TED日本語 - パトリシア・ライアン: 英語だけに固執しない!

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TED×Dubaiでの講義で、ベテラン英語教師のパトリシアライアンが、鋭い質問をなげかけます。英語中心の現在の世界は、他の言語による優れた知識の広がりを妨げているのではないか?(例えば、アイシュタインがTOEFLを受けないといけなかったとしたら?)知識を分かち合う事と翻訳の重要性を、熱く語ります。

Script

皆さんが何を考えているかわかっていますよ。 私が迷子になったとお思いでしょう。 誰かがステージにやってきて、 やさしく席に案内してくれる。 (笑い声&拍手) ドバイではいつも年寄り扱い。 「休暇でこちらへ?」 (笑い声) 「お子さんを訪ねてですか?」 「どれくらい滞在される予定ですか?」

そうねぇ、長期滞在になるかしら。 実際は、ペルシャ湾岸に住み英語を教えて 30年以上になります。 (拍手) その間、たくさんの変化を見てきました。 ご覧のこの数字、 驚きではありませんか? 今日私がお話したいのは、 言語消滅についてと、 英語の国際化についてです。 アブダビで英語を教えていた、 私の友達の話を紹介しましょう。 ある晴れた日、 彼女は自然に関する単語を教えるため、 生徒をガーデンへと連れて行きました。 しかし、逆に彼女が- 現地の植物のアラビア名や- 薬効、それに、 美容や料理のための使い方などを- 学ぶことになりました。 生徒の知識はどこから来たのでしょう? もちろん、祖父母や- 曾祖父母から受け継いだのでしょう。 ここで、世代を超えての交流が- いかに大切であるかについて- 語るつもりはありません。

しかしながら今日、 言語は思わぬ速さで 消滅しています。 14日に1言語のペースです。 時を同じくして一方で、 英語は誰もが認める国際語です。 何か関係性があるのでしょうか? 定かではありませんが、 私が多くの変化を目の当たりにしてきたのは事実です。 初めてペルシャ湾岸地域に来た時、訪れたのは、 その当時まだ特別任地だったクェートです。 それほど前の事でもありません。 この写真は少し古すぎますけど。 それはさておき、 25名の教師と一緒に、 ブリティッシュ・カウンシルに雇われていました。 クウェートの学校で非ムスリム教師が- 雇われるのは、私達が初めてでした。 英語を教えるのが目的で、 国の近代化と教育を通しての国民活性化を図る、 政府の方針のためでした。 もちろん英国は、石油という富を? 少なからず得た訳です。

さて、 近年の、最も顕著な変化は、 英語教育が、 相互利益のある行いから、 大規模な国際的ビジネスへと- 移行したことです。英語は、外国語として- 教育カリキュラムに組まれるだけでなく、もはや、 英国唯一の影響力を表す- ものでもありません。 世界の、英語を使用する国々において、 圧倒的な力を持つようになりました。 そうですよね? 一流の教育機関は、 世界の大学ランキングによると、 英国かアメリカにある- 大学です。 ですから、みんなが英語を学びたいのは、ごく自然なことなのです。 しかし、もしネイティブスピーカーでなければ、 テストを受けなくてはなりません。

言語能力に基づいて、 生徒を入学を拒否するのは- 正しいことなのでしょうか? とても優秀なコンピューター科学者が- いたとしましょう。 果たして彼は弁護士同等の言葉遣いが必要でしょうか? わたしはそうは思いません。 英語教師は常にそういった人材を拒否してしまいます。 「止まれ」のサインをだして、 半ばで道をふさぎがちです。 「英語を習得できるまで、 彼らの夢が叶うことはない」と。 ここで少し考えてみましょう。 私がオランダ語のみ話す、癌の治療法を知る人物と- 出会ったとしましょう。 私は彼の英国大学入学を拒否するでしょうか? いいえ、そうは思いません。 しかし、これが現状なのです。 英語教師は、いわば門番です。 生徒は最初に、英語の能力が十分であると、 教師に示さなければなりません。 けれど、社会のほんの一握りの人材に- それだけの力があるのは、 危険なことでもあるのです。 世界共通のバリアができてしまいます。

さて、 「でも、」という人もいるでしょう。 「研究などはどうなるの? 全て英語じゃないか」 そう、著作も全て英語です。 出版物も全て英語。 それ自体が今後の見通しを決めています。 英語の必要性を加速させているのです。 それがえんえん続きます。 そこで、翻訳はどうしたのでしょう? イスラムの黄金時代を振り返ると、その頃には、 たくさんの翻訳物が存在しました。 人々は、ラテン語とギリシャ語の書物を、 アラビア語、ペルシア語へ、 そして、ヨーロッパの- ゲルマン系諸言語、ロマンス系諸言語へと- 翻訳し、ヨーロッパの暗黒時代に- 明かりを灯したのです。 ここで強調しておきますが、 私は決して、英語教育、英語教育者に 反対しているわけではありません。 世界共通言語とは、すばらしいものだと思います。 今こそ、共通言語が必要な時代です。 ただ、それを壁として使用することに 反対なのです。 たった600の言語しかない、英語か中国語が主言語の世界を- 果たして、私たちは望んでいるのでしょうか? もっと言語が必要です。ではどこで線を引けばよいのでしょう? 現在のシステムは、 英語能力と知力を- 同等とみなす、 独断的なものです。

(拍手)

ここで言っておきますが、 今日の秀才たちが 敬う偉人たちにとって、 英語は不可欠ではありませんでした。 英語テストも義務ではありませんでした。 よい例は、アインシュタイン。 彼、実は難読症を患っていて、 再教育の対象になっていたんです。 しかし、世界にとってラッキーなことに、 彼は英語のテストを受けなくてもよかった。 米国の英語テスト、 TOEFLが始まったのは 1964年だからです。 今や、世界に広まっています。 英語のテストは数え切れないくらいあって、 何百万人という生徒が- 毎年受けています。 ここにいる私たちにとっては、 試験料金はそれほど高くないかもしれませんが、 何百万という貧しい人々にとっては- 高額で、手も届きません。 この時点で、彼らを拒否してしまっているのです。

(拍手)

ここで、最近目にした見出しを紹介します。 「教育:大いなる隔たり」 そういうことです。 なぜみんな英語に集中するかがわかりました。 みんな子供に最高の機会を与えてあげたい。 そうするには、欧米の教育が必要になる。 なぜなら、もちろん一流の仕事に就けるのは、 さきほど言った、欧米の大学の 卒業者だからです。 一種のサイクルですね。

さてここで、 2人の科学者の話をしましょう。 イギリス人科学者2人。 彼らは、動物の遺伝子と、 前肢、後肢に関する 実験をしていました。 しかし、必要な結果が得られませんでした。 手も足も出ない状態でしたが、 一人のドイツ人科学者がやってきて、 彼らが前肢、後肢、と2つの単語を- 使っていることに気づきました。 遺伝学では2つを区別することはなく、 ドイツ語にも区別はありません。 おみごと! 問題解決です。 何も思いつかなくなったら、 そこで行き詰まりですが、もし別の言語で- 物事を考えることができれば、 協力することにより、 もっとたくさんの事を学び、達成することができるのです。

私の娘が、 クエートからイギリスへやってきました。 彼女は科学と数学をアラビア語中心の学校で、 アラビア語で学びました。 大学進学校では、それを英語に訳さなければなりませんでした。 でも彼女はその科目で とても優秀でした。 このように、私たちは- 海外から生徒が来たとき、 すでに彼らが- 母国語で習得している知識を、 十分に評価していないのではないでしょうか。 言語が消滅するとき、 私たちは何を失うのかを知りません。

最近のCNNのリポートを目にした方もおられると思いますが、 ケニアの羊飼いの男の子に、 ヒーローズアワードが贈られることになりました。 村の他の少年と同じく、 彼は夜、勉強することができませんでした。 灯油ランプの煙が、 目によくなかったからです。 それに、灯油も十分にはありませんでした。 1日1ドルの生活ではほとんど何も買えません。 そこで彼は発明しました。 お金のかからない、太陽ランプ。 今では、彼の村の子供たちは、 電気のある生活をする子供たちと、 同じ成績を学校でおさめています。 (拍手) 彼は受賞時に、 素晴らしい言葉を残しました。 「アフリカの子供たちは、 まだ闇に包まれたこの地を、 光に満ちた大陸へと導くだろう。」 シンプルなアイディアですが、 多大な影響をもたらすでしょう。

光を持たない人々は、 それは物的であれ、比喩的であれ、 テストを通過することができず、 私たちが、彼らの知識を知ることはありません。 彼らや私たちを暗闇に- とどめておく場合ではありません。 多様性を尊重しようではありませんか。 自身の言語を大切にして、 知識を広めていきましょう。

(拍手)

ありがとうございました。

(拍手)

I know what you're thinking. You think I've lost my way, and somebody's going to come on the stage in a minute and guide me gently back to my seat. (Applause) I get that all the time in Dubai. "Here on holiday are you, dear?" (Laughter) "Come to visit the children? How long are you staying?"

Well actually, I hope for a while longer yet. I have been living and teaching in the Gulf for over 30 years. (Applause) And in that time, I have seen a lot of changes. Now that statistic is quite shocking. And I want to talk to you today about language loss and the globalization of English. I want to tell you about my friend who was teaching English to adults in Abu Dhabi. And one fine day, she decided to take them into the garden to teach them some nature vocabulary. But it was she who ended up learning all the Arabic words for the local plants, as well as their uses -- medicinal uses, cosmetics, cooking, herbal. How did those students get all that knowledge? Of course, from their grandparents and even their great-grandparents. It's not necessary to tell you how important it is to be able to communicate across generations.

But sadly, today, languages are dying at an unprecedented rate. A language dies every 14 days. Now, at the same time, English is the undisputed global language. Could there be a connection? Well I don't know. But I do know that I've seen a lot of changes. When I first came out to the Gulf, I came to Kuwait in the days when it was still a hardship post. Actually, not that long ago. That is a little bit too early. But nevertheless, I was recruited by the British Council, along with about 25 other teachers. And we were the first non-Muslims to teach in the state schools there in Kuwait. We were brought to teach English because the government wanted to modernize the country and to empower the citizens through education. And of course, the U.K. benefited from some of that lovely oil wealth.

Okay. Now this is the major change that I've seen -- how teaching English has morphed from being a mutually beneficial practice to becoming a massive international business that it is today. No longer just a foreign language on the school curriculum, and no longer the sole domain of mother England, it has become a bandwagon for every English-speaking nation on earth. And why not? After all, the best education -- according to the latest World University Rankings -- is to be found in the universities of the U.K. and the U.S. So everybody wants to have an English education, naturally. But if you're not a native speaker, you have to pass a test.

Now can it be right to reject a student on linguistic ability alone? Perhaps you have a computer scientist who's a genius. Would he need the same language as a lawyer, for example? Well, I don't think so. We English teachers reject them all the time. We put a stop sign, and we stop them in their tracks. They can't pursue their dream any longer, 'til they get English. Now let me put it this way: if I met a monolingual Dutch speaker who had the cure for cancer, would I stop him from entering my British University? I don't think so. But indeed, that is exactly what we do. We English teachers are the gatekeepers. And you have to satisfy us first that your English is good enough. Now it can be dangerous to give too much power to a narrow segment of society. Maybe the barrier would be too universal.

Okay. "But," I hear you say, "what about the research? It's all in English." So the books are in English, the journals are done in English, but that is a self-fulfilling prophecy. It feeds the English requirement. And so it goes on. I ask you, what happened to translation? If you think about the Islamic Golden Age, there was lots of translation then. They translated from Latin and Greek into Arabic, into Persian, and then it was translated on into the Germanic languages of Europe and the Romance languages. And so light shone upon the Dark Ages of Europe. Now don't get me wrong; I am not against teaching English, all you English teachers out there. I love it that we have a global language. We need one today more than ever. But I am against using it as a barrier. Do we really want to end up with 600 languages and the main one being English, or Chinese? We need more than that. Where do we draw the line? This system equates intelligence with a knowledge of English, which is quite arbitrary.

(Applause)

And I want to remind you that the giants upon whose shoulders today's intelligentsia stand did not have to have English, they didn't have to pass an English test. Case in point, Einstein. He, by the way, was considered remedial at school because he was, in fact, dyslexic. But fortunately for the world, he did not have to pass an English test. Because they didn't start until 1964 with TOEFL, the American test of English. Now it's exploded. There are lots and lots of tests of English. And millions and millions of students take these tests every year. Now you might think, you and me, "Those fees aren't bad, they're okay," but they are prohibitive to so many millions of poor people. So immediately, we're rejecting them.

(Applause)

It brings to mind a headline I saw recently: "Education: The Great Divide." Now I get it, I understand why people would want to focus on English. They want to give their children the best chance in life. And to do that, they need a Western education. Because, of course, the best jobs go to people out of the Western Universities, that I put on earlier. It's a circular thing.

Okay. Let me tell you a story about two scientists,two English scientists. They were doing an experiment to do with genetics and the forelimbs and the hind limbs of animals. But they couldn't get the results they wanted. They really didn't know what to do, until along came a German scientist who realized that they were using two words for forelimb and hind limb, whereas genetics does not differentiate and neither does German. So bingo, problem solved. If you can't think a thought, you are stuck. But if another language can think that thought, then, by cooperating, we can achieve and learn so much more.

My daughter came to England from Kuwait. She had studied science and mathematics in Arabic. It's an Arabic medium school. She had to translate it into English at her grammar school. And she was the best in the class at those subjects. Which tells us that when students come to us from abroad, we may not be giving them enough credit for what they know, and they know it in their own language. When a language dies, we don't know what we lose with that language.

This is -- I don't know if you saw it on CNN recently -- they gave the Heroes Award to a young Kenyan shepherd boy who couldn't study at night in his village, like all the village children, because the kerosene lamp, it had smoke and it damaged his eyes. And anyway, there was never enough kerosene, because what does a dollar a day buy for you? So he invented a cost-free solar lamp. And now the children in his village get the same grades at school as the children who have electricity at home. (Applause) When he received his award, he said these lovely words: "The children can lead Africa from what it is today, a dark continent, to a light continent." A simple idea, but it could have such far-reaching consequences.

People who have no light, whether it's physical or metaphorical, can not pass our exams, and we can never know what they know. Let us not keep them and ourselves in the dark. Let us celebrate diversity. Mind your language. Use it to spread great ideas.

(Applause)

Thank you very much.

(Applause)

I know/ what you're thinking.//

皆さんが何を考えているかわかっていますよ。

You think/ I've lost my way,/ and somebody's going to come/ on the stage/ in a minute/ and guide me gently back/ to my seat.//

私が迷子になったとお思いでしょう。 誰かがステージにやってきて、 やさしく席に案内してくれる。

(Applause)/ I get/ that all the time/ in Dubai.//

(笑い声&拍手) ドバイではいつも年寄り扱い。

"Here/ on holiday are you,/ dear?"//

「休暇でこちらへ?」

(Laughter) "Come to visit the children?//

(笑い声) 「お子さんを訪ねてですか?」

How long are you staying?"//

「どれくらい滞在される予定ですか?」

Well actually,/ I hope for a while longer yet.//

そうねぇ、長期滞在になるかしら。

I have been living and teaching in the Gulf/ for over 30 years.//

実際は、ペルシャ湾岸に住み英語を教えて 30年以上になります。

(Applause) And in that time,/ I have seen a lot of changes.//

(拍手) その間、たくさんの変化を見てきました。

Now/ that statistic is quite shocking.//

ご覧のこの数字、 驚きではありませんか?

And I want to talk/ to you/ today/ about language loss and the globalization of English.//

今日私がお話したいのは、 言語消滅についてと、 英語の国際化についてです。

I want to tell/ you/ about my friend/ who was teaching English/ to adults/ in Abu Dhabi.//

アブダビで英語を教えていた、 私の友達の話を紹介しましょう。

And one fine day,/ she decided to take/ them/ into the garden/ to teach them/ some nature vocabulary.//

ある晴れた日、 彼女は自然に関する単語を教えるため、 生徒をガーデンへと連れて行きました。

But it was she/ who ended up/ learning all the Arabic words/ for the local plants,/ as well as/ their uses --/ medicinal uses,/ cosmetics,/ cooking,/ herbal.//

しかし、逆に彼女が- 現地の植物のアラビア名や- 薬効、それに、 美容や料理のための使い方などを- 学ぶことになりました。

How did those students get all that knowledge?//

生徒の知識はどこから来たのでしょう?

Of course,/ from their grandparents and even their great-grandparents.//

もちろん、祖父母や- 曾祖父母から受け継いだのでしょう。

It's not necessary/ to tell you how important/ it is to be able to communicate across generations.//

ここで、世代を超えての交流が- いかに大切であるかについて- 語るつもりはありません。

But sadly,/ today,/ languages are dying at an unprecedented rate.//

しかしながら今日、 言語は思わぬ速さで 消滅しています。

A language dies every 14 days.//

14日に1言語のペースです。

Now,/ at the same time,/ English is the undisputed global language.//

時を同じくして一方で、 英語は誰もが認める国際語です。

Could there be a connection?//

何か関係性があるのでしょうか?

Well/ I don't know.//

定かではありませんが、

But I do know/ that I've seen a lot of changes.//

私が多くの変化を目の当たりにしてきたのは事実です。

When I first came out to the Gulf,/ I came to Kuwait in the days/ when it was still a hardship post.//

初めてペルシャ湾岸地域に来た時、訪れたのは、 その当時まだ特別任地だったクェートです。

Actually,/ not/ that long ago.//

それほど前の事でもありません。

That is a little bit too early.//

この写真は少し古すぎますけど。

But nevertheless,/ I was recruited by the British Council,/ along with about 25 other teachers.//

それはさておき、 25名の教師と一緒に、 ブリティッシュ・カウンシルに雇われていました。

And we were the first non-Muslims/ to teach in the state schools there/ in Kuwait.//

クウェートの学校で非ムスリム教師が- 雇われるのは、私達が初めてでした。

We were brought to teach/ English/ because the government wanted to modernize/ the country/ and to empower the citizens/ through education.//

英語を教えるのが目的で、 国の近代化と教育を通しての国民活性化を図る、 政府の方針のためでした。

And of course,/ the U.K. benefited from some of that lovely oil wealth.//

もちろん英国は、石油という富を? 少なからず得た訳です。

さて、

Now/ this is the major change/ that I've seen --/ how teaching English has morphed from being a mutually beneficial practice/ to becoming a massive international business/ that it is today.//

近年の、最も顕著な変化は、 英語教育が、 相互利益のある行いから、 大規模な国際的ビジネスへと- 移行したことです。英語は、外国語として-

No longer/ just a foreign language/ on the school curriculum,/ and no longer/ the sole domain of mother England,/ it has become a bandwagon/ for every English-speaking nation/ on earth.//

教育カリキュラムに組まれるだけでなく、もはや、 英国唯一の影響力を表す- ものでもありません。 世界の、英語を使用する国々において、 圧倒的な力を持つようになりました。

And why not?//

そうですよね?

After all,/ the best education --/ according/ to the latest World University Rankings --/ is to be found in the universities of the U.K. and the U.S.//

一流の教育機関は、 世界の大学ランキングによると、 英国かアメリカにある- 大学です。

So everybody wants to have/ an English education,/ naturally.//

ですから、みんなが英語を学びたいのは、ごく自然なことなのです。

But/ if you're not a native speaker,/ you have to pass/ a test.//

しかし、もしネイティブスピーカーでなければ、 テストを受けなくてはなりません。

Now can it be right to reject a student/ on linguistic ability alone?//

言語能力に基づいて、 生徒を入学を拒否するのは- 正しいことなのでしょうか?

Perhaps/ you have a computer scientist/ who's a genius.//

とても優秀なコンピューター科学者が- いたとしましょう。

Would/ he need the same language/ as a lawyer,/ for example?//

果たして彼は弁護士同等の言葉遣いが必要でしょうか?

Well,/ I don't think so.//

わたしはそうは思いません。

We English/ teachers reject them/ all the time.//

英語教師は常にそういった人材を拒否してしまいます。

We put a stop sign,/ and we stop them/ in their tracks.//

「止まれ」のサインをだして、 半ばで道をふさぎがちです。

They can't pursue their dream any longer,/ 'til they get English.//

「英語を習得できるまで、 彼らの夢が叶うことはない」と。

Now let me/ put it/ this way:/ if I met a monolingual Dutch speaker/ who had the cure/ for cancer,/ would I stop him/ from entering my British University?//

ここで少し考えてみましょう。 私がオランダ語のみ話す、癌の治療法を知る人物と- 出会ったとしましょう。 私は彼の英国大学入学を拒否するでしょうか?

I don't think so.//

いいえ、そうは思いません。

But indeed,/ that is exactly/ what we do.//

しかし、これが現状なのです。

We/ English teachers are the gatekeepers.//

英語教師は、いわば門番です。

And you have to satisfy/ us first/ that your English is good enough.//

生徒は最初に、英語の能力が十分であると、 教師に示さなければなりません。

Now/ it can be dangerous/ to give too much/ power/ to a narrow segment of society.//

けれど、社会のほんの一握りの人材に- それだけの力があるのは、 危険なことでもあるのです。

Maybe/ the barrier would be too universal.//

世界共通のバリアができてしまいます。

さて、

"But,/"/ I hear/ you say,/ "what about the research?//

「でも、」という人もいるでしょう。 「研究などはどうなるの?

It's all in English."//

全て英語じゃないか」

So the books are in English,/ the journals are done in English,/ but that is a self-fulfilling prophecy.//

そう、著作も全て英語です。 出版物も全て英語。 それ自体が今後の見通しを決めています。

It feeds the English requirement.//

英語の必要性を加速させているのです。

And so/ it goes on.//

それがえんえん続きます。

I ask you,/ what happened to translation?//

そこで、翻訳はどうしたのでしょう?

If you think about the Islamic Golden Age,/ there was lots of translation then.//

イスラムの黄金時代を振り返ると、その頃には、 たくさんの翻訳物が存在しました。

They translated from Latin and Greek/ into Arabic,/ into Persian,/ and then/ it was translated on/ into the Germanic languages of Europe and the Romance languages.//

人々は、ラテン語とギリシャ語の書物を、 アラビア語、ペルシア語へ、 そして、ヨーロッパの- ゲルマン系諸言語、ロマンス系諸言語へと- 翻訳し、ヨーロッパの暗黒時代に-

And so light shone/ upon the Dark Ages of Europe.//

明かりを灯したのです。

Now don't get me wrong;/ I am not against teaching English,/ all you English teachers out there.//

ここで強調しておきますが、 私は決して、英語教育、英語教育者に 反対しているわけではありません。

I love it/ that we have a global language.//

世界共通言語とは、すばらしいものだと思います。

We need one/ today more/ than ever.//

今こそ、共通言語が必要な時代です。

But I am against using it/ as a barrier.//

ただ、それを壁として使用することに 反対なのです。

Do we really want to end up/ with 600 languages/ and the main one/ being English,/ or Chinese?//

たった600の言語しかない、英語か中国語が主言語の世界を- 果たして、私たちは望んでいるのでしょうか?

We need more/ than that.// Where do we draw the line?//

もっと言語が必要です。ではどこで線を引けばよいのでしょう?

This system equates intelligence/ with a knowledge of English,/ which is quite arbitrary.//

現在のシステムは、 英語能力と知力を- 同等とみなす、 独断的なものです。

(拍手)

And I want to remind/ you/ that the giants/ upon whose shoulders/ today's intelligentsia stand did not have to have/ English,/ they didn't have to pass/ an English test.//

ここで言っておきますが、 今日の秀才たちが 敬う偉人たちにとって、 英語は不可欠ではありませんでした。 英語テストも義務ではありませんでした。

よい例は、アインシュタイン。

He,/ by the way,/ was considered remedial/ at school/ because he was,/ in fact,/ dyslexic.//

彼、実は難読症を患っていて、 再教育の対象になっていたんです。

But fortunately/ for the world,/ he did not have to pass/ an English test.//

しかし、世界にとってラッキーなことに、 彼は英語のテストを受けなくてもよかった。

Because they didn't start until 1964/ with TOEFL,/ the American test of English.//

米国の英語テスト、 TOEFLが始まったのは 1964年だからです。

Now/ it's exploded.//

今や、世界に広まっています。

There are lots and lots of tests of English.//

英語のテストは数え切れないくらいあって、

And millions and millions of students take these tests/ every year.//

何百万人という生徒が- 毎年受けています。

Now/ you might think,/ you and me,/ "Those fees aren't bad,/ they're okay,/"/ but they are prohibitive/ to so many millions of poor people.//

ここにいる私たちにとっては、 試験料金はそれほど高くないかもしれませんが、 何百万という貧しい人々にとっては- 高額で、手も届きません。

So immediately,/ we're rejecting/ them.//

この時点で、彼らを拒否してしまっているのです。

(拍手)

It brings to mind/ a headline/ I saw recently:/ "Education:/ The Great Divide."//

ここで、最近目にした見出しを紹介します。 「教育:大いなる隔たり」

Now/ I get it,/ I understand/ why people would want to focus/ on English.//

そういうことです。 なぜみんな英語に集中するかがわかりました。

They want to give/ their children/ the best chance/ in life.//

みんな子供に最高の機会を与えてあげたい。

And to do that,/ they need a Western education.//

そうするには、欧米の教育が必要になる。

Because,/ of course,/ the best jobs go to people/ out of the Western Universities,/ that I put on/ earlier.//

なぜなら、もちろん一流の仕事に就けるのは、 さきほど言った、欧米の大学の 卒業者だからです。

It's a circular thing.//

一種のサイクルですね。

さてここで、

Let me/ tell you/ a story about two scientists,/two English scientists.//

2人の科学者の話をしましょう。 イギリス人科学者2人。

They were doing an experiment/ to do with genetics and the forelimbs and the hind limbs of animals.//

彼らは、動物の遺伝子と、 前肢、後肢に関する 実験をしていました。

But they couldn't get the results/ they wanted.//

しかし、必要な結果が得られませんでした。

They really didn't know/ what to do,/ until along came a German scientist/ who realized/ that they were using two words/ for forelimb and hind limb,/ whereas genetics does not differentiate/ and neither does German.//

手も足も出ない状態でしたが、 一人のドイツ人科学者がやってきて、 彼らが前肢、後肢、と2つの単語を- 使っていることに気づきました。 遺伝学では2つを区別することはなく、 ドイツ語にも区別はありません。

So bingo,/ problem solved.//

おみごと! 問題解決です。

If you can't think a thought,/ you are stuck.//

何も思いつかなくなったら、 そこで行き詰まりですが、もし別の言語で-

But/ if another language can think that thought,/ then,/ by cooperating,/ we can achieve and learn so much more.//

物事を考えることができれば、 協力することにより、 もっとたくさんの事を学び、達成することができるのです。

My daughter came to England/ from Kuwait.//

私の娘が、 クエートからイギリスへやってきました。

She had studied science and mathematics/ in Arabic.//

彼女は科学と数学をアラビア語中心の学校で、

It's an Arabic medium school.//

アラビア語で学びました。

She had to translate/ it/ into English/ at her grammar school.//

大学進学校では、それを英語に訳さなければなりませんでした。

And she was the best/ in the class/ at those subjects.//

でも彼女はその科目で とても優秀でした。

Which tells us/ that/ when students come to us/ from abroad,/ we may not be giving them/ enough credit/ for what they know,/ and they know it/ in their own language.//

このように、私たちは- 海外から生徒が来たとき、 すでに彼らが- 母国語で習得している知識を、 十分に評価していないのではないでしょうか。

When a language dies,/ we don't know/ what we lose with that language.//

言語が消滅するとき、 私たちは何を失うのかを知りません。

This is --/ I don't know/ if you saw it/ on CNN recently --/ they gave the Heroes Award/ to a young Kenyan shepherd boy/ who couldn't study at night/ in his village,/ like all the village children,/ because the kerosene lamp,/ it had smoke/ and it damaged his eyes.//

最近のCNNのリポートを目にした方もおられると思いますが、 ケニアの羊飼いの男の子に、 ヒーローズアワードが贈られることになりました。 村の他の少年と同じく、 彼は夜、勉強することができませんでした。 灯油ランプの煙が、 目によくなかったからです。

And anyway,/ there was never enough kerosene,/ because/ what does a dollar/ a day buy for you?//

それに、灯油も十分にはありませんでした。 1日1ドルの生活ではほとんど何も買えません。

So he invented a cost-free solar lamp.//

そこで彼は発明しました。 お金のかからない、太陽ランプ。

And now/ the children/ in his village get the same grades/ at school/ as the children/ who have electricity/ at home.//

今では、彼の村の子供たちは、 電気のある生活をする子供たちと、 同じ成績を学校でおさめています。

(Applause)/ When he received his award,/ he said these lovely words:/ "The children can lead Africa/ from what it is today,/ a dark continent,/ to a light continent."//

(拍手) 彼は受賞時に、 素晴らしい言葉を残しました。 「アフリカの子供たちは、 まだ闇に包まれたこの地を、 光に満ちた大陸へと導くだろう。」

A simple idea,/ but it could have such far-reaching consequences.//

シンプルなアイディアですが、 多大な影響をもたらすでしょう。

People/ who have no light,/ whether it's physical or metaphorical,/ can not pass our exams,/ and we can never know/ what they know.//

光を持たない人々は、 それは物的であれ、比喩的であれ、 テストを通過することができず、 私たちが、彼らの知識を知ることはありません。

Let us not keep them and ourselves/ in the dark.//

彼らや私たちを暗闇に- とどめておく場合ではありません。

多様性を尊重しようではありませんか。

Mind/ your language.//

自身の言語を大切にして、

Use/ it to spread great ideas.//

知識を広めていきましょう。

(拍手)

Thank you very much.//

ありがとうございました。

(拍手)

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

gently

『優しく』,親切に

『穏やかに』,適度に

(傾斜が)なだらかに

家柄がよく

上品に

seat

『腰掛け』

『座席』,席

(腰掛けの)腰をおろす部分;(体・ズボン・パンツの)しりの部分,しり

(権威の)座,地位,身分;(議会における)議席《+『in』+『名』》

(…の)予約席《+『for』+『名』》

(…の)所在地,ありか,中心地《+『of』+『名』》

(馬・自転車などの)乗り方

《しばしば受動態で》〈人〉‘を'『着席させる』

〈ある数〉‘の'座席がある

〈部品など〉‘を'固定する,すえつける

applause

『拍手かっさい』;称賛

holiday

休日,休業日,祝祭日,公休日

《しばしば複数形で》《英》『長い休暇』

(宗教上の)聖日

休暇をとる,休暇を過ごす(《米》vacation)

laughter

『笑い』,笑い声

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

gulf

『湾』

《詩》深いふち,深淵(えん)

(地位・立場・教養・感情などの)大きな融たり,越え難い溝

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

statistic

統計値,統計量

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

shocking

びっくりさせる,ぞっとする

全くひどい(very bad),不愉快な(offensive)

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

vocabulary

〈C〉(特定の人・グループ・分野で用いられるすべての)『語彙』,用語

〈C〉(アルファベット順に並べて語義や訳を付けた)語彙集,単語表(集)

〈U〉(一言語の)全語彙

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

Arabic

アラビアの,アラビア人(語)の

アラビア語

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

medicinal

病気(傷)を治す[力のある];薬用の;効のある

cosmetic

(口紅・クリーム・整髪料などの)化粧品

化粧用の

あら隠しの

cooking

料理;料理法

料理用の

herbal

草の,草本の,草から成る

植物誌,草本誌

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

grandparent

祖父母;その一方

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

great-grandparent

曾(そう)祖父母

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

communicate

〈知識・情報・思想など〉'を'『伝える』,伝達する

《文》(…に)〈病気・熱・動きなど〉'を'伝染させる《+『名』+『to』+『名』》

…‘に'聖餐(せいさん)を与える

(…と)『通信する』,連絡する《+『with』+『名』》

《文》〈場所・部屋などが〉(…に)通じている,連絡する《+『with』+『名』》

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

sadly

『悲しそうに』

ひどく

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

unprecedented

先例のない,みぞうの

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

days

たいてい昼間は

undisputed

異論(疑問)の余地のない

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

Kuwait

クウェート(アラビア北東部のイスラム教国;その首都)

hardship

〈U〉『辛苦』,苦難,難儀

〈C〉難事

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

British

『英国の』;英国人の

英国民(人)

council

諮問会,『協議会』,評議会・『会議』,協議

地方自治体の議会(州・市・町議会など)

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

empower

〈人など〉‘に'(…する)能力(権限)を付与する《+『名』+『to』 do》

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

wealth

『富』,財産

《しばしば a wealth》『豊富』(な…),たくさん(の…)《+of+名》

okay

=OK,O.K.

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

mutually

相互に

beneficial

有益な,ためになる

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

curriculum

(学校の)教科課程

sole

足の裏

靴底

〈靴〉‘に'底をつける

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

England

『イングランド』(Great Britain島からScotlandとWalesを除いた部分;首都London)

『英国』,イギリス本国

bandwagon

(騎馬行列の先頭の)楽隊車・人気のあるグループ、選挙の圧勝・地滑り的大勝利、勢いに乗った動き・勝ち組 ・「get on the bandwagon」で「時流に乗る・優勢の側につく; 時流に乗る, 便乗する、勝ち組に一枚のっかる」

English-speaking

英語を話す

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

ranking

上位の,一流の,卓越した

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

naturally

『気どらずに』,自然に

《しばしば文全体を修飾いて》『当然』,もちろん(of course)

『生まれつき』(by nature)

自然の力で,ひとりでに

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

linguistic

言語学の;言語上の

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

computer

『計算機』;『電子計算機』

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

lawyer

『弁護士』;法律学者

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

ca

circa

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

monolingual

一言語しか知らない

一言語だけで表現された

Dutch

『オランダの』

オランダ人(語)の

〈U〉『オランダ語』

《the ~》《集合的;複数扱い》『オランダ人』

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

gatekeeper

門番,門衛

satisfy

〈物事が〉〈人〉‘を'『満足させる』,喜ばせる

〈欲望・必要・要求・条件など〉‘を'『満たす』,充足する

〈借金〉‘を'『返済する』,〈不正・損害など〉‘を'償う

満足を与える

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

narrow

(幅の)『狭い』,細い

『範囲(種類)が限られた』(limited)

『厳密な』,正確な(exact)

『やっとり』,かろうじての

(海・川などの)『せばまった場所』;

(…に)…‘を'狭くする,細める,せばめる《+『down』+『名』(+『名』+『down』)+『to』+『名』》

狭くする,細くなる

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

barrier

(通行をはばむ)『さく』,『障壁』;関門;《ふざけて》改札口

(…の)『難関』,障害《+『to』+『名』》

universal

『すべての人々の』,万人共通の;全世界の

普遍的な,一般的な,全般的な

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

self-fulfilling prophecy

自己実現的予言 《予言したという事実がその実現をもたらす》・自己達成しつつある予言、自己達成的予言

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

requirement

必要なもの;(…の)必要条件,資格《+『for』+『名』(do-『ing』)》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

Islamic

イスラム教[徒]の

golden age

《the ~》(ギリシア神話の)黄金時代

〈C〉(文芸・国家などの)最盛期

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

Latin

〈U〉(古代ローマで用いた)『ラテン語』

〈C〉(古代ローマに住んでいた)ラティウム人,古代ローマ人

〈C〉ラテン[系]民族の人

『ラテン語の』

ラテン系民族の;ロマンス語族の言語を使う民族(諸国)の

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

Persian

ペルシアの;ペルシア人(語)の

〈C〉ペルシア人

〈U〉ペルシア語

Germanic

ゲルマン(チュートン)民族の,ゲルマン(チュートン)語の

ドイツ語の

ゲルマン語派の

ゲルマン語(英語・ドイツ語・オランダ語・スカンジナビア諸国語など)

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

Romance languages

ロマンス語(ラテン語から派生したフランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語など)

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

shone

shine の過去・過去分詞

upon

『…の上に』

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

equate

(…と)…‘が'等しいと見なす,‘を'等しく扱う《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'等しくする《+『名』+『with(to)』+『名』》

(数学で)…‘を'等式化する

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

arbitrary

随意の,任意の,気まぐれな(capricious)

独裁的な,独断的な,専横な(despotic)

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

shoulder

『肩』;《複数形で》(両肩を含む)上背部

《複数形で》(責任・重荷を負う)『双肩』,責任を負う能力

『肩に似た部分』;(服の)肩[の部分];(山などの)肩;(道路の)肩

肩肉

…‘を'肩で押す

〈物〉‘を'かつぐ,背負う

肩で押す,肩で押し分けて進む

intelligentsia

知識階級,インテリゲンチャ

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

remedial

治療する,矯正する,改善する

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

dyslexic

失読症の

fortunately

『運よく』,幸いにも

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

exploded

(図・模型などが)分解された;分解組立の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

prohibitive

禁止する,禁制の

(価格が)手がでないほど高い;(顔つきなどから)近づきにくい

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

Great Divide

=continental divide

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

circular

『円形の』,丸い

回転して動く

循環的な,旋回する;回遊する

(公衆に配布する)案内状,広告ビラ

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

forelimb

(四足動物の)前脚,前肢

hind

雌ジカ,(特に)3歳以上の雌のアカシカ

limb

(動物の)『手足』;(鳥の)翼

(木の)大枝

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

differentiate

(…から)…‘を'『区別する』,識別する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'微分する

(…を)区別をつける,(…を)識別する《+『between』+『名』》

別のものとなる

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

bingo

ビンゴゲーム(数を記したカードで縦・横・斜めに数字を合わせる賭(‘か')けごと)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

stuck

stick の過去・過去分詞

動かない,固定している,粘着している

動けない,(支障があって)進行が止まっている・「stuck on 何々」で「何々に夢中になっている・惚れ込んでいる」

cooperate

『協力する』,共同する

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

grammar school

《英》グラマースクール(16世紀にラテン文法を教えるために創設され,現在はpublic schoolと並ぶ大学進学者のための中等学校)

《米》公立初等学校(日本の小学校1年から6年まで,または中学校2年までに相当する)

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

abroad

『海外へ(で)』,『外国に(で)』

《古》戸外へ

『広く』;(うわさなどが)『広まって』

credit

〈U〉『信用』

〈U〉『信望』,名声

〈U〉(…に対する)『賞賛』,『名誉』《+『for』+『名』》

〈C〉《通例a~》(…にとって)『名誉となるもの』(『人』)《+『to』+『名』》

〈U〉信用貸し,掛け売り,信用取引,クレジット

〈U〉支払い猶予期間

〈U〉(人の経済的)信用度

〈U〉〈C〉(銀行の)預金[額];債権

〈C〉貸し方

〈C〉《米》(科目の)単位

〈事〉'を'『信用する』,信ずる(trust)

〈金額〉'を'(…の)貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』〈金額〉+『to』+『名』》;(ある金額を)…‘

の'貸し方に記入する,口座に入れる《+『名』+『with』+『名』〈金額〉》

(…を)〈人〉‘が'持っていると考える《+『名』〈人〉+『with』+『名』(doing)》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

award

《『award』+『名』〈人〉+『名』=『award』+『名』+『to』+『名』〈人〉》(審査して)〈人〉‘に'〈賞など〉'を'『与える』,『授ける』

『賞』,『賞品』(prize)

(判事・調停者の)審判,裁定

shepherd

〈C〉『羊飼い』

〈C〉牧師;(精神的)指導者

《the good S-》イエスキリスト

〈羊〉‘を'飼う,‘の'世話をする;…‘を'見張る

《方向を表す副詞[句]を伴って》‘を'導く,案内する

village

〈C〉村,村落

《the~》《集合的に;複数扱い》『村の人々』,村民

lamp

(電気・ガス・石油などの)『ランプ』,灯火,明かり

(照明用以外の)『ランプ』

(知的・精神的な)光,光明

smoke

〈U〉『煙』;煙状のもの

〈C〉たばこの一服,喫煙

〈C〉《話》たばこ,(特に)紙巻きたばこ

『煙を出す』,煙る;湯気を立てる

『たばこを吸う』

〈たばこ・麻薬など〉‘を'『吸う』

〈肉・魚〉‘を'『薫製』(くんせい)『にする』,いぶす

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

anyway

=anyhow

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

at home

(特に午後に行われる)家庭への気軽な招待

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

continent

自制した,禁欲的な

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

far-reaching

(影響・効果・範囲が)遠くまで及ぶ

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

metaphorical

隠喩の,暗喩を含む

exam

試験

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

関連動画