬だけ呈示します 良いですか?はい 一瞬見て それは自転車だと思いましたか? 違うんです パッと見て速そうだと思いましたか?思いましたよね 現代的だと思いましたか?思いましたよね そう思う前の一瞬にあれの情報が入ってきています そしてその時 脳が動き始めた以上 脳はそれに対処しなくてはなりません このバイクはこんな感覚を引き起こすような デザインがすごいのです グリーンテクノロジーで皆にとって良いものであり 軽く そして未来的な物であるという感覚です

では何が駄目なのでしょう? 何も駄目ではありません なぜならエコの面で これは極めて健全な作品だからです ただ皆 最初の一瞬に支配されています 何分の一秒かの出来事に支配されています そこで私の大半の仕事の 成否が明らかになるのは 店頭の商品棚です その時点で勝敗が決まります 50 100 200もの商品を 商品棚で見かけるでしょう 私はその中で勝負し 皆さんに 最初に訴えかけられるようにするのです

最後に私の大好きな層 知識についてです ご存知の方もいらっしゃるでしょう これの凄いところは そして私が繰り返し見てしまうのは 嫌がられ退屈に思われていることである 衣服の畳み方を扱っているからです これが実際に出来たら -- できる方はいますか?試した事は? どうですか? 凄いでしょう? ほら もう一度見たくありませんか? 残り2分なので時間がありません でもネットで見てください YouTube で 「folding T-shirt」で見つけてください あれが低賃金の若者の T シャツのたたみ方です 皆さんおそらく知らなかったでしょう でもどう感じますか? やると素敵な感じがします 楽しみになります また誰かに教えると -- もう教えたでしょうが 賢く思われます そこらで提供されるいろいろな知恵 それは費用がかかりません なぜなら知識はタダだからです ここまでの話をまとめます

形状は機能に従う? たまにだけです 形状とは機能です 形状は示唆します 形状は私たちが考える前に答えを教えてくれます だから私はデザイナーとして「形状」も 「機能」も使うのを止めました 私が現在追求しているのは 物の感情機能性です それを正しく捉えることが出来たら 素晴らしい物を作れます 何度でも作れます どんな製品やサービスか皆さんご存知で すでに幾つかお持ちです 火事で逃げる時 とっさに持って行くような物です そんな物は皆さんと 感情の絆で結ばれています 考えるよりも早く伝わる 電気化学の仕組みによる絆です

どうもありがとうございました

(拍手)

When I was little -- and by the way, I was little once -- my father told me a story about an 18th century watchmaker. And what this guy had done: he used to produce these fabulously beautiful watches. And one day,one of his customers came into his workshop and asked him to clean the watch that he'd bought. And the guy took it apart, and one of the things he pulled out was one of the balance wheels. And as he did so, his customer noticed that on the back side of the balance wheel was an engraving, were words. And he said to the guy, "Why have you put stuff on the back that no one will ever see?" And the watchmaker turned around and said, "God can see it." Now I'm not in the least bit religious, neither was my father, but at that point, I noticed something happening here. I felt something in this plexus of blood vessels and nerves, and there must be some muscles in there as well somewhere, I guess. But I felt something. And it was a physiological response. And from that point on, from my age at the time, I began to think of things in a different way.

And as I took on my career as a designer, I began to ask myself the simple question: Do we actually think beauty, or do we feel it? Now you probably know the answer to this already. You probably think, well, I don't know which one you think it is, but I think it's about feeling beauty. And so I then moved on into my design career and began to find some exciting things. One of the most early work was done in automotive design -- some very exciting work was done there. And during a lot of this work, we found something, or I found something, that really fascinated me, and maybe you can remember it. Do you remember when lights used to just go on and off, click click, when you closed the door in a car? And then somebody, I think it was BMW, introduced a light that went out slowly. Remember that? I remember it clearly. Do you remember the first time you were in a car and it did that? I remember sitting there thinking, this is fantastic. In fact, I've never found anybody that doesn't like the light that goes out slowly. I thought, well what the hell's that about?

So I started to ask myself questions about it. And the first was, I'd ask other people: "Do you like it?" "Yes." "Why?" And they'd say, "Oh, it feels so natural," or, "It's nice." I thought, well that's not good enough. Can we cut down a little bit further, because, as a designer, I need the vocabulary, I need the keyboard, of how this actually works. And so I did some experiments. And I suddenly realized that there was something that did exactly that -- light to dark in six seconds -- exactly that. Do you know what it is? Anyone?

You see, using this bit, the thinky bit, the slow bit of the brain -- using that. And this isn't a think, it's a feel. And would you do me a favor? For the next 14 minutes or whatever it is, will you feel stuff?

I don't need you to think so much as I want you to feel it. I felt a sense of relaxation tempered with anticipation. And that thing that I found was the cinema or the theater. It's actually just happened here -- light to dark in six seconds. And when that happens, are you sitting there going, "No, the movie's about to start," or are you going, "That's fantastic. I'm looking forward to it. I get a sense of anticipation"? Now I'm not a neuroscientist. I don't know even if there is something called a conditioned reflex. But it might be. Because the people I speak to in the northern hemisphere that used to go in the cinema get this. And some of the people I speak to that have never seen a movie or been to the theater don't get it in the same way. Everybody likes it, but some like it more than others.

So this leads me to think of this in a different way. We're not feeling it. We're thinking beauty is in the limbic system -- if that's not an outmoded idea. These are the bits, the pleasure centers, and maybe what I'm seeing and sensing and feeling is bypassing my thinking. The wiring from your sensory apparatus to those bits is shorter than the bits that have to pass through the thinky bit, the cortex. They arrive first. So how do we make that actually work? And how much of that reactive side of it is due to what we already know, or what we're going to learn, about something?

This is one of the most beautiful things I know. It's a plastic bag. And when I looked at it first, I thought, no, there's no beauty in that. Then I found out, post exposure, that this plastic bag if I put it into a filthy puddle or a stream filled with coliforms and all sorts of disgusting stuff, that that filthy water will migrate through the wall of the bag by osmosis and end up inside it as pure, potable drinking water. And all of a sudden, this plastic bag was extremely beautiful to me.

Now I'm going to ask you again to switch on the emotional bit. Would you mind taking the brain out, and I just want you to feel something. Look at that. What are you feeling about it? Is it beautiful? Is it exciting? I'm watching your faces very carefully. There's some rather bored-looking gentlemen and some slightly engaged-looking ladies who are picking up something off that. Maybe there's an innocence to it. Now I'm going to tell you what it is. Are you ready? This is the last act on this Earth of a little girl called Heidi,five years old, before she died of cancer to the spine. It's the last thing she did, the last physical act. Look at that picture. Look at the innocence. Look at the beauty in it. Is it beautiful now?

Stop. Stop. How do you feel? Where are you feeling this? I'm feeling it here. I feel it here. And I'm watching your faces, because your faces are telling me something. The lady over there is actually crying, by the way. But what are you doing? I watch what people do. I watch faces. I watch reactions. Because I have to know how people react to things. And one of the most common faces on something faced with beauty, something stupefyingly delicious, is what I call the OMG. And by the way, there's no pleasure in that face. It's not a "this is wonderful!" The eyebrows are doing this, the eyes are defocused, and the mouth is hanging open. That's not the expression of joy. There's something else in that. There's something weird happening. So pleasure seems to be tempered by a whole series of different things coming in.

Poignancy is a word I love as a designer. It means something triggering a big emotional response, often quite a sad emotional response, but it's part of what we do. It isn't just about nice. And this is the dilemma, this is the paradox, of beauty. Sensorily, we're taking in all sorts of things -- mixtures of things that are good, bad, exciting, frightening -- to come up with that sensorial exposure, that sensation of what's going on. Pathos appears obviously as part of what you just saw in that little girl's drawing. And also triumph, this sense of transcendence, this "I never knew that. Ah, this is something new." And that's packed in there as well. And as we assemble these tools, from a design point of view, I get terribly excited about it, because these are things, as we've already said, they're arriving at the brain, it would seem, before cognition, before we can manipulate them -- electrochemical party tricks.

Now what I'm also interested in is: Is it possible to separate intrinsic and extrinsic beauty? By that, I mean intrinsically beautiful things, just something that's exquisitely beautiful, that's universally beautiful. Very hard to find. Maybe you've got some examples of it. Very hard to find something that, to everybody, is a very beautiful thing, without a certain amount of information packed in there before. So a lot of it tends to be extrinsic. It's mediated by information before the comprehension. Or the information's added on at the back, like that little girl's drawing that I showed you.

Now when talking about beauty you can't get away from the fact that a lot experiments have been done in this way with faces and what have you. And one of the most tedious ones, I think, was saying that beauty was about symmetry. Well it obviously isn't. This is a more interesting one where half faces were shown to some people, and then to add them into a list of most beautiful to least beautiful and then exposing a full face. And they found that it was almost exact coincidence. So it wasn't about symmetry. In fact, this lady has a particularly asymmetrical face, of which both sides are beautiful. But they're both different.

And as a designer, I can't help meddling with this, so I pulled it to bits and sort of did stuff like this, and tried to understand what the individual elements were, but feeling it as I go. Now I can feel a sensation of delight and beauty if I look at that eye. I'm not getting it off the eyebrow. And the earhole isn't doing it to me at all. So I don't know how much this is helping me, but it's helping to guide me to the places where the signals are coming off. And as I say, I'm not a neuroscientist, but to understand how I can start to assemble things that will very quickly bypass this thinking part and get me to the enjoyable precognitive elements.

Anais Nin and the Talmud have told us time and time again that we see things not as they are, but as we are. So I'm going to shamelessly expose something to you, which is beautiful to me. And this is the F1 MV Agusta. Ahhhh. It is really -- I mean, I can't express to you how exquisite this object is. But I also know why it's exquisite to me, because it's a palimpsest of things. It's masses and masses of layers. This is just the bit that protrudes into our physical dimension. It's something much bigger. Layer after layer of legend, sport, details that resonate. I mean, if I just go through some of them now -- I know about laminar flow when it comes to air-piercing objects, and that does it consummately well, you can see it can. So that's getting me excited. And I feel that here.

This bit, the big secret of automotive design -- reflection management. It's not about the shapes, it's how the shapes reflect light. Now that thing, light flickers across it as you move, so it becomes a kinetic object, even though it's standing still -- managed by how brilliantly that's done on the reflection. This little relief on the footplate, by the way, to a rider means there's something going on underneath it -- in this case, a drive chain running at 300 miles and hour probably, taking the power from the engine. I'm getting terribly excited as my mind and my eyes flick across these things.

Titanium lacquer on this. I can't tell you how wonderful this is. That's how you stop the nuts coming off at high speed on the wheel. I'm really getting into this now. And of course, a racing bike doesn't have a prop stand, but this one, because it's a road bike, it all goes away and it folds into this little gap. So it disappears. And then I can't tell you how hard it is to do that radiator, which is curved. Why would you do that? Because I know we need to bring the wheel farther into the aerodynamics. So it's more expensive, but it's wonderful. And to cap it all, brand royalty -- Agusta, Count Agusta, from the great histories of this stuff.

The bit that you can't see is the genius that created this. Massimo Tamburini. They call him "The Plumber" in Italy, as well as "Maestro," because he actually is engineer and craftsman and sculptor at the same time. There's so little compromise on this, you can't see it.

But unfortunately, the likes of me and people that are like me have to deal with compromise all the time with beauty. We have to deal with it. So I have to work with a supply chain, and I've got to work with the technologies, and I've got to work with everything else all the time, and so compromises start to fit into it. And so look at her. I've had to make a bit of a compromise there. I've had to move that part across, but only a millimeter. No one's noticed, have they yet? Did you see what I did? I moved three things by a millimeter. Pretty? Yes. Beautiful? Maybe lesser. But then, of course, the consumer says that doesn't really matter. So that's okay, isn't it? Another millimeter? No one's going to notice those split lines and changes. It's that easy to lose beauty, because beauty's incredibly difficult to do. And only a few people can do it. And a focus group can not do it. And a team rarely can do it. It takes a central cortex, if you like, to be able to orchestrate all those elements at the same time.

This is a beautiful water bottle -- some of you know of it -- done by Ross Lovegrove, the designer. This is pretty close to intrinsic beauty. This one, as long as you know what water is like then you can experience this. It's lovely because it is an embodiment of something refreshing and delicious. I might like it more than you like it, because I know how bloody hard it is to do it. It's stupefyingly difficult to make something that refracts light like that, that comes out of the tool correctly, that goes down the line without falling over. Underneath this, like the story of the swan, is a million things very difficult to do. So all hail to that. It's a fantastic example, a simple object. And the one I showed you before was, of course, a massively complex one. And they're working in beauty in slightly different ways because of it.

You all, I guess, like me, enjoy watching a ballet dancer dance. And part of the joy of it is, you know the difficulty. You also may be taking into account the fact that it's incredibly painful. Anybody seen a ballet dancer's toes when they come out of the points? While she's doing these graceful arabesques and plies and what have you, something horrible's going on down here. The comprehension of it leads us to a greater and heightened sense of the beauty of what's actually going on.

Now I'm using microseconds wrongly here, so please ignore me. But what I have to do now, feeling again, what I've got to do is to be able to supply enough of these enzymes, of these triggers into something early on in the process, that you pick it up, not through your thinking, but through your feeling. So we're going to have a little experiment. Right, are you ready? I'm going to show you something for a very, very brief moment. Are you ready? Okay. Did you think that was a bicycle when I showed it to you at the first flash? It's not. Tell me something, did you think it was quick when you first saw it? Yes you did. Did you think it was modern? Yes you did. That blip, that information, shot into you before that. And because your brain starter motor began there, now it's got to deal with it. And the great thing is, this motorcycle has been styled this way specifically to engender a sense that it's green technology and it's good for you and it's light and it's all part of the future.

So is that wrong? Well in this case it isn't, because it's a very, very ecologically-sound piece of technology. But you're a slave of that first flash. We are slaves to the first few fractions of a second -- and that's where much of my work has to win or lose, on a shelf in a shop. It wins or loses at that point. You may see 50,100,200 things on a shelf as you walk down it, but I have to work within that domain, to ensure that it gets you there first.

And finally, the layer that I love, of knowledge. Some of you, I'm sure, will be familiar with this. What's incredible about this, and the way I love to come back to it, is this is taking something that you hate or bores you, folding clothes, and if you can actually do this -- who can actually do this? Anybody try to do this? Yeah? It's fantastic, isn't it? Look at that. Do you want to see it again? No time. It says I have two minutes left, so we can't do this. But just go to the Web, YouTube, pull it down, "folding T-shirt." That's how underpaid younger-aged people have to fold your T-shirt. You didn't maybe know it. But how do you feel about it? It feels fantastic when you do it, you look forward to doing it, and when you tell somebody else about it -- like you probably have -- you look really smart. The knowledge bubble that sits around the outside, the stuff that costs nothing, because that knowledge is free -- bundle that together and where do we come out?

Form follows function? Only sometimes. Only sometimes. Form is function. Form is function. It informs, it tells us, it supplies us answers before we've even thought about it. And so I've stopped using words like "form," and I've stopped using words like "function" as a designer. What I try to pursue now is the emotional functionality of things. Because if I can get that right, I can make them wonderful, and I can make them repeatedly wonderful. And you know what those products and services are, because you own some of them. They're the things that you'd snatch if the house was on fire. Forming the emotional bond between this thing and you is an electrochemical party trick that happens before you even think about it.

Thank you very much.

(Applause)

When I was little --/ and by the way,/ I was little once --/ my father told me/ a story/ about an 18th century watchmaker.//

私が幼い頃 ちなみに私にも幼い頃がありました 父が 18 世紀の時計職人の 物語を聞かせてくれました

And what this guy had done:/ he used to produce/ these fabulously beautiful watches.//

この時計職人は とてもとても美しい時計を作っていたのですが

And one day,/one of his customers came into his workshop/ and asked him/ to clean the watch/ that he'd bought.//

ある日 客が作業場に訪れて 以前買った時計を整備して欲しいと言ってきました

And the guy took it apart,/ and one of the things/ he pulled out/ was one of the balance wheels.//

職人は時計を分解し 取り出した部品の一つに はずみ車がありました

And/ as he did so,/ his customer noticed/ that on the back side of the balance wheel was an engraving,/ were words.//

その作業を見て客は気付きました はずみ車の裏に彫刻がしてあったのです 言葉が彫ってありました

And he said to the guy,/ "Why have you put stuff/ on the back/ that no one will ever see?"//

お客は職人に言いました 「どうして誰の目にも付かない内部に 言葉を彫ったんだい?」

And the watchmaker turned around/ and said,/ "God can see it."//

時計職人は振り向いて答えました 「神様に見える」

Now/ I'm not in the least bit religious,/ neither was my father,/ but at that point,/ I noticed something/ happening here.//

私は信仰深くありません 父も同じです ただその時 ここで何かが起こっているのに気付きました

I felt something/ in this plexus of blood vessels and nerves,/ and there must be some muscles/ in there as well somewhere,/ I guess.//

血管や神経や 筋肉の詰まったはらわたで感じました ありふれた筋肉です

But I felt something.//

とにかく何かを感じました

And it was a physiological response.//

生理的な反応でした

And/ from that point on,/ from my age/ at the time,/ I began to think/ of things/ in a different way.//

その時以来 私の考え方は変わりました

And/ as I took on my career/ as a designer,/ I began to ask/ myself/ the simple question:/ Do we actually think beauty,/ or do we feel it?//

デザイナーとして仕事をする中で 次の単純な問いを自問し始めました 私たちは美しさを考えるのか それとも感じるのか

Now/ you probably know the answer/ to this already.//

皆さん恐らく既に答えを知っているでしょう

You probably think,/ well,/ I don't know/ which one/ you think it is,/ but I think/ it's about feeling beauty.//

いえ どちらだと考えているかは分かりませんが 私は感じる方だと思います

And so/ I then moved on into my design career/ and began to find/ some exciting things.//

デザイナーとしてキャリアを重ねていき ワクワクするものに出会うようになりました

One of the most early work was done in automotive design --/ some very exciting work was done there.//

自動車デザインの最初期の作品 そこにとてもわくわくするものがありました

And during a lot of this work,/ we found something,/ or I found something,/ that really fascinated me,/ and maybe/ you can remember it.//

沢山の作品の中で 私はあるものを見つけました 心奪われました 皆さんも覚えているかも知れません

Do/ you remember/ when lights used to just go on and off,/ click click,/ when you closed the door/ in a car?//

車のドアをバタンと閉めたとき 灯りが直ぐに消えたのを覚えていますか?

And then/ somebody,/ I think/ it was BMW,/ introduced a light/ that went out/ slowly.//

そして確か BMW だったと思いますが 緩やかに消えるライトを導入しました

Remember/ that?//

覚えていますか?

I remember it clearly.//

私ははっきりと覚えています

Do you remember the first time/ you were in a car/ and it did/ that?//

初めて見たときのことを覚えていますか?

I remember sitting/ there/ thinking,/ this is fantastic.//

私はなんてすてきな と考えていたのを覚えています

In fact,/ I've never found anybody/ that doesn't like the light/ that goes out/ slowly.//

実際 私は緩やかに消えるライトが 嫌だと言う人に会ったことがありません

I thought,/ well/ what the hell's that about?//

これは一体どういうことだと考えました

So I started to ask/ myself/ questions/ about it.//

そしてそのことを自問するようになったのです

And the first was,/ I'd ask other people:/ "Do you/ like it?"// "Yes."//

最初 人に聞いて回りました 「これ好き?」「うん」

"Why?"// And they'd say,/ "Oh,/ it feels so natural,/"/ or,/ "It's nice."//

「どうして?」「とても自然に感じるから」 または「いい感じだから」

I thought,/ well/ that's not good enough.//

私はこれでは充分でないと考えました

Can/ we cut down/ a little bit further,/ because,/ as a designer,/ I need the vocabulary,/ I need the keyboard,/ of how this actually works.//

もっと掘り下げなければなりません デザイナーとしてこの仕組みを示す言葉 操る操作盤が必要だからです

And so/ I did some experiments.//

そしていくつか実験をしました

And I suddenly realized/ that there was something/ that did exactly that --/ light to dark in six seconds --/ exactly that.//

突如 全く同じ事をしている ものがあると気づきました 明かりから暗がりへ六秒で -- まさにこれです

Do you know/ what it is?// Anyone?//

それが何か分かりますか?どなたか?

You see,/ using this bit,/ the thinky bit,/ the slow bit of the brain --/ using that.//

今 脳の考える部分を-- 応答の遅い部分を使っていますね

And this isn't a think,/ it's a feel.//

でもこれは思考ではなく感覚です

And would you do me/ a favor?//

お願いがあります

For the next 14 minutes/ or whatever it is,/ will you feel stuff?//

この先 14 分かそこら 物事を感じて頂けますか?

I don't need you/ to think so much/ as I want you/ to feel it.//

考えるよりも感じて欲しいのです

私はリラックスの感覚を覚えました 期待感と合わさったリラックスです

And that thing/ that I found/ was the cinema or the theater.//

私が見つけたのは 映画館あるいは劇場でした

It's actually just happened here --/ light to dark in six seconds.//

ここで確かに起こりました 六秒で明かりから暗がりへ

And when that happens,/ are you/ sitting there/ going,/ "No, the movie's/ about to start,/"/ or are you/ going,/ "That's fantastic.// I'm looking/ forward/ to it.//

その時 あなたはどう感じますか? 「あぁ 映画が始まってしまう」 それともこうでしょうか?

I get a sense of anticipation"?//

「素晴らしい 楽しみだ 期待に満ちてきた」

Now/ I'm not a neuroscientist.//

私は神経科学者ではありません

I don't know/ even if there is something called a conditioned reflex.//

条件反射という物が存在するのかも知りません

But it might be.//

でもそれなのかもしれません

Because the people/ I speak to/ in the northern hemisphere/ that used to go/ in the cinema get this.//

なぜなら私がお話しした北半球の方々で 映画を観る人はこの感覚を覚えるからです

And some of the people/ I speak to that have never seen a movie/ or been to the theater don't get it/ in the same way.//

私がお話しした方々でも 映画や劇を見ない人は 同じようには感じません

Everybody likes it,/ but some/ like it more/ than others.//

皆が好きですが 他の人よりもはまる人もいます

So this leads me/ to think of this/ in a different way.//

こうなると違う見方もできます

We're not feeling/ it.// We're thinking/ beauty is in the limbic system --/ if that's not an outmoded idea.//

感覚ではなく脳で考えており 美は 大脳辺縁系にある--時代遅れでもないでしょう

These are the bits,/ the pleasure centers,/ and maybe/ what I'm seeing and sensing/ and feeling is bypassing my thinking.//

それは快楽中枢で おそらく私の視覚 触覚 感情は 思考を素通りしているのではないか

The wiring/ from your sensory apparatus/ to those bits is shorter/ than the bits/ that have to pass/ through the thinky bit,/ the cortex.//

感覚器から快楽中枢への経路は 思考を司る大脳皮質を通る経路より短いのです

They arrive first.//

快楽中枢へ先に着きます

So/ how do we make/ that actually work?//

ここに作用させるにはどうしたらよいでしょう?

And how much of that reactive side of it is due/ to/ what we already know,/ or what we're going to learn,/ about something?//

また反応の内 どの程度が 知識によるものでしょう? あるいはこれから知ることによるものでしょう?

This is one of the most beautiful things/ I know.//

こちらは私が知る中で最も美しいものの一つです

It's a plastic bag.//

ビニール袋なのです

And when I looked at it first,/ I thought,/ no,/ there's no beauty/ in that.//

最初それを見たとき 何も美しくなんてないと思いました

Then/ I found out,/ post exposure,/ that this plastic bag/ if I put it/ into a filthy puddle/ or a stream filled with coliforms/ and all sorts of disgusting stuff,/ that/ that filthy water will migrate through the wall of the bag/ by osmosis/ and end up/ inside it/ as pure, potable drinking water.//

後に知ったのは -- 後露光というやつです -- 汚い水たまりや 大腸菌などで汚れたどぶ川に このビニール袋を沈めると 汚れた水からの 浸透作用で袋の中にしみこんでくる水は きれいな飲用水となるのです

And all of a sudden,/ this plastic bag was extremely beautiful/ to me.//

その途端 このビニール袋が とても美しく思えました

Now/ I'm going to ask/ you again/ to switch on the emotional bit.//

ではもう一度お願いします 感情脳に切り替えてください

Would/ you mind taking/ the brain out,/ and I just want you/ to feel something.//

頭を空っぽにして 感じることに集中してください

Look/ at that.// What are you feeling about it?//

見てください 何を感じますか?

Is it beautiful?// Is it exciting?//

美しいですか?わくわくしますか?

I'm watching/ your faces very carefully.//

私は皆さんの表情をしっかり観察しています

There's some rather bored-looking gentlemen/ and some slightly engaged-looking ladies/ who are picking up/ something off that.//

この絵を見て なんだか退屈そうな男性や 若干乗り気な感じの女性がいます

Maybe/ there's an innocence/ to it.//

むじゃきな感じの絵ですね

Now/ I'm going to tell/ you/ what it is.// Are you ready?//

実はこんな絵なのです いいですか?

This is the last act/ on this Earth of a little girl called Heidi,/five years old,/ before she died of cancer/ to the spine.//

ハイジという五歳の少女が 脊椎ガンで死ぬ前に 地球上で最後に描いた絵です

It's the last thing/ she did,/ the last physical act.//

彼女の最後の行動です 最後の物理的な運動でした

Look/ at that picture.//

絵を見てください

Look/ at the innocence.// Look/ at the beauty/ in it.//

むじゃきさと その中の美を見てください

Is it beautiful now?//

美しく見えますか?

Stop.// Stop.// How do you feel?//

止まって!どう感じていますか?

Where are you feeling this?//

それをどこで感じていますか?

I'm feeling/ it here.// I feel it here.//

私はここで感じています

And I'm watching/ your faces,/ because your faces are telling me something.//

皆さんの顔を見ていますよ それが何かを伝えてくれるからです

The lady/ over there is actually crying,/ by the way.//

あちらの女性は泣いていますね

But what are you doing?//

皆さんは何をしているでしょう?

I watch/ what people do.//

私は何かしているところを観察します

I watch faces.//

表情を観察します

I watch reactions.//

反応を観察します

Because I have to know/ how people react to things.//

人が物事にどう反応するか知る必要があるからです

And one of the most common faces/ on something faced with beauty,/ something stupefyingly delicious,/ is/ what I call the OMG.//

美に出会ったとき 驚くほど美味しいものに出会ったとき 最も良く見られる表情は OMG (oh my god) と私が呼ぶものです

And/ by the way,/ there's no pleasure/ in that face.//

ちなみに 喜びは伴いません

It's not a "this is wonderful!"//

「素晴らしい!」とは違います

The eyebrows are doing this,/ the eyes are defocused,/ and the mouth is hanging open.//

まゆはこんなになり 目は焦点を失い 口はだらんと開きます

That's not the expression of joy.//

これは喜びの表現ではありません

There's something else/ in that.//

他の何かがあります

There's something weird happening.//

何か奇妙なことが起こっています

So pleasure seems to be tempered by a whole series of different things/ coming in.//

快楽に私たちが受け取る さまざまのものが混ざり込んでいるようです

Poignancy is a word/ I love as a designer.//

「ポイニャンシー」とはデザイナーとして私が好きな言葉です

It means something/ triggering a big emotional response,/ often/ quite a sad emotional response,/ but it's part of what we do.//

これは大きな感情的反応を引き起こす物事を意味する言葉です 大抵は悲しみの感情ですが 私たちの行動の一部です

It isn't just about nice.//

気持ちよいことについてだけではありません

And this is the dilemma,/ this is the paradox,/ of beauty.//

これは美のジレンマ 美のパラドックスなのです

Sensorily,/ we're taking/ in all sorts of things --/ mixtures of things/ that are good, bad, exciting, frightening --/ to come up/ with that sensorial exposure,/ that sensation of what's going on.//

私たちはいろいろなものを感覚で受け取っています 好き 嫌い ワクワクする 恐ろしいなどが混ざって ある感覚を受け止めます 出来事に関する感覚です

Pathos appears obviously/ as part of what you just saw in that little girl's drawing.//

情念 これは明らかに皆さんも 少女の絵に見出したでしょう

And also/ triumph,/ this sense of transcendence,/ this "I never knew that.// Ah,/ this is something new."//

達成感 気付き 「知らなかった あぁ これは新しい」という感覚

And that's packed in there/ as well.//

これもあの絵にありました

And/ as we assemble these tools,/ from a design point of view,/ I get terribly excited about it,/ because these are things,/ as we've already said,/ they're arriving/ at the brain,/ it would seem,/ before cognition,/ before we can manipulate them --/ electrochemical party tricks.//

こういった道具を組み立てていくと デザインの観点から 私は非常に興奮します なぜなら既に述べたように これらは認知や処理に先立って 脳に到達するものと考えられるからです 電気化学の仕組みです

Now/ what I'm also interested/ in is:/ Is it possible to separate intrinsic and extrinsic beauty?//

他に私が興味を持っているのは 本質的な美と外来的な美は 区別できるかということです

By that,/ I mean intrinsically beautiful things,/ just something/ that's exquisitely beautiful,/ that's universally beautiful.//

本質的な美とはつまり とにかく精巧で美しい何か 普遍的に美しい何かです

Very hard to find.// Maybe/ you've got some examples of it.//

見つけにくいものですが 何か思い当たりますか

Very hard to find something/ that,/ to everybody,/ is a very beautiful thing,/ without a certain amount of information packed in there before.//

万人にとって美しいもの 事前情報なしに 美しく思えるものを見つけるのは非常に困難です

So/ a lot of it tends to be extrinsic.//

故に多くのものは外来的な美です

It's mediated by information/ before the comprehension.//

理解する前に情報に影響されます

Or the information's added on/ at the back,/ like that little girl's drawing/ that I showed you.//

あるいは裏に情報が付与されたりします 先ほどお見せした少女の絵のようにです

Now/ when talking about beauty/ you can't get away/ from the fact/ that a lot experiments have been done in this way/ with faces/ and what have you.//

美についてお話しするにあたって ご覧のような形で 顔を用いて 数々の実験が行われてきた事実に 触れずには進めません

And one of the most tedious ones,/ I think,/ was saying/ that beauty was about symmetry.//

私が最もつまらないと思う説の一つは 美とは対称性のことだというものです

Well/ it obviously isn't.//

明らかに違います

This is a more interesting one/ where half faces were shown to some people,/ and then to add them/ into a list of most beautiful/ to least beautiful/ and then/ exposing a full face.//

これはもっと興味深いもので 顔の半分を人々に呈示し 最も美しい顔からそうでない順に 並べてもらい 最後に顔全体を呈示するというものです

And they found/ that it was almost exact coincidence.//

半顔でも顔全体でも同じ結果になりました

So/ it wasn't about symmetry.//

美とは対称性のことではなかったのです

In fact,/ this lady has a particularly asymmetrical face,/ of which both sides are beautiful.//

実際この女性は特に非対称な顔をしており どちら側も美しいです

But they're both/ different.//

しかし 異なっています

And as a designer,/ I can't help meddling/ with this,/ so I pulled it/ to bits/ and sort of did stuff/ like this,/ and tried to understand/ what the individual elements were,/ but feeling it/ as I go.//

デザイナーとしてこれは放っておけず パーツ分けをしてこのようなことをしました 個々の要素が何なのか調べようとしましたが 頭では分かりませんでした

Now/ I can feel a sensation of delight and beauty/ if I look at that eye.//

あの目を見て喜びや 美しさを感じることは出来ます

I'm not getting/ it/ off the eyebrow.//

眉からは感じませんでした

And the earhole isn't doing it/ to me/ at all.//

耳の穴も全くです

So I don't know how much/ this is helping me,/ but it's helping to guide/ me/ to the places/ where the signals are coming off.//

どれほど自分の役に立ったのかわかりませんが どこからその信号が来ているのかを 調べる助けにはなっています

And/ as I say,/ I'm not a neuroscientist,/ but to understand/ how I can start to assemble/ things/ that will very quickly bypass this thinking part/ and get me/ to the enjoyable precognitive elements.//

もちろん私は神経科学者ではありません しかし思考する部位を素早く素通りして 前認知的な快要素を もたらす物事を どう組み上げていけば良いのかについて

Anais Nin/ and the Talmud have told us/ time and time again/ that we see things not/ as they are,/ but/ as we are.//

アナイス・ニンとタルマドが度々教えてくれたのは 人は物事を自分本位に見るということです

So I'm going to shamelessly expose something/ to you,/ which is beautiful/ to me.//

だから私は恥を捨てて打ち明けます 何が私にとって美しいかをです

And this is the F1 MV Agusta.//

これは MV アグスタの F1 です

Ahhhh.//

あぁ

It is really --/ I mean,/ I can't express to you how exquisite/ this object is.//

これは本当に なんというか どれほど絶妙な物体か表現し切れません

But I also know/ why it's exquisite/ to me,/ because it's a palimpsest of things.//

しかし何故これが絶妙かは分かります 長い歴史が重ねられ

It's masses and masses of layers.//

幾重にも積み重なっています

This is just the bit/ that protrudes into our physical dimension.//

物理的世界に現われているのはごく一部で

It's something/ much bigger.//

もっと大きな何者かなのです

Layer/ after layer of legend,/ sport,/ details/ that resonate.//

伝説や勝負やディテールが幾重にも共鳴しています

I mean,/ if I just go through some of them now --/ I know about laminar flow/ when it comes to air-piercing objects,/ and that does it consummately well,/ you can see/ it can.//

いくつか説明しますと 空気を切り裂く物体の層流に関して 見ての通り この上ないデザインです

So that's getting me/ excited.//

興奮してしまうデザインです

And I feel/ that here.//

それをここで感じます

この部分は 自動車デザインの大きな秘密である 反射マネージメントです

It's not about the shapes,/ it's/ how the shapes reflect light.//

形の問題ではありません この形状がどう光を反射するかなのです

Now/ that thing,/ light flickers/ across it/ as you move,/ so it becomes a kinetic object,/ even though it's standing still --/ managed by how brilliantly/ that's done on the reflection.//

視点の動きに連れて揺らぐ光が流れ 動きを感じるオブジェとなります 静止しているのにも関わらずです なんと巧みな反射の取り扱いでしょう

This little relief/ on the footplate,/ by the way,/ to a rider means/ there's something/ going on underneath it --/ in this case,/ a drive chain/ running at 300 miles/ and hour probably,/ taking the power/ from the engine.//

このペダルに刻まれた細かいレリーフは ライダーにとって その下の何かを意味します このバイクの場合 駆動チェーンが時速 500 キロで回り エンジンのパワーを伝えています

I'm getting terribly excited as my mind/ and my eyes flick across these things.//

私はこういったものを目にすると すごくわくわくします

Titanium lacquer/ on this.//

チタンのロックワイヤーです

I can't tell you how wonderful/ this is.//

どれだけ素晴らしいものか伝え切れません

That's/ how you stop the nuts/ coming off/ at high speed/ on the/ wheel.//

ナットが高速回転している車輪から脱落するのを防ぎます

I'm really getting/ into this now.//

熱中してきました

And of course,/ a racing bike doesn't have a prop stand,/ but this one,/ because it's a road bike,/ it/ all goes away/ and it folds into this little gap.//

もちろん レースバイクにはサイドスタンドがありません ロードバイクなのでスタンドもあり この小さな隙間に折りたためます

So it disappears.//

見えなくなります

And then/ I can't tell you how hard/ it is to do that radiator,/ which is curved.//

この曲面ラジエーターの難しさときたら--

Why would you do that?//

何のためにこうしたのか?

Because I know/ we need to bring/ the wheel farther/ into the aerodynamics.//

車輪をこれまで以上に空力設計の中に取り込む必要があったからです

So it's more expensive,/ but it's wonderful.//

費用はかさみますが 素晴らしいのです

And to cap it/ all,/ brand royalty --/ Agusta,/ Count Agusta,/ from the great histories of this stuff.//

何よりも凄いのは ブランドロイヤルティです アグスタ伯爵 このバイクの偉大な歴史です

The bit/ that you can't see/ is the genius/ that created this.//

目に映らない凄さは これを創造した頭脳です

Massimo Tamburini.//

マッシモ・タンブリーニ

They call him "The Plumber"/ in Italy,/ as well as "Maestro,/"/ because he actually is engineer and craftsman and sculptor/ at the same time.//

イタリアでは 彼は「ザ・プラマー」 「マエストロ」とも呼ばれています なぜなら彼は実際にエンジニアであり 工芸家であり彫刻家でもあるからです

There's so little compromise/ on this,/ you can't see it.//

一点の妥協も感じさせません

But unfortunately,/ the likes of me/ and people/ that are like me have to deal/ with compromise/ all the time/ with beauty.//

しかし私や私の同業者は 美について常に妥協と向き合わなければなりません

We have to deal/ with it.//

何とかしなくてはならないのです

So I have to work/ with a supply chain,/ and I've got to work/ with the technologies,/ and I've got to work/ with everything else/ all the time,/ and so compromises start/ to fit into it.//

サプライチェーン テクノロジー その他諸々と 常に向き合わなければなりません そしてそこに妥協が入り込んできます

And so look at her.//

では彼女を見てください

I've had to make/ a bit of a compromise there.//

ちょっとあそこで妥協しなくてはなりませんでした

I've had to move/ that part across,/ but only a millimeter.//

あのパーツを一ミリだけ動かす必要がありました

No one's noticed,/ have they yet?//

気付いた人はいませんね?

Did/ you see/ what I did?//

変化が分かりましたか?

I moved three things/ by a millimeter.//

三つのパーツを一ミリ動かしました

Pretty?// Yes.//

かわいいですか?そうですね

Beautiful?// Maybe lesser.//

美しいですか?劣化したかもしれません

But then,/ of course,/ the consumer says/ that doesn't really matter.//

それでも消費者は問題ではないと言います

So/ that's okay,/ isn't it?//

なら良いでしょう?

Another millimeter?//

もう一ミリ動かしましょうか

No one's going to notice/ those split lines and changes.//

誰も継ぎ目や変化に気付かないでしょう

It's/ that easy/ to lose beauty,/ because beauty's incredibly difficult to do.//

美を損ねるのはこんなに簡単です なぜなら美は信じられないほど難しいものだからです

And only a few people can do it.//

ごく僅かな人しか出来ません

And a focus group can not do it.//

フォーカスグループでも無理です

And a team rarely can do it.//

チームでも希に成功するくらいでしょう

It takes a central cortex,/ if you like,/ to be able to orchestrate all those elements/ at the same time.//

全ての要素を同時に統合するには 中枢皮質とでもいう物が必要なのです

This is a beautiful water bottle --/ some of you know of it --/ done by Ross Lovegrove,/ the designer.//

これは美しいボトルです ご存じのように デザイナーである ロス・ラブグローブの作品です

This is pretty close/ to intrinsic beauty.// This one,/ as long/ as you know/ what water is like then/ you can experience this.//

本質的な美にとても近いです 水がどんなものか知ってさえいれば 美しさを感じられます

It's lovely/ because it is an embodiment of something refreshing and delicious.//

これが美しいのは さわやかで美味しいものを体現しているからです

I might like it more/ than you like it,/ because I know/ how bloody hard/ it is to do it.//

私は皆さん以上にこれが気に入っています これを作るのがどれだけ難しいか知っているからです

It's stupefyingly difficult/ to make something/ that refracts light/ like that,/ that comes out of the tool correctly,/ that goes down the line/ without falling over.//

このように光を屈折させる物を 正確に加工して作製し 失敗なく製造ラインを動かすのは 気が遠くなるほど難しいのです

Underneath this,/ like the story of the swan,/ is a million things very difficult/ to do.//

その水面下では白鳥のように 無数の困難があります

So all hail/ to that.//

拍手喝采です

It's a fantastic example,/ a simple object.//

これはシンプルな物の素晴らしい例です

And the one/ I showed you before was,/ of course,/ a massively complex one.//

先ほど見せたバイクは 極めて複雑なものでした

And they're working/ in beauty/ in slightly different ways/ because of it.//

その複雑さゆえに その美の作用も 異なる仕組みのものでした

You all,/ I guess,/ like me,/ enjoy watching/ a ballet dancer dance.//

恐らく皆さんは私と同様に バレエダンサーの踊りを楽しむでしょう

And part of the joy of it is,/ you know the difficulty.//

楽しめる理由の一つは その難しさが分かるからです

You also may be taking into account/ the fact/ that it's incredibly painful.//

これが信じられないほど痛いことも考慮しているかもしれません

Anybody seen a ballet dancer's toes/ when they come out of the points?//

一点で立っているときのダンサーのつま先を どなたか見たことがありますか?

While she's doing these graceful arabesques and plies/ and what have you,/ something horrible's going on down here.//

優雅なアラベスクやプリエをしている時 足元は大変なことになっています

The comprehension of it leads us/ to a greater/ and heightened sense of the beauty of what's actually going/ on.//

そのことの理解が 行動の美しさに関する感覚を より強く 大きくするのです

Now/ I'm using/ microseconds wrongly here,/ so please ignore me.//

間違えてマイクロ秒と書いてありますが 無視してください

But what I have to do now,/ feeling again,/ what I've got to do/ is to be able to supply enough of these enzymes,/ of these triggers/ into something early/ on in the process,/ that you pick it up, not through your thinking,/ but through your feeling.//

また感じることについてです 美を感じるプロセスの初期段階で 頭ではなく感覚で受け取る物の トリガーを どのようにすれば与えられるかについてです

So we're going to have/ a little experiment.//

少し実験をしてみます

Right,/ are you ready?// I'm going to show/ you/ something/ for a very, very brief moment.//

準備はよいですか?ある物を一瞬だけ呈示します

Are you ready?// Okay.//

良いですか?はい

Did you think that was a bicycle/ when I showed it/ to you/ at the first flash?//

一瞬見て それは自転車だと思いましたか?

It's not.//

違うんです

Tell/ me/ something,/ did you think it was quick/ when you first saw it?// Yes you did.//

パッと見て速そうだと思いましたか?思いましたよね

Did you think it was modern?// Yes/ you did.//

現代的だと思いましたか?思いましたよね

That blip,/ that information,/ shot into you/ before that.//

そう思う前の一瞬にあれの情報が入ってきています

And/ because your brain starter motor began there,/ now/ it's got to deal/ with it.//

そしてその時 脳が動き始めた以上 脳はそれに対処しなくてはなりません

And the great thing is,/ this motorcycle has been styled this way specifically/ to engender a sense/ that it's green technology/ and it's good/ for you/ and it's light/ and it's all/ part of the future.//

このバイクはこんな感覚を引き起こすような デザインがすごいのです グリーンテクノロジーで皆にとって良いものであり 軽く そして未来的な物であるという感覚です

So is/ that wrong?//

では何が駄目なのでしょう?

Well/ in this case/ it isn't,/ because it's a very, very ecologically-sound piece of technology.//

何も駄目ではありません なぜならエコの面で これは極めて健全な作品だからです

But you're a slave of that first flash.//

ただ皆 最初の一瞬に支配されています

We are slaves to the first few fractions of a second --/ and that's/ where much of my work has to win or lose,/ on a shelf/ in a shop.//

何分の一秒かの出来事に支配されています そこで私の大半の仕事の 成否が明らかになるのは 店頭の商品棚です

It wins or loses at that point.//

その時点で勝敗が決まります

You may see 50,100,200 things/ on a shelf/ as you walk down/ it,/ but I have to work/ within that domain,/ to ensure/ that it gets you there first.//

50 100 200もの商品を 商品棚で見かけるでしょう 私はその中で勝負し 皆さんに 最初に訴えかけられるようにするのです

And finally,/ the layer/ that I love,/ of knowledge.//

最後に私の大好きな層 知識についてです

Some of you,/ I'm sure,/ will be familiar/ with this.//

ご存知の方もいらっしゃるでしょう

What's incredible/ about this,/ and the way/ I love to come back/ to it,/ is this is taking something/ that you hate or bores/ you,/ folding clothes,/ and/ if you can actually do this --/ who can actually do this?// Anybody try to do this?//

これの凄いところは そして私が繰り返し見てしまうのは 嫌がられ退屈に思われていることである 衣服の畳み方を扱っているからです これが実際に出来たら -- できる方はいますか?試した事は?

Yeah?//

どうですか?

It's fantastic,/ isn't it?//

凄いでしょう?

Look/ at that.// Do you want to see/ it again?//

ほら もう一度見たくありませんか?

No time.// It says/ I have two minutes left,/ so we can't do this.//

残り2分なので時間がありません

But just go to the Web,/ YouTube,/ pull it down,/ "folding T-shirt."//

でもネットで見てください YouTube で 「folding T-shirt」で見つけてください

That's/ how underpaid younger-aged people have to fold/ your T-shirt.//

あれが低賃金の若者の T シャツのたたみ方です

You didn't maybe know it.//

皆さんおそらく知らなかったでしょう

But how do you feel about it?//

でもどう感じますか?

It feels fantastic/ when you do it,/ you look forward/ to doing it,/ and when you tell somebody else/ about it --/ like you probably have --/ you look really smart.//

やると素敵な感じがします 楽しみになります また誰かに教えると -- もう教えたでしょうが 賢く思われます

The knowledge bubble/ that sits around the outside,/ the stuff/ that costs nothing,/ because that knowledge is free --/ bundle/ that together/ and where do we come out?//

そこらで提供されるいろいろな知恵 それは費用がかかりません なぜなら知識はタダだからです ここまでの話をまとめます

形状は機能に従う?

Only sometimes.// Only sometimes.//

たまにだけです

形状とは機能です

It informs,/ it tells us,/ it supplies us/ answers/ before we've even thought about it.//

形状は示唆します 形状は私たちが考える前に答えを教えてくれます

And so/ I've stopped using/ words/ like "form,/"/ and I've stopped using/ words/ like "function"/ as a designer.//

だから私はデザイナーとして「形状」も 「機能」も使うのを止めました

What I try to pursue now is the emotional functionality of things.//

私が現在追求しているのは 物の感情機能性です

Because/ if I can get that right,/ I can make them wonderful,/ and I can make them repeatedly wonderful.//

それを正しく捉えることが出来たら 素晴らしい物を作れます 何度でも作れます

And you know/ what those products and services are,/ because you own some of them.//

どんな製品やサービスか皆さんご存知で すでに幾つかお持ちです

They're the things/ that you'd snatch/ if the house was on fire.//

火事で逃げる時 とっさに持って行くような物です

Forming the emotional bond/ between this thing/ and you is an electrochemical party trick/ that happens/ before you even think about it.//

そんな物は皆さんと 感情の絆で結ばれています 考えるよりも早く伝わる 電気化学の仕組みによる絆です

Thank you very much.//

どうもありがとうございました

(拍手)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

watchmaker

時計屋,時計職人

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

fabulously

信じられないほど,途方もなく

customer

(店の)『お客』,『得意先』,顧客

《話》《形容詞を伴って》(…な)やつ,男

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

bought

buyの過去・過去分詞

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

balance wheel

(時計の)平衡輪

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

engraving

〈U〉彫刻,彫刻術(法)

〈C〉版画,印画;(版画用の)金属版,版木

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

no one

『だれも』…『ない』

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

religious

《名詞の前にのみ用いて》『宗教の』,宗教上の,宗教に関する

『信仰の厚い』,信心深い,敬けんな(pious)

良心的な,厳正な(strict)

修道会の,教団の

修道女,修道士

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

plexus

(神経・血管などの)網状組織

blood vessel

血管

nerve

〈C〉『神経』

〈C〉《複数形で》『神経過敏』,いらだち

〈U〉『勇気』,度胸(courage)

〈U〉《時にa ~》厚かましさ,ずぶとさ;無礼

〈C〉葉脈;(昆虫の)翅脈(しみゃく)

〈人,特に自分〉‘に'力を与える,‘を'元気づける

muscle

〈U〉(動物体の組織としての)『筋肉』,筋(きん);〈C〉(体の各部を動かす)筋肉

〈U〉力,(特に)筋力,腕力

《俗に》(…に)強引に割り込む《+『in on』(『into, through』)+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

physiological

生理学上の;生理的な

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

designer

『設計者』,デザイナー

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

probably

『たぶん』,『おそらく』

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

exciting

(物事が)『興奮させる』

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

automotive

自動の,自動推進の

自動車の

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

click

(掛け金をかけたり,錠を回したりする時の)『カチリという音』

カチリと鳴る物;掛け金

『カチリと音がする』

《英俗》〈男女が〉意気投合する;(…と)カチッと気が合う《+『with』+『名』》

《話》成功する,うまくいく

《話》(…に)分かる,のみこめる《+『with』+『名』》

…'を'カチリと鳴らす

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

slowly

『遅く』,『ゆっくり』

clearly

『はっきりと』,明白に

『疑いもなく』,明らかに

《返事として》もちろんそのとおり,いかにも

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

vocabulary

〈C〉(特定の人・グループ・分野で用いられるすべての)『語彙』,用語

〈C〉(アルファベット順に並べて語義や訳を付けた)語彙集,単語表(集)

〈U〉(一言語の)全語彙

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

suddenly

『突然に』,だしぬけに

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

relaxation

(…を)ゆるめること,緩和すること;(…を)ゆるみ;(規則などの)緩和,軽減《+『of』+『名』》

休養,くつろぎ,気晴らし,娯楽(diversion)

temper

〈C〉〈U〉『立腹,』かんしゃく(rage)

〈C〉『気質』,気性(disposition);『気分』,きげん

〈U〉(心の)『落ち着き』,平静,冷静(composure)

〈u〉(鉄・金属などの)硬度

(…で)〈…の強さ・激しさなど〉‘を'和らげる,ゆるめる《+名+with+名》

(苦労などで)…‘を'強くする,鍛える《+名+by+名》

〈鋼鉄・粘土など〉‘を'適度の硬さにする,焼き入れする

anticipation

(…の)予想,期待《+『of』+『名』》,(…という)予想《+『that節』》

cinema

〈C〉『映画館』(《米》movie theater)

《the ~》映画産業;《集合的に》『映画』(《米》movie[s])

seconds

(食事の)お代わり(second helping)・欠陥のある格安の衣料

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

reflex

反射(刺激に対する無意識の反応)

《複数形で》反射的な動き

(光などの)反射,反射光;映像

反射性の

(カメラが)レフ鋼の,反射型の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

outmoded

流行遅れの,旧式の,現代では通用しない

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

wiring

(電気の)配線[工事]

sensory

感覚の

apparatus

〈U〉〈C〉(一式の)『器具』;装置

《集合的に》(ある機能を営む一系統の身体の)器官

〈U〉〈C〉(ある目的のための)道具立て

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

cortex

(内臓,特に脳の)皮質

(植物の)皮層;樹皮

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

reactive

反作用の;化学反応を示す…反動的な

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

bag

袋状の物

(女性の)ハンドバッグ;旅行かばん,スーツケース

(…の)1袋分の量《+『of』+『名』》

(野球の)走塁ベース

獲物入れ;(猟の)獲物

…'を'袋に入れる

《話》〈獲物〉'を'捕える

《話》'を'失敬する,こっそりもらう

(からの袋のように)だらりと下がる,だぶだぶする

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

filthy

不潔な,きたない

汚らわしい,下品な

puddle

〈C〉(特に,雨水・泥水の)水たまり

〈U〉(漏水を防ぐための)こね土

…‘を'泥水でよごす

〈粘土など〉‘を'こね土にする;…‘に'こね土を塗る

〈銑鉄〉‘を'錬鉄にする

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

disgust

(…で)〈人〉‘に'『吐き気を催させる』,むかむかさせる《+『名』+『at』(『with』)+『名』》

(…に対する)『いや気』,嫌悪,むかつき《+『at』(『for, toward』)+『名』》

migrate

(…から…へ)移住する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(季節に応じ定期的に)〈鳥・動物が〉移動する,渡る

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

osmosis

浸透[性]

(一般に)少しずつ吸収すること

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

potable

(特に水が)飲用に適した

drinking

飲むこと

(特に過度の)飲酒

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

extremely

『極端に』,非常に過度に

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

carefully

『注意深く』,気をつけて

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

gentleman

〈C〉『紳士』(名誉を重んじ,礼儀正しく,思いやりのある男性);君子

〈C〉上流階級の男性

〈C〉(manの敬称として)『男の方』

《複数形で》(複数の男性へ呼びかけて)『諸君』,『皆さん』

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

lady

(教養・礼儀を身につけ,洗練された趣味をもつ)『淑女』,貴婦人

《女性(woman)に対する丁寧な言い方として》『婦人』

《L-》《英》…『夫人』,…令夫人(SirまたはLordの称号をもつ貴族の夫人,また公(侯,伯)爵の令嬢に対する敬称)

(一般に)女性,婦人(woman)

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

innocence

『無罪』,潔白

(心身の)純潔

『無邪気』,あどけなさ

無知

無害

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

spine

(またspinal column,《話》backbone)せき柱,背骨

(書物などの)背

(ヤマアラシ・サボテンなどの)針,とげ

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

delicious

『おいしい』

香りのよい

喜ばしい,快い

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

eyebrow

眉弓(びきゅう)(目の上の弓状突起部)

『まゆ』,まゆ毛

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

expression

〈U〉〈C〉(思想・意見・考えなどを)『言葉で表すこと』,(…の)『表現』《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどの)『現れ』,印《+『of』+『名』》

〈C〉(考え・気持ちなどを表す)『顔つき』,表情《+『of』+『名』》

〈U〉(考え・気持ちなどを表す)声の調子

〈C〉語句,言い回し,表現法

〈C〉(数量・運算などを示す)式

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

poignancy

鋭さ;しんらつさ

trigger

(銃砲の)引き金

《話》敏しような,抜け目のない

〈一連の事件・反応など〉‘を'起こす,誘発する《+off+名,+名+off》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

dilemma

『板ばさみ』,抜きさしならない羽目,窮地

(論理学で)両刀論法

paradox

『逆説』(矛盾するようにみえても実際は真理を含んでいる説)

矛盾;へ理屈

mixture

〈U〉(…を)『混ぜ合わせること』,(…の)茶合《+『of』+『名』》

〈C〉『混合した物』,混合薬

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

frightening

ぎょっとさせる,恐ろしい

sensation

〈U〉〈C〉(五感による)『感覚』,知覚

〈C〉(¨の)感じ,気持ち

〈C〉〈U〉大評判,センセーション;大評判になった人(物,事)

pathos

(人生・文学などで)哀れを催させるもの,ペーソス,悲哀・哀愁

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

obviously

明らかに,明白に

drawing

〈U〉『線で描くこと』,線描

〈C〉(鉛筆・ペン・クレヨンなどによる)『絵』,『スケッチ』,デザイン,製図

〈U〉線画(デッサン)の技法

〈C〉くじ引き,抽選

triumph

(…に)『勝利を収める』,勝つ《+over+名》

勝利を喜ぶ,勝ち誇る

〈C〉(…に対する)『勝利』,成功,功績《+over+名》

〈U〉勝利(成功)の喜び,勝ち誇り,得意の色

transcendence

(神の)超越[性]

ah

『ああ』(悲しみ・嘆き・驚き・同情・喜び・得意・哀れみ・軽べつなどを表す声)

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

terribly

『恐ちしく』,ものすごく

(比較変化なし)《話》『ひどく』,非常に(very)

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

cognition

〈U〉認識[作用]

〈C〉認識(知覚)されたもの

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

intrinsic

(価値・質などが)本質的な,本来備わった

extrinsic

固有でない付帯的な;(…にとって)非本質的な《+『to』+『名』》

universally

いたる所に(で);一般に

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

comprehension

理解;理解力

包含,包括;包容力

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

ca

circa

tedious

『退屈な』,飽き飽きする

symmetry

(左右の)対称,相称

(型の)つりあい,調和

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

coincidence

〈U〉(事件などの)同時発生《+『of』+『名』》

〈U〉偶然の一致,符合;〈C〉一致(符合)したもの(事)

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

meddle

(…に)『おせっかいをやく』《+『in』+『名』》

(…を)『いじくりまわす』《+『with』+『名』》

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

delight

〈U〉『大喜び』,歓喜

〈C〉『楽しみ』,うれしいこと

…'を'『大いに楽シマセる』,大喜びさせる,うれしがらせる

『大喜びする』,うれしがる,楽しむ

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

enjoyable

楽しろい,愉快な,楽しめる

Talmud

タルムード(ユダヤの口伝律法の集大成)

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

exquisite

『絶妙な』,精巧な

(苦痛・快感などが)強烈な

(感受性が)鋭敏で洗練された

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

palimpsest

書いたものを消して重ね書きできるようにした羊皮紙

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

protrude

(…から)突き出る《+『from』+『名』》

…‘を'突き出す

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

resonate

〈音が〉反響する,鳴り響く

〈部屋などが〉共鳴する

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

excited

興奮した

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

reflection

〈U〉(光・熱などの)『反射』,(音の)反響;反射光(熱),反響音《+『of』+『名』》

〈C〉(鏡・水面などに映った)『映像』;(親などの)生き写し《+『of』+『名』》

〈C〉(気持ち・性格などの)表れ,反映《+『of』+『名』》

〈U〉(…についての)『熟考』,沈思《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(熟考して得られた)(…についての)意見,考え《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(…に対する)非難,小言;(…にとって)不名誉となるもの《+『on』(『upon』)+『名』》

management

〈U〉(…の)『管理』,運営《+『of』+『名』》

〈U〉(人の)上手な取り扱い,操縦術《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》《集合的に》経営者側

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

flicker

〈火・炎・光が〉『ゆらめく』,ちらちらする,明滅する

〈木の葉・影などが〉ゆらゆら動く,ひらひらする

ゆらゆら燃える炎;明滅する光;(木の葉などの)そよぎ

《a ~》(希望などの)つかの間のひらめき《+『of』+『名』》

kinetic

運動の

動きによる,動的な

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

brilliantly

きらきらと;鮮やかに;みごとに

relief

〈U〉〈C〉(苦通・悩みなどの)『軽減』,除去《+『from』+『名』》

〈U〉(苦通・悩みなどから解放されて)ほっとすること,安心

〈C〉《単数形で》『ほっとさせるもの』,気味らし,慰み

〈U〉(難民などへの)救済,救援[物資];(軍隊の)救援,援軍

〈U〉職務(任務)の交替;〈C〉《集合的に》交替者(班)

rider

(馬などに)『乗る人』,乗り手

(契約書などの)追加条項,補足条項

underneath

…『の下に(を)』

…の見かけのもとで

『下に』,下の方に

底,下側;最下部

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

flick

軽い一打ち;(指先での)一はじき;(手首などの)す早い一振り

ピシッ(パチッ)という音

《the flicks》《俗》映画

(むちなどで)…‘を'ピシッ(パチッ)と打つ《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'はじいて動かす

…‘を'ぱっと(さっと)払いのける《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ぱっと払う《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

titanium

チタン,チタニウム(金属元素;化学記号は Ti)

lacquer

ラッカー;(中国・日本産の)漆(うるし)

《集合的に》漆器

…‘に'ラッカー(漆)を塗る

nut

『木の実』,堅果(けんか)(クリ・ドングリなど)

(堅果の皮をむいた)中の実,仁(じん)(しばしば食用になる)

(ボトルを留める)『留めねじ』,ナット

(バイオリンなどの)糸受け;毛止め

《話》変人;気違い

《話》あることに熱中する人,ファン,(…)狭

木の実を捜す(拾う)

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

wheel

『車輪』

《the ~》(自動車の)『ハンドル』,(船の)『舵輪』(steering wheel)

(製陶用の)ろくろ(potter's wheel);紡ぎ車(spinning wheel)

《複数形で》(…の)推進力,原動力;機関,機構《of+『名』》

回転[運動],旋回[運動]

《複数形で》《俗》足,自動車,車

《場所を表す副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'車で運ぶ

〈車〉‘を'動かす

車(車輪)で進む

くるりと回る,向きを変える《+around(about)》

〈鳥が〉輪を描く

《英》〈隊列が〉旋回する

racing

競走・競馬・ボートレース

競走用の;競馬[好き]の

bike

=bicycle

prop

支柱,支え

支えとなる人(物)

…‘を'支える

(…に)…‘を'寄りかからせる《+『名』+『against』+『名』》

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

radiator

ラジエーター,暖房装置,(エンジンなどの)冷却装置

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

aerodynamics

《単数扱い》空気力学,航空力学

《複数扱い》航空力学的特性

expensive

『費用のかかる』,高価な

cap

(縁のない)『帽子』,制帽

(形・用途が)帽子に似たもの;万年筆のキャップ,時計の中ぶた,びんのふた,キノコのかさなど

(銃弾の)雷管;おもちゃのピストル玉

頂上,最高

…‘に'帽子をかぶせる

…‘の'頂をおおう

〈人が言った・した事〉‘の'上手(うわて)を行く,'を'しのぐ

…‘に'栄誉を与える

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

royalty

〈C〉王室の一員;〈U〉《集合的に》王族

〈U〉王位;王権

〈C〉《しばしば複数形で》(発明家・著者・作曲家などが受ける)(…の)特許権使用料,上演料,印税,著作権料《+『on』+『名』》

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

plumber

鉛管工,配管工

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

maestro

大音楽家,大指軌者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

craftsman

職人;熟練工,名工

sculptor

彫刻家

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

lesser

『いっそう小さい(少ない,重要でない)』,より劣った

consumer

(…の)情費者(…を)消費(浪費)する物(事)《+『of』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

okay

=OK,O.K.

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

incredibly

信じられないほど

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

rarely

《文を修飾する副詞として》『めったに』(『まれにしか』)…『しない』(seldom)

《文》まれなほど,とても(unusually)

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

orchestrate

…‘を'オーケストラ用に作曲(編曲)する

(努力・材料など)‘を'結集する,編成する,整える

water bottle

(ガラス製の)飲料水容器

《おもに英》水筒(canteen)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

embodiment

(…の)具体化されたもの,化身(けしん),権化(ごんげ)《+『of』+『名』》

refreshing

気分を一新させる,再び元気になる

ざん新な

bloody

『出血している』(bleeding)

『血まみれの』,血でよごれた

血なまぐさい,残酷な

《英俗》ひどい,忌まわしい(damned)

ひどく(damned)

…'を'血まみれにする

refract

〈水・ガラスなどが〉〈光〉‘を'屈折させる

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

swan

『ハクチョウ』(白鳥),スワン

《the S-》白鳥座

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

hail

〈U〉『あられ』,ひょう

《a~》(…の)雨あられ,あらし《+『of』+『名』》

あられ(ひょう)が降る

(人に)〈石・悪口など〉‘を'雨あられと浴びせる《+『名』+『on』+『名』》

massively

どっしりと,重々しく,重苦しく

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

ballet

〈U〉バレエ

〈C〉バレエ団

dancer

『踊り子,ダンサー』,舞踊家

dance

(…に合わせて)『踊る』,舞う,ダンスをする《+『to』+『名』》

《副詞[句]を判って》『こおどりする』,跳ね回る

〈木の葉・光の影などが〉舞う,揺れる

〈ダンス〉'を'踊る

《副詞[句]を判って》〈人〉'を'踊らせる

〈赤ん坊〉'を'上下に揺すってあやす

《副詞[句]を判って》…'を'踊って(…のように)する(言う)

『ダンス』,舞踏;舞踏曲;《the~》踊り方

『舞踏会』(dancing party)

difficulty

〈U〉『難しさ』,困難

〈C〉『困難なこと』,難事,障害

〈C〉《通例複数形で》『困難な状況』,(特に)財政困難

〈C〉〈U〉(…との)不和,仲たがい《+『with』(『between』)+『名』》

〈C〉苦情,反対

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

painful

(肉体的・精神的に)『痛い』,苦痛の

人を苦しめる,やっかいな

toe

『足の指』

(靴・靴下などの)『つま先』

(動物の)足指に相当する部分;ひずめの前部

(形・位置・機能が)足指に似たもの

〈靴・靴下など〉‘に'つま先を付ける

〈くぎなど〉‘を'斜めに打ち込む

(斜めに打ち込んだくぎで)…‘を'締める,留める

つま先をある方向に向ける

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

graceful

(姿・熊度などが)『優雅な』,『上品な』,しとやかな

arabesque

アラビア風の,唐草(からくさ)模様の;風変りな

アラビア風のデザイン,唐草模様

アラベスク(バレーのポーズの一つ)

アラベスク(アラビア風の華麗な楽曲)

ply

(重ねた布・合板・紙などの)(…)層,重

(糸・繩など)…本をよった

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

heighten

…‘を'高くする,高める

…‘の'程度(量,強さなど)を増す,‘を'強める

高くなる,高まる

(程度・量・強さなどが)増大する,強くなる,激しくなる

microsecond

マイクロ秒(1秒の100万分の1)

wrongly

間違って,誤って;よこしまに,不正に,不法に

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

enzyme

酵素

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

flash

(花・炎などの)『ひらめき』,ぴかっと(ぱっと,ちらっと)光ること;閃光(せんこう)《+『of』+『名』》

(機知などの)『ひらめき』;(喜びなどが)急にわいてくること《+『of』+『名』》

(写真の)フラッシュ

瞬間

ニュース速報,特報

『ぱっと光る』,(反射して)きらめく

〈目などが〉きらりと(ぎらっと)光る

(心に)〈言葉・考えなどが〉『ひらめく』《+『through』(『into, across』)+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈人・車などが〉さっと通り過ぎる

…‘を'ぱっと照らす;〈火・光〉‘を'ぱっと発する

…‘を'ちらり(ぴかり,ぎらり)とさせる

(…に)〈サイン・視線など〉‘を'すばやく送る,さっと送る《+『名』+『at』+『名』》

(電信で)…‘を'急送する,速報する

急で短い,瞬間的な

《英話》(現代ふうで)気のきいた

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

blip

レーダースクリーンの映像

ピッという音

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

starter

出発合図係,スターター

(出発線の)競走馬,競走者

《修飾語を伴って》始める人

《話》皮切り,手始め

(機械の)始動機

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

motorcycle

オートバイ

オートバイで行く

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

engender

〈ある感情・状態など〉‘を'生じさせる,引き起こす

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

slave

『奴隷』(どれい)

(欲望・習慣・職業などの)『とりこ』,(…に)ふける人《+『of』(『to』)+『名』》,(他人のために)あくせく働く人

(奴隷のように)あくせく働く《+『away』》

fraction

『破片』,断片;(…の)一部,わずか《+『of』+『名』》

『分数』

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

shelf

『たな』

(がけの)岩だな;(海・川の)砂州,岩礁

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

bore

bear(実をつける)の過去形

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

yeah

=yes

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

T-shirt

ティーシャツ(丸首の半そでシャツ)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

bundle

(…の)『束』,『包み』,巻いたもの(旅行者の荷物など)《+『of』+『名』》

…'を'包みにする,束にする

(…に)…'を'ごっちゃに投げ込む《+『名』+『into』+『名』》

荷物をまとめてさっさと出て行く《+『off』(『out』,『away』)》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

repeatedly

繰り返して,再三再四

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

snatch

(…から)…‘を'『ひったくる』,さっと取る《+『名』+『away』(『off, up』)+『from』(『out of』)+『名』》

(機会があるうちに)…‘を'すばやくする(手に入れる) ・(…‘を')『ひったくろうとする』,(…に)つかみかかる《+『at』+『名』》・(…を)『ひったくること』,さっとつかむこと《+『at』+『名』》・(聞いたり見たりしたものの)断片,小片,一部分《+『of』+『名』》

《通例複数形で》短期間,短時間

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画